FC2ブログ

Great Moments in Jazz

Great Moments in Jazz





こんばんは。


本日は、オランダの Challenge Records のサブ・レーベル、
Retrieval からリリースされている Early Jazz の編集盤
から2タイトルご紹介します。






THE SUNSHINE BOYS
(Joe and Dan Moooney)

1929-1931 THE COMPLETE SET
Retrieval / CD / RTR 79039  SOLD! / オーダー可
TSB20181104001.jpg

1. My Troubles Are Over
2. Huggable, Kissable You
3. I'm Crooning A Tune About June
4. Do Something
5. It's Unanimous Now
6. That's Where You Come In
7. Does My Baby Love Me
8. I Have To Have You
9. I Like A Little Girl Like That
10. It Seems To Be Spring
11. I Like A Little Girl Like That
12. Would You Like To Take A Walk
13. When I Take My Sugar To Tea
14. Smile, Darn Ya, Smile
15. The One Man Band
16. So Sweet
17. Doin' The Rumba
18. Mary Jane
19. Boy! Oh! Boy! Oh! Boy! I've Got It Bad
20. I'm Keepin' Company
21. Take It From Me
22. So Sweet
23. Doin' The Rumba


本作は、1920年代後半から30年代頭にかけて活躍していた
Joe Mooney(vocal, accordion, piano) と Dan Monney(vocal)
による兄弟デュオ、"The Sunshine Boys"(The Melotone Boys
名義の音源も収録されています)。

素晴らしいバッキングにのせて彼らの陽気で洒落たスキャットと
ヴォーカル、コーラス・ワークが冴えわたる。

クレジットされている Eddie Lang やDick McDonough, Carl Kress
と言ったギタリストを始め、Joe Venuti(violin), Benny Goodman(clarinet),
Tommy Dorsey(trombone) らの手腕もある。

ジャイヴ、スウィング・ファンにはオススメの1枚です!


試聴 ☞ ここ



---------------------------------




Various ‎–
Bring On The Girls 1926-1934

Retrieval / CD / RTR 79060
VAbringongirls20181106001.jpg

1. But I Do - You Know I Do – Betty Morgan
2. Tonight's My Night With Baby – Betty Morgan
3. You Gotta Know How To Love – Esther Walker
4. Hard-To-Get Gertie – Esther Walker
5. High, High, High Up In The Hills – Peggy English
6. How Long Must I Wait For You? – Peggy English
7. You Went Away Too Far – Jane Green
8. I'm Gonna Meet My Sweetie Now – Jane Green
9. Lazy Weather – Helen Morgan
10. Nothing But – Helen Morgan
11. St. Louis Blues – Irene Beasley
12. Choo Choo Train – Irene Beasley
13. I Want To Be Bad – Zelma O'Neal
14. Pickin' Cotton – The Trix Sisters
15. Button Up Your Overcoat – Ruth Etting
16. Kansas City Kitty – Ethel Levey
17. 'T Ain't No Sin – Lee Morse
18. Telling It To The Daisies – Annette Hanshaw
19. I've Got "It" – Annette Hanshaw
20. Fit As A Fiddle – The Ponce Sisters
21. Underneath The Harlem Moon – Frances Williams
22. Hey! Young Feller – Frances Williams
23. Who Walks In When I Walk Out? – Marion Harris
24. Singing The Blues – Marion Harris


本作は1926年から1934年までに録音された 15人の女性ボーカリスト達の
素晴らしい歌声を収録したコンピレーション(全24曲)。

サポートするバックバンドも Adrian Rollini, Benny Goodman, Carl Kress,
Eddie Lang, Jimmy Dorsey, Joe Venuti, Red Nichols, Tommy Dorsey
と言ったi一流のプレイヤーが務めています。





---------------------



以下、


<関連商品>


上記、2枚の録音にも参加しているジャズ・ギタリスト達を
収録した Yazoo Records のコンピレーションです。



VA / PIONEERS OF THE JAZZ GUITAR

Yazoo Records / CD / 1057 
VApioneers20160226001.jpg

1. Handful Of Riffs – Lonnie Johnson & Eddie Lang
2. Feeling My Way – Lonnie Johnson & Carl Kress
3 . Teasing The Frets – Nick Lucas
4 . Hot Fingers – Lonnie Johnson & Eddie Lang
5. Hittin' On All Six – John Cali & Tony Guttuso
6. Picking The Guitar – Nick Lucas
7 . Have To Change Keys To Play These Blues – Lonnie Johnson & Eddie Lang
8. Chasing A Buck – Dick McDonough
9. Chicken A La Swing – Carl Kress & Dick McDonough
10. Satan Takes A Holiday – John Cali & Tony Guttuso
11. Stage Fright – Carl Kress & Dick McDonough
12. Dick Bernstein Ramble – Dick McDonough
13. Heat Wave – Carl Kress & Dick McDonough
14 A Study In Brown – John Cali & Tony Guttuso


