お休みと営業時間変更のお知らせ

ご連絡

明日、9月22日(木、祝)は、14:00 - 19:00 で営業いたします。

なお 9月25(日)は即売により店頭営業はお休みさせていただきます。


-------------------

<営業時間変更のお知らせ>

大変ご迷惑おかけしております。

●しばらくの間、以下の時間帯で営業させていただきます。

14:00 - 20:00
(日曜日 14:00 - 19:00 / 木曜定休 )


なお今後も急なお休み、営業時間変更をする場合はこちらでお知らせ
いたします。申し訳ございまませんがよろしくお願いいたします。


PO'BOY RECORDS

即売(出張販売)、その他、告知

こんにちは。

商品紹介が下の方になってきたので TOP画面のお知らせを
こちらにまとめさせてもらいます。

●即売のお知らせ

♪ 9月24日(土)、25日(日) 西天満 GANZ toi toitoi
アフターアワーズ30周年ライヴ 
詳細は ☞ こちら
*なお PO'BOY RECORDS の出店は25日(日)のみです。 

♪ 12月10日(土)、11日(日) 西天満 GANZ toi toitoi
アベノボル 66 
詳細はあらためてアップします。
*なお PO'BOY RECORDS の出店は11日(日)のみです。 


---------------


● ライヴ告知

♪ 9月28日(水) 大阪music bar S.O.Ra.
NATALIA ZUKERMAN Japan Tour 2016
詳細は ☞ こちら
関連動画 ☞ こちら



GAMBETTA, AONZO, GRISMAN

Beppe Gambetta, Carlo Aonzo, 
David Grisman


Traversata
Italian Music In America



こんにちは。本来は定休ですが祝日という事で
まったりオープンしてます!


さて本日は、Acoustic Disc では初めて紹介するアルバム。

本作は、イタリアン・ギタリスト、Beppe Gambetta と同じくイタリアン・マンドリニスト、
Carlo Aonzo を迎えたコラボ作。

イタリアの古典音楽とアメリカの古典音楽をストリング・マスターである3人が絶妙な
演奏で聴かせてくれるオススメの1枚!


Acoustic Disc / CD / ACD-47
R-5483356-1394535212-7504_jpeg.jpg

1. Costumi Siciliani
2. Oh Mio Babbino Caro
3. Idillio Primaverile
4. Manzanillo
5. L'onda
6. Tarantella Op.18
7. Intermezzo
8. Pickin' The Guitar
9. Violinata
10. Study For Two Mandolins
11. Valtzer Fantastico
12. The Godfather Waltz
13. Mazurka Vi Op. 141
14. Serenata "A Ballo"
15. April Kisses

David Grisman - Mandolin
Beppe Gambetta - Guitar, Harp Guitar
Carlo Aonzo - Mandolin, Mandocello
Radim Zenkl - Mandocello (M-6)


イタリアのマンドリン音楽ではもっともポビュラーな楽曲M-1(Giovanni Gioviale 作)
に始まり、イタリアンオペラ曲M-2など。

Beppe と Carlo によるデュオ演奏 M-5, 7 では、イタリア発祥のハープ・ギターと
マンドリンの美しいアンサンブルが聴ける。

ジャズ・ギタリスト、Nick Lucas のナンバー(M-8) や同じくジャズ・ギタリスト、Eddie Lang
のナンバー (M-15)では、Beppe の粋なギター演奏も聴けます。

他にもイタリアの作曲家、Nino Rotaによる映画『 ゴッドファーザー』のメイン・テーマ(M-12)
などなど。

イタリア音楽にある情熱的で、喜怒哀楽といった人間の感情をマンドリンを中心と
した弦楽器で旨く表現された作品です。

20ページ、フルカラーブックレット付属。


店頭にて販売中です。
ご来店お待ちしています。







JACK ROSE 2

JACK ROSE



前回に引き続き、レコードで再発売されました、

Jack Rose が生前にリリースした主要なアルバムを
(レコードで)紹介して行きます。

(前回の記事は ☞ こちら


Red Horse, White Mule
VHF Records / LP / vhf#141
JR201609210005.jpg

Side A
A Red Horse

Side B
B1 Dark Was The Night, Cold Was The Ground
B2 White Mule Part 1
B3 White Mule Part 2
B4 Hide The Whiskey (Blues For The Colonel)

本作は、ソロ名義としてリリースした最初のレコード。オリジナル・リリースは2002年で、
Eclipse Records より500枚限定リリースでした。CD は、"Opium Musick"との"2in1で
ジャケも違います。今回はVHFからレコードとして初の再発!!!


