FC2ブログ

GLENN JONES

GLENN JONES





こんばんは。


前回に続いてギターものから、

当ブログでは何度かアルバムも名前も紹介してます、
Glenn Jones です。



10代でギターを手にした彼は言います、「今日、私は自分自身が
アコースティック・フィンガー・スタイルのギタリストの一員であり、
その主なインスピレーションは、John Fahey を中心とした
“American Primitive” または“Takoma school”ギタリストです」


さらに言えば、「 Fahey や Robbie Basho, Max Ochs, Harry Taussig,
Fred Gerlach, Dick Rosmini と言った独自のスタイルを発明した
プレイヤー達です」








The Wanting
Thrill Jockey / CD / 271
GJ202003040002.jpg

1. A Snapshot Of Mom, Scotland, 1957
2. The Great Pacific Northwest
3. The Great Swamp Way Rout
4. Anchor Chain Blues
5. Even To Win Is To Fail
6. My Charlotte Blue Notebook
7. Menotomy River Blues
8. Of Its Own Kind
9. The Wanting
10. Twenty-Three Years In Happy Valley, Or Love Among The Chickenshit
11. The Orca Grande Cement Factory At Victorville

Glenn Jones - 6&10-string Guitar, 5-string open-back banjo
Featuring, Drums – Chris Corsano


本作は、Thrill Jockey へ移籍後の第1弾ソロ・アルバム(2011年)となります。
ちなみそれ以前は、Strange Attractors Audio House より3枚のソロを残して
います。本作は、通勤電車の線路を見下ろすボストン郊外の4階建てアパート
で録音され、サウンドコラージュのようにバックグラウンドで通過する列車の
音が聞こえてきます。

2003年、バーモントで開催されたフリーフォークフェスティバルで出会った、
ドラマー、Chris Corsano をフィーチャーした楽曲や前作でも披露された
5弦のオープンバック・バンジョーを使用した楽曲(3曲)なども収録されています。

そしてアルバムの最後のトラック(17分間の)は、John Fahey の楽曲
“The Portland Cement Factory at Monolith, California” に敬意を表した
1曲でもあります!






----------------------



Fleeting
Thrill Jockey / CD / 408
GJ202003040001.jpg

1. Flower Turned Inside-Out
2. In Durance Vile
3. Cléo Awake
4. Mother's Day
5. Gone Before
6. Spokane River Falls
7. Portrait Of Basho As A Young Dragon
8. Close To The Ground
9. Cléo Asleep
10. June Too Soon, October All Over


Glenn Jones - Banjo, Guitar
Recorded By, Engineer – Laura Baird


ニュージャージー州郊外で録音された本作は、レコード・エンジニアとして
Laura Baird(Meg Baird のお姉さん)を迎え、録音環境を防音化することなく、
屋外からの音をフィルター処理して聴くものの耳へと自然に入ってくるように
制作されています。彼女らしい都会の喧騒からはなれた音作りが印象的な1枚。

二人のギタリスト、Robbie Basho と Michael Chapman に捧げた2曲を含む
全10曲。変則チューニングを駆使したメランコリックなギターと5弦バンジョー
からなる音の世界。良いです!



余談
彼がリリースしてきたソロ・アルバムのジャケット・デザインすべてに
可愛い絵が使用されてますね。それらは、彼がコレクションしている
100年前のポストカードから選ばれているようです。




どちらも店頭にて販売中です。
ご来店お待ちしています。






Backwards Sam Firk

Backwards Sam Firk & Delta X
What You Think This Is






こんばんは。



本日は、Backwards Sam Firk (Michael A. Stewart) の
ラスト・アルバムを紹介します。

Delta X(Stephan Michelson)とのコンビとしては、1969年に
Adelphi Records からアルバム『Deadly Du』をアナログ盤で
1枚リリースされてます。

Backwards Sam Firk としては上記アルバムの前年に
ソロ・アルバム『The True Blues And Gospel 』リリースして
おり、日本盤でもCD化されました。(他にも Adelphi の
V.A / Really Chicago's Blues などでも彼の演奏が聴けます。)


あとはJoe Bussard のレーベル Fonotone Records からソロ(10inch)
と John Fahey とのデュオ、Mississippi Swampers 名義で初期音源が
残されています。(一部は、Fahey の Fonotone Years で聴けます)




The Physical World / CD / PWCD-P102
BSF20200228001.jpg

1. Sugar Lou Stomp
2. Pat That Thing
3. Success Blues
4. Be Da De Dum
5. Umis Majola
6. Maybe I Have The Blues
7. Son Of A Gun
8. What You Think This Is?
9. Don't Want That Junk
10. Hoodai
11. You Can't Buy It
12. That's Why I Live Alone
13. Dazed & Confused
14. Hawaiian Hotel
15. Naggy Sakki
16. House Rent Stomp
17. Right String, wrong Yo Yo
18. St. Louis Blues


