FC2ブログ

KENDEL CARSON

KENDEL CARSON

The Lost Tapes Of Suzanna Hamilton
with The Calgary Sessions





本日は、BSMF RECORDS より国内仕様でリリースされた
カナダの美しきフィドラー&シンガー、Kendel Carson です。


幸運にも2011年に Chip Taylor と共に来日を果たした際に
彼女の演奏を生で聴く機会をいただきました。


Van Morrison の初期のギタリストとして知られる John Platania
も同行していたツアーでしたが、まったく引けを取らない演奏でした。


他に John Prine のツアーなんかにも参加しているので要チェックです!!




BSMF RECORDS / CD / BSMF-6155 / ¥2592
KC20181105001.jpg

Disc 1: The Lost Tapes of Suzanna Hamilton
1. Paint me a Cowboy
2. The Burning of Suzanna
3. Chicago Man
4. Crazy Moon
5. Lilly
6. Make Me a Microphone
7. Paint Me a Cowboy
8. Yankee Boy
9. Fighting Soldier
10. That’s The Way It Is
11. About True Love

Disc 2: The Calgary Sessions
1. Waiting For Dreams
2. Find A Way
3. Any Way The Wind Blows
4. I Woke Up Missing You So Bad
5. Mexican Standoff
6. Hot Iron Waltz
7. Find A Way (Long Version)

本作は、2009年『Alright Dynamite』をリリース後、Chip Taylor が書いた
映画脚本のサントラとして制作され、お蔵入りとなっていた貴重な未発表
音源をまとめたもの。さらにカナダのセッション音源をボーナス・ディスク
として追加!

Disc1 のThe Lost Tapes には、先に紹介した John Platania(G) や
Greg Leisz(Pedal Steel)らが参加しています。


Kendel Carson
ケンデル・カーソンは、1985年カナダのカルガリー出身。3歳でバイオリンを始め、クラシックを学ぶ。
12歳で兄弟のタイラーと共にヴィクトリア・シンフォニーのソリストとして活躍。2003年にはカナダの
ナショナル・ユース・オーケストラとも共演。またストリートでもポピュラー音楽を演奏し、カナダの
フォーク・ロック・グループ、スピリット・オブ・ウェストにゲスト参加。そしてケルト・ロック・バンド、
ザ・ペーパーボーイズに正式加入。04年バンドでフェスに出演した際、ベテランSSWのチップ・テイラー
と出会う。彼女のフィドルだけでなくヴォーカリストとしての才能を見出したチップは、07年のデビュー作
『Rearview Mirror Tears』をプロデュース。09年にはセカンド『Alright Dynamite』をリリースし、多くの
メディアから高い評価を受ける。また11年のチップのアルバム『ロックン・ロール・ジョー』にも参加し、
彼とのアメリカ、ヨーロッパ・ツアーにも同行(来日も果たす)。その後、カントリー・バンド、ベル・スター
を結成し、2013年に『Belle Starr』を発表(発売元より引用)





店頭にて販売中です。
ご来店お待ちしています。




Just Because I'm A Woman

Various -
Just Because I'm A Woman - Songs Of Dolly Parton




15年前にリリースされたコンピレーションで、個人的に今でも
愛聴している1枚!紹介できることが嬉しい。


今もなお多くのミュージシャンにリスペクトされているアメリカン
シンガー、Dolly Parton のトリビュート・アルバムです。



Sugar Hill Records / CD / SUG-CD-3980 SOLD! / オーダー可
jbiw20181017001.jpg

1. 9 To 5 – Alison Krauss
2. I Will Always Love You – Melissa Etheridge
3. The Grass Is Blue – Norah Jones
4. Do I Ever Cross Your Mind – Joan Osborne
5. The Seeker – Shelby Lynne
6. Jolene – Mindy Smith
7. To Daddy – Emmylou Harris
8. Coat Of Many Colors – Shania Twain With Alison Krauss & Union Station
9. Little Sparrow – Kasey Chambers
10. Dagger Through The Heart –Sinéad O'Connor
11. Light Of A Clear Blue Morning – Allison Moorer
12. Two Doors Down –Me'Shell N'degéOcello

