ERIN COSTELO

ERIN COSTELO
Down Below, The Status Quo



BSMF RECORDS 新譜よりもう1枚、


カナダのシンガーソングライター、Erin Costelo が4作目にして日本初上陸!
Mavis Staples や、Dr. John、Levon Helm らとも共演経験のある実力派SSW.



BSMF RECORDS / CD / BSMF-6137 / ¥2592(TAX IN)
EC20180424001.jpg


1. Move
2. Worry, Don't Weigh Me Down
3. Low
4. Fighter
5. Turn It On
6. Quiet The Bombs
7. Everyday
8. Wake Up
9. Titanic
10. The Line


本作はすでにカナダの音楽賞で12部門にノミネートされ、今回ナッシュビルの
Compass Records 通して全米リリースされることになった強力作!

レコーディングの模様もドキュメンタリー映画として撮影されるほど各方面から
注目される話題作。

力強くソウルフルでジャジーな歌声や完成度の高い楽曲は、Donny Hathaway、
Nina Simone の精神を体現していると称される。







Erin Costelo
エリン・コステロは、カナダのノバスコシアに生まれ、4歳で言葉の読み書きと同時にピアノの
レッスンを始めた。ビートルズやエルトン・ジョンから、バッハ、モーツァルトまでをも演奏する
ようになったエリンは、ハイスクールを出た後、大学のクラシックピアノ科の奨学金を断って、
ジャズピアノを学ぶ。卒業後、サイドミュージシャンとしてギグに参加。ピアニストとしての
スキルを磨いていく。2007年、7曲入りミニアルバム『The Trouble & The Truth』でレコードデビュー。
続く2009年のアルバム『Fire & Fuss』は、1989年から続く、アトランティックカナダの権威ある
音楽賞East Coast Music AwardsにてFemale Recording of The Yearにノミネート。ボーカリストと
ピアニスト、また作曲家としても注目を集める。2012年『We Can Get Over』では、ECMAの
R&B / Soul Recording of the Yearを獲得。メイヴィス・ステイプルズや、ドクター・ジョン、
リヴォン・ヘルムなどの著名なアーティストとの共演も果たす。





店頭にて販売中です。
ご来店お待ちしています。



Yep Roc Records RSD

昨日に続いてのおしらせ、

Yep Roc Records より 今週末(4/21)の Record Store Day アイテムとして
リリースされる中から1タイトルだけ当店も数枚入荷します!

以下、商品詳細です↓
SOLD!



Tia Blake
Paris and Montreal Demos, 1973-1976
(Yep Roc Records + Southern Folklife Collection)

Packaging: 10” EP
Limited to 650 copies worldwide


TB20180421001yeproc.jpg

These demo recordings are an invaluable addition to the unique catalog of material written
and recorded by early 1970s folk singer Tia Blake, best known for her lost classic album
"Folksongs and Ballads" released on the small French SFP record label in 1971.
Born Christiana Elizabeth Wallman April 13, 1952 in Columbus, Georgia, Tia moved to Paris
when she was 18 years old, where she learned how to play acoustic guitar and was introduced to
Michel Bachelet and Jean-Paul Smets, the owner and A&R manager of record label SFP,
who asked her to record her first album. Recorded in Montreal and Paris, the EP,
on vinyl for the first time, features demos of traditional ballads and original songs by
Blake and has been remastered from original tapes.



71年にリリースされた Tia Blake And His folk-Group 名義のアルバム
『 Folksongs & Ballads 』のオリジナル盤は今なおコレクター・アイテムです。
(US Water 他よりCD化済)

本作は、モントリオールとパリでレコーデイングした時のデモ音源を
10inch 盤に収録したものです。

お楽しみに!





Jack Elliott

Jack Elliott



こんにちは。


久しぶりに中古レコードから Jack Elliott の Topic盤(ペラジャケ)です。



Muleskinner
UK Topic Records / USED LP / 12T105 / ジャケ、盤共にVG+
JE20180416001.jpg
(画像は参考です。)

Side A
1 San Francisco Bay Blues
2 Ol' Riley
3 The Boll Weevil
4 Bed Bug Blues
5 New York Town
6 Old Blue
7 Grey Goose

Side B
1 Mule Skinner Blues
2 East Texas Talking Blues
3 Cocaine
4 Dink's Song
5 Black Baby
6 Salty Dog

アメリカのフォーク・リヴァイヴァル以前に UK でリリースされた1枚。
本作は、1958年にリリースされたアルバム『Jack Takes To The Floor』
(10inch盤)に2曲追加してリリースされた12inch盤です。
若き Bob Dylan に影響を与えた1枚です。オススメ!!



