ROIKI

ROIKI
Bootlegger


KING OF THE DELTE BLUES



もう4年も前になるのか、、、と思い起こしながら、
この新作に耳を傾けています。


2014年3月、”3 MEN LIVE ! ”と題して Azumiさん、W.C.カラスさんと
共に当店へ歌いに来てくださった Roiki さん。(過去ログ ☞ 3 MEN LIVE !


本作は、16年振りの録音となる新作です。
Robert Johnson のカバーを中心とした弾き語り全10曲を収録!



Southside Records / CD / SSBC-023 / ¥2500(TAX IN)
roiki20180415001.jpg

1. SWEET HOME CHICAGO
2. CATFISH BLUES
3. HAIL HOUND ON MY TRAIL
4. honey bee
5. ME AND DEVIL BLUES
6. ぱちんこ
7. COME ON IN MY KICHEN
8. up jumped the devil
9. shake your money maker
10. 物差

Roiki - Vocal, Guitar


Robert Petway の "Catfish Blues"、ここではエレキによる強烈なスライド演奏を
聴かせてくれる。スライドはギターを膝に置いたラップ・ギター・スタイルです。

"ぱちんこ"は、Blind Willie McTell の"Hillbilly Willie's Blues"のアレンジに日本語詞
をのせたものです。

良い意味でぶれない、そのスタイルに共感する。それはオリジナル曲もカバー曲も
すべてが Roiki スタイルなのです。

ライナーにも『単なるコピーでは意味がない。演者によって噛み砕かれ、吐き出さなく
てはならない。』と書かれている。


現在は大阪を拠点に全国をギター抱え歌い歩いておられます。
Rollin' & Tumblin '~ ♪

生のライヴは、演奏に加えMCも面白いので是非足を運んでみてください。
ライヴ・スケジュール詳細はこちら ☞ ROIKI



CDは当店、ライヴ会場にて販売中です。
ご来店お待ちしています。




VA / Blue Goose Records Sampler

Blue Goose Records Sampler



中古レコードからもう少し紹介しておきます!



78回転のコレクターでありレコード・エンジニアでもある Nick Perls が
創設したブルースのリイシュー・レーベル Yazoo Records 。 その姉妹
レーベルとして新録をリリースしていたのが Blue Goose Records です。

これまでにも当ブログで紹介してきていますので興味のある方は、
ブログ内検索フォームで Blue Goose Records と入力してみてください。



Blue Goose Records ‎/ USED LP / BG-101 / ジャケ、盤共にVG+
va bluegoose sampler20180416

Side A
1. Laughing Rag - Robert Crumb And His Cheap Suit Serenaders
2. Sweet Lorraine - Robert Crumb And His Cheap Suit Serenaders
3. Pigmeat Blues - Jo Ann Kelly
4. Jo's Mistreated Blues - Jo Ann Kelly
5. Oozing Cyst Blues - Alan Seidler
6. What Is The Use Of Calling Me San - Alan Seidler
7. Turnip Greens - Sam Chatmon
8. Go Back Old Devil - Sam Chatmon
9. No Particular Place To Go - Graham Hine
10. Crazy With The Blues - Graham Hine

Side B
1. Honey - John Miller
2. First Degree Blues - John Miller
3. St Thomas - John Miller
4. Pork Chops - John Miller
5. Clam Jam - Steve Calt & Dave Mann
6. Lady Brett's Lover - Steve Calt & Dave Mann
7. Shotgun Blues - Yank Rachell
8. Skinny Woman Blues - Yank Rachell
9. Raymonds Rag - Dave Jasen
10. Make Believe Rag - Dave Jasen
11. Crow Jane - Roger Hubbard
12. Brighton Belle Blues - Roger Hubbard


本作は、1970年から75年までの間でリリースされたアーティストのアルバム
から選曲されたサンプラー盤となります。75年以降も単体のアルバムは、
リリースされていますが サンプラー盤の続編はリリースされませんでした。

Mississippi Sheiks のメンバーとしても知られる Sam Chatmon や
Sleepy John Estesとのコラボで知られる Yank Rachell 、

UK のブルース・フォロアー、Graham Hine と Roger Hubbard 、

Rounder Records にも傑作を残しているギタリスト、John miller、

John Fahey、Woody Mann とのコラボ盤から Jo Ann Kelly

などなど...

