FC2ブログ

A NOD TO BOB

A NOD TO BOB




こんにちは。


昨日紹介した Red House Records の繋がりでもあり、2014年の
来日でも輸入盤で紹介したことのある Bob Dylan トリビュート!


今年(令和2年)4月に日本限定のライブ・ハウス・ツアーを予定
している Bob Dylan 、5月には79歳を迎えます。


今回、そんな Dylan の来日公演を記念し、2枚のトリビュート・アルバム
が国内仕様として再発売となりました。(Vol.1 の方でライナー書かせて
いただきました。)


ここに収録されたトラックは、Dylan 自身が賞賛したアーティストを始め、
彼の「芸術的な子供」と呼ばれたシンガー・ソングライターまで Dylan
愛好家を代表する Red House Records の主要メンバーが選抜され、
独自のアレンジによって演奏されています。


An Artists' Tribute to Bob Dylan on His Sixtieth Birthday

BSMF RECORDS/Red House Records / CD / BSMF-6186
a Nod to Bob 20200225001
直輸入盤国内仕様 / 日本語解説付 / ¥2640(TAX IN)

1. Love Minus Zero/No Limit – Eliza Gilkyson
2. Sweetheart Like You – Guy Davis
3. Clothes Line Saga – Suzzy & Maggie Roche
4. Girl of the North Country – John Gorka
5. Delia – Spider John Koerner & Dave Ray
6. I Want You – Cliff Eberhardt
7. All Along The Watchtower – Tom Landa & The Paperboys
8. Dieu a Nos Cotes (With God On Our Side) – Hart-Rouge
9. Boots of Spanish Leather – Martin Simpson
10. Restless Farewell – Norman Blake & Peter Ostroushko
11. It Ain't Me, Babe – Lucy Kaplansky
12. Pledging My Time – Greg Brown
13. Tomorrow Is a Long Time – Rosalie Sorrels
14. Intro to Don't Think Twice... – Ramblin' Jack Elliot
15. Don't Think Twice, It's All Right – Ramblin' Jack Elliot

60歳のバースデーを記念した本作には、昨日の当ブログで紹介した
Suzzy & Maggie Roche や Greg Brown を始め、 Dylan の生まれ故郷である
ミネソタ州に所縁のある Spider John Koerner & Dave Ray,ニューヨークは
グリニッチ・ヴィレッジ周辺のフォーク・サークルから輩出された John Gorka,
Cliff Eberhardt, Lucy Kaplansky などが収録されています。

さらに Dylan 自身が影響を受けた Rosalie Sorrels や Ramblin’ Jack Elliott と
言ったベテラン勢も収録!



--------------------------------------------------------


An Artists' Tribute to Bob Dylan on His 70th Birthday
BSMF RECORDS/Red House Records / CD / BSMF-6187
a Nod to Bob 20200225002
直輸入盤国内仕様 / 日本語解説付 / ¥2640(TAX IN)

. What Good Am I? - The Pines
2. Just Like a Woman - John gorka
3. Mama, Let Me Lay It on You (Baby, Let me Follow You Down) - Hot Tuna
4. Every Grain of Sand - Lucy Kaplansky
5. Lay Down Your Weary Tune - Storyhill
6. The Days of '49 Spider - John Koerner
7. Dirt Road Blues - Pieta Brown
8. Buckets of Rain - Danny Schmidt
9. House of the Rising Sun - Guy Davis
10. Jokerman - Eliza Gilkyson
11. Just Like Tom Thumb's Blues - Cliff Eberhardt
12. It Takes a lot to Laugh, It Takes a Train to Cry - Ray Bonneville
13. Born in Time - Meg Hutchinson
14. Not Dark Yet - Jimmy Lafave
15. Mozambique - Peter Ostroushko
16. Walkin' Down the Line - Robin & Linda Williams

70歳のバースデーを記念した本作には、前作にも収録されていた人達に加え、
Hot Tuna (Jorma Kaukonen,Jack Casady )、Robin & Linda Williams などベテラン勢
と共に Greg Brown の娘、Pieta Brown や Danny Schmidt, Meg Hutchinson と言った
若手シンガー・ソングライターも収録されています。




ここに収められた Dylan のカバー楽曲は、600曲以上あるオリジナルのほんの
一部ですが、彼を愛するすばらしい人達が終結しています。 Dylan 関連商品
としておすすめできる2枚です!


そして来年、80歳のバースデーを記念したトリビュート・アルバムがリリース
されることを願います。


ちょと早いですが、


Happy Birthday Bob !!









