FC2ブログ

お休みと営業時間変更のお知らせ

<営業時間変更のお知らせ>

大変ご迷惑おかけしております。

●しばらくの間、以下の時間帯で営業させていただきます。

14:00 - 20:00
(日曜日 14:00 - 19:00 / 木曜定休 )


なお今後も急なお休み、営業時間変更をする場合はこちらでお知らせ
いたします。申し訳ございまませんがよろしくお願いいたします。


PO'BOY RECORDS

The Banjo Song

The Banjo Song



こんばんは。



本日は、バンジョーのコンピをいくつか紹介します。


まずは、お店で Frank Proffitt の話をさせてもらったことがあり
何か紹介したいと思っていました。

CD盤としては、Folk-Legacy の2タイトルもありますが、残念な事に
Folk-Legacy の商品は現在すべてCD-Rで作りも雑です。

あとは Folkways のカスタムCD-Rもありますが、他の演奏者も聴け
るということでこちらにしました。


Various ‎–
Nothing Seems Better To Me
: The Warner Collection, Vol. II


Appleseed Recordings / CD / APR CD 1036
warnerC22018111200001.jpg

1. Mule Skinner Blues - Frank Proffitt
2. Going 'Cross The Mountain - Frank Proffitt
3. Tom Dooley - Frank Proffitt
4. Conversation With Frank Proffitt - Frank Proffitt
5. Tom Dooley - Frank Proffitt
6. Conversation With Buna Vista Hicks - Buna Vista Hicks
7. Sally Ann - Buna Vista Hicks
8. Drunkard's Doom - Buna Vista Hicks
9. Awake, Awake My Own True Loveyer - Lee Monroe Presnell
10. My Sweet Soldier Boy - Lee Monroe Presnell
11. Oh Bud - J.B. Sutton
12. When Sorrows Encompass Me Around - Linzy Hicks
13. George Collins - Nathan Hicks
14. Bolamkin - Frank Proffitt
15. Cripple Creek - Frank Proffitt
16. Hangman - Frank Proffitt
17. Poor Soldier - Frank Proffitt
18. Pretty Polly - Frank Proffitt
19. Paul Jones - Charles K. Tillett
20. The Southern Girl's Reply - Eleazar Tillet
21. Only a Friend - Curt Mann
22. Rocky By Baby - Rebecca King Jones
23. Captain, O Captain - Rebecca King Jones
24. Wake, O Wake, You Drowsy Sleeper - R. Jones
25. Sweet By and By - Frank Proffitt
26. Cindy - Frank Proffitt
27. Groundhog - Frank Proffitt, Jr.
28. Nothing Seems Better To Me - Joseph Henry Johnson
29. The Snow Is On The Ground - Eleazar Tillet
30. Conversation With Eleazar Tillet - Eleazar Tillet
31. Fisherman's Girl - Eleazar Tillet
32. Beaver Dam Road - Frank Proffitt
33. Conversation With Frank Proffitt - Frank Proffitt
34. W P And A - Frank Proffitt
35. My Troubles Will Be Over - Frank Proffitt
36. Kicking Up Dust - Frank Proffitt, Jr.
37. Johnny, O Johnny - Buna Hicks
38. The Two Sisters That Loved One Man - Lee Monroe Presnell
39. Old Virginny - Lee Monroe Presnell
40. Conversation With Lee Monroe Presnell - Lee Monroe Presnell
41. Johnny, You Are My Darling - Lee Monroe Presnell
42. Muskrat - Roby Monroe Hicks
43. Young Johnny - Roby Monroe Hicks
44. Sourwood Mountain - Frank Proffitt
45. Trifling Woman - Frank Proffitt
46. Fly Around My Pretty Little Miss - Frank Proffitt
47. Wild Stormy Deep - Homer Cornett

お店を始めて間もない頃に 10inch レコードで紹介したことのある演奏家、
Frank Warner(過去の記事 ☞ ここ) の貴重なコレクションから編集された
コンピレーションンです。彼のコレクションは現在、 American Folklife Center
にあり、彼の息子である Jeff & Gerret Warner の共同制作によってその
一部が Appleseed Recordings より2枚のCDでりリリースされました。

本作は、そのCDの Vol.2 にあたります。 インタヴューや無伴奏のバラッド
も含みますが、Frank Proffitt による木製のマウンテン(フレットレス)・バンジョー
演奏が聴ける貴重な1枚です。後にThe Kingston Trio や Lonnie Donegan など
によってヒットしたナンバー、"Tom Dooley" も収録。

なお Vol.1 は、ほとんどが無伴奏のバラッドなので今回スルーしました。


Frank Proffitt
テネシー州で生まれノースカロライナ州で育つ。タバコを栽培や大工など
さまざまな職種で働き、妻と6人の子供と一緒に農場に住んでいました。
大工としてのスキルも高く弦楽器製作者でもありました。自家製のバンジョー
以外にアパラチア・ダルシマーやギターも弾きこなしました。1937年、彼は
民族音楽コレクターの Frank Warner と出会い"Tom Dooley"を録音。
1960年代にも Folkways や Folk-Legacy などにも録音を残している。
1965年に52歳で亡くなられました。


Frank Warner
アメリカの 民謡コレクターであり、ミュージシャンでもある。彼の妻 Anne Warnerと
共にそれまで紹介されていなかった数多くのアパラチア伝統音楽を採集し、色々な
形(録音物、写真、映像、本)で記録、保存してきました。その中でも木製のマウンテン
(フレットレス)バンジョーを弾くFrank Proffitt の演奏は世界に広められました。
自身の演奏家としての音源は、Elektra や‎ Prestige などに残しています。それら音源
は後に New Lost City Ramblers や Jerry Garcia & David Grisman を始めとする
多くの演奏家に影響を与えました。彼の貴重なコレクションは、1950年と1972年に
アメリカ議会図書館( Library of Congress American Folklife Center)へ寄贈されました。
1978年にロングアイランドの自宅で(74歳で)亡くなれました。



