FC2ブログ

THE SCHNEIDER SISTERS

THE SCHNEIDER SISTERS
- RITA & MARY -
THE EARLY YEARS




こんにちは。

陰鬱な気分になるこの季節。カウンターに放置している
2枚の何たらマスクを見てさらにその気分が加速する。
(実家は未着…)




さて本日は、1997年に南オーストラリアの
カントリー・ミュージック・フェスティバル・アワードの
殿堂入り果たしたリタとマリーによる姉妹デュオ、
The Schneider Sisters を紹介します。






Musigal Music / CD / MUS 2
The Schneider Sisters20200614001

1. Washboard Rock n' Roll
2. Way out West
3. When Granma Does the Square Dance
4. Lonesome for You
5. Good Times Have Caught up with Me
6. My Peaceful Valley Home
7. When the Saints Go Rockin' In
8. Moonshine Maisie
9. My Castle of Dreams Came Tumblin' Down
10. Granpa's Rockin' Chair
11. Honolulu Rock n' Roll
12. That's What I Like About the West
13. Ooby Dooby

The Schneider Sisters
Rita Schneider - vocal, guitar, mouth organ
Mary Schneide - vocal, guitar, banjo. electric piano, schneiderphone, accordion, washboard



----------------------------------
BIO
リタは1928年1月、メアリーは1932年10月生まれ。
熟練したプロのミュージシャンであった祖父や兄弟など音楽的なバックグラウンドを持つ
姉妹でプロになる前に多くの舞台や演劇の経験も積んでいました。第二次世界大戦の
終わりに彼らはマーガレット・マーシュのコンサート・・パーティーでのキャンプ・コンサート
で4年間自主的に演奏する。

1947 年には、ブリスベンのアルバート・ホールでオーストラリア・アマチュア・アワーを獲得。
1950年に EMI と契約して4枚のレコード(78回転)を録音。他にも Regal Zonophone にも
録音を残す。同年、朝鮮戦争中に、メルボルンのラジオ局3DBが主催するコンサート
パーティーの一環として、彼女らが軍を楽しませるための演奏ツアーを行う。1956年、
オーストラリア・ツアーを始め、ラジオや演劇の仕事をするなかでメルボルンに定住しました。
メルボルン・オリンピック中に、彼らは先駆的なABCのバラエティ番組Seeing Starsに出演。

1959 年、ブリスベンでチャンネル9との5年間の契約に署名、独自のグループ「The Chordettes」
を結成し、5年間、週に2回のショーを行いました。姉妹はブリスベンのバラエティー・テレビ
の主力となり、ビージーズやビリーソープなどの新進の若いロッカーにも影響を与える。
1964 年に姉妹は、シドニーに戻り、クラブ・サーキットとテレビ番組を中心に活動。

1971年、二人の結婚を機にそれぞれがソロで活動する。1997年にオーストラリアの
カントリー・ミュージック・フェスティバル・アワードの殿堂入りを果たす。1999年には、
カントリーミュージック業界への業績と貢献により、ウォール・オブ・フェーム
の "A Tribute to the Women of Country Music" に選ばれる。
-----------------------------------



オーストラリアよりレコードデビューした Bee Gees にも影響を与えた姉妹の
ご陽気なロッキン・カントリーが聴け、バラエティー番組や演劇にも精通して
いただけあってテンションが上がる!





店頭にて販売中です。
ご来店お待ちしています。






DELMORE BROTHERS & WAYNE RANEY

DELMORE BROTHERS
Inducted Into The Hall Of Fame 2001






こんばんは。

カントリーミュージックとアメリカのポピュラーミュージックのパイオニア
でシンガーソングライターでもある Delmore Brothers 。

1930年代の『Grand Ole Opry』(アメリカ はナッシュビルのラジオ局
WSMの公開ライブ番組)の大スターです!

