FC2ブログ

お休みと営業時間変更のお知らせ

<営業時間変更のお知らせ>

大変ご迷惑おかけしております。

●しばらくの間、以下の時間帯で営業させていただきます。

14:00 - 20:00
(日曜日 14:00 - 19:00 / 木曜定休 )


なお今後も急なお休み、営業時間変更をする場合はこちらでお知らせ
いたします。申し訳ございまませんがよろしくお願いいたします。


PO'BOY RECORDS

MADELEINE PEYROUX

Madeleine Peyroux
Dreamland




こんにちは。


Madeleine Peyroux (マデリン・ペルー)と言えば、今なら音楽好きに
とってはよく知られた名前ですね。良いアルバムもリリースし続けています。


本日は、そんな彼女の始まりの1枚を紹介します。
1996年に名門 Atlantic より リリースされたファースト・アルバム。





Atlantic Records / CD
MP20181016001.jpg

1. Walkin' After Midnight
2 .Hey Sweet Man
3. I'm Gonna Sit Right Down And Write Myself A Letter
4. (Getting Some) Fun Out Of Life
5. La Vie En Rose
6. Always A Use
7. A Prayer
8. Muddy Water
9. Was I?
10. Dreamland
11. Reckless Blues
12. Lovesick Blues

Madeleine Peyroux - vocals, guitar
Charlie Giordano - organ, harmonium, Harpsichord, accordion, Mellotron
Marc Ribot - dobro, acoustic guitar, electric guitar, banjo
Vernon Reid - electric guitar
Larry Saltzman - electric guitar
Greg Cohen - bass
Steve Kirby - bass
Kenny Wollison - drums, percussion
Leon Parker - drums, cymbal
James Carter - tenor saxophone, bass clarinet
Marcus Printup - trumpet
Regina Carter - violin
Cyrus Chestnut - Piano



本作は、当時 Atlantic の若手アーティストの発掘を手掛けていた Yves Beauvais
と Tom Waits や John Zorn とのコラボでも知られる Greg Cohen(べーシスト兼)
が共同でプロデュースしています。

その関係からなのか?バック陣には、Marc Ribot を始め、Vernon Reid、
Cyrus Chestnut などがクレジットされています。

カバー曲中心に構成されており、Édith Piaf のM-5 を始め、Patsy Cline のヒット曲
M-1、Bessie Smith の M-11などなど。なお M-12 の "Lovesick Blues"も
Bessie Smith の "My Sweetie Went Away"のカバーです。


当時、リアルタイムで耳にした時の衝撃は大きいものでした。20代前半とは思えない
歌唱力にすぐさま虜になり次作への期待に繋がりました。

しかしこのアルバムのリリース後、彼女は8年後の再ブレイクまで沈黙を続けました。
なので本作は、2004年にリリースされたセカンド・アルバム『Careless Love』以降に
日本でも再評価されました。


始まりの1枚、オススメしておきます!





店頭にて販売中です
ご来店お待ちしています。















LOWELL LEVINGER

LOWELL LEVINGER
BANANA FROM THE YOUNGBLOODS

DOWN TO THE ROOTS




こんにちは。


本日は、60年代から70年代にかけて活躍したフォーク・ロック・バンド、
The Youngbloods のメンバーで知られる Banana こと Lowell Levinger
のソロ・アルバム(2014年リリース)をご紹介!







Granpa Racoon Records logo20181013002
Granpa Raccoon Recrds / CD / GR-5249
Banana20181013001.jpg

1. Married To the Blues (feat. Ry Cooder)
2. Love Is A Five Letter Word (feat. Barry Melton)
3. Blue Morning / Good Day For The Blues
4. Like A Road (feat. Roger Volz)
5. Blues My Naughty Sweetie Gives To Me (feat. David Grisman & Chad Manning)
6. I’ll Do Anything For You (feat. Chad Manning)
7. Blue Monday (feat. Roger Volz)
8. Just Can’t Quit the Blues (feat. Michael Barclay & Roger Volz)
9. Nobody Knows You When You’re Down And Out (feat. David Grisman)
10. Blue Driver (feat. Thomas Ford)
11. Corrina Corrina
12. If You Got To Make A Fool Of Somebody (feat. Terry Haggerty)
13. Precious Gold
14. Riding With The King (feat. Steve Kimock & Bobby Vega)

