FC2ブログ

台風19号の接近に伴うお知らせ

<台風19号の接近に伴うお知らせ>

台風19号の接近に伴い、明日、 10月12日(土) は京阪神地区の路線で
運転取り止めの可能性がある為、状況によってお休みさせていただきます。
こちらで改めて告知させていただきますのでご確認お願いいたします。

オープンしました。本日の営業は18:30 までとさせていただきます。



--------------------

<お休みのお知らせ>

いつもご来店ありがとうございます。

10月19日(土) 
上記、諸事情によりお休みさせていただきます。

お間違えのないようよろしくお願いします。


PO'BOY RECORDS


営業時間変更のお知らせ 【固定】

<営業時間変更のお知らせ>

大変ご迷惑おかけしております。

●しばらくの間、以下の時間帯で営業させていただきます。

14:00 - 20:00
(日曜日 14:00 - 19:00 / 木曜定休 )


なお今後も急なお休み、営業時間変更をする場合はこちらでお知らせ
いたします。申し訳ございまませんがよろしくお願いいたします。


PO'BOY RECORDS

委託販売について 【固定】

<委託販売について>

これまでCD(邦楽/一部、洋楽あり)の持込みでの委託販売を
お受けしておりましたが、昨年末で一旦ストップさせていただきました。

現在、お預かりしている商品の精算がクリアになれば再度検討させて
いただきます。基本的にこちらから連絡はいたしません。売上あるな
しに関わらず、精算のご連絡お待ちしています。

今後は、店舗に音源を置いてあるだけの関係性から、もう一歩踏み
込んだ関係性でありたいと願っております。


PO'BOY RECORDS

【祝来日】 BROTHERHOOD OF THE JUG BAND BLUES

こんにちは。


再度、告知しておきます!


当ブログで以前より紹介しています Eli Smith が、
2019年10月19日(土)に 開催されるOsaka Jug Band Festival へ 
"Brotherhood of the Jug band Blues"として
出演するため来阪します!!!

ライヴの詳細はこちら  ☞ Osaka Jug Band Festival



彼の事も含め、当ブログの過去の関連記事を参照ください↓
記事 ☞ JALOPY RECORDS
記事 ☞ THE DOWN HILL STRUGGLERS
記事 ☞ Four o'clock Flowers
記事 ☞ Jalopy Records Seven Inch Series  
記事 ☞ ELI SMITH
記事 ☞ EDEN & JOHN'S EAST RIVER STRING BAND



お楽しみに!!!







--------------------------------



以下、再度アップしておきます!!




JalopyRecords201712120001.jpg

BROTHERHOOD OF THE JUG BAND BLUES
Killin' Me !
American Jug Band Songs Old and New



Jalopy Records の第2弾としてリリースされたこのバンドは、ブルックリンを
拠点に活動する面々が集結したオールスター・バンドと言っても良いでしょう。


Jalopy Records / LP / JR002 
BOTJBB20171213001.jpg

SIDE A
1. Killin' Me
2. On the Road Again
3. Love Kung Fu
4. New Minglewood Blues
5. What You Like

SIDE B
1. Titty Lickin' Sunday
2. Whiskey Headed Woman
3. Ida K
4. Chick Weed
5. Tear It Down
6. Jack the Rabbit

Ernesto "Lovercat" Gomez - Vocals, Guitar & Harmonica
Arturo "Jugman" Stiles - Jug & Kazoo
Ernie "Papa" Vega - Vocals, Guitar, Mandolin & Tenor Banjo
Jackson "Money" Lynch - Vocals, Guitar & Fiddle
Eli "Sweet Son" Smith - Washboard, Banjo, Ukulele, Whistling & Vocals
Rashad "Downtown" Brown - Piano
Geoff "Mon Capitan" Wiley - Bass & Vocals
Walker Shepard - Fiddle
Pat Conte aka Amos Otis, Godfather - Fiddle & Slide Guitar
Bob Guida aka Raoul Otis, Godfather - Omnipresent

Recording: Don Fierro



このバンドの創設メンバーでもある Ernesto Gomez を筆頭に、The Down Hill Strugglers
の3人や Jalopy Theatre 創設者の Geoff Wiley 、今は亡き Bob Guida と Pat Conte から
なる The Otis Brothers などが顔を揃えたブルックリン・オールスター!!

