FC2ブログ

Feelin' Right Saturday Night

Feelin' Right Saturday Night
: The Ric & Ron Anthology




1958年、 Joe Ruffino によって運営がスタートした Ric Records と
Ron Records。彼が亡くなった 1962年までの運営ではあったが、
ニューオリンズを代表するレーベルとして今でも聴きつがれている。


本盤は、そんな Ric & Ron に残された素晴らしい音源を編集し
収録したものです。



Craft Recordings / CD / CR00149
RicRon Reco 20190828001

1. Go To the Mardi Gras - Professor Longhair
2. Rocket to the Moon - Chris Kenner
3. Every Dog Got His Day - Eddie Bo
4. I May Be Wrong - Irma Thomas
5. Walkin’ - Robert Parker
6. A Losing Battle - Johnny Adams
7. You Can If You Think You Can - Martha Carter
8. Don’t Mess with My Man - Irma Thomas
9. You Done Me Wrong - Al Johnson
10. Life Is Just a Struggle - Johnny Adams
11. Lonesome Guitar - Edgar Blanchard
12. Tell It Like It Is - Eddie Bo
13. Tipitina (demo) - Professor Longhair *
14. Tootles - Lenny Capello & The Dots
15. Carnival Time - Al Johnson
16. Double Eye Whammy - Tommy Ridgley
17. Good Enough for Me - Eddie Bo *
18. (Oh Why) I Won’t Cry - Johnny Adams
19. Cuttin’ Out - Professor Longhair
20. You Talk Too Much - Joe Jones
21. I Don’t Talk Too Much - Martha Nelson
22. Check Mr. Popeye (Part 1) - Eddie Bo
23. Pleadin’ - Mercy Baby
24. Will Travel - Lee Tillman & Bud Stewart’s Top Notchers
25. Found My Good Thing - Barbara Lynn
26. In the Same Old Way - Tommy Ridgley
27. Dinky Doo - Eddie Bo
28. Feelin’ Right Saturday Night - The Velvetiers

*previously unreleased


今年6月、この世を去った Dr. John (Mac Rebennack )の楽曲(M-6)を始め、
Professor Longhair による "Tipitina"の未発表デモ音源や Eddie Bo の
未発表音源を含む全28曲。

ニューオリンズのオール・スターが歌う独創的な R&B が聴けるアンソロジー、
オススメしておきます!!



-----------------



<関連商品>


関連商品として上記コンピにも収録されている Jo Jones の
編集盤もオススメしておきます。


Joe Jones
You Talk Too and Other Conversation Pieces ...
- Great R&B Sounds of New Orleans

Jasmine Records / CD / JASMCD 3122 HOLD!
JJ20190828001.jpg

1. Will Call
2. Adam Bit The Apple
3. You Done Me Wrong
4. When Your Hair Has Turned To Silver
5. You Talk Too Much
6. I Love You Still
7. Take A Little Walk
8. Every Night About Eight
9. McDonald's Daughter
10. Tell Me What's Happening
11. One Big Mouth (Two Big Ears)
12. Here's What You Gotta Do
13. I Need Someone
14. Where Is My Baby
15. Always Picking On Me
16. The Prisoners Song
17. To Prove My Love To You
18. You Talk Too Much
19. A Tisket A Tasket
20. Please Don't Talk About Me When I'm Gone
21. California Sun
22. The Big Mule
23. (I've Got A) Uh Uh Wife


ニューオリンズ R&B ヒット「You Talk Too Much」で知られる
シンガー/ピアニスト、Jo Jones 。

1940年代後半には、Joe Jones & His Atomic Rebops として
活躍し、歌手以外にもプロデューサー、アレンジャー、マネージャー
としての功績もあります。

後のミュージシャンに多くの影響を与えたニューオリンズ R&B
ですが、Pops ファンにも是非とも聴いて欲しい1枚!!