アルバムのアート・ワークは、本作にも演奏者として収録されている
Robert Crumb です!




--------------------------------

<関連商品>

上記サンプラー盤にも収録されている、

Robert Crumb And His Cheap Suit Serenaders


ひさしぶりにファースト入荷で 1, 2, 3, 揃っています!

Rcrumb 20140416001

BG-2014 ST (ジャケ、盤共にVG+ / カンパニー・スリーヴ入り)
BG-2019 Number Two (ジャケ、盤共にVG+ / カンパニー・スリーヴ入り )
BG-2025 Number Three (ジャケ、盤共にVG+ )



店頭にて販売中です!
ご来店お待ちしています。



BLUES WOMEN

☞ BLUES WOMEN ☜




こんにちは。

Blues Women Series より、




2018年、バーナード・アリソン、マイク・ジトと共にRUFレコーズの
ブルース・キャラヴァン・ツアーに抜擢されたクロアチアの美人
ブルース・ギター・ウーマン、


Vanja Sky
Bad Penny
BSMF RECORDS / CD / BSMF-2599 / ¥2592(TAX IN)
VS20180323001.jpg

1. Bad Penny
2. Hard Working Woman
3. Hit Me With The Blues
4. Low Down And Dirty
5. All Night
6. Inside Pain
7. Give Me Back My Soul
8. Lost Love
9. Do You Wanna?
10. Married Man
11. Don't Forget To Rock N Roll
12. Crossroads Of Life

プロデューサーにグラミーウィナーのジム・ゲインズを迎え、バックにはマイク・ジトや
ヨンリコ・スコットらががっちりサポート。新人とは思えない完成度の高いオリジナル曲を中心に、
彼女の敬愛するロリー・ギャラガーなどの名曲まで堂々と歌い上げる。まさに今年花開くこと
間違いなしのシンデレラ・ガール。


Vanja Sky (ヴァーニャ・スカイ)
ヴァーニャ・スカイは、クロアチア出身、現在23歳の新人ブルース・ギター・ウーマン。ほんの5年前に
近所の街ブゼットのライブクラブに出入りするようになり、そこで聴いた音楽に衝撃を受け、すぐさま
ネットでギターを購入。影響を受けたギタリストはロリー・ギャラガー、アルバート・キング、SRV。
クラブに出演するミュージシャンからギターを学び、僅か2年後には首都ザグレブに移りブルースバンド
に加入。セルビア、スロヴェニア、ドイツとツアーで回り、腕を磨いてゆく。そして2017年、早くも
ブルース・ウーマンを育てることには定評のあるドイツのRUFレコーズと契約。すぐさまアメリカへ渡り
テネシー州のスタジオでプロデューサーのジム・ゲインズの下、1STアルバム『Bad Penny』の録音に
とりかかる。同時に2018年から共にツアーを回ることが決定しているブルース・キャラヴァンのチームメイト、
バーナード・アリソン、マイク・ジトという百戦錬磨のギタリストとツアー・リハーサルを行い、今まさに
経験を積み、著しい成長を遂げているところだ。今年花開くこと間違いなしのシンデレラ・ガールと言えるだろう。











---------------------------------





続いて



Susan Tedeschi なんかがデビューする以前、

90年代始め、ファースト・アルバムをリリース後に来阪した
同世代でもある彼女の演奏を生で聴いたことを記憶している...


ブルース・ギター・ウーマンの草分けであり、ソロとしては12年ぶり11枚目と
なるアルバムを引っ提げ帰って来た!



