FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ALANA DAVIS

ALANA DAVIS
Love Again



こんばんは。


当店がオープンして間もない頃に一度だけ、彼女のアルバム
『 SURRENDER DOROTHY 』を紹介したことがある。
その時の記事 ☞ ここ


90年代終わりから2000年にかけて メジャー・レーベル Elektraから
デビュー・アルバム『Blame It On Me 』とセカンド・アルバム『Fortune Cookies』
をリリース。

その後、自主レーベル、 Tigress Records より『 SURRENDER DOROTHY 』
(2005年)をリリース。


以来、ずっーとずっーと気にかかっていた人。


そんな彼女が昨年、13年の沈黙を破り再度、音楽でつながった!!



Cleopatra / CD / CLO 0792
AD20190123001.jpg

1. Love Again (Dollar Bill)
2. Fuck Friend
3. The Goose
4. Getaway (I'm Gone)
5. Pretty Like Money
6. Back 2 U
7. So Rough Too Much
8. Summertime
9. What a Mess
10. Get Along
11. The Dark Ones
BONUS TRACK
12. 32 Flavors (Love Again Sessions)

Alana Davis - Vocals, A.Guitar, Bass
Anthony-Michael Alexander - Drums, Guitar, Keyboards, Percussion, Piano, Synthesizer
Joe Diaz - Djembe, Percussion
Crooklyn Masters - Drums
Sly Dunbar - Drums
Jody Hill - Drums
Devon Munroe Drums
Gene Lake - Bass, Drums
Brian Jobson - A.Guitar
Larry Mitchell - E.Guitar
Dave Stewart - Guitar
Jerry Tillman - A.Guitar, Slide Guitar
Ken Valdez - A.Guitar, Classical Guitar, E.Guitar, Vocals (Background)
Michael Leonhart - Horn
Robbie Lyn - Piano
Nick Salisbury Bass
Greg Schutte - Percussion
Keyez Williams Hammond B3
Mark Lamoine - Vocals (Background)
Joyann Parker Vocals (Background)
Paul Pesco - Keyboards



彼女がデビューした頃、「ナチュラル・ウーマン」という言葉をよく耳にし、
多くの女性SSWが特集された。その中でも僕の愛聴盤は彼女でした。

R&B, JAZZ, REGGAE, FOLK と言った音楽がクロスオーバーする
この新作もそんな期待を裏切らない作品で、バンド・サウンドの中から
程よくアコースティツク・ギターが響き、スモーキーでどこか気だるさを
感じる彼女のヴォーカルは健在でした。

なお本作には、デビュー・アルバムにも収録したAni Difrano の名 曲
"32 Flavors " の新たなカバー・ヴァージョンがボーナスとして聴けます。





--------------------------------


<関連>


こちらは、2005年に自主制作したアルバム『SURRENDER DOROTHY 』
にボーナス・トラックを追加し、ジャケット・デザインも新たに Deluxe Edition
としてリリースされたものです。


Quantum Humanity ‎/ CD / QHM-4632
AD20190123002.jpg

1. Create
2. Vision
3. Wide Open
4. Letter
5. The Benefit
6. Stay
7. Jaded (Goodbye)
8. Right There
9. The Reaper
10. Desert Rose (Higher Than a Lover)
11. Nice Time (Bonus Track)
12. So Much Trouble (Bonus Track)
13. Mama (Unreleased Bonus Track)

Alana Davis - Vocals, Guitar, Bass
Adam Rogers - Cavaquinho, Guitar
Nir "Z" Zidkyahu - Drums
Jack Daley - Bass,