Suzzy Roche

Suzzy Roche
Song from Unmarried Housewife&Mother、
Greenwich Village、USA






ブログでは始めての紹介となります。
(この頃、個人的に Roches 好いているので)



70年代末から80年代にかけて一世風靡した3姉妹コーラス・グループ、
The Roches の三女、Suzzy Roche が Red House Records に残した
ソロ・プロジェクト作!



Red House Records/ Compass Records Group / CD / RHR136
SRoche20200224001.jpg

1. Yankee Doodle (Thanks To Helen Carter)
2. Looking For God
3. 9 Chord Song
4. Out Of The Blue
5. No Such Thing As Love
6. Cold Hard Wind
7. To Alaska With Love
8. Love Comes To Town
9. Goodbye Cruel World
10. Suit And Tie
11. Born Yesterday
12. Sweetie Pie

Suzzy Roche - Vocal, Guitar
David Mansfield - Dobro, Pedal Steel, Violin
Steuart Smith - Accordion, Banjo, Bass, E. Guitar, Harmonica, Piano
Sammy Merendino - Drums
Paul Ossola - Bass
Fred Parcells - Tin Whistle, Trombone
Curtis Stigers - Tenor Sax
Frank Vilardi - Percussion

special guests
Maggie Roche - Vocals
Lucy Wainwrigh Roche - Vocals
Loudon Wainwright III - Vocals, Banjo
Jules Shear - Vocals



直訳ですが、『アメリカはグリニッジビレッジの未婚の主婦と母からの歌』
というユニークなタイトルで始まる本作は、Suzzy にとって2作目にあたる
ソロ・アルバム。

Bob Dylan との仕事やThe Alpha Band のメンバーとしても知られる David Mansfield
をバッキングに迎えた強力なサウンドと彼女の甘くてオールドファッションな
ヴォーカルが素敵な1枚。

スペシャル・ゲストとして姉である Maggie Roche や Suzzy の娘、Lucy や
元夫 Loudon Wainwright III も参加しています。すぐれたソングライターとして
評価の高い Maggie による楽曲提供もあり(M-3)!



---------------------------------------


<関連商品>





Suzzy & Maggie Roche
Why The Long Face

Red House Records/ Compass Records Group / CD / RHR179
SuzzyMaggie20200224001.jpg

1. I Don't Have You
2. Broken Place
3. Who Cares
4. The Warwick Flog
5. La Vie, C'est La Vie
6. Don't Be Afraid
7. One Season
8. The Long Lonely Road To Nowhere
9. For Those Whose Work Is Invisible
10. Training Wheels

Suzzy Roche - Vocal, Guitar, Piano
Maggie Roche - Vocal, Guitar, Piano

David Mansfield - Dobro, A.Guitar, E.Guitar, Nylon String Guitar, Mandolin, Violin
Stewart Lerman - Guitar, Organ, Percussion, Bass, Drums,
Paulinho Braga - Drums
Paul Socolow - Bass
Paul Ossola - Bass
Paulo Braga - Drums
Marlon Cherry - Percussion
Dorothy Lawson - Cello



こちらもブログでは初めて紹介です。2017年に惜しまれつつ
先立った姉 Maggie とのデュオ作(2004年)

The Roches 時代のアルバム『Nurds』に収録された楽曲 M-7 や
アルバム 『Speak』に収録された楽曲 M-2 などを含む全10曲。

ここでも先に紹介した David Mansfield がバックを務め、姉妹に
よる絶妙なコーラスが光るおすすめの1枚です。



----------------------------





Terre Roche
The Sound Of A Tree Falling

Earth Rock Wreckerds ‎/ CD / 0001
TR20200222001.jpg

1. The Sound Of A Tree Falling
2. Nobody's Doing The Job
3. The Snake
4. New York City Pakistan
5. Your Turn
6. Piece
7. Francis
8. The Unrecovered One
9. The Bearer Of Bad News
10. I Like It Here
11. Suffering Is The Nature Of Samsara
12. Blabbermouth
13. The Leaving Dream

Terre Roche - Vocal, Guitar(Steel String & Nylon String)
Maggie Roche - Vocal (M- 3, 4, 11)


本作は、The Roches 3姉妹の次女、Terre Roche が1998年に
リリースしたソロ・アルバム。こちらにも姉 Maggie がゲスト・ヴォーカル
として参加しています。 The Roches の前身は、この二人のデュオから
スタートしています。美しくて豊かな中にどこか毒のある(?)彼女ら
独自のユニークなコーラスが再演されている!



