JOHN HENEGHAN & HIS HENPECKED HUSBANDS

JOHN HENEGHAN
& HIS HENPECKED HUSBANDS

Ever Felt The Pain ?



こんにちは。


Eden & John 率いる East River String Band が新たなメンバーを
加えて、名義も新たに送るニューアルバム!

アメリカの戦前ブルースやオールド・タイム愛好家たちによる
粋でクールなストリング・バンド。



EAST RIVER RECORDS / CD&LP / ERR109
JHHHH20161121001.jpg
Cover Art By Robert Crumb

1. Cocaine
2. Warfield
3. In The Garden Where The Irish Potatoes Grow
4. Rattlesnake
5. Cornfed Indiana Gal
6. Baby, All Night Long
7. M & O Blues
8. I Got A Bulldog
9. Ride Away
10. Eden On The Railroad
11. Lonesome Dog Blues
12. Sail Away Ladies
13. Love My Stuff
14. Sales Tax On The Women
15. Woke Up Blind
16. Goodbye Old Paint

John Heneghan - Guitar, 9-Strings Guitar, Vocal
Eden Brower - Ukulele, Vocal
Pat Conte - Fiddle, Banjo, Guitar(slide / Bottleneck ), Paper Towel Roll, Vocal
Robert Crumb - Mandolin
Eli Smith - Guitar, Banjo ukulele, Whistling
Geoff Wiley - Bass fiddle
Jackson Lynch - Fiddle, Vocal
Dom Flemons - Harmonica


JOHN HENEGHAN を中心に彼のソロや上記メンバー達との色々なセットでブルースや
オールド・タイムなどが収録されています。

今回もアメリカのアンダーグラウンドの漫画家、Robert Crumb (ex- Cheap Suit Serenade) や
Pat Conte (ex- The Otis Brothers, Major Contay and the Canebrake Rattlers )と言ったベテラン
を始め、Don Flemons (ex Carolina Chocolate Drops), Eli Smith (ex- Downhill Strugglers),
Jackson Lynch (ex- Downhill Strugglers)などルーツ音楽を愛する若手も参加しているスペシャル
なストリング・バンドです。

さらに言えば、Geoff Wiley は ニューヨークはブルックリンにある"Jalopy Theatre & School of Music"
の創設者であり、そこに集うミュージシャン達 で結成されているバンドと言っても良いかもしれません。

余談ですが、Downhill Strugglers(前身バンド名、the Dust Busters) は、S Folkways からデビュー
した New Lost City Ramblers や Holy Modal Rounders などの影響が色濃いすばらしいバンドです。
ちなみにここには参加していないもう一人のメンバー、Walker Shepard は、俳優 Sam Shepard と
Jessica Lange の息子でもあります。






今回も CD & LP 両方在庫しています。




--------


なおEAST RIVER RECORDS 関連商品も在庫してます!

JHHHH20161121002.jpg

JHHHH20161121003.jpg

JHHHH20161121004.jpg

JHHHH20161121005.jpg



ご来店お待ちしています!


NOTTY'S JUG SERENADERS part.3

NOTTY'S JUG SERENADERS

notty201607200013.jpg

PoReco2.jpg
extended image

PoReco1.jpg
extended image



こんにちは。

長らく紹介してきました NOTTY'S JUG SERENADERS 、
本日で最後となります。

お買い上げいただいたお客様にも好評でホントに嬉しい限りです。
Notty にも伝えところ大変喜んでおりました!!!





NOTKER HOMBURGER
STUBETE
Ufer Records / 30102015-1 (2LP), 30102015-2 (CD)
notty20160720001.jpg
2-LP-Set Vinyl –limited: 222 copies only!!!

fomat CD & 2LP
A
1. Klettgauer Schottisch -Heizmann, Banholzer, Homburger Mit Thomi Erb
2. Konstanz Wär So Schön Und Nett - Heizmann, Banholzer, Homburger Mit Max Hemmersdorfer Und Anna Hertz
3. Prallerli - Erb & Homburger
4. Little Red Hen - Notty's Jug Serenaders
5. Ich Bin Ein Jung Hübsch Weibchen - Gela Homburger Mit Notker Homburger

B
6. I'm Busy And You Can't Come In - Notty's Jug Serenaders
7. Gell, Etz Wundersch Di - Notker Homburger
8. Thoimis Neuer Nr. 2 - Erb & Homburger
9. That's All Right - Notty's Jug Serenaders
10. Staader Mazurka - Erb & Homburger MIt Thomas Banholzer

