FC2ブログ

【再入荷】 VA / Lifting The Veil: The First Bluesmen

Lifting The Veil:
The First Bluesmen Rev. Gary Davis & peers




『Anthology of American Folk Music』の編集でも知られる Harry Smith 。
過去ログ参照 ☞ こちら

その Harry Smith が所有していたSP音源から編集された1枚です!


Lifting The Veil 20180316001

1. Sermon On Pancakes – Leadbelly
2. The Blood's Done Signed Your Name – Leadbelly
3. Come Down To See Me Sometime – Rev. Gary Davis
4. Lost John –Rev. Gary Davis
5. Soldier's Drill – Rev. Gary Davis
6. Gallows Pole – Leadbelly
7. Leaving Blues – Leadbelly
8. Slow Blues In E – Rev. Gary Davis
9. Starvation Blues – Big Bill Broonzy
10. Biting Bee Blues – Leola B. Wilson & Blind Blake Black
11. Mountain Jack –Rev. Gary Davis
12. I Didn't Want To Join The Band – Rev. Gary Davis
13. A Rag – Buddy Boy Hawkins
14. Raggin' The Blues – William Moore
15. Old Country Rock – William Moore
16. Poor Boy – Gus Cannon & Blind Blake
17. Poor Boy – Ramblin' Thomas
18. Mississippi Bo Weevil Blues – Charley Patton
19. Screamin' And Hollerin' The Blues – Charley Patton
20. Mississippi Jail House Groan – Rube Lacy
21. Ham Hound Crave – Rube Lacy
22. Seven Sisters Blues – Edward Thompson
23 .Hard Dallas Blues – Ramblin' Thomas
24. Gnawing Blues – Ramblin' Thomas
25. Going Crazy – Ramblin' Thomas

Tracks 1-8, 11, and 12 are previously unpublished:
Leadbelly: radio broadcast, February 14, 1941.
Rev. Gary Davis: home recording, 1956-57.


Harry Smith のアーカイヴはこれまでも紹介されてきましたが、本作に収録
されている Leadbelly と Rev. Gary Davis は、1941年と1956年から57年に
録音された未発表プライベート音源です。


さらにライナー・ノーツには、Alan Lomaxの妻である Elizabeth Lyttleton Harold
が1951年に編集した Gary Davis の口述歴史(未刊行の資料)の抜粋が掲載
されています。



ご来店お待ちしています。



VOICES OF MISSISSIPPI

VOICES OF MISSISSIPPI
: ARTISTS AND MUSICIANS DOCUMENTED BY WILLIAM FERRIS




前回、カタログのご紹介をした Dust-to-Digital から久しぶりの
ニューリリースです。



アメリカ南部の研究の確立と拡大をめざす確固たるコミットメントを
持つWilliam Ferris、オーディオ録音家、映画監督、民俗学者、そして
教師としての顔を持つ彼のライフ・ワークとも言える作品。




William Ferris
1942年にミシシッピ州ヴィックスバーグで生まれ。勤務先の農場で育ったフェリスは、
若い頃から、農場や地域の人々のアートワーク、音楽、生活を記録し始めました。
彼が作成したレコーディングと彼が製作したドキュメンタリー映画のアーカイブは、
数十年間の高等教育機関の強力なツールとして役立ってきました。




これらの映画や録音を長年にわたって学んできた学生達でけなく、
世界中のリスナーに伝えることで、さらにアメリカ南部文化の理解を
深めることができる




voices-of-mississippi-20180601001.jpg

voices-of-mississippi-20180601002.jpg

voices-of-mississippi-20180601003.jpg

120-page book with 3 CDs + 1 DVD + streaming / download code

●Book edited by William Ferris
Writings by Scott Barretta, David Evans and Tom Rankin
●2CDs featuring Blues and Gospel recordings (1966-1978)
●1CD featuring Interviews and Storytelling (1968-1994)
●1DVD featuring Documentary Films (1972-1980)
Transcriptions and Annotations for each track
●Download/Streaming Code Included



120ページからなる本(貴重な写真を含む)と1966年から1978年にかけての
アメリカ南部におけるブルースやゴスペルの音源を2CDに収録.。
(もう1枚のCDにはインタビューとコンセプトやエピソードなどの解説が収録
されているようです。)
*各トラックの詳細はこちちらで確認してください ☞ Bandcamp

さらに1972年から1980年にかけて撮影されたドキュメンタリー・フィルムが
DVDとして付属されています。

なおダウンロード・コードも付属。


個人的にも昔から大好きな最後のデルタ・ブルースマンと言われた
James "Son" Thomas(ジャケ写の)の44 Blues に始まり、
Scott Dunber や Sonny Boy Watson などなどリアル・ブルースが
たっぷり聴けます。

映像は単に音楽だけを切り取ったものではなくアメリカ南部の生活や
文化を広い視野で収めたドキュメンタリーとなっています。


少し値ははりますが歴史的に価値のあるこの豪華なボックス・セットは
買って損はないと思います。是非ともこの機会に!!


