FC2ブログ

THE SPIRITS OF RHYTHM

THE SPIRITS OF RHYTHM
❋ Fine Jazzmen Whose Object Was Fun ❋



こんにちは。


本日は、これまでにもレコードや CD で紹介したことのある
1930年代から40年代初期にかけて活躍したジャイヴ・バンド、
The Spirits of Rhythm を紹介!



JSP RECORDS / CD / JSP6706
TSOR20190405001.jpg

1. Nobody's Sweetheart
2. I Got Rhythm
3. I've Got The World On A String
4. I Got Rhythm
5. Rhythm
6. I'll Be Ready When The Great Day Comes
7. My Old Man
8. Way Down Yonder In New Orleans
9. I've Got The World On A String
10. From Monday On
11. As Long As I Live
12. Junk Man
13. Dr Watson Dr Holmes 1
14. Dr Watson Dr Holmes 2
15. That's What I Like About You
16. Shoutin In The Amen Corner

Leo Watson - Tiple, Vocals
Douglas Daniels - Tiple, Vocals
Wilbur Daniels - Tiple, Vocals
Teddy Bunn - Guitar
Virgil Scroggins - Drums, Vocals
Wilson Myers - Bass
Red McKenzie - Vocal



The Cats and Fiddle と並び、ストリング・ジャイヴ・バンドを代表する
小粋なバンドが、この The Spirits of Rhythm !

Douglas & Wilbur Daniels が奏でるティプレの痛快なリズムに乗って、
Teddy Bunn の粋でいなせな単弦奏法によるソロ・ギターが絡んでくる。

さらに Leo Watson による独特のスキャットが入り、無敵のグルーヴが
完成する!








----------------



<関連中古レコード>


盤質、ジャケ共に良好です!


Leo Watson ‎
The Scat Man 1937-1946

Swingtime / LP / ST 1026
TSOR20190405002.jpg

Side One
1. Utt Da Zay
2. The Man With The Mandoline
3. Jada
4. It's The Tune That Counts
5. Honeysuckle Rose
6. Scattin' The Blues
7. She Ain't No Saint

Side Two1. Coquette
2. Sonny Boy
3. Tight And Gay
4. Snake Pit
5. Jingle Bells
6. Shoot The Likker To Me
7. Free Wheeling


Featuring
Red Callender, Vic Dickenson , Artie Shaw, Teddy Bunn





参考映像





店頭にて販売中です。
ご来店お待ちしています。



VA / RAGTIME 1

RAGTIME 1: The City

- Banjos, Brass Bands, & Nickel Pianos




Smithsonian Folkways が所有するレーベル、
RBF Records から カスタムCD-R を1枚紹介します。



RBF RECORDS 
ニューヨークのレーベルで、Record, Book, Film などを販売していたので
頭文字をそのままレーベル名にとっている。1959年から1983年まで
たくさんのレコードをリリースしており、おもに1920年代から1930年代
のジャズやブルース、オールドタイムなどを紹介していた。
レコード・ジャケットの装丁もフォークウェイズとほぼ同じでした。現在、
それら音源は、スミソニアンフォークウェイズが所有し、カスタムCD-R
としても入手できる。




RBF Records / CUSTOM CD- R / RBF 17 SOLD!
Rag120190301001.jpg

1. Contentment Rag - Steve Williams
2. Oriole Rag - Fred Van Eps
3. Buffalo Rag - Vess L. Ossman
4. Original Rags - Machine Cut Piano Roll
5. Operatic Rag - Joseph Moskovitz
6. Notoriety Rag - Fred Van Eps
7. Frog Legs Ragv - Machine Cut Piano Ro
8. St. Louis Tickle - Ossman-Dudley Trio
9. Railroad Rag - Arthur Collins
10. Tickled To Death - Prince's Band
11. Springtime Rag - Vic Meyers And His Orchestra
12. For-I-More Rag - Jelly Roll Morton
13. Original Tuxedo Rag - Celestin's Original Tuxedo Orchestra
14. Sic 'Em Tige - State Street Ramblers


Compiled & Annotated by Samuel Charters.