------------------------------



Jack Elliott & Derroll Adams
Roll on Buddy
UK Topic Records / USED LP / 12T105 / ジャケ、盤共にVG+
JE20180416002.jpg
(画像は参考です。)

Side A
1 Rich And Rambling Boys
2 Buffalo Skinners
3 I Wish I Was A Rock
4 It's Hard Ain't It Hard
5 All Around The Water Tank
6 Mother's Not Dead

Side B
1 East Virginia Blues
2 The Old Batchelor
3 Danville Girl
4 The State Of Arkansas
5 The Death Of Mr. Garfield
6 Roll On Buddy

Jack Elliott - Guitar
Derroll Adams - Banjo



こちらもオリジナルは、『The Rambling Boys』(10inch盤)でリリースされたもの
に2曲追加してリリースされた12inch盤です。バンジョー奏者で良き相棒で
あった Derroll Adams とのデュオが聴ける人気作!!



どちらも店頭にて販売中です。
ご来店お待ちしています。



JODY CARROLL

JODY CARROLL
Back To The Country




I Remember Joe McMurrian's Japan Tour 2014.


2014年11月、彼は当店の扉をくぐるなり挨拶も早々に
Harmony Hallywood 抱き上げ爪弾き始めた。


オレゴンはポートランドから来たアメリカン・ソングライ―、
奇妙なアメリカの伝統音楽を自身のフィルターに通して
現代に伝える。


あれから3年、Joe McMurrian' 改め、Jody Carroll として
最新作が送られてきた。



来日時の過去ログ ☞ こちら




BSMF RECORDS / CD-R / BSMF-2590 / ¥2376(TAX IN)
JCM20180330001.jpg

1. Ruben's Train
2. Aces and Eights
3. Back to the Country
4. Forever Mine
5. Black Mountain Road
6. The Bell
7. Churches Bars and Liquor Stores
8. The Shores of Amerikay
9. Been Away So Long
10. I Want to Talk About you
11. Old World
12. God Moves on the Water
13. The Coo Coo
14. The People Are Scratching
15. Swannanoa Swang
16. Down to the River

Jody Carroll - Vocal, Acoustic Guitar, Resonator Guitar, Banjo


帰国前に再度訪店してくれた際、彼は Jean Ritchie (appalachian balladeer and folklorist)
の分厚い本を読んでいたことを思い出した。

本作にはそんなアパラチアン音楽の影響も感じる楽曲が詰まっている。
録音もノースキャロライナのアッシュヴィルにある Seclusion Hill Studios (Phil Ludwigの)
で行われています。

Ruben' Train や The Coo Coo と言ったアパラチアン・バラッドを始め、
Fred McDowell をお手本とした (Goin') Down to River のようなブルース
カバーも収録。

個人的には切々と弾き語られるオリジナル曲に心打たれました。

同時リリースを予定したライヴ・アルバムは少し遅れていますが
楽しみにお待ちください。


HP ☞ jodycarroll.com










Jody Carroll (ジョディ・キャロル)
ジョディ・キャロル・マクマリアンは、1967年カリフォルニア州北部出身。1990年に入り本格的に
絵と音楽を勉強するためLAの芸術学校へ通い、曲作りとギターテクニックを磨く。そこでブルース、
フォーク、カントリー、ジャズと様々なジャンルの音楽を吸収。その後、拠点をオレゴン州ポートランドへと移し、
2001年ファーストアルバム『アンダー・ザ・サン』を発表。アルバムは、カリフォルニアのラジオ局で話題となり、
多くのフェスティバルにも出演。2004年『Dredge』、2006年『レイン・オブ・デイズ』とリリース、全米でも注目を
集める。2011年の『ゲット・インサイド・ディス・ハウス』では、遂にインターナショナル・ブルース・チャレンジの
ベスト・セルフ・プロデュース・アルバムを受賞。並行してエレクトリック・ジャム・バンド、ウッドブレインとしても
2009年に『スウィミング・イン・ターペンタイン』をリリース。2014年にはニューアルバム『オールド・ブラッド』、
『ライブ・アット・ジ・アズテック・シアター』の2枚を引っ提げ、遂に初来日を果たし、その卓越したギター・プレイ
で大絶賛を浴びる。