---------------------


Opium Musick
VHF Records / LP / vhf#142
JR201609210006.jpg

Side A
A1 Yaman Blues
A2 Linden Ave Stomp

Side B
B1 Mountaintop Lamento
B2 Black Pearls

guest
Mike Gangloff - Tambura (Tampura)
Glenn Jones - Guitar


オリジナル・リリースは2003年。 Eclipse Records から1000枚限定でリリースされた
ものと、ツアーエディション盤(ブラウンのコルクボード・ジャケット)としてリリースされた
ものがあります。こちらも今回、VHFからレコードとして初の再発です。ゲストとして
Mike Gangloff (a.k.a Pelt, Black Twig Pickers) と Glenn Jones が参加!


---------------


Raag Manifestos
VHF Records / LP (gatefold sleeve) / vhf#85
JR201609210007.jpg

Side A
A1 Black Pearls From The River
A2 Tower Of Babel
A3 Hart Crane's Old Boyfriends

Side B
B4 Tex
B5 Crossing The Great Waters
B6 Road
B7 Blessed Be The Name Of The Lord

guest
Ian Nagoski - Electronics
Eric Carbonara - Tabla (Tablas)


2004年に CDはVHF、レコード(1000枚限定)は Eclipse Records よりリリース
されました。 CD は2007年に一度再発されましたが、レコードは今回VHFから
初の再発です。ゲストとして Ian Nagoski と Eric Carbonara が参加!


バージニア州出身。彼の音楽キャリアは、リッチモンドのノイズ/ドローン系バンド、
" PELT"としてスタート。その後、ソロとして活動を始め、CD、LP、EPなど精力的
にリリース。独学で6弦、12弦ギターを習得。その後は、ラップスタイルによるスライド・ギター
をメインに演奏するようになった。ケイジャン、ブルース、ジャズ、カントリーなどを好んで聴き、
ギタリストとしては、John Fahey, Robbie Basho の影響が大きかったよう。

" PELT"の他メンバー、Mike Gangloff と Nathan Bowles によるアパラチアン・オールド・タイム・バンド、
"The Black Twig Pickers "とのコラボや Glenn Jones との活動 などこれからと言う時に亡くなって
しまう。(2009年12月、享年38歳)



Jack Rose のレコードは常に限定リリースで枚数も少なかった為、入手困難でした。
さらに彼が2009年に他界したことで、中古市場では高値で取引されるようになりCDで
聴くしかできませんでした。

それだけに今回の再発はファンにとって嬉しいものとなりました。
2003年から彼が亡くなる前年2008年までの主要な遺作7枚に針を落として聴いて欲しい。



前回紹介した4枚と共に店頭にて販売しています。
ご来店お待ちしています。

明日、9月22日(木、祝)は、14:00 - 19:00 で営業いたします。


THE DAVID GRISMAN SEXTET

The David Grisman Sextet



久しぶりに Acoustic Disc から紹介します。


1976年に親しい仲間と結成した DGQ (The David Grisman Quintet) 。
翌年にはファースト・アルバム『The David Grisman Quintet』をリリース。

それから40年の歳月を経て送られてきたのが本作、
The David Grisman Sextet です。

新たなメンバーによって進化し続ける "Dawg Sound" がここにあります!!


Acoustic Sound / CD / ACD-50052
dgsextet20160921001.jpg

1 - Bells Of Camoglia
2 - The Purple Grotto
3 - Newly Wedding
4 - Slinky
5 - Horn Pipe Dream
6 - Waltz For Gigi
7 - Dawg's Bounce
8 - Hannah & Rio
9 - Del & Dawg

David Grisman - mandolin, banjo-mandolin
Jim Kerwin - bass
Matt Eakle - flute, bass flute, kazoo, penny whistle
George Marsh - drums, percussion
Chad Manning - fiddle
George Cole - guitar


DGQ のファースト・アルバムをパロったジャケで最初は再発かと思ったが、
正真正銘のスタジオ盤にして新作!!