どちらも店頭にて販売中です。
ご来店お待ちしています。

なお8/28, 29 はお休みとなります。






【再入荷!】JOHN MOONEY

JOHN MOONEY


こんにちは。

ニューオリンズを拠点に活動しているシンガー/ギタリスト、ジョン・ムーニー。

再入荷です!


今では、ニューオリンズを代表するベテランのアーティストですね。
(フサフサあった髪もスキン・ヘッドに...)
Earl King, Meters, Snooks Eaglin, Professor Longhair といった
強豪と共演し、来日経験もあるのでご存じの方も多いでしょう。

SON HOUSE 直系のデルタ・ブルースとニューオリンズのセカンド・ライン・ビート
を上手くミックスした独自のサウンド!ハスキーなヴォーカルとスライドによる
ギター・プレイが魅力。


本作は、1979年に BLIND PIG からリリースされたデビュー作です。
National, Dobro と言われるメタル・ボディのギターを持ってスライド
する人ばかり聴きあさっていた頃がありました。その中でも好きな1枚です。

『 Comin' Your Way 』 
BLIND PIG / CD / BP70779 SOLD!
JM20160927001.jpg

1. Brand New Woman
2. Shake Hands And Tell Me Goodbye
3. Ain't Gonna Get Drunk No More
4. I'm Mad
5. Train Is Leaving
6. Pony Blues
7. Take A Walk Around The Corner
8. Dirty Rat
9. Move To Louisiana
10. Shout Sister Shout
11. Hot Tub Mambo
12. Reap What You Sow
13. Stop That Thing

M-6 は、Charley Patton でもお馴染みのナンバーですが、ここでは、Son House バージョン
のアレンジでディープ・サウス・ピッキンも冴える1曲!

M-7 は、Leroy Carr のカヴァーでドライヴ感たっぷりのニューオリンズ・スタイルのピアノ
を筆頭にしたバンド・サウンドでムーニーのスライドも炸裂してます。

M-13 は、テンポも軽やかにアレンジされた Sleepy John Estes の名ナンバー!!いい感じ
にブルース・ハープも響きます!



店頭にて販売しています。ご来店お待ちしております!


Dirty Rat - John Mooney
ここではエレキでの演奏です。キーボードには若き日の Joh Cleary が
参加してます。途中、亡き Earl King のインタビューもあり。






JAMES BOOKER

JAMES BOOKER
GONZO - LIVE 1976


こんにちは。

本日は、亡き Professor Longhair や Allen Toussaint と並び、ニューオリンズを
代表する天才ピアニスト、James Booker のライヴ盤(1976年)を紹介します。



RockBeat Records / 2CD / ROC-CD-3277
JB20160430001.jpg

DISC 1
1. Life
2. One Helluva Nerve
3. United Our Thing Will Stand
4. Slowly But Surely
5. Too Much Blues
6. Junco Partner
7. Classified
8. Stormy Monday
9. Sixty Minute Man
10. Please Send Me Someone To Love
11. Deitively Bannaro/Right Place, Wrong Time
12. Tico Tico
13. Save Your Love For Me/Lonely Avenue
14. Love Monkey/Feel So Bad
15. Besame Mucho
16. All By Myself/Let The Four Winds Blow

DISC 2
1. Ora
2. Baby Won't You Please Come Home
3. Sixty Minute Man
4. Please Send Me Someone To Love
5. Am I Getting Through To You?
6. Slowly But Surely
7. Junco Partner
8. People Get Ready
9. Classified
10. I'll Be Seeing You
11. Rockin' Pneumonia & The Boogie Woogie Flu
12. Let's Make A Better World
13. Tipitina
14. Let Them Talk
15. Baby Face
16. Hound Dog
17. Baby Won't You Please Come Home
18. Gonzo

BONUS TRACK EP
19. Gonzo
20. Cool Turkey
21. Tubby Part 1


James Booker – Piano & Vocals
All tracks recorded live in Europe and the U.K in 1976.

