fc2ブログ

poreo20200831.jpg

ご愛顧ありがとうございました。


こんばんは。

先ほど最後のお客様とお別れし、最後の営業を終了いたしました。
本日もたくさんのご来店やお電話、メールでのご挨拶をいただき、
大変ありがとうございました。実店舗の良さをあらためて感じること
ができとても幸せでした。

前回も書かせていただきましたが、このわがままな販売スタイルを
続けてこられたのもお客様や関係者の皆様のお陰でしかありません。
10年間ご愛顧いただきあらためてお礼申し上げます。

本当にありがとうございました。

コロナも含め、梅雨明けとともに暑さが本格化しますので体調管理を
十分に、ご自愛のほどお祈り申しあげます。

最後は、大好きなこの曲でお別れとさせていただきます。

Steve Mann / Hasta Luego



PO'BOY RECORDS







【固定】お客様各位(6/29告知済)

閉店のお知らせ

お客様各位

いつもご来店いただき誠にありがとうございます

突然のお知らせになりますが、 諸般の事情により誠に勝手ながら
2020年7月31日(金)を持ちまして当店は閉店させて頂く事となりました。

これまで約10年の間、実店舗だけでの販売という古いやり方を支えて
いただいたすべての皆様に心より感謝いたしております。店舗があった
からこそ、たくさんの方々と出会えることもできました。

今後は不本意ではありますが、在庫をそのまま移行してネットショップでの
販売を予定しております。その際は、引き続き、ご愛顧頂けましたら幸いです。
つきましては始まりと同じく派手なセールもなく、いつもの感じで閉店させて
いただきます。

これまでどうもありがとうございました。
重ねてお礼申し上げます。

PO'BOY RECORDS



----------------------------------------

Notification of closing
Dear Folks,

We regret to inform you that a physical store will be closed at the end of this month, on July 31th.
We appreciate your support and business at a physical store for about 10 years.

In the future, we plan to continue operating at the web shop.
Thank you for your continued patronage.

Thank you very much again.
Sincerely yours,
PO'BOY RECORDS



GORDON LIGHTFOOT

GORDON LIGHTFOOT
SOLO




こんばんは。


カナダを代表するシンガー・ソングライター、Gordon Lightfoot が
大病を克服し届けてくれた贈り物。



GL20200726001.jpg

1. Oh So Sweet
2. E-Motion
3. Better Off
4. Return Into Dust
5. Do You Walk, Do You Talk
6. Just a Little Bit
7. Easy Flo
8. Dreamdrift
9. The Laughter We Seek
10. Why Not Give It a Try

Gordon Lightfoot - vocals, guitar

本作『 Solo 』 に収められた全10曲中の9曲は、彼が2001年後半から
2002年初めにかけて書き留められたまま忘れ去られていたものでした。
今回、自身のオフィスを清掃中にそれらを発見したことで本作のプロジェクト
が開始しました。(なお「Easy Flo」のみ最近の書きおろしです)

オンタリオ州ハミルトンにある Grant Avenue Studio で Bob Doidge と
Amy King によって録音、ミキシング、マスタリングされ、彼の歌とギター
だけで制作されました。

これまでにも素晴らしい作品を残していてカナダのグラミー賞と呼ばれる
JUNO賞を数多く受賞、カナダ・ミュージック・ホール・オブ・フェイムと
カナダ・カントリー・ミュージック・ホール・オブ・フェイムの両方殿堂入り
を果たし、カナダだけでなくアメリカでも多くのアーティスト達がリスペクト
しています。

本作は、そんな彼の新たな名作が追加されたと言っても過言ではありません。
つま弾かれるアコースティック・ギターの美しい音色と切々と歌い上げる
彼のヴォーカルに自然と引き寄せられる。






店頭にて販売中です。
ご来店お待ちしています。



Happy Traum

Happy Traum
Just for the Love of It



こんばんは。

連日の雨にもかかわらず、

ご来店いただきありがとうございます。



本日は、少し前のリリースですが、
個人的にも好きなアルバムです。



"You’d best not miss Happy Traum’s "Just For The Love of It."
I’ve been a huge fan of Happy’s for years and you should be too!
This is a triumphant work. Don’t let it get away!" - Jorma Kaukonen



