FC2ブログ

【再入荷】 OLD HAT RECORDS

OLD HAT RECORDS LOGO20120312000




こんにちは。


今回、Old Hat Records のカタログ再入荷は、


7月7日(土)に大阪(九条)のシネ・ ヌーヴォにて上映を予定している
『さすらいのレコードコレクター:10セントの宝物』 (原題:DESPERATE MAN BLUES)
の関連商品として紹介させていただきます。


なお映画のサントラ盤『DESPERATE MAN BLUES』(輸入/Dust-To-Digital)は
次回入荷予定です。



DESPELATE MAN BLUES20180707001



( JOE BUSSARD )
JOLLY JOE こと JOE BUSSARD 。1936年、メリーランド州フレデリック生まれ。
アメリカの78回転(SP盤)コレクターの1人。主に1920年、30年代のブルース、
ゴスペル、フォークと言ったアメリカ伝統音楽のレコードを25,000枚以上コレクション
しており、世界最大のコレクターと言われている。今日聴くことのできる古いブルース、
フォークのLP、CDの多くは、彼のコレクションによるものが多い。そしてコレクター以外に
彼は、アメリカ伝統音楽の新録音をリリースするために立ち上げたレーベルが、
FONOTONE RECORDS でした。(リリース期間は、1956年から1970年まで。)これらは、
すべて78回転でのリリースで、若き JOHN FAHEY や BACKWARDS SAM FIRK を始め
とするギター・プレイヤーも録音を残している。他にもストリング・バンドやジャグ・バンド、
ブルースなど、今では高値で取引されているものまで沢山の興味深い音源がある。





-------------------------------------------------------




STRING BANDS, BLUES, JAZZ, COUNTRY, CAJUN, GOSPEL
24 RARE GEMS FROM THE KING OF RECORD COLLECTORS !




DOWN IN THE BASEMENT
Joe Bussard’s Treasure Trove of Vintage 78s 1926 - 1937

OLD HAT RECORDS / CD / 1004
OLDHAT20150406004.jpg

Rare Deluxe first Edition.
!cid_5EFDFA83-DB9A-4F33-BBE9-097F32EF53D5@nc_rr.jpg

This version has a fold-out digipak with a 72-page color booklet
!cid_3ECCA981-BF36-4A28-A6E6-C739BD3A3282@nc_rr.jpg

1. The Lost Child - Stripling Brothers
2. How You Want It Done? - Big Bill
3. The (New) Call Of The Freaks - Luis Russell & His Orchestra
4. The School House Fire - Dixon Brothers
5. Greenback Dollar - Weems String Band
6. You Got To Go Down - Blind Gary
7. The Old Ark's A'Moving - A.A. Gray And Seven-Foot Dilly
8. Runnin' Wild - James Cole's Washboard Four
9. Keep It Clean - Charley Jordan
10. Get The "L" On Down The Road - Bill Johnson's Louisiana Jug Band
11. I Got A Bulldog - Sweet Brothers & Ernest Stoneman
12. Old Hen Cackle - Colman & Harper
13. Song From A Cotton Field - Bessie Brown
14. Atlanta Bound - Gene Autry
15. Easy Rider Blues - Soileau And Robin
16. Hot Lips - Bill Brown And His Brownies
17. Uncle Dave's Beloved Solo - Uncle Dave Macon
18. Hastings Street - Blind Blake And Charlie Spand
19. Ain't That Trouble In Mind - Fields Ward & The Grayson County Railsplitters
20. Give The World A Smile - The Corley Family


Joe Bussard が所有する78回転を収録したのこの編集盤
『DOWN IN THE BASEMENT』(ジュエル・ケース盤)は現在、
廃盤です。

今回、大阪で映画が上映されることを Old Hat Records のオーナー、
Marshall Wyatt へメールで伝えました。そして彼のご厚意で貴重な
デジパック仕様によるデラックス1st エディションを送っていただける
ことになりました。(現在、流通していません。)

これは僕も知らなかった仕様でブックレットも72ページ(通常盤28ページ)
となっています。オープンからお世話になっているレーベルであり、いつも
親切に対応をしてくださるので感謝しかありません。