Bonus Track:
15.  L’Italiano (feat. David Thom)

Banana - vocal, 5-string tenor guitar, tenor guitar, guitar, banjo, piano, siren
Sam Page - bass
Ethan Turner - drums


with guest
Ry Cooder - slide guitar
David Grisman - mandolin
Steve Kimock - lead guitar
Bobby Vega - bass
Barry Melton - slide guitar
Terry Haggerty - lead guitar
Roger Volz - saxophone
Muchael Barclay - lead guitar
Chad Manning - fiddle
Thomas Ford - harmonica
David Thom - harmony vocal, mandolin
Paul Knight - bass



本作は1973年に The Youngbloods を解散してから5枚目のソロ・アルバム
となり、彼のこれまでの音楽ルーツを掘り下げた1枚!

自身がコレクションするビンテージのアコースティック楽器を持ち替えマルチ
に演奏し、誠実さと暖かさを感じるボーカルで歌われる。

さらに、本作のレコーディングでは、Ryan Cooder、David Grisman、Steve Kimock、
Barry "The Fish" Melton と言った素敵なゲストがサポートを務めています。

旧友 Michael Hurley のカバー曲「Blue Driver」を含む全15曲、心地よい気持ち
になるアルバムです。



Lowell Levinger - Banana From The Youngbloods and
Sam page on Bass Live at Cherry Hill Bed and Breakfast, Petaluma, CA April 5 ,2014.
Acoustic, no mics, no speakers, no fooling.






店頭にて販売中です。
ご来店お待ちしています。






DERROLL ADAMS

DERROLL ADAMS
Live in Haarlem 1977




Jack Elliott のレコードを紹介した時に少しふれた
バンジョーマン、Derroll Adams !!


本作は、1977年にオランダで行われたライヴを収録したもの。




STRICTLY COUNTRY / CD / SCR-78
DA20181012001.jpg

1. Introduction Muleskinner Blues
2. Muleskinner Blues
3. Introduction Darling Corey
4. Darling Corey
5. Introduction Freight Train Blues
6. Freight Train Blues
7. Introduction I Don´t Like No Railroad Man
8. I Don´t Like No Railroad Man
9. I Ain´t Got a Home
10. Introduction Frozen Logger
11. Frozen Logger
12. Introduction My Dixie Darling
13. My Dixie Darling
14. Mr. Rabbit
15. Introduction Rich and Rambling Boy
16. Rich and Rambling Boy
17. Introduction Cluck Old Hen
18. Cluck Old Hen
19. Introduction Trouble in Mind
20. Trouble in Mind
21. Introduction Appentice in London
22. Apprentice in London
23. Introduction The Valley
24. The Valley
25. Introduction Portland Town
26. Portland Town

Derroll Adams - 5strings Banjo


Jack Elliott の良き相棒であり、 The Ramblin' Boys としても知られる
オレゴン州ポートランド出身のバンジョー奏者/シンガー、Derroll Adams 。
Jack Elliott とイギリスで活動後、ヨーロッパを転々とし、特にドイツ、ベルギー
で人気となる。Donovan や Ronnie Lane などにも影響を与えた。

本作は1977年のベルギーで行われたライヴ音源で、語りのトラックを省いた、
全14曲が聴けます。

1967年にイギリスのレーベル Ace Of Clubs からリリースされたソロ・アルバム
『Portland Town』(レコードです。)は、今でも高値で取引されています。その
アルバム・タイトル・チューンでヒット作でもある"Portland Town" も収録。

豪快なバンジョー・ピッキングとバリトン・ヴォーカルが魅力の1枚。

なかなかCDで聴けるのが少ないのでオススメしておきます!!







