FC2ブログ

お知らせ

<お休みのお知らせ>

いつもご来店ありがとうございます。

10月8日(火)は、
諸事情によりお休みさせていただきます。

お間違えのないようよろしくお願いします。


PO'BOY RECORDS


営業時間変更のお知らせ 【固定】

<営業時間変更のお知らせ>

大変ご迷惑おかけしております。

●しばらくの間、以下の時間帯で営業させていただきます。

14:00 - 20:00
(日曜日 14:00 - 19:00 / 木曜定休 )


なお今後も急なお休み、営業時間変更をする場合はこちらでお知らせ
いたします。申し訳ございまませんがよろしくお願いいたします。


PO'BOY RECORDS

アクセス変更のお知らせ 【固定】

<アクセス変更のお知らせ>

御堂筋線 中津駅の改装に伴い、2019年1月15日(火)より
3号出口がしばらく封鎖されます。

したがって改装期間中にご来店の際は、4号出口から地上へ
あがっていただくかたちとなります。

ご迷惑おかけしますが、お間違えのないようよろしくお願いいたします。

PO'BOY RECORDS


委託販売について 【固定】

<委託販売について>

これまでCD(邦楽/一部、洋楽あり)の持込みでの委託販売を
お受けしておりましたが、昨年末で一旦ストップさせていただきました。

現在、お預かりしている商品の精算がクリアになれば再度検討させて
いただきます。基本的にこちらから連絡はいたしません。売上あるな
しに関わらず、精算のご連絡お待ちしています。

今後は、店舗に音源を置いてあるだけの関係性から、もう一歩踏み
込んだ関係性でありたいと願っております。


PO'BOY RECORDS

ANDY COHEN

ANDY COHEN

AC20190914003.jpg





こんにちは。



好きなギタリストから1人紹介します。

ディキシーランド・ジャズが流れる家庭で育ち、15歳の頃、フォークミュージック
に魅了され、その後すぐにBig Bill BroonzyやJim Kweskin Jug Bandのレコード
を聴くようになる。16歳の時に、彼はReverend Gary Davisを見て、進むべき道を
決める。彼は、これまでにアメリカの偉大な音楽を追いかけ、研究し、演奏し、
宣伝してきました。これらは今現在も進行中です。また謎多きゴスペル・シンガー、
Washington Phillip からの影響も大きくて、彼自身も Dolceola 奏者として知られて
います。
 

過去の記事 ☞ WASHINGTON PHILLIPS





まずは若き日の Andy Cohen の動画です。

Don't Mind Andy Grinning In Your Face.

source of TheSecretmuseum (youtub channel)









Road Be Kind
Earwig Music / CD / 4969
AC20190914001.jpg

1. Five And Ten Cent Blues
2. Seldom Seen Slim
3. Spread The News Around
4. Road Be Kind
5. Windy And Warm
6. More Wood
7. High Country Caravan(Song For Stephen Stills)
8. Mysterious Mose
9. Fort Sumner Dance
10. The Goodnight - Loving Trail
11. Seaboard Train
12. Talkin' Hard Luck
13. Ten And Nine
14. Medley:Blarney Pilgrim/Jig McCoy
15. John Ate The Locust And The Honey
16. Blackbird

Andy Cohen - Vocals, Guitar

Luke Baldwin, Loring Janes, Glenn Schultz, Pat McGuinn, Bruce ‘Utah’ Phillips,
Pegleg Sam, Bill Hinkley らに捧げたアルバム。

本作は、2015年にリリースされ、彼のディスコグラフィーの中では一番新しものです。
そこには伝統的な楽曲に加えて、古くからの友人によって書かれたいくつかの楽曲
(歌が全面に出た)も含まれています。

1960年代後半にセントルイスに向かう途中で書かれた Andy のオリジナル曲 M-1 に
始まり、Luke Baldwin のM-2 や Bruce ‘Utah’ Phillips のM-10 など歌ものカバー
などを収録。他にも Sonny Terr の M-3 や Larry Johnson の M-11 といったブルース
カバーも含み、最後は、ギター・アレンジが光る John Lennon / Paul McCartney の
ナンバーで締めくくられています。