収録された楽曲は、さまざまな音楽(swing jazz、bluegrass, latin, funk、old-time、 ragtime)
のアレンジのもとで形成され、すばらしいアコースティックなサウンドでブレンドされています。

今なお精力的に全米で演奏する Dawg (Grisman の愛称)の現在の
サウンドがここに生きています!








---------------------

<Acoustic Disc 関連カタログ>


Del & Dawg
LIVE!

Acoustic Sound / 2CD / ACD-50051
DelDawg20160921001.jpg
Tunes and Tales by Del McCoury and David Grisman

Disc 1
1. Feast Here Tonight
2. Intros
3. Shackles & Chains
4. Meeting Up
5. East Virginia Blues
6. Bluegrass Rhythm
7. G-Run Blues
8. Del & Big Mon
9. Dark Hollow
10. Toy Heart
11. Remembering Brad
12. Bill Keith Medley: Salt Creek, Devil's Dream, Shenandoah Breakdown
13. Snow Dove
14. The Good Old 1950s
15. Country Boy Rock & Roll

Disc 2
1. Gotta Travel On
2. The Wild Side Of Life
3. Little Glass Of Wine
4. I Know What It Means To Be Lonesome
5. Del & Dawg
6. Man Of Constant Sorrow
7. I'm My Own Grandpa
8. Brakeman's Blues
9. Tennessee Waltz
10. So Long
11. New River Train
12. Farewell Medley: Life's Railway To Heaven, Shalom Aleichem

1963年、グリニッジ・ヴィレッジにあるニューヨーク大学にて Bill Monroe と共にバンジョー
演奏していた Del McCoury と最初の出会いをする。3年後には、Del & Dawg として最初の
ギグを行う。それから50年来に付き合いとなる今や伝説の二人。

そんな彼らの、2015年11月にポートランドでおこなわれたライヴ音源が本作(2枚組ディスク)
には収録されております。オリジナルのインストからブルーグラス・クラシックまで息の合った
演奏を聴かせてくれます。他にも亡き旧友ビル・キースに送ったメドレーも聴きもの。







---------------

他にも Acoustic Disc のカタログ入荷中です。今回、廃盤リストをもらったのですが、
どんどんカタログも減ってます。その後はデジタル・ダウンロードに切り替わっている
のがさびしいところです...

Jerry Garcia & David Grisman / GARCIA/GRISMAN
Jerry Garcia & David Grisman / NOT FOR KIDS ONLY
Jerry Garcia & David Grisman / SHADY GROVE
Jerry Garcia & David Grisman / SO WHAT
Jerry Garcia & David Grisman & Tony Rice / THE PIZZA TAPES
Doc Watson & David Grisman / DOC & DAWG
Beppe Gambetta, Carlo Aonzo & David Grisman / Traversata
Old and In the Way / THAT HIGH LONESOME SOUND
Old and In the Way / BREAKDOWN
Old and In the Gray / Old and In the Gray
VA / TONE POEM 1
VA / TONE POEM 2
VA / TONE POEM 3
VA / DAWG PLAYS BIG MON - HAPPY BIRTHDAY BILL MONROE

Oscar Alemán / SWING GUITAR MASTERPIECES


すべて店頭にて販売中です。
この機会にご来店お待ちしています!

明日、9月22日(木、祝)は、14:00 - 19:00 で営業いたします。




HEARTWORN HIGWAYS

HEARTWORN HIGWAYS
Townes Van Zandt, Guy Clark, Rodney Crowell,
Steve Earle, John Hiatt, David Allan Coe & more




こんにちは。



1975年から76年にかけてテキサスやテネシー周辺のミュージック・シーンを
切りとったドキュメンタリー映画「HEARTWORN HIGHWAYS」。

81年に公開されたこのドキュメンタリー映画には、テキサス・トルバドールと
いわれる SSW を始め、アウトロー・カントリーに代表される演奏者達の貴重
な映像が写し出されている。

