TOM PAXTON

TOM PAXTON
Boat In The Water


こんにちは。

僕自身、彼のオリジナル・アルバムを聴き始めたのは遅かったのですが、
楽曲は色んな演奏者を通して知らず知らず聴いていました。

例えば、"Last Thing on My Mind"なんかは多くの人がカバーしています。
僕は、Tony Rice のアルバム『Church Street Blues』に収録されたバージョン
を聴いてました。

他にも Gazell Records から2枚組でリリースされていた Dave Van Ronk の
『To All My Friends in Far-Flung Places』というカバー曲集に収録された
"Ramblin' Boy" もそうです。

60年代フォーク・ブームから今なお現役で歌い続けているフォーク・シンガー、
Tom Paxton の最新作です!


BSMF RECORDS / CD / BSMF-6101 / ¥2592(TAX IN)
TP20170228001.jpg

1. Boat In The Water
2. The Last Hobo
3. The First Thing I Think Of
4. Life
5. Eleanor's Song
6. Hitch To My Gitalong
7. Outward Bound
8. A Daughter In Denver
9. Ev'ry Time
10. It's Too Soon
11. Home To Me
12. Christmas In Shelter
13. Dream On Sweet Dreamer

Tom Paxton - vocal, guitar
Cathy Fink - banjo, guitar, harmony vocals
Marcy Marxer - resonator guitar, mandolin, guitar, ukulele, percussion, harmony vocal
Ralph Gordon - double bassist


今年で80歳を迎える彼の63作目となる最新作は、グラミー受賞アーチストでもある
Cathy Fink & Marcy Marxer をプロデューサー迎え、Jon Vezner (Kathy Mattea のヒット
"Where've You Been") や Pat Alger (Garth Brooksのヒット)、Don Henry(イーグルスではありません)
らとの共作新曲を中心に長らく演奏していなかった古い名曲も収録。Tom の深みのある楽曲と
ベテランならではの心温まる歌声に癒されまくりです。なおデュオとして今も活動している
Cathy Fink & Marcy Marxer は、バッキングでも素晴らしいサポートをしています。さすがです!


★Tom Paxton(トム・パクストン)
トム・パクストンは、1937年10月31日にイリノイ州シカゴ出身。幼い時にアリゾナに移り、フォークミュージック
を体験。16歳で初めてギターを手にし、バール・アイヴスやハリー・ベラフォンテ等の音楽に興味を持つようになる。
1955年にオクラホマ大学に入学し、そこでウディ・ガスリーに出会い衝撃を受け、トラヴェラーズというバンドを
組んでコーヒーハウスで歌い始める。大学卒業後、フォーク・リヴァイヴァルのメッカ、ニューヨークへ移り、
グリニッジヴィレッジでボブ・ディランやエリック・アンダーソンらと共に歌うようになる。
1963年にはフォーク・リヴァイヴァルの中心人物、ピート・シーガーがトムの曲を取り上げたことで一躍その名を
知られることになる。ニュポートフォークフェスティバルなどにも出演し、彼の楽曲は多くのアーチストに取り上げ
られ影響を与えていった。2015年の最新作『Redemption Road』まで積み重ねたアルバムは60枚以上。
2009年にはGrammy Lifetime Achievement Awardを受賞。(発売もと引用)



Tom Paxton - Boat in the Water (album medley)




店頭にて販売中です。
ご来店お待ちしています。



INFAMOUS STRINGDUSTERS

THE INFAMOUS STRINGDUSTERS
Laws of Gravity



昨年リリースしたアルバム『Ladies & Gentlemen』では、Mary Chapin Carpenter、
Lee Ann Womack、Joan Osbourne、Claire Lynch、Aoife O'Donovan、Sarah Jarosz,
Sara Watkins、 Abigail Washburn、Joss Stone など豪華な女性シンガー達をゲスト
に迎え話題を呼びました。