-----------

ALANA DAVIS
1974年、ニューヨーク生まれ。父は、Charlie Parker, Dizzy Gillespie, Donald Byrd, Jackie McLean,
Art Blakey などとの共演経験ある偉大なジャズ・ピアニスト、Walter Davis. Jr 。1997年に ELEKTRA から
ファースト・アルバム『 Blame It on Me 』をリリース。このアルバムに収録した Ani Difrano のカバー
曲" 32 Flavors "は、ビルボード・チャートの上位にのぼり好セールスを記録。2001年にセカンド・アルバム
『 Fortune Cookies 』をリリース後、SONYへ移籍。そこで通算3枚目となるアルバム『 Carry on 』を
リリース。2005年に、大手レコード・レーベルに嫌気がさして独立、自身のレーベル "TIGRESS RECORDS"より
『 Surrender Dorothy 』をリリースしライヴ活動をしていたものの一線から遠ざかってしまう。
2013年にQuantum Humanity より 『 Surrender Dorothy 』がボーナス・トラックを追加して Deluxe Edition
としてリイシューされる。2018年、13年振りとなるアルバム『Love Again』リリースしツアーも再開した





どちらも店頭にて販売中です。
ご来店お待ちしています。



スポンサーサイト

The Songwriters Hall of Fame 2019

The Songwriters Hall of Fame 2019



こんにちは。

今年、ソングライターの殿堂入りを果たした Missy Elliott,
Tom T. Hall, John Prine, Jack Tempchin, Cat Stevens (a.k.a. Yusuf) !

本日は、その中から John Prine と Jack Tempchin の作品を
紹介したいと思います。



John Prine

The Tree of Forgiveness
Oh Boy Records / CD / OBR-046CD
JP20190123001.jpg

1. Knockin' On Your Screen Door
2. I Have Met My Love Today
3. Egg & Daughter Nite, Lincoln Nebraska, 1967 (Crazy Bone)
4. Summer's End
5. Caravan Of Fools
6. The Lonesome Friends Of Science
7. No Ordinary Blue
8. Boundless Love
9. God Only Knows
10. When I Get To Heaven

John Prine - Vocals A.Guitar, Kazoo
Ken Blevins - Drums, Percussion
Dave Jacques - Bass
Pat McLaughlin - Mandolin, Vocals (Background)
Mike Webb- Hammond B3, Mellotron, Piano
Amanda Shires - Fiddle, Vocals (Background)
Jason Wilber - A.Guitar, E.Guitar
Dave Cobb - 12 String Guitar, A.Guitar, Kazoo, Mellotron
Jason Isbell - E.Guitar, Slide Guitar, Vocals (Background)
Brandi Carlile Clapping, Kazoo, Vocals (Background)
Josh Newman Clapping, Kazoo
Fiona Prine Clapping, Kazoo
Jody Whelan Clapping, Kazoo



-----------------------


John Prine
Atlantic Records / CD / 19156-2
JP20190123002.jpg

1. Illegal Smile
2. Spanish Pipedream
3. Hello In There
4. Sam Stone
5. Paradise
6. Pretty Good
7. Your Flag Decal Won't Get You Into Heaven Anymore
8. Far From Me
9. Angel From Montgomery
10. Quiet Man
11. Donald And Lydia
12. Six O'Clock News
13. Flashback Blues

John Prine - Vocals, A.Guitar
Steve Goodman - A.Guitar
Reggie Young - Guitar
John Christopher - Guitar
Leo LeBlanc - Pedal Steel Guitar
Mike Leach - Bass
Gene Chrisman - Drums
Bobby Emmons - Organ
Bobby Wood - Piano



上段は、昨年にリリースされた John Prine の最新作。 BillboardチャートのTOP 200
で 5位となり Top Country Albums チャートで2位、 Americana/Folk Albums チャート
では1位にもなりました。70歳を超えたた今でもギターを手に歌う姿に脱帽してしまう。
本作には注目の若手、Brandi Carlile を始め、Amanda Shires や Jason Isbell も参加。
下段の言わずと知れたデビュー作『John Prine』と共にソングライターの殿堂入りに
相応しい作品であること間違いなし!