C
11. Es War Ein Mädchen Weiss Wie Schnee (Das Mädchen Vom Bodensee) - Heizmann, Banholzer, Homburger Mit Anna Hertz Und Martin Heizmann
12. Gar Hoch Auf Jenem Berge (Das Rautensträuchlein) - Notker Homburger
13. In Spite Of Ourselves - Anita Pfeiffer & Notker Homburger MIt Thomas Banholzer
14. Guitar Rag - Notty's Jug Serenaders

D
15. Got My Mojo Working - Notty's Jug Serenaders
16. Balzberger Polka - Erb & Homburger
17. Imperia-Singspiel - Heizmann, Banholzer, Homburger Mit Roland Fitzlaff, Max Hemmersdorfer Und Anna Hertz
18. Welcome To The Saint - Notker Homburger

NOTTY'S JUG SERENADERS
Notker Homburger - Guitar, Kazoo, Harmonium, Vocal
Thomas Banholzer - Jug, Percussion, Trumpet, Vocals
Andreas Dannenmayer - Vocals, Banjolele, Harmonica, Spoons

Norbert Heizmann - Ukulele, Vocal
Thomi Erb - Accordion
Martin Heizmann - Saxophone
Gela Homburger - Vocasl
Anna Hertz - Vocasl
Max Hemmersdorfer - Vocal

Cover, Artwork – Robert Crumb



本盤は、2015年にリリースされた Notker 'Notty' Homburger のソロ・プロジェクトとなる最新作。
とは言え ソロ以外にも Notty's Jug Serenaders の面々を始め気の知れた仲間達が集い、
色々なセットで楽曲が収録されています。

ドイツ、オーストリア、スイスの国境をまたぐボーデン湖(コンスタンツ湖とも称される)領域の
ドイツ語による民謡(フォーク・ダンス・ソング、ポルカなど)を始め、アメリカの伝統音楽である
ブルースなどを収録。そこには、Theater-Songs といわれる演劇歌も含まれます。
アメリカのジャグ・バンドにはないアコーディオンや管楽器などを用いてのユーモア溢れる演奏
も面白いところです。

Notty のナイフ・スライドによる Sylvester Weaver の 'Guitar Rag' を始め、Jimmy Rogers の
'That's All Right' 、 Muddy Waters でもお馴染みの 'Got My Mojo Working' などブルース・ナンバー
も聴きどころです。

個人的には、大好きな John Prine の 'In Spite Of Ourselves' のカバーも嬉しい。(Notty も好き
だったんだとさらに共感を持ちました。)他にも Notty がギター1本で弾き語る民謡 'Gell, Etz Wundersch Di'
が気に入っています。言葉はわかりませんが、何か哀愁や郷愁を感じてしまいます。

本作は、CDとLP(2枚組)があり LPは222枚限定で、ジャケット・アートは Robert Crumb によるもの!!






--------------------------




NOTTY'S JUG SERENADERS
WELCOME TO THE SAINT
Blue Monkey Records / BMRec 0509 (CH 2009) / CD SOLD!
notty20160720002.jpg

1. It Ain't Nobodys Business
2. Fishing Blues
3. Welcome To The Saint
4. Trudie's Lament
5. I'm Busy And You Can't Come In
6. Under The Northern Lights
7. Wenn Der Weisse Flieder Wieder Bluht
8. Aloha Oe & Honky Tonk Woman
9. Boodle-Am Shake
10. Die Fischerin Vom Bodensee
11. What's The Matter Blues
12. I Miss My Swiss
13. Rugguseli Vom Bodensee
14. Sandy River Belle& Polka Suwana & Sternpolka
15. Kansas City Blues
16. Never No Lament
17. Shortnin' Bread
18. Mrs. Jamieson's Favourite
19. The Leaving Of Achiltibuie

NOTTY'S JUG SERENADERS
Notker Homburger - Guitar, Kazoo, Vocal, Talerschwingen
Thomas Banholzer - Jug, Kazoo, Percussion, Alphorn, Flugelhorn, Trumpet, Vocals, Talerschwingen
Andi Reinhard - Alto-Sax, Baritone-Sax, Nose Whistle, Percussion, Spoons, Kazoo, Vocal, Yodeling, Talerschwingen

Iain Strachan - Guitar, Vocal
Rolf Stauffacher - Bass, Mandolin, Vocal
Alasdair Fraser - Scottish Small Pipes, Highland Bagpipe
Eddie Scott - Spoons