----------------



Built Right On The Ground
Earwig Music ‎/ CD / 4959
AC20190914002.jpg

1. Built Right On The Ground
2. Railroad Blues
3. Cairo Blues
4. Honky Tonk Train
5. Soo Cow Soo
6. Jim Dickinson Stomp
7. My Old Pal
8. Temptation Rag
9. Mopper's Blues
10. Miss The Mississippi And You
11. Grandpa's Spells
12. Me And My Chauffeur
13. Shake-A-You-Boogie
14. Mean Talkin' Blues
15. Tennessee Blues

Andy Cohen - Vocals , Guitar, Dolceola, Piano
Larkin Bryant Cohen - Vocals , Mandolin
Kurt Anderson - Vocals, Guitar



続いてこちらは、2010年リリース作で彼のギター・テクニックが堪能できる
1枚となっています。

Sam McGee, Jimmie Rodgers, Woody Guthrie といったカントリー・カバー
から Henry Spaulding, Big Bill Broonzy, Meade "Lux" Lewis, Jelly Roll Morton,
Memphis Minnie らのブルース/ジャズ・カバーまで。

最後は、奥さんと歌う Bobby Charles (Robert Guidry)の名曲"Tennessee Blues"
で決まりです!!




Andy Cohen Earwig Music acoustic folk blues guitarist singer

source of Michael Frank / Earwig Records (youtub channel) 



店頭にて販売中です。
ご来店お待ちしています。



Neal Casal


Neal Casal has passed away aged 50

NC2019.jpg

彼もまた音楽好きで、 "The Portland Water"を 歌ってたっけ …

Alger “Texas” Alexander

Alger “Texas” Alexander
The Texas Alexander Collection 1927-51





こんにちは。



本日は、戦後のテキサス・ブルースに多大な影響を
与えたブルース・シンガー、“Texas” Alexander を紹介。




Acrobat Music / 3CD / ACTRCD9084
TXAX20190831001.jpg

Disk 1:
1 Levee Camp Moan Blues
2 Section Gang Blues
3 Long Lonesome Day Blues
4 Corn-Bread Blues
5 Range In My Kitchen Blues
6 Farm Hand Blues
7 Sabine River Blues
8 Mama, I Heard You Brought It Right Back Home
9 Bell Cow Blues
10 Boe Hog Blues
11 Death Bed Blues
12 Mama's Bad Luck Child
13 Bantam Rooster Blues
14 Deep Blue Sea Blues
15 West Texas Blues
16 Don't You Wish Your Baby Was Built Up Like Mine?
17 Sitting On A Log
18 No More Women Blues
19 Penitentiary Moan Blues
20 Blue Devil Blues
21 Work Ox Blues
22 'Frisco Train Blues

Disk 2:
1 The Risin' Sun
2 Tell Me Woman Blues
3 St. Louis Fair Blues
4 Evil Woman Blues
5 Ninety-Eight Degree Blues
6 Gold Tooth Blues
7 Awful Moaning Blues - Part 1
8 Awful Moaning Blues - Part 2
9 Double Crossing Blue
10 Johnny Behren's Blues
11 Rolling Mill Blues
12 Peaceful Blues
13 Broken Yo Yo
14 When You Get To Thinking
15 Someday Baby Your Troubles Is Gonna Be Like Mine
16 Texas Special
17 Water Bound Blues
18 Thirty Day Blues
19 Yellow Girl Blues
20 I Am Calling Blues
21 She's So Far
22 Rolling And Stumbling Blues

Disk 3:
1 Texas Troublesome Blues
2 Last Stage Blues
3 Days Is Lonesome
4 Stealing To Her Man
5 Seen Better Days
6 Frost Texas Tornado Blues
7 Blues In My Mind - Texas Alexander & his Sax Black Tams
8 Mistreatin' Woman - Texas Alexander & his Sax Black Tams
9 Prairie Dog Hole Blues - Texas Alexander & his Sax Black Tams
10 Polo Blues - Texas Alexander & his Sax Black Tams
11 Worried Blues - Texas Alexander & his Sax Black Tams
12 Normangee Blues - Texas Alexander & his Sax Black Tams
13 Justice Blues
14 Easy Rider Blues
15 Lonesome Valley Blues
16 Good Feelin' Blues
17 Katy Crossing Blues
18 Lonesome Blues
19 One Morning Blues
20 Deceitful Blues
21 Bottoms Blues - Texas Alexander and Benton's Busy Bees
22 Crossroads - Texas Alexander and Benton's Busy Bees