--------------------------
--------------------------



続いて、




Jack Tempchin

Blue Elan Records / CD / BER1049
Peaceful Easy Feeling: The Songs of Jack Tempchin
JT20190123001.jpg

1. Peaceful Easy Feeling
2. Part of Me, Part of You
3. Slow Dancing (feat. Rita Coolidge)
4. The One You Love
5. Soul Searchin' (feat. Janiva Magness)
6. Already Gone (feat. Chris Hillman & Herb Pedersen)
7. Privacy
8. Everybody's Gonna Love Somebody Tonight
9. Party Town
10. It's Your World Now (feat. Chris Hillman & Herb Pedersen)

Jack Tempchin - Vocals, Guitar
Joel Piper - Vocals, Drums, Bass, Guitar, Keyboards
Chris Garcia - Piano
Jerry Peterson - Sax
Bernie Barlow- Vocals
Janiva Magness - Vocals
Rita Coolidge - Vocals
Herb Pedersen - Guitar, Dobro, Vocals
Chris Hillman - Mandolin, Bass, Vocals




--------------------------



Blue Elan Records / CD / BER1026
One More Song
JT20190123002.jpg

1. Slow Dancing
2. Singing in the Street
3. Old River
4. Around Midnight
5. Circle Ties That Bind
6. So Long My Friend
7. Still Looking for a Way to Say Goodbye
8. Streets of Midnight
9. I Got Her Right Where She Wants Me
10. Song for You
11. Tumbleweed
12. One More Song

Jack Tempchin - Vocals, Guitar, Harmonica
Joel Piper - Vocals, Baritone Guitarr, Pedal Steel Guitar, E.Guitar,
        Banjo, Mandolin, Drums, Percussion ,Piano
Rick "The Bass Player" Rosas - Bass
Scott Crago - Drums
Phil Jones - Drums
Waddy Wachtel - Guitar
Terry Medeiros - Guitar
Rob Meurer - Keyboards
Jessy Greene - Violin
The Lennons - Vocals



The Eagles に「Peaceful Easy Feeling」のヒット曲を提供し、若き日のTom Waits
に大きな影響を与えたウェストコースト・サウンドのトップ・ソングライター、
Jack Tempchin。

2016年には初来日も果たし、すばらしい演奏をきかせてくれた。この日本公演の
初日に旧友でありソングライト・パートナーでもあった Glenn Frey の訃報を知り
ました。上段は、帰国後の翌年にリリースされた故Glenn Freyへ捧げたアルバム
となります。ここには、Janiva Magness, Rita Coolidge, Herb Pedersen, Chris Hillman
と言った他仲間達も参加しています。

下段は、2016年リリース作で60年代のコーヒーハウス時代へタイム・スリップした
ような1枚。 David Lindleyが Violin でJackson BrowneとLinda Ronstadtが歌った
「One More Song」。この曲は、Randy Meisner や Kate Wolf などもとりあげているが、
彼自身は初録音となります。他にも Bobby Whitlock との共作曲M-9なども収録。




すべて店頭にて販売中です。
ご来店お待ちしています。




BEN & ELLEN HARPER

BEN & ELLEN HARPER
CHILDHOOD HOME




Prestige のサブ・レーベル、Prestige Folklore 。 このレーベルが
存続していることに少し驚きました。

母体である Concord Music には、同じサブ・レーベルでもある
Bluesville なども含め、過去の名作も再度しっかり紹介して欲しい
ものです...

さてそんなアメリカのフォーク・ミュージックやブルーグラス、
ホワイト・ブルースなどを60年代にリリースしてきた Prestige Folklore
から久しぶりにリリースされた本作は、言わずと知れた Ben Harper
と彼の母親である Ellen Harper とのコラボ作です。


Prestige Folklore / CD / FLR-35526-02 SOLD!
BenEllen20190112001.jpg

1. A House Is A Home
2. City Of Dreams
3. Born To Love You
4. Heavyhearted World
5. Farmer's Daughter
6. Memories Of Gold
7. Altar Of Love
8. Break Your Heart
9. Learn It All Again Tomorrow
10. How Could We Not Believe

Ben Harper - Vocals, Slide Guitar, Guitar, Autoharp, Dulcimer
Ellen Harper - Vocal, Guitar, Banjo
Jimmy Paxson - Drums
Jesse Ingalls - Electric Upright Bass, Keyboards
Jason Mozersky - Guitar


