FC2ブログ

HACKENSAW BOYS

HACKENSAW BOYS
CHARISMO





こんにちは。


1999年、バージニア州中央部に位置する都市シャーロッツビル
で結成されたストリング・バンド、Hackensaw Boys !


2016年にリリースされた本作は、プロデューサーとして
Larry Campbell を迎えた傑作です。





Free Dirt Records / CD / DIRT-CD-0078
HB20180825001.jpg

1. Don't Bet Against Me
2. By and By
3. Content Not Seeking Thrills (Ain't You?)
4. Flora
5. Happy for Us in the Down
6. Limousin Lady
7. Ol' Nick
8. The Sweet
9. Wolves Howling
10. You Want Me to Change
11. Worlds Upside Down

David Sickmen - Guitar Vocal
Ferd Moyse - Fiddle, Vocal
Brian Gorby - Percussion
Thomas Oliver - Bass (Upright), Mandolin
Jimmy Stelling - Banjo

Producer by Larry Campbell



メンバー・チェンジをしつつもバンド自体は、20年近いキャリアを持ち、
ギターの David Sickmen は結成から現在までオリジナル・メンバーとして
在籍しています。

伝統的なアパラチアン音楽を軸にカントリーやブルーグラスなどが融合し、
時にパンキッシュでご機嫌なサウンドを聴かせてくれます。

生でライヴが聴きたい、そんなバンドです!!!








ご来店お待ちしています。



COWBOY

COWBOY



BSMF RECORDS からのリリース!




Boyer & Talton (Expanded Edition)
BSMF RECORDS / CD / BSMF-7557 / ¥2592(TAX IN)
131626175.jpg

1. A Patch & a Pain Killer
2. Coming Back to You
3. Everyone Has a Chance to Feel
4. Where Can You Go?
5. I Heard Some Man Talking
6. Love 40
7. Road Gravy Chase
8. Something to Please Us
9. Long Ride
10. Message in the Wind (When I’m Listening)
11. Houston
12. Houston Vamp
13. Time Will Take Us (Bonus Track)
14. Where Can You Go? (Bonus Track)

オールマン・ブラザースとの関係も深い、70年代サザン&カントリー・ロック・バンド、
カウボーイがカプリコーンからリリースした1974年の名盤がリマスターされ初CD化!
スコット・ボイヤー、トミー・タルトン、2人のソングライターによる名曲の数々は
今聴いても新鮮だ。バックには、オールマンズのチャック・リーヴェル(Key)やジェイモー(Pec)、
ランドール・ブラムレット(Sax)らも参加。1974年『The Gregg Allman Tour』からの2曲を
ボーナス収録。



-----------------------------




Cowboy
BSMF RECORDS / CD / BSMF-7558 / ¥2376(TAX IN)
131626212.jpg

1. Takin’ It All the Way
2. Now That I Know
3. Pat’s Song
4. Straight into Love
5. Everybody Knows Your Name
6. What Can I Call It
7. Nobody Else’s Man
8. Except for Real
9. Satisfy
10. River to the Sea

カプリコーンから1977年にリリースしたラストアルバムがリマスターされCD化(30年前に
日本でのみCD化されたが現在は入手困難)。スコット・ボイヤー、トミー・タルトンという
2人のソングライターによる、さらにポップになった名曲の数々は今聴いても新鮮だ。
今年2月に亡くなったスコット・ボイヤーへの追悼盤でもある。



Cowboy
カウボーイは、1969年フロリダ州ジャクソンヴィルでスコット・ボイヤー、トミー・タルトンという
2人のソングライター&ギタリストを中心に結成されたカントリー・ロック・バンド。ボイヤーのバンド、
The 31st of February(ブッチ・トラックスも所属)が、デュアン、グレッグのオールマン兄弟と
親しかったことで、彼らが所属するカプリコーンと契約。1970年にファースト『Reach for the Sky』を、
1971年には『5'll Getcha Ten』とリリース。その後、方向性の違いでボイヤー&タルトン以外の
メンバーが脱退。残された2人はグレッグ・オールマンの『Laid Back』のレコーディング、ツアーに
参加(『The Gregg Allman Tour』)。その後、メンバーを一新し1974年『Boyer & Talton』、1977年
『Cowboy』をリリース後、バンドは解散。2人はセッションプレイヤーとしてマッスル・ショールズ
などで活躍。2007年には再結成し、2010年『Cowboy Reunion 2010』」をリリース。
2018年2月にボイヤーは亡くなっている。




どちらも販売中です。
ご来店お待ちしています。



Levon Helm Band

Levon Helm Band




こんにちは。


本日は、The Band のドラマーとして知られる Levon Helm のセッション・ワークを
収めたシリーズもの。(今は、The Band から説明必要かな?? 笑)

2004年、Levon Helm が Woodstock に所有する自身のスタジオにて行われた
セッション・ライヴをレコーディングしたCDとその映像を収めたDVDがセットに
なっています。

Levon Helm とは古くから友人で Delmark Records にもアルバムをのこしている
黒人ブルース・ハーピスト、Little Sammy Davis をフィーチャーしたブルース・セッション!