店頭にて販売中です。
ご来店お待ちしています。







JEFF TWEEDY

JEFF TWEEDY
TOGETHER AT LAST





Loft Acoustic Sessions シリーズ、第1弾にして
初のソロ名義アルバム!!!







dBpm Records / CD / 87534-2
JT20181012001.jpg

1. Via Chicago
2. Laminated Cat (Tweedy, Jim O'Rourke and Glenn Kotche)
3. Lost Love
4. Muzzle of Bees (Tweedy and Jim O'Rourke)
5. Ashes of American Flags (Tweedy and Jay Bennett)
6. Dawned on Me (Tweedy and Pat Sansone)
7. In a Future Age (Tweedy and Jay Bennett)
8. I Am Trying to Break Your Heart (Tweedy and Jay Bennett)
9. Hummingbird
10. I'm Always in Love (Tweedy and Jay Bennett)
11. Sky Blue Sky

Jeff Tweedy – vocals, guitar, harmonica


オルタナ・カントリー・バンド、 Uncle Tupelo を経て Wilco のフロントマン
として知られる Jeff Tweedy による待望のソロ・アルバム。


本作は、 Wilco ナンバーを含むセルフ・カヴァー集で全編アコースティックな
サウンドとなっています。時を経るほどに深みを増す彼の素朴さがアルバム全体
を通して聴いてとれる作品です。さらに僕自身の思いですが、彼の音楽には、
より強くアメリカ臭さを感じるのです。

このシリーズをもっと聴きたいと思っていたやさき、新作ソロ・アルバム ‘WARM’
の情報を聞きつけました。(11月末リリース予定)

楽しみ!!








店頭にて販売中です。
ご来店お待ちしています。












STEVE FORBERT

STEVE FORBERT
THE MAGIC TREE




こんにちは。

2013年、33年振り奇跡の来日を果たしてからすでに5年も経つのか
と思った次第です。緊迫のあるライヴだったなぁ。 ☞ ここ


今年、彼の新しい回想録と言える「Big City Cat:My Life in Folk-Rock」
と題した本が出版されたが、それと同時にリリースされたアルバムが
本作の『THE MAGIC TREE』です。


Blue Rose Music / CD / BRM-1017
SF20181012001.jpg

1. The Magic Tree (Version One)
2. That'd Be Alright
3. Carolina Blue Sky Blues
4. Let's Get High
5. Tryna Let It Go
6. Lookin' At The River In The Rain
7. Diamond Sky
8. Movin' Though America
9. I Ain't Got Time
10. The Magic Tree (Version Two)
11. Only You (And Nobody Else)
12 The Music Of The Night



1954年、ミシシッピ生まれの今やベテラン・シンガー・ソングライター、
Steve Forbert 。ミシシッピの田舎町から大都会ニューヨークへ移り住み、
生活する中で感じた心情や日常の風景を歌に込めた1st『ALIVE ON ARRIVAL』
を始め多くの名作を残している。

2018年に送られてきた本作は、未発表のアコースティック・デモ音源から厳選された
楽曲に、彼の長年の伴奏者であるギタリスト、Clay Barnesを含むグループらとの
バッキング・トラックを追加した全12曲を収録。

「Carolina Blue Sky Blues」や「The Night of Music」、「Let's Get High」、
「I Not Not Got Time」などのキャッチーな楽曲は、初期の名曲「Romeo's Tune」を
思い起こさせる。







店頭にて販売中です。
ご来店お待ちしています。
















DANNY KROHA

DANNY KROHA
Angels Watching Over Me





The White Stripes のヴォーカル/ギタリストとしてしられる
Jack White が創設したレーベル、Third Man Records より
2015年にリリースした興味深い1枚!




Third Man Records / CD / TMR-290
DK20181010001.jpg

1. Angels Watching Over Me
2. I Want To Live So God Can Use Me
3. Rowdy Blues
4. Holy Ghost Don't Leave Me
5. Take Me Back
6. John Henry
7. Walking Boss
8. Run Little Children
9. The Road Is Rough And Rocky
10. Cannonball Blues
11. You Got To Move
12. Gloryland
13. Before This Time Another Year
14. Jack O'Diamonds
15. Pretty Little Pink
16. Lonesome Valley

Danny Kroha - vocal, guitar, banjo, dulcimer, diddley bow, washtub bass, jug, mouth organ


1980年代からデトロイトで活動してきたガレージ・ロック・バンド、The Goriesの
創設メンバーであり、90年代には、The Demolition Doll Rods 等でも活躍していた
Dan Kroha (aka Danny Doll Rod )によるソロ・プロジェクト。

デトロイトにある100年以上も前に建てられた空き家で録音された本作は、彼が
これまでに演奏してきたジャンルとは異なり、ギターやバンジョー、ディドリー・ボウ
と言った楽器を持ち替えて演奏した伝統的なゴスペル、ブルース、オールド・タイム、
フォークソングなどが収録されています。

そのサウンドはローファイかつ往年の Fat Possum 録音を思い起こさせるものと
なっています。









店頭にて販売中です。
ご来店お待ちしています。









IRON & WINE

IRON & WINE
WEED GARDEN



これも紹介したかった、


Pitchfolk等でも話題となっていたアルバムで、


今夏、僕を癒してくれた1枚!!