Ben Harper と言えば、1994年にアルバム『welcome to the Cruel World』
で 衝撃的なデビューを果たし若き Ry Cooder とまで比喩された。そこには
やはりアメリカのルーツ音楽への敬意が感じれたからだと思います。

本作は、そんな彼の音楽原点とも言える音作りとなっています。彼曰はく
「初期のエルビス」のように制作されています。音数も最小限に、互いの
作曲による純粋で暖かい演奏が聴いてとれます。

さらに彼は、「これらをアメリカーナと呼ぶかもしれないが、これはソウル
であり、生まれ故郷カリフォルニア、フォークロック、アメリカだ」と言ってます。

以下、ショート・ドキュメンタリー・フィルムと共に音源を耳にしてください。



店頭にて販売中です。




BSMF RECORDS ニューリリース

BSMF RECORDS ニューリリース



こんにちは。


本日も昨年末に紹介できなかったニューリリースを
2枚紹介します。


まずは、



DONNA THE BUFFALO
Dance In The Street
BSMF RECORDS / CD / BSMF-6156 / ¥2592
DanceInTBuffalo20181221001.jpg
直輸入盤国内仕様 / 日本語解説付

1. Dance in the Street
2. Motor
3. Heaven & the Earth
4. Look Both Ways
5. Across the Way
6. Top Shelf
7. The Good Stuff
8. Holding on to Nothing
9. If You Want to Live
10. I Won't Be Looking Back
11. Killing a Man
12. I Believe


Grateful Dead を取り巻く文化(音楽性はもちろん、ファンもバンドと一緒に
フェスに同行したりするなど、ヒッピーコミュニティの流れを受け継ぐもの
)を
ルーツに Phish や moe., The String Cheese Incident, Widespread Panic
と言ったジャム・バンド輩出された。これらバンドは、カントリー、ブルーグラス、
ロック、ポップス、ジャズ、ブルースなどのアメリカのルーツ音楽を核にしつつ、
独自のサウンドを形成している。

昨年、結成30周年を迎えた Donna The Buffalo も例外ではなくアメリカのルーツ
音楽を取り込んだ独自のグルーヴとダンサブルでポップなバンド・サウンドを
形成しています。特にケイジャン/ザディコを取り入れたバンドとしても先駆的
であったと思います。

本作は5年ぶりとなるスタジオ・アルバムで、プロデューサーには、Bob Dylan、
Rolling Stones、Eric Clapton などを手掛けてきた敏腕 Rob Fraboni を起用。





Donna The Buffalo
ドナ・ザ・バッファローは、ニューヨーク州の田舎町トゥルーマンズバーグで結成されたバンド。
タラ・ネヴィンズ(ヴォーカル、フィドル、アコーディオン)とジェブ・パーヤー(ヴォーカル、ギター、
ペダルスティール)が、あるフィドル・コンベンションで出会い意気投合。1989年に初ライブを行い、
その後、6人のバンドとして活動を始める。89年『The White Tape』でデビュー。そして91年に彼等の
その後のライフワークとも言えるイベント、フィンガー・レイク・グラスルーツ・フェスティヴァル
(通称グラスルーツ・フェス)を地元でスタートさせる。グラスルーツは、その後、ノース・カロライナ、
フロリダにも拡がり、アメリカの有名な野外フェスの一つとして毎年各地で行われている。他にも
ボナルー、マール・フェストなど主要なイベントに出演し、アルバムも93年『Donna the Buffalo』、
2000年『Positive Friction』などコンスタントに発表。ニュー・グラス、オルタナ・カントリーなど、
まさに新たなアメリカーナ・ミュージック・シーンをリードし、アメリカでは確固たる地位を獲得している。
(発売元より引用)





-------------------------------



続いて、


AMY RAY
Holler

BSMF RECORDS / CD / BSMF-6157 / ¥2592
AR20190108001.jpg
直輸入盤国内仕様 / 日本語解説付

1. Gracie’s Dawn
2. Sure Feels Good Anyway
3. Dadgum Down
4. Last Taxi Fare
5. Old Lady Interlude
6. Sparrow’s Boogie
7. Oh City Man
8. Fine with the Dark
9. Tonight I’m Paying the Rent
10. Holler
11. Jesus Was a Walking Man
12. Sparrow’s Lullaby
13. Bondsman (Evening in Missouri)
14. Didn’t Know a Damn Thing