Sue Foley
The Ice Queen
BSMF RECORDS / CD / BSMF-2598 / ¥2592(TAX IN)
SF20180323001.jpg

1. Come to Me (feat. Charlie Sexton)
2. 81
3. Run
4. The Ice Queen
5. The Lucky Ones (feat. Jimmie Vaughan)
6. Gaslight
7. Fool's Gold (feat. Billy F Gibbons)
8. If I Have Forsaken You
9. Send Me to the 'Lectric Chair
10. Death of a Dream
11. The Dance
12. Cannonball Blues


ゲスト・ヴォーカル&ギターでZZトップのビリー・ギボンズ、元ファビュラス・サンダーバーズの
ジミー・ヴォーン、アーク・エンジェルやボブ・ディランのバックで活躍するチャーリー・セクストン、
そしてレイ・ヴォーンのバックバンド、ダブル・トラブルのクリス・レイトンら、テキサスの重鎮たちが
彼女のために集結!プロデュースにはベテラン・キーボーディストのマイク・フィニガン。強力作!


Sue Foley (スー・フォーリー)
スー・フォーリーは、1968年カナダのオタワでアイリッシュ家庭の5人兄弟末っ子として生まれる。
ラジオから流れるローリング・ストーンズやレッド・ツェッペリンに影響を受け、13歳からギターを
手にする。18歳で親元を離れ、自らのバンドを率いカナダをツアー。その後、ハーモニカ奏者
マーク・ハメルのバックでツアー中にテキサス、オースチンの老舗アントンズから声が掛かり契約。
1992年のデビュー作『Young Girl Blues』を含め5枚のアルバムをリリース。バディ・ガイ、アルバート・コリンズ、
ジョニー・ウィンターなどのOAも勤め人気を獲得。そして7年間拠点としてきたテキサスを離れ、
カナダへ戻り、シャナキーから『Love Comin' Down』など3枚を発表。2004年からはドイツのRUFに移籍し、
アコースティック・ライブ盤『チェンジ』、2006年に『ニュー・ユーズド・カー』をリリース。大ヒットコンピレーション
『ブルース・ギター・ウーマン』の編集にも関わる。その後、ブラインド・ピッグからピーター・カープとの
デュオ作『Beyond The Crossroads (2012)』など2枚を発表。








店頭にて販売中です。
ご来店お待ちしています。


VA / Lifting The Veil: The First Bluesmen

Lifting The Veil:
The First Bluesmen Rev. Gary Davis & peers




『Anthology of American Folk Music』の編集でも知られる Harry Smith 。
過去ログ参照 ☞ こちら

その Harry Smith が所有していたSP音源から編集された1枚です!

SOLD!
Lifting The Veil 20180316001

1. Sermon On Pancakes – Leadbelly
2. The Blood's Done Signed Your Name – Leadbelly
3. Come Down To See Me Sometime – Rev. Gary Davis
4. Lost John –Rev. Gary Davis
5. Soldier's Drill – Rev. Gary Davis
6. Gallows Pole – Leadbelly
7. Leaving Blues – Leadbelly
8. Slow Blues In E – Rev. Gary Davis
9. Starvation Blues – Big Bill Broonzy
10. Biting Bee Blues – Leola B. Wilson & Blind Blake Black
11. Mountain Jack –Rev. Gary Davis
12. I Didn't Want To Join The Band – Rev. Gary Davis
13. A Rag – Buddy Boy Hawkins
14. Raggin' The Blues – William Moore
15. Old Country Rock – William Moore
16. Poor Boy – Gus Cannon & Blind Blake
17. Poor Boy – Ramblin' Thomas
18. Mississippi Bo Weevil Blues – Charley Patton
19. Screamin' And Hollerin' The Blues – Charley Patton
20. Mississippi Jail House Groan – Rube Lacy
21. Ham Hound Crave – Rube Lacy
22. Seven Sisters Blues – Edward Thompson
23 .Hard Dallas Blues – Ramblin' Thomas
24. Gnawing Blues – Ramblin' Thomas
25. Going Crazy – Ramblin' Thomas

Tracks 1-8, 11, and 12 are previously unpublished:
Leadbelly: radio broadcast, February 14, 1941.
Rev. Gary Davis: home recording, 1956-57.