サブ・タイトルにもあるアメリカのジャグ・バンド・ソングの古いものから新しいものまで
マルチ・プレイヤー達がおくるグッドタイムなグルーヴがここに収録されています!

試聴 ☞ Brotherhood of the Jug Band Blues






---------------------------




<関連商品>


こちらは、

メンバーが違う2009年にリリースされたCDR盤です!



WORD TO MOTHER
Random Chance Records / CDR
BOTJBB20171213002.jpg

1. Brother of the Jug Band Blues
2. Love U Truly
3. El Hombre
4. Brooklyn Blues
5. Stealin'
6. Jalepeno Witchie
7. Aint' My Day
8. Comin Over Baby
9. Microphone King
10. Keep It Clean
11. Care for Me
12. Rockaway
13. Who Don't LIke That?
14. Play Wit Your Poodle
15. G Train I'm Riding

Ernesto "lovecat" Gomez - lead vocals, guitar, harmonica, kazoo
Artie "jugman" Stiles - jug, vocals and harmonica
Steve Strohmeir "Brooklyn Slim" aka "Stoned Wheat Thin" - guitar, harmonica, kazoo & vocals
Eli "Sweet Son" Smith - washboard rhythm, Vocals and manjo (half banjo and half mandolin)








店頭にて販売中です。
ご来店お待ちしています。



"This Old Town"

Janis Ian
Strictly Solo




こんにちは。



2011年、幸運にも彼女のジャパン・ライヴへ足を運ぶことができた。
このブログでも紹介した Natalia Zukerman をバックに従えたライヴ。
あれからもう8年も経つのかと思い知らされる。





Jim Rooney がプロデュースし制作された Nanci Griffith のグラミー・アルバム
『Other Voices, Other Rooms』(1993年作)。

著名なゲスト達を迎え、すばらしいカバー曲の数々のなかにこの "This Old Town"
も収録されていました。

なんど聴き返したかわからないこの曲は、Janis Ian と Jon Vezner の共作曲として
クレジットされています。当時、Janis Ian のオリジナルを聴きたくて探しましたが
アルバムには未収録でした。

その後、未発表音源集として1999年に『Unreleased 3: Society's Child』がリリース
されるも彼女のHPだけの販売でした。


そして彼女が2006年にリリースした『Folk is the New Black 』から8年振りに
ライブ会場のみで特別に販売するために制作されたアルバムが、この
『Strictly Solo』で、その5年後となる今年、やっと一般流通されたのです。
もちろん"This Old Town"も収録され、晴れてみなさんに紹介できるのです!



Rude Girl Records / CD / RGR099
JI20191002001.jpg

1. Searching For America (live from Wolf Trap)
2. Johnny, I Hardly Knew Ye (from Janet Reno’s Songs of America)
3. Society’s Child
4. From Me To You
5. At Seventeen
6. Through the Years
7. When the Party’s Over
8. Married in London (live from The Birchmere)
9. Bright Lights & Promises
10. Tea & Sympathy
11. This Old Town
12. I Hear You Sing Again
13. A Candle For the Flame
14. I’m Still Standing
15. I Am the One (from The Singer & The Song audiobook)

Janis Ian - Vocals, Guitar


オーバーダブなしの完全ソロ・アルバムとなる本作は、ナッシュビルの
スタジオで3日間で録った楽曲を始め、ライブ2曲、特別なプロジェクトから
の選曲で構成されています。

そこにはデビュー・アルバムの収録曲 "Society’s Child" を始め、グラミー
を獲得したアルバム『Between the Lines 』に収録されたヒット曲"At Seventeen"
などの再録も含まれます。

他にも"This Old Town" と同様にオリジナル・アルバムでは聴けなかった
"Married In London"、"I Am the One" なども収録。

このアルバムの制作にあたっては、ファンの声が大きかったようです。やはり
同じ思いでいた人たちがいたんですね。



---------------


故郷の古い町を思い歌われた"This Old Town"、
もっと大きくは祖国を思いやっているようにも聴こえます。


This Old Town

Janis Ian/Jon Vezner

This old town should have burned down in 1929
That's when we stood in line,
waiting for our soup while swallowing our pride
This old town should have burned down in 1931
when the rain refused to come
Air filled up our bellies
Dust filled up our lungs,
and we thought our time had come

But this old town was built by hand
in the dustbowl of the motherland
There must be rock beneath this sand
I'll be damned - this town still stands