トレード・マークのアイ・パッチで一見、強面の彼だが、そのプレイはニューオリンズ特有の
ピアノ・スタイルのみならず、ブルース、クラシック、ラテン、ポップスと自由自在に弾きこなす。
天才と言われる所以は、そんな彼独自のテクニックとフィーリングにあるのです。その反面で
アルコールと麻薬に溺れ波乱の人生(44歳没)を送った人でもあります。

本作は、そんな彼の圧巻のライヴ・パフォーマンスを2枚のディスクに収録したものです。
さらにボーナス・トラックとして名インスト・ナンバー"Gonzo"を含む EP音源が3曲プラス
されています。


店頭にて販売中です。
ご来店お待ちしています。


----------

関連として現在、彼のドキュメンタリー・フィルム『 Bayou Maharajah 』
アメリカで公開中でヨーロッパでも公開予定です。

日本にはくるのかな?? HPページで映像自体は販売もされているようです。
トレーラーも観れるので興味のある方はどうぞ!!

HP ☞ Bayou Maharajah







【再入荷!】 ANDERS OSBORNE

ANDERS OSBORNE
Living Room


こんばんは。


90年代半ば、Ben Harper を筆頭にルーツ音楽を基礎にして独自のサウンドを
生み出す若きミュージシャン達が数多くデビューした。

そしてソニー傘下の Okeh から G.Love を始め、Keb' Mo', Alvin YoungBlood Hart と
共に "Which Way to Here" でメジャー・デビューしたのが Anders Osborne でした。
(残念ながらメジャー2作目はお蔵入り)

本作は、Shanachie Records 移籍後の2作目(1999年)。1作目はライヴ盤だったので移籍後、
初のスタジオ録音盤となります


Shanachie Records / CD / 5735 
AO20160209001.jpg


1. Boxes, Bills And Pain
2. Greasy Money
3. Had My Reasons
4. Coast To Coast Blues
5. Trippin' In Montana
6. Ya Ya
7. Never Is A Real Long Time
8. Two Times
9. Love Don't Care
10. Home Coming
11. Jetstream
12. Takes Two
13. Highway
14. That's All

Anders Osborne - Banjo, Guitar, Harmonica, Piano, Vocals
Tommy Malone - Guitar, Vocals (Background)
Freddy Koella - Guitar
Keb' Mo' - Guitar, Vocals (Background)
Steve Brewster - Drums, Percussion
John Gardner - Drums, Percussion
Carlo Nuccio - Drums
Johnny Vidacovich - Drums, Percussion
Leon Medica - Bass
Kirk Joseph - Sousaphone
James Andrews - Trumpet
Tim Green - Saxophone
Mark McGrain - Flute, Trombone
Fred Bogert - Accordion, Keyboards, Piano, Trumpet
John Magnie - Keyboards
Theresa Andersson - Vocals (Background)
Tareva Henderson - Vocals (Background)
Kostas - Vocals (Background)
Jonell Mosser - Vocals (Background)



スウェーデンで生まれ、85年からニューオリンズに移住し、今も活動を続けている。
本作は、Dirty Dozen Brass Band のメンバーとして知られる Kirk Joseph を始め、
The Subdudes の Tommy Malone や名ドラマー、Johnny Vidacovich といった
ニューオリンズ勢がリズム・セクションとして参加。

さらに Bob Dylan のバンドにもいた Freddy Koella やOkeh 時代のレーベル・メイト、
Keb' Mo' も参加しています。

彼のソウルフルなヴォーカルに加え、ロックやブルース、ニューオリンズ特有の
セカンド・ライン・ファンクが上手くブレンドされた傑作。

フィード・バックするギターとご機嫌なグルーヴ、Gerry Goffin と Barry Goldberg
の共作、M-4"Coast To Coast Blues"は最高です!!

 

店頭にて販売中です。
ご来店お待ちしています。




NOLA!

NOLA!


