FC2ブログ

BOB DYLAN

BOB DYLAN
featuring JOHNNY CASH

TRAVELIN' THRU, 1967 - 1969: THE BOOTLEG SERIES, VOL. 15



高い評価を受けているボブ・ディラン・ブートレッグ・シリーズの最新章!

1967年から1969年までの、『JOHN WESLEY HARDING』、『NASHVILLE SKYLINE』、
『SELF PORTRAIT』のアウトテイクに加え、69年ナッシュヴィルのスタジオで行われた
JOHNNY CASHとの未発表セッションで構成された3枚組。



COLUMBIA/LEGACY / 3CD / 1907598193-2
BD20191109001.jpg

DISC ONE
John Wesley Harding Sessions – Alternate Versions
1. Drifter's Escape (Take 1)
2. I Dreamed I Saw St. Augustine (Take 2)
3. All Along The Watchtower (Take 3)
4. John Wesley Harding (Take 1)
5. As I Went Out One Morning (Take 1)
6. I Pity The Poor Immigrant (Take 4)
7. I Am A Lonesome Hobo (Take 4)

BOB DYLAN - VOCALS, GUITAR, HARMONICA
CHARLIE MCCOY - BASS
KENNETH BUTTREY - DRUMS


Nashville Skyline Sessions – Alternate Versions And Outtake
8. I Threw It All Away (Take 1)
9. To Be Alone With You (Take 1)
10. Lay Lady Lay (Take 2)
11. One More Night (Take 2)
12. Western Road (Take 1)
13. Peggy Day (Take 1)
14. Tell Me That It Isn't True (Take 2)
15. Country Pie (Take 2)

BOB DYLAN - VOCALS, GUITAR, PIANO, HARMONICA
KELTON D. HERSTON - GUITARS
NORMAN BLAKE - GUITARS
CHARLIE DANIELS - GUITARS
WAYNE MOSS (M10 & 12) - GUITARS
BOB WILSON - PIANO, ORGAN
PETER DRAKE - STEEL GUITAR (M13-15)
CHARLIE MCCOY - BASS
KENNETH BUTTREY - DRUMS


------------------------------

DISC TWO
The Bob Dylan - Johnny Cash Sessions
1. I Still Miss Someone (Take 5)
2. Don't Think Twice, It's All Right / Understand Your Man (Rehearsal)
3. One Too Many Mornings (Take 3)
4. Mountain Dew (Take 1)
5. Mountain Dew (Take 2)
6. I Still Miss Someone (Take 2)
7. Careless Love (Take 1)
8. Matchbox (Take 1)
9. That's All Right, Mama (Take 1)
10. Mystery Train / This Train Is Bound For Glory (Take 1)
11. Big River (Take 1)
12. Girl From The North Country (Rehearsal)
13. Girl From The North Country (Take 1)
14. I Walk The Line (Take 2)
15. Things Happen That Way (Rehearsal)
16. Guess Things Happen That Way (Take 3)
17. Five Feet High And Rising (Take 1)
18. You Are My Sunshine (Take 1
19. Ring Of Fire (Take 1)

BOB DYLAN - VOCALS, GUITAR
JOHNNY CASH - VOCALS, GUITAR
CARL PERKINS - GUITAR
BOB WOOTTON - GUITAR
MARSHALL GRANT - BASS
W.S. HOLLAND- DRUMS


------------------------------

DISC THREE
The Bob Dylan - Johnny Cash Sessions
1. Studio Chatter
2. Wanted Man (Take 1)
3. Amen (Rehearsal)
4. Just A Closer Walk With Thee (Take 1)
5. Jimmie Rodgers Medley No. 1 (Take 1)
6. Jimmie Rodgers Medley No. 2 (Take 2)

BOB DYLAN - VOCALS, GUITAR
JOHNNY CASH - VOCALS, GUITAR
CARL PERKINS - GUITAR
BOB WOOTTON - GUITAR
MARSHALL GRANT - BASS
W.S. HOLLAND- DRUMS


Live On The Johnny Cash Show
7. I Threw It All Away
8. Living The Blues
9. Girl From The North Country (duet with Johnny Cash)