------------------------------------------------


以下のカタログに関しても Joe Bussard を始めとする78回転コレクター
所有の音源が収録されています。


① VIOLIN, SING THE BLUES FOR ME
African-American Fiddlers, 1926-1949
OLDHAT20150406002.jpg
過去の記事 ☞ こちら


② FOLKS, HE SURE DO PULL SOME BOW !
Vintage Fiddle Music, 1927-1935 Blues, Jazz, Stomps, Shuffles & Rags
OLDHAT20150406003.jpg
過去の記事 ☞ こちら


③ GOOD FOR WHAT ALLS YOU
Music of the Medicine Shows 1926 - 1937
OLDHAT20150406005.jpg
過去の記事 ☞ こちら


④ IN THE PINES
Tar Heel Folk Songs & Fiddle Tunes
Old-Time Music of North Carolina 1926 - 1936
OLDHAT20150406006.jpg
過去の記事 ☞ こちら


⑤ GASTONIA GALLOP
Cotton Mill Songs & Hillbilly Blues
Piedmont Textile Workers on Record
Gaston County, North Carolina 1927 - 1931

OLDHAT20150406007.jpg
過去の記事 ☞ こちら


⑥ BARBECUE ANY OLD TIME
Blues From The Pit 1927-1942
OLDHAT20150406008.jpg
過去の記事 ☞ こちら


⑦ CLUCK OLD HEN
A Barnyard Serenade 1926-1940 
OLDHAT20150406009.jpg
過去の記事 ☞ こちら


OLD HAT RECORDS
OLD HAT RECORDS は、アメリカの方言、音楽の意識を促進し、徹底した歴史研究
と相まってビンテージアメリカの音楽の再発行に専念したレーベルとして Marshall Wyatt
によって1994年に設立されました。OLD HAT では、フィールドワークを行い、戦前の
78回転のレコードを中心に、様々な形式での録音のアーカイブを保持しています。
他にも、ヒストリー・インタビュー、ビンテージ写真、カタログ、書籍、ディスコグラフィー
なども保持している。Marshall Wyatt は、録音したサウンドコレクション(ARSC)と
レコーディング芸術科学(NARAS)の国立アカデミー協会の会員でもあります。

アメリカで最も貴重な文化資源の一つは、20世紀の初頭に記録されている素晴らしい
音楽です。ブルース、ジャズ、ゴスペル、ジャグバンド、ソングスター、ボーカル・カルテット、
ボードビル、メディスン(メディシン)・ショー音楽など。OLD HAT は、広範なライナー・ノート、
貴重な写真、時代のアートワーク、完全ディスコ・グラフィーなどを付属し、78回転から
ディスクへリマスターしている。それらは、歴史的な初期録音のCDアンソロジーと言える。



HOME PAGE → OLD HAT RECORDS



-------------------------------



僕自身、映画はかなり前から輸入のDVD(現在、廃盤)で何度も観ていますが、
今回、字幕で観れることが嬉しい限りです。

そして、、、

この機会に映画と共に Joe Bussard が所有する音源の一部ではありますが
耳を傾けていただければと思っています。



すべて店頭にて販売中です。
ご来店お待ちしています。







BROTHERHOOD OF THE JUG BAND BLUES

JalopyRecords201712120001.jpg

BROTHERHOOD OF THE JUG BAND BLUES
Killin' Me !
American Jug Band Songs Old and New



こんにちは。

Jalopy Records の紹介も本作で一旦終了しますが、7inch シリーズは
今後もリリースを予定していますのでお楽しみに!


Jalopy Records の第2弾としてリリースされたこのバンドは、ブルックリンを
拠点に活動する面々が集結したオールスター・バンドと言っても良いでしょう。


Jalopy Records / LP / JR002
BOTJBB20171213001.jpg

SIDE A
1. Killin' Me
2. On the Road Again
3. Love Kung Fu
4. New Minglewood Blues
5. What You Like

SIDE B
1. Titty Lickin' Sunday
2. Whiskey Headed Woman
3. Ida K
4. Chick Weed
5. Tear It Down
6. Jack the Rabbit

