お休みと営業時間変更のお知らせ

<営業時間変更のお知らせ>

大変ご迷惑おかけしております。

●しばらくの間、以下の時間帯で営業させていただきます。

14:00 - 20:00
(日曜日 14:00 - 19:00 / 木曜定休 )


なお今後も急なお休み、営業時間変更をする場合はこちらでお知らせ
いたします。申し訳ございまませんがよろしくお願いいたします。


PO'BOY RECORDS

The FolkScene Collection

The FolkScene Collection




こんにちは。


昨年、Compass Records のグループ傘下となった Red House Records 。
CD カタログもなくなるいっぽうです。。。


前回の入荷時に紹介できなかった Red House Records と FolkScene が共同で
制作したシリーズものコンピレーション。

ロサンゼルスのラジオ局KPFKで1970年からスタートしたミュージック・プログラム
"FolkScene"(the FolkScene Radio Program)。 ☞ folkscene.com

本作は、そのプログラムのライブ・オンエア音源を3枚のディスクに厳選して
収録したものです。インディ、メジャーと言ったレーベルの垣根を越えた貴重な
音源が含まれています。

ジャケットにクレジットされているメインのミュージシャンだけでなくバックをサポート
するミュージシャンやバンドも錚々たる面子です!


The Folkscene Collection Volume One
Red House Records / CD / RHR 109
MI0000163469.jpg

1. Someday Soon
David Wilcox - vocal, guitar

2. Burning
Dave Alvin Barn - vocal, guitar
Greg Leisz - dobro


3. Our Town
Iris DeMent - vocal, guitar

4. Writing On The Wall
Eric Lowen - vocal, guitar
Dan Navarro - vocal, guitar
Robbie Harrington - bass


5. Goin' Back To Harlan
Kate McGarrigle - vocal, banjo
Anna McGarrigle - vocal, guitar
Joel Zifkin - vocal, fiddle
Micel Pepin - vocal, bass


6. Pacing The Cage
Bruce Cockburn - vocal, guitar

7. This Was Pompeii
Dar Williams - vocal, guitar

8. The Box
Dillon O'Brian - vocal, guitar
Greg Leisz - 12 string guitar
Phil Parlapiano - hammond organ
David P. Jackson - accordion
Rock Deadrick - percussion
David Raven - drums
James "Hutch" Hutchinson - bass


9. Hit The Ground Running
Maura O'Connell - vocal
Richard McLauin - vocal, guitar
Zane Baxster - vocal, guitar
Dave Francis - vocal, bass


10. The Lock Keeper
John Gorka - vocal, guitar

11. Love Is On Our Side
Tish Hinojosa - vocal, guitar
Marvin Denton Dykhuis - vocal, bass


12. Waltzing's For Dreamers
Richard Thompson - vocal, guitar

13. Columbus
Mary Black - vocal
Declan Sinnott - guitar
Garvan Gallagher - bass
Dave Early - percussion
Pat Crowley - piano
Frank Gallagher - fiddle



----------------------------




The Folkscene Collection Volume Two
Red House Records / CD / RHR 137
MI0000232570.jpg

1. Love At The Five And Dime
Nanci Griffith - vocal, guitar

2. Let Me Fall
Peter Case - vocal, guitar
Greg Leisz - lap steel guitar
Andrew Williams - harmony vocal
Don Heffington - percussion
Sandy Chila - bass


3. The Heart Of Saturday Night
Tom Waits - vocal, guitar

4. Little Angel, Little Brother
Lucinda Williams - vocal, guitar
Gurf Morlix - harmony vocal, electric guitar
David Mansfield - fiddle
Dr. John Ciambotti - bass


5. The Life
Stephen Fearing - vocal, guitar

6. Take Off Your Old Coat
Eliza Gilkyson - vocal, guitar
Tony Gilkyson - harmony vocal, guitar
Mark Andes - harmony vocal, bass
Tim Timmermans - percussion


7. Good Woman's Love
Vince Gill- vocal, guitar
Steve Libbea - mandolin


8. I'm This Blue
Greg Brown - vocal, guitar

9. California Snow
Tom Russell - vocal, guitar
Andrew Hardin - guitar


10. Mr. Tambourine Man
Chris Hillman - vocal, guitar
Herb Pedersen - harmony vocal
Billy Bryson - bass
Jim Monaghan - harmony vocal, guitar


11. Planet Of Love
Jim Lauderdale - vocal, guitar
Buddy Miller - guitar
Dr. John Ciambotti - bass


12. Justine
Patty Larkin - vocal, guitar

13. Song Of The Candle
Stan Rogers - vocal, guitar



---------------------------------






The Folkscene Collection Volume Three
Red House Records / CD / RHR 155
MI0001493618.jpg

1. Music In My Room
Cheryl Wheeler - vocal, guitar

2. Way Over Yonder In The Minor Key
Joel Rafael - vocal, guitar
Jamaica Rafael - violin, vocal
Carl Johnson - guitar
Jeff Berkley - percussion


