FC2ブログ

Jim Kweskin and Samoa Wilson

Jim Kweskin and Samoa Wilson




こんにちは。



本日は、ワシントン州に拠点を置くレーベル、Blix Street Records
から Jim Kweskin と Samoa Wilson のアルバムを3枚紹介します。



この二人は、2015年のジャパン・ツアーで来日もしているので
ご存じの方も多いかと思います。




Jim Kweskin
Enjoy Yourself (It's Later than You think)
Blix Street Records / CD / G2-10091
JimSamoa20190920001.jpg

1. Some Of These Days
2. Blues My Naughty Sweetie...
3. Enjoy Yourself
4. John Henry
5. Blue Skies
6. C Jam Blues
7. Brother Can You Spare A Dime
8. Junko Partner
9. Choo Choo Ch'boogie
10. Exactly Like You
11. Sweet Sue

ロック・ヒストリーにも残る60年代前半の最も重要なバンド、Jim Kweskin Jug Band。
Jim Kweskin は、独自の解釈で、フォーク、ブルース、スイング、ジャグバンド、初期の
スタンダードなどの膨大なレパートリーを演奏し続けている。

本作は、下記で紹介するアルバム『Live the Life』 から3曲、『Now and Again』から4曲
の抜粋に新たな4曲を追加したベスト的な1枚。

楽曲には、Louis Jordan, Clancy Hayes, Fats Wallter, Milton Brown, Duke Ellington,
Bing Crosby, Pete Seeger などの影響が見て取れます。




---------------------------------




Samoa Wilson with the Jim Kweskin Band
Live the Life
Blix Street Records / CD / G2-10081
JimSamoa20190920002.jpg

1 .I'm Going To Live The Life...
2. Sun Going Down
3. What A Little Moonlight Can Do
4. Organ Grinder's Swing
5. Some Of These Days
6. Oh Papa Blues
7. Choo Choo Ch'Boogie
8. Dedicated To You
9. Can't Help Lovin' That Man
10. C Jam Blues
11. St. Louis Blues
12. Goodnight My Love

Matthew Berlin (bass)
Leo Blanco (piano)
Mickey Bones (military snare drum)
Jerome Deupree (drums)
Geordie Gude (vocals, harmonica)
Jim Kweskin (vocals, guitar, banjo)
Matt Leavenworth (fiddle)
Bruce Millard (mandolin)
Paloma Ohm (drums, alto sax)
John Ramsey (drums)
Titus Vollmer (acoustic guitar)
Samoa Wilson (vocals)



本作は、Samoa Wilson のソロ8曲に加え Jim Kweskin とのデュエット2曲と
Jim Kweskin Bandによるインスト2曲で構成されたアルバム。さらに言えば
Jim Kweskin Bandで録音されたサモアのファース・トアルバムでもあります。




------------------------





Jim Kweskin Band with Samoa Wilson
Now and Again
Blix Street Records / CD / G2-10076
JimSamoa20190920003.jpg

1. Sweet Sue
2. Why Don't You Do Right
3. Linin' Track
4. I'm Gonna Sit Right Down...
5. Blues My Naughty Sweetie...
6. Exactly Like You
7. Sugar In My Bowl
8. Brother Can You Spare A Dime
9. Trouble In Mind
10. Cry Me A River

Jim Kweskin and the Jug Band 以降の1997年から新たにスタートした
Jim Kweskin Band。本作は、最年少のメンバーであり、現代的で力強い
才能をヴォーカリスト、Samoa Wilson を4曲でフィーチャーしたアルバム。
(このアルバムをきっかけに先の『Live the Life』のリリースに繋がります。)

ジャズ、スイング、フォーク、ブルース、昔ながらの音楽と現代的なスタイル
を上手くブレンドした演奏が魅力!



アルバム未収録ですが参考動画としてどうぞ↓
https://www.youtube.com/watch?v=_X4D0Ba4eMY
https://www.youtube.com/watch?v=h9nAV0ZHqpw






店頭にて販売中です。
ご来店お待ちしています。













DAVID GRISMAN QUINTET (DGQ)

DAVID GRISMAN QUINTET
Live at the Great American Music Hall - 3/5/79 and 3/6/79



こんにちは。


久しぶりに Acoustic Disc のリリースが4タイトルほど
たまっていたので紹介します!