本日は、ニューオリンズものから2枚紹介します。


"Queen of Soul"

IRMA THOMAS
IN BETWEEN TEARS

Alive Records / CD / 0145-2
irma20160323001.jpg

1. In Between Tears
2. She'll Never Be Your Wife
3. These Four Walls
4. What's So Wrong With You Loving Me
5. You're The Dog (I Do The Barking Myself)
6. Coming From Behind (Monologue)
7. Wish Someone Would Care
8. Turn My World Around
Bonus Track
9. We Wont Be In Your Way Anymore
10. I'll Do It All Over You

Irma Thomas - Vocals

Swamp Dogg Band
Jerry "Swamp Dogg" Williams , Jr. - Piano
Paul Hornsby - Organ
Jesse Carr Guitar
Robert "Pops" Popwell - Bass
Squirm - Drums

Duane Allman - Guitar (Uncredited)


ニューオリンズを代表する女性ソウル・シンガー、Irma Thomas 。1969年のハリケーン "Camille" の
影響を機にウェスト・コースへ移動しキャリアを積む。本作はその地で1973年に Swamp Dog こと
Jerry Williams , Jr. プロデュースのもと制作されたアルバム(Fungus label / LP)にボーナス・トラック
2曲を追加しCD化したもの。

Swamp Dogg Band をバックにサザン・テイスト溢れるヴォーカルを聴かせてくれます。なおM-5, 6 で
アンクレジットですが、Duane Allman がギターで参加していると言われています。



--------------------


WILLIE TEE
I'm Only A Man

GET ON DOWN / CD / GET-53502
Wtee20160323001.jpg

1. Bring On The Heartaches
2. I'm Only A Man
3. Loneliness
4. Reach Out For Me
5. No Answer Came
6. Walk Tall
7. Mirror
8. By The Time I Get To Phoenix
9. Take Your Time
10. I'm Related To You
11. People
Bonus Track
12. Love Of A Married Man

ニューオリンズを代表するキーボーディスト/ピアニストであり、ニューオリンズ・ファンクの
草分け的存在であった Willie Tee 。 それに代表するのが、彼が率いたファンクネスなバンド、
"Gators"です。他にも The Wild Magnolias の初期作品は、彼の手腕によるものです。

彼を語る上でこうしたファンク面をフィーチャーせざるを得ないのだが、1969年に Capitol から
リリースされた本作(1st ソロ・アルバム)も外せない。

本作は、原盤にレアなシングル曲を1曲追加しCD化したもの。自身もピアニスト/シンガー
であり、アレンジャー/プロデューサーとしても名高い H.B.Barnum を迎え制作されました。

ニューオリンズ色は薄れますが、Burt Bacharach / Hal David 作の M-4 を始め、ソフト・ロック、
メロウ・ソウルといった彼の別の一面を聴くことのできる重要な作品です。



店頭にて販売中です。
ご来店お待ちしています。





プロフィール

po69

Author:po69
PO'BOY RECORDS

AMERICAN ROOTS MUSIC
( BLUES, FOLK, SSW,
BLUEGRASS, OLD TIME,
JUG/WASHBOARD, etc )

NEW & USED RECORDS,
CDS, BOOKS
AND MORE...

大阪市北区豊崎3-6-15 
第2淀川ビル3F
TEL:06-7494-9358

OPEN 14:00 CLOSE 20:00
(日曜 14:00 - 19:00)
木曜定休

.......................

PO'BOY RECORDS
Yodogawa N0.2 Bldg 3F
3-6-15, Toyosaki ,Kita-ku,
Osaka 531-0072 JAPAN
TEL&FAX +81-6-7494-9358

Open - Close
Mon. - Sat. 14:00-20:00
(Sun. 14:00-19:00)
Thu. - Closed

カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QR
2019年11月の定休
●木曜定休
カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
リンク
アルバム
検索フォーム
THANK YOU !!
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

<消費税率変更に関して>
2019年10月1日以降より10%での税込価格表示に変更となります。