1900年頃に生まれた Alger“ Texas” Alexander は、楽器を演奏しないブルース歌手
でしたが、その深く印象的な歌声で多くの人を魅了し、Blind Lemon Jefferson と共に
テキサスを代表するブルースマンとして知られています。

本盤は、1927年から1934年にかけて New York や Fort Worth, San Antonio
で行われたさまざまなセッション音源(Okeh および Vocalion でリリースされたもの)
に加えて、1951年にキャリア・ブレーク後、レーベル Freedom に残した2タイトルを
3枚のデイスクに収録ものです(全66トラック)。

これら楽曲の中には、Lonnie Johnson, Eddie Heywood, King Oliver, Clarence Williams,
Eddie Lang, Little Hat Jones, Carl Davis, Mississippi Sheiks ( Bo Carter, Sam Chatman,
Walter Vinson ), Willie Reed, Buster Pickens, Leon Benton らのバッキングも含まれます。

彼独特の hollers(ハラーズ/叫び声,大声,わめき声) や moan (モーン/うめき声) を
効果的に使用し、ブルース特有の性的な比喩を用いた楽曲などを生々しく歌い上げ、
そういった人間味溢れたところが当時の聴衆を多く惹きつけた理由かも知れません。



店頭にて販売中です。
ご来店お待ちしています。



Feelin' Right Saturday Night

Feelin' Right Saturday Night
: The Ric & Ron Anthology




1958年、 Joe Ruffino によって運営がスタートした Ric Records と
Ron Records。彼が亡くなった 1962年までの運営ではあったが、
ニューオリンズを代表するレーベルとして今でも聴きつがれている。


本盤は、そんな Ric & Ron に残された素晴らしい音源を編集し
収録したものです。



Craft Recordings / CD / CR00149
RicRon Reco 20190828001

1. Go To the Mardi Gras - Professor Longhair
2. Rocket to the Moon - Chris Kenner
3. Every Dog Got His Day - Eddie Bo
4. I May Be Wrong - Irma Thomas
5. Walkin’ - Robert Parker
6. A Losing Battle - Johnny Adams
7. You Can If You Think You Can - Martha Carter
8. Don’t Mess with My Man - Irma Thomas
9. You Done Me Wrong - Al Johnson
10. Life Is Just a Struggle - Johnny Adams
11. Lonesome Guitar - Edgar Blanchard
12. Tell It Like It Is - Eddie Bo
13. Tipitina (demo) - Professor Longhair *
14. Tootles - Lenny Capello & The Dots
15. Carnival Time - Al Johnson
16. Double Eye Whammy - Tommy Ridgley
17. Good Enough for Me - Eddie Bo *
18. (Oh Why) I Won’t Cry - Johnny Adams
19. Cuttin’ Out - Professor Longhair
20. You Talk Too Much - Joe Jones
21. I Don’t Talk Too Much - Martha Nelson
22. Check Mr. Popeye (Part 1) - Eddie Bo
23. Pleadin’ - Mercy Baby
24. Will Travel - Lee Tillman & Bud Stewart’s Top Notchers
25. Found My Good Thing - Barbara Lynn
26. In the Same Old Way - Tommy Ridgley
27. Dinky Doo - Eddie Bo
28. Feelin’ Right Saturday Night - The Velvetiers

*previously unreleased


今年6月、この世を去った Dr. John (Mac Rebennack )の楽曲(M-6)を始め、
Professor Longhair による "Tipitina"の未発表デモ音源や Eddie Bo の
未発表音源を含む全28曲。

ニューオリンズのオール・スターが歌う独創的な R&B が聴けるアンソロジー、
オススメしておきます!!



-----------------



<関連商品>


関連商品として上記コンピにも収録されている Jo Jones の
編集盤もオススメしておきます。


Joe Jones
You Talk Too and Other Conversation Pieces ...
- Great R&B Sounds of New Orleans

Jasmine Records / CD / JASMCD 3122
JJ20190828001.jpg

1. Will Call
2. Adam Bit The Apple
3. You Done Me Wrong
4. When Your Hair Has Turned To Silver
5. You Talk Too Much
6. I Love You Still
7. Take A Little Walk
8. Every Night About Eight
9. McDonald's Daughter
10. Tell Me What's Happening
11. One Big Mouth (Two Big Ears)
12. Here's What You Gotta Do
13. I Need Someone
14. Where Is My Baby
15. Always Picking On Me
16. The Prisoners Song
17. To Prove My Love To You
18. You Talk Too Much
19. A Tisket A Tasket
20. Please Don't Talk About Me When I'm Gone
21. California Sun
22. The Big Mule
23. (I've Got A) Uh Uh Wife


ニューオリンズ R&B ヒット「You Talk Too Much」で知られる
シンガー/ピアニスト、Jo Jones 。

1940年代後半には、Joe Jones & His Atomic Rebops として
活躍し、歌手以外にもプロデューサー、アレンジャー、マネージャー
としての功績もあります。

後のミュージシャンに多くの影響を与えたニューオリンズ R&B
ですが、Pops ファンにも是非とも聴いて欲しい1枚!!