本作は、このドキュメンタリー映画での演奏を編集したサントラ盤です。



LIGHT IN THE ATTIC / CD / LITA146
ost HH20160921001

1. L.A. Freeway - Guy Clark
2. “...that’s a Lightnin’ lick...”
3. Ohoopee River Bottomland - Larry Jon Wilson
4. That Old Time Feeling - Guy Clark
5. “...people condemn whiskey...”
6. Waitin’ Round To Die - Townes Van Zandt
7. I Still Sing The Old Songs - David Allan Coe
8. Intro
9. Desperadoes Waiting For A Train - Guy Clark
10. Bluebird Wine - Rodney Crowell
11. Alabama Highway - Steve Young
12. Intro
13. Pancho And Lefty - Townes Van Zandt
14. Texas Cookin’ - Guy Clark
15. Charlie’s Place (Gamble’s Story) - Gamble Rogers
16. The Black Label Blues - Gamble Rogers
17. “...these guards all drive Cadillacs!”
18. River - David Allan Coe
19. One For The One - John Hiatt
20. Darlin’ Commit Me - Steve Earle
21. Ballad Of Laverne And Captain Flint - Guy Clark
22. I’m So Lonesome I Could Cry* - Steve Young
23. Mercenary Song* - Steve Earle
24. “...would you do Elijah’s Church?”
25. Elijah’s Church* - Steve Earle
26. Silent Night* - Rodney Crowell


昨年、40周年を記念して限定ボックス・セット(映像、レコード、CD他)としても
販売された内のCD単発リリース。できればドキュメンタリー映画のDVDも単発
で再度販売してもらいたかったところですが...

97年に亡くなった Townes Van Zandt や 今年に入り惜しまれつつこの世を去った
Guy Clark を始め、Rodney Crowell, Steve Young, Steve Earle,, David Allan Coe,
John Hiatt など錚々たる面子の貴重な演奏が聴ける1枚。
(30ページからなるブックレットも付属。)


店頭にて販売中です。
ご来店お待ちしています。





DAN PENN

DAN PENN
Nobody's Fool



ドイツのベア・ファミリーからレコードで再発された
Dan Penn のファーストにして名盤。

遅ればせながら入荷しました!

今回は、180グラムの重量盤でリリースです。


Bear Family / LP / BAF18021
DP20160918001.jpg
180gram / Gatefold Sleeve / Original Artwork

SIDE A
1.Nobody's Fool
2.Raining In Memphis
3.Tearjoint
4.Time
5.Lodi

SIDE B
1.Ain't No Love
2.I Hate You
3.Prayer For Peace
4.If Love Was Money
5.Skin

Dan Penn - Guitar, Vocal
Charlie Freeman - Guitar
Tommy Richards - Guitar
Tony Oterri - Guita
Marlin Greene - Guitarr
Spooner Oldham - Organ, Keyboards
Jay Spell - Piano
Greg Reding - Organ
Bill Phillips - Organ
Tommy McClure - Bass
Jim(Jimmy) Johnson -Bass
David Hood - Bass
Sammy Creason - Drums
Dulin Lancaster - Drums
Roger Hawkins - Drums
Mike Utley - Keyboards
John Huey - Steel Guitar
Leo LaBlanc - Steel Guitar
Bergen White - Vibraphone

Nashville Horns - Horns
Nashville Strings - Strings
Memphis Horns - Horns
Memphis Strings - Strings
The Hot Dogs - Backing Vocals
The Amazing Truth Band

Recorded At Beautiful Sounds, Memphis, TN.



アメリカ南部音楽を聴くなかで必ずと言っても過言ではないくらい彼の名前に
ぶち当たる。スワンプ・ロック、サザン・ソウル・シーンを代表するシンガー・ソングライター。
彼の楽曲(名曲)は、James Carr, Aretha Flanklin, Percy Sledge, Janis Joplin,
Box Tops など多くにミュージシャンに提供されています。

本作では楽曲によって若干の入れ替わりがあるが、極上の南部サウンドを作り
出す鉄壁のバック陣が顔を揃えています。彼らの手腕もかなり大きいです。
Side A-5 は唯一のカバー曲(CCR の John Fogerty)ですが、彼のオリジナルか
と思うほど聴かせてくれます。



レコードで聴けることが個人的には嬉しくてたまりません。
これはとにかくレコードで聴いて欲しいのです。。。


ご来店お待ちしています。



RICHARD SHINDELL

RICHARD SHINDELL
CARELESS



90年代初頭、ニューヨークから飛び出した才能高きシンガー・ソングライター!