3. Kiss Me Before I Die
Laurie Lewis - vocal, guitar
Tom Rozum - mandolin
Todd Phillips - upright bass


4. See Me When You Can
Guy Davis - vocal, guitar

5. Clearing In The Forest
Kate Wolf - vocal, guitar

6. Ghost In This House
Michael Johnson - vocal, guitar

7. Lucky One
Bryndle
Wendy Waldman - vocal, guitar
Andrew Gold - mandolin, vocal
Kenny Edwards - vocal, guitar
Karla Bonoff - vocal
Scott Babcock - drums
Bill Bonk - bass


8. Last Chance To Dance
The Alpha Band
T-Bone Burnett - vocal, guitar
David Mansfield - violin, vocal
Steve Soles - guitar, vocal
David Miner - bass, vocal


9. At Seventeen
Janis Ian - vocal, guitar

10. Crow On The Cradle
Jackson Browne - vocal, guitar

11. Walkin' On The Moon
Katy Moffatt - vocal, guitar
Rosie Flores - vocal, guitar


12. Minglewood Blues
David Lindley - vocal, slide guitar
Wally Ingram - percussion


13. Huron 'Beltane' Fire Dance
Loreena McKennitt - vocal, harp
Brian Hughes - guitar
Rick Lazar - percussion
Steve Lucas - bass
Hugh Marsh - fiddle
Kikki Misumi - keyboard




すべて店頭にて販売中です。
ご来店お待ちしています。



DOC WATSON

DOC WATSON
LIVE AT CLUB 47



こんばんは。

もう1枚紹介しておきます。


本作は、ノースキャロライナ州にある ノースカロライナ大学チャペルヒル校 {UNC /
(University of North Carolina at Chapel Hill )}が所有する膨大なコレクション
"Southern Folklife Collection " と Yep Roc Records が共同でリリースした貴重な音源です。

Doc 以外の貴重な音源もシリーズ化して是非ともリリースしてほしいものです!


Southern Folklife Collection (SFC)
UNC 内に設立されたアメリカ南部に関連した伝統的な音楽、芸術、文化の収集、保存、
普及を目的としたアーカイブ・リソース。John Edwards 記念コレクションを中心に
カントリー・ウェスタン、ヒルビリー、ブルーグラス、ブルース、フォーク、ゴスペル、ロックンロール、
ケイジャン&サディコなど豊富な資料がある。そこには250,000以上の録音、3,000のビデオ録画、
8,000,000フィートの映画フィルム、数万点の写真、ポスター、原稿、書籍等が含まれています。




Southern Folklife Collection / Yep Roc Records / CD
0004837161.jpg

1. Wabash Cannonball
2. The House Carpenter
3. I Wish I Was Single Again (PREVIOUSLY UNRELEASED )
4. Little Darling Pal of Mine
5. Train That Carried My Girl from Town
6. The Worried Blues
7. Old Dan Tucker (PREVIOUSLY UNRELEASED )
8. Sweet Heaven When I Die
9. The Talking Blues
10. Little Margaret (PREVIOUSLY UNRELEASED )
11. Sitting On Top of the World
12. Don’t Let Your Deal Go Down
13. Blue Smoke
14. Deep River Blues
15. Way Downtown
16. Somebody Touched Me
17. Billy in the Low Ground
18. Boil Them Cabbage Down
19. Everyday Dirt
20. I Am A Pilgrim
21. No Telephone in Heaven
22. Hop High Ladies the Cake’s All Dough (PREVIOUSLY UNRELEASED)
23. Little Sadie
24. Black Mountain Rag
25. Blackberry Rag
26. Days Of My Childhood Plays

Doc Watson - Vocal, Guitar, Banjo, Harmonica, Autoharp
John Herald - Guitar, Harmony Vocals / Tracks 15, 16 (second guitar), 17, 24, 25.
Ralph Rinzler - Mandolin, Harmony Vocals / Tracks 15, 16.



1963年2月10日にマサチューセッツ州ケンブリッジのクラブ47でのライブ録音。
Docの初期レパートリーから未発表4曲を含む全26曲。さらにその中には、
The Greenbrier Boys の John Herald と Ralph Rinzler がサポートを務めている
音源も収録されています。


このショーで注目を集め、後の(1963年)ニューポート・フォーク・フェスティバル出演や
Vanguard Records のデビューソロ・アルバム・リリースへと繋がって行くのです。






なお今回、輸入盤にて先行で販売しています!!!
(3/23には、BSMF RECORDS より国内仕様盤もリリースされます)

ご来店お待ちしています。


Levon Helm Band

Levon Helm Band




こんにちは。


本日は、The Band のドラマーとして知られる Levon Helm のセッション・ワークを
収めたシリーズもの。(今は、The Band から説明必要かな?? 笑)

2004年、Levon Helm が Woodstock に所有する自身のスタジオにて行われた
セッション・ライヴをレコーディングしたCDとその映像を収めたDVDがセットに
なっています。

Levon Helm とは古くから友人で Delmark Records にもアルバムをのこしている
黒人ブルース・ハーピスト、Little Sammy Davis をフィーチャーしたブルース・セッション!