BOB DYLAN - VOCALS, GUITAR
JOHNNY CASH - VOCALS, GUITAR
NORMAN BLAKE - GUITARS
CHARLIE DANIELS - GUITARS
PETER DRAKE - STEEL GUITAR
BOB WILSON - PIANO
CHARLIE MCCOY - BASS
KENNETH BUTTREY - DRUMS


Self Portrait Sessions – Outtakes
10. Ring Of Fire (Outtake)
11. Folsom Prison Blues (Outtake)

BOB DYLAN - VOCALS, GUITAR
FRED F. CARTER
NORMAN BLAKE - GUITARS
CHARLIE DANIELS - GUITAR, BASS
BOB WILSON - PIANO
PETER DRAKE - STEEL GUITAR
CHARLIE MCCOY - HARMONICA, BASS
KENNETH BUTTREY - DRUMS
DELORES EDGIN - BACKGROUND VOCALS
DOTTIE DILLARD - BACKGROUND VOCALS


With Earl Scruggs
12. Earl Scruggs Interview
13. East Virginia Blues
14. To Be Alone With You
15. Honey, Just Allow Me One More Chance
16. Nashville Skyline Rag

BOB DYLAN - VOCALS, GUITAR
EARL SCRUGGS - BANJO
RANDY SCRUGGS - ACOUSTIC GUITAR
GARY SCRUGGS - ELECTRIC BASS



DISC ONE には、『NASHVILLE SKYLINE』セッションからのオルタネイト・テイクを収録し、
DISCTWO, THREE には、人気を誇る COLUMBIA STUDIO A セッションや RYMAN AUDITORIUM
(1969年5月1日)でのステージ公演を含む、アメリカ音楽のアイコン、JOHNNY CASH との
コラボレーション作を中心に、「THE JOHNNY CASH SHOW」(1969年6月7日にABC-TVで放送)の
初演レコーディングも含まれている。

さらにDISC THREE には、グラミー受賞歴もあるブルーグラス伝説のバンジョー奏者、EARL SCRUGGS
がPBSテレビの特別番組「EARL SCRUGGS: HIS FAMILY AND FRIENDS」(1971年1月に放送)のために
録音(1970年5月17日)されたトラックも収録。


Area Code 615 のメンバーを始めとするバック陣の演奏も貴重ですし、
Dylan 自身の音楽の重要な記録となったナッシュビルの旅を再訪できます!!


店頭にて販売中です。
ご来店お待ちしています。




ROBBIE ROBERTSON

ROBBIE ROBERTSON
SINEMATIC



こんにちは。


個人的にも気になっていた新作!


The Band のギタリスト、Robbie Robertson 自身が
アートワークを手掛けている8年ぶりのソロ・アルバム。




UNIVERSAL / CD / 7797081
RR20191109001.jpg

1. I Hear You Paint Houses
2. Once Were Brothers
3. Dead End Kid
4. Hardwired
5. Walk In Beauty Way
6. Let Love Reign
7. Shanghai Blues
8. Wandering Souls
9. Street Serenade
10. The Shadow
11. Beautiful Madness
12. Praying For Rain
13. Remembrance (Bonus Track)

Robbie Robertson - Guitar, Keyboards
Frédéric Yonnet - Harmonica
Martin Pradler - Keyboards
Randy Kerber - Organ, Keyboards
Reggie Hamilton - Bass
George Doering - Guitar
Afie Jurvanen - Guitar
George Doering - Guitar
Joe Hirst - Keyboards
Jim Wilson - Keyboards
Terry And The Octo Pirates - Guitar, Organ, Electric Organ
Laura Satterfield - Vocals
Afie Jurvanen - Backing Vocals
Felicity Williams - Backing Vocals

guest
Van Morrison - Vocals
Citizen CopeCitizen - Backing Vocals
Glen Hansard - Vocals
Derek Trucks - Slide Guitar
Doyle Bramhall II - Guitar
Jim Keltner - Drums
Howie B - Keyboards
J.S. Ondara - Backing Vocals



数十年間続けてきた映画のためのソングライティングや、彼のドラマティックな
人生を指し示したもので、マーティン・スコセッシ監督の最新作『アイリッシュマン』
(今秋公開予定)や、2016年の自叙伝『ザ・バンドの青春(Testimony)』(2016年発売)
に基づいたドキュメンタリー・フィルム『ワンス・ワー・ブラザーズ: ロビー・ロバートソン
・アンド・ザ・バンド』(今秋公開予定)からインスピレーションを得て制作されている。