今回も Compass Records からのリリースとなるこの新作では原点に戻り、オリジナルバンド
だけで勝負すると共にグラミーにもノミネートされるヒップホップ系のプロデューサー、
ビリー・ヒューム(リュダクリス、イン・ヤン・ツインズなど)を迎え、異色のコラボレーション
で送ります。

Compass/BSMF RECORDS / CD / BSMF-6098 / ¥2592(TAX IN)
INST20170128002.jpg
直輸入国内仕様 / 日本語解説付

1. Freedom
2. Gravity
3. A Hard Life Makes A Good Song
4. Vertigo
5. Maxwell
6. Black Elk
7. This Ol' Building
8. Soul Searching
9. 1901: A Canyon Odyssey
10. Sirens
11. Back Home
12. Let Me Know
13. I Run To You

Andy Hall - Dobro
Chris Pandolfi - Banjo
Jeremy Garrett - Fiddle
Travis Book - Bass
Andy Falco - Guitar, Piano


グラミーやIBMAアワード常連であり、現 Punch Brothers のギタリストである
Chris Eldridge も在籍していた実力派のバンド、The Infamous Stringdusters 。

ソロ・アルバムでも注目されるドブロ・プレイヤーの Andy Hall とフラット・ピッカー
、Andy Falco を中心としたサウンドとリード・ヴォーカリスト、Travis Book、
フィドラー、Jeremy Garrett のハーモニーも魅力!

楽曲はオリジナルとカヴァーが半々で収録されてます。特に自身が注目したのは、
当ブログでも紹介したことのあるナッシュビルをベースに活動する女性シンガー・ソングライター、
Sarah Siskind の詩が2曲収録されているところです。
金銭的には恵まれているけれど愛を知らない孤独な少年 Maxwell の物語。
これいいですね。


★Infamous Stringdusters (インファマス・ストリングダスターズ)
インファマス・ストリングダスターズは、2006年ナッシュビルで結成されたフォーク&ブルーグラス・バンド。
元々、ボストンのバークリー音楽院で一緒だったアンディ・ホール(ドブロ)、クリス・パンドルフィ(バンジョー)、
クリス・エルドリッジ(ギター)の3人が中心となり、ジェシー・コブ(マンドリン)、ジェレミー・ギャレット(フィドル)、
トラヴィス・ブック(ベース)ら6人で活動開始。2007年、シュガー・ヒルより1st『Fork in the Road』発表。
デビュー作でいきなりIBMAアワード3部門を受賞。その後、エルドリッジが脱退し(パンチ・ブラザースに加入)、
アンディ・ファルコが加入。2008年『Infamous Stringdusters』、2010年『Things That Fly』(収録曲「Magic #9」が
グラミー賞にノミネート)を発表。そして自主レーベル、ハイ・カントリーから2011年ライブ盤『We'll Do It Live』、
2012年『Silver Sky』、2014年『Let It Go』とコンスタントにリリース。2015年には配信でEP『Undercover』を発表。
(発売元より引用)








-------------------



前作 Ladies & Gentlemen も同時販売中です!

tis20160301001.jpg

過去の記事 ☞ こちら


ご来店お待ちしています。



RAYNA GELLERT

RAYNA GELLERT
WORKIN'S TOO HARD

RG20170128002.jpg

I love Rayna’s musical personality, which is deep, funky, and complex. - Béla Fleck



こんにちは。


2003年から2008年まで Abigail Washburn らと共に女性ストリング・バンド、
"Uncle Earl" で活動し、"Lonsome Sisters"やScott Miller とのコラボでも
知られるアメリカのシンガー・ソングライター/フィドラー、Rayna Gellert 。

ソロとしては、2012年の『Old Light: Songs from My Childhood & Other Gone Worlds』
から約5年ぶりの新作となります。