---------------------------------




Maggie Roche
Where Do I Come From

StorySound Records / 2CD / 161-028
MRoche20200224001.jpg

Disc 1
1. Malachy's
2. Burden of Proof
3. Jill of All Trades
4. Underneath the Moon
5. West Virginia
6. Stayin' Home
7. Down the Dream
8. Hammond Song
9. The Married Men
10. Quitting Time
11. Pretty and High
12. The Female Position
13. Losing True
14. The Scorpian Lament
15. No Trespassing
16. Christmas Love

Disc 2
1. Speak
2. Big Nuthin'
3. Cloud Dancing
4. In the World
5. Nocturne
6. Feeling Is Mutual
7. A Dove
8. You're the One
9. Can We Go Home Now
10. You (Make My Life Come True)
11. My Winter Coat
12. A Prayer
13. One Season
14. Broken Places
15. Family of Bones
16. Where Do I Come From

本作は、Maggie Roche の追悼盤とも言える作品で、彼女の
音楽キャリアすべてを2枚のディスクにコンパイルされています。

Terre Roche とのデュオ時代の楽曲から The Roches 時代の楽曲、
Suzzy とのコラボ曲まで収録。さらに未発表4曲の中には、Maggie
が最後に書いたデモ曲も収録されています。

The Roches の楽曲を支えたのは言うまでもなく彼女の優れた
ソングライターとしてのセンスがあってこそです。 Paul Simon も
認める彼女の楽曲集に是非耳を傾けて欲しい。




店頭にてすべて販売中です










【再入荷】GREG BROWN

GREG BROWN
further in





こんにちは。


お客様より ご注文を頂いたので再度、Red House Records の
カタログをご紹介します。

Bob Dylan の生まれ故郷、ミネソタ州を拠点とする Red House Records 。
その創設者、Bob Feldman が惚れ込み、最初に同レーベルからリリースした
シンガー・ソングライターがこの Greg brown で、Townes Van Zandt など詩が
先行する人たちの一人です。



Red House Records/ Compass Records Group / CD / RHR88 
GB20191119001.jpg

1. Small Dark Movie
2. Think About You
3. Two Little Feet
4. Hey Baby Hey
5. China
6. Where is Maria
7. If You Don't Get It at Home
8. You Can Always Come to Me
9. Someday When We're Both Alone
10. Not High
11. Further In
12. If I Ever Do See You Again

Greg Brown – vocals, guitar
Bo Ramsey – guitar
Gordon Johnson – bass
Randy Sabien – mandolin, violin
Kelly Joe Phelps – lap slide guitar
Dean Magraw – guitar
Kate McKenzie – background vocals



80年代、90年代初頭にかけてグラミー・ノミネート作品を含むアルバムを
たくさんリリース している中で、ローリング・ストーン誌を始めとする各方面で
高い評価を得た96年の本盤をおススメします!

Greg 自身がカバー・アートを手掛けた本作は、コア・ファンならご存知であろう
旧友、 Bo Ramsey ( Lucinda Williams などとの仕事で知られる)がプロデュース
を務め、いぶし銀のギターで バックキングにも参加しています。

さらに特筆すべきは、若き Kelly Joe Phelps が数曲ですばらしいラップ・スティール
を演奏し、 Greg Brown の内省的な楽曲を演出しています。(バッキングに徹した
Kelly Joe の演奏が最高です。この頃は、まだ膝に上にアコギを乗せた
スライド・スタイルで卓越したピッキングを披露してくれています。)

現在でも Ani DiFranco を始め、若きシンガー・ソングライターやアメリカーナ系
シンガーなどに多大な影響を与えています。







ご来店お待ちしています。


ELIJAH OCEAN

ELIJAH OCEAN
ELIJAH OCEAN




こんばんは。



昨年、お客様より注文のご連絡をいただいた時に
知ったミュージシャンです。


残念ながらご希望のアルバムは、お決まりの
デジタル・リリースのみでご要望に沿えず


CDでリリースされている中から個人的にも気に入った
このアルバムを紹介します。




New Wheel / CD / NWM010
EO20200207001.jpg

1. Bad Dreams
2. Chain of Gold
3. Malibu Moon
4. Highway
5. Desert Rain
6. Barricade
7. Heavy Head
8. Still Where You Left Me
9. Time Passes Slow
10. Days Are Long

Elijah Ocean - vocals, guitar, bass, piano, organ.
Aaron Goodrich - drums, percussion, backing vocals.
Davey Donaldson - guitar, lap steel, backing vocals, banjourine.
Zach Jones - organ, backing vocals.
Aaron Stern - bass.
Ben Reddell - bass.
Nick Del Negro - guitar.
Mike Schlenoff - piano, backing vocals.
Dan Destiny - fiddle.



