FC2ブログ

ごあいさつ

いつもブログ閲覧ならびにご来店いただきありがとうございます。
本年度の店舗営業は、本日で終了いたしました。

明日は、玉造の さんくすホールさんにて行われる"年忘れライヴ"
での出張販売となります。お時間ございましたら来場お待ちして
おります。詳細 ☞ さんくすホール

今年も本当に皆様のお蔭で何とかここまでやってこれました。
どうもありがとうございました。当店にとって来年は10年目の
節目の年となります。だからと言って大きなことはできませんが、
自身のペースでやっていければと思う次第です。

来年もどうぞよろしくお願いいたします。
皆様、良いお年をお迎えください。


PO'BOY RECORDS

【入荷】 Grass Skirt Records

Grass Skirt Records


こんばんは。

つい先ほど入荷したので取り急ぎ写真だけ。

先日、久しぶりに Grass Skirt へメールを送り、
新作の Tau Moe とカタログを送ってもらいました!

ここに写っていないカタログも店頭にあります。

GrassSkirt20191127001.jpg


明日は定休ですが、

明けの金曜日は、

RSD/BLACK FRIDAYです。

ご来店お待ちしています。


【再入荷】DAVE APOLLON

DAVE APOLLON (2CD)
the MAN with the MANDOLIN
Complete Recordings 1930-1956




こんばんは。

ACOUSTIC DISC 新譜リリースにともなって再入荷したカタログの中から
もう1枚、"Mandolin Virtuoso", デイヴ・アポロン。


When I asked Jethro Burns who was the greatest mandolin player
he ever heard, he answered without hesitation, "Dave Apollon."
- David Grisman


ジャズ・マンドリンの名手ジェスロ・バーンズに、今までに聴いた最も偉大な
マンドリン・プレイヤーは誰か?と尋ねた時、彼は、 "Dave Apollon" と
ためらわずに答えた。


本作は、タイトル通り1930年から1956年まで録音を2CDにコンプリートしたもの。
(マンドリン・ファン必見のこのプロジェクトは、デビッド・グリスマン、プロデュース
によるもの。)

収録時間は、2時間以上におよぶ全51曲、そのうち19曲が未発表音源!!
歴史的な写真を含む、20ページからなる冊子も圧巻!!!

ACOUSTIC DISC / 2CD / ACD-27
DA20191025001.jpg


DISC 1 (1930-1939)
1. 2nd Hungarian Rhapsody
2. Two Guitars
3. Sweet Sue
4. A Media Luz
5. Russian Rag
6. Mandolin Blues
7. No Te Enganes Corazon
8. La Cucaracha
9. Czardas
10. Tiger Rag
11. Poet and the Peasant Overture
12. Dark Eyes
13. When a Gypsy Makes His Violin Cry
14. Who
15. Who (Alternate Take)
16. Trees
17. The Lady in Red
18. Shine
19. You Go To My Head
20. I Want To Be Happy
21. You, the Night, and the Music
22. Music Maestro Please
23. Spanish Fantasy


DISC 2 (1941-1956)
1. Perfidia
2. Stardust
3. Begin the Beguine
4. Dark Eyes
5. Smoke Gets In Your Eyes
6. Two Guitars
7. Czardas
8. Gypsy Aires
11. Hora Staccato
12. Zigeunerweisen
13. St. Louis Blues
14. Parlez D'Amour
15. So in Love
16. Lover (Take 1)
17. Love your Magic Spell
18. What is This Thing Called Love
19. If I Loved You
20. The Man I Love
21. They Say It's Wonderful
22. Moonlight Love
23. Amour Medley
24. Lover Come Back to Me
25. Can't Help Lovin' Dat Man
26. Love Is the Sweetest Thing
27. Lover (Take 8)
28. Love Me Or Leave Me


Dave Apollon
1897年、ロシア出身で14歳の時には、プロとして自身のアンサブルを編成して
地元の映画館などで演奏していた。ロシア革命後に国を去り、フィリピン、日本を
渡航して、1919年にサンフランシスコを経由してニューヨークへ辿り着く。
彼はすぐにパレス劇場で3年契約として雇われ演奏を始める。
1932年、彼は、"Brunswick" のために最初のレコーディングを行う。1937年、
結婚を機にニューヨークに定住し、マンハッタンのアッパー・イースト・サイド
に "Club Casanova" をオープンさせる。40年代に入り、ナイト・クラブの
仕事を諦め、ブロードウェイのミュージカル "Boys and Girls Together" で
働き始め、平行して1941年に "Decca" に吹き込みを残す。1946年にマンハッタン
のアップタウンにあるナイト・クラブで Duke Ellingtonís Orchestra とツアー中
であった偉大なジプシー・ギタリスト、Django Reinhardt と出会い衝撃を受ける。
50年代には、息子二人を引き連れ、西海岸はハリウッドへ移動。そこで自身のレーベル、
"Romance Records" を立ち上げ、多くの録音を残す。60年代前半、ラスベガスに移動
した彼は、"Coral" に3枚のアルバムを残すも、健康悪化によりこれ以降の録音は果たせず。
1972年、ラスベガスの自宅で死去。