カントリーミュージックだけでなく多くのミュージシャンに今でも影響
を与えています。


King Records / CD / KSCD-3831
delmorebros20191218001.jpg

1. Blues, Stay Away From Me
2. Freight Train Boogie
3. Pan American Boogie
4. Prisoner's Farewell
5. Midnight Special
6. Brown's Ferry Blues
7. You Can't Do Wrong And Get By
8. Dis Train Am Bound For Glory
9. Red River Valley
10. Will The Circle Be Unbroken

Alton Delmore と Rabon Delmore からなる兄弟デュオで、兄 Alton が
6弦ギターで弟 Rabon が4弦テナー・ギターを弾いています。

本作は、カントリーミュージックの殿堂入りを果たした2001年にリリース
された King 時代の編集盤です。

彼らの多くのレパートリーの中から大ヒット曲 「Blues, Stay Away From Me 」
を含む全10曲収録。




------------------------------




WAYNE RANEY
SONGS OF THE HILL

King Records / CD / KCD-588
wayneraney20191218001.jpg

1. Why Don't You Haul Off And Love Me
2. Lost John Boogie
3 Lonesome Wind Blues
4. Pardon My Whiskers
5. Mama Don't You Remember When You Were Young
6. The Roosters Are Crowing
7. I Was There
8. We Love To Live
9. I Love My Little Yo-Yo
10. My Annabelle Lee
11. Jack And Jill Boogie
12. Adam
13. I've Gone And Sold My Soul
14. Gone With The Wind This Morning
15. Burning Your Love Letters
16. Catfish Baby



先に紹介した Delmore Brothers のバックですばらしいハーモニカを
演奏している Wayne Raney 。

Delmore Brothers とは、第二次世界大戦後の数年間を共にプレイし、
1948年からソロキャリアを開始しました。

彼の最初のシングル「Lost John Boogie」と「Jack and Jill Boogie」は、
両方ともカントリーチャートのトップ15に入り、1949年のシングル
「Why Don't You Haul Off And Love Me」は、ナンバー1 となりました。

本作は、1958年に King からリリースされた彼の・ソロ・デビュー・アルバム
のCD化(2005年)で、上記のヒット・ナンバー含む全16曲で構成。


Delmore Brothers と共にどちらもおススメです。


定休日明けのご来店お待ちしています。





YOLA

YOLA
WALK THROUGH FIRE



店頭のプシュ・アイテムから1枚!



Warner Music 傘下の Nonesuch Records 流通として全米デビュー
となったブリストルから出た女性シンガー、Yola をご紹介します。



なおこちらのタイトルは、CD とレコード(LP)両方取扱いしています。
初回入荷のみ CD¥1850 LP ¥2700 での販売です!!





Easy Eye Sound / CD & LP ‎/ EES-008 SOLD!
Yola20190304001.jpg

Side A
1. Faraway Look
2. Shady Grove
3. Ride Out In The Country
4. It Ain't Easier
5. Walk Through Fire
6. Rock Me Gently

Side B
1. Love All Night (Work All Day)
2. Deep Blue Dream
3. Lonely The Night
4. Still Gone
5. Keep Me Here
6. Love Is Light

Yola - Vocals
Dan Auerbach - Electric Guitar, Acoustic Guitar, Dobro, Percussion, Bass Guitar, Mellotron, Backing Vocals
Russ Pahl - Electric Guitar, Acoustic Guitar, Pedal Steel Guitar
Billy Sanford - Electric Guitar
Bobby Wood - Electric Piano, Piano
Dave Roe - Bass
Gene Chrisman - Drums, Percussion
Charlie McCoy - Harmonica
Roy Agee - Horns
Ronnie McCoury - Mandolin
Ray Jacildo - Organ, Harpsichord, Vibraphone, Glockenspiel, Marimba
Pat McLaughlin - Percussion
Mike Rojas - Piano, Vibraphone, Glockenspiel, Harmonium, Clavinet, Harpsichord, Mellotron, Marimba
Matt Combs - Fiddle
Stuart Duncan - Fiddle
Molly Tuttle - Acoustic Guitar
Mark Howard - Acoustic Guitar, Banjo