Lark's Nest Music / CD / none SOLD!
HT20200725001.jpg

1. Careless Love Blues
2. Deep Blue Sea
3. Church Street Blues
4. High Muddy Water
5. In The Evening When The Sun Goes Down
6. Things Are Coming My Way
7. The Water Is Wide
8. Jay Gould's Daughter
9. Sailing Down My Golden River
10. I Ain't Got No Home
11. Spanish Is The Loving Tongue
12. Crash On The Levee (Down In The Flood)
13. Tennessee Waltz
14. In The Pines

Happy Traum - Vocal, Guitar
John Sebastian - Harmonica
Byron Isaacs - Bass
Jerry Marotta - Drums

Producer – Happy Traum, Larry Campbell



Larry Campbell と共同プロデュースした本作は、Happy Traum の
長い人生の中でいつも惹かれ、愛してきたアメリカン・ルーツ音楽
を旧友達と共にライブ感覚でレコーディングしたものです。

トラディショナルなナンバーを始め、 Leroy Carr, Lead Belly,
Woody Guthrie といった古典から Pete Seeger, Bob Dylan,
Norman Blake などのカバーまで収録。

John Sebastian を始め、プロデューサーでもある Larry Campbell
や Teresa Williams, Martin Simpson などもバッキングでサポート。








店頭にて販売中です。
ご来店お待ちしています。




Rufus Wainwright

Rufus Wainwright
Unfollow The Rules





店頭での紹介も残すところ1週。

この新作も紹介しておこう!!






BMG ‎ / CD / 538512612
RW20200724001.jpg

― Act 1 ―
1. Trouble In Paradise
2. Damsel In Distress
3. Unfollow The Rules
4. You Ain't Big

― Act II ―
5. Romantical Man
6. Peaceful Afternoon
7. Only The People That Love
8. This One's For The Ladies (That Lunge!)

― Act III ―
9. My Little You
10. Early Morning Madness
11. Hatred
12. Alone Time

Rufus Wainwright - Vocals
Blake Mills - Guitar
Jim Keltner - Drums
Matt Chamberlain - Drums

Producer – Mitchell Froom
Producer, Recorded By, Mixed By – David Boucher


父Loudon Wainwright III と母 Kate McGarrigle の血を引くアメリカーナ
を基調としたサウンドに始まり、オペラやクラシック音楽を手掛けたりと
その音楽活動の場は広いものとなった今、一人のアーティストとして
円熟期に入ったともいえる彼の通算9作目のスタジオ・アルバム。

知る人ぞ知る Mitchell Froom をプロデューサーとして迎え、Blake Mills
や Matt Chamberlai, Jim Keltner といった鉄壁のリズム・セクションを
バックにロサンゼルスのレコーディング・スタジオで制作された本作は、
21年にもわたる彼のキャリアがたどり着いた成熟期とも言える彼がここに
あります。

人は誰しもが老いには勝てませんが、その過程の中で新たな挑戦をし、
新たな発見をし、新たなもの生み出す、そんな人生の第2ステージの
素晴らしさを歌ったアルバムです。






店頭にて販売中です。
ご来店お待ちしています。







The Jayhawks

The Jayhawks
XOXO




こんにちは。




昔を知る一部のファンだけのものになった感があります。
日本でもほとんど紹介されなくなりましたね(泣)。







Thirty Tigers/Sham ‎/ CD / 66295 SOLD!
JAYHAWKS202007240010.jpg

1. This Forgotten Town
2. Dogtown Days
3. Living In A Bubble
4. Ruby
5. Homecoming
6. Society Pages
7. Illuminate
8. Bitter Pill
9. Across My Field
10. Little Victories
11. Down To The Farm
12. Looking Up Your Number