本作は1971年に、プロデューサー / 作家 / 音楽歴史家である
Sam Charters の編集&注釈でレコードとしてリリースされたもの。

*オリジナル・ライナー・ノーツは、Smithsonian Folkways のHP より
ダウンロード可能です。

ブルースやジャズと同様に見逃されつつあった歴史的にも貴重な
初期ラグタイム音源がここに収録されています。

Fred Van Eps や Vess L. Ossman などのラグタイム・バンジョーを始め、
Jelly Roll Morton を筆頭とするラグタイム・ピアノの興味深い演奏が
聴けます。



店頭にて販売しています。


----------------


なお Smithsonian Folkways 関連では、他にも

Woody Guthrie の Ash Recordings のボックス・セットや

1961年から1965年までの オールド・タイムを軸とした
オムニバスのボックス・セット『 Friends of old Time Music 』
なども入荷中です!!

box-set20190301001.jpg


ご来店お待ちしています。






DUCK BAKER

DUCK BAKER
SPINNING SONG 
: PLAYS HERBIE NICHOLS




こんにちは。



本日は、レコードとして初のリリースとなる
Duck Baker の96年作です!



Triple Point Records / LP / TPR 277
DB20190301001.jpg
REMASTERED FROM THE ORIGINAL TAPES

Side A
A1 The Third World
A2 The Happenings
A3 2300 Skidoo
A4 117th St.
A5 Portrait of Ucha

Side B
B1 Lady SIngs the Blues
B2 Nick at T's
B3 House Party Starting
B4 Spinning Song

Duck Baker - A. Guitar


本作は、1996年に John Zorn のレーベルとして知られる Avant Records
より CD(現在、廃盤)のみでリリースされたもの。

今回、オリジナル・マスターテープからのリマスターでレコードとして初の
リリースとなります。さらに限定プレスの赤盤仕様です。

内容としては、ジャズ・ピアニスト兼、作曲家でもある Herbie Nichols の
楽曲をアコースティック・ギター1本でカバーした Duck Baker 渾身の1枚!

Herbie Nichols 自身は、名門 Blue Note や晩年、Bethlehem などにも
音源を残しています。Billie Holiday が歌った "Lady Sings The Blues"
(Serenade) の作曲者でもあります。

これまでにも『The Art Of Fingerstyle Jazz Guitar 』 と言った Duck Baker
のすばらしいジャズ・カバー作はあるのですが、本作も文句のつけようが
ない作品です。

高価ではありますが、レコードとして聴けるのであれば、これは超オススメ
しておきます。




店頭にて販売しています。
ご来店お待ちしています。





Great Moments in Jazz

Great Moments in Jazz





こんばんは。


本日は、オランダの Challenge Records のサブ・レーベル、
Retrieval からリリースされている Early Jazz の編集盤
から2タイトルご紹介します。






THE SUNSHINE BOYS
(Joe and Dan Moooney)

1929-1931 THE COMPLETE SET
Retrieval / CD / RTR 79039  SOLD! / オーダー可
TSB20181104001.jpg

1. My Troubles Are Over
2. Huggable, Kissable You
3. I'm Crooning A Tune About June
4. Do Something
5. It's Unanimous Now
6. That's Where You Come In
7. Does My Baby Love Me
8. I Have To Have You
9. I Like A Little Girl Like That
10. It Seems To Be Spring
11. I Like A Little Girl Like That
12. Would You Like To Take A Walk
13. When I Take My Sugar To Tea
14. Smile, Darn Ya, Smile
15. The One Man Band
16. So Sweet
17. Doin' The Rumba
18. Mary Jane
19. Boy! Oh! Boy! Oh! Boy! I've Got It Bad
20. I'm Keepin' Company
21. Take It From Me
22. So Sweet
23. Doin' The Rumba


本作は、1920年代後半から30年代頭にかけて活躍していた
Joe Mooney(vocal, accordion, piano) と Dan Monney(vocal)
による兄弟デュオ、"The Sunshine Boys"(The Melotone Boys
名義の音源も収録されています)。

素晴らしいバッキングにのせて彼らの陽気で洒落たスキャットと
ヴォーカル、コーラス・ワークが冴えわたる。

クレジットされている Eddie Lang やDick McDonough, Carl Kress
と言ったギタリストを始め、Joe Venuti(violin), Benny Goodman(clarinet),
Tommy Dorsey(trombone) らの手腕もある。

ジャイヴ、スウィング・ファンにはオススメの1枚です!


試聴 ☞ ここ



---------------------------------




Various ‎–
Bring On The Girls 1926-1934

Retrieval / CD / RTR 79060
VAbringongirls20181106001.jpg

1. But I Do - You Know I Do – Betty Morgan
2. Tonight's My Night With Baby – Betty Morgan
3. You Gotta Know How To Love – Esther Walker
4. Hard-To-Get Gertie – Esther Walker
5. High, High, High Up In The Hills – Peggy English
6. How Long Must I Wait For You? – Peggy English
7. You Went Away Too Far – Jane Green
8. I'm Gonna Meet My Sweetie Now – Jane Green
9. Lazy Weather – Helen Morgan
10. Nothing But – