FC2ブログ

お休みのお知らせ

<お休みのお知らせ>

いつもご来店ありがとうございます。

下記日程にてお休みさていただきます。

8月21日(水) お休み
8月22日(木) 定休日
8月23日(金) お休み


*なおお盆期間中は、通常営業となります。
14:00 - 20:00 (日曜日 14:00 - 19:00 / 木曜定休 )

お間違えのないようよろしくお願いします。

PO'BOY RECORDS


営業時間変更のお知らせ 【固定】

<営業時間変更のお知らせ>

大変ご迷惑おかけしております。

●しばらくの間、以下の時間帯で営業させていただきます。

14:00 - 20:00
(日曜日 14:00 - 19:00 / 木曜定休 )


なお今後も急なお休み、営業時間変更をする場合はこちらでお知らせ
いたします。申し訳ございまませんがよろしくお願いいたします。


PO'BOY RECORDS

アクセス変更のお知らせ 【固定】

<アクセス変更のお知らせ>

御堂筋線 中津駅の改装に伴い、2019年1月15日(火)より
3号出口がしばらく封鎖されます。

したがって改装期間中にご来店の際は、4号出口から地上へ
あがっていただくかたちとなります。

ご迷惑おかけしますが、お間違えのないようよろしくお願いいたします。

PO'BOY RECORDS


委託販売について 【固定】

<委託販売について>

これまでCD(邦楽/一部、洋楽あり)の持込みでの委託販売を
お受けしておりましたが、昨年末で一旦ストップさせていただきました。

現在、お預かりしている商品の精算がクリアになれば再度検討させて
いただきます。基本的にこちらから連絡はいたしません。売上あるな
しに関わらず、精算のご連絡お待ちしています。

今後は、店舗に音源を置いてあるだけの関係性から、もう一歩踏み
込んだ関係性でありたいと願っております。


PO'BOY RECORDS

Lauren Sheehan

Lauren Sheehan




こんばんは。


久しぶりの更新となります。


その前に、お盆期間、暑い中ご来店いただいた
お客様どうもありがとうございました。


本日はオレゴン州ポートランドを拠点に活動し、Elizabeth Cotten や
Mississippi John Hurt らに代表される Piedmont Style を受け継ぐ
シンガー/ギタリスト、Lauren Sheehan をご紹介。

Piedmont Style
アパラチア山脈一帯のウエスト・バージニア州、バージニア州、ケンタッキー州、テネシー州、
ノースカロライナ州、ジョージア州と言った地域にある音楽的カテゴリーの一つを指して
ピードモント・スタイルと言われている 。




僕が彼女を知ったのは、キャリア・スタートとなる2002年の
アルバム『Some Old Lonesome Day』からで、それ以降も
全米、カナダなどで活動を続け、3枚のフル・アルバムと
5曲入りEPをリリースしています。


その中から3枚紹介しておきます。


まずは、



Tillamook Burn
Lauren Sheehan / Wilson River Records / CD
LS20190820001.jpg

1. Corrina
2. Honey Baby Blues
3. Roberta
4. Skinny Leg Blues
5. In the Wee Midnight Hours

Zöe Carpenter - Vocal, Guitar,
Lauren Sheehan - Vocal, Guitar, Banjo, Mandolin

Guest
Phil Wiggins - Harmonica
Laura Quigley - Vocal
Greg Clarke - Vocal



2014年リリースの本作は、彼女の娘で編集者/ライターでもある
Zoë Carpenterとのデュオ作(5曲入りEP)。娘である Zoë も母同様に
印象深いギターを引き、ソウルフルな歌声の持ち主で二人のハーモニー
が冴えます。

さらにカントリー・ブルース・ファンならご存知 Cephas & Wiggins として
活躍したブルース・ハーピストの Phil Wiggins も参加(M-3)。

Geeshie Wileyの「Skinny Leg Blues」 やBlind Willie McTell の
「In the Wee Midnight Hours 」カバーも収録!