本作は、タイトルからもわかるように先に紹介した Eddie Lang,
Carl Kress, Lonnie Johnson, Dick McDonough を始め、ジャズ・ギター
のパイオニア達を収録した編集盤。個人的には、80年代まで
活躍した Nick Lucas が2曲収録されているのも嬉しいところ。
他にも ジャズ・バンジョー奏者としても知られる John Cali なども
入っています。




----------------------------




こちらは、2016年に Asherah Records からリリースされた
Lee Morse のアナログ盤です。


Lee Morse
Sweeping the Cobwebs: Selected Recordings 1924-1930
Asherah Records ‎/ LP / ASH-001
LM20181106001.jpg

Side 1
1 Look What You Went And Done
2 Where'd You Get Those Eyes
3 My Sugar Babe
4 I've Looked All Over (For A Boy Like You)
5 I Love You So (I Do)
6 Cooking Breakfast For The One I Love

Side 2
B1 Mollie Make Up Your Mind
B2 Telling Eyes
B3 Daddy's Girl
B4 Mail Man Blues
B5 Mother And Dad
B6 Give Me A Good-Night Kiss

女優としての顔も持っていた Lee Morse の1924年から
1930年までの録音を編集し収録した1枚!!



店頭にてすべて販売中です。
ご来店お待ちしています。




JAKE SANDERS

JAKE SANDERS
ESTRELLAS DE RADIO





こんにちは。

ギター・ファンは要チェックです!!!




Jalopy Records / CD
JS20180803001.jpg

1. L'Ultimo Amore
2. Bootlegger's Blues
3. Serate Primaverill
4. Charleston Rag
5. Wang Wang Blues
6. Mia Carina
7. Sunset Blues
8. Flappers Trot
9. Let Me Call You Sweetheart
10. Memphis Shakedown
11. Margaret
12. Gold Diggers
13. Speranze Perdute

El Trio
Jake Sanders - guitar
Jared Engel - bass
Dalton Ridenhour - piano

Dennis Lichtman - mandolin (tracks 5, 9)
Aaron Jonah Lewis - violin (tracks 1, 2, 11, 12)
Patrick Donley - guitar, piano (tracks 3, 8, 13)
Paul Asaro - piano (tracks 1, 2, 11, 12)
Beau Sample - bass (tracks 1, 2, 11, 12 )




Estrellas de Radio は、アコースティックギター、エレキギター、マンドリン、バイオリン、
ピアノ、アップライトベースのサウンドで奏でられています。曲のスタイルは、アメリカン・ジャズ
のルーツから引き出されたもので、30年代の Waltzes, Rags, Blues, Band arrangements という
4つの美しいギターソロを特色としている。


Nick Lucas や Eddie Lang と言ったジャズ・ギターのパイオニアを始め、初期イタリアの
弦楽の巨匠、Giovanni Gioviale や Giovanni Vicari から多くのインスピレーションを受け
た作品でもあります。


なおシカゴの Reliable Records のAlex Hall が2年間にわたって録音したこのアルバムには、
New York、Chicago、Detroit のミュージシャンも多数参加。



余談ですがこのアルバムに収録されている 3つのトラックで Todd Cambio が制作した
素晴らしい音色を持つ Fraulini Guitars が使用されいます。ちなみにブランド・ロゴは
Robert Crumb です。 他の使用者には、Mike Seeger, Paul Geremia, Mary Flower,
Pat Conte, Alvin Youngblood Hurt, Charlie Parr などなど。
☞ Fraulini Guitars



Jake Sanders
ジェイク・サンダースはギタリスト、バンドリーダー、アレンジャーです。彼の音楽キャリアは
前世紀の終わりにニューヨークで始まりました。ジャズとアメリカの伝統音楽を演奏する
ストリートパフォーマーとして数年間活動した後、サンダーズは人気のルーツバンド、
Cangelosi Cards を結成。彼らは、イースト・ビレッジあった部屋やバーで夜間に演奏する
なかで上海、ストックホルムへのショーを展開して行きました。その後、シカゴへ移動し、
その地にある世界的に有名なグリーン・ミル・カクテル・ラウンジでホットジャズバンド、
The Fat Babies へ参加する。その他にもボーカリストである Uyama Naomi とのコラボ、
Naomi&Her Handsome Devils のギタリストとしても演奏。