This old town should have burned down in 1944
when the last man went to war
They came back different, if they came back at all
This old town should have burned down in 1956
That's when the twister hit
All our hopes lay buried beneath the boards and bricks,
and we almost called it quits

But this old town was built by hand
in the dustbowl of the motherland
There must be rock beneath this sand
I'll be damned - this town still stands

Somewhere in the distance
the city lights do shine
Sidewalks gleam with neon dreams
that call from time to time
When my children's children ask me
why I didn't go
I'll say - The heart of any town
is the people that you've known,
and they always call you home

This old town was built by hand
In the dustbowl of the motherland
There is be rock beneath the sand
I'll be damned - this town still stands

© Taosongs Two (50%)/Universal-Songs of Polygram. All rights reserved;
international copyright secured.







店頭にて販売中です。
ご来店お待ちしています。


【再入荷】Jerry Garcia & David Grisman

Jerry Garcia & David Grisman
so what




お客様からお問い合わせがあった Jerry & Dawg のアルバム、
再入荷です。




ジャズはもちろん、ロックやソウル/R&;B界にも多大な影響を
与えた Miles Davis を始めとする ジャズ・カヴァー集。


Acoustic Disc / CD / ACD-33 SOLD!
JerryDawgSoWhat20190930001.jpg

1. So What (Take 1)
2. Bag's Groove
3. Milestones
4. 16/16
5. So What
6. Bag's Groove
7. Milestones
8. So What

Jerry Garcia - Guitar
David Grisman - Mandolin
Joe Craven - Percussion
Jim Kerwin - Bass
Matt Eakle - Flute



90年から92年にかけて録音されたもの。ジャズ・アルバムと言うだけあって
これまでの2人の作品とは、弱冠おもむきが違い洗練されたサウンドに
仕上がっている。

現 David grisman Quintet(DGQ)のメンバーが好サポートし、二人の卓越した
テクニックが、ぶつかり会う。

即興的なアプローチあり、ジャズ・ファンにも聴いて欲しい1枚!アート・ワークは、
Jerry によるもの。ライナーには、Ornette Coleman らのコメントもあり。

余談
ちょこっと紹介しておきたいのが、Joe Craven です。これまで紹介したアルバム
にも参加しており、パーカッション以外にも弦楽器も弾きこなすマルチ・プレイヤーで
現 DGQ のメンバー。Dawg 来日の際も、すばらしい演奏を聴かせてくれました。
アルバムをよく聴いてもらえば、彼のマウス・パーカッションのすばらしさがわかると
思います!!



店頭にて販売中です。
ご来店お待ちしています。





【再入荷】Fast Folk Musical Magazine June '84

Fast Folk
Musical Magazine June '84





再入荷です。



レコードで紹介したこともありますが、
こちらは、Smithsonian Folkwaays のカスタムCD-R です。



Jack Hardy 編集による*『 The CooP / Fast Folk Musical Magazine 』で
特集されたアルバムです。(ジャケットのイラストは、R. CRUMB氏 によるもの)


*『 The CooP / Fast Folk Musical Magazine 』
1982年の創刊から1997年まで、雑誌とLPの組み合わせで販売され、数多くのシンガー・ソングライター
が紹介された。SUZANNE VEGA、SHAWN COLVIN、 LYLE LOVETT、JOHN GORKAを始めとする
アーティストもここから輩出さた。フォーク・シンガー以外にもブルース、ラグタイム・プレイヤーなども
収録されていた。現在、これらの音源に関しては、“Smithsonian Folkwaays”のコレクションの
一部としてCD化されている。




Smithsonian Folkwaays / Custom CD-R / FF106
2018y12m21d_175941454.jpg

1. Ain't Nobody Home But Me (Pink Anderson) - Paul Geremia
2. Worried Blues (Trad.) - Bob Guida (Raoul Otis)
3. Walkin' Blues (Robert Johnson) - Tucker Smallwood
4. Viper's Drag (Fats Waller) - Howie Wyeth
5. 1919 Influenza Blues (Trad.) - Bob Zaidman
6. Drop Down Mama (Sleepy John Estes) - John Hammond
7. Hot Time In The Old Town Tonight (Trad.) - Ari Eisinger
8. I Like You Fine (MacDonald & Matheson) - Rhythm & Romance
9. April Blues (Peter Spencer) - Peter Spencer
10. Country Rag (Trad.) - Otis Brothers (Raoul Otis, Amos Otis)
11. Motherless Children (Blind Willie Johnson) - Dave Van Ronk
12. What Are They Doing In Heaven Today (Washington Phillips) - Pat Conte (Amos Otis)

