FC2ブログ

読み物

こんばんは。



嬉しい!
お客様からいただきました。



読み物20200219001

読み物20200219002

読み物20200219003
John Fahey も掲載されてる!




読み物20200219004

読み物20200219005

読み物20200219006
Woody Guthrie ソング・ブック。めずらしい写真が!!!



読み物20200219007

読み物20200219008
勉強になります!



読み物20200219009
Eric Von Schmidt と Jim Rooney の本。これが一番、興味深い!!
貴重な写真が満載!!!

読み物202002190010
若き Chris Smither と Taj Mahal 。

読み物202002190011
Wolf 、ええ顔してますね。

読み物202002190012
Paul Butterfield B.B 。

読み物202002190013
Skip James と Canned Heat 。
左上が、Blind Owl(Alan Wilson)。

読み物202002190014
Son House と Blues Mafia
(L-R Phil Spiro, Dick Waterman, Son, Nick Perls)



1冊づつ、持ち歩いて読みます。
ありがとうございました。



JAMES BURTON

JAMES BURTON
Various ‎– James Burton : The Early Years 1956-1969






彼を知らない人も知らず知らずのうちに聴いているであろう

アメリカを代表するギタリストの一人、James Burton。

彼の事を検索すれば、その偉大さがすぐにわかるはず!







Ace Records / CD / CDCHD 1313 SOLD!
JB20200207001.jpg

1. Susie-Q - Dale Hawkins
2. Red Hot - Bob Luman
3. Shirley Lee - Bobby Lee Trammel
4. My Babe - Ricky Nelson
5. Cannonball Rag - James Burton
6. Don't Leave Me This Way - Ricky Nelson
7. The Creep - The Shadows
8. Stop Sneakin' Around - Ricky Nelson
9. Swamp Surfer - Jimmy Dobro
10. Make Up Your Mind Baby - Bob Luman
11. Fireball Mail - Jim & Joe
12. Blood from a Stone - Ricky Nelson
13. Real Live Fool - Lee Hazlewood
14. Daisy Mae - Jim & Joe
15. Everybody Listen to the Dobro - Jimmy Dobro
16. Guitar Player - Buddy Cagle
17. Jimmy's Blues - Jimmy Burton
18. Poor Boy Looking for a Home - The Green River Boys Feat. Glen Campbell
19. See See Rider - The Everly Brothers
20. Love Lost - Jimmy Burton
21. A Child's Claim to Fame - Buffalo Springfield
22. If You Want to Be My Woman - Merle Haggard
23. Moonshine - James Burton & Ralph Mooney
24. Corn Pickin' - James Burton & Ralph Mooney
25. Someday, Someday - The Shindogs
26. Why - The Shindogs
27. Just for a While - Carol Williams
28. Tryin' to Be Someone - David & Lee


1956年から1969までの彼の仕事が編集された1枚!
これだけではないが、まずはこれから聴いてみましょう!!



店頭にて販売中です。
ご来店お待ちしています。






ELIJAH OCEAN

ELIJAH OCEAN
ELIJAH OCEAN




こんばんは。



昨年、お客様より注文のご連絡をいただいた時に
知ったミュージシャンです。


残念ながらご希望のアルバムは、お決まりの
デジタル・リリースのみでご要望に沿えず


CDでリリースされている中から個人的にも気に入った
このアルバムを紹介します。




New Wheel / CD / NWM010
EO20200207001.jpg

1. Bad Dreams
2. Chain of Gold
3. Malibu Moon
4. Highway
5. Desert Rain
6. Barricade
7. Heavy Head
8. Still Where You Left Me
9. Time Passes Slow
10. Days Are Long

Elijah Ocean - vocals, guitar, bass, piano, organ.
Aaron Goodrich - drums, percussion, backing vocals.
Davey Donaldson - guitar, lap steel, backing vocals, banjourine.
Zach Jones - organ, backing vocals.
Aaron Stern - bass.
Ben Reddell - bass.
Nick Del Negro - guitar.
Mike Schlenoff - piano, backing vocals.
Dan Destiny - fiddle.