自信に満ちたヴォーカルとパワフルで感情的ギターは、とても情熱的でありアルバム
全体を通して効果的で、映画への明らかなつながりと風景を描き出している。

さらにアルバムをサポートするゲスト人も豪華で Van Morrison (I Hear You Paint Houses)、
Glen Hansard (Let Love Reign )、Citizen CopeCitize、、Derek Trucks、Doyle Bramhall II 、
Jim Keltner、Howie B 、J.S. Ondara などが参加。







店頭にて販売中です。
ご来店お待ちしています。



BRITTANY HOWARD

BRITTANY HOWARD
JAIME




こんばんは。風邪の症状が落ち着いたにもかかわらず、
原因不明の微熱が長らく続いております。寒暖差疲労??
皆様もお気を付けください。



さて輸入規制もとけたので久しぶりにメジャー・レーベルから紹介します。
来日もしているのでご存じだと思いますが、アラバマ州アセンズで
結成されたロックバンド Alabama Shakesのリード・シンガー/ギタリスト
Brittany Howard の初ソロ・アルバムです!!


ATO Records / CD / Digipak / ATO0505
bh20191108001.jpg

1 History Repeats
2 He Loves Me
3 Georgia
4 Stay High
5 Tomorrow
6 Short & Sweet
7 13th Century Metal
8 Baby
9 Goat Head
10 Presence
11 Run To Me

Brittany Howard - Vocals, Guitar, Bass, Clavinet, Drums, Keyboard, Percussion
Zac Cockrell - Bass
Nate Smith - Drums, Percussion, Vibraphone
Robert Glasper - Celeste, Keyboards
Larry Goldings - Keyboards
Lloyd Buchanan - Organ
Paul Horton - Clavinet, Keyboard
Lavinia Meijer - Harp



●なおこちらのタイトルは、以下のアナログ盤もあります。
Brittany Howard ‎– Jaime (0882371616 )
* ATO Records / LP / 180G / Deluxe Limited Edition / White/Black Marbled Vinyl
/ Animated Zoetrope Labels • Download Included


Brittany Howard ‎– Jaime (0882359317)
* ATO Records / LP / Sandstone Colored Vinyl / Download Included

病気により10代でこの世を去った姉ジェイミーを偲んでタイトルにした
本作は、Alabama Shakes の盟友 Zac Cockrel (b)、Robert Glasper (key)、
Nate Smith (ds) など最強メンバーをバックに迎え制作されています。

バンドの時とは違い、アメリカ南部文化の要素を強調したものから
自分自身や世界中の人に向けて説得力ある歌唱を披露している。


すでにビルボード・チャートの Americana/Folk Albums で1位、
Independent Albums、Top Rock Albums で2位、 Alternative Albumsで
3位を獲得するなど評価も高い1枚。おススメです。








店頭にて販売中です。
ご来店お待ちしています。





JERRY GARCIA

Jerry Garcia Acoustic Band
ALMOST ACOUSTIC : Recorded Live





こんにちは。酷暑が続いていますが体調にはくれぐれも
お気をつけください。



さて本日は、JerryGarcia が亡くなって24年目にあたります。
なので今年の5月に再発したこのレコードを紹介します。


2018年にも RSD Black Friday の2枚組/5000枚/限定盤
(180G グリーン・マーブル・カラー)として再発されましたが、


今回は 2枚組(180G パープル・カラー)となります。
もちろん前回同様にゲートフォールド・スリーヴで、
ダウンロード・コードが付属します。




Round Records / 2 X Vinyl  LP / JGFRR1025 SOLD!
JGAB20190809001.jpg
Purple 180G / Epanded Edition / Includes Free Download Card

JGAB20190809002.jpg

Side A
1 Swing Low, Sweet Chariot
2 Deep Elem Blues
3 Blue Yodel #9 (Standin' On The Corner)

Side B
1 Spike Driver Blues
2 I've Been All Around This World
3 I'm Here To Get My Baby Out Of Jail

Side C
1 I'm Troubled
2 Oh, The Wind And Rain
3 The Girl At The Crossroads Bar
4 Oh Babe, It Ain't No Lie