---------------------------




“Your CD is excellent — it accompanied me (over and over) on my swing up
from Seattle to Anacortes when I was very tired and had done too much driving.
It's a keeper.” —Peggy Seeger




Rose City Ramble
Lauren Sheehan / Wilson River Records / CD
LS20190820002.jpg

1. The Memory of Your Smile
2. Dirty Rat Swing
3. In the Wee Midnight Hours
4. Carroll County Blues
5. Chilly Waters
6. Honey Baby Blues
7. Black is the Color
8. Oh, the Candyman
9. Satisfied Mind
10. I Want Jesus to Walk with Me
11. Little Bird of Heaven
12. Oh, My Stars
13. Louie’s Blues
14. Can’t Afford to Lose My Man
15. I’m So Lonesome I Could Cry

Lauren Sheehan - guitar, resonator guitar, banjo, mandolin, vocals
Terry Robb - guitar. slide guitar
Michael Ballash - drums
Betsy Branch - fiddle, vocal
Zoe Carpenter - vocal
Greg Clarke - mandolin, fretless banjo
Laura Quigley - bass
Dean Meuller - bass
Elizabeth Nicholson - harp, vocal
Johnnie Ward - harmonica, saxello, vocals



Peggy Seeger も絶賛!2011年リリースとなる本作は、Folk Radio Charts 8位、
オレゴンの Roots Radio Chart 2位に入ったアルバムで古典的なブルースや
ブルーグラスのナンバーからポートランドにゆかりのあるミュージシャンの
カバー曲なども収録されています。

Stanley Brothers (M-1)のブルーグラス・クラシックに始まり、Memphis Minnie
( M-2, M-14) 、Blind Willie McTell (M-3)などなど。

個人的にも好きで、このブログにも紹介している Martha Scanlon(M-11)や
Michael Hurley (M-12) のカバーも収録。さらに John Fahey とのコラボでも
知られるギタリスト、Terry Robb も参加してます。




------------------------



Two Wings
Lauren Sheehan / Wilson River Records / CD
LS20190820003.jpg

1. Two Wings
2. Won't You Be Kind
3. Lonesome Day Blues
4. Are You Tired Of Me?
5. Farewell Swallowtail
6. Drunk Man Blues
7. Risin' River Blues
8. In My Girlish Days
9. Del ta Queen
10. Kind Hearted Woman
11. God's Gonna Ease My Troublin' Mind
12. Statesboro Blues
13. Only One And Only
14. Red Rocking Chair

Lauren Sheehan - guitars, banjo, vocals.

Phil Wiggins - harmonica (M-1,2,6,7,11,13)
Bill Uhlig - bass (M-2,3,8,10,11)
Ryc Williamson - bass (M-1,4,7,13)
Peter "Spud" Siegel - mandolin (M-4,13)
Dick Titterington - trumpet (M-3,8)
Kate Power - harmony voca l(M-4)





最後は、2005年作で Independent Music Awards / Album of the Year
のファイナリスに選ばれたアルバム。

Hattie Hart (M-2) や Blind Willie McTell (M-3, 12)、Robert Johnson (M-10)
といったカントリー・ブルースのカバー曲から A.P.Carter (M-4 )や Clarence Ashley
(M-6, 11)といったオールド・カントリー、アパラチアン・バラッドのカバー曲など
が収録されています。その他、アルバム中で唯一、Gillian Welch & David Rawlings
のモダン・カバーも聴きもの。

このアルバムにも Phil Wiggins がブルース・ハープで好サポートを務めていて、
より色濃い Piedmont Style が聴ける。


------------






他のも動画あり ☞ Visit Lauren Sheehan's YouTube channel





店頭にて販売中です。

明日から23日(金)までお休みです。
お間違いないよう宜しくお願いします。






JERRY GARCIA

Jerry Garcia Acoustic Band
ALMOST ACOUSTIC : Recorded Live





こんにちは。酷暑が続いていますが体調にはくれぐれも
お気をつけください。



さて本日は、JerryGarcia が亡くなって24年目にあたります。
なので今年の5月に再発したこのレコードを紹介します。


2018年にも RSD Black Friday の2枚組/5000枚/限定盤
(180G グリーン・マーブル・カラー)として再発されましたが、


今回は 2枚組(180G パープル・カラー)となります。
もちろん前回同様にゲートフォールド・スリーヴで、
ダウンロード・コードが付属します。




Round Records / 2 X Vinyl  LP / JGFRR1025
JGAB20190809001.jpg
Purple 180G / Epanded Edition / Includes Free Download Card

JGAB20190809002.jpg

Side A
1 Swing Low, Sweet Chariot
2 Deep Elem Blues
3 Blue Yodel #9 (Standin' On The Corner)

Side B
1 Spike Driver Blues
2 I've Been All Around This World
3 I'm Here To Get My Baby Out Of Jail

Side C
1 I'm Troubled
2 Oh, The Wind And Rain
3 The Girl At The Crossroads Bar
4 Oh Babe, It Ain't No Lie

Side D
1 Casey Jones
2 Diamond Joe
3 Gone Home
4 Ripple

Jerry Garcia - Guitar, Vocals
David Nelson - Guitar, Vocals
John Kahn - Electric Upright Bass
Kenny Kosek - Fiddle
Sandy Rothman - Mandolin, Dobro, Vocals
David Kemper - Snare




アメリカを代表するロック・バンド、The Grateful Dead のギタリストとして
活躍し、サイドプロジェクトとして David Grisman とのコラボ作など当店でも
紹介してきました。

本作は、80年代末のサイドプロジェクトとして Jerry が率いたバンドで、
内容は1987年11月と12月に "Warfield Theater (San Francisco's )" と
"The Wiltern (Los Angeles)"で行われたライヴ音源を収録したものです。

Jerry がアメリカのルーツ音楽を愛していたことは、これまでのブログで
お伝えしてきました。本作でもそれは証明されており、古いトラッド曲から
Jimmie Rodgers, Mississippi John Hurt, Elizabeth Cotten, Tex Logan,
Bill Carlisle などのカバー曲まで演奏されています。




------------------------



<関連商品 CD >



JERRY GARCIA & DAVID GRISMAN
GARCIA GRISMAN
Acoustic Disc / CD / ACD-2
jerry20190809001.jpg

The Thrill Is Gone
2. Grateful Dawg
3. Two Soldiers
4. Friend of the Devil
5. Russian Lullaby
6. Dawg's Waltz
7. Walkin' Boss
8. Rockin' Chair
9. Arabia


Jerry Garcia - Guitar, Vocal
David Grisman - Mandolin
Jim Kerwin - Bass
Joe Craven - Percussion, Fiddle


60年代前半に東海岸のブルーグラス・フェスで始めて出会い、長年の友人関係だった
彼ら二人の最初の録音プロジェクトクトが本盤。それらサウンドは、阿吽の呼吸で
奏でられる。B.B.KING のヒット・ナンバー M-1 やデッドの名曲 M-4、Hoagy Carmichael
の M-8、Irving Berlin の M-5 など選曲もすばらしい。そして何といっても彼ら二人の
スリリングな掛け合いが最高にいい!


---------------


JERRY GARCIA & DAVID GRISMAN & TONY RICE
PIZZA TAPES
Acoustic Disc / CD / ACD-21
jerry20190809002.jpg

1. Appetizer 1
2. Man of Constant Sorrow
3. Appetizer 2
4. Louis Collins
5. Shady Jam
6. Shady Grove
7. Always Late
8. Summertime
9. Appetizer 3
10. Long Black Veil
11. Rosa Lee McFall
12. Appetizer 4
13. Drifting Too Far from the Shore
14. Amazing Grace
15. Little Sadie
16. Knockin' on Heaven's Door
17. Space Jam
18. So What
19. Appetizer 5
20. House of the Rising Sun


Jerry Garcia - Guitar, Vocal
David Grisman - Mandolin
Tony Rice - Guitar


このすばらしい3人による歴史的ジャム・セッションを収めた2本のオリジナル・テープが、
ピザ屋の宅配人によって Jerry 宅のキッチンから盗まれ、デッド・ヘッズを始めとする
一部のファンのみの間で聴かれることになった伝説の音源。これが2000年に晴れて公式に
リリースされたのが本作です。2度と実現することのない,これら演奏は、ファンにとって
宝物と言える作品です。のちに3枚組による完全版もリリースされてます(こちらは、
たくさんの別テイクなどが収録されたマニア向けです)。



すべて販売しております!