Cover, Artwork – Robert Crumb



“...You manage to ‘cross over’ between the old-time American idiom
and the old European idiom very well – among the best I’ve heard!...
I can say I’m pleased to have a part in this project.“ - Robert Crumb



Notty's Jug Serenaders 名義の本盤(2009年リリース)は、2008年秋の旅先スコットランドで
録音され、その地の演奏家をゲストに迎えて制作された作品です。

これまで紹介してきたアルバムの延長上にある本作も ドイツ、スイス、オーストリアの伝統音楽
に加え、スコットランドの伝統音楽、アメリカの伝統音楽を融合したものになっています。それは
まさにクラム氏が言う古典的なアメリカン・イディオムと古典的なヨーロピアン・イディオムが
クロスオーバーする作品となっています。

アメリカの古典としては、Frank Stokes, Henry Thomas, Cliford Hays & His Dixieland Jug Blowers,
などのカバーがおもしろいアレンジで収録されてます。

他にもスコットランドの伝統楽器である Scottish Small Pipes や Highland Bagpipe を用いた楽曲や
日本でも宝塚歌劇団の愛唱歌としてお馴染みの 'Wenn Der Weisse Flieder Wieder Bluht'(邦題;
すみれの花咲く頃)など聴きどころ満載です。

ちなみスコットランドの旅先で最初に訪れたバー(Snug)が入っていたホテルの名前が "St. Duthus Hotel"
と言い、そこからアルバム・タイトル曲を付けたようです。

こちらもジャケット・アートは Robert Crumb によるもの!!



-----------------------------------



NOTKER HOMBURGER
NUR IN KONSTANZ Eingeborenenmusik vom westlichen Bodensee
Chaos / CACD8222 (G.2004) / CD
notty20160720003.jpg

1. I Gang So Gern In d'Dullegass
2. Oh, Jesses Nei!
3. Tanzliedle
4. Z'Areneberg Am Bodesee (Napoleon Lied)
5. Des Goht Niemed Ebbes Aa!
6. Sternepolka
7. Nach Konstanz Kummt Uff Sell Konzil (Imperia-Lied)
8. Der 25. November
9. Lili Marleen
10. Bodensee-Polkas
11. Johanna Im Saubach
12. II It!
13. Nur In Konstanz
14. Wa Monsch Wie I Mi Freu

Notker Homburger - Guitar, Jug, Vocal
Thomas Banholzer - Jug, Percussion, Trumpet, Vocals
Hermann Bruderhofer - Banjo, Vocal
Bill Flowe - Fiddle, Concertina, Vocal
Norbert Heizmann - Vocal
Johanna Homburger - Fiddle
Andi Reinhard - Alto-Sax, Baritone-Sax, Nose Whistle, Percussion, Kazoo, Vocal

Cover, Artwork - Dominique Rebourgeon



2004年リリースとなる Notty のソロ作は、Part 2 で紹介した2枚と同様に "ボーデン湖(コンスタンツ湖)
からの伝統音楽"というプロジェクトにそった作品です。 Nur は英語で Only なのでタイトル通り、
西ボーデン湖畔(ドイツ側)に位置するコンスタンツ周辺地域の伝統音楽のみを収録しています。

本盤では、Jug Serenaders の面々や Norbert Heizmann に加え、バージニアのフィドラー、
Bill Flowe が参加しています。インスト・ナンバー以外はすべてドイツ語で歌われ、ポルカや
フォーク・ダンス・チューンが満載の1枚です。







店頭にて販売中です。
ご来店お待ちしています。



なお今回お買い上げのお客様には先着で R.Crumb
が描いたジャケのポストカードをプレゼントいたします↓

Nottys Crumb Pcard20160729001





NOTTY'S JUG SERENADERS part.2

NOTTY'S JUG SERENADERS

notty201607200011.jpg


こんにちは。

本日は、Norbert Heizmann と Notty's Jug Serenaders のメンバーに
よる2作品を紹介します。



NORBERT HEIZMANN & NOTTY‘S JUG SERENADERS
featuring Hermann Bruderhofer

BESSER ALS WIE GAR NINT
- Eingeborenenmusik vom westlichen Bodensee

Ladwig Jazz Records / LJR.20075 (G.2008) / CD
notty20160720004.jpg

1. Konstanz Liegt Am Bodensee
2. No Goht't Mer Einfach Guet
3. I Sag Jo Nint
4. As Time Goes By
5. Wenn I Nu Könnt
6. Wendelgard-Lied
7. Everything Happens To Me
8. Dochtelos
9. Schimpf Und Schand
10. De Hintenaus-Blues
11. Armer Gigolo & I Ain't Got Nobody
12. Die Fischerin Vom Bodensee
13. I Hab Dehom E Hundele
14. De Seckel
15. Wife And Mother
16. Dass Du Mei Liebschte Bisch
17. Gell, Etz Wundersch Di
18. Besser Als Wie Gar Nint