Ernesto "Lovercat" Gomez - Vocals, Guitar & Harmonica
Arturo "Jugman" Stiles - Jug & Kazoo
Ernie "Papa" Vega - Vocals, Guitar, Mandolin & Tenor Banjo
Jackson "Money" Lynch - Vocals, Guitar & Fiddle
Eli "Sweet Son" Smith - Washboard, Banjo, Ukulele, Whistling & Vocals
Rashad "Downtown" Brown - Piano
Geoff "Mon Capitan" Wiley - Bass & Vocals
Walker Shepard - Fiddle
Pat Conte aka Amos Otis, Godfather - Fiddle & Slide Guitar
Bob Guida aka Raoul Otis, Godfather - Omnipresent

Recording: Don Fierro



このバンドの創設メンバーでもある Ernesto Gomez を筆頭に、The Down Hill Strugglers
の3人や Jalopy Theatre 創設者の Geoff Wiley 、今は亡き Bob Guida と Pat Conte から
なる The Otis Brothers などが顔を揃えたブルックリン・オールスター!!

サブ・タイトルにもあるアメリカのジャグ・バンド・ソングの古いものから新しいものまで
マルチ・プレイヤー達がおくるグッドタイムなグルーヴがここに収録されています!

試聴 ☞ Brotherhood of the Jug Band Blues


面子は若干違いますが参考までに





店頭にて販売中です。
ご来店お待ちしています。




---------------------------

<関連商品>

なおうまく行けば今年、2009年リリースのCD盤も入荷予定です。
(アメリカはそろそろホリディ。遅れそうな気もしますし、
在庫がなければキャンセルにるかもです...)


入荷しました!



Random Chance Records / CD
BOTJBB20171213002.jpg

1. Brother of the Jug Band Blues
2. Love U Truly
3. El Hombre
4. Brooklyn Blues
5. Stealin'
6. Jalepeno Witchie
7. Aint' My Day
8. Comin Over Baby
9. Microphone King
10. Keep It Clean
11. Care for Me
12. Rockaway
13. Who Don't LIke That?
14. Play Wit Your Poodle
15. G Train I'm Riding

Ernesto "lovecat" Gomez - lead vocals, guitar, harmonica, kazoo
Artie "jugman" Stiles - jug, vocals and harmonica
Steve Strohmeir "Brooklyn Slim" aka "Stoned Wheat Thin" - guitar, harmonica, kazoo & vocals
Eli "Sweet Son" Smith - washboard rhythm, Vocals and manjo (half banjo and half mandolin)



CD盤も面子が変わりますが内容は良し!!!



JOHN HENEGHAN & HIS HENPECKED HUSBANDS

JOHN HENEGHAN
& HIS HENPECKED HUSBANDS

Ever Felt The Pain ?



こんにちは。


Eden & John 率いる East River String Band が新たなメンバーを
加えて、名義も新たに送るニューアルバム!

アメリカの戦前ブルースやオールド・タイム愛好家たちによる
粋でクールなストリング・バンド。



EAST RIVER RECORDS / CD&LP / ERR109
JHHHH20161121001.jpg
Cover Art By Robert Crumb

1. Cocaine
2. Warfield
3. In The Garden Where The Irish Potatoes Grow
4. Rattlesnake
5. Cornfed Indiana Gal
6. Baby, All Night Long
7. M & O Blues
8. I Got A Bulldog
9. Ride Away
10. Eden On The Railroad
11. Lonesome Dog Blues
12. Sail Away Ladies
13. Love My Stuff
14. Sales Tax On The Women
15. Woke Up Blind
16. Goodbye Old Paint

John Heneghan - Guitar, 9-Strings Guitar, Vocal
Eden Brower - Ukulele, Vocal
Pat Conte - Fiddle, Banjo, Guitar(slide / Bottleneck ), Paper Towel Roll, Vocal
Robert Crumb - Mandolin
Eli Smith - Guitar, Banjo ukulele, Whistling
Geoff Wiley - Bass fiddle
Jackson Lynch - Fiddle, Vocal
Dom Flemons - Harmonica


JOHN HENEGHAN を中心に彼のソロや上記メンバー達との色々なセットでブルースや
オールド・タイムなどが収録されています。

今回もアメリカのアンダーグラウンドの漫画家、Robert Crumb (ex- Cheap Suit Serenade) や
Pat Conte (ex- The Otis Brothers, Major Contay and the Canebrake Rattlers )と言ったベテラン
を始め、Don Flemons (ex Carolina Chocolate Drops), Eli Smith (ex- Downhill Strugglers),
Jackson Lynch (ex- Downhill Strugglers)などルーツ音楽を愛する若手も参加しているスペシャル
なストリング・バンドです。