【祝来日】 BROTHERHOOD OF THE JUG BAND BLUES

こんばんは。


定休日前ですがお知らせしておきます。


当ブログで以前より紹介しています Eli Smith より先日、
2019年10月19日(土)に開催される Osaka Jug Band Festival
出演するため来阪すると連絡をもらいました。


今回、バンド "Brotherhood of the Jug band Blues"として
来阪するようです!!  ☞ Osaka Jug Band Festival


彼の事も含め過去の関連記事を参照ください↓
記事 ☞ JALOPY RECORDS
記事 ☞ THE DOWN HILL STRUGGLERS
記事 ☞ Four o'clock Flowers
記事 ☞ Jalopy Records Seven Inch Series  
記事 ☞ ELI SMITH
記事 ☞ EDEN & JOHN'S EAST RIVER STRING BAND



お楽しみに!!!







--------------------------------



以下、再度アップしておきます!!




JalopyRecords201712120001.jpg

BROTHERHOOD OF THE JUG BAND BLUES
Killin' Me !
American Jug Band Songs Old and New



Jalopy Records の第2弾としてリリースされたこのバンドは、ブルックリンを
拠点に活動する面々が集結したオールスター・バンドと言っても良いでしょう。


Jalopy Records / LP / JR002
BOTJBB20171213001.jpg

SIDE A
1. Killin' Me
2. On the Road Again
3. Love Kung Fu
4. New Minglewood Blues
5. What You Like

SIDE B
1. Titty Lickin' Sunday
2. Whiskey Headed Woman
3. Ida K
4. Chick Weed
5. Tear It Down
6. Jack the Rabbit

Ernesto "Lovercat" Gomez - Vocals, Guitar & Harmonica
Arturo "Jugman" Stiles - Jug & Kazoo
Ernie "Papa" Vega - Vocals, Guitar, Mandolin & Tenor Banjo
Jackson "Money" Lynch - Vocals, Guitar & Fiddle
Eli "Sweet Son" Smith - Washboard, Banjo, Ukulele, Whistling & Vocals
Rashad "Downtown" Brown - Piano
Geoff "Mon Capitan" Wiley - Bass & Vocals
Walker Shepard - Fiddle
Pat Conte aka Amos Otis, Godfather - Fiddle & Slide Guitar
Bob Guida aka Raoul Otis, Godfather - Omnipresent

Recording: Don Fierro



このバンドの創設メンバーでもある Ernesto Gomez を筆頭に、The Down Hill Strugglers
の3人や Jalopy Theatre 創設者の Geoff Wiley 、今は亡き Bob Guida と Pat Conte から
なる The Otis Brothers などが顔を揃えたブルックリン・オールスター!!

サブ・タイトルにもあるアメリカのジャグ・バンド・ソングの古いものから新しいものまで
マルチ・プレイヤー達がおくるグッドタイムなグルーヴがここに収録されています!

試聴 ☞ Brotherhood of the Jug Band Blues






---------------------------




<関連商品>


こちらは、

メンバーが違う2009年にリリースされたCDR盤です!



WORD TO MOTHER
Random Chance Records / CDR
BOTJBB20171213002.jpg

1. Brother of the Jug Band Blues
2. Love U Truly
3. El Hombre
4. Brooklyn Blues
5. Stealin'
6. Jalepeno Witchie
7. Aint' My Day
8. Comin Over Baby
9. Microphone King
10. Keep It Clean
11. Care for Me
12. Rockaway
13. Who Don't LIke That?
14. Play Wit Your Poodle
15. G Train I'm Riding

Ernesto "lovecat" Gomez - lead vocals, guitar, harmonica, kazoo
Artie "jugman" Stiles - jug, vocals and harmonica
Steve Strohmeir "Brooklyn Slim" aka "Stoned Wheat Thin" - guitar, harmonica, kazoo & vocals
Eli "Sweet Son" Smith - washboard rhythm, Vocals and manjo (half banjo and half mandolin)