Bonus Track:
13. Just Because I'm A Woman - Dolly Parton


本作のタイトルは、1968年に RCA よりリリースされた Dolly の
同曲/同アルバムにちなんで名付けられたものです。
そして収録されている楽曲は、彼女の往年のヒット・ナンバーです。

映画にもなった "9 To 5 " に始まり、Whitney Houston のカバー
でも大ヒットした"I Will Always Love You"や Dolly の代表曲
"Jolene" などなど。

それらをカバーする女性ディーヴァ達も豪華で、ここではレーベル
の垣根を越え参加している。これだけでも彼女の偉大さ影響力の
大きさがわかる。

すべて紹介できないが女性ディーヴァ達のバッキンを務めている
ミュージシャンも実は豪華なんです。Alison Krauss は言うまでもないが
Dan Tyminski, Jerry Douglasを始めとする Union Station の面々。 

Emmylou Harris は Rodney Crowell らと、 Mindy Smith のバックには、
Bryan Sutton や Sonny Landreth がサポート。他にも Rhonda Vincent,
Stuart Duncan, Mike Compton, Reggie Young などが参加。

なおボーナス・トラックとして Dolly 本人が歌う Just Because I'm A Woman
も収録!!

このアルバム・リリースの翌2004年に Dolly は文化的功労に対して
アメリカ議会図書館より勲章を授かりました。


Joan Osborne- Do I Ever Cross Your Mind







店頭にて販売中です。
ご来店お待ちしています。





JIM LAUDERDALE

JIM LAUDERDALE
Time Flies



こんにちは。


ニック・ロウ・バンドやマッスルショールズのデヴィッド・フッド、マルチプレイヤーの
ジム・ホークなどが参加しロンドンで録音された前作『ロンドン・サザン』から早くも
ニュー・アルバムの登場!





BSMF RECORDS/YepRoc / CD / BSMF-6152 / ¥2592
JL20180824001.jpg
直輸入国内仕様 / 日本語解説付

1. Time Flies
2. The Road Is a River
3. Violet
4. Slow as Molasses
5. Where the Cars Go by Fast
6. When I Held the Cards
7. Wearing Out Your Cool
8. Wild on Me Fast
9. While You're Hoping
10. It Blows My Mind
11. If the World's Still Here Tomorrow

Jim Lauderdale - Vocals, Guitar
Wes Langlois - A.Guitar
Craig Smith - E.Guitar
Kenny Vaughn - E.Guitar
Chris Scruggs - Dobro, A.Guitar, E.Guitar, Steel Guitar, Mandolin
Tommy Hannum - Pedal Steel Guitar
Jay Weaver - A.Bass, E.Bass, Percussion, Tuba
Matt Bohli - Drums
John McTigue - Drums
Dave Racine - Drums
Robbie Crowell - Keyboards, Organ, Piano, Saxophone
Micah Hulscher - Organ, Piano
Frank Rische - Vocals
Lillie Mae Rische - Fiddle, Vocals


今回はホームタウン、ナッシュビルに戻り作られたアメリカーナの最高峰だ!
完成度の高いオリジナル曲の数々は、まさに「ドワイト・ヨーカム・ミーツ・ザ・ビートルズ」と
称される極上のAORカントリー!アール・スクラッグスの孫で人気のセッション・ギタリスト、
クリス・スクラッグスや、ジャック・ホワイトの秘蔵っ子、リリー・メイがコーラスで全面参加。



Jim Lauderdale
ジム・ローダーデイルは、1957年ノース・キャロライナ出身。10代でブルーグラスバンドを始める。
大学卒業後、ニューヨークへ移り、80年にバディ・ミラーのバンドに加入。80年代後半にはLAに移住し、
ルシンダ・ウィリアムスなど多くのミュージシャンと出会う。89年にCBSと契約し『The Point of No Return』
を録音するも発売されず(2001年発売)、ナッシュビルへ移住。
バディ・ミラーの自宅に居候させてもらいながら、ようやく1991年に『Planet of Love』でソロデビュー。
その後はコンスタントにアルバムを発表し、2002年ラルフ・スタンレーとの『Lost in the Lonesome Pines』や
2008年の『The Bluegrass Diaries』でグラミーを受賞。グレイトフル・デッドの作詞家ロバート・ハンターとの
共作でも数枚のアルバムを発表。また作曲家としてもエルヴィス・コステロ、ディクシー・チックス、
ジョージ・ストレイトなどへ数多くの楽曲を提供。また人気TV、ラジオ番組のホストなども務めている。
最新作は2017年『ロンドン・サザン』。






-------------------------------------




今回、彼のニューアルバム『Time Flies』と同時に国内仕様としてリリースとなった
本作は39年ぶりに発見された幻のテープを復元した彼にとっての初アルバムと
言える貴重な未発表音源!!