Bonus Track
13. Jewel Of The Trimble
14. Then You Walked Away
15. Hypocrite's Lament

Gary Louris - Vocals, Guitar, Mellotron
Karen Grotberg - Vocals, Keyboards
Tim O'Reagan - Vocals, Drums, Percussion, Guitar, Sitar
Marc Perlman - Vocals, Bass, Guitar, Harmonica

Kris Johnson - Electric Guitar
Stephen McCarthy - Electric Guitar, Pedal Steel Guitar
Eric Heywood - Pedal Steel Guitar
John Jackson - Mandolin, Violin



フロントマンである Gary Louris が率いるミネソタ・ベースのロック・バンド、
The Jayhawks 。1985年の結成から2005年の無期限活動停止まで数枚の
すばらしいアルバムを残し、当時のオルタナ・カントリー/ルーツ・ロック界を
引率するバンドでもありました。2011年には、Mark Olson を始めとする初期
メンバーが再度集結しアルバムも発表している。


本作は、2019年後半にミネソタにあるスタジオで録音され、バンドとして11枚目
となるアルバムです。今回は、初めてメンバー全員が執筆しリードボーカルをとる
という、これまでにはなかった異なるポインとがありそこがまた聴きどころでもある
と思います。

サウンドはこれまでの古典的なスタイルからアコースティックギターを軸にした
素朴で牧歌的でポップな楽曲まで幅広いものになっている。

『XOXO』のキー・トラックといえる「Living In A Bubble」は、24時間メディアが恐怖の
炎をあおるニュース・サークルに関して叙情的に反応したものです。





まったくの余談ですが、この PV に出てくる70年代のコンパクトな
緑のアメ車、"グレムリンX "乗りたい1台でした。




店頭にて販売中です。
ご来店お待ちしています。




LUCINDA WILLIAMS

Lucinda Williams
Good Souls Better Angels






4月末のコロナ禍にリリースされ、

紹介できていなかった、

Lucinda Williams の最新作です。



Thirty Tigers/Highway 20 Records ‎/ CD / H2006 SOLD!
LW20200722001.jpg

1. You Can't Rule Me
2. Bad News Blues
3. Man Without A Soul
4. Big Black Train
5. Wakin' Up
6. Pray The Devil Back To Hell
7. Shadows & Doubts
8. When The Way Gets Dark
9. Bone Of Contention
10. Down Past The Bottom
11. Big Rotator

Lucinda Williams - Vocals, Electric Guitar, Acoustic Guitar
Stuart Mathis - Guitar, Violin
David Sutton - Bass
Butch Norton - Drums, Percussion
Mark T Jordan - Organ (tracks: 4, 7)



Lucinda の過去の作品はこれまでにも紹介しているのでそちらを
チェックしてください ☞ ここ


本作は、Lucinda にとって40周年という節目となった2019年の9月と
11月にアルバム『Car Wheels on a Gravel Road』(1998年)で共同
プロデューサー兼エンジニアを務めたRay Kennedyとナッシュビルで
録音され、これから起こる世界的な崩壊を予測するかのように今年の
4月末にリリースされました。

人間、社会、政治などに関する絶え間なく囁かれる恐ろしいニュースなどを
テーマとし、そんな暗い現実に対して忍え、復活し、希望へと繋ぐといった
曲の数々。聴く者の心を揺さぶります。




Bad news on my TV screen
Bad news on the magazines
Bad news on the newspaper
Bad news on the elevator
Bad news on the street
Bad news in my car
Bad news under my feet
Bad news at the bar
All over my clothes
Under my head
On the radio
In the laundromat
Hanging in the air
Laying on the ground
Walking up the stairs
Bad news all around

No matter where I go I can't get away from it
Don't you know? I'm knee deep in it
Who's gonna believe liars and lunatics?
Fools and thieves and clowns and hypocrites
Gluttony and greed, and that ain't the worst of it
All the news you could read, all the news is filled to print
Yeah

.
.
.