Elijah Ocean は、Neil Young、Gram Parsons、The Band などのスタイルに
根ざした現アメリカのシンガーソングライター。

ソロアーティストとしてのキャリアは、メイン州からニューヨーク州への移行と
同時に、彼のフォーク・デビュー作である『 The Wind or the Wine 』をリリース。

2012年の『 Tumble&Fall 』をリリースによって音楽的才能を確立し全米ツアー
を行う。その後もコンスタントにアルバムをリリースし、現在はカリフォルニアを
拠点に活動している。

本作は、2017年にリリースされたセイムタイトル『 Elijah Ocean 』。ロスにある
Mark Rains(プロデューサー/ミックス) のスタジオ「The Station House Studio」で
レコーディングされた全10曲。

アメリカのフォーク・ロック、カントリー・ロック、ファンにはおススメの1枚!!




店頭にて販売中です。
ご来店お待ちしています。









Tompkins Square Catalog Sale

Tompkins Square Catalog Sale !!




Tompkins Square のカタログ・セールから再入荷 したものです。
今回のみ特別価格で販売です。




VA / IMAGINATIONAL ANTHEM VOL.6 

Tompkins Square / CD / TSQ 2851 ¥1600(TAX IN)
imaginational620200205001.jpg

1. Guitar Rag - Sylvester Weave
2. Buck Dancer's Choice - Sam McGee
3. Darkey's Wail - Riley puckett
4. Cannon Ball Rag - Davy Miller
5. Way Down Yonder Blues - Lemuel Turner
6. Hutchinson's Rag - Frank Hutchison
7. Frisco Blues - Bayless Rose
8. Fuzzy Rag - Riley Puckett
9. Knoxville Blues - Sam McGee
10. Guitar Blues - Sylvester Weaver
11. Jailhouse Rag - Davy Miller
12. Tramp Waltz - Lemuel Turner
13. Franklin Blues - Sam McGee
14. Jamestown Exhibition - Bayless Rose

当時(2013年のRSD)、アナログ盤は1500枚限定で先行リリースされていました
(現在廃盤)。その後、CDもリリース。

Primitive Guitarist を編集し紹介するTompkins Square の人気シリーズ・アイテム。

本作では、それらシリーズに収められてきたギタリスト達のお手本とも言える先人達
による卓越した演奏が集めらた第6弾。ギター・ファンには是非とも聴いて欲しい1枚。
当ブログで紹介してきた John Fahey なんかも Sylvester Weaver や Sam McGee,
Frank Hutshison などからたくさんの影響を受けています。

Frank Hutshison なんかは、Harry Smith の "Anthology of American Folk Music"
にも収録されてたり、近年ではコンプリートBOX なんかもリリースされました。白人では
ありますが、カントリー・ブルース・ファンにもお薦めできます。




------------------------------------





こちらもアナログ盤は、2018年のRSDで1000枚限定でリリース
されたものです。(アナログも1枚だけ在庫あり ¥2300)



DUCK BAKER
Les Blues Du Richmond
: Demos & Outtakes, 1973-1979'


Tompkins Square / CD / TSQ 5500 ¥1600(TAX IN)
DuckBaker20200205001.jpg

Side A
1. Maple Leaf Rag
2. Charleston Mad - Charleston
3. Homage to Leadbelly
4. Doing the Racoon
5. Allah, Perhaps
6. Wolverine Blues

Side B
1. Les Blues De Richmond
2. Fire Down There
3. That Rhythm Man
4. Little Boy
5. The Humors of Whisky
6. Sandy River Belle
7. Swedish Jig
8. Pretty Girl Milking a Cow

Duck Baker - Guitar


ワシントンD.C 出身のフィンガー・ピッカー、 Duck Baker 。
本作は、Kicking Mule からアルバムをリリースする以前の初期音源から
75年のアルバム『The Art of Fingerstyle Jazz Guitar 』をリリースした頃
までのデモ音源+アウトテイク音源を収録したもの。

卓越したフィンガリングはもちろんのこと、ジャズ・ナンバーでのスウィング感
がたまらない1枚。基本はインストですが、ヴォーカル曲もバッチリですよ。





----------------------------------------





ブログでは初めての紹介となるTompkins Square のカタログ。


WILL BEELEY
HIGHWAYS & HEART ATTACKS

Tompkins Square / CD / TSQ 5586 ¥1600(TAX IN)
WillBeeley20200205001.jpg

1. Been a Drifter
2. Jack Daniels
3. The Homeless Ain't Just Hobos Anymore
4. Don't Rain on My Parade
5. U.S. 85
6. Help Me Face The Days
7. Taste Of The Good Times
8. Singin' Lullabies
9. It Didn't Feel Like Christmas (and It Sure as Hell Ain't New Years Yet)
10. Telling Stories