StorySound Records / CD / 161-019
RG20170128001.jpg

1. Workin's Too Hard
2. River Town
3. Grey Bird
4. Oh Lovin' Babe
5. Perry
6. Strike The Bells
7. I'm Bound for the Promised Land

Rayna Gellert - Vocal, A.Guitar, E.Guitar, Fiddle
Kieran Kane - Octave Mandolin, A.Guitar, Vocal
Kai Welch - E.Guitar, Key, Vocal
Jamie Dick - Drum

Produced by Kieran Kane & Rayna Gellert



本作では、当ブログでも紹介したことのある ナッシュビルを拠点に活動している
シンガー・ソングライター、*Kieran Kane が共同プロデューサーとなり、バッキング
でも全面強力しています。

*(Kieran Kane)
ニューヨークのクイーンズ出身。音楽は、9歳の時に兄弟のロック・バンドでドラマー
として始まる。西海岸でセッション・ギタリスト、ソングライターとして活動後に
ナッシュビルに拠点を移す。1986年にアサイラム・レコードと契約して、アルバム
『 Kieran Kane 』をリリースしてメジャー・デビューを果たす。その後、コロムビア、
アトランティックを経由し、自主レーベル "Dead Reckoning Records" を設立する。
Emmylou Harris, Lucinda Williams らとの交流でも広く知られている。


彼女のフィドラーとしての技術は、 Appalachian String Band Music Festival (各都市の)
でファイナリストに選ばれるなど、すでに証明済みです。さらに Scott Miller との出会い
を経てソングライターとしてのセンスに磨きがかかった1枚と言えます。

ノースキャロライナに拠点を置き、幼い頃から親しんできたアパラチアン音楽(オールド・タイム)
の伝統に敬意をはらいつつ制作された渾身の新作!

試聴 ☞ StorySound Records







店頭にて販売しています。
ご来店お待ちしています。



TIFT MERRITT

TIFT MERRITT
Stitch of the World



2002年に Lost Highway からデビューしてもう15年も経つのかと
しみじみ思いました。

自身もずっと新譜を追い続けている女性シンガー・ソングライター、
Tift Merritt。

Yep Roc リリースされた5年振りの新作です!!


Yep Roc/BSMF RECORDS / CD / BSMF-6099 / ¥2592(TAX IN)
TM20170128001.jpg

1. Dusty Old Man
2. Heartache Is an Uphill Climb
3. My Boat
4. Love Solders On
5. Stitch of the World
6. Icarus
7. Proclamation Bones
8. Something Came Over Me
9. Eastern Light
10. Wait For Me

Bonus Track: 初回限定盤のみ
11. Day He Died (Acoustic with Sam Beam)
12. Bonus Track: Something Came Over Me (Acoustic with Sam Beam)
13. Bonus Track: Stitch of the World (Acoustic with Sam Beam)

Tift Merritt - A.Guitar, Piano, Vocals
Jay Bellerose Drums
Jennifer Condos Bass
Eric Heywood - Pedal Steel
Marc Ribot - Banjo, Guitar, Ukulele
Sam Beam - A.Guitar, Vocals



本作では古くからの友人で才能あふれるシンガー・ソングライター、
Iron & Wine こと Sam Baem がプロデュースやヴォーカルで全面協力!
さらにゲストとして奇才 Marc Ribot や Eric Heywood らも参加!!

●初回限定盤にのみアコースティック・ボーナス3曲が収録!