Thomas Banholzer - Stimme, Jug, Trompete, Perkussion
Hermann Bruderhofer - Stimme, Banjo
Norbert Heizmann - Stimme, Ukulele, Kazoo
Notker Homburger - Simme, Gitarre
Andi Reinhard - Stimme, Alt-Saxophone, Jodel, Jug, Perkussiont, Kazoo

Foto: Birgit Orlowski



-------------------------------------


NORBERT HEIZMANN & NOTTY‘S JUG SERENADERS
ZWISCHEN PHILOSOPHIE UND PHYDLÄSOPHIE
- Eingeborenenmusik vom westlichen Bodensee

Ladwig Jazz Records / LJR.201119 (G.2011) / CD SOLD!
notty20160720008.jpg

1. Hot kon kon Kamm
2. Der isch it vu do
3. I sagjo nint
4. Oh Wendelgard
5. Asche zu asche
6. So en Seckel
7. De seckel
8. Du Hennefilda
9. Oh loss mi nie meh vu dir goh
10. Wo kame mer denn hin
11. Das Imperia-Lied
12. Unne dunne dra
13. Wenn i nu konnt
14. I mag konne schwarze Schueh
15. Ruggusseli vom Bodensee
16. I sieh der'san de Glotzbebbel a
17. I hab dehom e Hundele
18. Besser als wie gar nint

Thomas Banholzer - Trompete, Gesang, Flashe, Vokal-Bass, Rahmschussel, Emuhoden, Trommel
Norbert Heizmann - Ukulele, Gesang, Jodel, Rahmschussel
Notker Homburger - Gitarre, Gesang, Kazoo, Rahmschussel, Papier, Reise-Harmonium, Ture
Andi Reinhard - Alt-Saxophone, Bariton-Saxophone, Jodel, Flashe, Rahmschussel, Emuhoden, Fisch, Clave,
           Vibra-Slap, Bass-Psalter, Klangschale, Kazoo, Nasenflote

Rolf Stauffacher - E-Bass, E-Gitarre, Schlagzeug, Knopfli, Schieberli

Heizmann-Portrait:
unbekannter Straßenkünstler in Budapest, Ungarn



ドイツ語がまったくわかりませんが、わかる範囲で少し書きます。

まずこの2枚のアルバムには、サブ・タイトルとして "ボーデン湖からの伝統音楽"とある。
ボーデン湖は、ドイツ、オーストリア、スイスの国境をまたぐ大きな湖です。
19世紀、そのボーデン湖の西側の地域では色々な理由により伝統音楽が失われました。

2004年に (Norbert)HEIZMANN、(Thomas)BANHOLZER、 (Notker)HOMBURGER
での活動を機に、それら音楽を綿密に調べあげ伝統的な部分を残しつつ新しい音楽スタイル
も加え演奏されるようになりました。そこにはヨーロッパ(ドイツ、オーストリア、スイス)の伝統音楽
を軸にアメリカの伝統音楽であるブルースやジャズ、フォーク、オールドタイムを始め、カリブ海周辺
の音楽なども融合されています。

上段は、西ボーデン湖畔に位置するコンスタンツという都市で行われたライヴを収録したもので、
下段は、スイスのフラウエンフェルトでのスタジオ録音盤です。

ギター、バンジョー、ウクレレ、ジャグを始め、トランペットとアルトサックスと言った管楽器も入り、
陽気な歌ものナンバーからインストまで収録。アルバム全体が黒人文化にあったミンストレル・ショー
のような赴きでメンバーそれぞれが芸達者なのです。ライヴ盤では時折、会場の笑いを誘い
言葉がわからなくても陽気な気分にさせてくれるそんな作品です。








店頭にて販売中です。
ご来店お待ちしています。



なお今回お買い上げのお客様には先着で R.Crumb
が描いたジャケのポストカードをプレゼントいたします↓

Nottys Crumb Pcard20160729001



☞ Part 3 へ続く



NOTTY'S JUG SERENADERS part.1

NOTTY'S JUG SERENADERS

notty20160720009.jpg



こんにちは。

大変お待たせしました!