店頭にて販売中です。
ご来店おまちしています。


Dave Alvin & Jimmie Dale Gilmore

Dave Alvin & Jimmie Dale Gilmore
Downey To Lubbock




米 Yep Roc Records からリリースされた新作の国内仕様!



California州,、Downey のThe Blasters(Phil Alvin, John Bazz, Bill Bateman)
で活躍した Dave Alvin と、Texas州,、Lubbock のThe Flatlanders(Joe Ely,
Butch Hancock)で活躍した Jimmie Dale Gilmore によるコラボレーション・アルバム!




BSMF RECORDS/Yep Roc Records / CD / BSMF-2610
DAJDG20180530001.jpg
直輸入国内仕様 / 解説付 / ¥2592(TAX IN)

1. Downey To Lubbock
2. Silverlake
3. Stealin’, Stealin’
4. July, You’re A Woman
5. Buddy Brown’s Blues
6. The Gardens
7. Get Together
8. K.C. Moan
9. Lawdy Miss Clawdy
10. Billy The Kid And Geronimo
11. Deportee (Plane Wreck At Los Gatos)
12. Walk On


2人のベテラン・グラミーノミネート・アーチストが初タッグを組んだ最新盤!

2曲のオリジナルに彼らが影響を受けてきたフォーク、ブルース、カントリーの
ヒーローたち、Lightnin' Hopkins、Brownie McGhee、Johnny "Guitar" Watson、
Woody Guthrie、Steve Young などの楽曲をいぶし銀の演奏とヴォーカルで
聴かせた大人の一枚。










Dave Alvin
1955年生まれ。カリフォルニア、ダウニーで育ち、兄とルーツロックバンド、ブラスターズを結成。
80年『American Music』を皮切りに5枚のアルバムを発表。脱退後、87年『Romeo's Escape』で
ソロデビュー。その後もコンスタントに十数枚のアルバムをリリース。2000年の『Public Domain』で
グラミーを受賞。プロデューサーやギタリストとしても活躍。2014年には、兄フィルと約30年ぶりの
『Common Ground』で再びグラミーにノミネート。

Jimmie Dale Gilmore
1945年テキサス州アマリロ生まれ、ラボック育ちのカントリーシンガー。
72年にザ・フラットランダーズを結成。アルバム『More a Legend Than a Band』を録音するも
正式発売されず解散(91年に再発)。テキサス、オースティンに移り、88年に『Fair and Square』で
遂にソロデビュー。その後93年『Spinning Around The Sun』など3枚がグラミーにノミネート。
映画『ビッグ・リボウスキー』への出演やサントラへの参加など多数あり。




店頭にて販売中です。
ご来店お待ちしています。




ARCHIE LEE HOOKER

ARCHIE LEE HOOKER
and the Coast to Coast Blues Band
Chilling



こんにちは。


今月のBSMF RECORDS リリースよりピック・アップ!

ジョン・リー・フッカーを叔父に持つ Archie Lee Hooker 率いる
The Coast to Coast Blues Band!!

生きていれば2017年8月で生誕100周年を迎える叔父、ジョン・リーに
捧げたアルバムです。



BSMF RECORDS / CD / BSMF-2603 /¥2592(TAX IN)
ALH20180424001.jpg

1. 90 Days
2. Love Ain’t No Play Thing
3. Moaning the Blues
4. Don’t Tell Mama
5. Big Ass Fun
6. Found A Good One
7. Tennessee Blues
8. The Roots Of Our Family
9. Chilling
10. You Don’t Love Me No More
11. Blues Shoes
12. I’ve Got Reasons
13. Don’t Forget Where You Came From
14. Your Eyes
15. Bright Lights Big City
16. Jockey Blues
17. Thank You John

Archie Lee Hooker -vocal

The Coast to Coast Blues Band
Fred Barreto - guitar
Nicolas Fageot - bass
Yves Ditsch - drums
Matt Santos - hammond, harmonica



ディープなヴォーカルで、ミシシッピ・スタイルからアーバンなファンキー・ブルース
まで存分に歌い上げた強力作!ブラジル出身の Fred Barreto など多国籍な
ミュージシャンらをバックに今までの苦難の人生を歌い上げたブルース・アルバム!