店頭にて販売中です。
ご来店お待ちしています。



JOSH WHITE

JOSH WHITE
Free and Equal Blues





サウス・キャロライナ出身のフォーク/ブルース・シンガー&ギタリスト、
Josh White(1914-1969)。


その活気に満ちたギターと豊かなヴォーカル、何十年もの間、聴衆を
魅了した華麗なミュージシャン。





Smithsonian Folkways Recordings / CD / SFW40081
JW20190729001.jpg

1. One Meat Ball
2. In My Time of Dying
3. Free and Equal Blues
4. Number 12 Train
5. Jim Crow
6. Landlord
7. Betty and Dupree
8. Trouble
9. Beloved Comrade
10. Hold On
11. Jelly Jelly
12. When I Lay Down
13. The House I Live In
14. Fuhrer
15. Minute Man
16. Take a Gal Like You
17. Whatcha Gonna Do (Sometime)
18. Don't Lie Buddy
19. Motherless Children
20. No More Blues (No More Bread Lines)
21. Mean Mistreatin' Woman
22. Freedom Road
23. Miss Otis Regrets
24. Careless Love
25. T.B. Blues
26. Outskirts of Town

Josh White - Vocals, Guitar

Guest
Lead Belly - Vocals, Guitar
Mary Lou Williams - Piano
Jimmy Butts - Bass
Bill Coleman Trumpet
Eddie Dougherty Drums

The Union Boys
Burl Ives - Vocals
Alan Lomax - Vocals
Brownie McGhee - - Vocals, Guitar
Pete Seeger - - Vocals, Banjo

lMoses Asch - Recorder
Elijah Wald - Producer, Liner Notes
Josh White - Artist
Jeff Place - Producer



まず本CDは、1998年にリリースされたものです。内容としては1944年から1946年
にかけて Moses Asch よって録音された未発表音源を数多く含む編集盤として
当初リリースされたのでファンにとっては嬉しいものでした。(今もこれでしか聴けない
音源があるかも知れません。)

これら26曲からなるフォークやブルース、ゴスペル、ポピュラー・ソングといった楽曲を
ソロ演奏や Leadbelly, Mary Lou Williams, The Union Boys(Burl Ives, Alan Lomax,
Brownie McGhee, Pete Seeger)らが伴奏/コーラスをつけたものまで聴くことができる。

ちなみに M-10 は、"Gospel Plow"をベースにアレンジされ、M-16 は、演劇作"John Henry"
から抜粋しアレンジしたもののようです。 他にも M-1 は、Ry Coode のファースト・アルバム
でカバーされているので知っている方も多いと思います。

こちらで試聴できます ☞ Smithsonian Folkways Recordings



店頭にて販売中です。
ご来店お待ちしています。




【再入荷】 JESSE FULLER

JESSE FULLER

Move On Down The Line
singing and playing his 12 string guitar, harmonica, kazoo, sock cymbals and fotdella




こんにちは。



本日は再入荷となる、

'
The Lone Cat' こと Jesse Fuller の1枚!



Fledg'ling Records / CD / FLED3074
jf20160318002.jpg

Recorded March 19, 1965 in London, England.
1. Move On Down The Line
2. Stealing
3. Ninety Nine Years And One Dark Day
4. Animal Fair
5. Sleeping In The Midnight Cold
6. Stackolee

Recorded ca. 1954 in El Cerrito, CA. First issued as "Working On The Railroad"
by World Song (WS1) and Topic (10T59) in 1960.

7. John Henry
8. Railroad Worksong
9. Lining Up The Tracks
10. Hanging 'Round A Skin Game
11. Railroad Blues
12. San Francisco Bay Blues

Jesse Fuller - vocals, 12 string guitar, harmonica, kazoo, sock cymbals, fotdella(foot-operated bass)


本作は1965年に UKのレーベル Topic からリリースされた編集盤(LP)を
CD化したものです。

前半の6曲は、1965年3月19日にiイギリスはロンドンの Ceil Sharp House
で Peter Kennedy によって録音された楽曲を収録。

後半の6曲は、1954年にアメリカはカリフォルニア州のエルサリートで
Margaret と Irwin Goldsmith よって録音され楽曲を収録。

ちなみ後半6曲は、Margaret と Irwin Goldsmith のレーベル World Songから
1955年に10インチ盤としてリリース。その後、1960年にジャケを変え、Topic から、
2015年にMississippi Records と Secret Seven 共同で、それぞれ10インチ盤で
再発しています。

San Francisco Bay Blues の生みの親であり、後に多くのミュージシャンに影響を
与えたことは言うまでもない。歌と12弦ギター、カズー、ハーモニカ、フットデラ
(自作の足踏み式ベース)を駆使したワンマン・バンド・スタオル。

痛快なギターによるレイルロード・ソング、ワーク・ソング、スピリチュアルなどを
軽くこなすその芸風は今聴いても楽しめます。



店頭にて販売中です。
ご来店お待ちしています!