80年代半ばから90年代にかけて Emily Saliers と共に Indigo Girls として
一世を風靡し、89年のアルバム『Indigo Girls』ではグラミーを受賞。
フォーク・ロック・シーンを先導してきたデュオでもある。

本作は、2000年代からスタートした Amy Ray のソロ・プロジェクトの
第6弾となる最新作!

米 Compass Records からリリースされた本作は、ノースカロライナ州
アッシュビルにあるEcho Mountain Studio で録音され、伝統的なカントリー、
南部ロック、マウンテンミュージック、ゴスペル、ブルーグラスと言った音楽や
Jim Ford のアルバム『 Harlan County 』、アパラチアの詩人 Byron Herbert、
アフロ・アメリカン作家 Toni Cade Bambara などからインスパイアされています。

公民権運動の真っ只中のアメリカ南部ジョージアで生まれ育ち、絶望と苦悩の
中で掴み取った栄光、数十年ものツアー生活(メジャーでの)と絶え間ない苦難
を振り返るかのような物語の数々。

Amy のバンド、Jeff Fielder (Guitar, Dobro)、Matt Smith (Pedal Steel Guitar、
Dobro)、Jim Brock (Drums, Percussion )、Adrian Carter (Fiddle)、Kerry Brooks
(Bass、Mandolin)に加え、Derek Trucks (Guitar)、Alison Brown Banjo, Guitar)、
Kofi Burbridge(Fender Rhodes, Hammond B3, Piano, Wurlitzer )などがサウンド
でサポート。

さらにハーモニー・ヴォーカルとしてVince Gill、The Wood Brothers、Brandi Carlile、
Phil Cook、Justin Vernon(Bon Iver)、Rutha Mae Harris、Lucy Wainwright Roche
など豪華ゲストが参加。 








Amy Ray
エイミー・レイは、1964年ジョージア州出身。幼馴染のエミリー・サリアーズと1981年に
デモ音源を制作。高校卒業後、アトランタのエモリー大学でインディゴ・ガールズを結成。
1987年自主でアルバム『Strange Fire』を発表。その後、メジャーのEPICと契約。1989年に
リリースした『Indigo Girls』が、ダブルプラチナムの大ヒットとなり、翌年のグラミー賞にも
ノミネート。その後も1994年『Swamp Ophelia』など、コンスタントにアルバムをヒットさせ
人気を不動のものとする。並行して、エイミーは1990年にデーモン・レコーズを設立し、
MAGNAPOPなど若手アーチストを次々とリリース。そんな中、自身も2001年に『Stag』で
ソロ・デビュー。その後も2005年『Prom』など5枚のソロアルバムをリリース。一方で、
イであることを早くから発表し、LGBTの問題で多くの社会活動も行っている。
インディゴ・ガールズとしては、2005年にEPICとの契約終了後も2015年『One Lost Day』など
コンスタントに発表しており、精力的にライブツアーも行っている。(発売元より引用)





どちらも店頭にて販売中です。
ご来店おまちしています。



BILL MORRISSEY

BILL MORRISSEY
STANDING EIGHT



こんにちは。

セールも終了し、昨年末に紹介できなかったアルバムを紹介して行きます。

本日は、好きなSSW、Bill Morrissey です。 レコードや Caffe Lena の
コンピなどでこれまでも紹介してきました。現在、彼のCDカタログは、
レーベルの消滅と共にほとんど廃盤です。





Philo Records / CD / PH1123
BM20181225001.jpg

1 Handsome Molly
2 Love Song / New York
3 Party At The U.N
4 Last Day Of The Last Furl
5 Motels And Planes
6 Up On The C.P. Line
7 Summer Night
8 She's That Kind Of Mystery
9 Girls Of Santa Fe
10 The Driver's Song
11 Car And Driver
12 John Haber
13 She's Your Baby Now
14 These Cold Fingers