Sub Pop Records / CD / SP1255
IronWine20181010001.jpg

1. What Hurts Worse
2. Waves of Galveston
3. Last of Your Rock 'n' Roll Heroes
4. Milkweed
5. Autumn Town Leaves
6. Talking to Fog

Sam Beam - acoustic guitar, vocal
Jim Becker - acoustic guitar, violin, vocal
Sebastian Steinberg - bass, vocal
Joe Adamik - drums, percussion, vocal
Teddy Rankin-Parker - cello, vocal
Rob Burger - piano, organ, vocal



シンガーソングライター、サミュエル・ビームによるソロ・プロジェクト
Iron & Wine の6曲入りのEP『Weed Garden』。

グラミー賞の最優秀アメリカーナ・アルバムにもノミネートされ、高い
評価を得た前作『ビースト・エピック』と同時期に書かれた楽曲を収録。






店頭にて販売中です。
ご来店お待ちしています。


WILLIAM ELLIOTT WHITMORE

William Elliott Whitmore
Kilonova



こんにちは。


これまで紹介できなかったレーベル、アーティスト達を徐々にアップして
行きます。今回は、CDがメインですがアナログも含め色々と紹介して
行ければと思っています。



本日は、
アイオワ州を拠点に活動しているアメリカーナ系シンガー・ソングライター、
William Elliott Whitmore をご紹介。


2015年にリリースしたアルバム『Radium Death』 (ANTI -) から約3年ぶりの
新作は、Bloodshot Records 移籍第1弾でもあります!



このコレクションは、
私が長年にわたって出したかったものです。
私は数年間、ライブセットでやってきたこれらの曲...
私のやり方は、芸術と音楽を分かち合うことです。
私はこれらの曲を人々と共有したいと思っています。
― William Elliott Whitmore



Bloodshot Records / CD / BS265
WEW20181010001.jpg

1. Fear of Trains  (Magnetic Fields)
2. Busted  (Harlan Howard)
3. Don’t Pray on Me  (Bad Religion)
4. Hot Blue and Righteous  (ZZ Top)
5. Five Feet High and Rising  (Johnny Cash)
6. Ain’t No Sunshine  (Bill Withers)
7. One Glass at a Time  (Red Meat)
8. Run Johnny Run  (Jimmy Driftwood)
9. Country Blues  (Dock Boggs)
10. Bat Chain Puller  (Captain Beefheart)

William Elliott Whitmore - vocal, guitar, banjo
Randall Davis - baritone guitar
Joel Anderson - guitar
Pete Biasi - bass
Brian Cooper - drums
Mike Shulte - drums
Kurt Orin - saxophone
Jenny Hoyston - Harmony Vocals, Trumpet




Bloodshot Records 移籍第1弾となる本作は、15年間のキャリアの中で
彼に影響を与えたアーティスト達のカバー・ソング10曲が収録されている。
それらはカントリーミュージックから R&B、パンク・ロック、アヴァンギャルドな
なものまで幅広いジャンルで構成されています。







William Elliott Whitmore
アイオワ州の農家で育ち、キャリアの最初はパンク・バンドからスタート。
その後、ソングライターとしてシカゴを拠点とする Southern Records と契約し
3枚のアルバムを制作。2009年、メジャー・レーベル ANTI-と契約しアルバム
『Animals in the Dark』をリリース。このアルバムは、Billboardの Heatseekers
TOP 50 にチャートイン。ANTI-には3枚のアルバムを残し、2018年に
Bloodshot Records と契約して移籍第1弾となるアルバム『Kilonova』をリリース。