どちらも店頭にて販売中です。
ご来店お待ちしています。

なお8/28, 29 はお休みとなります。






RALPH WILLIS

RALPH WILLIS

Hop On Down the Line
The (Almost) Complete Recordings



こんにちは。


本日は、カントリー・ブルースの編集盤から1枚紹介します。

本盤は、ホントにカントリー・ブルースを聴き込んでいる方
向けですが、個人的には、Jasmine Records にありがとう
と言っておきます。





Jasmine Records / 2CD / JASMCD 3133
RW20190827001.jpg

Disc 1
RALPH 'BAMA' WILLIS
1. WORRIED BLUES
2. COMB YOUR KITTY CAT


RALPH WILLIS ALABAMA TRIO
3. SO MANY DAYS
4. THAT GAL'S NO GOOD!
5. NEW GOIN' DOWN SLOW
6. GOIN' TO CHATTANOOGA
7. STEEL MILL BLUES
8. I WILL NEVER LOVE AGAIN


ALABAMA SLIM
9. GOIN' TO VIRGINIA
10. BOAR HOG BLUES
11. ELOISE
12. I'VE BEEN A FOOL


WASHBOARD PETE
13. CHRISTMAS BLUES
14. AMEN BLUES
15. NEIGHBOURHOOD BLUES
16. MAMA MAMA BLUES
17. JUST A NOTE
18. CHURCH BELLS
19. TROUBLE DON'T LAST
20. SHAKE THAT THING


RALPH WILLIS and SPIDER SAM
21. TELL ME PRETTY BABY
22. I'M GONNA ROCK
23. COOL THAT THING
24. SPORTIN' LIFE


RALPH WILLIS and BROWNIE McGHEE
25. EVERY DAY I WEEP AND MOAN
26. SOMEBODY'S GOT TO GO


Disc 2
RALPH WILLIS
1. BLUES, BLUES, BLUES
2. I GOT A LETTER
3. COLD CHILLS
4. BLACK AND TAN
5. INCOME TAX BLUES
6. BED TICK BLUES
7. TOO LATE TO SCREAM AND SHOUT
8. HOODOO MAN


RALPH WILLIS - BROWNIE McGHEE - DUMAS RANSOM
9. TELL ME PRETTY BABY
10. CHURCH BELL BLUES
11. GOODBYE BLUES
12. LAZY WOMAN BLUES
13. OLD HOME BLUES
14. SALTY DOG


RALPH WILLIS COUNTRY BOYS
15. COLD CHILLS
16. AMEN
17. GONNA HOP ON DOWN THE LINE
18. DO RIGHT
19. DOOR BELL BLUES
20. WHY'D YOU DO IT
21. DREAM I HAD ON MY MIND
  I'VE BEEN LIVING WITH THE BLUES
  MIDNIGHT SPECIAL
  INTERVIEWS WITH RALPH WILLIS AND WASHBOARD PETE SANDERS



1910年にアラバマ(ジョージアと言う説もあり)で生まれ、1930年代後半から
ノースカロライナに移り、戦後は東海岸で活動していたカントリー・ブルースマン。

その間、 Savoy, Signature, 20th Century, Abbey, Jubilee, Prestige, Par, King と
言ったレーベルに録音を残している(カントリー・ブルースとしては比較的多い)。

それらの中には、Alabama Slim, Washboard Pete と言った別名儀のものや
Brownie McGhee との録音も含まれています。

本盤はそれら音源を2枚のディスクに編集し、サブ・タイトルにもあるように
完全ではありませんがほぼほぼコンプリートしたものです。

ダウン・ホームなスタイルと Blind Boy Fuller に代表されるイースト・コーストの
スタイルを兼ね備え、そのギターとアップテンポのボーカルは、後のロカビリー
ギター・スタイルへと影響して行く。

Ralph Willis は演奏動画もあるので観てみてください!



------------------


<関連商品>


こちらは関連として再アップになります。




Various ‎–
East Coast Blues
Collectables / CD / COL-CD-5324
ESTCSTBlues20181107001.jpg

1. So Many Days –Ralph Willis
2. That Gal's No Good –Ralph Willis

3. Foolin' Me – Doug Quattlebaum
4. Don't Be Funny Baby – Doug Quattlebaum
5. Goin' To Chattanooga –Ralph Willis
6. New Goin' Down Slow –Ralph Willis

7. Number Writer –Dan Pickett
8. Laughing Blues –Dan Pickett
9. Somebody Changed The Lock –Tarheel Slim
10. You're A Little Too Slow –Tarheel Slim
11. Driving That Thing –Dan Pickett
12. I Can Shake It –Dan Pickett
13. Steel Mill Blues –Ralph Willis
14. I Will Never Love Again –Ralph Willis

15. No Love Blues –Sonny Terry
16. Lizzie Lou – Doug Quattlebaum


1946年に Sam Goode (Goody) と Ivin Ballen によって創設された
Gotham Records とそのグループ・レーベルに残されたイースト
コーストのカントリー・ブルース集。

本作は、1988年に UKのレーベル Krazy Kat より LP でリリース
されたもののCD盤(1990年)です。

比較的名の知れた Ralph Willis のダウンホームなブルースに
始まり、ソフト・クリームを売りながら歌っていた"ソフティー・マン"
ことDoug Quattlebaum や Fire、Fury なんかにも録音を残している
Tarheel Slim など。謎多きブルースマン、Dan Picket の軽さも
なかなか良いです。




どうちらも店頭にて販売中です。
ご来店お待ちしています。




Lauren Sheehan

Lauren Sheehan




こんばんは。


久しぶりの更新となります。


その前に、お盆期間、暑い中ご来店いただいた
お客様どうもありがとうございました。


本日はオレゴン州ポートランドを拠点に活動し、Elizabeth Cotten や
Mississippi John Hurt らに代表される Piedmont Style を受け継ぐ
シンガー/ギタリスト、Lauren Sheehan をご紹介。

Piedmont Style
アパラチア山脈一帯のウエスト・バージニア州、バージニア州、ケンタッキー州、テネシー州、
ノースカロライナ州、ジョージア州と言った地域にある音楽的カテゴリーの一つを指して
ピードモント・スタイルと言われている 。




僕が彼女を知ったのは、キャリア・スタートとなる2002年の
アルバム『Some Old Lonesome Day』からで、それ以降も
全米、カナダなどで活動を続け、3枚のフル・アルバムと
5曲入りEPをリリースしています。


その中から3枚紹介しておきます。


まずは、



Tillamook Burn
Lauren Sheehan / Wilson River Records / CD
LS20190820001.jpg

1. Corrina
2. Honey Baby Blues
3. Roberta
4. Skinny Leg Blues
5. In the Wee Midnight Hours

Zöe Carpenter - Vocal, Guitar,
Lauren Sheehan - Vocal, Guitar, Banjo, Mandolin

Guest
Phil Wiggins - Harmonica
Laura Quigley - Vocal
Greg Clarke - Vocal



2014年リリースの本作は、彼女の娘で編集者/ライターでもある
Zoë Carpenterとのデュオ作(5曲入りEP)。娘である Zoë も母同様に
印象深いギターを引き、ソウルフルな歌声の持ち主で二人のハーモニー
が冴えます。

さらにカントリー・ブルース・ファンならご存知 Cephas & Wiggins として
活躍したブルース・ハーピストの Phil Wiggins も参加(M-3)。

Geeshie Wileyの「Skinny Leg Blues」 やBlind Willie McTell の
「In the Wee Midnight Hours 」カバーも収録!