William Beeley - Acoustic Guita, Vocals
Don Cento - Electric Guitar, Acoustic Guitar, Lap Steel Guitar
Canaan Faulkner - Bass
Armando Aussenac - Drums, Percussion
Michael Guerra - Accordion
Richard Martin - Organ
Bobby Flores - Violin


Townes Van Zandt や Steve Earle と共に70年代のオースティンの音楽シーン
に登場したシンガー・ソングライター、Will Beeley 。

2017年にTompkins Square から彼が70年代に残した2枚のアルバム『Passing Dream』
と『Gallivantin』が再リリースされました。

本作は、音楽を離れ長い人生をトラックの運転手として過ごした彼の40年ぶりとなる
アルバムです。

Jerry DeCicca(Larry Jon Wilson)がプロデュースし、グラミー賞を5回受賞したJoe Trevino
(Los Lobos、Flaco Jimenez)が録音、Stuart Sikes(Loretta Lynnの「Van Lear Rose」、Cat Power)
がミックスを担当。

アメリカ南部特有の深みと彼の人生の重みが相まった渋い1枚!

Album Trailer ☞ https://www.youtube.com/watch?v=pvNpvh0Ka2U




----------------------------------
--------------------------------------
-------------------------------------------





今回、Tompkins Square のカタログ・セールで2アイテム以上、
オーダーすると、Out of Stock (廃盤)アイテムが限定で入手
できるということで当店はこちらをオーダーしました☟


すぐに廃盤になったのでお買い上げできなかった方も多いのでは。


今回、5セット限定です。
店頭のみの販売です!



Live At
Caffe Lena

Music From America’s Legendary Coffeehouse, 1967-2013


Tompkins Square / 2967 / 3CD ¥5500(TAX IN)
LiveAtCaffeLena20200205001.jpg


CaffeLena20131004002.jpg

CaffeLena20131004003.jpg


[DISC ONE]
1. Intro by Lena Spencer / Guy Carawan Cripple Creek 1970
2. Hedy West Shady Grove 1968
3. Intro by Lena Spencer / Sleepy John Estes Holy Spirit 1974
4. Frank Wakefield and Friends Will The Circle Be Unbroken 1971
5. Jean Ritchie West Virginia Mine Disaster 1969
6. Billy Faier Hunt The Wren 1967
7. Greenbriar Boys Hit Parade of Love 1968
8. Mike Seeger O Death 1971
9. Jacqui and Bridie Hello Friend 1974
10. Tom Paxton Morning Again 1968
11. David Amram Little Mama 1974
12. Patrick Sky Reality Is Bad Enough 1971
13. Rosalie Sorrels Travelin’ Lady 1974
14. Smoke Dawson Devil’s Dream 1968
15. Utah Phillips The Green Rolling Hills of West Virginia 1974
16. Michael Cooney Thyme It Is A Precious Thing 1974
17. Kate McGarrigle and Roma Baran Caffè Lena 1972

[DISC TWO]
1. Intro by Lena Spencer / Dave Van Ronk Gaslight Rag 1974
2. Jerry Jeff Walker Mr. Bojangles 1968
3. Barbara Dane Mama Yancey’s Advice / Love With a Feeling 1968
4. Roy Book Binder Ain’t Nobody Home But Me 1974
5. Intro by Lena Spencer / David Bromberg The Holdup 1972
6. Ramblin’ Jack Elliott Pretty Boy Floyd 1992
7. Arlo Guthrie City of New Orleans 2010
8. Aztec Two Step The Persecution and Restoration of Dean Moriarty 1989
9. Happy And Artie Traum Trials Of Jonathan 1974
10. Rick Danko It Makes No Difference 1988
11. Paul Geremia Something’s Gotta Be Arranged 1989
12. Robin and Linda Williams S-A-V-E-D 1987
13. John Herald Ramblin’Jack Elliott 1991
14. Pete Seeger Somos El Barco(We Are the Boat) 1985