店頭にて販売中です。
ご来店お待ちしています。




ALEJANDRO ESCOVEDO

ALEJANDRO ESCOVEDO
with Don Antonio
The Crossing




こんにちは。

ご無沙汰してすみません。
本日、アメリカの新しい仕入先より商品入荷しました。メジャー&インディ・レーベル
の旧譜カタログ、準新譜などなど。準新譜は徐々に紹介して行きます。細かな旧譜
カタログはすべて紹介しきれないので店頭にて。よろしくお願いします。



本日は、店頭にてすでに販売中の商品から1枚紹介します。
Yep Roc records が大プッシュしているテキサスを代表する
メキシカン・アメリカン•ソングライター、Alejandro Escovedo
の新作!!



Yep Roc Records / CD / YEP-2591
AE20181009001.jpg

1. Andare
2. Footsteps in the Shadows
3. Texas Is My Mother
4. Teenage Luggage
5. Something Blue
6. Outlaw for You
7. Amor Puro
8. Waiting for Me
9. How Many Times
10. Cherry Blossom Rain
11. Sonica USA
12. Rio Navidad
13. Silver City
14. Fury and Fire
15. Flying
16. MC Overload
17. The Crossing

Alejandro Escovedo - Guitar, Percussion, Vocals
Don Antonio - Bass, Guitar, Keyboards, Lap Steel Guitar, Vocals
Joe Ely - Vocals
Pavel Ciprys - Viola
Helena Jir Kovsk - Violin
Radek Krizanovsky - Violin
Marie M.Tlov - Violin
Agnieszka Sciazko - Violin
Wayne Kramer - Guitar
John Perry - Guitar
James Williamson - Guitar
Matteo Monti - Drums, Percussion
Gianni Perinelli - Clarinet, Saxophone
Nicola Peruch - Organ, Piano, Synthesizer
Denis Valentini - Bass, Percussion, Vocals
Franz Valtieri - Saxophone
Adriana Vor.Čkov - Cello
Emma Morton - Vocals
Peter Perrett - Vocals
Sabrina Rocchi - Vocals
Nicholas Tremulis - Vocals



2016年リリースの『 Burn Something Beautiful 』 から約2年振りの最新作!

映画のようなコンセプトを持った本作『The Crossing』は、イタリアから来た若い移民
サルボとメキシコ出身のデイエゴがテキサスのレストランで働きアメリカンドリームを
夢見ていることなどを綴り、そこにはメキシコ移民としての自分の経験も秘めている。
イタリアの共同作家、アントニオ・グラメンティエリとの関係からインスピレーションを得て、
文化的アイデンティティ、祖先の重み、少数民族の権利、人種差別と言ったテーマが
もりこまれている。

共同制作者Brian Deck(Modest Mouse、Gomez、Iron&Wine)の助けを借りて、北イタリア
のVillafrancaの農家で録音されました。(米国外で録音は、このThe Crossing セッションが
初めてとなり、彼自身、国境を越えました。)

ゲストとして The Flatlanders として知られる Joe Ely が参加!







店頭にて販売中です。
ご来店お待ちしています。


プロフィール

po69

Author:po69
PO'BOY RECORDS

AMERICAN ROOTS MUSIC
( BLUES, FOLK, SSW,
BLUEGRASS, OLD TIME,
JUG/WASHBOARD, etc )

NEW & USED RECORDS,
CDS, BOOKS
AND MORE...

● その他、日本のフォーク
SSW/ブルース系のアーティスト
もあります。

大阪市北区豊崎3-6-15 
第2淀川ビル3F
TEL:06-7494-9358

OPEN 12:00 CLOSE 20:00
(日曜 CLOSE 18:00)
木曜定休
.......................
Yodogawa N0.2 Bldg 3F
3-6-15, Toyosaki ,Kita-ku,
Osaka 531-0072 JAPAN
TEL&FAX +81-6-7494-9358

Open - Close
Mon. - Sat. 12:00-20:00
(Sun. 12:00-18:00)
Thu. - Closed

カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QR
2018年10月の定休
●木曜定休
カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
リンク
アルバム
検索フォーム
THANK YOU !!
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

<消費税率変更に関して>
2014年4月1日以降より8%での税込価格表示に変更となります。