さらに言えば、Geoff Wiley は ニューヨークはブルックリンにある"Jalopy Theatre & School of Music"
の創設者であり、そこに集うミュージシャン達 で結成されているバンドと言っても良いかもしれません。

余談ですが、Downhill Strugglers(前身バンド名、the Dust Busters) は、S Folkways からデビュー
した New Lost City Ramblers や Holy Modal Rounders などの影響が色濃いすばらしいバンドです。
ちなみにここには参加していないもう一人のメンバー、Walker Shepard は、俳優 Sam Shepard と
Jessica Lange の息子でもあります。






今回も CD & LP 両方在庫しています。




--------


なおEAST RIVER RECORDS 関連商品も在庫してます!

JHHHH20161121002.jpg

JHHHH20161121003.jpg

JHHHH20161121004.jpg

JHHHH20161121005.jpg



ご来店お待ちしています!


NOTTY'S JUG SERENADERS part.3

NOTTY'S JUG SERENADERS

notty201607200013.jpg

PoReco2.jpg
extended image

PoReco1.jpg
extended image



こんにちは。

長らく紹介してきました NOTTY'S JUG SERENADERS 、
本日で最後となります。

お買い上げいただいたお客様にも好評でホントに嬉しい限りです。
Notty にも伝えところ大変喜んでおりました!!!





NOTKER HOMBURGER
STUBETE
Ufer Records / 30102015-1 (2LP), 30102015-2 (CD)
notty20160720001.jpg
2-LP-Set Vinyl –limited: 222 copies only!!!

fomat CD & 2LP
A
1. Klettgauer Schottisch -Heizmann, Banholzer, Homburger Mit Thomi Erb
2. Konstanz Wär So Schön Und Nett - Heizmann, Banholzer, Homburger Mit Max Hemmersdorfer Und Anna Hertz
3. Prallerli - Erb & Homburger
4. Little Red Hen - Notty's Jug Serenaders
5. Ich Bin Ein Jung Hübsch Weibchen - Gela Homburger Mit Notker Homburger

B
6. I'm Busy And You Can't Come In - Notty's Jug Serenaders
7. Gell, Etz Wundersch Di - Notker Homburger
8. Thoimis Neuer Nr. 2 - Erb & Homburger
9. That's All Right - Notty's Jug Serenaders
10. Staader Mazurka - Erb & Homburger MIt Thomas Banholzer

C
11. Es War Ein Mädchen Weiss Wie Schnee (Das Mädchen Vom Bodensee) - Heizmann, Banholzer, Homburger Mit Anna Hertz Und Martin Heizmann
12. Gar Hoch Auf Jenem Berge (Das Rautensträuchlein) - Notker Homburger
13. In Spite Of Ourselves - Anita Pfeiffer & Notker Homburger MIt Thomas Banholzer
14. Guitar Rag - Notty's Jug Serenaders

D
15. Got My Mojo Working - Notty's Jug Serenaders
16. Balzberger Polka - Erb & Homburger
17. Imperia-Singspiel - Heizmann, Banholzer, Homburger Mit Roland Fitzlaff, Max Hemmersdorfer Und Anna Hertz
18. Welcome To The Saint - Notker Homburger

NOTTY'S JUG SERENADERS
Notker Homburger - Guitar, Kazoo, Harmonium, Vocal
Thomas Banholzer - Jug, Percussion, Trumpet, Vocals
Andreas Dannenmayer - Vocals, Banjolele, Harmonica, Spoons

Norbert Heizmann - Ukulele, Vocal
Thomi Erb - Accordion
Martin Heizmann - Saxophone
Gela Homburger - Vocasl
Anna Hertz - Vocasl
Max Hemmersdorfer - Vocal

Cover, Artwork – Robert Crumb



本盤は、2015年にリリースされた Notker 'Notty' Homburger のソロ・プロジェクトとなる最新作。
とは言え ソロ以外にも Notty's Jug Serenaders の面々を始め気の知れた仲間達が集い、
色々なセットで楽曲が収録されています。