Backwards Sam Firk - Guitar, Vocal
Delta X - Guitar



John Fahey 同様に Blues Mafia であり、レコード・ディーラーであり、
ギタリスト/シンガーであった Backwards Sam Firk 。

1970年後半以降は録音を止め、自身が所有する珍しいブルース、
フォーク、カントリーのレコードを販売する側になりました。
(最も重要なビンテージ・レコード・コレクターの一人でもありました。)

彼は、1991年にメリーランド州から生まれ故郷のノースカロライナ西部に
拠点を移したことで、以前より頻繁に Delta X と一緒にプレイできるように
なり、2001年に久しぶりにリリースされたのが本作となります。

1920年代から1940年代のカントリーブルースを基本とした、二人の
卓越したフィンガー・ピック・ギターのテクニックが冴える1枚。
Backwards Sam Firk は、2007年10月11日に心臓発作(64歳)で
亡くなっています。




---------------------------------



<関連商品>


FaheyFonotone20180605001.jpg

John Fahey ( Blind Thomas 時代も含む)の初期音源と共に
Backwards Sam Firk とのデュオ名義、Mississippi Swampers
の音源が聴けます!

過去の記事 ☞ ここ


どちらも店頭にて販売中です。



-----------------





ここからは余談です。


Backwards Sam Firk も参加している Adelphi Records の
セッション・アルバム『V.A / Really Chicago's Blues』。

このセッションらしき映像にちらりと若き Backwards Sam Firk
らしき人が…信じる信じないはあなた次第。
https://www.youtube.com/watch?v=_f7UabKQ398









REQUIA

REQUIA




こんばんは。

2枚の Requia を紹介します。






John Fahey
REQUIA and other compositions for guitar solo

Vanguard Records / CD / VMD 79259-2
JF20191222001.jpg

1. Requiem For John Hurt
2. Requiem For Russell Cooper
3. When The Catfish Is In Bloom
4. Requiem For Molly (Part 1)
5. Requiem For Molly (Part 2)
6. Requiem For Molly (Part 3)
7. Requiem For Molly (Part 4)
8. Fight On Christians, Fight On

John Fahey - Guitar, Effects


1967年に作家、音楽歴史家でもある Samuel B. Charters(Sam Charters)
のプロデュースによってリリースされたレコードをCD化したもの。

彼が影響を受けた Mississippi John Hurt への返答に始まり、後半は
サウンド・コラージュ(汽車の音、鳥や赤ん坊の鳴き声など)を駆使した
傑作。後に多くのギタリストに影響を与えています。

入りかたにもよりますが実験的なアルバムなので、彼を始めて聴こうと
思う方には別のアルバムをおすすめします((笑)。






----------------------------




Henry Kaiser
REQUIA and other improvisations for guitar solo

Tzadik / CD / TZ 7645
HK20191222001.jpg

1. Basho's Journey
2. Famadihana Requiem For Dr. JB
3. Requiem For Fred Lieberman
4. Sun Ra, Stockhausen, And Feldman Walk Into A Bar On Saturn
5. Tandem Ghost Bike – For Pete Cosey & Sonny Sharrock
6. Ships That Pass In The Night – For Masayuki Takayanagi & Toru Takemitsu
7. The Many Worlds Of Hubert Sumlin
8. Blind Joe Death Vs. Charles Appleyard
9. Blue Spirits – For Randy California

Henry Kaiser - Acoustic Guitar, 12-String Acoustic Guitar, Electric Guita, 7-String Electric Guitar, 13-String Acoustic Harp Guitar


John Fahey がアルバム『REQUIA』で持っている New Era Guitar の
インレイをジャケにした本作は、Henry Kaiserが影響を受けた人達へ
のレクイエム・アルバム。高柳昌行、武満徹らもクレジットされています。
ちなみにJohn Fahey = Blind Joe Death(1st アルバムのタイトル) です。




聴き比べてください!



店頭にて販売中です。
ご来店お待ちしています。





GLENN JONES

GLENN JONES

The Giant Who Ate Himself
and Other New Works For
6 & 12 String Guitar




本日もレコードから1枚!


こちらはレコード、CD、両フォーマット
お取扱いあります!!