Side D
1 Casey Jones
2 Diamond Joe
3 Gone Home
4 Ripple

Jerry Garcia - Guitar, Vocals
David Nelson - Guitar, Vocals
John Kahn - Electric Upright Bass
Kenny Kosek - Fiddle
Sandy Rothman - Mandolin, Dobro, Vocals
David Kemper - Snare




アメリカを代表するロック・バンド、The Grateful Dead のギタリストとして
活躍し、サイドプロジェクトとして David Grisman とのコラボ作など当店でも
紹介してきました。

本作は、80年代末のサイドプロジェクトとして Jerry が率いたバンドで、
内容は1987年11月と12月に "Warfield Theater (San Francisco's )" と
"The Wiltern (Los Angeles)"で行われたライヴ音源を収録したものです。

Jerry がアメリカのルーツ音楽を愛していたことは、これまでのブログで
お伝えしてきました。本作でもそれは証明されており、古いトラッド曲から
Jimmie Rodgers, Mississippi John Hurt, Elizabeth Cotten, Tex Logan,
Bill Carlisle などのカバー曲まで演奏されています。




------------------------



<関連商品 CD >



JERRY GARCIA & DAVID GRISMAN
GARCIA GRISMAN
Acoustic Disc / CD / ACD-2
jerry20190809001.jpg

The Thrill Is Gone
2. Grateful Dawg
3. Two Soldiers
4. Friend of the Devil
5. Russian Lullaby
6. Dawg's Waltz
7. Walkin' Boss
8. Rockin' Chair
9. Arabia


Jerry Garcia - Guitar, Vocal
David Grisman - Mandolin
Jim Kerwin - Bass
Joe Craven - Percussion, Fiddle


60年代前半に東海岸のブルーグラス・フェスで始めて出会い、長年の友人関係だった
彼ら二人の最初の録音プロジェクトクトが本盤。それらサウンドは、阿吽の呼吸で
奏でられる。B.B.KING のヒット・ナンバー M-1 やデッドの名曲 M-4、Hoagy Carmichael
の M-8、Irving Berlin の M-5 など選曲もすばらしい。そして何といっても彼ら二人の
スリリングな掛け合いが最高にいい!


---------------


JERRY GARCIA & DAVID GRISMAN & TONY RICE
PIZZA TAPES
Acoustic Disc / CD / ACD-21
jerry20190809002.jpg

1. Appetizer 1
2. Man of Constant Sorrow
3. Appetizer 2
4. Louis Collins
5. Shady Jam
6. Shady Grove
7. Always Late
8. Summertime
9. Appetizer 3
10. Long Black Veil
11. Rosa Lee McFall
12. Appetizer 4
13. Drifting Too Far from the Shore
14. Amazing Grace
15. Little Sadie
16. Knockin' on Heaven's Door
17. Space Jam
18. So What
19. Appetizer 5
20. House of the Rising Sun


Jerry Garcia - Guitar, Vocal
David Grisman - Mandolin
Tony Rice - Guitar


このすばらしい3人による歴史的ジャム・セッションを収めた2本のオリジナル・テープが、
ピザ屋の宅配人によって Jerry 宅のキッチンから盗まれ、デッド・ヘッズを始めとする
一部のファンのみの間で聴かれることになった伝説の音源。これが2000年に晴れて公式に
リリースされたのが本作です。2度と実現することのない,これら演奏は、ファンにとって
宝物と言える作品です。のちに3枚組による完全版もリリースされてます(こちらは、
たくさんの別テイクなどが収録されたマニア向けです)。



すべて販売しております!



JOE FLETCHER

JOE FLETCHER

hotelteneyes20190706003.jpg


こんにちは。


本日は、アメリカのニューイングランド出身で、

現在テネシー州イーストナッシュビルを拠点に活動している
シンガー・ソングライター、Joe Fletcher 。

今回、彼と SNS で交流のあった先輩を経由して送られてきた
(本人より)新作のレコードと3作目にあたる CD を紹介します!

当ブログで以前に紹介したことのある Brown Bird とも交流が
あり、個人的にも好きなシンガー・ソングライターです。
Brown Bird  ☞ 過去の記事1過去の記事2




------------------




まずは、CD から紹介します。


2007年に彼が率いた初期バンド、"The Wrong Reasons" で
自主制作となるアルバム『Bury Your Problems 』をリリース。

続いて2011年に2枚目のアルバム『White Lighter』をリリース。

そして本作が2014年にリリースされた3枚目のアルバムです!


