プレイガイドジャーナルよ

プレイガイドジャーナルよ
1971~1985
村元武〔著〕



大阪労音、フォークリポート、プレイガイドジャーナル、
つき合いも数えたら半世紀や。
いつも一緒に歩いたな。大阪、東京、バークレー。
そんなムラモッチャンが本書きよった。
おたがい裏方ながい間やってきたし。
こら読むしかないんちゃう!  ──田川律




東方出版 / ISBN978-4-86249-282-1 / ¥1728(TAX IN)
pugaja20170521001.jpg

カバー絵 森英二郎
ブックデザイン 日下潤一 + 赤波江春奈



序章 創刊からの2年間 1971年7月~1973年6月 編集長・村元武

第1章 野崎町の春 1973年7月~1976年6月 編集長・林信夫
 情報と読み物とに広がり。「ぷがじゃマガジン」刊行(74年11月)
/京阪神「青春街図」が出そろった有文社と単行本企画
/ニコニココンサート(74年1月)と音楽イベント
/第1回「アメリカ夏の陣」(74年7月)と海外旅行企画
/「フィルムワーク」(75年1月)と映画上映
/つかこうへい『ストリッパー物語』(75年5月)と演劇公演
/モリスフォーム「さらば大阪」(75年6月)
/「フォークリポート」わいせつ裁判一審無罪(76年3月)
/「WOW・WOW」創刊(75年8月)
/事務所をミナミへ移転(75年12月)

第2章 盛夏の清水町 1976年7月~1980年2月 編集長・山口由美子
 増ページで特集・デザイン・表紙ともに充実
/単行本出版に踏み切『バイトくん』(77年11月)がヒット
/3年目以降の「アメリカ夏の陣」
/第1回「ネパール冬の陣」(76年12月)
/ミナミの地に根づく新事業
/続く「フィルムワーク」とドイツ映画祭、新進映画監督躍進
/東京ヴォードヴィルショー(77年1月)登場と拡大する演劇公演
/ついに春一番コンサート最終回(79年5月)、音楽イベントの縮小
/「フォークリポート」わいせつ裁判、控訴審と最高裁判決
/離散し入れ替わっていく編集部。有文社、クリエイト大阪のその後

第3章 塩町の秋 1980年3月~1982年12月 編集長・森晴樹~村上知彦
 B6ポケット判サイズ、最後の3年間(80年から82年)
/チャンネルゼロの動き/単行本出版部門のその後
/映画『ガキ帝国』製作と公開(81年2月)
/新事業の展開、海外旅行企画の終わり
/好調続く演劇公演
/ますます困難になる音楽イベント
/大きな判型を選ぶ道筋と「マガジン83」プロジェクト

第4章 塩町・厳冬 1983年1月~1985年9月 編集長・村上知彦~小堀純
 B5判「プレイガイドジャーナル」スタート(83年1月)
/映画上映、演劇公演、単行本の取り組み
/「パキスタン自由遊覧」(83年12月)
/「21世紀ディレクターズユニオン」旗揚げ(83年4月)
/拡大路線が苦戦、編集長交代と元気な演劇公演
/単行本を突破口にと
/再建計画が進んだが壊れる(85年2月)
/新しい経営陣に移行(85年9月)
/マイナーかメジャーか

 あとがき



前作『プレイガイドジャーナルへの道』に続く第二弾完結編。
1971年の創刊から85年に著者が離れるまでの「プレイガイドジャーナル」
15年間と、同誌に携わった多くの人びとを描く。

当時の様々な関西カルチャー・シーンと絡み合い、時代を共有した
月刊情報誌の生の姿を記録した70年代同時代史。


村元武
1942年生まれ。大阪勤労者音楽評議会(大阪労音)事務局、アート音楽出版、
プレイガイドジャーナル社、ビレッジプレス出版の間に、「新音楽」「フォークリポート」
「プレイガイドジャーナル」「雲遊天下」の編集や単行本、CD、コンサート、海外旅行
などのプロデュースに携わった。




--------------



前作『プレイガイドジャーナルへの道』も同時販売中!!

プガジャ20160511001

過去の記事 ☞ こちら



ご来店お待ちしています。


雲遊天下 126号

雲遊天下 126号


最新号、入荷しています!


特集◎物語─ある大阪の編集者 村元武インタビュー
聞き手:南陀楼綾繁 


出版社ビレッジプレス / ¥540(TAX IN)
雲遊天下126 20170517001


[丹波の里から]いのち……大塚まさじ
〔ぼくの歌の旅、君の歌の旅〕心の中の知り合い「大道芸人」……友部正人
〔レコード棚から〕ぴん助風流江戸づくし……豊田勇造
現在を歌うフォークが未来をひらく……中川五郎
音楽と詩と珈琲(三)遺伝……山川直人
〔いつか、どこかで〕遅れて来たテレビっ子……南陀楼綾繁
〔棚にしまわれたフィルム〕ビデオレンタル屋はいつまで街の風景で居られるだろう……渡部幻
〔記憶のB面〕昨日の今日……貴島公
〔季刊・団地〕練馬区関町北三丁目第2アパート……保光敏将
カニコーセンの事件は現場でおきて……堤雅彦(カニコーセン)
詰むや詰まざるや(五)……大川渉
私立探偵と暗号……田川律
〔読んだり聴いたり積んだり〕「東京の人」にあこがれて……吉上恭太

編集メモ
表紙イラスト・本文カット……山川直人
デザイン・誌名&特集ロゴ……小沼宏之




店頭にて販売中です。
ご来店お待ちしております!