レコードの方は限定のカラー(緑)盤で、
フリー・ダウンロード・カードが付属。






Thrill Jockey / LP(Limited Edition, "Toad Green")
Includes Free Download Card or CD / THRILL 468  CD のみ SOLD! / オーダー可
GJ20181102001.jpg


1 The Giant Who Ate Himself
2 Everything Ends
3 The Last Passenger Pigeon
4 The Was And The Is
5 A Different Kind Of Christmas Carol
6 River In The Sky (Written-By Laura Baird)
7 From Frederick To Fredericksburg
8 Even The Snout And The Tail
9 Elliot Audrey, Born Today
10 The Sunken Amusement Park

Glenn Jones - 6String Guitar, 12 String Guitar


以前にリリースされた、もっとも人気の高い
『This Is the Wind That Blows It Out Solos for 6 & 12 String Guitar』
に匹敵するアルバムが、Glenn Jones より送られてきました。

このブログでも紹介したことのある、旧友でギタリスト/シンガーの Laura Baird
をエンジニアとして迎え、彼女のホーム・レコーディング・スタジオである
"Forest Hill Farm"にて録音されました。

ブルースの深い伝統も感じる本作は、美しく織り込まれたメロディーの
糸を通して、彼の最も鮮やかで探検的な思い出が盛り込まれている。

6弦、12弦ギターによる変則チューニング(低音だけに付けるミニ・カポ)
を駆使し、彼独特のメランコリックな楽曲やM-6(Laura Baird作曲)の
ようなフィールドレコーディング(コオロギ、鳥、飛行機の音)による
サウンド・コラージュされた楽曲など色々なバリエーションで聴かせてくれる。

ちなみにM-7は、John Fahey と共通の友人である世界屈指の78回転
コレクター、Joe Bussard 宅へ Jack Rose と訪れ、夜遅く家路に向かう時
のことを曲にしています。

現在ではアメリカン・プリミティヴ・ギターもどんどんと進化して行くなかで、
彼は、John Fahey や Jack Rose のような牧歌的なスタイルを残す数少ない
ギタリストではないかと個人的には感じています。




チューニング講座






店頭にて販売中です。
ご来店お待ちしています。





DANIEL BACHMAN

DANIEL BACHMAN
The Morning Star



こんにちは。



バージニア出身のギタリスト Daniel Bachman 、
2年ぶりとなる新作です!!



Three Lobed Recordings / 140 gram Dutch black vinyl
DB20180822001.jpg
1000 Copies. Limited Edition Gatefold Double Album


1 Invocation
2 Sycamore City
3 Car
4 Song for the Setting Sun III
5 Song for the Setting Sun IV
6 Scrumpy
7 New Moon

Daniel Bachman – 6 string guitar (2, 4), 12 string guitar (1, 6),
Bontempi Organ (3, 7), AM radio recordings (1, 3), field recordings (2, 6)

Forrest Marquisee – fiddle (1)
Ian McColm – harmonium, shruti box, transducer, bells, and cymbals (1)
Sarah Bachman – field recordings (5)

Recorded September 2016 – January 2018 in Petersburg,
Fredericksburg, Staunton, and Southampton County, Virginia



本作は、2016年のアメリカ大統領選結果が明らかになった後から今日まで
アメリカの混沌とし​​た日々を映し出しているDaniel Bachman の個人的な
反響です。(政治的なアルバムではありません。)

鳥のさえずり、乗り物、 風の音などをバックにしたフィールド録音を始め、
AMラジオにつないだコラージュ録音など。そこに彼のフリーなギターが
展開されている。他にも2015年リリースのアルバム『River』に収録された
"Song For The Setting Sun I","Song For The Setting Sun II" のバリエーション
ナンバーも聴けます。





*こちらは CD も在庫あり



店頭にて販売中です。

なおサマー・セールも引き続き開催しています。
26日(日)で終了となります!ご来店お待ちしています。



プロフィール

po69

Author:po69
PO'BOY RECORDS

AMERICAN ROOTS MUSIC
( BLUES, FOLK, SSW,
BLUEGRASS, OLD TIME,
JUG/WASHBOARD, etc )

NEW & USED RECORDS,
CDS, BOOKS
AND MORE...

大阪市北区豊崎3-6-15 
第2淀川ビル3F
TEL:06-7494-9358

OPEN 14:00 CLOSE 20:00
(日曜 14:00 - 19:00)
木曜定休

.......................

PO'BOY RECORDS
Yodogawa N0.2 Bldg 3F
3-6-15, Toyosaki ,Kita-ku,
Osaka 531-0072 JAPAN

Open - Close
Mon. - Sat. 14:00-20:00
(Sun. 14:00-19:00)
Thu. - Closed

カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QR
2020年6月の定休
●木曜定休
カレンダー
06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
リンク
アルバム
検索フォーム
THANK YOU !!
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

<消費税率変更に関して>
2019年10月1日以降より10%での税込価格表示に変更となります。