店頭にて販売中です。
ご来店お待ちしています。


JOHN PRINE

John Prine




こんばんは。

こちらも再入荷です。




The Tree of Forgiveness
Oh Boy Records / CD / OBR-046CD SOLD!
JP20190123001.jpg

1. Knockin' On Your Screen Door
2. I Have Met My Love Today
3. Egg & Daughter Nite, Lincoln Nebraska, 1967 (Crazy Bone)
4. Summer's End
5. Caravan Of Fools
6. The Lonesome Friends Of Science
7. No Ordinary Blue
8. Boundless Love
9. God Only Knows
10. When I Get To Heaven

John Prine - Vocals A.Guitar, Kazoo
Ken Blevins - Drums, Percussion
Dave Jacques - Bass
Pat McLaughlin - Mandolin, Vocals (Background)
Mike Webb- Hammond B3, Mellotron, Piano
Amanda Shires - Fiddle, Vocals (Background)
Jason Wilber - A.Guitar, E.Guitar
Dave Cobb - 12 String Guitar, A.Guitar, Kazoo, Mellotron
Jason Isbell - E.Guitar, Slide Guitar, Vocals (Background)
Brandi Carlile Clapping, Kazoo, Vocals (Background)
Josh Newman Clapping, Kazoo
Fiona Prine Clapping, Kazoo
Jody Whelan Clapping, Kazoo



18枚目のアルバム(2018年)にしてラストとなった1枚。今となってはラストに
収められた曲を聴くと胸がキュンとなるのと同時に意気揚々と歌う彼の姿が
目に浮かびます。

「天国に着いたら、私はカクテル/ウォッカとジンジャーエールを手に入れるつもりです、
ええ、私はタバコを吸うつもりです...」




---------------------



In Spite Of Ourselves
Oh Boy Records / CD / OBR-019 SOLD!
jp20160518001.jpg

1. (We're Not) The Jet Set - Iris DeMent
2. So Sad (To Watch Good Love Go Bad) - Connie Smith
3. Wedding Bells/Let's Turn Back The Years - Lucinda Williams
4. When Two Worlds Collide - Trisha Yearwood
5. Milwaukee Here I Come - Melba Montgomery
6. I Know One - Emmylou Harris
7. It's A Cheating Situation - Dolores Keane
8. Back Street Affair - Patty Loveless
9. Loose Talk - Connie Smith
10. Let's Invite Them Over - Iris DeMent
11. 'Til A Tear Becomes A Rose - Fiona Prine
12. In A Town This Size - Dolores Keane
13. We Could - Iris DeMent
15. We Must Have Been Out Of Our Minds - Melba Montgomery
16. In Spite Of Ourselves - Iris DeMent
17. Dear John ( I Sent Your Saddle Home)

John Prine - Vocals, Guitar

Phil Parlapiano, Glen Hardin - Accordion, Piano, Organ
Marty Stuart, Jim Rooney, Jason Wilber, Arty McGlynn - Guitar, Electric Guitar
Dave Jacques, James Blennerhassett - Double Bass
Paul Griffith, Kenny Malone, Pat McInerney, Larry Atamanuik - Drums, Percussion
Buddy Emmons, Al Perkins, Dan Dugmore - Pedal Steel Guitar
Sam Bush, Shawn Camp - Fiddle,
Sam Bush, Kieran Kane, Phil Parlapiano - Mandolin
Al Perkins, Gene Wooten, Dan Dugmore - Resonator Guitar

Guest Vocal
Melba Montgomery
Emmylou Harris
Iris DeMent
Connie Smith
Patty Loveless
Lucinda Williams
Trisha Yearwood
Dolores Keane
Fiona Prine

Producer
Jim Rooney (M-1 to 14, 16), John Prine (M-1 to 14, 16), Marty Stuart (M-15)


スタジオ録音としては13枚目にあたる本作(1999年作)は、彼の人生において
影響を受けたグッド・カントリー・ソングを偉大な女性シンガー達と共にゆったりと、
ホッコリと歌い上げる1枚なのです。バックを支えるプレイヤーも豪華勢揃いで、
John Prine へのリスペクトを感じさせる最高の演奏です。