本作は、Paul Geremia, John Hammond, Dave Van Ronk なんかの
すばらしい演奏を始め、貴重な "The Otis Brothers"の音源が聴ける
1枚なのです。さらに"The Otis Brothers" の Bob Guida と Pat Conte
のソロも1曲づつ聴けます。ちなみにPat のソロは、Washington Phillips
のカバーで *Dolceola の演奏がきけます。

Pat は、Jalopy Records の 7inchi, 12inchi や East River String Band、
等でも紹介してきましたが、 Bob Guidaは残念ながら2009年に亡くなった
のでホントに音源としても貴重です。

* Dolceola
Dolceolasは、1903年から1907年にToledo Symphony 社によって作られた楽器。オートハープ
にもよく似ており、鍵盤を弾いて弦を鳴らす小型のピアノ。“天使のような”音と言われる
ほど綺麗な響きを持つ伝統的な楽器です。



なお本作のオリジナル小冊子は、Smithsonian Folkwaays のサイトにて
フリーでダウンロード、プリント・アウトできます!



ご来店お待ちしています!



JUST AROUND THE BEND

JUST AROUND THE BEND
Survival and Revival in Southern Banjo Sounds
Mike Seeger's Last Documentary




こんにちは。


先日亡くなられた John Cohen と共に1950年代に結成したバンド、
The New Lost City Ramblers で活躍し、ソロとしても伝統的な
アメリカン・ミュージックを探求し貢献してきた Mike Seeger 。


そんな彼が、妻の Alexia Smith と映画製作者の Yasha Aginsky とで、
2009年にアパラチア山脈を訪れ、その地域のオールドタイム・バンジョー
の芸術性や多様性を、現地のプレイヤーらと共に語り、演奏する中で
垣間見る。そしてそれら音源と映像を 2CD + 1DVD からなるセットで
制作されたのが本作となります。


同年に彼が亡くなった為、本作は最後の録音集であり、最後の
ドキュメンタリー映像となってしまいました。



Smithsonian Folkways Recordings / CD + DVD /SFW40207
JATB20190928001.jpg

CD: Disc 1
1. Sally Ann - Riley Baugus
2. Pretty Polly - Riley Baugus
3. Darlin' Nellie Gray - Brien Fain
4. Long Lonesome Road - Brien Fain
5. Nancy Blevins - Debbie Grim Yates
6. Billy Wilson - Debbie Grim Yates
7. Cumberland Gap - Tina Steffey
8. Hop Light Ladies - Marsha Bowman Todd  
9. Sandy River Bells - Marsha Bowman Todd  
10. Richmond - Marsha Bowman Todd  
11. Soldier's Joy - Marsha Bowman Todd  
12. Sandy River - Jerry Adams  
13. Country Blues - Jerry Adams  
14. Rabbit Song - Peter Gott  
15. Whistle Blow (version 1) - Peter Gott  
16. Whistle Blow (version 2) - Peter Gott  
17. Cumberland Gap (version 1) - Peter Gott  
18. Cumberland Gap (version 2) - Peter Gott  
19. Liza Jane - Peter Gott  
20. Sugar Hill - Frank George  
21. Liza Jane - Frank George  
22. Preacher and the Bear - David Reed  
23. Old Jawbone - Joe Ayers  
24. Jesus Gonna Make Up My Dyin' Bed - Joe Ayers  
25. Georgia Buck - Rhiannon Giddens  
26. Cripple Creek - Rhiannon Giddens  

CD: Disc 2
1. Wild Bill Jones - George Gibson  
2. Story of Morgan's March - George Gibson  
3. Morgan's March - George Gibson  
4. Big Stone Gap - George Gibson  
5. John Henry - John Haywood  
6. Cold Icy Mountain - Matt Kinman   
7. The Cuckoo - Matt Kinman  
8. Morphine - Matt Kinman  
9. German War - Clifton Hicks  
10. Lost Hornpipe - Brett Ratliff  
11. Fair and Tender Ladies - Brett Ratliff  
12. Whitesburg - Jesse Wells  
13. Going Across the Sea - Jesse Wells  
14. Going Across the Sea - Robert Montgomery  
15. Old Rattler - Robert Montgomery  
16. Bully of the Town - Leroy Troy  
17. Cotton-Eyed Joe - Leroy Troy