雲遊天下 125号 入荷しました!

雲遊天下 125号


最新号、入荷しました!!


特集◎高田渡の夜
フォークソングの王道を進んだ高田渡の道筋
---高田驍・高田烈・三浦光紀・中川五郎・岡崎武志


出版社ビレッジプレス / ¥540(TAX IN)
雲遊天下125 20170128001 

〔ぼくの歌の旅、君の歌の旅〕ユミは寝ているよ……友部正人
〔記憶のB面〕端と端を行き来する……貴島公
〔丹波の里から〕手前味噌……大塚まさじ
〔季刊・団地〕UR都市機構プロムナード東伏見……保光敏将
〔いつか、どこかで〕読書の再点検……南陀楼綾繁
カニコーセンの事件は現場でおきて_……堤雅彦(カニコーセン)
〔コップの中の嵐─わたしのツイート一ヵ月─〕6月……平山亜佐子
音楽と詩と珈琲(二)履歴書……山川直人
詰むや詰まざるや(四)……大川渉
〔レコード棚から〕永遠のハンク・ウィリアムス……豊田勇造
現在を歌うフォークが未来をひらく……中川五郎
〔棚にしまわれたフィルム〕倫敦巴里……渡部幻
私立探偵と暗号……田川律
〔読んだり聴いたり積んだり〕アナキズムは究極の愛を求めること……吉上恭太

編集メモ
表紙イラスト・本文カット……山川直人
デザイン・誌名&特集ロゴ……小沼宏之




店頭にて販売中です。
ご来店お待ちしております!



ブルースと話し込む

Conversation with the Blues
Paul Oliver



当店でもお取扱い始めました!

僕がブルースに興味を持ち始めた頃でも、それらに関する文献は
数少なく唯一持ち歩いては読んでいたのが、ポール・オリヴァーの
『ブルースの歴史』でした。

そして今回、日暮氏によって初翻訳されたポール・オリヴァーの名著、
Conversation with the Blues。嬉しすぎます!

ブルースという音楽が持つ背景を知れば知るほど、どんどん引き込まれて
行きます。それは今も変わりありません。






Pヴァイン・レコード創業者が半世紀近く座右に置く、名著中の名著

ブルースと話し込む

土曜社 / 世紀音楽叢書 / PAPERBACK / ¥1998(TAX IN)
CWTB20161102001.jpg

著者 : ポール・オリヴァー
翻訳 : 日暮泰文


目次
一九九六年版序文
ミシシッピ州クラークスデイル
ブルースと話し込む
フィールド・トリップを終えて
ブルースを話し込んだ人々
訳者あとがき


1960年、英国人歴史家ポール・オリヴァーが米国に渡り、採録したブルースの生の声。
世界から隔絶した、当時の米国南部の黒人音楽の躍動をつたえる本書は、80枚の貴重
写真を添えて、5年後の65年にロンドンはカッセル社《ジャズ・ブック・クラブ》の一冊として
世に出た。「読者はブルースがブルースとして歌い演奏される現場でブルースがどのよう
なものなのかということをたっぷりと、ブルースを体現するひとたちから語られる」。
Pヴァイン・レコード創業者が半世紀ちかく座右に置く名著中の名著の本邦初訳。


著 者 略 歴
Paul Hereford Oliver〈ポール・オリヴァー〉ブルース研究者、建築史家。1927年、英国ノッティンガムに生まれる。
青年期からブルースの音源・書物の蒐集を開始し、51年に最初の署名記事を発表。以来『Blues Fell This Morning』(60年)、
『ブルースと話し込む』(65年)、『Screening the Blues』(68年)『ブルースの歴史』(69年)、『Blues Off the Records』(84年)
などの著作を発表し、世界のブルース研究を牽引する。アフリカン・アメリカン・ミュージックの起源と発展をめぐるインタヴュー、
現地調査、蒐集資料などは英国グロスターシャー大学が《ポール・オリヴァー・コレクション》として保管する。なお、
97年には『Encyclopedia of Vernacular Architecture of the World』全三巻を発表するなど建築史への貢献も多大。

訳 者 略 歴
日暮泰文〈ひぐらし・やすふみ〉東京・新宿生まれ。慶大卒。中高生のときブラック・ミュージックに心酔し、1967年以降
日本でのブルースへの関心を高めるために活動、音楽誌へ寄稿する。75年にブルース・インターアクションズ
(Pヴァイン・レコード)を創業。著書に『ノイズ混じりのアメリカ――ブルース心の旅』(80年)『のめりこみ音楽起業』(2010年)
『RL――ロバート・ジョンスンを読む』(11年)。