近年は、The Chicago Jazz Festival, The Detroit Jazz Festival やThe Brooklyn Folk Festival,
北米のクラブ、ダンス・ホール、劇場などで活動。他にもメキシコ・シティの新たなスウィング・シーン
の本拠地である Cracovia 32 の定期演奏家として在籍。








店頭にて販売中ですが、在庫わずかです!
ご来店お待ちしています。



DANNY BARKER and His Creole Cats

DANNY BARKER
and His Creole Cats




Mississippi Records 経由で何とか間に合いました。


ニューヨークでの活動時期もありキャブ・キャロウェイ楽団を始め、ベニー・カーター、
ラッキー・ミリンダー、ジェリー・ロール・モートン他とのレコーディングも残している
ニューオリンズ・ジャズマン、Danny Barker 。


ここに紹介する 7inch は、伝説的かつ歴史的な録音が収録されています。


Sinking City Records ‎– SCR-009, King Zulu Records ‎– K-101 / 7inch 45rpm
DannyBarker20171222001.jpg

DannyBarker20171222002.jpg

SIDE A
1. Tootie Ma Is A Big Fine Thing

SIDE B
2. Corinne Died On The Battlefield

Danny Barker - Guitar, Vocals
Don Kirkpatrick - Piano
Johnny Williams - Double Bass
Freddie Moore - Drums
Hatwood Henry - Baritone Saxophone



------------------------------


Sinking City Records ‎– SCR-008, King Zulu Records ‎– K-102 / 7inch 45rpm
DannyBarker20171222003.jpg

DannyBarker20171222004.jpg

SIDE A
1. Indian Red

SIDE B
2. Chocko Mo Feendo Hey

Danny Barker - Guitar, Vocals
Don Kirkpatrick - Piano
Johnny Williams - Double Bass
Freddie Moore - Drums
Hatwood Henry - Baritone Saxophone



これらは、1953年ニューヨークで King Zulu Records より(78回転で )
Danny Barker が自主リリースした音源です。
(録音は、1940年半ばとも言われています。)

ニューオリンズにあった Danny と Blue Lu Barker 夫妻t宅に残っていた
盤も、2005年の洪水により紛失されました。

今回、Tom Stagg 所有の貴重な78回転を元に、 George Buck が創設した
GHB Jazz Foundation からの再発行ライセンスで 7inch盤として復活しました。


これらは、ニューオリンズ独特のクリオール文化を感じさせる初期ジャズ名盤です!!!



店頭にて販売中です




STAG-O-LEE 10"

STAG-O-LEE 10"




以前にも紹介したドイツのレーベル、STAG-O-LEE からリリースされた
10インチによる編集盤です!!


30s, 40s の Hot Jive, Jumpin' Jazz, Big Band などを収録したシリーズもの。


Swingin' Dick's Shellac Shakers ! Volume 1
STAG-O-LEE / 10inch / stag-o-94
Swingin Dicks Shellac Shakers20170517001

Side A
1. Horace Henderson & His Orchestra – I Got Rhythm
2. Mezzrow-Ladnier Quintet – Everybody Loves My Baby
3. Fats Waller – The Minor Drags
4. Stuff Smith & His Onyx Club Orchestra – Old Joe's Hitting The Jug
5. Charlie Barnet & His Orchestra – Ogoun Badagris (Voodoo War God)

Side B
1. Rex Stewart's Big Eight – The Little Goose
2. Slim Gaillard – Jam Man
3. Count Basie & His Orchestra - Topsy
4. Jay McShann & His Orchestra – Voodoo Woman Blues
5. Woody Herman - Caldonia


-------------


Swingin' Dick's Shellac Shakers ! Volume 2
STAG-O-LEE / 10inch / stag-o-103
Swingin Dicks Shellac Shakers20170517002

Side A
1. Horace Henderson & His Orchestra – Bunch Of Rhythm
2. The Harlem Hamfats – Root, Hog Or Die
3. Sidney Bechet & His New Orleans Feetwarmers – Rip Up The Joint
4. Albert Ammonds – Jammin' The Boogie
5. Cab Calloway & His Orchestra – Jive (Page One Of The Hepster's Dictionary)

Side B
1. Gene Krupa & His Orchestra – Ball Of Fire
2. Roy Eldridge & His Orchestra – All The Cats Join In
3. Oran „Hot Lips“ Page & His Band – Harlem Rhumbain' The Blues
4. Erskine Hawkins & His Orchestra – Raid The Joint
5. Lucky Millinder & His Orchestra – Who Said Shorty Wasn't Coming Back?