2枚の CD には、19人の名バンジョー・プレイヤーの演奏が全44曲(110分)
収録されており、それぞれのスタイル、テクニックが聴き比べられる。
Mike Seeger はもとより、本作に収められたプレイヤーの中にもすでに亡く
なれた方もおられるので本当に貴重な音源集である。

それに加えて、貴重なドキュメンタリーDVD(110分)と80ページからなる
ブックレットは、オールド・タイム音楽ファンのバイブルとなること間違いなしです!



----------



以下、CDに収録されたプレイヤーのホント簡単なバイオです。
参考までに。

1. Riley Baugus
溶接工と鍛冶屋として18年間働いた後、プレイヤーとしてキャリアをスタート。
2003年の映画『Cold Mountain』のサウンド・トラックに楽曲が収録されたことで
アメリカはもとより、ここ日本でも広く知られる。

2. Brien Fain
ソロ活動を始め、Raymond Fairchild 率いる “the Rock Mountain Ramblers”
など多数のグループで精力的に演奏してきたクローハンマー・バンジョー・プレイヤー。

3 .Debbie Grim Yates 
彼女は、マウンテンミュージックに深いルーツを持ち、非常に若い年齢で
楽器をプレイし始める。オールドタイムとブルーグラスのバンド ”Acoustic Heritage”
で活動。ダイナミックで正確なクローハンマー・バンジョーが聴ける。

4. Tina Steffey
Alison Krauss 率いるバンド ”Union Station” にも在籍していた名マンドリン・プレイヤー、
Adam Steffey の奥さんで、彼女もまた卓越したクローハンマー・バンジョー・プレーヤー
として知られている。

5. Marsha Bowman Todd
彼女は、バージニア州南西部からノースカロライナ州北西部の昔ながらの
ブルーグラス音楽が息づく環境で育ち、9歳の時からパフォーマンスを続け、
バンジョー以外にもギター、マンドリン、ベース、フィドルとマルチにこなすプレイヤー。

6. Jerry Adams
彼は、故郷であるマディソン郡で薬剤師として35年間働き、晩年はテネシー州
東部に住んでいた。かつてノースカロライナ州西部で一般的だった独特の
2本指スタイルのバンジョーを弾く数少ないマスターの一人でした。惜しくも
2013年に66歳という年齢で亡くなっています。

7. Peter Gott
バンジョー奏者であり、ダンスコーラーでもあるPeter Gott。ケンタッキー州
マディソン郡に218エイカー(東京ドームの約19倍)という広大な農場(Gott Farm)
を所有していることでも知られています。60年代よりNew Lost City Ramblers の
John Cohen とも交流があり、彼の娘 Susi Gott もプレイヤーです。

8. Frank George
クローハンマー・バンジョー以外にピアノ、オルガン、ダルシマー、フィドル
などもこなすウェスト・バージニア州の伝統的な音楽家、Franklin “Frank” George 。
彼は8歳の時にバンジョー・コンテストで賞を取るなど、幼いころから音楽が
傍にありました。ウェストバージニアの伝統的なミュージシャンらと交流する
と共に全国から彼を訪ねてくる演奏家にも知識や技術を伝えてきました。
惜しくも2017年、89歳で亡くなられています。

9. David Reed
ノース・キャロライナ州ランシング出身のアパラチアン・フォーク歌手、
バンジョー奏者、Ola Belle Reed の息子。代々続く音楽一家としても知られ、
母譲りのクローハンマー・スタイルのバンジョーが聴ける。

10. Joe Ayers
1994年にRounder Records からリリースされたアルバム『Minstrel Banjo Style』
にも収録されていたバンジョー・プレーヤーなので知っている方もいるかと。
他にもTony Trischka 、Bob Carlinなんかも収録されてました。

11. Rhiannon Giddens
今もソロとして勢力的に活動しているRhiannon Giddens 。ノースキャロライナ
のブラック・バンジョー・コンテストで知り合ったメンバーで結成された
Carolina Chocolate Drops のメンバーとしても広く知られています。