You've Got The Wrong Man
Wrong Reasons Records / CD / WRR005
hotelteneyes20190706005.jpg

1. Florence, Alabama
2. Haint Blue Cadillac
3. Miss Red
4. Blame Game Blues
5. I Never (Reprise)
6. Oceanside Motel
7. Heart In A Mousetrap
8. The Wilsons
9. Life Of The Party
10. The Promise
11. Highway Roulette
12. Mabel Grey

Joe Fletcher - Vocals, Guitar
Jacob Edwards - Drums
Dan Blakeslee - Background Vocals
Danny Roaman - Background Vocals
The East Nashville Mtivational Choir - Background Vocals


彼自身のオリジナル曲に加え、今は亡き友人 Brown Bird (David Lamb)
のカバー曲などで構成され、それらは、ロードアイランドやジョージア、
テネシーなどで数か月にわたってライヴ・レコーディングされました。

彼が影響を受けた Woody Guthrie や Leadbelly, Jimmie Rodgers などの
精神を受け継いだ1枚。アコースティック・ギターとエレクトリック・ギターを
持ち替え、バリトン・ヴォイスで聴かせてくれます。

試聴はこちらでできます ☞ Joe Fletcher Bandcamp


すでにパッケージではほとんど流通していません。今なら CD お買い上げ
いただいたお客様に先着で以下、缶バッチ、マッチ、ピック、ボールペン
の中から1つ特典としてお付けいたします↓

hotelteneyes20190706006.jpg





---------------------




続いて


Rock N' Roll な


新作レコードです!!!



HOTEL TEN EYES
Positively Fireproof
Wrong Reasons Records / LP / WRR005
hotelteneyes20190706001.jpg

1. Hardly Even Ever Awake
2. Bottom of the Hill
3. Never the Bride
4. Pure Black Afternoon
5. Tuff Teeth
6. V.I.P
7. Novocaine
8. The Grass is Always Greener
9. Lobby Theme
10. P.S.

Joe Fletcher - Vocals, Guitar
Ron Gallo - Bass, Vocals
Charlie Shea - Drums, Vocals, etc.
Brian Wright - keyboard ( on M-7 )



2017年12月7日にテネシー州ナッシュビルのステージをかわきりに
スタートした Joe Fletcher 率いる Rock N' Roll バンド、Hotel Ten Eyes 。

このステージの1か月後には、本作『Positively Fireproof』のレコーディング
がスタート。バンドとしての記念すべきデビュー・レコードとなります。

これまでのアメリカーナな作品とは一味違い、Nick Cave や Tom Waits,
The Velvet Underground なんかを連想させるエレクトリックなサウンドを
全面にロックな仕上がりとなっています。


こちらのレコードもほとんど流通されていないと思います。今なら レコード
お買い上げいただいたお客様に以下、Hotel Ten Eyes オリジナル
ステッカー、カード、ボールペンの3点をセットでお付けします↓

hotelteneyes20190706004.jpg



☞ Joe Fletcher Home Facebook
☞ HOTEL TEN EYES Home Facebook




店頭にて販売中です。
ご来店お待ちしています。





プロフィール

po69

Author:po69
PO'BOY RECORDS

AMERICAN ROOTS MUSIC
( BLUES, FOLK, SSW,
BLUEGRASS, OLD TIME,
JUG/WASHBOARD, etc )

NEW & USED RECORDS,
CDS, BOOKS
AND MORE...

大阪市北区豊崎3-6-15 
第2淀川ビル3F
TEL:06-7494-9358

OPEN 14:00 CLOSE 20:00
(日曜 14:00 - 19:00)
木曜定休

.......................

PO'BOY RECORDS
Yodogawa N0.2 Bldg 3F
3-6-15, Toyosaki ,Kita-ku,
Osaka 531-0072 JAPAN
TEL&FAX +81-6-7494-9358

Open - Close
Mon. - Sat. 14:00-20:00
(Sun. 14:00-19:00)
Thu. - Closed

カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QR
2019年11月の定休
●木曜定休
カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
リンク
アルバム
検索フォーム
THANK YOU !!
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

<消費税率変更に関して>
2019年10月1日以降より10%での税込価格表示に変更となります。