----------------------


<関連商品>


『 OLD BLOOD 』
JM20141031001.jpg
BSMF RECORDS / CD / BSMF-2418 / ¥2376

前2作の過去ログ ☞ こちら


『 Live At The Aztec Theater 』
JM20141031002.jpg
BSMF RECORDS / CDR / BSMF-2419 / ¥2376


-----

『 GET INSIDE THIS HOUSE 』
JCM20180330002.jpg
BSMF RECORDS / CDR / BSMF-2224 / ¥2365

過去ログ ☞ こちら




店頭にてすべて販売中です。
ご来店お待ちしています。




KIM RICHEY

KIM RICHEY
EDGELAND



こんにちは。


1995年、 Mercury Nashville (Polygram)よりメジャー・デビューを
果たし、その後も Lost Highway、Vanguard などを経由して現在も
活動している Kim Richey 。


そんな彼女の5年振りとなる新作!!


BSMF RECORDS/Yep Roc / BSMF-6136 / ¥2592(TAX IN)
KR20180330001.jpg

1. The Red Line
2. Chase Wild Horses
3. Leaving Song (feat. Pat McLaughlin)
4. Pin a Rose
5. High Time
6. The Get Together (feat. Mando Saenz)
7. Can't Let You Go
8. I Tried
9. Black Trees
10. Your Dear John
11. Not for Money or Love
12. Whistle on Occasion (feat. Chuck Prophet)

Featuring
"Whistle on Occasion "(duet with Chuck Prophet)

Produced by Brad Jones

Special guests include
Robyn Hitchcock
Pat Sansone (Wilco)
Pat McLaughlin
Mando Saenz
Dan Dugmore

and more...




プロデューサーに前作同様、ジル・ソビュールやマシュー・スウィート等を手掛ける敏腕、
Brad Jones を起用し、ナッシュビルにある彼のスタジオ、で録音。ゲストヴォーカルにチャック・プロフェット、パット・マクラフリン、マンド・サエンス、さらにロビン・ヒッチコック、パット・サンソン(ウィルコ)、ダン・ダグモアらも参加し、心に染み入る大人のヴォーカルを聴かせる。


Kim Richey (キム・リッチー)
キム・リッチーは、1956年オハイオ州ゼインズヴィル出身。60年代の様々な刺激的な
音楽から影響を受ける。高校でギターを手にし、大学でステージ・デビュー。
1988年にナッシュビルに移り、本格的にプロのシンガーライターとして活動を開始。
彼女の曲は、ラドニー・フォスターやディクシー・チックス、ブルックス&ダンなどに取り上げられ、
コンポーザーとして確固たる地位を確立。トリーシャ・イヤーウッドに書いた「Believe Me Baby」
ではグラミーにもノミネート。同時にソロシンガーとしては1995年マーキュリーより『Kim Richey』
で遅咲きのメジャーデビューを果たし、「Just My Luck」などのヒットにより一躍その名を知らしめる。
その後も、1997年『Bitter Sweet』、ロスト・ハイウェイから2002年『Rise』、ヴァンガードから
2007年『Chinese Boxes』などコンスタントにリリース。2013年にはYepRocからパット・サンソン、
ジェイソン・イザベル、トリーシャ・イヤーウッドらが参加した『Thorn in My Heart』を発表し
高い評価を受けた。
プロフィール

po69

Author:po69
PO'BOY RECORDS

AMERICAN ROOTS MUSIC
( BLUES, FOLK, SSW,
BLUEGRASS, OLD TIME,
JUG/WASHBOARD, etc )

NEW & USED RECORDS,
CDS, BOOKS
AND MORE...

● その他、日本のフォーク
SSW/ブルース系のアーティスト
もあります。

大阪市北区豊崎3-6-15 
第2淀川ビル3F
TEL:06-7494-9358

OPEN 12:00 CLOSE 20:00
(日曜 CLOSE 18:00)
木曜定休
.......................
Yodogawa N0.2 Bldg 3F
3-6-15, Toyosaki ,Kita-ku,
Osaka 531-0072 JAPAN
TEL&FAX +81-6-7494-9358

Open - Close
Mon. - Sat. 12:00-20:00
(Sun. 12:00-18:00)
Thu. - Closed

カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QR
2018年4月の定休
●木曜定休
カレンダー
03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
最新記事
リンク
アルバム
検索フォーム
THANK YOU !!
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

<消費税率変更に関して>
2014年4月1日以降より8%での税込価格表示に変更となります。