[DISC THREE]
1. Sarah Lee Guthrie and Johnny Irion Folksong 2013
2. Anais Mitchell Wedding Song 2013
3. Bill Morrissey The Last Day Of The Furlough 1990
4. Patty Larkin Island Of Time 1992
5. Greg Brown Flat Stuff 1989
6. Mary Gauthier I Drink 2013
7. Sean Rowe Old Black Dodge 2013
8. Tom Chapin Cats In The Cradle 1987
9. Intro by Lena Spencer / Christine Lavin It’s A Good Thing He Can’t Read My Mind 1987
10. Bill Staines Sweet Wyoming Home 1990
11. Bucky and John Pizzarelli I Like Jersey Best 1989
12. Rory Block That’s No Way To Get Along 1989
13. Chris Smither Killing The Blues 1989
14. Tift Merritt Traveling Alone 2013
15. John Gorka Down In The Milltown 1990
16. Lena Spencer Dear Little Cafe 1972




Bob Dylan や Arlo Guthrie, Dave Van Ronk と言ったアメリカの愛すべき
フォーク・シンガー達が通り抜けた伝説のコーヒー・ハウス、"Caffe Lena"

その伝説の地で行われたライヴ音源(1967年から2013年まで)を3枚のディスクに
収めたものが本作『 Live at Caffe Lena 』です。


ニューヨーク郊外のサラトガ・スプリングスに位置するコーヒー・ハウス、カフェ・レナ。
1960年にビル&レナ・スペンサーがオープンした小さなカフェであり、今では最も古い
コーヒー・ハウスとして知られている。60年代のフォーク・ブームに始まり、ブームとして
終わることなく今でも良質のアメリカン・ミュージックを提供し続けている歴史的な文化遺産
と言ってもよい。


ここに収められた47曲のアメリカン・ルーツ・ミュージック(フォーク、ブルーグラス、
SSW 、ブルース、ジャズなど)の遺産。僕が紹介したかった(してきた)アーティスト
達の貴重な演奏が収録されています。このボックス・セットのすばらしいところは、
もう生で聴くことのできない人から、今もなお現役で演奏しているベテラン、伝統音楽
を受け継ぎ歌う若手まで収められていること。

Patty Larkin を始め、若手で言えば Tift Merritt, Anais Mitchell なども収録され
ています。さらに未発表としては、Dave Van Ronk, Ramblin’ Jack Elliott,
Kate McGarrigle, Rick Danko, Anais Mitchell, Sleepy John Estes, Arlo Guthrie,
Sarah Lee Guthrieなどもあり。

Sleepy John Estes と Hammie Nixson は、1974年の演奏が収録されている。
1974年と言えば、第1回ブルース・フェスティバルで日本に来日を果たした年ですね。
(2年後の来日では、憂歌団とのツアー。)

他にも Greg Brown, Bill Morrissey, John Gorka など魅力的な選曲も!

付属の豪華ブックレットには、当時の貴重な写真なども掲載されています!!


Caffe Lena ☞ http://www.caffelena.org/
Caffe Lena History Project ☞ http://caffelenahistory.org/index.php?2  




ご来店お待ちしております!






レコード・コレクターズ増刊『カントリー・ミュージック』

ALBUM SELECTION SERIES
COUNTRY
MUSIC





今回、少しだけお手伝いさせていただきました!




レコード・コレクターズ増刊『カントリー・ミュージック』、本日発売です。

カーター・ファミリーからテイラー・スウィフトまで、アメリカ音楽の深層を
成すジャンルの歴史やスタイルがわかる決定版的アルバム・ガイド!


COUNTRYMUSICガイド202001110001

宇田和弘(監修)
定価1650円(本体1500円)
四六判192ページ

◆introduction ダイナミックに変遷するカントリーの全貌を記録にとどめるために(宇田和弘

◆ARTIST PICKUP
テイラー・スウィフト/ケイシー・マスグレイヴスズ/パンチ・ブラザーズ、クリス・シーリー/
カーター・ファミリー/ジミー・ロジャーズ/ハンク・ウィリアムズ/ジョニー・キャッシュ/
マール・ハガード/バック・オウエンズ/ウィリー・ネルソン/ウェイロン・ジェニングズ/
エミルー・ハリス/チェット・アトキンズ/ビル・モンロー

時代やジャンルでわかりやすく分類したアルバム選
◆CONTEMPORARY ACTS
ガース・ブルックス/ジョージ・ストレイト/ディキシー・チックス/クリス・ステイプルトン/
リル・ナズ・X ほか