Vince Gill - Backing Vocals
Ashley Wilcoxson Backing Vocals
Leisa Hans - Backing Vocals




先月全米にてリリースされた本作は、 ブルース・ロック・バンド、The Black Keys
のフロントマンとして知られるDan Auerbach をプロデューサーに迎え、ナッシュビル
ある Easy Eye Sound Studio で録音され同レーベルにて制作。(流通は Nonesuch )

すでに音楽各誌、メディア等で話題となってます。その理由には、まず楽曲を提供
している Dan Penn や Pat McLaughlin、 Bobby Woodと言った強力なソングライター
とそれらを演奏するナッシュビル・ベースの超豪華な面々(上記、クレジットを参照)
やゲストが集結しているところです。

ヨーロッパで活動し国を渡りやって来た彼女の音楽は、カントリーやソウル、ポップ、
ゴスペルと言ったジャンルがクロスするオールドスクールなサウンドに仕上がって
いる。これらはまさにバックをサポートする面々の力でしょう。もちろん彼女のハスキー
でソウルフルなヴォーカルも魅力な1枚です。






店頭にて販売中です。
ご来店お待ちしています。





KENDEL CARSON

KENDEL CARSON

The Lost Tapes Of Suzanna Hamilton
with The Calgary Sessions





本日は、BSMF RECORDS より国内仕様でリリースされた
カナダの美しきフィドラー&シンガー、Kendel Carson です。


幸運にも2011年に Chip Taylor と共に来日を果たした際に
彼女の演奏を生で聴く機会をいただきました。


Van Morrison の初期のギタリストとして知られる John Platania
も同行していたツアーでしたが、まったく引けを取らない演奏でした。


他に John Prine のツアーなんかにも参加しているので要チェックです!!




BSMF RECORDS / CD / BSMF-6155 / ¥2592
KC20181105001.jpg

Disc 1: The Lost Tapes of Suzanna Hamilton
1. Paint me a Cowboy
2. The Burning of Suzanna
3. Chicago Man
4. Crazy Moon
5. Lilly
6. Make Me a Microphone
7. Paint Me a Cowboy
8. Yankee Boy
9. Fighting Soldier
10. That’s The Way It Is
11. About True Love

Disc 2: The Calgary Sessions
1. Waiting For Dreams
2. Find A Way
3. Any Way The Wind Blows
4. I Woke Up Missing You So Bad
5. Mexican Standoff
6. Hot Iron Waltz
7. Find A Way (Long Version)

本作は、2009年『Alright Dynamite』をリリース後、Chip Taylor が書いた
映画脚本のサントラとして制作され、お蔵入りとなっていた貴重な未発表
音源をまとめたもの。さらにカナダのセッション音源をボーナス・ディスク
として追加!

Disc1 のThe Lost Tapes には、先に紹介した John Platania(G) や
Greg Leisz(Pedal Steel)らが参加しています。


Kendel Carson
ケンデル・カーソンは、1985年カナダのカルガリー出身。3歳でバイオリンを始め、クラシックを学ぶ。
12歳で兄弟のタイラーと共にヴィクトリア・シンフォニーのソリストとして活躍。2003年にはカナダの
ナショナル・ユース・オーケストラとも共演。またストリートでもポピュラー音楽を演奏し、カナダの
フォーク・ロック・グループ、スピリット・オブ・ウェストにゲスト参加。そしてケルト・ロック・バンド、
ザ・ペーパーボーイズに正式加入。04年バンドでフェスに出演した際、ベテランSSWのチップ・テイラー
と出会う。彼女のフィドルだけでなくヴォーカリストとしての才能を見出したチップは、07年のデビュー作
『Rearview Mirror Tears』をプロデュース。09年にはセカンド『Alright Dynamite』をリリースし、多くの
メディアから高い評価を受ける。また11年のチップのアルバム『ロックン・ロール・ジョー』にも参加し、
彼とのアメリカ、ヨーロッパ・ツアーにも同行(来日も果たす)。その後、カントリー・バンド、ベル・スター
を結成し、2013年に『Belle Starr』を発表(発売元より引用)