----------------------


For Better, Or Worse
Oh Boy Records / CD / OBR-044 SOLD!
jp20200722001.jpg

1. Who's Gonna Take The Garbage Out – Iris DeMent
2. Storms Never Last – Lee Ann Womack
3. Falling In Love Again – Alison Krauss
4. Color Of The Blues – Susan Tedeschi
5. I'm Tellin' You 1 – Holly Williams
6. Remember Me (When Candlelights Are Gleaming) – Kathy Mattea
7. Look At Us – Morgane Stapleton
8. Dim Lights, Thick Smoke And Loud, Loud Music – Amanda Shires
9. Fifteen Years Ago – Lee Ann Womack
10. Cold, Cold Heart – Miranda Lambert
11. Dreaming My Dreams – Kathy Mattea
12. Mental Cruelty – Kacey Musgraves
13. Mr. & Mrs. Used To Be – Iris DeMent
14. My Happiness – Fiona Prine
15. Just Waitin'


John Prine - Vocals, Guitar

Pete Wasner - Piano
Mark Howard, Jason Wilber, Susan Tedeschi - Guitar, Electric Guitar
Dave Jacques - Double Bass
Kenneth Blevins - Drums, Percussion
Al Perkins, Lloyd Green - Pedal Steel Guitar, Dobro
Tim O'Brien, Shad Cobb - Fiddle,
Pat McLaughlin, Mark Howard, Tim O'Brien - Mandolin
Kirk "Jellyroll" Johnson - Harmonica


Guest Vocal
Iris DeMent
Lee Ann Womack
Alison Krauss
Susan Tedeschi
Holly Williams
Kathy Mattea
Morgane Stapleton
Amanda Shires
Miranda Lambert
Kacey Musgraves
Fiona Prine

Producer
Jim Rooney, John Prine




本作は、先に紹介したアルバム「In Spite Of Ourselves」の続編。
前作から続けて参加の Iris DeMent に加え、新たな面子が揃った
デュエット作。前作とセットで聴いていただきたい1枚です。



個人的に好きなライヴ映像です↓またこんな風に一本のマイクで
歌いあえる日が来るのを願うばかりです。





店頭にて販売中です。
ご来店お待ちしています。





Tré Burt

Tré Burt
Caught It from the Rye






今年4月にコロナに感染しこの世を去ったシンガー・ソングライター、
John Prine のレーベル Oh Boy Records よりデビューを果たした
カリフォルニア州サクラメント拠点のシンガーソングライター Tré Burt。




Oh Boy Records / CD / OBR-052-CD
TB20200721001.jpg

1. What Good
2. Caught It From The Rye
3. Undead God Of War
4. Franklin's Tunnel
5. Only Sorrow Remains
6. Real You
7. Moth's Crossing
8. Get It By Now Blues
9. Last Hurrah

Tré Burt - Vocal, Guitar, Harmonica
Julie Baenziger - Electric Orga
Ben Burney - Bass, Drums
Damien Verrett - Keyboards



2018年、サクラメントを拠点とするシンガーソングライター、Tré Burt は、
本作『Caught It from the Rye』をセルフ・リリースしていました。

当初、文学的な作詞作曲とlo-fi なサウンドであったこのアルバムは、
一部のファンだけのものでした。

2019年初夏、Oh Boy Records のJody Whelan の耳にとまったことで
契約へと結びつき、同レーベルより再リリースすることになりました。

サンフランシスコ州立大学を中退し、路上でバスキングを学び、ポートランド、
オーストラリアと移動しながらソングライティングのセンスを磨いてきた彼の
デビュー・アルバム。

英雄 John Prine 亡き後のレーベルを支える詩人の一人でもあります。






店頭での最後の紹介です。
ご来店お待ちしております。



最新記事
リンク
検索フォーム
THANK YOU !!
<消費税率変更に関して>
2019年10月1日以降より10%での税込価格表示に変更となります。