FC2ブログ

Lauren Sheehan

Lauren Sheehan




こんばんは。


久しぶりの更新となります。


その前に、お盆期間、暑い中ご来店いただいた
お客様どうもありがとうございました。


本日はオレゴン州ポートランドを拠点に活動し、Elizabeth Cotten や
Mississippi John Hurt らに代表される Piedmont Style を受け継ぐ
シンガー/ギタリスト、Lauren Sheehan をご紹介。

Piedmont Style
アパラチア山脈一帯のウエスト・バージニア州、バージニア州、ケンタッキー州、テネシー州、
ノースカロライナ州、ジョージア州と言った地域にある音楽的カテゴリーの一つを指して
ピードモント・スタイルと言われている 。




僕が彼女を知ったのは、キャリア・スタートとなる2002年の
アルバム『Some Old Lonesome Day』からで、それ以降も
全米、カナダなどで活動を続け、3枚のフル・アルバムと
5曲入りEPをリリースしています。


その中から3枚紹介しておきます。


まずは、



Tillamook Burn
Lauren Sheehan / Wilson River Records / CD
LS20190820001.jpg

1. Corrina
2. Honey Baby Blues
3. Roberta
4. Skinny Leg Blues
5. In the Wee Midnight Hours

Zöe Carpenter - Vocal, Guitar,
Lauren Sheehan - Vocal, Guitar, Banjo, Mandolin

Guest
Phil Wiggins - Harmonica
Laura Quigley - Vocal
Greg Clarke - Vocal



2014年リリースの本作は、彼女の娘で編集者/ライターでもある
Zoë Carpenterとのデュオ作(5曲入りEP)。娘である Zoë も母同様に
印象深いギターを引き、ソウルフルな歌声の持ち主で二人のハーモニー
が冴えます。

さらにカントリー・ブルース・ファンならご存知 Cephas & Wiggins として
活躍したブルース・ハーピストの Phil Wiggins も参加(M-3)。

Geeshie Wileyの「Skinny Leg Blues」 やBlind Willie McTell の
「In the Wee Midnight Hours 」カバーも収録!






---------------------------




“Your CD is excellent — it accompanied me (over and over) on my swing up
from Seattle to Anacortes when I was very tired and had done too much driving.
It's a keeper.” —Peggy Seeger




Rose City Ramble
Lauren Sheehan / Wilson River Records / CD
LS20190820002.jpg

1. The Memory of Your Smile
2. Dirty Rat Swing
3. In the Wee Midnight Hours
4. Carroll County Blues
5. Chilly Waters
6. Honey Baby Blues
7. Black is the Color
8. Oh, the Candyman
9. Satisfied Mind
10. I Want Jesus to Walk with Me
11. Little Bird of Heaven
12. Oh, My Stars
13. Louie’s Blues
14. Can’t Afford to Lose My Man
15. I’m So Lonesome I Could Cry

Lauren Sheehan - guitar, resonator guitar, banjo, mandolin, vocals
Terry Robb - guitar. slide guitar
Michael Ballash - drums
Betsy Branch - fiddle, vocal
Zoe Carpenter - vocal
Greg Clarke - mandolin, fretless banjo
Laura Quigley - bass
Dean Meuller - bass
Elizabeth Nicholson - harp, vocal
Johnnie Ward - harmonica, saxello, vocals



Peggy Seeger も絶賛!2011年リリースとなる本作は、Folk Radio Charts 8位、
オレゴンの Roots Radio Chart 2位に入ったアルバムで古典的なブルースや
ブルーグラスのナンバーからポートランドにゆかりのあるミュージシャンの
カバー曲なども収録されています。

Stanley Brothers (M-1)のブルーグラス・クラシックに始まり、Memphis Minnie
( M-2, M-14) 、Blind Willie McTell (M-3)などなど。

個人的にも好きで、このブログにも紹介している Martha Scanlon(M-11)や
Michael Hurley (M-12) のカバーも収録。さらに John Fahey とのコラボでも
知られるギタリスト、Terry Robb も参加してます。




------------------------



Two Wings
Lauren Sheehan / Wilson River Records / CD
LS20190820003.jpg

1. Two Wings
2. Won't You Be Kind
3. Lonesome Day Blues
4. Are You Tired Of Me?
5. Farewell Swallowtail
6. Drunk Man Blues
7. Risin' River Blues
8. In My Girlish Days
9. Del ta Queen
10. Kind Hearted Woman
11. God's Gonna Ease My Troublin' Mind
12. Statesboro Blues
13. Only One And Only
14. Red Rocking Chair

Lauren Sheehan - guitars, banjo, vocals.