店頭にて販売中です。
ご来店お待ちしております!!



"Some of Shelly's Blues"

"Some of Shelly's Blues"




こんにちは。



ラブ・ソングにも色んな種類がありますが、ヒット曲には
女性目線のもの、女性が共感できるものが多いように思います。


本日は、男性の目線から歌われた失恋ソング(ラブ・ソング)、
"Some of Shelly's Blues" をテーマにアルバムを紹介します。


まずは、




NITTY GRITTY DIRT BAND
UNCLE CHARLIE& HIS DOG TEDDY

Capitol Records Nashville / CD / 72435-41721-2-0
NGDB20190630001.jpg

1. Some Of Shelly's Blues
2. Prodigal's Return
3. The Cure
4. Travelin' Mood
5. Chicken Reel
6. Yukon Railroad
7. Livin' Without You
8. Clinch Mountain Backstep
9. Rave On
10. Billy In The Low Ground
11. Jesse James
12. Uncle Charlie Interview
13. Mr Bojangels
14. Opus 36
15. Santa Rosa
16. Propinquity
17. Uncle Charlie
18. Randy Lynn Rag
19. House At Pooh Corner
20. Swanee River
21. Uncle Charlie Interview #2/The End/Spanish Fandango

Previously Unreleased Bonus Tracks:
22. Mississippi Rain
23. What Goes On


The Nitty Gritty Dirt Band
Jeff Hanna – Guitars, drums, washboard, vocals
Jimmie Fadden – Drums, guitar, harmonica, vocals
Les Thompson – Bass, guitar, mandolin, vocals
John McEuen – Guitar, fiddle, banjo, mandolin, accordion, vocals
Jimmy Ibbotson – Guitars, keyboards, drums, accordion, vocals


Ralph Barr - Guitar, Vocals
Byron Berline - Violin
Chris Darrow - Guitar, Violin, Vocals
Jim Gordon - Horn, Keyboards
Russ Kunkel - Drums
John London - Bass
Maurice Manceau - Guitar, Keyboards, Vocals



このアルバムに収録された "Some of Shelly's Blues" は、オリジナル以上
に聴き込まれているかもしれませんね。

オレンジカウンティ出身のバンド、Nitty Gritty Dirt Bannd による5作目の
アルバムでカントリー、ブルーグラス、ロックが上手く融合された傑作!
他にも Jerry Jeff Walker, Randy Newman , Kenny Loggins, Buddy Holly
なんかのカバーも収録。

ここでの "Some of Shelly's Blues" は、引きずった男の思いとは裏腹に
カラッと爽快なメロディで歌い上げられている。これはマウンテンミュージック
やブルーグラスの特徴かも知れませんね。



------------------



続いて、




MICHAEL NESMITH
And The Hits Just Keep On Comin'
& Pretty Much Your Standard Ranch Stash


Camden Deluxe / CD / 74321 773822 SOLD!
MN20190630001.jpg

And The Hits Just Keep On Comin'
1 Tomorrow & Me
2 The Upside Of Goodbye
3 Lady Love
4 Listening
5 Two Different Roads
6 The Candidate
7 Different Drum
8 Harmony Constant
9 Keep On
10 Roll With The Flow

Michael Nesmith - Guitar, Vocals
O.J. "Red" Rhodes - Pedal Steel Guitar



Pretty Much Your Standard Ranch Stash
11 Continuing
12 Some Of Shelly's Blues
13 Release
14 Winonah
15 Born To Love You
16 Back Porch And A Fruit Jar Full Of Iced Tea
a The F.F.V.
b Uncle Pen
17 Prairie Lullaby

Michael Nesmith - A. Guitar
O.J. "Red" Rhodes - Pedal Steel Guitar
Dr. Robert K. Warford - Banjo
Billy Graham - Bass, Fiddle
Danny Lane - Drums, Percussion
Jay Lacey - E. Guitar
Robert K. Warford - E. Guitar
David Barry - Piano