12. George Gibson
ケンタッキー州ノット郡で食料品店のオーナーの息子として生まれる。
1950年頃、隣人の影響でオールド・タイム・バンジョーに興味を持ち演奏し始める。
彼は、ブラック・バンジョーとダンスに関する本を執筆するなど研究家でもあります。

13. John Haywood
ケンタッキー州出身のアーティスト、タトゥー・デザイナー、ミュージシャン。
彼は、先に紹介したバンジョーの歴史家であり、指導者でもあるGeorge Gibson
の農場に住みこみ、ケンタッキー州南東部の古いバンジョー・スタイルを始め、
伝統音楽を学びました。ソロ活動以外に、Travelin 'Snakes、Rich and the Po' Folks、
Lee Sexton Band などのさまざまなグループで演奏しています。

14. Matt Kinman
彼の人生は、伝統音楽に深く根ざしており、9歳でフィドルを演奏し始め、後にマンドリン、
12歳でプロとしてキャリアをスタート。15歳の時に家を出て音楽を演奏するかたわら配管工
として15年間働きました。その後はアメリカーナ・ファンならご存知、Old Crow Medicine Show
の初期メンバーとして活躍し、他にもThe Hackensaw Boys などとの演奏でも広く知られています。

15. Clifton Hicks
フロリダ州出身でジョージア州やサウスキャロライナ州で育ち、現在はテネシー州
チャタヌーガを拠点に音楽活動している Clifton Hicks。当ブログで紹介したニューヨーク
はブルックリンのレーベル”Jalopy Records”の7インチなどにも録音を残しています。
彼は、1999年から2000年にかけて アラバマ州に住む Ernie Williams や先に紹介した
ケンタッキー州に住む George Gibson からバンジョーを学んでいます。

16. Brett Ratliff
ケンタッキー州ジョンソン郡、Loretta Lynn を生んだ歴史的な炭鉱町で生まれ、
この地域での活動を始め、世界をツアーし伝統音楽を演奏している。2008年には
June Appal Recordings よりアルバム『Cold Icy Mountain』を、2017年にEmperor Records
よりセカンド・アルバム『Gone Boy』をリリースしている。

17. Jesse Wells
ケンタッキー州東部の古いフィドル音楽に傾倒し、4歳のときにマンドリンを手にしている。
その後、ロック、カントリー、ジャズなどに流れるものの、大学時代に再度、フィドルと
バンジョーの演奏に回帰する。現在は、ケンタッキー伝統音楽センターでインストラクター
として教え伝えるかたわら、自身も音楽家として先に紹介したBrett Ratliff らと演奏活動している。

18. Robert Montgomery
12歳の時にギターのレッスンを受け基礎を学びました。その後、バンジョーに
持ち替え、友人であるLeroy Troyから学びました。大学を卒業後、テネシー州で
開催された2004年オールドタイム・バンジョー・ナショナル・チャンピオンシップ
優勝しています。

19. Leroy Troy
テネシー州出身のバンジョー・プレーヤー。彼のバンジョー・スタイルは、
クローハンマーまたはフレーリング・スタイルで、現代のブルーグラスで演奏される
一般的なスクラッグス・スタイルのバンジョーとは異なり、Uncle Dave Macon
らの影響が色濃い。1988年にグランドオールオプリー出演、1996年には
バンジョーの全米チャンピオンとなる。


Mike Seeger's Just Around The Bend
- Survival and Revival in Southern Banjo Styles (Trailer)

Smithsonian Folkways


店頭にて販売中です。
ご来店お待ちしています。



JIMMY NOLEN

JIMMY NOLEN
Strollin' with Nolen - Hot Guitar, 1953-1962




数年前の音楽雑誌「モジョ」で特集された「史上最高のギタリスト100人」
で12位にランクインした Jimmy Nolen 。


本作は、20世紀で最も影響力のあるギタリストの一人である Jimmy Nolen
の初期キャリア音源を2枚のCDに収録したもの。


こう言う人の演奏が残っているから、またモダン・ブルースも聴こかとなります。
めちゃくちゃ良いです!!!