Jim Lauderdale & Roland White
BSMF RECORDS/YepRoc / CD / BSMF-7565 / ¥2592
JimRoland20180727001.jpg

1. Forgive and Forget
2. Gold and Silver
3. (Stone Must Be The) Walls Built Around Your Heart
4. Six White Horses
5. I Might Take You Back Again
6. Try and Catch the Wind
7. Don't Laugh
8. Regrets and Mistakes
9. February Snow
10. (That’s What You Get) For Loving Me
11. Gonna Lay Down My Old Guitar
12. Nashville Blues

Jim Lauderdale - Vocals, Guitar
Roland White - Mandolin, Guitar, Vocals
Stan Brown - Banjo
Gene Wooten - Dobro
Terry Smith - Bass
Johnny Warren - Fiddle
Marty Stuart - Lead Guitar

Producer – Roland White



1979年、大学を卒業した後、ナッシュビルに5ヶ月間滞在していた時に Rolamd White の
助けを得て録音した音源。当時の Rolamd White と言えばマンドリン奏者として、弟の
Clarence White (Nashville West、The Byrds、Muleskinners )と共にThe Kentucky Colonels
としての活躍や“ブルーグラスの父”と言われたBill Monroe 率いるBluegrass Boys への
参加(ギタリストとして)、Lester Flatt 率いる Nashville Grass 等の活動ですでに多くの人に
知られた存在でした。

本作は Clarence の死後、Rolamd がウェスト・コーストのプログレッシブなブルーグラス、
カントリーロック・バンド、Country Gazette 在籍し第一線で活動していた時に録音されたもの。

録音は Earl Scruggs の自宅地下にあるスタジオで、Rolamd White を筆頭に William Lee Cooper
率いる Clinch Mountain Clan で活躍したGene Wooten とStan Brown やFoggy Mountain Boys で
活躍した名フィドル・プレイヤー、Paul Warrenの息子、Johnny Warren、The Osborne Brothers の
リズム・セクションを支えたTerry Smith などのサポートのもと録音されています。

さらに Johnny Cash のバンドへ参加する前の Marty Stuart もクレジットされています。これは
彼にとっても初期録音だといえます。

Bill Monroe や Flatt & Scruggs などでお馴染みの曲から The Delmore Brothers, The Louvin Brothers,
Country Gazette と言ったカントリー/ブルーグラスの名曲を始め、 Donovan や Gordon Lightfoot と
言った伝説のシンガー・ソング・ライターのカバー曲も収録!



Jim Lauderdale のルーツを知るとても貴重な1枚です!!




どちらも店頭にて販売中です。










VA / ANOTHER COUNTRY

ANOTHER COUNTRY
SONGS OF DIGNITY & REDEMPTION FROM
THE OTHER SIDE OF THE TRACKS.





こんにちは。

前回入荷してすぐ完売した為、紹介できていなかった
コンピレーション盤です。


本作は、フォークやカントリー、ブルーグラス、ロックなどをブレンドし、
オルタナティヴなスタイルで演奏するバンドやミュージシャン達を厳選
し収録されたものです。


どちらかと言えばメインストリームを行く人達とは一線を画したアウントサイダー
達を編集したすばらしいコンピ!!!