Phil Wiggins - harmonica (M-1,2,6,7,11,13)
Bill Uhlig - bass (M-2,3,8,10,11)
Ryc Williamson - bass (M-1,4,7,13)
Peter "Spud" Siegel - mandolin (M-4,13)
Dick Titterington - trumpet (M-3,8)
Kate Power - harmony voca l(M-4)





最後は、2005年作で Independent Music Awards / Album of the Year
のファイナリスに選ばれたアルバム。

Hattie Hart (M-2) や Blind Willie McTell (M-3, 12)、Robert Johnson (M-10)
といったカントリー・ブルースのカバー曲から A.P.Carter (M-4 )や Clarence Ashley
(M-6, 11)といったオールド・カントリー、アパラチアン・バラッドのカバー曲など
が収録されています。その他、アルバム中で唯一、Gillian Welch & David Rawlings
のモダン・カバーも聴きもの。

このアルバムにも Phil Wiggins がブルース・ハープで好サポートを務めていて、
より色濃い Piedmont Style が聴ける。


------------






他のも動画あり ☞ Visit Lauren Sheehan's YouTube channel





店頭にて販売中です。

明日から23日(金)までお休みです。
お間違いないよう宜しくお願いします。






【再入荷】 JESSE FULLER

JESSE FULLER

Move On Down The Line
singing and playing his 12 string guitar, harmonica, kazoo, sock cymbals and fotdella




こんにちは。



本日は再入荷となる、

'
The Lone Cat' こと Jesse Fuller の1枚!



Fledg'ling Records / CD / FLED3074
jf20160318002.jpg

Recorded March 19, 1965 in London, England.
1. Move On Down The Line
2. Stealing
3. Ninety Nine Years And One Dark Day
4. Animal Fair
5. Sleeping In The Midnight Cold
6. Stackolee

Recorded ca. 1954 in El Cerrito, CA. First issued as "Working On The Railroad"
by World Song (WS1) and Topic (10T59) in 1960.

7. John Henry
8. Railroad Worksong
9. Lining Up The Tracks
10. Hanging 'Round A Skin Game
11. Railroad Blues
12. San Francisco Bay Blues

Jesse Fuller - vocals, 12 string guitar, harmonica, kazoo, sock cymbals, fotdella(foot-operated bass)


本作は1965年に UKのレーベル Topic からリリースされた編集盤(LP)を
CD化したものです。

前半の6曲は、1965年3月19日にiイギリスはロンドンの Ceil Sharp House
で Peter Kennedy によって録音された楽曲を収録。

後半の6曲は、1954年にアメリカはカリフォルニア州のエルサリートで
Margaret と Irwin Goldsmith よって録音され楽曲を収録。

ちなみ後半6曲は、Margaret と Irwin Goldsmith のレーベル World Songから
1955年に10インチ盤としてリリース。その後、1960年にジャケを変え、Topic から、
2015年にMississippi Records と Secret Seven 共同で、それぞれ10インチ盤で
再発しています。

San Francisco Bay Blues の生みの親であり、後に多くのミュージシャンに影響を
与えたことは言うまでもない。歌と12弦ギター、カズー、ハーモニカ、フットデラ
(自作の足踏み式ベース)を駆使したワンマン・バンド・スタオル。

痛快なギターによるレイルロード・ソング、ワーク・ソング、スピリチュアルなどを
軽くこなすその芸風は今聴いても楽しめます。



店頭にて販売中です。
ご来店お待ちしています!


DAVE ALLEN

DAVE ALLEN
Color Blind : Dave Allen "The Man"



もう一枚、



不出世のホワイト・ブルース・ギタリスト、
Dave Allen 。



Charly Records / CD / SNAX619CD
DA20190703001.jpg

Original LP (Tracks 1 - 11)
1. Terp
2. How Can You Be So Cold
3. Baby Please Don't Try To Tell Me What To Do
4. Dave's Blues
5. Lord Have Mercy
6. Goin' Back To Houston
7. Poor Soul
8. Livin' In A World Of Darkness
9. Bone's Home
10. Midnight Hour Blues
11. Goin To St. Louis

Dave Allen - Guitar, Vocals
Charles Teague - Bass
Tommy 'Bone' Crone - Drums
Larry Williamson - Piano


Bonus Tracks :
12. C.C. Rider
13. Saturday A.M. Blues
14. Breakfast In Bed ( Big Walter - Featuring Dave Allen )
15. All In My Mind ( Jimmy Rogers - Featuring Dave Allen )


テキサスの小さな町で育ったDavid Allen Stichは、フィドルとマンドリンから
自身のキャリアをスタート。12歳でギターを始め、14歳でプロとして活動し、
初期のElvis Presleyの公演を見たことで、Scotty Mooreに溺れ、ラジオ局から
発せられたブルースやR&B などに学びました。

1957年にヒューストンへ移動しシングルの録音をするとともに Roy Orbison や
Charlie Rich, Bobby "Blue" Bland, Jimmy Reed, Doug Sahm, T-Bone Walker
などとの多数のテレビ出演wを果たす。

1969年に彼の唯一のアルバムとなる本作を録音するもレーベルの破産によ
りセールスも失敗に終わる。彼の人生もまた離婚、子供と親権争い、激しい喫煙
と酒、ドラッグなどの過剰によって悪化した健康問題を理由に活動も低迷した末、
1985年43歳で肺炎のため他界。

本作は、テキサス・ギター・スリンガーの遺作であり忘れられた名盤です。
T-Bone Walkerへのオマージュ曲 "Bone's Home" を含むオリジナル LPの
11曲に加え、Big Walter や Jimmy Rogers とのコラボ曲など4曲のボーナス
トラックを追加。アグレッシヴなギターとソウルフルな歌声を聴いて欲しい!





店頭にて販売中です。
ご来店お待ちしています。










【再入荷,他】 MICHAEL BLOOMFIELD

MICHAEL BLOOMFIELD



こんにちは。


本日は、ホワイト・ブルースを代表するギタープレイヤー
MICHAEL BLOOMFIELD です。


1943年、イリノイ州シカゴでユダヤ系の両親の元で生まれる。ティーン・エイジャーの
頃からシカゴのサウス・サイドにあるクラブに出入りするようになり、ブルースの熱狂
的な信者となる。若くしてスリーピー・ジョン・エステス、ヤンク・レイチェル、
リトル・ブラザー・モントゴメリーなどと交流しギタリストとしての才能を開花させて
行く。その後は、ポール・バターフィールド・ブルース・バンド、エレクトリック・フラッグ、
アル・クーパーとのスーパー・セッションなどロック界にも多くの伝説を築いてゆく。
他にもボブ・ディランやジャニス・ジョップリン、‘ブルースの父’マディ・ウォターズと
と言ったブルース勢とも多くの交流を残した。70年代後半以降、ソロとしてサン・フランシスコ
のベイ・エリアで活動するも、すでにヘロインの中毒に侵され、81年にオーバー・ドーズで死去。





If You Love These Blues, Play 'em As You Please
Kicking Mule Records / CD / KMCD-9801-2
MB20190703001.jpg

『 IF YOU LOVE THESE BLUES, PLAY'EM AS YOU PLEASE 』 1-22
1. If You Love These Blues
2. Hey, Foreman
3. Narrative #1
4. WDIA
5. Narrative #2
6. Death Cell Rounder Blues
7. Narrative #3
8. City Girl
9. Narrative #4
10. Kansas City Blues
11. Narrative #5
12. Mama Lion
13. Narrative #6
14. Thrift Shop Rag
15. Narrative #7
16. Death In My Family
17. East Colorado Blues
18. Blue Ghost Blues
19. Narrative #8
20. The Train Is Gone
21. Narrative #9
22. The Altar Song