Elijah Ocean は、Neil Young、Gram Parsons、The Band などのスタイルに
根ざした現アメリカのシンガーソングライター。

ソロアーティストとしてのキャリアは、メイン州からニューヨーク州への移行と
同時に、彼のフォーク・デビュー作である『 The Wind or the Wine 』をリリース。

2012年の『 Tumble&Fall 』をリリースによって音楽的才能を確立し全米ツアー
を行う。その後もコンスタントにアルバムをリリースし、現在はカリフォルニアを
拠点に活動している。

本作は、2017年にリリースされたセイムタイトル『 Elijah Ocean 』。ロスにある
Mark Rains(プロデューサー/ミックス) のスタジオ「The Station House Studio」で
レコーディングされた全10曲。

アメリカのフォーク・ロック、カントリー・ロック、ファンにはおススメの1枚!!




店頭にて販売中です。
ご来店お待ちしています。









Tompkins Square Catalog Sale

Tompkins Square Catalog Sale !!




Tompkins Square のカタログ・セールから再入荷 したものです。
今回のみ特別価格で販売です。




VA / IMAGINATIONAL ANTHEM VOL.6 

Tompkins Square / CD / TSQ 2851 ¥1600(TAX IN)
imaginational620200205001.jpg

1. Guitar Rag - Sylvester Weave
2. Buck Dancer's Choice - Sam McGee
3. Darkey's Wail - Riley puckett
4. Cannon Ball Rag - Davy Miller
5. Way Down Yonder Blues - Lemuel Turner
6. Hutchinson's Rag - Frank Hutchison
7. Frisco Blues - Bayless Rose
8. Fuzzy Rag - Riley Puckett
9. Knoxville Blues - Sam McGee
10. Guitar Blues - Sylvester Weaver
11. Jailhouse Rag - Davy Miller
12. Tramp Waltz - Lemuel Turner
13. Franklin Blues - Sam McGee
14. Jamestown Exhibition - Bayless Rose

当時(2013年のRSD)、アナログ盤は1500枚限定で先行リリースされていました
(現在廃盤)。その後、CDもリリース。

Primitive Guitarist を編集し紹介するTompkins Square の人気シリーズ・アイテム。

本作では、それらシリーズに収められてきたギタリスト達のお手本とも言える先人達
による卓越した演奏が集めらた第6弾。ギター・ファンには是非とも聴いて欲しい1枚。
当ブログで紹介してきた John Fahey なんかも Sylvester Weaver や Sam McGee,
Frank Hutshison などからたくさんの影響を受けています。

Frank Hutshison なんかは、Harry Smith の "Anthology of American Folk Music"
にも収録されてたり、近年ではコンプリートBOX なんかもリリースされました。白人では
ありますが、カントリー・ブルース・ファンにもお薦めできます。




------------------------------------





こちらもアナログ盤は、2018年のRSDで1000枚限定でリリース
されたものです。(アナログも1枚だけ在庫あり ¥2300)



DUCK BAKER
Les Blues Du Richmond
: Demos & Outtakes, 1973-1979'


Tompkins Square / CD / TSQ 5500 ¥1600(TAX IN)
DuckBaker20200205001.jpg

Side A
1. Maple Leaf Rag
2. Charleston Mad - Charleston
3. Homage to Leadbelly
4. Doing the Racoon
5. Allah, Perhaps
6. Wolverine Blues

Side B
1. Les Blues De Richmond
2. Fire Down There
3. That Rhythm Man
4. Little Boy
5. The Humors of Whisky
6. Sandy River Belle
7. Swedish Jig
8. Pretty Girl Milking a Cow

Duck Baker - Guitar


ワシントンD.C 出身のフィンガー・ピッカー、 Duck Baker 。
本作は、Kicking Mule からアルバムをリリースする以前の初期音源から
75年のアルバム『The Art of Fingerstyle Jazz Guitar 』をリリースした頃
までのデモ音源+アウトテイク音源を収録したもの。