NOTTY'S JUG SERENADERS とその関連CD&LP入荷しております!
すでにお買い上げいただいたお客様どうもありがとうございました。

順に紹介して行きます。




UNITED OUR THING WILL STAND
Blue Monkey Stagency / Staff NJS.001 (CH.1992) / CD SOLD!
notty20160720007.jpg

1. Guitar Rag
2. John Henry
3. Sloppy Drunk Blues
4. Fishing Blues
5. Got My Mojo Working
6. Just As Well Get Ready, You Got To Die
7. What's The Matter Blues
8. Honky Tonk Woman
9. Crow Back Chicken, Mississippi River Waltz
10. I'm Gonna Leave This Town
11. United Our Thing Will Stand
12. Irene Goodnight

Thomas Banholzer - Jug, Trompete, Kazoo
Notker Homburger - Stimme, Gitarre(Dobro), Kazoo, Jug
Bodo Matzkeit - Schlagzeug, Waschbrett
Bernhard Mayer - Mundharmonika, Loffel, Jug
Andi Reinhard - Saxophone, Klarinette, Loffel, Jug, Maultrommet, Kazoo

Cover Art: Dominique Rebourgeon


スイスはフラウエンフェルトにある Vorstadttheater にて行われたライヴを収録した
本作は、Notty's Jug Serenaders の初期演奏が聴けます。後に紹介する Notty の
ソロ・アルバム『 STUBETE 』にも収録された Sylvester Weaver の "Guitar Rag" に
始まり、 Henry Thomas や Frank Stokes, Leadbelly などのブルース・ナンバーを
ヨローピアン・テイスト溢れるジャグ・バンド・スタイルで演奏されています。


----------------------------------



WALTZIN’ THE BLUES AND BALLIN’ THE JUG
Staff NJS.002 (CH 1994) / CD SOLD!
notty20160720006.jpg

1. Nobody's Business - Part 1
2. Don't You Lie To Me
3. I'm Going To The River
4. Roll And Tumble Blues
5. My Little Suede Shoes
6. Waltzin' The Blues
7. Ballin' The Blues
8. Wicked Treatin' Blues
9. Mayer Takes The B-Train
10. Midnight Boogie
11. Worryin' You Off My Mind
12. That's All Right
13. Don't Lose Control
14. Nobody's Business - Part 2
15. The Golden Memories Waltz

Notker Homburger - vocal, guitar, kazoo, jug
Bernhard Mayer - harmonica, jug, vocal
Thomas Banholzer - jug, trumpet, vocal
Andi Reinhard - kazoo, saxophones, yodeling, spoons, scraper, jug, vocal
Bodo Matzkeit - drums, washboard, vocal

photo : Frank Heinrich


こちらも90年代の初期音源を収録したスタジオ盤です。ジャケットの写真も
みんな若いですね! ブルースを中心にした陽気なナンバーから Charlie Parker
と言ったジャズ・ナンバーまで収録。 アメリカのジャグ・スタイルにトランペットや
サックスと言った管楽器が加わるところもおもしろい。 M-9 では、Bernhard Mayer
によるサザン・テイスト溢れるトレイン・ ハープも聴けます!


----------------------------------



GREAT MUSIC / DO IT RIGHT
Notty’s 500.01 (G.1999) Vinyl - 7inch Single
notty20160720005.jpg

Side A
GREAT MUSIC

Side B
DO IT RIGHT

Thomas Banholzer - jug, trumpet, vocal
Notker Homburger - vocal, guitar
Andi Reinhard - baritone sax, percussion

photo : Otto Reinhard


“... 'Great Music' is a classic! I thought 'Great Music' was a brilliantly composed piece of musical satire.
I thought the way the jazz horns descend into utter cacaphony and unmusical chaos was a great statement.
I guess this record will have to be an 'underground' classic.” (Robert Crumb)



ライヴ盤同様にスイスはフラウエンフェルトにある "Blue Monkey Studio "にて
録音された 7インチ・シングルです。本作は、カルチャーハイジャックや人種差別
(白人ブルース・シーンにおける)などを風刺した作品です。クラムさんも言ってます。
「偉大な音楽は古典です。偉大な音楽は、音楽的な風刺(皮肉)の断片でキラキラと構成
されている。」と。

こちらは 500枚限定プレスです!


---------------------


店頭にて販売中です。
ご来店お待ちしています。

なお今回お買い上げのお客様には先着で R.Crumb
が描いたジャケのポストカードをプレゼントいたします↓

Nottys Crumb Pcard20160729001



☞ Part 2 へ続く





ERIC BIBB

Eric Bibb and North Country Far
with Danny Thompson

The Happiest Man In The World



こんにちは。


本日は、60年代のフォークシーンで活躍した Leon Bibb を父とする
Eric Bibb の新作です!