----------------------------



続いて、

Calorina Chocolate Drops の面々なども影響を受けた
であろう Black Banjo Songster達のコンピです。


Various ‎–
Black Banjo Songsters
of North Carolina and Virginia


Smithsonian Folkways / CD / SFW40079
BBS20181112001.jpg

1. Coo Coo – John Snipes
2. Coo Coo – Dink Roberts
3. Old Rattler (Fox Chase) –John Snipes
4. Georgie Buck – Dink Roberts
5. Georgie Buck – Joe Thompson & Odell Thompson
6. John Henry – James Roberts
7. High Sheriff – Dink Roberts
8. John Hardy – Dink Roberts
9. Garfield – Dink Roberts
10. Old Corn Liquor – Dink Roberts
11. Old Corn Liquor – Joe Thompson & Odell Thompson
12. John Henry – Joe Thompson & Odell Thompson
13. Love Somebody – Joe Thompson & Tommy Thompson
14. Long Tail Blue – John Snipes
15. Ain't Gonna Rain No More – John Snipes & Tommy Thompson
16. Where I've Never Been Before – John Snipes Going
17. Black Annie – Dink Roberts
18. Old Blue – Dink Roberts
19. Going Away From Home (Take Care Of My Wife And Child) – John Snipes
20. You Don't Know My Darling – John Snipes
21. Jaybird March – Etta Baker & Cora Phillips
22. Going Up North – John Jackson
23. Sugar Hill – Homer Walker
24. Momma Don't Allow – Irvin Cook & Leonard Bowles
25. Shortnin' Bread – Leonard Bowles
26. Shortnin' Bread – "Big Sweet" Lewis Hairston
27. Fox Chase – John Tyree
28. Roustabout – Dink Roberts
29. Cookin' In The Kitchen – John Snipes
30. Coo Coo Bird – Rufus Kasey
31. Fox Chase – Dink Roberts
32. Little Brown Jug – Joe Thompson & Odell Thompson

アフリカン・アメリカン・バンジョーの音色と歴史を知れる1枚!

奴隷としてアメリカ大陸にやって来たアフリカ人達が制作した
"ゴード・バンジョー"(瓢箪バンジョー)は、多くの演奏家達に
よって発展し、20世紀のブルースやストリングバンド音楽の
中でもちいられ、さらなる進化を遂げてきました。

本作は、1974年から1997年の間に録音された32曲の優れた
演奏が収録されています。さらに演奏家の人生の歴史、
チューニング、歌詞、参考文献、ディスコグラフィーなどが
掲載されたブックレットが付属します。

Dink Roberts なんかは、もうブルースです。 Piedmont
スタイルを知る1枚としてもオススメです!!


Piedmont Style
アパラチア山脈一帯のウエスト・バージニア州、バージニア州、ケンタッキー州、テネシー州、
ノースカロライナ州、ジョージア州と言った地域にある音楽的カテゴリーの一つを指して
ピードモント・スタイルと言われている 。







-------------------




最後に関連としてこちらも紹介しておきます。

録音は比較的新しく演奏も洗練されたものが主体です。
しかし奏法も含め、流れを知るのに良いかと思いました。




Various ‎–
Masters of the Banjo
A NATIONAL TOUR OF TRADITIONAL BANJO STYLES

Arhoolie Records / CD / 421
MSTB20181112001.jpg

1. The Eldest of All - Seleshe Damessae
2. A Family Quarrel on Sunday - Seleshe Damessae
3. If You Come, Come, If You Go, Go - Seleshe Damessae
4.J ohn Brown’s Dream - Kirk Sutphin
5. Let Me Fall - Kirk Sutphin
6. Yellow Rose of Texas - Kirk Sutphin
7. Oh My Little Darling - Kirk Sutphin
8. The Wild Fox - Tony Ellis
9. Wind Chimes and Nursery Rhymes - Tony Ellis
10. Cherry Blossom Waltz - Tony Ellis
11. Hand In Hand - Tony Ellis
12. Bird In The Tree - Seamus Egan
13. Charleston / Mason’s Apron - Seamus Egan
14. Lark In The Morning Medley - Seamus Egan
15. The Lover’s Return - Laurie Lewis and Dudley Connell
16. The Johnson Boys - Carroll Best
17. McMitchen’s Reel - Carroll Best
18. Say Old Man, Can You Play The Fiddle? - Carroll Best
19. Mississippi Sawyer - Will Keys
20. Sweet Fern - Will Keys
21. On My Mind - Will Keys
22. Evergreen - Will Keys
23. Nobody’s Love Is Like Mine - Ralph Stanley
24. I Just Think I’ll Go Away - Ralph Stanley
25. Children, Go Where I Send Thee - Ralph Stanley
26. Frailing Medley (I Got a Mule to Ride, Rocky Island, Shout Lulu) - Ralph Stanley


本作は、1993年に National Council for the Traditional Arts が
主宰した Masters of Banjo Tour (全米ツアー)中に録音された
コレクションです。

ブルーグラスなどでもちいられる2フィンガーや3フィンガーで弾かれる
奏法やフレイリング(クローハンマー)と言った伝統的な奏法などさまざま
な演奏方法が聴ける。

なお M1-3 に収録されたエチオピアの Seleshe Damessae が使用して
いる楽器はバンジョーではなく Krar(Lyres)と言う弦楽器です。音色は
バンジョーに似ています。

余談ですがジャケットのバンジョーマンは、ノースカロライナの大工であり
クラフトマンでもある Willard Watson です。残念ながら彼の演奏は収録
されていません。




店頭にて販売中です。
ご来店お待ちしています。








The George Mitchell Collection

Various ‎–
The George Mitchell Collection




こんにちは。



本日は、アメリカン音楽の歴史家であり、レコード・プロデューサー、
ライター、ミュージシャン、写真家といった多彩な肩書きを持つ、
George Mitchell のフィールド録音集です。