Michael Bloomfield - E.Guitar, A.Guitar, Slide Guitar, Bass, , Drums, Piano, Organ, Vocals
Nick Gravenites - E.Guitar, Vocals
Roger Troy - Bass
Doug Kilmer - Bass
Tom Donlinger - Drums
David Neditch - Drums
Ira Kamin - Organ, Piano
Eric Kriss- Piano
Hart McNee - Baritone Sax
Ron Stallings - Tenor Sax


『 BLOOMFIELD HARRIS 』 23-31
23. I'll Overcome
24. I Must See Jesus
25. Great Dreams From Heaven
26. Gonna Feed Somebody On My Bond
27. I Am A Pilgrim
28. Just A Closer Walk With Thee
29. Have Thine Own Way
30. Farther Along
31. Peace In The Valley

Michael Bloomfield - A. Guitar
Woody Harris - A. Guitar



マイクが生前のインタビューで、‘自身の中で、1番気にいっている’と
語っていた“ギター・プレイヤー・マガジン”の教則用に吹き込んだ アルバム
とアコースティック・ギターの名手、WOODY HARRIS と吹き込んだアルバム
(「BLOOMFIELD HARRIS )を1枚のCDに収録したもの。

前半は、教則用とあってB.B.KING, T-BONE WARKER, と言ったモダン・ブルース
のスタイルから、LONNIE JOHNSON, TEDDY BUNN, EDDIE LANGなどの単弦奏法、
BLIND BLAKEのようなジョージア・スタイル(ラグタイム)、CARTER FAMILY,
JIMMIE RODGERS,などのカントリーまでエレクトリック・ギターとアコースティックギター
を織り交ぜて演奏される。後半は、ブルース、カントリー、フォーク、オールド・タイム、
ジャズ、ゴスペル、R&B、それらとクロスオーバーするワールド・ミュージック(ハワイ、
カリブ、ボサなどを、互いの卓越したフィンガー・ピッキングで聴かせてくれます。



------------------------------




Live At The Old Waldorf
Columbia ‎/ CD / CK65688
MB20190703002.jpg

1. Blues Medley: Sweet Little Angel / Jelly Jelly
2. Feel So Bad
3. Bad Luck Baby
4. The Sky Is Cryin'
5. Dancin' Fool
6. Buried Alive In The Blues
7. Farther Up The Road
8. Your Friends
9. Bye, Bye

Mike Bloomfield - E. Guitar
Nick Gravenites - Lead Vocals, Rhythm Guitar
Roger (Jellyroll) Troy - Bass, Lead Vocals
Bob Jones - Drums, Lead Vocals
George Rains - Drums
Mark Adams - Harmonica
Mark Naftalin - Piano
Barry Goldberg - Hammond Organ


こちらは1976年、Jeffrey Pollack がサンフランシスコでオープンさせたクラブ
"Old Waldorf "でおこなったライブ音源を編集したもの。

Paul Butterfield Blues Band や Electric Flag 時代の旧友がバックを務め、
Mike の生まれ持ったブルース・フィーリング溢れるギターが堪能できる作品。




-----------------------------


関連商品として


Old Glory: The Best Of Electric Flag
BSMF RECORDS / CD / BSMF-7576 / ¥2376(TAX IN)
MB20190703003.jpg

1. Killing Floor
2. Groovin’ Is Easy
3. She Should Have Just
4. Goin’ Down Slow
5. Texas
6. Sittin’ In Circles
7. You Don’t Realize
8. Movie Music- Improvisation
9. Another Country
10. Easy Rider
11. Soul Searchin’
12. See To Your Neighbor
13. With Time There Is Change
14. Nothing To Do
15. Hey Little Girl
16. Drinkin’ Wine (Live)
17. The Night Time Is Right (Live)

Mike Bloomfield - E. Guitar
Barry Goldberg - Keyboards
Buddy Miles - Drums
Harvey Brooks - Bass
Nick Gravenites - Lead Vocals



1967年に MikeBloomfield を筆頭に Barry Goldberg, Buddy Miles, Harvey Brooks,
Nick Gravenites らで結成されたバンド、


