Arcola Records

Arcola Records


こんにちは。

本日は2000年代にブルースのアルバムを数タイトルだけ
リリースしていたマイナー・レーベル、Arcola Records を紹介。


Furry Lewis, Bukka White & Friends
Party! At Home
Arcola Records / CD / 1001
BukkaFurry20170519001.jpg

1. Hello, Central, Give Me 49
2. Grey-Haired Woman
3. Little Woman's Bed
4. Tip And Eight Boogie
5. Talking
6. Hambone Blues
7. I'm Drifting
8. Bukka's Goodtime Swing
9. Please, Ma'm
10. Talking

Bukka White - Guitar, Vocal
Furry Lewis - Voice [Talking] (M-8, 10)
Little Man - Voice [Talking] (M-4)


11. Going Away Blues
12. John Henry
13. Talking
14. Skinny Woman
15. Talking
16. Old Dog Blue
17. Talking
18. Let Me Call You Sweetheart
19. Talking
20. Farewell To Thee
21. Mama's Fish
22. When I Lay My Burden Down
23. Kassie Jones And A Message From Furry

Furry Lewis - Guitar, Vocal
Bukka White - Voice [Talking] (M-14, 19)
Calvin Gill - Voice [Comments] (M-21)


本作は、1968年7月3日、5日に Furry Lewis のアパートメントで録音された
音源と同年同月6日に Alvino Red's 宅で録音された音源を収録したもの。

2人を中心に友人達も集いアット・ホームな中で演奏されており、未発表
音源も数曲収録されています。


-----------------


Henry Townsend
The Real St. Louis Blues
Arcola Records / CD /
HTownsend20170519001.jpg

1. Can't You See
2. Mercy
3. Can't Help Myself
4. So Long, So Long
5. Pleasin' Myself
6. My Babe
7. Crying Won't Make Me Stay
8. Sad Story
9. I've Got To Go
10. Long Ago
11. Bye Bye St. Louis
12. Room And Board
13. What's On Your Mind?
14. Let Her Go
15. I Regret
16. Every Once In A While
17. Going Back Home

Henry Townsend - Piano, Harpsichord, Guitar, Vocal

ヘンリー・タウンゼントは、80歳まで録音を残し、2006年9月、ウィスコンシンで
亡くなる(96歳)まで活動していたブルースマン。“ミュール”と言う愛称を持つ彼は、
1909年、ミシシッピで生まれ、シカゴ(カイロ)を経由しセントルイスに辿り着く。
1920年代後半までウォルター・デイビスと活動を共にし、セントルイスでは、初期
ブルースのパイオニア、JDショートと仕事をしていたこともある。録音は、Folkways,
Adelphi, Prestige, Nighthawk, Blueberry Hill 等に残している。本作は、1979年に
彼の自宅とピアノ・ショップでの録音を収録したもの

---------------


Babe Stovall
The Old Ace: Mississippi Blues And Religious Songs
Arcola Records / CD /
BStovall20170519001.jpg

1. Good Morning Blues
2. Candy Man
3. Going Away To Wear You Off My Mind
4. The Ship Is At The Landing
5. Baby Let Me Follow You Down
6. Worried Blues
7. Will The Circle Be Unbroken?
8. How Long How Long Blues
9. Dirty Mistreater
10. Good Morning Little School Girl
11. God's Word Shall Never Pass Away
12. Kansas City Blues
13. Medley: Big Road Blues And Careless Love
14. Interview 1: Family
15. Interview 2: Playing In New Orleans

Babe Stovall - Guitar, Vocal

個人的にも大好きな人ですが、この盤だけ当時買いそびれていました。
やっぱり良いですね~。

ミシシッピ出身で戦後にニューオリンズへ移り住み、フレンチ・クォーター
のストリートで演奏していた頃に再発見されています。Jerry Jeff Walker
が歌う "Mr. Bojangles"は、名タップ・ダンサー、Bill Robinson と言う説と
この Babe Stovell と言う説もありますね。

彼の魅力は、ミシシッピのダウン・ホームなスタイルを持ちつつニューオリンズの
ストリートで観客を楽しませる或いは笑わせると言ったエンターテイナーな側面
を兼ね備えているところだと思います。



店頭にて販売中です。
ご来店お待ちしています。



【再発】 Mamlish Records

Mamlish Records


こんにちは。先週末に紹介できなかった商品をアップしていきます。



まずは、Mamlish Records から初期3作のアナログ盤再発です。


*Mamlish Records
1970年代初め、アメリカの戦前、戦後のブルースを編集しリリースしていた
レーベルで Don Kent によって設立された。Don Kent はブルースやブルーグラス
などの78回転コレクターでもあり、Mamlish 以外に Country Turtle Records や
Flying Crow Records のレーベル・オーナーとしても知られている。