The Midnight Ramble Sessions Vol.1
Levon Helm Studios / ‎2 Disc Set( CD+DVD) / LHS001
levonhelm TMRS 1 20180216001

Disc 1 ( CD )
1. Sad Hours (Walter Jacobs)
2. Oh Baby (Walter Jacobs)
3. I'm Ready (Willie Dixon)
4. Blow, Wind Blow (McKinley Morganfield)
5. Blues With A Feeling (Walter Jacobs)
6. The New Scratch My Back (Slim Harpo/ Sammy Davis)
7. I Ain't Lyin' (Sammy Davis)
8. I'm Crazy About You Baby (Walter Jacobs)
9. Boom Boom, Out Go The Lights (Walter Jacobs)
10. Forty Days And Forty Nights (Bernard Roth)
11. I Want To Take You Downtown (McKinley Morganfield)
12. Everything Gonna Be Alright (Walter Jacobs) / Wrapped Up In Love Again (Albert King)
Bonus track
13. California Blues (Sammy Davis)

Disc 2 ( DVD )
国内のDVDプレイヤーで再生可能です!

Levon Helm - Drums
Little Sammy Davis - Vocal & Harmonica
Fred Scribner - Guitar
Mike Merritt - Bass
Garth Hudson - Accordion
Fred Scribner - Guitar
Frank Luther - Bass
Carey Brown - Piano



----------------------



こちらはシリーズ第2弾です。

前回のブログで紹介した Larry Campbell を始め、ギターで Dr John,
Sean Costello なんかも参加しています!!

なお余談ですが第3弾も2014年に別レーベルよりリリース済です。
今回は Levon Helm Studios レーベルに特化しました。


The Midnight Ramble Sessions Vol.2
Levon Helm Studios / ‎2 Disc Set( CD+DVD) / LHS002
levonhelm TMRS 2 20180216002

Disc 1 ( CD )
1. Battle Is Over But The War Goes On (M. Rogers, J. Winn)
2. What Kind Of Man Are You (Ray Charles)
3. Don't Ya Tell Henry (Bob Dylan)
4. Blue Shadows (Lowell Fulson) featuring Sean Costello
5. Johnny Boogie Goode (Levon Helm Band)
6. I Want To Know (Ray Charles)
7. A Fool In Love (Ike Turner)
8. Borrowed Time (Mac Rebbenack) featuring Dr. John
9. When The Battle Is Over (Mac Rebbenack, Jesse Hill)

Disc 2 ( DVD )
国内のDVDプレイヤーで再生可能です!


Levon Helm - drums & vocals
Amy Helm - mandolin & vocals
Johnnie Johnson - piano
Little Sammy Davis - Vocal & Harmonica
Dr John - guitar & vocals
Jon R. Smith - saxophone
Sean Costello - guitar & vocals
Andrew Shober - bass & vocals
Julia Smith - vocals
Stephen Bernstein - trumpet
Byron Isaacs - bass & vocals
Eric Lawrence - saxophone
Fiona McBain - guitar & vocals
Glen Patscha - keyboards & vocals
Larry Cambell - fiddle & vocals
Jimmy Vivino - guitar & vocals
Mike Merritt - bass
Tony Leone - drums & vocals



視聴 ☞ The Midnight Rambles



-----------------------------


<関連商品>


Levon Helm が、The Band 解散後の翌年に名だたるミュージシャン達を
集めてレコーディングした1st ソロ・アルバム「Levon Helm & The Rco All-Stars」。

その Levon Helm & The Rco All-Stars で行われた伝説のライヴ(1977年大晦日、
ニューヨークはPalladium にて)を収録したものが本作となります。
(残念ながら本作には、旧友 Robbie Robertson , Garth Hudson は参加していません。)


Levon Helm And The RCO All-Stars

Live At The Palladium NYC - New Year's Eve 1977
Levon Helm Studios / CD / LHS003
LevonHelmTRAS 20180216001