こちらは、Fat Possum Records から7インチのボックス・セットと
同時に2008年にリリースしたCDセットの方です。(現在、単体でも
入手できるようですが、CDRになっているみたいです。)



Fat Possum Records / 7CD BOX SET / FP1114-2
GMC20181109001.jpg

Disc 1 : Volumes 1 - 7
1. Lucy Mae Blues - Cecil Barfield
2. I Woke up Crying - Cecil Barfield
3. Love Blues - Cecil Barfield
4. I Told You Not to Do That - Cecil Barfield
5. In the Evening - Buddy Moss
6. Hey Lawdy Mama - Buddy Moss
7. Thousand Woman Blues - Buddy Moss
8. Blue Shadow Falling - Buddy Moss
9. Cold Rainy Day - Buddy Moss
10. Amy - Buddy Moss
11. Motherless Child - Leon Pinson
12. Hush, Somebody Is Calling My Name - Leon Pinson
13. What God Can Do - Leon Pinson
14. He'll Understand and Say Well Done - Leon Pinson
15. Big Road Blues - Houston Stackhouse
16. Cool Water Blues - Houston Stackhouse
17. Big Fat Mama Blues - Houston Stackhouse
18. Take a Little Walk With Me - Houston Stackhouse
19. Everyone Got a Woman - Big Joe Williams
20. What She Need With a Rooster - Big Joe Williams
21. Sink or Swim - Big Joe Williams
22. Prison Bound - Big Joe Williams
23. Who's Gonna Be Your Man - John Lee Zeigler
24. If I Lose Let Me Lose - John Lee Zeigler
25. Black Woman - Othar Turner
26. Bumble Bee - Othar Turner

Disc 2 : Volumes 8 - 14
1. Rabbit on a Log - Lonzie Thomas
2. Raise a Ruckus Tonight - Lonzie Thomas
3. My Three Women - Lonzie Thomas
4. Red Cross Store - Lonzie Thomas
5. Rats in the Kitchen - Sleepy John Estes
6. Special Agent - Sleepy John Estes
7. Trying to See - Sleepy John Estes
8. Mail Man Blues - Sleepy John Estes
9. Down Home Blues - Teddy Williams
10. Catfish Blues - Teddy Williams
11. Black Mattie - Teddy Williams
12. Sun Don't Shine - Teddy Williams
13. Trouble Brought Me Down - Green Paschal
14. My Lord - Green Paschal
15. Mother Is Dead - Green Paschal
16. Lay My Burden Down - Green Paschal
17. Your Close Friend - Green Paschal
18. I'm Going to Leave It in the Hands of the Lord - Green Paschal
19. Hard Time Blues - Do-Boy Diamond
20. Just Want to Talk to You - Do-Boy Diamond
21. Just a Dream I Got on My Mind - Dewey Corley / Walter Miller
22. Memphis Is a Wonderful City - Dewey Corey / Walter Miller
23. Down to Arkansas - Dewey Corey / Walter Miller
24. Rock Me Mama - Bud Grant
25. Freight Train Blues - Bud Grant
26. So Sweet - Bud Grant
27. Bud Grant's Grunt - Bud Grant

Dissc 3 : Volumes 15 - 22
1. Go Ahead On - Bud White
2. You've Been Gone So Long - Bud White
3. White Horses - Bud White
4. When I'm Sober I'm Drunk Blues - George Henry Bussey
5. Mean Mistreater - George Henry Bussey
6. Blues Around My Bed - George Henry Bussey
7. Looking For My Woman - George Henry Bussey
8. Old Red #2 - Jim Bunkley
9. Jack of Diamonds - Jim Bunkley
10. Them Greasy Greens - Jim Bunkley
11. Rocking Chair - Jim Bunkley
12. Old Breakdown - Tom Turner
13. Drop Down Mama #1 - Tom Turner
14. Search Me Lord - James Shorter
15. My Mother Died and Left Me - James Shorter
16. Consolation - James Shorter
17. Home Going - James Shorter
18. Better Than Myself - Abe McNeil
19. Steady Rollin' Man - Abe McNeil
20. Drink Drink Drink - Abe McNeil
21. Country Blues - Joe Callicott
22. River Blues - Joe Callicott
23. 3 O'Clock in the Morning - Johnny Woods
24. I's Be Troubled - Johnny Woods

Disc 4 : Volumes 23 - 29
1. Someday Baby - Robert Diggs
2. Racehorse Charleston - Robert Diggs
3. Done Lost My Health - Robert Diggs
4. Drive Your Car - Robert Diggs
5. Woke up This Morning - Cliff Scott
6. Long Wavy Hair - Cliff Scott
7. Please Come Home - Cliff Scott
8. Pole Pattin' - Cliff Scott
9. I Wanna Ramble - Jimmie Lee Harris
10. Sitting Here Looking 1000 Miles Away - Jimmie Lee Harris
11. Just Like a Bord Without a Feather - R.L. Burnside
12. Skinny Woman - R.L. Burnside
13. Goin' Down South - R.L. Burnside
14. Poor Black Mattie - R.L. Burnside
15. Hold My Body Down - Robert Johnson
16. Trying to Make It Home - Robert Johnson
17. Precious Lord - Robert Johnson
18. He'll Make a Way - Robert Johnson
19. Sugar Mama - Robert Longstreet
20. Black Gal - Robert Longstreet
21. Sloppy Drunk - Robert Longstreet
22. Decoration Day - Robert Longstreet
23. Shake em' on Down - Fred McDowell
24. Mama Says I'm Crazy - Fred McDowell

Disc 5 : Volumes 30-38
1. That Ain't It - John Henry Barbee
2. Gonna Lose Your Mind - John Henry Barbee
3. Flat Foot Boogie - Albert Macon / Robert Thomas
4. Mama Can I Lay It Down - Albert Macon / Robert Thomas
5. How Can You Do It - Albert Macon / Robert Thomas
6. John Henry - Jessie Clarence Gorman
7. Goin' up to the Country #1 - Jessie Clarence Gorman
8. Goin' up to the Country #2 - Jessie Clarence Gorman
9. Dirty Dozens - Will Shade
10. Won't You Send Me John - Will Shade
11. Wine Headed Man - Will Shade
12. K.C. Blues - Charlie Burse / Will Shade
13. Every Time I Come Around - Georgia Fife & Drum Band
14. J.W.'s Special - Georgia Fife & Drum Band
15. Old Hen Cackle - Georgia Fife & Drum Band
16. Buck Dance - Georgia Fife & Drum Band
17. Hey Freddie - Como Fife & Drum Band
18. Late in the Evening - Como Fife & Drum Band
19. Punky Tony - Como Fife & Drum Band
20. Shimmy She WA - Como Fife & Drum Band
21. You Got Reap What You Sow - Maxwell Street Jimmy Davis
22. Everything's Gonna Be Alright - Maxwell Street Jimmy Davis
23. That's the Way the Good Thing Go - Precious Bryant
24. Georgia Buck - Precious Bryant
25. When the Saints Go Marching In - Precious Bryant
26. Pork & Beans - Rosa Lee Hill
27. Count the Days I'm Gone - Rosa Lee Hill
28. Roll & Tumble - Rosa Lee Hill
29. Bullying Well - Rosa Lee Hill

Disc 6 : Volumes 39 - 45
1. Good Morning Judge - Furry Lewis
2. Furry Lewis' Careless Love - Furry Lewis
3. What Make Grandpa Love Grandma So - Jimmy Lee Williams
4. Have You Ever Seen Peaches - Jimmy Lee Williams
5. Hoboing Into Hollywood - J.W. Warren
6. Sundown Blues - J.W. Warren
7. Rabbit on a Log - J.W. Warren
8. You're Gonna Miss Me - J.W. Warren
9. House on the Hill - Eddie Harris
10. I Have to Love Somebody - Eddie Harris
11. Old Country Rock #1 - James Davis
12. Instrumental #1 - James Davis
13. Who Stole the Lock Off the Henhouse Door? - James Davis
14. Instrumental #4 - James Davis
15. Canned Heat - Robert Nighthawk
16. Nighthawk Boogie - Robert Nighthawk
17. Down by the Woodshed - Robert Nighthawk
18. Home Going - Jessie Mae Hemphill
19. I Want to Be Ready - Jessie Mae Hemphill
20. Interview - Jessie Mae Hemphill

Disc 7 : Bonus Track
1. Miss Maybelle - Jessie Lee Vortis
2. When My Baby Got on Board - Jessie Lee Vortis
3. Them Greasy Greens #1 - George Hollis
4. Rock and Roll to Midgetville - George Hollis
5. Black Rat Swing - Willie Rockomo
6. Tease Me Baby #2 - Willie Rockomo / Bruce Upshaw
7. Someday Baby #1 - Bruce Upshaw
8. Wonder Why My Baby Treat Me So Bad - Bruce Upshaw
9. Rosa Lee - Bruce Upshaw
10. I Got a Woman - Buddy Hubbard
11. So Sweet - Buddy Hubbard
12. You're Gonna Miss Me - Ira 'Tiny' Coney
13. Mamie - Ira 'Tiny' Coney
14. I'm So Lonesome - Ira 'Tiny' Coney
15. Blood Red River - Eddie Hodge
16. Sitting on Top of the World - Eddie Hodge
17. Glory Hallelujah - Eddie Hodge
18. Jesus Is Coming Back to Me - Pettis Sisters
19. Bound For Zion - Pettis Sisters
20. You Told Me Baby - Houston / Sara Mae Stovall
21. Sweet as an Apple on a Tree - Houston / Sara Mae Stovall
22. Juke #2 - Houston / Sara Mae Stovall
23. Woke up This Morning - Houston / Sara Mae Stovall
24. Tell Me You Love Me - Houston / Sara Mae Stovall



本作は、1960年代から80年にかけてアメリカ南部でフィールド・レコーディング
された音源を6枚のCD(150曲)に加え、ボックス・セットのみのボーナス・ディスク
として1枚(24曲)を追加した全174曲を収めたものです。。さらにライナーノーツと
ディスクごとの解説(英語)が掲載されたブックレット付属。

Samuel Charters や Alan Lomax 同様に、彼がフィールド・レコーディングで
残した貴重な記録は、Arhoolie Records, Rounder Records, Fat Possum Records
などでレコード盤、CD盤として紹介されて多くの人達の耳に入って来ました。
その記録は、今もレーベルを変え新しいカントリー・ブルース・ファンへと紹介
され続けています。


George Mitchell
1944年、彼はフロリダで生まれた後にジョージア州アトランタで育ちました。土地柄もある
と思いますが、十代にしてブラック・ミュージックに魅せられ Samuel B. Charters のアンソロジー
"The Country Blues" を熱心に聴いていたといいます。1962年、メンフィスにて彼と仲間数人で、
Furry Lewis, Gus Canon, Will Shade, Charlie Burse, Laura Dukes, Catherine Porter などの
レコーディングを始めて行い、それを機にブルース音源の記録するため、しばしばフィールド
へと出て行くことになるのです。翌年には、初期アトランタの伝説、Peg Leg Howell と Buddy Moss
のレコーディングを行う。1963年、彼はシカゴへ行き Delmark Records で働き、Michael Bloomfield
と共に当時、無名のブルースマンを紹介したり、コンサートのプロデュースなどを手掛けました。
1967年、ブルース・ミュージシャンについての文献制作を目的に、妻キャシーと共にテープ・レコーダー
とカメラを手にミシシッピ州へと旅にでました。その地で無名のブルースマンを始め、 Fred McDowell,
Houston Stackhouse, R.L Burnside, Othar Turner などの録音を残す。その文献は、1971年に
『 Blow My Blues Away 』 と題して出版さています。その後も James Davis, Precious Bryant,
James Lee Ziegler, Willie Guy Raines などのレコーディングをかさね、1979年〜1981年までジョージア州
コロンバスにあるコロンバス美術館にてフィールド研究者として従事しました。現在は、写真家に
比重を置いてジョージアで暮らしているようです。(2015年4月現在)