The Midnight Ramble Sessions Vol.1
Levon Helm Studios / ‎2 Disc Set( CD+DVD) / LHS001
levonhelm TMRS 1 20180216001

Disc 1 ( CD )
1. Sad Hours (Walter Jacobs)
2. Oh Baby (Walter Jacobs)
3. I'm Ready (Willie Dixon)
4. Blow, Wind Blow (McKinley Morganfield)
5. Blues With A Feeling (Walter Jacobs)
6. The New Scratch My Back (Slim Harpo/ Sammy Davis)
7. I Ain't Lyin' (Sammy Davis)
8. I'm Crazy About You Baby (Walter Jacobs)
9. Boom Boom, Out Go The Lights (Walter Jacobs)
10. Forty Days And Forty Nights (Bernard Roth)
11. I Want To Take You Downtown (McKinley Morganfield)
12. Everything Gonna Be Alright (Walter Jacobs) / Wrapped Up In Love Again (Albert King)
Bonus track
13. California Blues (Sammy Davis)

Disc 2 ( DVD )
国内のDVDプレイヤーで再生可能です!

Levon Helm - Drums
Little Sammy Davis - Vocal & Harmonica
Fred Scribner - Guitar
Mike Merritt - Bass
Garth Hudson - Accordion
Fred Scribner - Guitar
Frank Luther - Bass
Carey Brown - Piano



----------------------



こちらはシリーズ第2弾です。

前回のブログで紹介した Larry Campbell を始め、ギターで Dr John,
Sean Costello なんかも参加しています!!

なお余談ですが第3弾も2014年に別レーベルよりリリース済です。
今回は Levon Helm Studios レーベルに特化しました。


The Midnight Ramble Sessions Vol.2
Levon Helm Studios / ‎2 Disc Set( CD+DVD) / LHS002
levonhelm TMRS 2 20180216002

Disc 1 ( CD )
1. Battle Is Over But The War Goes On (M. Rogers, J. Winn)
2. What Kind Of Man Are You (Ray Charles)
3. Don't Ya Tell Henry (Bob Dylan)
4. Blue Shadows (Lowell Fulson) featuring Sean Costello
5. Johnny Boogie Goode (Levon Helm Band)
6. I Want To Know (Ray Charles)
7. A Fool In Love (Ike Turner)
8. Borrowed Time (Mac Rebbenack) featuring Dr. John
9. When The Battle Is Over (Mac Rebbenack, Jesse Hill)

Disc 2 ( DVD )
国内のDVDプレイヤーで再生可能です!


Levon Helm - drums & vocals
Amy Helm - mandolin & vocals
Johnnie Johnson - piano
Little Sammy Davis - Vocal & Harmonica
Dr John - guitar & vocals
Jon R. Smith - saxophone
Sean Costello - guitar & vocals
Andrew Shober - bass & vocals
Julia Smith - vocals
Stephen Bernstein - trumpet
Byron Isaacs - bass & vocals
Eric Lawrence - saxophone
Fiona McBain - guitar & vocals
Glen Patscha - keyboards & vocals
Larry Cambell - fiddle & vocals
Jimmy Vivino - guitar & vocals
Mike Merritt - bass
Tony Leone - drums & vocals



視聴 ☞ The Midnight Rambles



-----------------------------


<関連商品>


Levon Helm が、The Band 解散後の翌年に名だたるミュージシャン達を
集めてレコーディングした1st ソロ・アルバム「Levon Helm & The Rco All-Stars」。

その Levon Helm & The Rco All-Stars で行われた伝説のライヴ(1977年大晦日、
ニューヨークはPalladium にて)を収録したものが本作となります。
(残念ながら本作には、旧友 Robbie Robertson , Garth Hudson は参加していません。)


Levon Helm And The RCO All-Stars

Live At The Palladium NYC - New Year's Eve 1977
Levon Helm Studios / CD / LHS003
LevonHelmTRAS 20180216001

1. Ain’t That A Lotta Love
2. Washer Woman
3. A Mood I Was In
4. Milk Cow Boogie
5. Ties That Bind
6. Goin Back To Memphis
7. Blues So Bad
8. Born in Chicago
9. Rain Down Tears
10. Got My Mojo Working
11. Sing, Sing, Sing
12. Ophelia
13. Good Night Irene

Levon Helm ‐ Drums, Vocals
Steve Cropper ‐ Guitar
Donald “Duck” Dunn ‐ Bass
Dr. John (Mac Rebennack ) ‐ Keyboard, Vocals
Paul Butterfield ‐ Harmonica, Vocals
Howard Johnson ‐ Tuba
Tom “Bones” Malone ‐ Trombone
Fred Carter Jr. ‐ Guitar
Alan Rubin ‐ Trumpet
Lou Marini ‐ Saxophone


視聴 ☞ Levon Helm & The Rco All-Stars


すべて店頭にて販売中です。
ご来店お待ちしています。



John Gorka

John Gorka
True In Time



ボブ・フェルドマン(グレッグ・ブラウンと共同で)が83年に創設したミネソタ拠点の良質な
インディペンデント・レーベル、レッド・ハウス・レコード。

昨年、コンパス・レコードのグループ傘下となりアメリカーナとフォーク・ミュージックの象徴的な
ブランドは将来へ引き継がれることに。そんな新たなスタートをきったレーベルを後押しするに
相応しい1枚。



1970年代後半より意欲的に活動していたジョン・ゴーカ。くしくも1970年代後半から80年代にかけ
“ソングライター不毛”と言われた時代に...