こちらは、"Some of Shelly's Blues" の作者であり、元 The Monkees の
メンバーとして知られる Michael Nesmith (マイク・ネスミス)。

本作は、彼がグループ解散後もソロとして活動を続ける中でRCA Victor
に残したアルバム『And The Hits Just Keep On Comin' 』(1972年)と
『Pretty Much Your Standard Ranch Stash』(1973年)を1枚のCDに収録
したものです。

ここでの "Some of Shelly's Blues" は、しっとりとスローなテンポで切々と
歌い上げます。 彼はソロ転向後もシンガー・ソングライターとしてたくさん
の名曲を生み出しており、カントリー・ロックの先人とも言える人なので
是非とも他の曲も聴いていただきたい。

ちなみに本作( 2LP in 1CD)には、1967年にThe Stone Poneys(Linda Ronstadt
がボーカルを務めた)に提供したヒット・ナンバー "Different Drum" も収録
されております!!


----------



ホントは、もう1人好きな女性シンガーが、"Some of Shelly's Blues"
を歌っていてるアルバムを紹介してかったのですが、残念ながら
CDは廃盤でした。また機会がれば…



どちらも店頭にて販売中です。
ご来店お待ちしています。










RODNEY CROWELL

RODNEY CROWELL
ACOUSTIC CLASSICS




こんにちは。


本日は、Emmylou Harris とのコラボ作 や Norah Jones, Lucinda Williams
と言った次世代のミュージシャンへ歌い継がれいるアメリカン・ソングライター、
Rodney Crowell です。

Guy Clark や Townes Van Zandt と言った吟遊詩人達の影響を持つ事は
言うまでもありません。


本作は、自身のレーベルである RC1 RECORDS からのリリース第一弾です!




RC1 RECORDS / CD SOLD!
RC20190112001.jpg

1. Earthbound
2. Leaving Louisiana in the Broad Daylight
3. Anything But Tame
4. Making Memories of Us
5. Lovin’ All Night
6. Shame on the Moon Redux
7. I Couldn’t Leave You If I Tried
8. She’s Crazy for Leaving
9. After All This Time
10. Tennessee Wedding
11. Ain’t Living Long Like This
12. Please Remember Me

Rodney Crowell - Vocal, Guitar
Jedd Hughes - Guitar, Mandocello, Vocals
Joe Robinson - Guitar, Percussion, Vocals
Eamon McLoughlin - Violin, Mandolin, Vocals
Rory Hoffman - Accordion, Claviola
Kim Keyes - Vocal
Siobhan Kennedy - Vocal
Tania Hancheroff - Vocal



2017年は健康上の問題により、いくつかのツアー日程のキャンセルを
余儀なくされましたが、2018年は再充電により本作とは別にクリスマス
アルバムのリリースなど勢力的に活動されており、ちょと安心しました!

本作は、 Keith Urban やTim McGraw よってカバーされた"Making Memories of Us"
や "Please Remember Me" を始め、Bob Sieger によってスマシュ・ヒットした
"Shame on the Moon Redux"、ビルボードのホット・カントリー・ソングでナンバー1
となった"Ain’t Living Long Like This"など彼のもっとも有名な曲をアコースティック・セット
として再演したものです。







店頭にて販売中です。
ご来店お待ちしています。





プロフィール

po69

Author:po69
PO'BOY RECORDS

AMERICAN ROOTS MUSIC
( BLUES, FOLK, SSW,
BLUEGRASS, OLD TIME,
JUG/WASHBOARD, etc )

NEW & USED RECORDS,
CDS, BOOKS
AND MORE...

大阪市北区豊崎3-6-15 
第2淀川ビル3F
TEL:06-7494-9358

OPEN 14:00 CLOSE 20:00
(日曜 14:00 - 19:00)
木曜定休

.......................

PO'BOY RECORDS
Yodogawa N0.2 Bldg 3F
3-6-15, Toyosaki ,Kita-ku,
Osaka 531-0072 JAPAN

Open - Close
Mon. - Sat. 14:00-20:00
(Sun. 14:00-19:00)
Thu. - Closed

カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QR
2020年3月の定休
●木曜定休
カレンダー
03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
リンク
アルバム
検索フォーム
THANK YOU !!
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

<消費税率変更に関して>
2019年10月1日以降より10%での税込価格表示に変更となります。