一部はCD-Rとなりますが、レーベルのオフィシャル
リリースです。

Dawg 率いる Quintet (以下、DGQで表記)の貴重なライブ音源!!

ちなみに Dawg とは、亡き旧友 Jerry Garcia(Grateful Dead )が David Grisman
につけた愛称です。



Acoustic Disc / 2CD
Dawg20180711001.jpg

Disc 1 (3/5/79) - Total time: 66:52
01 - 16/16
02 - Waiting On Vassar
03 - Devlin'
04 - Janice
05 - Minor Swing
06 - Band Intro
07 - Pneumonia*
08 - Ricochet**
09 - Intro
10 - Neon Tetra
11 - Key Signator
12 - Moonlight Waltz**
13 - Dawg's Rag
14 - Limehouse Blues

Disc 2 (3/6/79) - Total time: 65:12
01 - 16/16
02 - Waiting On Vassar
03 - Minor Swing
04 - Band Intros
05 - Pneumonia*
06 - Intro
07 - Key Signator
08 - Devlin'
09 - Emd
10 - Swing '51
11 - Dawgology
12 - Fish Scale
13 - Dawg's Bull

David Grisman - Mandolin
Tony Rice - Guitar, Mandolin*
Darol Anger - Fiddle, Cello*, Mandolin**
Mike Marshall - Mandolin, Mandola*
Todd Phillips - Bass, Mandolin**



1978年、アルバム『Hot Dawg』をリリースした後、同メンバーでツアーを開始。
本作は、1979年に彼らの本拠地と言えるサンフランシスコのGreat American Music Hall
で行われた2日間(3月5日、6日)のライヴをそれぞれ2枚のDisc に収録したもの。

ここには30年近く封印されてた貴重な音源が含まれており、晴れてフィジカルでの
リリースとなっております。

DGQ は年代によってメンバー・チェンジしています。本作には77年のDGQのメンバー、
Bill Amatneek (ベース)が抜け、セカンド・マンドリン奏者であったTodd Phillips がベース
を担当し、フロリダ州 Lakeland 出身の若き21歳(当時)Mike Marshall がマンドリン、
マンドーラで参加。

Tony Rice を筆頭に Anger & Marshall による鉄壁のリズム・セクション。個人的には、
この時代のDGQが結構好きです!DGQ 79’は意外と音源や映像が少ないのです。



弦楽器の魅力を最大限に発揮されたスリリングでエモーショナルなサウンド。
これぞまさに "Dawg Music" の極み!!



店頭にて販売中です。
ご来店お待ちしています。



David Grisman, Martin Taylor & Frank Vignola

FIRST TIME TOGETHER!
David Grisman, Martin Taylor & Frank Vignola




David Grisman と Martin Taylor、
David Grisman と Frank Vignola 、

上記の組み合わせとしては、これまでにも音源として
リリースされましたが、



David Grisman と Martin Taylor、Frank Vignola、

アルバム・タイトルが意味する、この三者では初の
顔合わせとなります。


Acoustic Disc / CD
Dawg20180711002.jpg

01 - The Surrey With The Fringe On Top
02 - Avalon
03 - Poinciana
04 - I'm Confessin'
05 - Tracy's Tune
06 - I'll See You In My Dreams
07 - Serafina
08 - My Blue Heaven
09 - Swang Thang
10 - Newly Wedding
11 - Diane
12 - Michelle

Martin Taylor - guitar (right channel)
Frank Vignola - guitar (left channel)
David Grisman - mandolin
Samson Grisman - bass (right channel)



本作は、David Grisman とその旧友であり、 "Guitar Wizard"の Martin Taylor、
Frank Vignola を迎え、さらにGrisman の息子 Samson Grisman を加えた
4人によるセッションを収録したもの。


本作に収録された全12曲は、1日のセッションで録音されたもので、ショウチューン
として知られるアメリカン・スタンダード "The Surrey With The Fringe On Top"や
"I'll See You In My Dreams"、"My Blue Heaven"を始め、Martin Taylor、David Grisman
両者のオリジナルなどリラックスした雰囲気の中で演奏されて行きます。


ラストを飾るのは Lennon-McCartney による "Michelle." !!