Bill Morrissey - Vocal, Guitar, 12 String

with
Suzanne Vega - Vocals
Shawn Colvin - Vocals
Patty Larkin - Guitar, Vocals
John Curtis - E. Guitar, Mandolin
Richard Gates - Bass
Peter Keane - Guitar
Rick Watson - Guitar
David Buskin - Piano
Robin Batteau - Violin
Greg Hopkins - Trumpet
David Patt - Drums
Leslie Silvokos - Cello
Johnny Cunningham - Violin
Cormac McCarthy - Harmonica
Eric Lillequist - Vocals
Dean Adrian - Vocals



本作は、1989年に Philo Records からリリースされた彼にとっての
サード・アルバムです。彼の文学的なソングライティングの才能と
愛の物語が詰まった1枚。彼自身の柔らかい唄い口に加えて
Suzanne Vega や Shawn Colvin, Patty Larkin と言った旧友達による
好サポートも魅力。


同世代の SSW では Greg Brown や Richard Shindell など今もなお活躍
している中で、彼は2011年に亡くなれました。彼自身キャリアのなかで
長い間、アルコールと薬物に依存していたようです。もっと聴きたかったです。
残念でなりません。



BILL MORRISSEY
コネチカット州ハートフォードで生まれ。ブルースやカントリー、ジャズと言った音楽に
傾倒し、やがてフォーク・ソングライターが集う60年代のニューヨーク音楽シーンへと
辿り着く。この頃の音源は、*Fast Folk 盤(現Smithsonian Folkway のカスタムCD-R)
にて聴ける。1984年に自主レーベルとなる Reckless Records(ケンブリッジで創設の)
よりファースト・アルバム『Bill Morrissey』をリリース。その後、このファースト・アルバム
は、Michael CoutureとBill Schubartによって創設(1973年)された Philo Records で
再録再発される。 Philo が Rounder Records 傘下となってからも彼は移籍することなく
一環して同レーベルよりアルバムをリリースし続けました(2007年のラスト・アルバムを除く)。
2011年7月23日にジョージア州ダルトンで米国南部のツアー中に心臓病で亡くなりました。



*『 The CooP / Fast Folk Musical Magazine 』
1982年の創刊から1997年まで、雑誌とLPの組み合わせで販売され、数多くのシンガー・ソングライター
が紹介された。SUZANNE VEGA、SHAWN COLVIN、 LYLE LOVETT、JOHN GORKAを始めとする
アーティストもここから輩出さた。フォーク・シンガー以外にもブルース、ラグタイム・プレイヤーなども
収録されていた。現在、これらの音源に関しては、“Smithsonian Folkwaays”のコレクションの
一部としてCD化されている。





-------------------------------------



<関連商品>

Bill Morrissey が聴ける関連のコンピ、コラボ盤を一部ですが
簡単に紹介しておきます。



PHILO SO FAR
The 20th Aniniversary Folk Sampler

Philo Records / CD / AN 12  SOLD!
BM20181225002.jpg

1. Mysterious Woman –Christine Lavin
2. Sourdough - The Miner's Song –Bill Staines
3. Feet Of A Dancer –Maura O'Connell
4. Mango Time –Tony Bird
5. Lookin' For The Time (Working Girl) –Nanci Griffith
6. Love's Been Linked To The Blues –David Olney
7. Justine –Patty Larkin
8. Way Out West –Mary McCaslin
9. Bald Headed Men –Four Bitchin' Babes
10. Right Over Me –Katy & Hugh Moffatt
11. Birches –Bill Morrissey
12. 75 Septembers –Cheryl Wheeler
13. Box Of Visions –Tom Russell
14. Live Man In The Dead Of Night –Kristina Olsen
15. Fishing With Bill –Greg Brown
16. If These Teardrops Had Wings –Vance Gilbert