Jasmine Records / CD / JASMCD 3135
JN20190927001.jpg

Disc 1
MONTE EASTER And HIS BAND
1. NEW ORLEANS HOP
2. AFTER DARK
3. JUST A ROCKIN'
4. BLUES IN THE EVENING
MONTE EASTER And HIS BAND
5. MIDNIGHT RIDER
6. GOING BACK TO KANSAS CITY
CHUCK HIGGINS And HIS JOY BOYS
7. I'LL BE THERE
JIMMY NOLEN
8. SLOW FREIGHT BACK HOME
9. LET'S TRY AGAIN
10. I CAN'T STAND YOU NO MORE
11. YOU'VE BEEN GOOFING
12. STROLLIN' WITH NOLEN
13. STROLLIN' WITH NOLEN (Alt Take)
14. AFTER HOURS
CHUCK HIGGINS And HIS BAND
15. HERE I'M IS
16. WETBACK HOP
MOOSE JOHN
17. WRONG DOIN' WOMAN
18. TALKIN' 'BOUT ME
RUDY RAY MOORE
19. THE BUGGY RIDE
20. I'M MAD WITH YOU
21. MY LITTLE ANGEL
JIMMY NOLEN
22. STRAWBERRY JAM
23. STRAWBERRY JAM (Alt Take 1)
24. STRAWBERRY JAM (Alt Take 2)
25. STRAWBERRY JAM (Alt Take 3)
26. THE LOST TRAIN
27. DON'T LEAVE ME NO MORE
28. WIPE YOUR TEARS

Disc 2
JIMMY NOLEN
1. THE WAY YOU DO
2. MOVIN' ON DOWN THE LINE
3. IT HURTS ME TOO
4. HOW FINE CAN YOU BE
RUDY RAY MOORE
5. I'LL BE HOME TO SEE YOU TOMORROW NIGHT
LITTLE ARTHUR MATHEWS With JOHNNY OTIS ORCHESTRA
6. BAD BAD BULLDOG
7. HOT DIGGITTY DOG
JOHNNY OTIS
8. HEY! HEY! HEY! HEY!
9. THE MIDNITE CREEPER (Part 1)
10. THE MIDNITE CREEPER (Part 2)
BILLY ROBBINS
11. BRING HER BACK TO ME
12. BABY PLEASE COME HOME
SAILOR BOY
13 COUNTRY HOME
14. WHAT HAVE I DONE WRONG (Part 1)
15. WHAT HAVE I DONE WRONG (Part 2)
JIMMY NOLEN With THE JOHNNY OTIS ORCHESTRA
16. COME ON HOME
17. JIMMY'S JIVE
JIMMY NOLEN
18. SWINGIN' PETER GUNN (Part 1)
MONTE EASTER & HIS BAND
19. WEEKEND BLUES
GEORGE ALLEN aka GEORGE SMITH
20. TIMES WON'T BE HARD ALWAYS
21. TIGHT DRESS
22. LOOSE SCREWS
23. THE WILL TO GO ON
GEORGE ALLEN aka GEORGE SMITH With JIMMY NOLEN BAND
24. SOMETIMES YOU WIN WHEN YOU LOSE
25. COME ON HOME
26. YOU CAN'T UNDO WHAT'S BEEN DONE
27. ROPE THAT TWIST


1965年から1983年に亡くなるまでの間に James Brown Orchestra の
リードギタリストとして革新的な仕事を果たしたJimmy Nolen 。

本作は、1953年から1962年にかけて彼が関わったいろいろなセッション
音源55曲を2枚のCDに編集したもので、そこには、Johnny Otis を始め、
Monte Easter, George Smith らとの音源から自身名義のシングル(45回転)
やSP(78回転)音源も含まれます。

これまでにも Johnny Otis のバックなどで耳にすることは出来ましたが、
彼のギター・ワークをまとめたものとしてこれをオススメしておきます。



店頭にて販売中です。
ご来店お待ちしています。




IAN McCAMY

IAN McCAMY




こんにちは。


8年くらい前に、このバンド名義による1作目を
紹介したことがある Fiddlin' Ian McCamy です。


時の経つのは早いですね。。。



Fiddlin' Ian McCamy and his Celtic Reelers
The Drunken Landlady
Frémeaux & Associés ‎/ CD / FA 472
fiddlinIM20190927001.jpg