VA / Home Again Blues - Really The Post War Blues
Mamlish Records / LP / S-3799
Mamlish S-3799 21070517001

Side One
1. Luther Huff - 1951 Blues
2. Sonny Boy Johnson - Desert Blues
3. Bluesboy Bill - Come On Babe
4. Sunnyland Slim - Back To Korea Blues
5. Hot Red Happy - Worried Blues
6. Hank Kilroy - Awful Shame
7. Baby Face Leroy - Lou Ella
8. Brother Willie Eason - I Want To Live (So God Can Use Me)

Side Two
1. Frankie Lee Sims - Home Again Blues
2. Sonny Boy Johnson - Come And Go With Me
3. Eddie Kirkland - Time For My Lovin' To Be Done
4. Sunnyland Slim - It's All Over Now
5. John Tinsley & Fred Holland - Keep Your Hands Off 'Er
6. L. C. Green - Come Back Sugar Mama
7. Charles Bradix - Wee Wee Hours
8. Little Sam Davis - 1958 Blues

Mastered By – Nicholas Perls
Sleeve Notes – Don Kent, Pat Conte, Robert Javors






-------------------------


VA / Black Cat Trail
Mamlish Records / LP / S-3800
Mamlish S-3800 21070517002

Side One
1. Elmore James - Hawaiian Blues
2. Big Boy Spires - Murmur Low
3. Johnny Howard - Vacation Blues
4. Slim Pickens - Bad Woman Blues
5. Robert Nighthawk - Crying Won't Help You
6. Grace Brim - Strange Man
7. Willie Lane - Black Cat Rag

Side Two
1. Otis Hinton - Walking Down Hill
2. Snooky Pryor - Boogie Twist
3. Black Diamond - T. P. Railer
4. Chicago Sunny Boy - Western Union Man
5. Baby Face Leroy - Pet Rabbit
6. Rev. Utah Smith - God's Mighty Hand
7. Country Paul - Black Cat Trail

Cover, Artwork – Don Kent
Sleeve Notes – Backwards Sam Firk (Mike Stewart), Don Kent




------------------------


VA / New Deal Blues : 1933-1939
Mamlish Records / LP / S-3801
Mamlish S-3801 20170517003

Side One
1. Joe McCoy - Meat Cutter Blues
2. One Arm Slim - Howling Man Blues
3. Black Ace - Whiskey And Woman
4. Lee Green - Memphis Fives
5. Bo Carter - Don't Do It No More
6. Peanut the Kidnapper - Suicide Blues
7. Chatman Brothers - If You Don't Want Me

Side Two
1. Walter Davis - Sweet Sixteen
2. Memphis Minnie - Keep It To Yourself
3. Big Bill - Dreamy Eyed Baby
4. Bumble Bee Slim - You Can't Take It Baby
5. Pinetop - Tell Her About Me
6. Sonny Scott - Firewood Man
7. Scrapper Blackwell - Alley Sally Blues

Cover, Artwork – Don Kent, from photo lent by Backwards Sam Firk (Mike Stewart),
Liner Notes – Don Kent, Backwards Sam Firk (Mike Stewart)







---------------------




関連で Don Kent が携わったこちらの編集CDもオススメ ↓

waitforme20151219001.jpg

過去の記事 ☞ こちら



店頭にてすべて販売中です。
ご来店お待ちしています。



CHARLIE PARR

CHARLIE PARR
When The Devil Goes Blind



こんにちは。

本日は、2010年に Nero's Neptune より CD と共にリリースされた、
Charlie Parr のアナログ盤を紹介します。(おそらくCDは現在、廃盤かと。。。)

現在は、アメリカ―ナを代表するインディ・レーベル Red House Records
に在籍し精力的に活動中!

ブルースやゴスペル、ワークソング、フォーク、オールド・タイムなどを基本に
力強いスライドと卓越したフィンガー・ピッキングが魅力。



NERO'S NEPTUNE / LP / NN016
CP20170211001.jpg

Side A
1. I Dreamed I Saw Jesse James Last Night
2. South Of Austin, North Of Lyle
3. Where You Gonna Be (When The Good Lord Calls You Home)
4. For The Drunkard's Mother
5. Ain't No Grave Gonna Hold My Body Down

Side B
1. 1890
2. Up Country Blues
3. Mastodon
4. I Was Lost Last Night
5. Turpentine Farm
6. Last Day

Charlie Parr - Guitar (National Reso-phonic Baritone 12-string And 6-string Triolan),
Banjo, Vocals, Foot Percussion

Producer – Bo Ramsey


本作は、自身もギタリストである Bo Ramsey ( Greg Brown, Iris Dement, Lucinda Williams,
Ani Difranco, Calexico ...などとの仕事で知られる。)をプロデューサーに迎えた1枚。

伝統的な音楽を手本にはしているが、複雑で創造的なスタイルは彼独自のもの。
ここでも6弦、12弦ギターを始め、ナショナルやバンジョーを持ち替え演奏されています。

こちらで試聴できます ☞ Charlie Parr Bandcamp





店頭にて販売中です。
ご来店お待ちしています。



Yazoo Records CD 入荷!