◆OPRY STARS & MAINSTREAMERS
ロイ・エイカフ/パッツィ・クライン/グレン・キャンベル/ドリー・パートン/アラバマ ほか

◆SWING, POP & ROLL
ボブ・ウィルズ/ミルトン・ブラウン/レス・ポール&メアリー・フォード/エルヴィス・プレスリー ほか

◆COUNTRY ROCK / ALT. COUNTRY
ザ・バーズ/ザ・バンド/イーグルス/グラム・パーソンズ/ザ・ロング・ライダーズ/
ウィルコ/サン・ヴォルト ほか

◆NEW VISIONS, OUTLAWS & AMERICANA
ボブ・ディラン/スティーヴ・アール/ギリアン・ウェルチ/ロバート・プラント&アリソン・クラウス/
アイム・ウィズ・ハー ほか

◆BLUEGRASS & BEYOND
レスター・フラット&アール・スクラッグス/ニッケル・クリーク/クルキッド・スティル ほか

◆コラム
カントリー史を俯瞰するにはベストの映像作品
ヒルビリー音楽の源流と発展
レコーディング・スタジオの名手たち
カントリーからロックンロール/ロカビリーへの道
アメリカーナを支える名プロデューサーたち

◆index




お近くの書店でお買い求めください!



BUKKA WHITE

BUKKA WHITE
Aberdeen, Mississippi Blues




こんにちは。


昨日紹介した John Fahey つながりで1枚。



戦前から活動し、戦後に再発見されてからも
録音を残しているカントリー・ブルースマン、
Bukka White こと Booker T. Washington White 。

当店の屋号も Bukka White の"Po' Boy"から
John Faheyの"Po' Boy" を経由して名付けた
ものです。



BSMF RECORDS / 2CD / BSMF-7596 / ¥3300(TAX IN)
BTWW20200110001.jpg
直輸入国内仕様 / 日本語解説付き

Disc 1: Studio Recordings
1. Shake 'em On Down
2. I Am In The Heavenly Way
3. Atlanta Special
4. Drunk Man Blues
5. Army Blues
6. Aberdeen, Mississippi Blues
7. Baby Please Don't Go
8. New Orleans, Streamline
9. When Can I Change My Clothes
10. Poor Boy Long Way From Home
11. Remembrance Of Charley Patton
12. World Boogie
13. Midnight Blue
14. Old Man Walking Blues

Disc 2: Live In Germany
1. Black Rat
2. Way Out In The West
3. Mama Don't Allow
4. Stuttart, Arkansas
5. Don't Fuzz Blues
6. Big Boat Up The River
7. New Orleans Streamline
8. Everyday I Have The Blues
9. Aberdeen Blues
10. Midnight Blues
11. Poor Boy Long Way From Home


本作の Disc 1 は、カリフォルニア州バークレーで John Fahey が
たちあげたレーベル Takoma Records で録音されたアルバム
『Mississippi Blues Vol. 1』の音源と1964年録音の3曲がボーナスで
収録されています。

-------------------------------------------------------------
Bukka White の "Aberdeen, Mississippi Blues"という曲があるが、
これは彼が生まれた地です。 Fahey は、彼がまだそこか、その近隣
に住んでいるものと踏んでこのミシシッピ州アバディーンにある郵便局宛
にハガキを書き、幸運にもそのハガキはテネシー州メンフィスの戦車工場
で働いてた Bukka に送られたことで再発見され、Takoma Records での
録音が実現したと言われています。
-------------------------------------------------------------

さらに Disc 2 には、ブートレッグでしか手に入らなかった1975年ドイツで
行われた未発表ライブを丸ごと収録。

Bob Dylan は "Fixin' to Die Blues" をカバーし、Rory Block や Eric Bibb は、
彼のトリビュート作をリリースするなど、他にも多くのミュージシャンに影響を
与えたカントリー・ブルースマンです。