1. The St. Kilda's Wedding
2. Larry Gregan's Jig / The Cliffs Of Mohar
3. The Gravel Walk / The Foxhunters
4. Ye Banks And Braes
5. La Valse de Colette
6. Gavottine / Bulton Gavotte
7. The Dallas Rag
8. The Barnyards Of Delgaty
9. Farewell To Whisky
10. The Lark On The Strand / Have A Drink On Me
11. Mullhaire's / Lady Gordon's / The Humours Of Lissadell
12. The Sporting Life
13. The Maid Behind The Bar / Ships Are Sauling / The Sligo Maid / The Concertina Reel
14. Vandiemen's Land And The Drunken Landlady
15. Sailing To The Coast

Ian McCamy - Fiddle
Angus Aird - Guitar, Vocals
Pascal Segard - Bass, Whistle, Flute, Dulcimer, Guitar
Olivier Chambonnière - Drums, Percussion

Artwork by Robert Crumb




数多くのアメリカおよびフランスの映画やテレビ番組に出演し、
はニコール・キッドマン、ジェラール・ドパルデュー、ナタリー・ポートマン
らと共演経験もある俳優であり、ミュージシャンでもある Ian McCamy 。

ニューヨークのマンハッタン出身で6才よりフィドルを持ち、アメリカの
マウンテン音楽を始め、そのルーツである伝統的なアイリッシュ、
スコティッシュ音楽に傾倒してゆく。

92年、スコットランド滞在後に当時、伝統音楽が盛んであったフランスは
パリに辿り着く。それ以後、南フランスを拠点に活動をするようになり、
本作は、その地で結成し自身が率いるバンド "Celtic Reelers" 名義での
2作目にあたります。

伝統的なアイリッシュ、スコティッシュ音楽からなるダンス・チューン
(インストによる)とギタリストである Angus Aird のヴォーカルを数曲
フィーチャーしたものまで。アメリカのアパラチアン・マウンテン音楽の源流を
見つけることができる1枚!




-----------------------



<関連商品>



ブログで紹介するのは初めてかと思いますが、前者のアルバム・アート
を手掛ける Robert Crumb が参加した Ian McCAMY の別名義からなる1枚!



McCamy’s Melody Sheiks
There’s More Pretty Girls Than One
Arhoolie Records ‎/ CD / 519
McCamys Melody Sheiks20190927001

1. Home! Sweet Home!
2. Goodbye Booze
3. The Mineola Rag
4. Old Molly Hare
5. There's More Pretty Girls Than One
6. Take Me Back To Georgia
7. The Monroe County Quickstep
8. The Dill Pickle Rag
9. Saint Jobe's Waltz
10. Billy In The Lowground
11. Drunken Hiccups
12. Buffalo Gals Medley
13. The Pig Ankle Strut
14. Sail Away Ladies, Sail Away
15. Quebec Quickstep
16. Ragtime Annie
17. Walk Along John To Kansas

Ian McCamy – fiddle and vocals
R. Crumb – guitar and vocals
Ilan Moss – banjo
Stephen Harrison – bass



フランスで Robert Crumb と出会い,、彼の78回転コレクションを聴き、学び、
一緒に音楽を演奏し始める。その中で、彼らのお気に入りの楽曲(伝統的な
アメリカのフィドルミュージック)を収録したのが本作となります。

私はこの昔の音楽を演奏することに大きな喜びを感じており、実際、このバンドで
録音できることを光栄に思います!この音楽をリズミカルなバックアップとして参加し
提供することはスリルです… R. Crumb





店頭にて販売中です。
ご来店お待ちしています。





プロフィール

po69

Author:po69
PO'BOY RECORDS

AMERICAN ROOTS MUSIC
( BLUES, FOLK, SSW,
BLUEGRASS, OLD TIME,
JUG/WASHBOARD, etc )

NEW & USED RECORDS,
CDS, BOOKS
AND MORE...

大阪市北区豊崎3-6-15 
第2淀川ビル3F
TEL:06-7494-9358

OPEN 14:00 CLOSE 20:00
(日曜 14:00 - 19:00)
木曜定休

.......................

PO'BOY RECORDS
Yodogawa N0.2 Bldg 3F
3-6-15, Toyosaki ,Kita-ku,
Osaka 531-0072 JAPAN
TEL&FAX +81-6-7494-9358

Open - Close
Mon. - Sat. 14:00-20:00
(Sun. 14:00-19:00)
Thu. - Closed

カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QR
2019年10月の定休
●木曜定休
カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
リンク
アルバム
検索フォーム
THANK YOU !!
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

<消費税率変更に関して>
2019年10月1日以降より10%での税込価格表示に変更となります。