LA COPPIA SCIASCIA

LA COPPIA SCIASCIA
ITALIAN FOLK SONGS FROM ABRUZZO 1927-1930



こんにちは。



本日は、ギター・クラフトマンであり Fraulini Guitars のオーナー、
Todd Cambioがプロデュースした素晴らしいイタリアのフォーク・デュオ
紹介します。

Fraulini Guitars
20世紀初頭(真の黄金時代と呼ばれた)に使用されていたクラシックなデザインを
モデルにしたギターを制作している。それらは伝統的な技法を使用して、すべて
手作業で制作されています。そして伝統的な音楽を愛するミュージシャンに提供
することに力を注いでいる。



リリースは、Eden & John's East River String Band でおなじみ、
彼らのレーベル East River Records からとなります!



East River Records / CD / ERR1011
ItalianFolkSong20190723001.jpg

1. Bimba
2. Alla Fonda Della Conceria
3. Carolina Move Mova
4. È Bbone Ffa L’Amore
5. Ferrare Lancianese
6. Stornelli Campagnola
7. Lu Primo Amor
8. Si Li Vù Fà
9. Prima Sci e Dpo Ca o
10. Quando Mi Maritai
11. Pasquale Ombriacone
12. Angilella
13. Rusina Alla Campagna
14. Tarantella Ricci Ricci


イタリアの アブルッツォ(abruzzo)からアメリカのペンシルベニア州フィラデルフィア
にあるイタリアン人居住区へ定住した Pasquale "Pasty" Carmine Sciascia
(Pasquale Sciascia) と Chiarina "Clara" Andrissi(Clara Sciascia) からなる
夫婦デュオ、La Coppia Sciasscia 。

1927年から1933年にかけて Victor を始め Columbia、Brunswick と言ったレコード会社
に44曲の録音を残しています。

そのなかから今回、彼らの初期録音となる "Italian and Abruzzese folk songs" の
ナンバー14曲が90年振りにCDとして再リリースとなりました!

素晴らしいデュエット・ソングから絶妙なストリング・バンドが伴奏つけるものまで聴くこと
ができます。さらに英語に翻訳された歌詞やライナー・ノーツを含む24ページからなる
小冊子が付属します。

ItalianFolkSong20190723002.jpg


興味深い1枚です。
店頭にて販売中です。




------------------------------------



<関連商品>



関連商品としてこちらの、

JSP Records からリリースされたオムニバス2枚組ボックス・セットもオススメ
しておきます。

こちらも Todd Cambio 、他がプロデュースしたもので1911年から1939年に
かけてのイタリアン・アメリカン音楽(アメリカに定住したイタリア人達の音楽)
44曲を2枚のディスクに収録したものです。


Paese Mio Bello - Historic Italian American Recordings 1911-1939

JSP Records / 2CD BOX set / JSP4236
Paese Mio Bello 20190726001

先に紹介した Pasquale Sciascia の演奏も収録してます!


こちらも店頭にて販売中です。
ご来店お待ちしています。






プロフィール

po69

Author:po69
PO'BOY RECORDS

AMERICAN ROOTS MUSIC
( BLUES, FOLK, SSW,
BLUEGRASS, OLD TIME,
JUG/WASHBOARD, etc )

NEW & USED RECORDS,
CDS, BOOKS
AND MORE...

大阪市北区豊崎3-6-15 
第2淀川ビル3F
TEL:06-7494-9358

OPEN 14:00 CLOSE 20:00
(日曜 14:00 - 19:00)
木曜定休

.......................

PO'BOY RECORDS
Yodogawa N0.2 Bldg 3F
3-6-15, Toyosaki ,Kita-ku,
Osaka 531-0072 JAPAN
TEL&FAX +81-6-7494-9358

Open - Close
Mon. - Sat. 14:00-20:00
(Sun. 14:00-19:00)
Thu. - Closed

カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QR
2019年7月の定休
●木曜定休
カレンダー
07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
リンク
アルバム
検索フォーム
THANK YOU !!
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

<消費税率変更に関して>
2014年4月1日以降より8%での税込価格表示に変更となります。