1. Ain’t That A Lotta Love
2. Washer Woman
3. A Mood I Was In
4. Milk Cow Boogie
5. Ties That Bind
6. Goin Back To Memphis
7. Blues So Bad
8. Born in Chicago
9. Rain Down Tears
10. Got My Mojo Working
11. Sing, Sing, Sing
12. Ophelia
13. Good Night Irene

Levon Helm ‐ Drums, Vocals
Steve Cropper ‐ Guitar
Donald “Duck” Dunn ‐ Bass
Dr. John (Mac Rebennack ) ‐ Keyboard, Vocals
Paul Butterfield ‐ Harmonica, Vocals
Howard Johnson ‐ Tuba
Tom “Bones” Malone ‐ Trombone
Fred Carter Jr. ‐ Guitar
Alan Rubin ‐ Trumpet
Lou Marini ‐ Saxophone


視聴 ☞ Levon Helm & The Rco All-Stars


すべて店頭にて販売中です。
ご来店お待ちしています。



JESSE ED DAVIS

JESSE ED DAVIS
Red Dirt Boogie - The Atco Recordings 1970-72



先日、公開したばかりの映画『RUMBLE: The Indians Who Rocked the World 』にも
登場する Jesse Ed Davis のアルバム「Jesse Davis」、「Ululu」を完全リマスターし、
2in1 にて再リリースです!


BSMF RECORDS / CD / BSMF-7531 / ¥2970(TAX IN)
JED20170616001.jpg

1. Every Night Is Saturday Night
2. Washita Love Child
3. Red Dirt Boogie, Brother
4. Rock N Roll Gypsies (Unreleased Basic Track)
5. Farther On Down the Road (You Will Accompany Me)
6. Reno Street Incident
7. Sue Me, Sue You Blues
8. You Belladonna You
9. Crazy Love
10. Ululu
11. Alcatraz
12. White Line Fever
13. Tulsa County
14. Strawberry Wine
15. My Captain
16. Make a Joyful Noise
17. Golden Sun Goddess
18. Rock N Roll Gypsies
19. Kiowa Teepee (Washita Love Child) (Unreleased Instrumental)

Jesse Davis - Guitar, Vocals
Nickey Barclay - Vocals
Chuck Blackwell - Drums
Charles Singers Chalmers - Vocals
Eric Clapton - Guitar
Merry Clayton - Vocals, Vocals
Patt Daley - Percussion
Donald "Duck" Dunn - Bass
Venetta Fields - Vocals
Albhy Galuten - Piano
James Gordon - Clarinet, Sax
Joel Scott Hill - Guitar
Bobby Lee Jones -Vocals
Gloria Jones - Vocals
Jerry Jumonville - Sax
Jim Keltner - Drums
Clydie King - Vocals
Chuck Kirkpatrick - Vocals
Larry Knechtel - Keyboards, Organ
Sanford Konikoff - Percussion
Darrell Leonard - Trombone, Trumpet
Jackie Lomax - Percussion
Frank Mayes - Sax
Steve Mitchell - Drums
Gram Parsons - Vocals
Larry Pierce - Keyboards
Mac Rebennack(Dr. John) - Organ, Piano
Bill Rich - Bass
Billy Rich - Keyboards
Arnold Rosenthal - Bass
Bruce Rowland - Drums
Leon Russell - Keyboards, Piano
Ben Sidran - Keyboards
John Simon - Keyboards
Stan Szelest - Piano
Steve Thompson - Keyboards
Pete "Big Boy" Waddington - Percussion
John Ware - Percussion
Alan White - Drums
Maxine Willard Waters - Vocals
Alan Yoshida - Percussion



日本ではワーナー名盤探検隊でそれぞれリリースされたり、2004年には
Wounded Bird より 2in1 でリリースされてた名盤。今回、久しぶりのリリース。

多くのミュージシャンのバックも務めているので彼のアルバムを聴いたこと
のない人も知らず知らず耳にしているかも知れません。

個人的にソロ名義以外では、Taj Mahal の初期3作「Taj Mahal」、「The Natch'l Blues」、
「Giant Step」、を始め、Albert King の「Lovejoy」なんかを良く聴いてました。他にも
Jackson Browne、Roger Tillison、David Bromberg、 Marc Benno ...etc

本作は、オリジナルより "Oh! Susannah" のみカットされているものの"Rock N Roll Gypsies"の
未発表バージョンと "Washita Love Child" の未発表インストバージョンが追加収録されています。