BSMF RECORDS / CD / BSMF-2512 / ¥2592(TAX IN)
eb20160620001.jpg

1. The Happiest Man In The World
2. Toolin’ Down The Road
3. I’ll Farm For You
4. Tossin' An' Turnin'
5. Creole Café
6. Born To Be Your Man
7. Prison Of Time
8. King Size Bed
9. On The Porch
10. 1912 Skiing Disaster (instrumental)
11. Tell Ol’ Bill
12. Wish I Could Hold You Now
13. Blueberry Boy (instrumental)
14. You Really Got Me

Eric Bibb - 6-String &12-String Guitar, Banjo, Vocals
Michael Jerome Browne - 12-String Guitar, Slide Guitar
Olli Haavisto - Dobro, Weissenborn, Hawaiian Guitar, Pedal Steel
Petri Hakala - Fiddle, Guitar, Mandola, Mandolin
Janne Haavisto - Drums, Percussion
Ahlquist Pepe - Harmonica
Mary Murphy - Irish Whistle
Ulrika Ponten - Background Vocals
Danny Thompson - Bass


コンスタントにアルバム・リリースをかさねる Eric Bibb。この新作では、伝説のフォークロックバンド
”Pentangle” のメンバーとして知られるDanny Thompson をメンバーに迎え、トラッドからブルース、
フォークまでアコースティックなストリング・バンド・サウンドを展開している。

彼のオリジナル曲が中心になる中、ラスト曲に Ray Davies (The Kinks)のカヴァーなんかも聴けます。
さらにケンタッキー出身の農業化兼、詩人/小説家/哲学者でもある Wendell Berry の詩(音楽)を
祝う企画アルバム『 Celebrating Wendell Berry in Music 』 にも収録された" Prison Of Time" や
"On The Porch" も本作で聴けます!!


★Eric Bibb(エリック・ビブ)
エリック・ビブは1951年NY出身。父は60年代のフォークシーンで活躍したレオン・ビブ、
叔父はMJQのピアニスト、ジョン・ルイスという音楽一家に生まれ、幼い頃から
ピート・シーガーやボブ・ディランなどとも親交が深い。7歳でギターを手にし、13歳で
NYの音楽学校へ通い、様々な楽器を習得。70年パリに渡り、ミッキー・ベイカーとの
邂逅によりブルースに傾倒していく。その後、スウェーデンに移住し以後、活動の拠点とする。
77年にデビュー作『Rainbow People』を発表。96年にロンドン・ブルース・フェスに出演し
コリー・ハリスやケブ・モと共演。97年リリースの『Good Stuff』で世界的にブレイク。
同年、タジ・マハールらと共同リリースした『Shakin' a Tailfeather』もグラミー賞にノミネート。
その後もコンスタントに20枚を越えるアルバムがあり、最近でも2012年にソロ作
『ディーパー・イン・ザ・ウェル』、アビブ・コワテとの共作『ブラザーズ・イン・バマコ』、
2013年『ジェリコ・ロード』、2014年『ブルース・ピープル』と精力的に良質なアルバムを
リリースし続けている。(発売元より引用)




店頭にて販売中です。
ご来店お待ちしています。


プロフィール

po69

Author:po69
PO'BOY RECORDS

AMERICAN ROOTS MUSIC
( BLUES, FOLK, SSW,
BLUEGRASS, OLD TIME,
JUG/WASHBOARD, etc )

NEW & USED RECORDS,
CDS, BOOKS
AND MORE...

● その他、日本のフォーク
SSW/ブルース系のアーティスト
もあります。

大阪市北区豊崎3-6-15 
第2淀川ビル3F
TEL:06-7494-9358

OPEN 12:00 CLOSE 20:00
(日曜 CLOSE 18:00)
木曜定休
.......................
Yodogawa N0.2 Bldg 3F
3-6-15, Toyosaki ,Kita-ku,
Osaka 531-0072 JAPAN
TEL&FAX +81-6-7494-9358

Open - Close
Mon. - Sat. 12:00-20:00
(Sun. 12:00-18:00)
Thu. - Closed

カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QR
2017年4月の定休
●木曜定休
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
リンク
アルバム
検索フォーム
THANK YOU !!
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

<消費税率変更に関して>
2014年4月1日以降より8%での税込価格表示に変更となります。