卓越したフィンガリングはもちろんのこと、ジャズ・ナンバーでのスウィング感
がたまらない1枚。基本はインストですが、ヴォーカル曲もバッチリですよ。





----------------------------------------





ブログでは初めての紹介となるTompkins Square のカタログ。


WILL BEELEY
HIGHWAYS & HEART ATTACKS

Tompkins Square / CD / TSQ 5586 ¥1600(TAX IN)
WillBeeley20200205001.jpg

1. Been a Drifter
2. Jack Daniels
3. The Homeless Ain't Just Hobos Anymore
4. Don't Rain on My Parade
5. U.S. 85
6. Help Me Face The Days
7. Taste Of The Good Times
8. Singin' Lullabies
9. It Didn't Feel Like Christmas (and It Sure as Hell Ain't New Years Yet)
10. Telling Stories

William Beeley - Acoustic Guita, Vocals
Don Cento - Electric Guitar, Acoustic Guitar, Lap Steel Guitar
Canaan Faulkner - Bass
Armando Aussenac - Drums, Percussion
Michael Guerra - Accordion
Richard Martin - Organ
Bobby Flores - Violin


Townes Van Zandt や Steve Earle と共に70年代のオースティンの音楽シーン
に登場したシンガー・ソングライター、Will Beeley 。

2017年にTompkins Square から彼が70年代に残した2枚のアルバム『Passing Dream』
と『Gallivantin』が再リリースされました。

本作は、音楽を離れ長い人生をトラックの運転手として過ごした彼の40年ぶりとなる
アルバムです。

Jerry DeCicca(Larry Jon Wilson)がプロデュースし、グラミー賞を5回受賞したJoe Trevino
(Los Lobos、Flaco Jimenez)が録音、Stuart Sikes(Loretta Lynnの「Van Lear Rose」、Cat Power)
がミックスを担当。

アメリカ南部特有の深みと彼の人生の重みが相まった渋い1枚!

Album Trailer ☞ https://www.youtube.com/watch?v=pvNpvh0Ka2U




----------------------------------
--------------------------------------
-------------------------------------------





今回、Tompkins Square のカタログ・セールで2アイテム以上、
オーダーすると、Out of Stock (廃盤)アイテムが限定で入手
できるということで当店はこちらをオーダーしました☟


すぐに廃盤になったのでお買い上げできなかった方も多いのでは。


今回、5セット限定です。
店頭のみの販売です!



Live At
Caffe Lena

Music From America’s Legendary Coffeehouse, 1967-2013


Tompkins Square / 2967 / 3CD ¥5500(TAX IN)
LiveAtCaffeLena20200205001.jpg


CaffeLena20131004002.jpg

CaffeLena20131004003.jpg


[DISC ONE]
1. Intro by Lena Spencer / Guy Carawan Cripple Creek 1970
2. Hedy West Shady Grove 1968
3. Intro by Lena Spencer / Sleepy John Estes Holy Spirit 1974
4. Frank Wakefield and Friends Will The Circle Be Unbroken 1971
5. Jean Ritchie West Virginia Mine Disaster 1969
6. Billy Faier Hunt The Wren 1967
7. Greenbriar Boys Hit Parade of Love 1968
8. Mike Seeger O Death 1971
9. Jacqui and Bridie Hello Friend 1974
10. Tom Paxton Morning Again 1968
11. David Amram Little Mama 1974
12. Patrick Sky Reality Is Bad Enough 1971
13. Rosalie Sorrels Travelin’ Lady 1974
14. Smoke Dawson Devil’s Dream 1968
15. Utah Phillips The Green Rolling Hills of West Virginia 1974
16. Michael Cooney Thyme It Is A Precious Thing 1974
17. Kate McGarrigle and Roma Baran Caffè Lena 1972

[DISC TWO]
1. Intro by Lena Spencer / Dave Van Ronk Gaslight Rag 1974
2. Jerry Jeff Walker Mr. Bojangles 1968
3. Barbara Dane Mama Yancey’s Advice / Love With a Feeling 1968
4. Roy Book Binder Ain’t Nobody Home But Me 1974
5. Intro by Lena Spencer / David Bromberg The Holdup 1972
6. Ramblin’ Jack Elliott Pretty Boy Floyd 1992
7. Arlo Guthrie City of New Orleans 2010
8. Aztec Two Step The Persecution and Restoration of Dean Moriarty 1989
9. Happy And Artie Traum Trials Of Jonathan 1974
10. Rick Danko It Makes No Difference 1988
11. Paul Geremia Something’s Gotta Be Arranged 1989
12. Robin and Linda Williams S-A-V-E-D 1987
13. John Herald Ramblin’Jack Elliott 1991
14. Pete Seeger Somos El Barco(We Are the Boat) 1985