その他、詳細 ☞ George Mitchell | ArtSWFL.com




店頭にて販売中です。
ご来店お待ちしています。




EAST COAST - TEXAS

EAST COAST    TEXAS








本日は、Texas ~ East Coast のカントリー・ブルース
をコンピレーション盤で2枚紹介します。





Various -
Texas Blues:
Bill Quinn's Gold Star Recordings

Arhoolie Records / CD / 352
TXBlues20181107001.jpg

1. Gamblin' Blues –.Lil' Son Jackson
2. Homeless Blues –.Lil' Son Jackson
3. Cairo Blues –.Lil' Son Jackson
4. Evil Blues –.Lil' Son Jackson
5. Back To Santa Fe –.Lee Hunter
6. Trying, Trying –.L.C. Williams
7. You Never Miss The Water –.L.C. Williams
8. Cruel Hearted Woman –.Thunder Smith
9. Big Stars Are Falling –.Thunder Smith
10. Hole In The Wall –.L.C. Williams
11. Boogie All The Time –.L.C. Williams
12. Rock Island Blues –.Leroy Ervin
13. Blue, Black, And Evil –.Leroy Ervin
14. Roberta Blues –.Lil' Son Jackson
15. Freedom Train Blues –.Lil' Son Jackson
16 Ground Hog Blues –.Lil' Son Jackson
17. Bad Whiskey, Bad Women –.Lil' Son Jackson
18. Santa Fe Blues –.Thunder Smith
19. Black Woman –.L.C. Williams
20. Strike Blues – L.C. Williams
21. You Can't Take It With You Baby –.L.C. Williams
22. Jet Black Woman –.Buddy Chiles
23. No Mercy, No Love –.Lil' Son Jackson
24. Gone With The Wind –.Lil' Son Jackson
25. I Won't Be Here Long –.L.C. Williams
26. Angel Child –.Andy Thomas
27. All The Way From Texas –.Perry Cain

Arhoolie Records の音源は、現在 Smithsonian Folkway 所有となり、
カタログも減る一方です。今後は受注生産のカスタムCDRへと移行
されるかも知れませんね。

本作は、同レーベルよりLPでリリースされた『Texas Blues vol.1』を
CD化にともない楽曲を再編集したものです。内容は、1941年に
テキサスはヒューストンで創設された Bill Quinn のレーベル、
Gold Star Records に残されたテキサス・カントリー・ブルース集で、
ここには、1947年から1951年かけてのオリジナル78回転の音源が
収録されています。

Lil' Son Jackson の 同レーベルから単独で出てる『Blues Come To Texas』
も良いが、Gold Star 音源が10曲も聴けるこの盤もオススメ。
さらに戦後のテキサス・カントリー・ブルースを知る上で外せない1枚です。!








Various ‎–
East Coast Blues
Collectables / CD / COL-CD-5324
ESTCSTBlues20181107001.jpg

1. So Many Days –Ralph Willis
2. That Gal's No Good –Ralph Willis
3. Foolin' Me – Doug Quattlebaum
4. Don't Be Funny Baby – Doug Quattlebaum
5. Goin' To Chattanooga –Ralph Willis
6. New Goin' Down Slow –Ralph Willis
7. Number Writer –Dan Pickett
8. Laughing Blues –Dan Pickett
9. Somebody Changed The Lock –Tarheel Slim
10. You're A Little Too Slow –Tarheel Slim
11. Driving That Thing –Dan Pickett
12. I Can Shake It –Dan Pickett
13. Steel Mill Blues –Ralph Willis
14. I Will Never Love Again –Ralph Willis
15. No Love Blues –Sonny Terry
16. Lizzie Lou – Doug Quattlebaum



1946年に Sam Goode (Goody) と Ivin Ballen によって創設された
Gotham Records とそのグループ・レーベルに残されたイースト
コーストのカントリー・ブルース集。

本作は、1988年に UKのレーベル Krazy Kat より LP でリリース
されたもののCD盤(1990年)です。

比較的名の知れた Ralph Willis のダウンホームなブルースに
始まり、ソフト・クリームを売りながら歌っていた"ソフティー・マン"
ことDoug Quattlebaum や Fire、Fury なんかにも録音を残している
Tarheel Slim など。謎多きブルースマン、Dan Picket の軽さも
なかなか良いです。


店頭にてどちらも販売中です。
ご来店お待ちしています。







Great Moments in Jazz

Great Moments in Jazz





こんばんは。


本日は、オランダの Challenge Records のサブ・レーベル、
Retrieval からリリースされている Early Jazz の編集盤
から2タイトルご紹介します。






THE SUNSHINE BOYS
(Joe and Dan Moooney)

1929-1931 THE COMPLETE SET
Retrieval / CD / RTR 79039
TSB20181104001.jpg

1. My Troubles Are Over
2. Huggable, Kissable You
3. I'm Crooning A Tune About June
4. Do Something
5. It's Unanimous Now
6. That's Where You Come In
7. Does My Baby Love Me
8. I Have To Have You
9. I Like A Little Girl Like That
10. It Seems To Be Spring
11. I Like A Little Girl Like That
12. Would You Like To Take A Walk
13. When I Take My Sugar To Tea
14. Smile, Darn Ya, Smile
15. The One Man Band
16. So Sweet
17. Doin' The Rumba
18. Mary Jane
19. Boy! Oh! Boy! Oh! Boy! I've Got It Bad
20. I'm Keepin' Company
21. Take It From Me
22. So Sweet
23. Doin' The Rumba