実力派女性シンガー・ソングライター、Dar Williams と Lucy Kaplansky らとの
トリオ”Cry Cry Cry”やジャック・ハーディが主宰する伝説の”Fast Folk”サークル
出身として知られた存在。

Fast Folk
ソングライター不毛の時代と言われた80年代、ジャック・ハーディを中心にNYの
グリニッジ・ヴィレッジ周辺のシンガー・ソングライターが集ったサークル。
1982年の創刊から1997年まで『 Fast Folk Musical Magazine 』と題した音源(LP)と
雑誌の組み合わせも販売され数多くのシンガー・ソングライターが紹介された。
SUZANNE VEGA、SHAWN COLVIN、 LYLE LOVETT、JOHN GORKAを始めとする
アーティストもここから輩出された。





本作は新録としては7年振りとなるソロ・アルバムでエレクトリックが
全面にでたサウンド!


BSMF RECORDS / CD / BSMF-6091 / ¥2592
RS20160918001.jpg
直輸入国内仕様 / 日本語解説付

1. Stray Cow Blues
2. Careless
3. Infrared
4. The Deer and the Parkway
5. All Wide Open
6. Your Guitar
7. Abbie
8. Atlas Choking
9. Before you go
10. Satellites
11. The Dome

Richard Shindell - E.Guitar, A.Guitar(6&12strings), Mandolin, Mandola, Vocal, Percussion...
Jerry Marotta - Drum, Percussion, Ocarina...
Scott Petitito - E.Bass, Organ, Drum ...
David Spinozza - E.Guitar
Larry Camplbell - E.Guitar, Slide Guitar, Pedal Steel, Violin, Mandolin
Victor Krauss - A.Bass
Lucy Kaplansky - Harmony Vocal
others



現在、彼はアルゼンチンに拠点を置き、首都ブエノスアイレスとニューヨークを
行き来するなか3年以上もの時間を費やし制作された本作には広いテーマ
(愛、賛美、喪失感、命の尊さ、さまざまな社会問題など)からなる11曲の物語が
収録されています。それら楽曲は内面的な深い感情を短く主観的に表現し、
彼のソングライターとしての能力がいかんなく発揮されている。

バック・サウンドを担うのが、ジェリー・マロッタ(オーリアンズ、ホール&オーツ、
ピーター・ガブリエル、他多数)、スコット ペティト(ザ・バンド、リヴィングストン・テイラー、
ハッピー&アーティ・トラム、ザ・ファグス、他多数)、デヴィッド・スピノザ(ギター:ジョン・レノン、
ポール・マッカートニー、ビリー・ジョエル、他多数)、ラリー・キャンベル(ボブ・ディラン、
レヴォン・ヘルム、シンディ・ローパー、他多数)、ヴィクター・クラウス(ピーター・ローワン、
ライル・ラヴェット)と言った超一流のセッションマン達であり奥行きのある壮大な響きを
聴かせてくれている。


1960年にニュージャージー出身で、ロングアイランドに位置するポート・ワシントンで育つ。
8歳よりギターを手にし、ビートルズ、ボブ・ディラン、ジョニ・ミッチェル、ポール・サイモン、
ビル・モンローなどに傾倒。伝説となるジャック・ハーディが主宰する”Fast Folk”サークルに
参加し本格的にシンガー・ソングライターとしての道を歩み始める。シャナキー・レコードから
アルバム『Sparrows Point』(1992年)でデビュー、続く『Blue Divide』(1994年)、『Reunion Hill』
(1997年)とコンスタントにリリース。同年、ジョーン・バエズのアルバム『Gone From Danger』で
彼の楽曲が3曲取り上げられると共に彼女のコンサート・ツアーへ参加。98年には旧友である
シンガー・ソングライター、ダー・ウィリアムスとルーシー・カプランスキーらとのトリオ”Cry Cry Cry”
を結成。2000年に入りシグネイチャー・サウンドへ移籍して『Somewhere Near Paterson』(2000年)、
初のライヴ盤『Courier』(2002年)、『Not Far Now』(2009年)をリリース。2014年、ルーシー・カプランスキー
とのデュオ、The Pine Hill Project 名義でアルバム『Tomorrow You're Going』もリリース。