ドイツ、オーストリア、スイスの国境をまたぐボーデン湖(コンスタンツ湖とも称される)領域の
ドイツ語による民謡(フォーク・ダンス・ソング、ポルカなど)を始め、アメリカの伝統音楽である
ブルースなどを収録。そこには、Theater-Songs といわれる演劇歌も含まれます。
アメリカのジャグ・バンドにはないアコーディオンや管楽器などを用いてのユーモア溢れる演奏
も面白いところです。

Notty のナイフ・スライドによる Sylvester Weaver の 'Guitar Rag' を始め、Jimmy Rogers の
'That's All Right' 、 Muddy Waters でもお馴染みの 'Got My Mojo Working' などブルース・ナンバー
も聴きどころです。

個人的には、大好きな John Prine の 'In Spite Of Ourselves' のカバーも嬉しい。(Notty も好き
だったんだとさらに共感を持ちました。)他にも Notty がギター1本で弾き語る民謡 'Gell, Etz Wundersch Di'
が気に入っています。言葉はわかりませんが、何か哀愁や郷愁を感じてしまいます。

本作は、CDとLP(2枚組)があり LPは222枚限定で、ジャケット・アートは Robert Crumb によるもの!!






--------------------------




NOTTY'S JUG SERENADERS
WELCOME TO THE SAINT
Blue Monkey Records / BMRec 0509 (CH 2009) / CD SOLD!
notty20160720002.jpg

1. It Ain't Nobodys Business
2. Fishing Blues
3. Welcome To The Saint
4. Trudie's Lament
5. I'm Busy And You Can't Come In
6. Under The Northern Lights
7. Wenn Der Weisse Flieder Wieder Bluht
8. Aloha Oe & Honky Tonk Woman
9. Boodle-Am Shake
10. Die Fischerin Vom Bodensee
11. What's The Matter Blues
12. I Miss My Swiss
13. Rugguseli Vom Bodensee
14. Sandy River Belle& Polka Suwana & Sternpolka
15. Kansas City Blues
16. Never No Lament
17. Shortnin' Bread
18. Mrs. Jamieson's Favourite
19. The Leaving Of Achiltibuie

NOTTY'S JUG SERENADERS
Notker Homburger - Guitar, Kazoo, Vocal, Talerschwingen
Thomas Banholzer - Jug, Kazoo, Percussion, Alphorn, Flugelhorn, Trumpet, Vocals, Talerschwingen
Andi Reinhard - Alto-Sax, Baritone-Sax, Nose Whistle, Percussion, Spoons, Kazoo, Vocal, Yodeling, Talerschwingen

Iain Strachan - Guitar, Vocal
Rolf Stauffacher - Bass, Mandolin, Vocal
Alasdair Fraser - Scottish Small Pipes, Highland Bagpipe
Eddie Scott - Spoons

Cover, Artwork – Robert Crumb



“...You manage to ‘cross over’ between the old-time American idiom
and the old European idiom very well – among the best I’ve heard!...
I can say I’m pleased to have a part in this project.“ - Robert Crumb



Notty's Jug Serenaders 名義の本盤(2009年リリース)は、2008年秋の旅先スコットランドで
録音され、その地の演奏家をゲストに迎えて制作された作品です。

これまで紹介してきたアルバムの延長上にある本作も ドイツ、スイス、オーストリアの伝統音楽
に加え、スコットランドの伝統音楽、アメリカの伝統音楽を融合したものになっています。それは
まさにクラム氏が言う古典的なアメリカン・イディオムと古典的なヨーロピアン・イディオムが
クロスオーバーする作品となっています。

アメリカの古典としては、Frank Stokes, Henry Thomas, Cliford Hays & His Dixieland Jug Blowers,
などのカバーがおもしろいアレンジで収録されてます。

他にもスコットランドの伝統楽器である Scottish Small Pipes や Highland Bagpipe を用いた楽曲や
日本でも宝塚歌劇団の愛唱歌としてお馴染みの 'Wenn Der Weisse Flieder Wieder Bluht'(邦題;
すみれの花咲く頃)など聴きどころ満載です。

ちなみスコットランドの旅先で最初に訪れたバー(Snug)が入っていたホテルの名前が "St. Duthus Hotel"
と言い、そこからアルバム・タイトル曲を付けたようです。

こちらもジャケット・アートは Robert Crumb によるもの!!