Bukka White
ブッカー・T・ワシントン・ホワイトは、1909年ミシシッピ州アバディーンで生まれる。
B・B・キングの母親とは、いとこの関係。幼い頃から教会でゴスペルを歌い、
チャーリー・パットンに影響されて、ブルースを歌うようになる。30年ビクターのために
「The New 'Frisco Train」などを録音。37年から40年にかけてはヴォカリオンに
39年には民俗文化研究者のジョン・ロマックスの依頼で米国会図書館向けに
「Shake 'Em on Down」や「"Po' Boy」などを録音。その後、行方は分からなかったが、
63年にジョン・フェイヒーとED・デンソンによって「再発見」され、60年代のフォーク・リヴァイヴァル
で活躍。タコマやアーフリーなどに多くの録音を残し、フォーク&ブルース・フェスティバル
にも多数出演。69年『Furry Lewis, Bukka White & Friends: Party! At Home』など発表するも、
77年メンフィスで癌により67歳で死去。90年ブルースの殿堂入りを果たす。(発売元引用)




ご来店お待ちしています。



REQUIA

REQUIA




こんばんは。

2枚の Requia を紹介します。






John Fahey
REQUIA and other compositions for guitar solo

Vanguard Records / CD / VMD 79259-2
JF20191222001.jpg

1. Requiem For John Hurt
2. Requiem For Russell Cooper
3. When The Catfish Is In Bloom
4. Requiem For Molly (Part 1)
5. Requiem For Molly (Part 2)
6. Requiem For Molly (Part 3)
7. Requiem For Molly (Part 4)
8. Fight On Christians, Fight On

John Fahey - Guitar, Effects


1967年に作家、音楽歴史家でもある Samuel B. Charters(Sam Charters)
のプロデュースによってリリースされたレコードをCD化したもの。

彼が影響を受けた Mississippi John Hurt への返答に始まり、後半は
サウンド・コラージュ(汽車の音、鳥や赤ん坊の鳴き声など)を駆使した
傑作。後に多くのギタリストに影響を与えています。

入りかたにもよりますが実験的なアルバムなので、彼を始めて聴こうと
思う方には別のアルバムをおすすめします((笑)。






----------------------------




Henry Kaiser
REQUIA and other improvisations for guitar solo

Tzadik / CD / TZ 7645
HK20191222001.jpg

1. Basho's Journey
2. Famadihana Requiem For Dr. JB
3. Requiem For Fred Lieberman
4. Sun Ra, Stockhausen, And Feldman Walk Into A Bar On Saturn
5. Tandem Ghost Bike – For Pete Cosey & Sonny Sharrock
6. Ships That Pass In The Night – For Masayuki Takayanagi & Toru Takemitsu
7. The Many Worlds Of Hubert Sumlin
8. Blind Joe Death Vs. Charles Appleyard
9. Blue Spirits – For Randy California

Henry Kaiser - Acoustic Guitar, 12-String Acoustic Guitar, Electric Guita, 7-String Electric Guitar, 13-String Acoustic Harp Guitar


John Fahey がアルバム『REQUIA』で持っている New Era Guitar の
インレイをジャケにした本作は、Henry Kaiserが影響を受けた人達へ
のレクイエム・アルバム。高柳昌行、武満徹らもクレジットされています。
ちなみにJohn Fahey = Blind Joe Death(1st アルバムのタイトル) です。




聴き比べてください!



店頭にて販売中です。
ご来店お待ちしています。





The 50th Anniversary 【固定】

The 50th Anniversary

Kanamori Kousuke
at James Blues Land



今年で50周年を迎える、
金森幸介さんの記念日ライヴです。
SOLD OUT !

チラシは、
森英二郎さんによる木版画が裏表
違うポートレートでプリントされています。
50周年に相応しい豪華仕様です。
森英二郎のブログ・MEXOS-HANAXOS



50th_Anniversary202003010001.jpg

50th_Anniversary202003010002.jpg

50周年記念日
金森幸介

2020年3月1日(日)

場所: ジェームス・ブルース・ランド
神戸市中央区波止場町無番地篠崎倉庫3F
開場 18:00 開演 19:00
予約 ¥3500 当日 ¥4000 (共にドリンク付)

お問い合わせ/予約: 078-371-2720 (ジェームス・ブルース・ランド)
メール予約: jamesblueslandkobe@icloud.com
SOLD OUT !

------------------------

The 50th Anniversary
Kanamori Kousuke

on Sunday, March 1st, 2020

at James Blues land
3F shinozaki soko, no number, hatoba-cho, chuo-ku, Kobe-shi, Hyuogo
〒650-0042 JAPAN

Open 18:00  Start19:00
ADV ¥3500(w/1drink)  DOOR ¥4000(w/1drink)

Tel: 078-371-2720 (James Blues land )
e-mail: jamesblueslandkobe@icloud.com
SOLD OUT !