店頭にて販売中です。
ご来店お待ちしています。


NATHAN BOWLES

NATHAN BOWLES
WHOLE & CLOVEN


こんにちは。

Jack Rose に続いて彼の最新ソロ・アルバムも紹介しておきます。


Mike Gangloff を中心に Jack Rose も在籍していたリッチモンドの
ノイズ/ドローン系バンド、" Pelt"への参加。その後、Mike Gangloff
らと結成したアパラチアン・オールド・タイム・バンド、"The Black Twig Pickers "。
後者では、Jack Rose を始め、Glenn Jones、 Charlie Parr、Steve Gunn との
コラボ・アルバムもリリースしています。ソロ活動としては、Steve Gunn の
アルバムなんかにも参加してます。


本作は、彼の通算3作目にあたるソロ・アルバム。
CD, LP 両方お取扱いしています!!



Paradise of Bachelors / LP & CD / PoB-28
NB201609170001.jpg

A1. Words Spoken Aloud
A2. Chiaroscuro
A3. Blank Range/Hog Jank II
A4. Moonshine is the Sunshine
B1. Gadarene Fugue
B2. I Miss My Dog
B3. Burnt Ends Rag

Nathan Bowles - Banjo, Piano Percussion & Vocal


"The Black Twig Pickers "でも言えるのですが、彼の背景にあるアパラチアン音楽
の要素と"Pelt"の感性が融合したサウンドを展開。

M-4 のヴォーカル曲以外は、バンジョー、ピアノ、パーカッションのみで明暗を繊細に
表現したインストルメンタル。それはピカソやダリ同様、しっかりした基礎のもと生まれ
る新しい芸術のようです。

唯一のヴォーカル曲は、Jeffrey Cain のカバーです(心憎い選曲!)。余談ですが、
Jeffrey Cain は70年代にJesse Colin Young のレーベル "Raccoon Records"に2枚
すばらしいアルバムを残したSSW。(Raccoon は、Michael Hurley や the Youngbloods
などもリリース。)

先に紹介した Jack Rose と共に是非聴いていただきたい1枚!!!
アルバムの試聴はこちら ☞ Bandcamp









ご来店お待ちしています。




JACK ROSE

JACK ROSE


こんにちは。


心臓発作により38歳という若さでこの世を去ったギタリスト、 Jack Rose 。
今年の12月で没後7年を迎える。

彼が生前にリリースした主要なアルバムが、今回一挙のレコードで再発売
されました。

"Raag Manifestos", "Red Horse, White Mule", "Opium Musick"の3枚は入荷が
遅れているのですが、店頭にある4タイトルを先に紹介しておきます。


John Fahey亡き後 、ソロにおいての彼は僕にとって重要なギタリスト1人でした。
現在ではアメリカン・プリミティヴィズムを継承するギタリストはたくさんいるが、
テクニック先行ではなく、素朴感や音の根底にあるブルースやジャズと言った
アメリカの古き良き音楽を感じさせる数少ないギタリストでした。




Kensington Blues
VHF Records / LP (gatefold sleeve) / vhf#92
JR201609160001.jpg

Side A
A1 Kensington Blues
A2 Cross The North Fork
A3 Cathedral Et Chartres
A4 Rappahanock River Rag
A5 Sunflower River Blues

Side B
B1 Now That I'm A Man Full Grown II
B2 Flirtin' With The Undertaker
B3 Calais To Dover

オリジナル・リリースは2005年で、Tequila Sunrise Records より500枚限定発売でした。
彼の代表ナンバーと言える "Kensington Blues" やJohn Fahey のナンバー"Sunflower River Blues"
など収録。



---------------


Jack Rose
Three Lobed Recordings ‎/ LP / TLR 118
JR201609160004.jpg

Side A
A1 Levee
A2 Revolt
A3 St. Louis Blues
A4 Miss Mary's Place

Side B
B1 Gage Blues
B2 Spirits In The House
B3 Dark Was The Night

オリジナル・リリースは2007年。1000枚限定(180g)で、当時は日本スタイルの帯付きで
リリースされました。今回は、ジャケット・デザインが少し変更され140gでの再発。
デジタル・ダウンロード・クーポン付属。トラディショナルなジャズ・ナンバー、"St. Louis Blues"
や Blind Willie Johnson の名ナンバー、"“Dark Was The Night, Cold Was The Ground"など収録。