本作は、1920年代後半から30年代頭にかけて活躍していた
Joe Mooney(vocal, accordion, piano) と Dan Monney(vocal)
による兄弟デュオ、"The Sunshine Boys"(The Melotone Boys
名義の音源も収録されています)。

素晴らしいバッキングにのせて彼らの陽気で洒落たスキャットと
ヴォーカル、コーラス・ワークが冴えわたる。

クレジットされている Eddie Lang やDick McDonough, Carl Kress
と言ったギタリストを始め、Joe Venuti(violin), Benny Goodman(clarinet),
Tommy Dorsey(trombone) らの手腕もある。

ジャイヴ、スウィング・ファンにはオススメの1枚です!


試聴 ☞ ここ



---------------------------------




Various ‎–
Bring On The Girls 1926-1934

Retrieval / CD / RTR 79060
VAbringongirls20181106001.jpg

1. But I Do - You Know I Do – Betty Morgan
2. Tonight's My Night With Baby – Betty Morgan
3. You Gotta Know How To Love – Esther Walker
4. Hard-To-Get Gertie – Esther Walker
5. High, High, High Up In The Hills – Peggy English
6. How Long Must I Wait For You? – Peggy English
7. You Went Away Too Far – Jane Green
8. I'm Gonna Meet My Sweetie Now – Jane Green
9. Lazy Weather – Helen Morgan
10. Nothing But – Helen Morgan
11. St. Louis Blues – Irene Beasley
12. Choo Choo Train – Irene Beasley
13. I Want To Be Bad – Zelma O'Neal
14. Pickin' Cotton – The Trix Sisters
15. Button Up Your Overcoat – Ruth Etting
16. Kansas City Kitty – Ethel Levey
17. 'T Ain't No Sin – Lee Morse
18. Telling It To The Daisies – Annette Hanshaw
19. I've Got "It" – Annette Hanshaw
20. Fit As A Fiddle – The Ponce Sisters
21. Underneath The Harlem Moon – Frances Williams
22. Hey! Young Feller – Frances Williams
23. Who Walks In When I Walk Out? – Marion Harris
24. Singing The Blues – Marion Harris


本作は1926年から1934年までに録音された 15人の女性ボーカリスト達の
素晴らしい歌声を収録したコンピレーション(全24曲)。

サポートするバックバンドも Adrian Rollini, Benny Goodman, Carl Kress,
Eddie Lang, Jimmy Dorsey, Joe Venuti, Red Nichols, Tommy Dorsey
と言ったi一流のプレイヤーが務めています。





---------------------



以下、


<関連商品>


上記、2枚の録音にも参加しているジャズ・ギタリスト達を
収録した Yazoo Records のコンピレーションです。



VA / PIONEERS OF THE JAZZ GUITAR

Yazoo Records / CD / 1057 
VApioneers20160226001.jpg

1. Handful Of Riffs – Lonnie Johnson & Eddie Lang
2. Feeling My Way – Lonnie Johnson & Carl Kress
3 . Teasing The Frets – Nick Lucas
4 . Hot Fingers – Lonnie Johnson & Eddie Lang
5. Hittin' On All Six – John Cali & Tony Guttuso
6. Picking The Guitar – Nick Lucas
7 . Have To Change Keys To Play These Blues – Lonnie Johnson & Eddie Lang
8. Chasing A Buck – Dick McDonough
9. Chicken A La Swing – Carl Kress & Dick McDonough
10. Satan Takes A Holiday – John Cali & Tony Guttuso
11. Stage Fright – Carl Kress & Dick McDonough
12. Dick Bernstein Ramble – Dick McDonough
13. Heat Wave – Carl Kress & Dick McDonough
14 A Study In Brown – John Cali & Tony Guttuso


本作は、タイトルからもわかるように先に紹介した Eddie Lang,
Carl Kress, Lonnie Johnson, Dick McDonough を始め、ジャズ・ギター
のパイオニア達を収録した編集盤。個人的には、80年代まで
活躍した Nick Lucas が2曲収録されているのも嬉しいところ。
他にも ジャズ・バンジョー奏者としても知られる John Cali なども
入っています。




----------------------------




こちらは、2016年に Asherah Records からリリースされた
Lee Morse のアナログ盤です。


Lee Morse
Sweeping the Cobwebs: Selected Recordings 1924-1930
Asherah Records ‎/ LP / ASH-001
LM20181106001.jpg

Side 1
1 Look What You Went And Done
2 Where'd You Get Those Eyes
3 My Sugar Babe
4 I've Looked All Over (For A Boy Like You)
5 I Love You So (I Do)
6 Cooking Breakfast For The One I Love

Side 2
B1 Mollie Make Up Your Mind
B2 Telling Eyes
B3 Daddy's Girl
B4 Mail Man Blues
B5 Mother And Dad
B6 Give Me A Good-Night Kiss

女優としての顔も持っていた Lee Morse の1924年から
1930年までの録音を編集し収録した1枚!!



店頭にてすべて販売中です。
ご来店お待ちしています。




KENDEL CARSON

KENDEL CARSON

The Lost Tapes Of Suzanna Hamilton
with The Calgary Sessions





本日は、BSMF RECORDS より国内仕様でリリースされた
カナダの美しきフィドラー&シンガー、Kendel Carson です。


幸運にも2011年に Chip Taylor と共に来日を果たした際に
彼女の演奏を生で聴く機会をいただきました。


Van Morrison の初期のギタリストとして知られる John Platania
も同行していたツアーでしたが、まったく引けを取らない演奏でした。


他に John Prine のツアーなんかにも参加しているので要チェックです!!