Archie Lee Hooker
アーチー・リー・フッカーはミシシッピ州の田舎町インヴァネスの農園に生まれる。叔父は、
ジョン・リー・フッカー。13歳で希望を胸に大都会のメンフィスへ移る。10代でゴスペルグループ、
ザ・マーヴェラス・ファイヴを結成しメンフィスやニューオーリンズで活躍。1989年には叔父の
ジョン・リーを頼り西海岸カリフォルニアへ移る。ブルースを叩きこまれ、しばしばステージや
レコーディングで共演し、多くの経験を積む。1995年にカール・ワイアット&ザ・リズム・キングス
と共にはじめてヨーロッパツアーを行い、ツアー中にファースト・アルバム『Suicide Blues』を
録音し発表。その後、フランスに移り住み、1999年ショーン・ゴンザレスとの『Far From Home』や、
『Archie Lee Hooker Jr.'s Best』を、2002年にはジョン・リーのラストライブも収録した
『New Church of the Blues』をリリース。2011年に現在のバンド、Coast to Coast Blues Band
を結成。2016年に『Chilling』をレコーディングし、ようやく2018年にリリース。





店頭にて販売中です。
ご来店お待ちしています。




ROIKI

ROIKI
Bootlegger


KING OF THE DELTE BLUES



もう4年も前になるのか、、、と思い起こしながら、
この新作に耳を傾けています。


2014年3月、”3 MEN LIVE ! ”と題して Azumiさん、W.C.カラスさんと
共に当店へ歌いに来てくださった Roiki さん。(過去ログ ☞ 3 MEN LIVE !


本作は、16年振りの録音となる新作です。
Robert Johnson のカバーを中心とした弾き語り全10曲を収録!



Southside Records / CD / SSBC-023 / ¥2500(TAX IN)
roiki20180415001.jpg

1. SWEET HOME CHICAGO
2. CATFISH BLUES
3. HAIL HOUND ON MY TRAIL
4. honey bee
5. ME AND DEVIL BLUES
6. ぱちんこ
7. COME ON IN MY KICHEN
8. up jumped the devil
9. shake your money maker
10. 物差

Roiki - Vocal, Guitar


Robert Petway の "Catfish Blues"、ここではエレキによる強烈なスライド演奏を
聴かせてくれる。スライドはギターを膝に置いたラップ・ギター・スタイルです。

"ぱちんこ"は、Blind Willie McTell の"Hillbilly Willie's Blues"のアレンジに日本語詞
をのせたものです。

良い意味でぶれない、そのスタイルに共感する。それはオリジナル曲もカバー曲も
すべてが Roiki スタイルなのです。

ライナーにも『単なるコピーでは意味がない。演者によって噛み砕かれ、吐き出さなく
てはならない。』と書かれている。


現在は大阪を拠点に全国をギター抱え歌い歩いておられます。
Rollin' & Tumblin '~ ♪

生のライヴは、演奏に加えMCも面白いので是非足を運んでみてください。
ライヴ・スケジュール詳細はこちら ☞ ROIKI



CDは当店、ライヴ会場にて販売中です。
ご来店お待ちしています。




プロフィール

po69

Author:po69
PO'BOY RECORDS

AMERICAN ROOTS MUSIC
( BLUES, FOLK, SSW,
BLUEGRASS, OLD TIME,
JUG/WASHBOARD, etc )

NEW & USED RECORDS,
CDS, BOOKS
AND MORE...

● その他、日本のフォーク
SSW/ブルース系のアーティスト
もあります。

大阪市北区豊崎3-6-15 
第2淀川ビル3F
TEL:06-7494-9358

OPEN 12:00 CLOSE 20:00
(日曜 CLOSE 18:00)
木曜定休
.......................
Yodogawa N0.2 Bldg 3F
3-6-15, Toyosaki ,Kita-ku,
Osaka 531-0072 JAPAN
TEL&FAX +81-6-7494-9358

Open - Close
Mon. - Sat. 12:00-20:00
(Sun. 12:00-18:00)
Thu. - Closed

カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QR
2018年8月の定休
●木曜定休
カレンダー
07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
リンク
アルバム
検索フォーム
THANK YOU !!
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

<消費税率変更に関して>
2014年4月1日以降より8%での税込価格表示に変更となります。