----------


前回紹介した カリプソ、ゴスペルの 10インチ盤も
引き続き販売中です。

詳細は☞ こちら



ご来店お待ちしています。



THE HOT CLUB OF SAN FRANCISCO

THE HOT CLUB OF SAN FRANCISCO
John Paul George & Django



僕がこのバンドを知ったのは90年代後半から2000年にかけてだったと記憶
しています。ジャンゴを筆頭にマヌーシュ・ジャズが少しブーム?だったころ。

14作目にあたるこの新作は、なんと!ビートルズ・カヴァー集となっています。


BSMF RECORDS / CD / BSMF-5043 / ¥2592(TAX IN)
HCOS20170128001.jpg
直輸入国内仕様 / 日本語解説付

1. All My Lovin'
2. Because
3. Michelle
4. I Will
5. Here There and Everywhere
6. You Won't See Me
7. The Fool on the Hill
8. If I Needed Someone
9. Julia
10. You Can't Do That
11. For No One
12. Don't Bother Me
13. Hey Jude - Duke & Dukie
14. Things We Said Today
15. Yellow Submarine

Paul "Pazzo" Mehling - Guitar
Isabelle Fontaine - Vocals, Guitar
Evan Price - Violin
Jordan Samuels - Guitar
Sam Rocha - Bass



彼らの初期アルバムには、今は亡き Dan Hicks を始め、 Maria Muldaur や Barbara Dane
などがゲスト参加していたこともあり、アメリカやヨーロッパで知られるようになる。

リーダーでギタリストの Paul "Pazzo" Mehling は、Serge Krief よりマヌーシュ・ギターの
手ほどきを受けた人でもあります。

本作は、彼の尊敬するギター・レジェンド、ジャンゴ・ラインハルトがビートルズを演奏したら?
という仮定の下で作られたアルバム!!

★The Hot Club Of San Francisco(ホット・クラブ・オブ・サン・フランシスコ)
リーダーでギタリストのポール・メリングは1958年にデンバー生まれカリフォルニア育ち。
6歳で初めて見たビートルズに衝撃を受けギターを始める。その後、フォークやブルーグラス
にはまり、ダン・ヒックスやデヴィッド・グリスマンなどを聴いてバイオリンやマンドリンも習得。
高校卒業後、ディキシーランド・ジャズ・バンドAbalone Stompersのギタリストとしてプロデビュー。
81年ヨーロッパを旅行した際に見たベルギーのジプシー・ジャズ・バンドWasoに衝撃を受け、
2年後、パリへ渡りSerge Kriefからジャンゴ・ラインハルトのギターを学ぶ。カリフォルニアへ
戻り85年にダン・ヒックスの新バンドAcoustic Warriorsにギタリストとして加入。5年間の活動後、
91年遂にHCSFを結成する。93年にマリア・マルダーやダン・ヒックスをゲストに迎えた
『Hot Club Of San Francisco』を発表。その後もコンスタントにアルバムをリリース。またアメリカの
バンドとして初めてヨーロッパのジャンゴのフェスに出演するなど、米ジプシー・ジャズの第一人者
として世界にその名を知られている。(発売元より引用)




店頭にて販売中です。
ご来店お待ちしています。



プロフィール

po69

Author:po69
PO'BOY RECORDS

AMERICAN ROOTS MUSIC
( BLUES, FOLK, SSW,
BLUEGRASS, OLD TIME,
JUG/WASHBOARD, etc )

NEW & USED RECORDS,
CDS, BOOKS
AND MORE...

● その他、日本のフォーク
SSW/ブルース系のアーティスト
もあります。

大阪市北区豊崎3-6-15 
第2淀川ビル3F
TEL:06-7494-9358

OPEN 12:00 CLOSE 20:00
(日曜 CLOSE 18:00)
木曜定休
.......................
Yodogawa N0.2 Bldg 3F
3-6-15, Toyosaki ,Kita-ku,
Osaka 531-0072 JAPAN
TEL&FAX +81-6-7494-9358

Open - Close
Mon. - Sat. 12:00-20:00
(Sun. 12:00-18:00)
Thu. - Closed

カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QR
2018年11月の定休
●木曜定休
カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
リンク
アルバム
検索フォーム
THANK YOU !!
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

<消費税率変更に関して>
2014年4月1日以降より8%での税込価格表示に変更となります。