-----------------------------------------------------------


1年なんてあっというま。3月はもうそこまで来ていますよ。
当店も3月1日は早く閉める宣言しておきます!!



それを口に出すのは危険な賭けなのさ。
失うものと 潔さを 秤にかけながら
僕はまたピエロのようにおどけて君を笑わせる...








【終了しました】→出張販売のお知らせ



以下、出張販売は終了しました。

当日はたくさんのお客様がご来場され、お二人の演奏に
耳を傾けていらっしゃいました。さらに前日に出演の写真家 、
糸川耀史さんも来場されていて横並びで出店させてもらい
とても幸せでした。

2019年に出版された金森幸介さんの歌詞集「心のはなし」。
500部限定で日本全国を旅して歌う先々で販売されていたものです。
(大阪での販売はすでに終了しています。)

そんな貴重な歌詞集の残り部数も少ない中、幸介さんのお計らいで、
当日に当店でCD1枚購入するとその貴重な歌詞集(数冊)を購入
できると言う企画(特典)をいただきました。本当に恐れ多い話です。
もちろん歌詞集は即完売し、当店でもCDを購入していただきました。
幸介さん、いつも気にかけてくださり本当にありがとうございます。

そして当日、お買い上げいただいたお客様を始め、糸川耀史さん、
大塚まさじさん、関係者の皆様、さんくすホールのみなさん、
どうもありがとうございました。

アメリカには、"Pay It Forward"( 恩送り)と言う言葉がありますが、
今回、皆さんからいただいた恩を別の形でいろんな人へ送りたい
と思います。



PO'BOY RECORDS



-----------------------------------------------



こんにちは。



年も玉造 さんくすホールさんの"年忘れライヴ 2019"
仕事納めさせていただくことになりました。
終了しました。


今年の"年忘れライヴ 2019"は2日間の開催となります!!


① 12月28日(土)は、写真家 糸川耀史さんと大塚まさじさん
による『西岡恭蔵のはなし』+ミニ・ライブ

② 12月29日(日)は、大塚まさじさんと金森幸介さんによる
ライブ『師走な二人 Vol.2 』



*当店は、②の12月29日(日)に出店させていただきます!!!




さんくすホール出張20191229001


ホントに今年も色々ありましたがお二人のライヴと共に締め
くくりたいと思います。よろしくお願いします。

当店の出店は29日ですが両日ともにお時間許す限り是非とも
足をお運びくださいませ。

ごあいさつ

いつもブログ閲覧ならびにご来店いただきありがとうございます。
本年度の店舗営業は、本日で終了いたしました。

明日は、玉造の さんくすホールさんにて行われる"年忘れライヴ"
での出張販売となります。お時間ございましたら来場お待ちして
おります。詳細 ☞ さんくすホール

今年も本当に皆様のお蔭で何とかここまでやってこれました。
どうもありがとうございました。当店にとって来年は10年目の
節目の年となります。だからと言って大きなことはできませんが、
自身のペースでやっていければと思う次第です。

来年もどうぞよろしくお願いいたします。
皆様、良いお年をお迎えください。


PO'BOY RECORDS

プロフィール

po69

Author:po69
PO'BOY RECORDS

AMERICAN ROOTS MUSIC
( BLUES, FOLK, SSW,
BLUEGRASS, OLD TIME,
JUG/WASHBOARD, etc )

NEW & USED RECORDS,
CDS, BOOKS
AND MORE...

大阪市北区豊崎3-6-15 
第2淀川ビル3F
TEL:06-7494-9358

OPEN 14:00 CLOSE 20:00
(日曜 14:00 - 19:00)
木曜定休

.......................

PO'BOY RECORDS
Yodogawa N0.2 Bldg 3F
3-6-15, Toyosaki ,Kita-ku,
Osaka 531-0072 JAPAN

Open - Close
Mon. - Sat. 14:00-20:00
(Sun. 14:00-19:00)
Thu. - Closed

カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QR
2020年2月の定休
●木曜定休
カレンダー
01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
最新記事
リンク
アルバム
検索フォーム
THANK YOU !!
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

<消費税率変更に関して>
2019年10月1日以降より10%での税込価格表示に変更となります。