Red House Records/BSMF RECORDS / CD / BSMF-6131
JG20180108001.jpg
輸入盤国内仕様 / ¥2592(TAX IN)

1. True in Time
2. Nazarene Guitar
3. Arroyo Seco
4. Tattooed
5. Mennonite Girl
6. Crowded Heart
7. Fallen for You
8. Cry for Help
9. The Body Parts Medley
10. Red Eye & Roses
11. Blues with a Rising Sun
12. The Ballad of Iris & Pearl
13. True in Time (Reprise)

John Gorka - A.Guitar, Vocals

The Band
Tommy Barbarella - Keyboards
J.T. Bates - Drums
Dirk Freymuth - E.Guitar, Baritone Guitar
Joe Savage - National Steel Guitar, Pedal Steel Guitar
Joel Sayles - Upright Bass, Harmony
Enrique Toussaint - E.Bass

Background Vocals
Kathleen Johnson
Germaine Brooks
Jonatha Brooke
Eliza Gilkyson
Lucy Kaplansky
Don Richmond
Jim Bradley


本作は4年振りのスタジオ録音。 フォーク・シンガー/詩人であるユタ・フィリップスの
「The past didn't go anywhere’(過去はどこにも行かなかった)」と作家フォークナーの
「The past is never dead. It’s not even past(過去は決して死んではいない、それは
過ぎ去ってもいない)」からインスパイアされていて、このアルバムの大きなテーマとも
なっている。

ピート・ケネディ(フォーク・ロック・デュオ、ケネディーズ)と共に作られたタイトル曲
『True In Time』は、女優キャリー・フィッシャー(スター・ウォーズのレイア姫で知られる)と
母で女優のデビー・レイノルズが続けて亡くなった(娘の後を追うように翌日に急死)時に、
ポール・サイモン(キャリーの元夫)のファースト・アルバムに収録された曲「Mother and Child
Reunion(母と子の絆)」を道筋として書かれています。


これらほとんどの楽曲は、旧友でありプロデューサー兼エンジニアのロブ・ジェネデックが
所有するスタジオ、‘アップ・タウン・レコーディング’にてツイン・シティー(ミネソタの州都
セントポールとミネアポリス市を合わせた呼び名)選りすぐりのセッション・バンドと共に録音。
バンドとの録音は一発録りという昔ながらのレコーデイング・スタイルです。

バックグラウンド・ヴォーカルにはイライザ・ギルキイソンやルーシー・カプランスキー
(レーベル・メイト)、ジョナサ・ブルックと言ったそれぞれもシンガー・ソングライターとして
活躍している仲間たちがサポート。


ニュー・フォーク・ムーヴメントの旗手として名乗りを上げて30有余年が経過し、彼は今年で
60歳を迎える。その洞察力に満ちた歌詞と皮肉っぽいストーリーテリング、力強いアコースティック・ギター
の音色、ソウルフルなバリトン・ヴォイス、どれを取っても色褪せることがない。



John Gorka Videosite - Mennonite Girl


John Gorka Videosite - Tattooed




---------------


John Gorka
ニュージャージー出身でペンシルベニアの小さなコーヒーハウスから音楽キャリアをスタート。
80年代、彼はソングライティングのセンスをより磨くためにニューヨーク(グリニッチ・ヴィレッジ周辺)
へ移動する。そしてジャック・ハーディ(*注1)を中心とする伝説のフォーク・サークル "Fast Folk"(*注2)
へ参加。84年にレッド・ハウス・レコード(以下 R.H.Rで表記)と契約しファースト・アルバム『I Know』をリリース。

その後、ウィンダム・ヒル・レコードの創設者でありギタリストのウィリアム・アッカーマンからの誘いを受けて
ハイ・ストリート・レコード(ウィンダム・ヒル・レコード傘下)へ移籍し7年間で5枚のアルバムをリリース。

90年代後半、音楽業界がビジネス優先となる流れの中で、芸術性や夢、ビジョンを持つ貴重なミュージシャン
を大切に守り続けてきた R.H.R へ、彼は自身の音楽ルーツを見直すべく、もう一度席を置く。そして
ソングライターとしてのセンスが光る8枚(ファースト・アルバム、イライザ・ギルキイソンとルーシー・カプランスキー
とのコラボ・アルバム含む)のすばらしいアルバムをこれまでに残しています。



(*注1)
70年代からニューヨークはグリニッジ・ヴィレッジ周辺を拠点に活動していたシンガー・ソングライター。
彼は、『 Fast Folk Musical Magazine 』の創立者/編集者としても知られており、80年代から90年代に
かけて多くのシンガー・ソングライターに影響を与えた。2011年3月に肺癌の為、63歳で亡くなった。

(*注2)
ジャック・ハーディを中心にNYのグリニッジ・ヴィレッジ周辺のシンガー・ソングライターが集ったサークル。
1982年の創刊から1997年まで『 Fast Folk Musical Magazine 』と題した音源(LP)と雑誌の組み合わせも
販売され数多くのシンガー・ソングライターが紹介された。SUZANNE VEGA、SHAWN COLVIN、 LYLE LOVETT、
LUCY KAPLANSKYを始めとするアーティストもここから輩出された。




------------------


輸入盤ですが、John Gorka の Red House Records 旧作も在庫あります!!!