店頭にて販売中です。
ご来店お待ちしています。




Just Because I'm A Woman

Various -
Just Because I'm A Woman - Songs Of Dolly Parton




15年前にリリースされたコンピレーションで、個人的に今でも
愛聴している1枚!紹介できることが嬉しい。


今もなお多くのミュージシャンにリスペクトされているアメリカン
シンガー、Dolly Parton のトリビュート・アルバムです。



Sugar Hill Records / CD / SUG-CD-3980 SOLD! / オーダー可
jbiw20181017001.jpg

1. 9 To 5 – Alison Krauss
2. I Will Always Love You – Melissa Etheridge
3. The Grass Is Blue – Norah Jones
4. Do I Ever Cross Your Mind – Joan Osborne
5. The Seeker – Shelby Lynne
6. Jolene – Mindy Smith
7. To Daddy – Emmylou Harris
8. Coat Of Many Colors – Shania Twain With Alison Krauss & Union Station
9. Little Sparrow – Kasey Chambers
10. Dagger Through The Heart –Sinéad O'Connor
11. Light Of A Clear Blue Morning – Allison Moorer
12. Two Doors Down –Me'Shell N'degéOcello

Bonus Track:
13. Just Because I'm A Woman - Dolly Parton


本作のタイトルは、1968年に RCA よりリリースされた Dolly の
同曲/同アルバムにちなんで名付けられたものです。
そして収録されている楽曲は、彼女の往年のヒット・ナンバーです。

映画にもなった "9 To 5 " に始まり、Whitney Houston のカバー
でも大ヒットした"I Will Always Love You"や Dolly の代表曲
"Jolene" などなど。

それらをカバーする女性ディーヴァ達も豪華で、ここではレーベル
の垣根を越え参加している。これだけでも彼女の偉大さ影響力の
大きさがわかる。

すべて紹介できないが女性ディーヴァ達のバッキンを務めている
ミュージシャンも実は豪華なんです。Alison Krauss は言うまでもないが
Dan Tyminski, Jerry Douglasを始めとする Union Station の面々。 

Emmylou Harris は Rodney Crowell らと、 Mindy Smith のバックには、
Bryan Sutton や Sonny Landreth がサポート。他にも Rhonda Vincent,
Stuart Duncan, Mike Compton, Reggie Young などが参加。

なおボーナス・トラックとして Dolly 本人が歌う Just Because I'm A Woman
も収録!!

このアルバム・リリースの翌2004年に Dolly は文化的功労に対して
アメリカ議会図書館より勲章を授かりました。


Joan Osborne- Do I Ever Cross Your Mind







店頭にて販売中です。
ご来店お待ちしています。





プロフィール

po69

Author:po69
PO'BOY RECORDS

AMERICAN ROOTS MUSIC
( BLUES, FOLK, SSW,
BLUEGRASS, OLD TIME,
JUG/WASHBOARD, etc )

NEW & USED RECORDS,
CDS, BOOKS
AND MORE...

大阪市北区豊崎3-6-15 
第2淀川ビル3F
TEL:06-7494-9358

OPEN 14:00 CLOSE 20:00
(日曜 14:00 - 19:00)
木曜定休

.......................

PO'BOY RECORDS
Yodogawa N0.2 Bldg 3F
3-6-15, Toyosaki ,Kita-ku,
Osaka 531-0072 JAPAN

Open - Close
Mon. - Sat. 14:00-20:00
(Sun. 14:00-19:00)
Thu. - Closed

カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QR
2020年6月の定休
●木曜定休
カレンダー
06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
リンク
アルバム
検索フォーム
THANK YOU !!
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

<消費税率変更に関して>
2019年10月1日以降より10%での税込価格表示に変更となります。