Harry Smith のアーカイヴはこれまでも紹介されてきましたが、本作に収録
されている Leadbelly と Rev. Gary Davis は、1941年と1956年から57年に
録音された未発表プライベート音源です。


さらにライナー・ノーツには、Alan Lomaxの妻である Elizabeth Lyttleton Harold
が1951年に編集した Gary Davis の口述歴史(未刊行の資料)の抜粋が掲載
されています。



ご来店お待ちしています。



OH, RUN INTO ME, BUT DON’T HURT ME !

V.A. / OH, RUN INTO ME, BUT DON’T HURT ME !
FEMALE BLUES SINGERS RARITIES 1923-1930




こんばんは。


ブログでは初めての紹介となる Sub Rosa レーベルの編集盤です。


SUB ROSA / CD / R268
Oh Run Into 20171117001

1. Trixie Blues - Anna Jones
2. Low Down Despondent Blues - Lena Henry
3. Get It Fixed - Rosa Henderson
4. I’M Gonna Get Me A Man, That’S All - Virginia Liston
5. Come Get Me Papa Before I Faint - Margaret Carter
6. I Want Plenty Grease In My Frying Pan - Margaret Carter
7. Somebody’S Been Lovin’ My Babe - Monette Moore
8. Stole My Man Blues - Martha Copeland
9. Dead Drunk Blues - Margaret Johnson
10. Second-Handed Blues - Margaret Johnson
11. Down South Blues - Coletha Simpson
12. Third Alley Blues - Ivy Smith
13. Sad And Blue - Ivy Smith
14. You’Ll Never Miss Your Jelly - Lil Johnson
15. Never Let Your Left Hand Know - Lil Johnson
16. Pot Hound Blues - Lucille Bogan
17. Coffee Grindin’ Blues - Lucille Bogan
18. Doggin’ Me Around Blues - Jenny Pope
19. Whiskey Drinking Blues - Jenny Pope
20. Bull Frog Blues - Jenny Pope
21. Tennessee Workhouse Blues - Jenny Pope
22. Black Angel Blues - Lucille Bogan
23. Tricks Ain’T Walking Anymore - Lucille Bogan
24. I’m Talking About You, No2 - Memphis Minnie


戦前となる1923年から30年までの女性ブルース・シンガー14人の
貴重な音源を収録。

戦前ブルースとは言うと泥臭いイメージを受ける方も多いかと思い
ますが、本作はどちらかと言うと小粋で都会的なセンスを盛り込んだ
音源が主に収録されていて、ジャズにも通じるなかなかの1枚です。






店頭にて販売中です。
ご来店お待ちしています。



プロフィール

po69

Author:po69
PO'BOY RECORDS

AMERICAN ROOTS MUSIC
( BLUES, FOLK, SSW,
BLUEGRASS, OLD TIME,
JUG/WASHBOARD, etc )

NEW & USED RECORDS,
CDS, BOOKS
AND MORE...

● その他、日本のフォーク
SSW/ブルース系のアーティスト
もあります。

大阪市北区豊崎3-6-15 
第2淀川ビル3F
TEL:06-7494-9358

OPEN 12:00 CLOSE 20:00
(日曜 CLOSE 18:00)
木曜定休
.......................
Yodogawa N0.2 Bldg 3F
3-6-15, Toyosaki ,Kita-ku,
Osaka 531-0072 JAPAN
TEL&FAX +81-6-7494-9358

Open - Close
Mon. - Sat. 12:00-20:00
(Sun. 12:00-18:00)
Thu. - Closed

カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QR
2018年4月の定休
●木曜定休
カレンダー
03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
最新記事
リンク
アルバム
検索フォーム
THANK YOU !!
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

<消費税率変更に関して>
2014年4月1日以降より8%での税込価格表示に変更となります。