---------------------------




“Your CD is excellent — it accompanied me (over and over) on my swing up
from Seattle to Anacortes when I was very tired and had done too much driving.
It's a keeper.” —Peggy Seeger




Rose City Ramble
Lauren Sheehan / Wilson River Records / CD
LS20190820002.jpg

1. The Memory of Your Smile
2. Dirty Rat Swing
3. In the Wee Midnight Hours
4. Carroll County Blues
5. Chilly Waters
6. Honey Baby Blues
7. Black is the Color
8. Oh, the Candyman
9. Satisfied Mind
10. I Want Jesus to Walk with Me
11. Little Bird of Heaven
12. Oh, My Stars
13. Louie’s Blues
14. Can’t Afford to Lose My Man
15. I’m So Lonesome I Could Cry

Lauren Sheehan - guitar, resonator guitar, banjo, mandolin, vocals
Terry Robb - guitar. slide guitar
Michael Ballash - drums
Betsy Branch - fiddle, vocal
Zoe Carpenter - vocal
Greg Clarke - mandolin, fretless banjo
Laura Quigley - bass
Dean Meuller - bass
Elizabeth Nicholson - harp, vocal
Johnnie Ward - harmonica, saxello, vocals



Peggy Seeger も絶賛!2011年リリースとなる本作は、Folk Radio Charts 8位、
オレゴンの Roots Radio Chart 2位に入ったアルバムで古典的なブルースや
ブルーグラスのナンバーからポートランドにゆかりのあるミュージシャンの
カバー曲なども収録されています。

Stanley Brothers (M-1)のブルーグラス・クラシックに始まり、Memphis Minnie
( M-2, M-14) 、Blind Willie McTell (M-3)などなど。

個人的にも好きで、このブログにも紹介している Martha Scanlon(M-11)や
Michael Hurley (M-12) のカバーも収録。さらに John Fahey とのコラボでも
知られるギタリスト、Terry Robb も参加してます。




------------------------



Two Wings
Lauren Sheehan / Wilson River Records / CD
LS20190820003.jpg

1. Two Wings
2. Won't You Be Kind
3. Lonesome Day Blues
4. Are You Tired Of Me?
5. Farewell Swallowtail
6. Drunk Man Blues
7. Risin' River Blues
8. In My Girlish Days
9. Del ta Queen
10. Kind Hearted Woman
11. God's Gonna Ease My Troublin' Mind
12. Statesboro Blues
13. Only One And Only
14. Red Rocking Chair

Lauren Sheehan - guitars, banjo, vocals.

Phil Wiggins - harmonica (M-1,2,6,7,11,13)
Bill Uhlig - bass (M-2,3,8,10,11)
Ryc Williamson - bass (M-1,4,7,13)
Peter "Spud" Siegel - mandolin (M-4,13)
Dick Titterington - trumpet (M-3,8)
Kate Power - harmony voca l(M-4)





最後は、2005年作で Independent Music Awards / Album of the Year
のファイナリスに選ばれたアルバム。

Hattie Hart (M-2) や Blind Willie McTell (M-3, 12)、Robert Johnson (M-10)
といったカントリー・ブルースのカバー曲から A.P.Carter (M-4 )や Clarence Ashley
(M-6, 11)といったオールド・カントリー、アパラチアン・バラッドのカバー曲など
が収録されています。その他、アルバム中で唯一、Gillian Welch & David Rawlings
のモダン・カバーも聴きもの。

このアルバムにも Phil Wiggins がブルース・ハープで好サポートを務めていて、
より色濃い Piedmont Style が聴ける。


------------






他のも動画あり ☞ Visit Lauren Sheehan's YouTube channel





店頭にて販売中です。

明日から23日(金)までお休みです。
お間違いないよう宜しくお願いします。






プロフィール

po69

Author:po69
PO'BOY RECORDS

AMERICAN ROOTS MUSIC
( BLUES, FOLK, SSW,
BLUEGRASS, OLD TIME,
JUG/WASHBOARD, etc )

NEW & USED RECORDS,
CDS, BOOKS
AND MORE...

大阪市北区豊崎3-6-15 
第2淀川ビル3F
TEL:06-7494-9358

OPEN 14:00 CLOSE 20:00
(日曜 14:00 - 19:00)
木曜定休

.......................

PO'BOY RECORDS
Yodogawa N0.2 Bldg 3F
3-6-15, Toyosaki ,Kita-ku,
Osaka 531-0072 JAPAN
TEL&FAX +81-6-7494-9358

Open - Close
Mon. - Sat. 14:00-20:00
(Sun. 14:00-19:00)
Thu. - Closed

カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QR
2019年9月の定休
●木曜定休
カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
最新記事
リンク
アルバム
検索フォーム
THANK YOU !!
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

<消費税率変更に関して>
2014年4月1日以降より8%での税込価格表示に変更となります。