BSMF RECORDS / CD / BSMF-6155 / ¥2592
KC20181105001.jpg

Disc 1: The Lost Tapes of Suzanna Hamilton
1. Paint me a Cowboy
2. The Burning of Suzanna
3. Chicago Man
4. Crazy Moon
5. Lilly
6. Make Me a Microphone
7. Paint Me a Cowboy
8. Yankee Boy
9. Fighting Soldier
10. That’s The Way It Is
11. About True Love

Disc 2: The Calgary Sessions
1. Waiting For Dreams
2. Find A Way
3. Any Way The Wind Blows
4. I Woke Up Missing You So Bad
5. Mexican Standoff
6. Hot Iron Waltz
7. Find A Way (Long Version)

本作は、2009年『Alright Dynamite』をリリース後、Chip Taylor が書いた
映画脚本のサントラとして制作され、お蔵入りとなっていた貴重な未発表
音源をまとめたもの。さらにカナダのセッション音源をボーナス・ディスク
として追加!

Disc1 のThe Lost Tapes には、先に紹介した John Platania(G) や
Greg Leisz(Pedal Steel)らが参加しています。


Kendel Carson
ケンデル・カーソンは、1985年カナダのカルガリー出身。3歳でバイオリンを始め、クラシックを学ぶ。
12歳で兄弟のタイラーと共にヴィクトリア・シンフォニーのソリストとして活躍。2003年にはカナダの
ナショナル・ユース・オーケストラとも共演。またストリートでもポピュラー音楽を演奏し、カナダの
フォーク・ロック・グループ、スピリット・オブ・ウェストにゲスト参加。そしてケルト・ロック・バンド、
ザ・ペーパーボーイズに正式加入。04年バンドでフェスに出演した際、ベテランSSWのチップ・テイラー
と出会う。彼女のフィドルだけでなくヴォーカリストとしての才能を見出したチップは、07年のデビュー作
『Rearview Mirror Tears』をプロデュース。09年にはセカンド『Alright Dynamite』をリリースし、多くの
メディアから高い評価を受ける。また11年のチップのアルバム『ロックン・ロール・ジョー』にも参加し、
彼とのアメリカ、ヨーロッパ・ツアーにも同行(来日も果たす)。その後、カントリー・バンド、ベル・スター
を結成し、2013年に『Belle Starr』を発表(発売元より引用)





店頭にて販売中です。
ご来店お待ちしています。




GLENN JONES

GLENN JONES

The Giant Who Ate Himself
and Other New Works For
6 & 12 String Guitar




本日もレコードから1枚!


こちらはレコード、CD、両フォーマット
お取扱いあります!!


レコードの方は限定のカラー(緑)盤で、
フリー・ダウンロード・カードが付属。






Thrill Jockey / LP(Limited Edition, "Toad Green")
Includes Free Download Card or CD / THRILL 468
GJ20181102001.jpg


1 The Giant Who Ate Himself
2 Everything Ends
3 The Last Passenger Pigeon
4 The Was And The Is
5 A Different Kind Of Christmas Carol
6 River In The Sky (Written-By Laura Baird)
7 From Frederick To Fredericksburg
8 Even The Snout And The Tail
9 Elliot Audrey, Born Today
10 The Sunken Amusement Park

Glenn Jones - 6String Guitar, 12 String Guitar


以前にリリースされた、もっとも人気の高い
『This Is the Wind That Blows It Out Solos for 6 & 12 String Guitar』
に匹敵するアルバムが、Glenn Jones より送られてきました。

このブログでも紹介したことのある、旧友でギタリスト/シンガーの Laura Baird
をエンジニアとして迎え、彼女のホーム・レコーディング・スタジオである
"Forest Hill Farm"にて録音されました。

ブルースの深い伝統も感じる本作は、美しく織り込まれたメロディーの
糸を通して、彼の最も鮮やかで探検的な思い出が盛り込まれている。

6弦、12弦ギターによる変則チューニング(低音だけに付けるミニ・カポ)
を駆使し、彼独特のメランコリックな楽曲やM-6(Laura Baird作曲)の
ようなフィールドレコーディング(コオロギ、鳥、飛行機の音)による
サウンド・コラージュされた楽曲など色々なバリエーションで聴かせてくれる。

ちなみにM-7は、John Fahey と共通の友人である世界屈指の78回転
コレクター、Joe Bussard 宅へ Jack Rose と訪れ、夜遅く家路に向かう時
のことを曲にしています。

現在ではアメリカン・プリミティヴ・ギターもどんどんと進化して行くなかで、
彼は、John Fahey や Jack Rose のような牧歌的なスタイルを残す数少ない
ギタリストではないかと個人的には感じています。




チューニング講座






店頭にて販売中です。
ご来店お待ちしています。





LEON REDBONE

LEON REDBONE
Long Way From Home
Early Recordings




つづいてこちらはレコード、CD、両フォーマット
にてお取扱いあります!!

レコードの方は2枚組見開きジャケです。





Third Man Records / 2LP(Gatefold sleeve.) or CD / TMR316
LR20181102001.jpg

1 Lord, I Looked Down The Road
2 Mother, Queen Of My Heart
3 T B Blues
4 Don't Let It Bother You
5 Marie
6 Me And The Devil Blues
7 If I Had Possession Over Judgement Day
8 Mississippi River Blues
9 Kind Hearted Woman Blues
10 Old Love Letters
11 Sweet Mama Hurry Home Or I'll Be Gone
12 Nobody Knows But Me
13 My Walking Stick
14 Cat Man Blues
15 Gambling Bar Room Blues
16 My Good Gal's Gone Blues
17 Yodeling Cowboy
18 Bootleg Rum Dum Blues

Leon Redbone - Vocal, Guitar


白のフェドラ・ハットにジャケット、サングラスは、彼を象徴する装い。
キャリアを通して一貫したその音楽スタイル。聴くものを楽しませて
くれるエンターテイナー。

ブルースやジャズ、カントリーと言ったアメリカの古き良きナンバーを
絶妙な力の抜けさ加減で聴かせてきた彼の初期音源となる本作は
Jack White のレーベル、Third Man Records より2016年にリリース
されました。

FMラジオ局音源や大学公演を収録した貴重な初期音源でギター1本
によるシンプルな弾き語りですが、その後の彼を予感させる極上の
ゆるゆるのグッドタイム・ミュージックが聴けます!