The Bright Side of Down
JG20170207001.jpg
2014年リリース。Eliza Gilkyson, Lucy Kaplansky ら参加。
Bill Morrissey のカバー曲収録。

Writing in the Margins
JG20170207002.jpg
2006年リリース。Nanci Griffith, Eric Heywood ら参加。
Townes Van Zandt, Stan Rogers のカバー曲収録。

Old Futures Gone
JG20170207003.jpg
2003年リリース。Alice Peacock, Lucy Kaplanskyら参加。

After Yesterday
JG20170207004.jpg
1998年リリース。Lucy Kaplansky, Peter Ostroushko ら参加。



店頭にてすべて販売中です。
ご来店お待ちしています。



Chastity Brown

Chastity Brown
Silhouette of Sirens



アニ・ディフランコやブリタニー・ハワード(アラバマ・シェイクス)を彷彿とさせる、
Red House Records 一押しの若手女性シンガー・ソングライター、Chastity Brown !!



Red House Records/BSMF RECORDS / CD / BSMF-6130
CB20180207001.jpg
輸入盤国内仕様 / ¥2592(TAX IN)

1. Drive Slow
2. Wake Up
3. Carried Away
4. Whisper
5. My Stone
6. Lies
7. Pouring Rain
8. Colorado
9. How Could I Forget
10. Lost

Chastity Brown - A.Guitar, E.Guitar, Piano, Vocals
Luke Enyeart - E.Guitar
Robert Mulrennan - A.Guitar, E.Guitar, Slide Guitar
Jim Anton Bass
Jef Sundquist - Bass
Devon Gray - Keyboards, Piano
Tommy Barberella - Keyboard Synthesizer, Organ
Michelle Kinney - Cello
Zach Kline - Violin
Jayanthi Kyle - Vocals (Background)
Alicia Steel - Vocals (Background)




その心揺さぶるソウルフルな歌声と、ソウル、ゴスペル、フォークなどのルーツ・ミュージックに
根差した完成度の高いポップな楽曲は、全米メディアからも高い評価を受け、TVドラマやラジオ局
でも多数とりあげられている。人間や愛の本質を追求した歌詞の世界も多くの共感を呼び、
今やラウル・ミドンやレオン・ラッセルのO.A.も務めるほどの注目度!!



Chastity Brown
チャスティティ・ブラウンは、1982年テネシー州出身。2006年にミネアポリスに移り、2007年、自主制作で
『Do the Best You Can』を発表。2009年にセカンド『Sankofa』もリリースし、そのソウルフルでジャジーな
スタイルが話題となる。2010年にバンドを率いたサード『High Noon Teeth』を発表。2012年にBMIの
フォレッド・キャノンに認められ、ナッシュビルのCreative and Dreams Musicと契約。同年、『Back-Road Highways』
を発表。Minneapolis' Best Folk Artistにも選ばれ、NPRを初め多くのメディアから高い評価を受ける。
さらにヨーロッパへツアーを行い、ラウル・ミドンやレオン・ラッセル等のO.A.を務める。アルバム収録曲の
「After You」は、ラジオでも多くのエアプレイを獲得し、HBOやBBCのドラマでも多数とりあげられる。
2014年『Long Way』発表後、レーベルを離れ、2016年にRED HOUSEと契約。2017年に『Silhouette of Sirens』
を発表した。









店頭にて販売中です。
ご来店お待ちしています。



Larry Campbell & Teresa Williams

Larry Campbell & Teresa Williams
Contraband Love



こんにちは。


本日は、Red House Records より数枚紹介します。



ボブ・ディランやリヴォン・ヘルムを初め、数多くのルーツ系アーチストの
バックを務めてきたギタリストにしてマルチ・ストリングス・プレイヤー、
ラリー・キャンベルと妻テレサ・ウィリアムスとのデュオ2作目!


Red House Records/BSMF RECORDS/ CD / BSMF-6129
LT20180207001.jpg
輸入盤国内仕様 / ¥2592(TAX IN)

1. The Other Side Of Pain
2. Save Me From Myself
3. Hit & Run Driver
4. Contraband Love
5. Three Days in a Row
6. Turn Around
7. When I Stop Loving You
8. It Ain't Gonna Be A Good Night
9. My Sweetie Went Away
10. The Wishing Well
11. Slidin' Delta

Larry Campbell - A.Guitar, E.Guitar, Resonator Guitar, Bass, Fiddle, Mandolin, Pedal Steel Guitar, Vocals
Teresa Williams - A.Guitar, Vocals
Justin Guip - Drums
Levon Helm - Drums
Byron Isaacs - Bass
Jesse Murphy - Bass, Tuba
Glenn Patscha - Accordion, Keyboards
Bill Payne - Organ, Piano