本作は、1995年に Columbia からCD化されたものの再発盤となります。内容は、1
968年にリリースした1st『A Long Time Comin'』、2nd『An American Music Band』
の2枚からの音源を中心に、1967年モンタレー・ポップ・フェスティヴァルのライブ音源
やサントラ音源を収録したベスト盤。




店頭にて販売中です。
ご来店お待ちしています。






JONTAVIOUS WILLIS

JONTAVIOUS WILLIS
SPECTACULAR CLASS



明日からいよいよ GW ですね。
当店はいつもと変わりなく開けてます。



さてこちらもレコードで紹介します。


今月頭にニューヨークで開催された Brooklyn Folk Festival 2019 
にもラインナップされていて気になっていた人です。



プロデュース、 Keb’ Mo’
エグゼクティブ プロデューサー Taj Mahal


で送る弱冠22歳の新進マルチ・インストゥルメンタリスト、


Jontavious Willis による


ニュー・アルバム!!



"That's my Wonderboy, the Wunderkind. Jontavious is a great new voice
of the 21st century in the acoustic blues.” - TAJ MAHAL





Kind Of Blue Music / LP / KOBM420191
JW20190426001.jpg

1. Low Down Always
2. The Blue Is Dead?
3. Resting on My Mind
4. Daddy's Dough
5. Friend Zone Blues
6. Jon's Boogie
7. Take Me to the Country
8. Liquor
9. Long Winded Woman
10. The World Is in a Tangle

ウィリス自身によって書かれたオリジナルの歌詞を通して才能のある
ダイナミックなボーカルとデルタ、ピードモント、テキサス、ゴスペルと
さまざまなタイプのブルースを得意とする時代を超越したアルバム!

エレクトリック、アコースティック・ギターからなる彼の際立ったフィンガーピッキング、
フラットピッキング、そしてスライド・プレイも魅力。

本作は、2016年にリリースされた彼のデビューアルバム 「Blue Metamorphosis」
の続編で、Living Blues や Blues&Rhythm などの著名な雑誌から絶賛されています。

2018年、アルバムは、インターナショナル・ブルース・チャレンジを通して、
ブルース財団から表彰され、そこで彼はベス・トセルフ・プロデュースCD賞を
受賞しました。



ジョージア州グリーンビル出身。彼の祖父と一緒にマウントピルグリムバプテスト教会
で福音音楽を歌いながら育ちました。幼い頃から、彼は音楽に対する才能と情熱を持ち、
そしてそのスキルを早くから磨かれました。14歳の時、彼は「Hoochie Coochie Man」を
演奏しているMuddy WatersのYouTubeビデオに出会いブルースに夢中になりました。
アフリカン・アメリカン音楽を継承してきた生きる伝説、Taj Mahal との出会いによって
TajMo (Taj MahalとKeb 'Mo' )のオープニング・アクトとしてツアーに同行し、彼らの
音楽的な指導を得ました。

彼の楽器の演奏スタイルと彼の声はカントリーブルースのルーツに触れています。
ある新聞の見出しで彼を「20歳の体の中に70歳のブルースマンいる」と呼んだ。











店頭にて販売中です。
ご来店お待ちしています。



プロフィール

po69

Author:po69
PO'BOY RECORDS

AMERICAN ROOTS MUSIC
( BLUES, FOLK, SSW,
BLUEGRASS, OLD TIME,
JUG/WASHBOARD, etc )

NEW & USED RECORDS,
CDS, BOOKS
AND MORE...

大阪市北区豊崎3-6-15 
第2淀川ビル3F
TEL:06-7494-9358

OPEN 14:00 CLOSE 20:00
(日曜 14:00 - 19:00)
木曜定休

.......................

PO'BOY RECORDS
Yodogawa N0.2 Bldg 3F
3-6-15, Toyosaki ,Kita-ku,
Osaka 531-0072 JAPAN
TEL&FAX +81-6-7494-9358

Open - Close
Mon. - Sat. 14:00-20:00
(Sun. 14:00-19:00)
Thu. - Closed

カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QR
2019年7月の定休
●木曜定休
カレンダー
07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
リンク
アルバム
検索フォーム
THANK YOU !!
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

<消費税率変更に関して>
2014年4月1日以降より8%での税込価格表示に変更となります。