Jesse Ed Davis
ジェシ・エド・デイヴィスは、1944年オクラホマ州出身のネイティヴアメリカン。60年代半ばから、
コンウェイ・トゥイッティーのツアーに参加。その後、タジ・マハールのバンド、ライジング・サンに
加入しツアーやアルバムで活躍。ローリング・ストーンズの映画「ロックン・ロール・サーカス」に
も出演。さらにバングラディッシュ・コンサートではボブ・ディランのバックで演奏。そんな活躍が
ATCOに認められ71年『Jesse Davis』でソロデビュー。エリック・クラプトン、グラム・パーソンズ
など錚々たるミュージシャンが参加したアルバムは高い評価を受け、翌72年には『Ululu』を発表。
ダック・ダン、ドクター・ジョンらも参加し、ジョージ・ハリソンの曲「Sue Me, Sue You Blues」も収録。
その後も、ジョン・レノンの『ウォールズ&ブリッジズ』、リンゴ・スターの『グッドナイト・ヴィエナ』を初め、
ジーン・クラーク、レナード・コーエン、ジャクソン・ブラウンなどのアルバムでギタリストとしてだけでなく
プロデューサーとしても活躍する。しかし、88年カリフォルニアで、麻薬により43歳で死去。
(発売元より引用)






店頭にて販売中です。
ご来店お待ちしています。



DAN PENN

DAN PENN
Nobody's Fool



ドイツのベア・ファミリーからレコードで再発された
Dan Penn のファーストにして名盤。

遅ればせながら入荷しました!

今回は、180グラムの重量盤でリリースです。


Bear Family / LP / BAF18021
DP20160918001.jpg
180gram / Gatefold Sleeve / Original Artwork

SIDE A
1.Nobody's Fool
2.Raining In Memphis
3.Tearjoint
4.Time
5.Lodi

SIDE B
1.Ain't No Love
2.I Hate You
3.Prayer For Peace
4.If Love Was Money
5.Skin

Dan Penn - Guitar, Vocal
Charlie Freeman - Guitar
Tommy Richards - Guitar
Tony Oterri - Guita
Marlin Greene - Guitarr
Spooner Oldham - Organ, Keyboards
Jay Spell - Piano
Greg Reding - Organ
Bill Phillips - Organ
Tommy McClure - Bass
Jim(Jimmy) Johnson -Bass
David Hood - Bass
Sammy Creason - Drums
Dulin Lancaster - Drums
Roger Hawkins - Drums
Mike Utley - Keyboards
John Huey - Steel Guitar
Leo LaBlanc - Steel Guitar
Bergen White - Vibraphone

Nashville Horns - Horns
Nashville Strings - Strings
Memphis Horns - Horns
Memphis Strings - Strings
The Hot Dogs - Backing Vocals
The Amazing Truth Band

Recorded At Beautiful Sounds, Memphis, TN.



アメリカ南部音楽を聴くなかで必ずと言っても過言ではないくらい彼の名前に
ぶち当たる。スワンプ・ロック、サザン・ソウル・シーンを代表するシンガー・ソングライター。
彼の楽曲(名曲)は、James Carr, Aretha Flanklin, Percy Sledge, Janis Joplin,
Box Tops など多くにミュージシャンに提供されています。

本作では楽曲によって若干の入れ替わりがあるが、極上の南部サウンドを作り
出す鉄壁のバック陣が顔を揃えています。彼らの手腕もかなり大きいです。
Side A-5 は唯一のカバー曲(CCR の John Fogerty)ですが、彼のオリジナルか
と思うほど聴かせてくれます。



レコードで聴けることが個人的には嬉しくてたまりません。
これはとにかくレコードで聴いて欲しいのです。。。


ご来店お待ちしています。



プロフィール

po69

Author:po69
PO'BOY RECORDS

AMERICAN ROOTS MUSIC
( BLUES, FOLK, SSW,
BLUEGRASS, OLD TIME,
JUG/WASHBOARD, etc )

NEW & USED RECORDS,
CDS, BOOKS
AND MORE...

● その他、日本のフォーク
SSW/ブルース系のアーティスト
もあります。

大阪市北区豊崎3-6-15 
第2淀川ビル3F
TEL:06-7494-9358

OPEN 12:00 CLOSE 20:00
(日曜 CLOSE 18:00)
木曜定休
.......................
Yodogawa N0.2 Bldg 3F
3-6-15, Toyosaki ,Kita-ku,
Osaka 531-0072 JAPAN
TEL&FAX +81-6-7494-9358

Open - Close
Mon. - Sat. 12:00-20:00
(Sun. 12:00-18:00)
Thu. - Closed

カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QR
2018年10月の定休
●木曜定休
カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
リンク
アルバム
検索フォーム
THANK YOU !!
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

<消費税率変更に関して>
2014年4月1日以降より8%での税込価格表示に変更となります。