エミルー・ハリスを思わせるテレサと男臭いラリーの歌声が絶妙にマッチ。
ラリーの完成度の高いオリジナル曲を中心に、カール・パーキンス、
ベッシー・スミス等のカヴァーやウィリアム・ベルとの共作曲を聴かせる。
リトル・フィートのビル・ペインや今は亡きリヴォン・ヘルムの参加曲も収録。


Larry Campbell & Teresa Williams
ラリー・キャンベルは1955年ニューヨーク出身。ギター、ペダルスチール、マンドリン、フィドル等を
こなすマルチプレイヤー。70年代からグリニッジ・ヴィレッジで様々なアーチストのバックを務める。
70年代終りにアーティ&ハッピー・トラウムやジョン・セバスチャンと共にウッドストック・マウンテン
レヴューとして活動。また80年代にはミュージカル・オーケストラにも参加。97年にはボブ・ディラン
のツアーバンドに抜擢され、2004年まで務める。その後は、ピーター・ウルフ、エルヴィス・コステロ、
エミルー・ハリスなど数えきれないアーチストのアルバムやツアーに参加。プロデューサーとしても
リヴォン・ヘルムのグラミー受賞作2007年『Dirt Farmer』、2009年『Electric Dirt』などを手掛けている。
一方のテレサ・ウィリアムスはテネシー州出身。NY移住後は様々なバンドで活動。その後、
元グレイトフル・デッドのフィル・レッシュ&フレンズやリトル・フィートらのバックで歌う。そしてラリーと
結婚後、デュオとして2015年『Larry Campbell & Teresa Williams』をリリース。









店頭にて販売中です。
ご来店お待ちしています。



The Littlest Birds Sing the Prettiest Songs

The Littlest Birds Sing the Prettiest Songs
Folk Music Illustrated by Jennie Smith



こんにちは。

この本も前から気になっていたので今回、Libba の絵本と共に
紹介させていただきます。


こちらはイラストレーターである Jennie Smith がお気に入りの伝統的な
スコティッシュ・バラッド/フォーク・ソングから Carter Family や Ralph Stanley、
Bascom Lamar Lunsford と言ったクラシック・ソングや Michael Hurley、
Gillian Welch & David Rawlings、Samantha Parton & Jolie Holland (The Be Good Tanyas)
と言ったコンテンポラリーまで13曲を彼女のイラストと共に歌詞、演奏可能な楽譜(コード)
なども含め綴られたフォーク・ソングブックです。





CHRONICLE BOOKS / BOOK / ISBN: 9780811875097
The Littlest Birds Sing the Prettiest Songs20180202001
Hardcover / 128 page


● INTRODUCTION Michael Hurley
● ARTIST STATEMENT Jennie Smith


HEMLOCKS AND PRIMROSES by Landon Messer and Ralph Stanley
THE ANIMAL SONG by Michael Hurley
LIGHT GREEN LAEVES by Little Wings
HOME BY THE SEA by The Carter Family
WINTER'S COME AND GO by Gillian Welch and David Rawlings
THE WATER IS WIDE trad. Scottish Ballad
THE BLACBIRD AND CROW trad.
I WISH I WAS A MOLE IN THE GROUND trad. American Folk Song by Bascom Lamar Lunsford
AND THE GREEN GRASS GROWS ALL AROUND by William Jerome and Harry Von Tilzer
HOME ON THE RANGE by Dr. Brewster M. Higley
CAVE by Breathe Owl Breathe
FROGGIE WENT A COURTIN trad. Scottish Folk Song
THE LITTLEST BIRDS by Samantha Parton & Jolie Holland


Jennie Smith ☞ HP


-----------------------------------

<関連商品>


Michael Hurley
First Songs
Smithsonian Folkways / LP / FW03581
Mhurley20180202001.jpg

Side A
1 Blue Mountain
2 You Get Down By The Pool Hall Clickety Clack (Sister Song)
3 I Like My Wine
4 No, No, No, I Won't Come (Go) Down No More
5 The Tea Song

Side B
1 Just A Bum
2 Raven Rock (They Took Away The Diesel)
3 Fat Mama
4 The Animal Song (If I Could Ramble Like A Hound)
5 Captain Kidd
6 Intersoular Blues
7 The Werewolf Song

Michael Hurley の記念すべきファースト・アルバム(1964年) !!
名門 FOLKWAYS で LEADBELLY の LAST SESSIONS と同じようにオープン・リール式の
機械で録音されたもの。なんとも言えない空気感、けだるく唄われるボーカル(時折、狼の
遠吠えのようにも唄う)は、彼特有のもの。

*LP のみ在庫あります。



--------------------



Gillian Welch & David Rwalings
Hell Among The Yearlings
Acony / CD / ACNY-0102
WelcRawlinhgs20180202001.jpg

1. Caleb Meyer
2. Good Til Now
2. The Devil Had A Hold Of Me
4.My Morphine
5. One Morning
6. Miner's Refrain
7. Honey Now
8. I'm Not Afraid To Die
9. Rock Of Ages
10. Whiskey Girl
11. Winter's Come And Gone


Gillian Welch 名義で98年にリリースされたセカンド・アルバム。
プロデュースは奇才、T Bone Burnett です。

*CD のみの在庫です。


---------------------------


Bascom Lamar Lunsford
Smoky Mt. Ballads
Folkways Records / 10inch LP / FA2040
BLL20180202.jpg

Side A
1 Swannanoa Tunnel
2 Mr. Garfield
3 Jinnie Jenkins
4 Little Marget

Side B
1 On The Banks Of The Ohio
2 Springfield Mountain
3 The Death Of Queen Jane
4 Mole In The Ground

ノースキャロライナ州アッシュビル出身で、音楽家、民俗学者に加え、アッシュビルの
フォーク・フェスティヴァルの創設者でもある、バスコム・ラマ―・ランスフォード(バンジョー奏者)。
アパラチアン・ミンストレルの父とも言われ、多くの伝承歌を後世に伝えてきた人です。

*こちらは中古で貴重な10インチ盤です。(コンディションは良好です。)



音盤と共にこのソングブックもオススメしておきます。
すべて店頭にて販売中です。





Libba

Libba
The Magnificent Musical Life of Elizabeth Cotten


By Laura Veirs, Illustrated by Tatyana Fazlalizadeh




こんにちは。


個人的にも昨年から待ちわびていた絵本が出版されました!


前回紹介したポートランド拠点の女性シンガー・ソングライター、
Laura Veirs による初の絵本をご紹介。

長年、彼女が敬愛してきた女性アメリカン・フォークシンガー、
Elizabeth "Libba" Cotten の音楽人生を綴ったものです。

オクラホ出身で現在は、ブルックリンを拠点に英術活動を
行っている Tatyana Fazlalizadeh がイラストを手掛けています。


CHRONICLE BOOKS / BOOK / ISBN: 9781452148571
LizCotten 20180130001
Hardcover / 48page

Elizabeth "Libba" Cotten
1895年、ノースキャロライナ州チャペルヒルで4人兄妹の1人として生まれる。
8歳の頃から長男のバンジョーや次男のギター(右きき用)を隠れて弾いていた。
(右利きのギターをそのまま左に持ち替えてい(弦も逆さま)弾く方法やコードを覚える。)

15歳で結婚し、地元で家政婦として働き音楽的な活動はしていなかった。1940年代初めに
ワシントンDCへ移り住み、そこで Seeger 家 と出会う( Pete Seeger の異母妹、Peggie Seeger
が迷子になり、彼女が送り届けたことがきっかけで Seeger 家で働く事になる。)

1958年、Pete Seeger の異母弟 Mike Seeger によって録音された記念すべきアルバム
『 FREIGHT TRAIN AND OTHER NORTH CAROLINA FOLK SONGS AND TUNES 』をリリースする。

1960年代に入り折からのフォークブームの波に乗り、各地のコーヒー・ハウスやフェスティバルへ参加する。
1967年には、『 Shake Sugaree 』 (Folkways)、1979年には、『 When I'm Gone 』 (Folkways )、
1983年には、『 Elizabeth Cotten Live! 』 (Arhoolie)をリリースする。1984年 Grammy Best Ethnic
or Traditional Folk Recording を 受賞。
1986年 Grammy Best Traditional Folk Recording にノミネートされる。

1987年6月29日、ニューヨーク州シラキュースで死去。



------------------


<関連商品>


癒しの1枚。何とも言えない優しい歌い口と類いまれなるギター・テクニックで
60年代のフォーク・リヴァイヴァリストを虜にした名盤2枚!


ELIZABETH COTTEN
FREIGHT TRAIN AND OTHER NORTH CAROLINA FOLK SONGS AND TUNES

SMITHSONIAN/FOLKWAYS / CD & LP / SF40009

libba20180202001.jpg

1. Wilson Rag
2. Freight Train
3. Going Down the Road Feeling Bad
4. I Don't Love Nobody
5. Aint' Got No Honey Baby Now
6. Graduation March
7. Honey Babe Your Papa Cares For You
8. Vastopol
9. a) Here Old Rattler Here b) Sent For My Fiddle Sent For My Bow c) George Buck
10. a) Run...Run b) Mama Your Son Don Gone
11. a) Sweet Bye and Bye b) What A Friend We Have In Jesus
12. Oh Babe It Ain't No Lie
13. Spanish Flang Dang
14. When I Get Home

*こちらは CD & LP 両方在庫あります。

---------------


ELIZABETH COTTEN VOL.2 SHAKE SUGAREE

SMITHSONIAN/FOLKWAYS / LP / FW31003

libba20180202002.jpg

Side A
1 Shake Sugaree (Vocals – Brenda Evans )
2 Washington Blues
3 I'm Going Away
4 Fox Chase
5 Ontario Blues
6 Mamma, Nobody's Here But The Baby

Side B
1 Look And Live, My Brother
2 Jesus Lifted Me (Vocals – Brenda Evans )
3 'Til We Meet Again
4 Jesus Is Tenderly Calling
5 Buck Dance
6 Ruben
7 Oh, Miss Lulie Gal
8 Shoot That Buffalo
9 Boatman Dance
10 Ball The Jack

*こちらは LP のみ在庫あります。



音盤と共にこの絵本、オススメしておきます。
店頭にてすべて販売中です。




LAURA VEIRS

LAURA VEIRS




こんばんは。

昨年から開催しておりましたセールも終了しました。期間中、ご来店、
お買い上げいただいたお客様どうもありがとうございました。



さて本日は、コロラド出身で現在はオレゴンを拠点に活動している
女性シンガー・ソングライター、 Laura Veirs のアルバムをご紹介。

99年のファースト・アルバム『Laura Veirs』から現在までコンスタント
にアルバムをリリースし、昨年には Neko Case と k.d. lang との
コラボ・アルバム(Anti より)もリリースしています。

どのアルバムも良いのですがあえて2011年リリースの本作を選びました。


Tumble Bee: Laura Veirs Sings Folk Songs for Children
RAVEN MARCHING BAND RECORDS / CD / RMB007
LV20180122001.jpg

1. Little Lap Dog Lullaby (Traditional)
2. Prairie Lullaby (Billy Hill)
3. Jack Can I Ride? (Traditional)
4. Tumblebee (Karl Blau)
5. King Kong Kitchie Kitchie Ki-Me-O (Traditional)
6. All the Pretty Little Horses (Traditional)
7. The Fox (Traditional)
8. Jump Down Spin Around (Harry Belafonte)
9. Why Oh Why (Woody Guthrie)
10. Down in the Medder (Laura Veirs & Karl Blau)
11. Soldier's Joy (Jimmy Driftwood)
12. Jamaica Farewell (Lord Burgess)
13. Prairie Dream (Rob Burger)

Laura Veirs - Vocal, Banjo, A.Guitar, E.Guitar, Piano, Whistle
Tim Young - E.Guitar, Tenor Guitar, Slide Guitar
Kai Welch - Piano
Nate Query - Upright Bass
Carl Broemel - Pedal Steel, Baritone Sax
Brian Blade - Drums
Karl Blau - Banjo, Bass, Chorus
Rob Burger - Accordion, Celester, Keyboards, Marxophone, Piano
Joe Cunningham - Tenor Sax
Alex Guy - Viola, Violin, Vocal Harmony

Kati Claborn - Chorus
Kate Howser - Chorus
Bridgit Jacobsen - Chorus
Johanna Kunin - Chorus
Lewi Longmire - Chorus
John MacDonald - Chorus
Adam Shearer - Chorus
Israel Nebecker - Chorus

Guest
Béla Fleck - Banjo
Basia Bulat - Charango
Colin Meloy - Vocals
Jim James - Vocal Harmony

Producer
Tucker Martine


本作は、サブ・タイトルからもわかるように子供へ向けたフォーク・ソング集で
トラッド曲とカバー曲で構成されています。

表情豊かでとても魅力的なヴォーカルとハーモニーにギター、バンジョー、ピアノ、
パーカッション、アコーディオン、ブラス、ストリングス、ホイッスルと言った楽器が
うまくミックスした作品になっています。

プロデュースは彼女のパートナーである Tucker Martine が務め、ゲストには、
Béla Fleck を始めとする一流ミュージシャンが参加。







----------------------------------


<関連商品>


こちらは、2009年にリリースされたアルバムで、全曲オリジナルによる
ロック、ポップ・テイスト溢れる内容です。


JULY FLAME
Bella Union / CD / RMB007
LV20180122002.jpg

I Can See Your Tracks
July Flame
Sun Is King
Where Are You Driving?
Life Is Good Blues
Silo Song
Little Deschutes
Summer Is The Champion
When You Give Your Heart
Sleeper In The Valley
Wide-Eyed, Legless
Carol Kaye
Make Something Good









どちらも店頭にて販売しています。
ご来店お待ちしています。








プロフィール

po69

Author:po69
PO'BOY RECORDS

AMERICAN ROOTS MUSIC
( BLUES, FOLK, SSW,
BLUEGRASS, OLD TIME,
JUG/WASHBOARD, etc )

NEW & USED RECORDS,
CDS, BOOKS
AND MORE...

● その他、日本のフォーク
SSW/ブルース系のアーティスト
もあります。

大阪市北区豊崎3-6-15 
第2淀川ビル3F
TEL:06-7494-9358

OPEN 12:00 CLOSE 20:00
(日曜 CLOSE 18:00)
木曜定休
.......................
Yodogawa N0.2 Bldg 3F
3-6-15, Toyosaki ,Kita-ku,
Osaka 531-0072 JAPAN
TEL&FAX +81-6-7494-9358

Open - Close
Mon. - Sat. 12:00-20:00
(Sun. 12:00-18:00)
Thu. - Closed

カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QR
2018年2月の定休
●木曜定休
カレンダー
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
最新記事
リンク
アルバム
検索フォーム
THANK YOU !!
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

<消費税率変更に関して>
2014年4月1日以降より8%での税込価格表示に変更となります。