Agenda Music / CD / AGN007CD
AnotherCountry20180314001.jpg

1. Don't Bother - Sam Prekop
2. Ghostship In A Storm - Jim O'Rourke
3. Darlin Man - Peggy Honeywell
4. Burn The River Dry - Jim White
5. River Rat Jimmy - Kelly Jo Phelps
6. Dynamite Walls - Hayden
7. Going Nowhere - Len Brown Society
8. Postman - American Analog Set
9. Silo - Scud Mountain Boys
10. Theone - Lambchop
11. War On War - Wilco
12. In Metal - Low
13. Safe and Sound - Hawksley Workman
14. A Dream To Help Me Sleep - David Grubb
15. Ventilating Zephyrs - Mighty Flashlight
16. The Littlest Birds - The Be Good Tanyas
17. Service and Repair - Calexico


試聴 ☞ https://www.youtube.com/watch?v=DNx--r6ho34

--------------



こちらは続編です。



ANOTHER COUNTRY 2
Agenda Music / CD / AGN008CD
AnotherCountry20180314002.jpg

1. Your Old Street - Cub Country –
2. Wheels Going By - Eileen Rose
3. Abileine - Damien Jurado –
4. Lullaby - Chris Mills –
5. The Rooster Moans - Iron & Wine –
6. Ella Mae - Zoe, Pieta & Constie Brown –
7. Sympathy Crime - The Black Heart Procession –
8. My Winding Wheel - Ryan Adams –
9. West Fall - Okkervil River –
10. November - Azure Ray –
11. Steve Albini’s Blues - Songs:Ohia –
12. Shiver - Giant Sand –
13. How Long - The Boggs –
14. A Goodbye Rye - Richard Buckner –
15. Whats Next to The Moon - Mark Kozolek –
16. Clear Day - Hope Sandoval –


試聴 ☞ https://www.youtube.com/watch?v=t9LXzA-qs5M


-------------


Wilco に Lambchop, Calexico, Iron & Wine, Giant Sand, Kelly Jo Phelps, The Be Good Tanyas
など、この2枚のセレクトはホントにオススメです。ここから個々のオリジナル・アルバムを掘り
起こしてもらうと嬉しいです!ちなみにこのコンピは当店で最後の入荷となります。






店頭にて販売中です。
ご来店お待ちしております。


DOLLY PARTON

DOLLY PARTON
Puppy Love



こんばんは。

今日は出勤前にポートランド・フェアへ立ち寄りました。
MR も出店と思ってたけど違いました~


さて今日は、Yep Roc Records のRSD 限定7インチです。


Yep Roc Records / 7inch EP / 45rpm
dolly20170426001rsd.jpg

Side A
Puppy Love

Side B
Girl Left Alone



アメリカを代表する女性カントリー・シンガー、 Dolly Parton 。

個人的にも彼女の歌声は大好きで、 初期も良いし、90年代終わりから
2000年にかけてリリース(Suger Hill Records から)された グラスルーツな
アルバムも最高でした。

"9 To 5", "Just Because I'm A Woman", "Coat Of Many Colors",
"Jolene" を始めとするヒット作も多数あります。

映画『ボディガード』で Whitney Houston も歌った"I Will Always Love You"
なんかも有名ですね。他にも Emmylou Harris と Linda Ronstadt との
コラボレーション Trio ではグラミーも受賞しています。

本作は、1959年に Goldband Records からリリースされた彼女の
ファースト・レコーディングの再発となります。今回は、RSD 限定1500枚です。
ジャケットから連想できる可愛らしい歌声が聴けますよ!



店頭にて販売中です。
ご来店お待ちしています。




プロフィール

po69

Author:po69
PO'BOY RECORDS

AMERICAN ROOTS MUSIC
( BLUES, FOLK, SSW,
BLUEGRASS, OLD TIME,
JUG/WASHBOARD, etc )

NEW & USED RECORDS,
CDS, BOOKS
AND MORE...

● その他、日本のフォーク
SSW/ブルース系のアーティスト
もあります。

大阪市北区豊崎3-6-15 
第2淀川ビル3F
TEL:06-7494-9358

OPEN 12:00 CLOSE 20:00
(日曜 CLOSE 18:00)
木曜定休
.......................
Yodogawa N0.2 Bldg 3F
3-6-15, Toyosaki ,Kita-ku,
Osaka 531-0072 JAPAN
TEL&FAX +81-6-7494-9358

Open - Close
Mon. - Sat. 12:00-20:00
(Sun. 12:00-18:00)
Thu. - Closed

カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QR
2018年11月の定休
●木曜定休
カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
リンク
アルバム
検索フォーム
THANK YOU !!
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

<消費税率変更に関して>
2014年4月1日以降より8%での税込価格表示に変更となります。