店頭にて販売中です。
ご来店お待ちしています。






GAMBETTA, AONZO, GRISMAN

Beppe Gambetta, Carlo Aonzo, 
David Grisman


Traversata
Italian Music In America



こんにちは。本来は定休ですが祝日という事で
まったりオープンしてます!


さて本日は、Acoustic Disc では初めて紹介するアルバム。

本作は、イタリアン・ギタリスト、Beppe Gambetta と同じくイタリアン・マンドリニスト、
Carlo Aonzo を迎えたコラボ作。

イタリアの古典音楽とアメリカの古典音楽をストリング・マスターである3人が絶妙な
演奏で聴かせてくれるオススメの1枚!


Acoustic Disc / CD / ACD-47
R-5483356-1394535212-7504_jpeg.jpg

1. Costumi Siciliani
2. Oh Mio Babbino Caro
3. Idillio Primaverile
4. Manzanillo
5. L'onda
6. Tarantella Op.18
7. Intermezzo
8. Pickin' The Guitar
9. Violinata
10. Study For Two Mandolins
11. Valtzer Fantastico
12. The Godfather Waltz
13. Mazurka Vi Op. 141
14. Serenata "A Ballo"
15. April Kisses

David Grisman - Mandolin
Beppe Gambetta - Guitar, Harp Guitar
Carlo Aonzo - Mandolin, Mandocello
Radim Zenkl - Mandocello (M-6)


イタリアのマンドリン音楽ではもっともポビュラーな楽曲M-1(Giovanni Gioviale 作)
に始まり、イタリアンオペラ曲M-2など。

Beppe と Carlo によるデュオ演奏 M-5, 7 では、イタリア発祥のハープ・ギターと
マンドリンの美しいアンサンブルが聴ける。

ジャズ・ギタリスト、Nick Lucas のナンバー(M-8) や同じくジャズ・ギタリスト、Eddie Lang
のナンバー (M-15)では、Beppe の粋なギター演奏も聴けます。

他にもイタリアの作曲家、Nino Rotaによる映画『 ゴッドファーザー』のメイン・テーマ(M-12)
などなど。

イタリア音楽にある情熱的で、喜怒哀楽といった人間の感情をマンドリンを中心と
した弦楽器で旨く表現された作品です。

20ページ、フルカラーブックレット付属。


店頭にて販売中です。
ご来店お待ちしています。







Vaudeville act, Novelty Quartet

Vaudeville act, Novelty Quartet


こんにちは。

本日はアメリカのエンターテインメントでもあったヴォードヴィル(踊り、歌、手品、漫才)
の舞台や映画などで活躍した2組を紹介します。




BUTTERBEANS & SUSIE
THE GREAT COMEDY-BLUES TEAM
that made jazz history.


GHB RECORDS / CD / BCD-135
BS20150628001.jpg

1. Ballin' the Jack
2. Get Yourself a Monkey Man
3. There'll Be Some Changes Made
4. Construction Gang
5. I've Got the Blues for Home Sweet Home
6. A Married Man's a Fool
7. When My Man Shimmies
8. Deal Yourself Another Hand
9. Street Piano
10. Until the Real Thing Comes Along
11. Interview: String Band
12. Interview: Doing Comedy
13. Interview: Butterbeans
14. Interview: Home Sweet Home
15. Interview: Making Records


Eddie Heywoos - piano
leonard Gaskin - bass
Jimmy Crawford - drums
Joe Thomas - trumpet
Gene Sedric - clarinet
Benny Morton - trombone
Dick Vance - trumpet
Earl Warren - sax
Dickie Wells - trombone
Sidney DeParis - trumpet


Jody 'Butterbeans' Edwards とSusie Edwards(Hawthorn)夫婦からなるヴォードヴィリアン。
夫婦ならではの掛け合いでコミカルな内容から猥雑な内容まで歌にし、当時の黒人大衆を
大いに笑わせ、歌わせ、踊らせました。

そのサウンドは、ブルースやジャイヴと言ったスタイルです。彼らは Louis Armstrong
率いた Hot Five との録音も OKeh に残しています。

本作もブルースやジャイヴ、ジャズと言ったサウンドをバックに聴かせてくれます。
Slim & Slam なんかが好きな方へもオススメです!