店頭にて販売中です。
ご来店お待ちしています。



----------------------

<関連>

訳者あとがきにも触れられていたが、この本の初版は1965年で、オリヴァーがアメリカへ
行ったのが1960年。公民権運動が盛り上がっていた貴重な時代です。(そういった断片
を切り取った1冊でもあります。)

そんな貴重な時代を切り取ったドキュメンタリー映画が、今年の4月から11月にかけて
全米のフィルム・フェスティバルにて公開されています。ここでもブルースという音楽が
関連付けられているようです。

英語が堪能ではないので詳細はわかりませんが、1964年、公民権運動に参加する為に
ミシシッピへと向かった学生達。それとは別に戦後姿を消したブルースマン達を探す旅に
でた学生達(Dick Waterman, Ed Denson, John Fahey... )。二つのグループを切り口にアメリカの
文化や政治制度が劇的に転換した重要な瞬間を切り取ったドキュメンタリー。

日本でも公開して欲しいものです...

official web site ☞ TWO TRAINS RUNNIN'

Two Trains Runnin'





プレイガイドジャーナルへの道

プレイガイドジャーナルへの道

1968~1973
大阪労音─フォークリポート─プレイガイドジャーナル

村元武〔著〕


ほんとうに素晴らしい過去の記録はいつだって、
未来に向かって開かれているのだ。─中川五郎

読み進めるうちに今の時代が浮かび上がり、それだけでなく、
これから先に自分たちはどんなことができるのだろうか、
といった夢や希望までをも思い浮かべてしまう。
ぼく自身同じ時代を同じ場所で過ごし、どの動きにも繋がりがあって、
とりわけ関西フォークの世界ではその真っ只中にいた。
さまざまなできごとを再確認し、新たな光をあてる一冊。
──中川五郎



東方出版 / ISBN978-4-86249-265-4 C0036 / ¥1728(TAX IN)
プガジャ20160511001

カバー絵 森英二郎
ブックデザイン 日下潤一


<目次>
はじめに
第1部 「フォークリポート」の3年間(1969年~1971年)
 第1章 「冬の号」がわいせつ容疑で押収される
 第2章 アート音楽出版に入社
 第3章 「フォークリポート」事始め
 第4章 1969年
 第5章 秋、失速の始まり
 第6章 転機の1970年と演劇センター68/70
 第7章 月刊から季刊へ
 第8章 退職へ
第2部 「プレイガイドジャーナル」創刊前後の3年間(1971年~1973年)
 第1章 創刊までと創刊号
 第2章 先の見えない手探りの日々
 第3章 最初のコンサートとプレイガイド企画
 第4章 新事務所に移る
 第5章 2年目に突入
 第6章 編集長交代と事業拡充へ
第3部 大阪労音での最後の2年間(1968年~1969年)
 第1章 再建案の討議が始まった
 第2章 系列体制に移行し新業務につく
 第3章 具体化する新規事業案
 第4章 機関審議が止まる
 第5章 闘い開始
 第6章 事務局体制組み替えへ
 第7章 反対勢力と全面対決
 第8章 敗退
 第9章 フォークフロンティア
 第10章 事務局員全員退職を決める
あとがき
関連年譜



1971年大阪で創刊された情報誌のさきがけ月刊『プレイガイドジャーナル』。
その誕生に至る前後6年間の激動を創刊編集長が初めて明かすドキュメント。
70年代関西の若者文化をリードした「プレイガイドジャーナル」はいかにして
創刊されたのか。「第3部 大阪労音での最後の2年間」は、この間の大阪労音
の混乱について書かれたものがなく、貴重な記録となっている。

村元武
1942年生まれ。大阪勤労者音楽評議会(大阪労音)事務局、アート音楽出版、
プレイガイドジャーナル社、ビレッジプレス出版の間に、「新音楽」「フォークリポート」
「プレイガイドジャーナル」「雲遊天下」の編集や単行本、CD、コンサート、海外旅行
などのプロデュースに携わった。



1973年以降の黄金時代から、終息へ向かう1985年までを描く次作も
鋭意執筆中!!


店頭にて販売中です。
ご来店お待ちしています。




プロフィール

po69

Author:po69
PO'BOY RECORDS

AMERICAN ROOTS MUSIC
( BLUES, FOLK, SSW,
BLUEGRASS, OLD TIME,
JUG/WASHBOARD, etc )

NEW & USED RECORDS,
CDS, BOOKS
AND MORE...

● その他、日本のフォーク
SSW/ブルース系のアーティスト
もあります。

大阪市北区豊崎3-6-15 
第2淀川ビル3F
TEL:06-7494-9358

OPEN 12:00 CLOSE 20:00
(日曜 CLOSE 18:00)
木曜定休
.......................
Yodogawa N0.2 Bldg 3F
3-6-15, Toyosaki ,Kita-ku,
Osaka 531-0072 JAPAN
TEL&FAX +81-6-7494-9358

Open - Close
Mon. - Sat. 12:00-20:00
(Sun. 12:00-18:00)
Thu. - Closed

カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QR
2017年11月の定休
●木曜定休
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
リンク
アルバム
検索フォーム
THANK YOU !!
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

<消費税率変更に関して>
2014年4月1日以降より8%での税込価格表示に変更となります。