-----------------------------------



NOTKER HOMBURGER
NUR IN KONSTANZ Eingeborenenmusik vom westlichen Bodensee
Chaos / CACD8222 (G.2004) / CD
notty20160720003.jpg

1. I Gang So Gern In d'Dullegass
2. Oh, Jesses Nei!
3. Tanzliedle
4. Z'Areneberg Am Bodesee (Napoleon Lied)
5. Des Goht Niemed Ebbes Aa!
6. Sternepolka
7. Nach Konstanz Kummt Uff Sell Konzil (Imperia-Lied)
8. Der 25. November
9. Lili Marleen
10. Bodensee-Polkas
11. Johanna Im Saubach
12. II It!
13. Nur In Konstanz
14. Wa Monsch Wie I Mi Freu

Notker Homburger - Guitar, Jug, Vocal
Thomas Banholzer - Jug, Percussion, Trumpet, Vocals
Hermann Bruderhofer - Banjo, Vocal
Bill Flowe - Fiddle, Concertina, Vocal
Norbert Heizmann - Vocal
Johanna Homburger - Fiddle
Andi Reinhard - Alto-Sax, Baritone-Sax, Nose Whistle, Percussion, Kazoo, Vocal

Cover, Artwork - Dominique Rebourgeon



2004年リリースとなる Notty のソロ作は、Part 2 で紹介した2枚と同様に "ボーデン湖(コンスタンツ湖)
からの伝統音楽"というプロジェクトにそった作品です。 Nur は英語で Only なのでタイトル通り、
西ボーデン湖畔(ドイツ側)に位置するコンスタンツ周辺地域の伝統音楽のみを収録しています。

本盤では、Jug Serenaders の面々や Norbert Heizmann に加え、バージニアのフィドラー、
Bill Flowe が参加しています。インスト・ナンバー以外はすべてドイツ語で歌われ、ポルカや
フォーク・ダンス・チューンが満載の1枚です。







店頭にて販売中です。
ご来店お待ちしています。



なお今回お買い上げのお客様には先着で R.Crumb
が描いたジャケのポストカードをプレゼントいたします↓

Nottys Crumb Pcard20160729001





NOTTY'S JUG SERENADERS part.2

NOTTY'S JUG SERENADERS

notty201607200011.jpg


こんにちは。

本日は、Norbert Heizmann と Notty's Jug Serenaders のメンバーに
よる2作品を紹介します。



NORBERT HEIZMANN & NOTTY‘S JUG SERENADERS
featuring Hermann Bruderhofer

BESSER ALS WIE GAR NINT
- Eingeborenenmusik vom westlichen Bodensee

Ladwig Jazz Records / LJR.20075 (G.2008) / CD
notty20160720004.jpg

1. Konstanz Liegt Am Bodensee
2. No Goht't Mer Einfach Guet
3. I Sag Jo Nint
4. As Time Goes By
5. Wenn I Nu Könnt
6. Wendelgard-Lied
7. Everything Happens To Me
8. Dochtelos
9. Schimpf Und Schand
10. De Hintenaus-Blues
11. Armer Gigolo & I Ain't Got Nobody
12. Die Fischerin Vom Bodensee
13. I Hab Dehom E Hundele
14. De Seckel
15. Wife And Mother
16. Dass Du Mei Liebschte Bisch
17. Gell, Etz Wundersch Di
18. Besser Als Wie Gar Nint

Thomas Banholzer - Stimme, Jug, Trompete, Perkussion
Hermann Bruderhofer - Stimme, Banjo
Norbert Heizmann - Stimme, Ukulele, Kazoo
Notker Homburger - Simme, Gitarre
Andi Reinhard - Stimme, Alt-Saxophone, Jodel, Jug, Perkussiont, Kazoo

Foto: Birgit Orlowski



-------------------------------------


NORBERT HEIZMANN & NOTTY‘S JUG SERENADERS
ZWISCHEN PHILOSOPHIE UND PHYDLÄSOPHIE
- Eingeborenenmusik vom westlichen Bodensee