Yazoo Records


こんにちは。

Azumi さん、先行告知ありがとうございました。
大変お待たせしました。Yazoo Records の CD 入荷しました!


Yazoo20161229001.jpg

Yazoo20161229002.jpg

Yazoo20161229003.jpg


なお店頭では毎年恒例の ¥1000セールも開催中です。
年内、明日まで営業です。よろしくお願いいたします。



JOHN HAMMOND

JOHN HAMMOND
Mirrors


こんにちは。

本日は、67年代にヴァンガードからリリースされたJohn Hammond の名盤!

本作は、64年のデビュー盤から4作目(ヴァンガード)までに収録されなかった
未発表曲を集めたもの。

BSMF RECORDS / CD / BSMF-7526 / ¥2592(TAX IN)
848064005094.jpg

1. I Wish You Would
2. They Call It Stormy Monday (but Tuesday Is Just as Bad)
3. Statesboro Blues
4. Keys to the Highway
5. I Just Got Here
6. Travelling Riverside
7. Stones in My Passway
8. Walking Blues
9. Death Don't Have No Mercy
10. Motherless Willie Johnson
11. When You Are Gone
12. Rock Me Mama
13. Get Right Church


本作は、M-1~6 がバンドサイド、M-7~13 がソロサイドとして構成されており、
バックにはMichael Bloomfield、Charlie Musselwhite、さらに Robbie Robertson、
Levon Helm、Garth Hudson という The Band の面々が参加!

The Yardbirds のカヴァーなどで知られる Billy Boy Arnold の一発目、
"I Wish You Would"にやられた方も多いはず。

他にも T-Bone Walker、Robert Johnson、Blind Willie McTell などの名曲
カヴァーが多数収録!


★John Hammond(ジョン・ハモンド)
本名ジョン・ポール・ハモンドは、1942年名プロデューサー、ジョン・ハモンドの息子
としてNYで生まれる。高校の時にギターを初め、ブルースにのめり込む。大学を中退し、
プロのミュージシャンとして活動。グリニッジ・ヴィレッジに住んでいた彼のところには
同じ音楽を目指すジミ・ヘンドリックス、エリック・クラプトン、デュアン・オールマン、
ザ・バンドの面々などが出入りし、様々なユニットで共演。1963年にニューポート・フォーク・
フェスティヴァルへ出演しヴァンガードと契約。デビュー作『John Hammond』を初め、
『Big City Blues』、『So Many Roads』、『Country Blues』の4枚の名盤を発表。1973年には
コロムビアより、ドクター・ジョン、マイク・ブルームフィールドとのコラボ作『Triumvirate』を発表。
その後もラウンダー、ポイント・ブランクなど様々なレーベルから30枚以上のアルバムを
コンスタントにリリース。近年も精力的に活動しており、毎回グラミーを初め多くの音楽賞にも
ノミネートされるブルース界のレジェンド。(発売元より引用)





店頭にて販売中です。
ご来店お待ちしています。






プロフィール

po69

Author:po69
PO'BOY RECORDS

AMERICAN ROOTS MUSIC
( BLUES, FOLK, SSW,
BLUEGRASS, OLD TIME,
JUG/WASHBOARD, etc )

NEW & USED RECORDS,
CDS, BOOKS
AND MORE...

● その他、日本のフォーク
SSW/ブルース系のアーティスト
もあります。

大阪市北区豊崎3-6-15 
第2淀川ビル3F
TEL:06-7494-9358

OPEN 12:00 CLOSE 20:00
(日曜 CLOSE 18:00)
木曜定休
.......................
Yodogawa N0.2 Bldg 3F
3-6-15, Toyosaki ,Kita-ku,
Osaka 531-0072 JAPAN
TEL&FAX +81-6-7494-9358

Open - Close
Mon. - Sat. 12:00-20:00
(Sun. 12:00-18:00)
Thu. - Closed

カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QR
2017年8月の定休
●木曜定休
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
リンク
アルバム
検索フォーム
THANK YOU !!
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

<消費税率変更に関して>
2014年4月1日以降より8%での税込価格表示に変更となります。