店頭にて販売中です。
ご来店お待ちしています。




ETTA BAKER

ETTA BAKER
Railroad Bill




こちらも レコードです。






Music Maker Relief Foundation / LP / MMLP174
EB20181102001.jpg
Limited Edition of 500 / Includes printed inner sleeve
and download code.


Side A
A1 Carolina Breakdown
A2 Railroad Bill 2
A3 I Get The Blues When It Rains
A4 Don't Let Your Deal Go Down
A5 Sunny Tennesse
A6 Lonesome Road Blues
A7 Goodbye Booze

Side B
B1 One-Dime Blues
B2 Going Down The Road Feeling Bad
B3 Police Dog Blues
B4 Miss A Little Miss
B5 Baby Let Me Lay It On You
B6 Chilly Winds
B7 John Henry
B8 Cripple Creek

Etta Baker - Guitar
Timothy Duffy - 2nd Guitar (B7)

ボーナス・コンテンツとして以下が取得できます。
*5 Full Album Digital Download
*Unreleased Track - Police Dog Blues
*Never Before Seen Video Footage of Etta Baker & Taj Mahal


本作は1999年にMusic Maker より CD盤で先行リリースされた
アルバムで、レコード盤としては2015年に500枚限定でリリース
されました。今回、アメリカの卸に少し残っていたのを取りました。

Elizabeth Cotten らと同様にピードモント・スタイルを代表
するギタリスト/シンガーで6弦ギター以外にも12弦やバンジョー
なども弾きこなす。

93歳でなくなるまで Bob Dylan や Taj Mahal を始め、多くの
ミュージシャンへも影響を与えました。


Music Maker Relief Foundation
1994年、 Tim & Denise Duffy を中心に設立された Music Maker Relief Foundation 。
アメリカ南部の伝統音楽を継承する忘れられたパイオニア達を極度の貧困(食料、避難所、医療...)
から援助するために立ち上げられたこのレーベル(団体)は、それら音楽を愛する多くの企業や
ミュージシャン達(B.B. King, Bonnie Raitt, Jackson Browne, Dickey Betts, Derek Trucks, Susan Tedeschi
Taj Mahal, Tift Merritt, Sue Foley, Pete Townshend, John Price, Levon Helm) の賛同により
運営が始まりました。CD収益の一部も援助金として使用。


Piedmont Style
アパラチア山脈一帯のウエスト・バージニア州、バージニア州、ケンタッキー州、テネシー州、
ノースカロライナ州、ジョージア州と言った地域にある音楽的カテゴリーの一つを指して
ピードモント・スタイルと言われている 。





店頭にて販売しています。
ご来店お待ちしています。





JOSEPH SPENCE

JOSEPH SPENCE
MUSIC OF THE BAHAMAS: BAHAMAN FOLK GUITAR





こんにちは。

本日はレコードから紹介します。

Folkways Records 70周年記念シリーズ の1枚としてリイシュー
されたバハマのギタリスト/シンガー、Joseph Spence 。

Ry Cooder らが取り上げ、カバーしたことでもも知られています。



Smithsonian Folkways / LP / FS 3844
JS20181102001.jpg

Side 1
1 Coming In On A Wing And A Prayer
2 There Will Be A Happy Meeting In Glory
3 Brownskin Gal

Side 2
1 I’m Going To Live That Life
2 Face To Face That I Shall Know Him
4 Jump In The Line


Joseph Spence - Guitar, Vocal
Recorded and Edited By – Samuel B. Charters



本作は、プロデューサー、作家、音楽歴史家である Sam Charters
によって1958年に(フィールド)録音され、1959年にFolkways Records
からリリースされました。

彼特有のドロップDチューニングから奏でられるギター・スタイルと
ユニークなハミングとヴォーカルが魅力。

今回は、1958年のマスターテープからリマスタリングされ、Folkways
の古典的なジャケット・デザインはほぼそのままで発売。
さらにSam Charters によるオリジナル・ライナー・ノーツが付属。

現在、l彼の音源はCDもほとんど廃盤なのでこのレコードを
オススメします!!


Jump in the Line"

Smithsonian Folkways

店頭にて販売中です。
ご来店お待ちしています。




プロフィール

po69

Author:po69
PO'BOY RECORDS

AMERICAN ROOTS MUSIC
( BLUES, FOLK, SSW,
BLUEGRASS, OLD TIME,
JUG/WASHBOARD, etc )

NEW & USED RECORDS,
CDS, BOOKS
AND MORE...

● その他、日本のフォーク
SSW/ブルース系のアーティスト
もあります。

大阪市北区豊崎3-6-15 
第2淀川ビル3F
TEL:06-7494-9358

OPEN 12:00 CLOSE 20:00
(日曜 CLOSE 18:00)
木曜定休
.......................
Yodogawa N0.2 Bldg 3F
3-6-15, Toyosaki ,Kita-ku,
Osaka 531-0072 JAPAN
TEL&FAX +81-6-7494-9358

Open - Close
Mon. - Sat. 12:00-20:00
(Sun. 12:00-18:00)
Thu. - Closed

カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QR
2018年11月の定休
●木曜定休
カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
リンク
アルバム
検索フォーム
THANK YOU !!
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

<消費税率変更に関して>
2014年4月1日以降より8%での税込価格表示に変更となります。