Ladwig Jazz Records / LJR.201119 (G.2011) / CD SOLD!
notty20160720008.jpg

1. Hot kon kon Kamm
2. Der isch it vu do
3. I sagjo nint
4. Oh Wendelgard
5. Asche zu asche
6. So en Seckel
7. De seckel
8. Du Hennefilda
9. Oh loss mi nie meh vu dir goh
10. Wo kame mer denn hin
11. Das Imperia-Lied
12. Unne dunne dra
13. Wenn i nu konnt
14. I mag konne schwarze Schueh
15. Ruggusseli vom Bodensee
16. I sieh der'san de Glotzbebbel a
17. I hab dehom e Hundele
18. Besser als wie gar nint

Thomas Banholzer - Trompete, Gesang, Flashe, Vokal-Bass, Rahmschussel, Emuhoden, Trommel
Norbert Heizmann - Ukulele, Gesang, Jodel, Rahmschussel
Notker Homburger - Gitarre, Gesang, Kazoo, Rahmschussel, Papier, Reise-Harmonium, Ture
Andi Reinhard - Alt-Saxophone, Bariton-Saxophone, Jodel, Flashe, Rahmschussel, Emuhoden, Fisch, Clave,
           Vibra-Slap, Bass-Psalter, Klangschale, Kazoo, Nasenflote

Rolf Stauffacher - E-Bass, E-Gitarre, Schlagzeug, Knopfli, Schieberli

Heizmann-Portrait:
unbekannter Straßenkünstler in Budapest, Ungarn



ドイツ語がまったくわかりませんが、わかる範囲で少し書きます。

まずこの2枚のアルバムには、サブ・タイトルとして "ボーデン湖からの伝統音楽"とある。
ボーデン湖は、ドイツ、オーストリア、スイスの国境をまたぐ大きな湖です。
19世紀、そのボーデン湖の西側の地域では色々な理由により伝統音楽が失われました。

2004年に (Norbert)HEIZMANN、(Thomas)BANHOLZER、 (Notker)HOMBURGER
での活動を機に、それら音楽を綿密に調べあげ伝統的な部分を残しつつ新しい音楽スタイル
も加え演奏されるようになりました。そこにはヨーロッパ(ドイツ、オーストリア、スイス)の伝統音楽
を軸にアメリカの伝統音楽であるブルースやジャズ、フォーク、オールドタイムを始め、カリブ海周辺
の音楽なども融合されています。

上段は、西ボーデン湖畔に位置するコンスタンツという都市で行われたライヴを収録したもので、
下段は、スイスのフラウエンフェルトでのスタジオ録音盤です。

ギター、バンジョー、ウクレレ、ジャグを始め、トランペットとアルトサックスと言った管楽器も入り、
陽気な歌ものナンバーからインストまで収録。アルバム全体が黒人文化にあったミンストレル・ショー
のような赴きでメンバーそれぞれが芸達者なのです。ライヴ盤では時折、会場の笑いを誘い
言葉がわからなくても陽気な気分にさせてくれるそんな作品です。








店頭にて販売中です。
ご来店お待ちしています。



なお今回お買い上げのお客様には先着で R.Crumb
が描いたジャケのポストカードをプレゼントいたします↓

Nottys Crumb Pcard20160729001



☞ Part 3 へ続く



プロフィール

po69

Author:po69
PO'BOY RECORDS

AMERICAN ROOTS MUSIC
( BLUES, FOLK, SSW,
BLUEGRASS, OLD TIME,
JUG/WASHBOARD, etc )

NEW & USED RECORDS,
CDS, BOOKS
AND MORE...

● その他、日本のフォーク
SSW/ブルース系のアーティスト
もあります。

大阪市北区豊崎3-6-15 
第2淀川ビル3F
TEL:06-7494-9358

OPEN 12:00 CLOSE 20:00
(日曜 CLOSE 18:00)
木曜定休
.......................
Yodogawa N0.2 Bldg 3F
3-6-15, Toyosaki ,Kita-ku,
Osaka 531-0072 JAPAN
TEL&FAX +81-6-7494-9358

Open - Close
Mon. - Sat. 12:00-20:00
(Sun. 12:00-18:00)
Thu. - Closed

カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QR
2018年10月の定休
●木曜定休
カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
リンク
アルバム
検索フォーム
THANK YOU !!
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

<消費税率変更に関して>
2014年4月1日以降より8%での税込価格表示に変更となります。