---------------------



I Do Play Rock And Roll
Three Lobed Recordings / LP / TLR 049
JR201609160003.jpg

Side A
A1 Calais To Dover
A2 Cathedral Et Chartres

Side B
B Sundogs

オリジナル・リリースは2007年で938枚限定でした。今回は140gでの再発で
デジタル・ダウンロード・クーポン付属。 Mississippi Fred Mcdowell がエレキで
録音した" I Do Not Play No Rock 'n' Roll"というアルバムがあるが、ここで
彼はドローンや瞑想、ラーガなどを取り入れた独自の解釈によるロックを展開。
サイドBには、20分を超える長編"Sundogs"1曲のみ収録。


--------------------


Dr. Ragtime And His Pals
Three Lobed Recordings / LP / TLR-119
JR201609160002.jpg

Side A
A1 Miss May's Place
A2 Revolt
A3 Bells
A4 Knoxville Blues

Side B
B1 Soft Steel Piston
B2 Linden Ave Stomp
B3 Blessed Be the Name of the Lord
B4 Walkin' Blues
B5 Buckdancer's Choice

Jack Rose - Guitar, Lap Steel Guitar
Mike Gangloff - Banjo
Nathan Bowles - Washboard
Harmonica Dan - Harmonica
Glenn Jones - 6 & 12 String Guitar
Micah Smaldone - Guitar



オリジナル・リリースは2008年。こちらはシルクスクリーン仕様でアーティスト名とタイトル
のみが印刷された100枚限定盤(ホワイト・アルバム)と帯スタイルの960 枚限定盤が
ありました。今回は140gでの再発で デジタル・ダウンロード・クーポン付属。
本作にはバンド "Pelt"時代からの旧友、Mike Gangloff やNathan Bowles (後にこの
2人は "The Black Twig Pickers "と言うアパラチアン・オールド・タイム・バンドとして
活動。)らが参加。他にも晩年、より親交の深かった Glenn Jones も参加しています。



----------------------------



バージニア州出身。彼の音楽キャリアは、リッチモンドのノイズ/ドローン系バンド、
" PELT"としてスタート。その後、ソロとして活動を始め、CD、LP、EPなど精力的
にリリース。独学で6弦、12弦ギターを習得。その後は、ラップスタイルによるスライド・ギター
をメインに演奏するようになった。ケイジャン、ブルース、ジャズ、カントリーなどを好んで聴き、
ギタリストとしては、John Fahey, Robbie Basho の影響が大きかったよう。

" PELT"の他メンバー、Mike Gangloff と Nathan Bowles によるアパラチアン・オールド・タイム・バンド、
"The Black Twig Pickers "とのコラボや Glenn Jones との活動 などこれからと言う時に亡くなって
しまう。(2009年12月、享年38歳)











店頭にてすべて販売中です。
ご来店お待ちしています。




プロフィール

po69

Author:po69
PO'BOY RECORDS

AMERICAN ROOTS MUSIC
( BLUES, FOLK, SSW,
BLUEGRASS, OLD TIME,
JUG/WASHBOARD, etc )

NEW & USED RECORDS,
CDS, BOOKS
AND MORE...

● その他、日本のフォーク
SSW/ブルース系のアーティスト
もあります。

大阪市北区豊崎3-6-15 
第2淀川ビル3F
TEL:06-7494-9358

OPEN 12:00 CLOSE 20:00
(日曜 CLOSE 18:00)
木曜定休
.......................
Yodogawa N0.2 Bldg 3F
3-6-15, Toyosaki ,Kita-ku,
Osaka 531-0072 JAPAN
TEL&FAX +81-6-7494-9358

Open - Close
Mon. - Sat. 12:00-20:00
(Sun. 12:00-18:00)
Thu. - Closed

カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QR
2016年9月の定休
●木曜定休
カレンダー
08 | 2016/09 | 10
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
リンク
アルバム
検索フォーム
THANK YOU !!
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

<消費税率変更に関して>
2014年4月1日以降より8%での税込価格表示に変更となります。