★Tift Merritt(ティフト・メリット)
ティフト・メリットは1975年テキサス州ヒューストン生まれ。幼い頃にノース・カロライナ州に移住。
父の影響で幼い頃からフォークやソウルを聴きギターや歌を学ぶ。大学卒業後、バンドThe Carbines
でプロとして活動開始。98年に『Jukejoint Girl』を発表。
99年にはゲスト参加した『The Two Dollar Pistols with Tift Merritt』を発表。2000年にコンテストで
優勝しロスト・ハイウェイと契約。2002年のソロデビュー作『Bramble Rose』はメディアやミュージシャン
から高い評価を受ける。2004年ニール・カサールらが参加した『Tambourine』ではグラミーを初め多くの
賞にノミネートされ注目を集める。ライアン・アダムス、エルヴィス・コステロなど多くのアーチストとも共演。
2008年にはファンタシーに移籍し『Another Country』を発表。ニューポートなど多くのフェスティヴァルにも
参加。その後も2010年『See You on the Moon』、2012年『Traveling Alone』と発表し毎回高い評価を受けている。
(販売元より引用)






---------------


こちらの2012年作(輸入盤)も在庫あります↓

Traveling Alone
Yep Roc Records / CD / YEP2291
tm20150824001.jpg

過去の記事 ☞ こちら




店頭にて販売中です。
ご来店お待ちしています。



HOWE GELB

HOWE GELB
Future Standards


紹介が大変遅れました。。。

アリゾナ州ツーソンに拠点を置くベテラン・シンガー・ソングライターであり、
Giant Sand の活躍でも知られる Howe Gelb のニュー・アルバム!



MOORWORKS / CD / MWCD-229 / ¥3240(TAX IN)
HG20170128001.jpg

1. Terribly So
2. Irresponsible Lovers
3. A Book Youve Read Before
4. Relevant
5. Ownin’ It
6. Clear
7. Impossible Thing
8. The Shiver Revisited
9. Mad Man At Large
10. May You Never Fall In Love
11. Sweet Confusion
12. Mad Man At Home

Howe Gelb – piano, voice
Thøger Lund – bass
Andrew Collberg – drums

Tracks 3 and 5 with:
Joost Kroon – drums
Aram Kersbergen – bass
J.B. Meijers – guitar

Track 9 with:
Arthur Vint – drums
Ian Stapp – bass

with guests:
Lonna Kelley – voice
Naim Amor – guitar


Giant Sand を知る人にはあれっと言う感じかもしれませんが、年を重ねた
現在の彼がここに詰まってますね。

初期 Tom Waits にも似た彼のヴォーカルに加え、ゲスト・ヴォーカルとして
女性シンガー、Lonna Kelley とのデュエットもあり。

タイトル通り未来のスタンダートになりえるしっとりとしたジャズ・ナンバーが
聴ける推薦盤です!!!


Howe Gelb
アリゾナ州ツーソンに拠点を置くアメリカ人シンガー・ソングライター。80年代に活躍した
オルタナ・カントリー・ロック・バンド Giant Sandのフロントマンとしても広く知られている。
ソロ活動ではアウトサイダー・アートとも言えるフォーク・ミュージックを制作し数多くの
アルバムをリリース。




店頭にて販売中です。
ご来店お待ちしています。


プロフィール

po69

Author:po69
PO'BOY RECORDS

AMERICAN ROOTS MUSIC
( BLUES, FOLK, SSW,
BLUEGRASS, OLD TIME,
JUG/WASHBOARD, etc )

NEW & USED RECORDS,
CDS, BOOKS
AND MORE...

● その他、日本のフォーク
SSW/ブルース系のアーティスト
もあります。

大阪市北区豊崎3-6-15 
第2淀川ビル3F
TEL:06-7494-9358

OPEN 12:00 CLOSE 20:00
(日曜 CLOSE 18:00)
木曜定休
.......................
Yodogawa N0.2 Bldg 3F
3-6-15, Toyosaki ,Kita-ku,
Osaka 531-0072 JAPAN
TEL&FAX +81-6-7494-9358

Open - Close
Mon. - Sat. 12:00-20:00
(Sun. 12:00-18:00)
Thu. - Closed

カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QR
2017年3月の定休
●木曜定休
カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
リンク
アルバム
検索フォーム
THANK YOU !!
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

<消費税率変更に関して>
2014年4月1日以降より8%での税込価格表示に変更となります。