Philo Records の20周年記念としてリリースされたサンプラーCDです。
現在、Philo のカタログ自体もほとんどない状態なので紹介したくても
できないSSW がいっぱいいます。本盤では、Bill Morrissey の代表
ナンバー"Birches"を含め、貴重なSSW の演奏が聴けます。




---------------------




AVALON BLUES
A TRIBUTE TO MUSIC OF MISSISSIPPI JOHN HURT

Vanguard ‎Records / CD / 79582-2
BM20181225003.jpg

1. Frankie & Albert - Chirs Smither
2. Avalon, My Home Town - Bruce Cockburn
3. Angels Laid Him Away - Lucinda Williams
4. Here Am I, Oh Lord, Send Me - Alvin Youngblood Hart
5. Candy Man - Steve & Justin Earle
6. Monday Morning Blues - Peter Case & Dave Alvin
7. Sliding Delta - Ben Harper
8. Chicken - Geoff Muldaur (with Jenni & Claire Muldaur)
9. Make Me A Pallet On Your Floor - Mark Selby
10. Stagolee - Beck
11. Since I've Laid My Burden Down - Victoria Williams
12. Pay Day - Bill Morrissey
13. My Creole Belle - Taj Mahal
14. Beulah Land - Gillian Welch
15. I'm Satisfied - John Hiatt


こちらは国内盤としてもリリースされたので知っている方も多いかと
思います。 SSW でもある Peter Case がプロデュースした John Hurt
トリビュート。 Beck や Ben Harper を始め、豪華なSSW 達が集結。
Bill Morrissey 自身も1999年に『Songs of Mississippi John Hurt 』と
題してアルバムをリリースしていますが、"Pay Day "のカバーは、
こちらのトリビュート盤でのみ聴けます。


--------------------------


BOB MARTIN
The River Turns The Wheel

Riversong Records / CD / RS1A
BM20181225004.jpg

1. American Street Dreams
2. The River Turns the Wheel
3. Better Than No Luck
4. Silver Rails to Rio
5. Daylight and the Dream
6. Sweet River Days
7. Stella Kerouac - fea. Bill Morrissey
8. Salisbury Beach
9. Sunshine Avenue
10. The Old Worthen
11. When Cotto Was King
12. Goin' Home


Bob Martin は、ディラン・フォロワーとして70年代にRCA と契約し、
「Midwest Farm Disaster for RCA Records」リリース。82年にセカンドアルバム、
「Last Chance Rider」をリリース。2枚のすばらしいアルバムを残すも音楽業界
から一旦身をひきました。本作は15年以上の歳月を経て自身のレーベルである
Riversong Records からリリースした貴重な3作目です。そしてCormac McCarthy
と共にバッキングヴォーカルとして起用されたのが Bill Morrissey です。派手な
起用ではないですが、楽曲"Stella Kerouac"のすばらしさを引き立てるコーラス
に心を打たれる。




長くなりましたが、すべて販売中です。
ご来店お待ちしています。



プロフィール

po69

Author:po69
PO'BOY RECORDS

AMERICAN ROOTS MUSIC
( BLUES, FOLK, SSW,
BLUEGRASS, OLD TIME,
JUG/WASHBOARD, etc )

NEW & USED RECORDS,
CDS, BOOKS
AND MORE...

● その他、日本のフォーク
SSW/ブルース系のアーティスト
もあります。

大阪市北区豊崎3-6-15 
第2淀川ビル3F
TEL:06-7494-9358

OPEN 12:00 CLOSE 20:00
(日曜 CLOSE 18:00)
木曜定休
.......................
Yodogawa N0.2 Bldg 3F
3-6-15, Toyosaki ,Kita-ku,
Osaka 531-0072 JAPAN
TEL&FAX +81-6-7494-9358

Open - Close
Mon. - Sat. 12:00-20:00
(Sun. 12:00-18:00)
Thu. - Closed

カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QR
2019年2月の定休
●木曜定休
カレンダー
01 | 2019/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -
最新記事
リンク
アルバム
検索フォーム
THANK YOU !!
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

<消費税率変更に関して>
2014年4月1日以降より8%での税込価格表示に変更となります。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。