[DISC THREE]
1. Sarah Lee Guthrie and Johnny Irion Folksong 2013
2. Anais Mitchell Wedding Song 2013
3. Bill Morrissey The Last Day Of The Furlough 1990
4. Patty Larkin Island Of Time 1992
5. Greg Brown Flat Stuff 1989
6. Mary Gauthier I Drink 2013
7. Sean Rowe Old Black Dodge 2013
8. Tom Chapin Cats In The Cradle 1987
9. Intro by Lena Spencer / Christine Lavin It’s A Good Thing He Can’t Read My Mind 1987
10. Bill Staines Sweet Wyoming Home 1990
11. Bucky and John Pizzarelli I Like Jersey Best 1989
12. Rory Block That’s No Way To Get Along 1989
13. Chris Smither Killing The Blues 1989
14. Tift Merritt Traveling Alone 2013
15. John Gorka Down In The Milltown 1990
16. Lena Spencer Dear Little Cafe 1972




Bob Dylan や Arlo Guthrie, Dave Van Ronk と言ったアメリカの愛すべき
フォーク・シンガー達が通り抜けた伝説のコーヒー・ハウス、"Caffe Lena"

その伝説の地で行われたライヴ音源(1967年から2013年まで)を3枚のディスクに
収めたものが本作『 Live at Caffe Lena 』です。


ニューヨーク郊外のサラトガ・スプリングスに位置するコーヒー・ハウス、カフェ・レナ。
1960年にビル&レナ・スペンサーがオープンした小さなカフェであり、今では最も古い
コーヒー・ハウスとして知られている。60年代のフォーク・ブームに始まり、ブームとして
終わることなく今でも良質のアメリカン・ミュージックを提供し続けている歴史的な文化遺産
と言ってもよい。


ここに収められた47曲のアメリカン・ルーツ・ミュージック(フォーク、ブルーグラス、
SSW 、ブルース、ジャズなど)の遺産。僕が紹介したかった(してきた)アーティスト
達の貴重な演奏が収録されています。このボックス・セットのすばらしいところは、
もう生で聴くことのできない人から、今もなお現役で演奏しているベテラン、伝統音楽
を受け継ぎ歌う若手まで収められていること。

Patty Larkin を始め、若手で言えば Tift Merritt, Anais Mitchell なども収録され
ています。さらに未発表としては、Dave Van Ronk, Ramblin’ Jack Elliott,
Kate McGarrigle, Rick Danko, Anais Mitchell, Sleepy John Estes, Arlo Guthrie,
Sarah Lee Guthrieなどもあり。

Sleepy John Estes と Hammie Nixson は、1974年の演奏が収録されている。
1974年と言えば、第1回ブルース・フェスティバルで日本に来日を果たした年ですね。
(2年後の来日では、憂歌団とのツアー。)

他にも Greg Brown, Bill Morrissey, John Gorka など魅力的な選曲も!

付属の豪華ブックレットには、当時の貴重な写真なども掲載されています!!


Caffe Lena ☞ http://www.caffelena.org/
Caffe Lena History Project ☞ http://caffelenahistory.org/index.php?2  




ご来店お待ちしております!






プロフィール

po69

Author:po69
PO'BOY RECORDS

AMERICAN ROOTS MUSIC
( BLUES, FOLK, SSW,
BLUEGRASS, OLD TIME,
JUG/WASHBOARD, etc )

NEW & USED RECORDS,
CDS, BOOKS
AND MORE...

大阪市北区豊崎3-6-15 
第2淀川ビル3F
TEL:06-7494-9358

OPEN 14:00 CLOSE 20:00
(日曜 14:00 - 19:00)
木曜定休

.......................

PO'BOY RECORDS
Yodogawa N0.2 Bldg 3F
3-6-15, Toyosaki ,Kita-ku,
Osaka 531-0072 JAPAN

Open - Close
Mon. - Sat. 14:00-20:00
(Sun. 14:00-19:00)
Thu. - Closed

カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QR
2020年3月の定休
●木曜定休
カレンダー
03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
リンク
アルバム
検索フォーム
THANK YOU !!
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

<消費税率変更に関して>
2019年10月1日以降より10%での税込価格表示に変更となります。