-------------------------------------------



THE HOOSIER HOT SHOTS

"Are You Ready, Hezzie?"


CIRCLE RECORDS / CD / CCD-905
HHS20150628001.jpg


1. I Like Mountain Music
2. My Blue Heaven
3. Wah-Hoo!
4. What Can I Say After I Say I'm Sorry?
5. The Coat and Pants Do All the Work and the Vest Gets All the Gravy
6. Sweet Jennie Lee!
7. Preety Baby
8. My Little Bimbo Down on the Bamboo Isle
9. Toot, Toot, Tootsie, Goodbye
10. Some Days You Can't Make a Nickel
11. Breezin' Along With the Breeze
12. Meet Me Tonight in the Cowshed
13. Hoosier Ho1 *Texas Blues
14. What's the Goos Word, Mr. Bluebird
15. Skeleton Rag
16. Put on Your Slippers and Fill up Your Pipe (Your Not Going Bye-Bye ...)
17. Someday (You'll Want Me to Want You)
18. I Like Bananas (Because They Have No Bones)
19. When You Wore a Tulip (And I Wore a Big Red Rose)
20. Since We Put the Radio Out in the Henhouse
21. Cuddle up a Little Closer
22. Beer Barrel Polka
23. Nobody's Sweetheart
24. That's What I Learned I College
25. Runnin' Wild

Paul "hezzie"Trietsch - whistle, washboard, drums, toys
Ken "Rudy"rietsch - guitar
Frank Kettering - bass
Gil Taylor - bass
Charles Otto "Gabe" Ward - clarinet

and Everybody Sings!



1930年代なかばから1970年代まで活動を続けていた、インディアナ州が生んだ
ノヴェルティー・カルテット、フージア・ホットショット!

ローカル・バンドとしてスタートした彼らは、78回転で Banner, Conqueror, Decca,
Melotone, Oriole, Perfect, Romeo, Vocalion など数多くのレーベルに音源を残し
ています。

ラジオ番組の出演を機に、多くの聴衆の耳にとまり、その後は、舞台、映画などでも
活躍し人気を得る。

本作は、オリジナル・メンバー、Ken Trietsch, Hezzie Trietsch, Gabe Ward, Frank Kettering
よる演奏が収録されいます。

4弦のテナー・ギター、クラリネット、ウッド・ベースを始め、手作りの洗濯板(ウォッシュ・ボード)
で奏でる、そのサウンドは、ホット・ジャズやヒルビリー・スウィング、カリプソまでコミカルで
ご機嫌なものばかり!

.............................

アメリカの大衆音楽はこの2枚だけでは語りつくせませんが、ルーツ音楽の
1つとして耳にして欲しいと思います。


店頭にて販売中です。
ご来店お待ちしています!





プロフィール

po69

Author:po69
PO'BOY RECORDS

AMERICAN ROOTS MUSIC
( BLUES, FOLK, SSW,
BLUEGRASS, OLD TIME,
JUG/WASHBOARD, etc )

NEW & USED RECORDS,
CDS, BOOKS
AND MORE...

大阪市北区豊崎3-6-15 
第2淀川ビル3F
TEL:06-7494-9358

OPEN 14:00 CLOSE 20:00
(日曜 14:00 - 19:00)
木曜定休

.......................

PO'BOY RECORDS
Yodogawa N0.2 Bldg 3F
3-6-15, Toyosaki ,Kita-ku,
Osaka 531-0072 JAPAN
TEL&FAX +81-6-7494-9358

Open - Close
Mon. - Sat. 14:00-20:00
(Sun. 14:00-19:00)
Thu. - Closed

カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QR
2019年10月の定休
●木曜定休
カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
リンク
アルバム
検索フォーム
THANK YOU !!
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

<消費税率変更に関して>
2019年10月1日以降より10%での税込価格表示に変更となります。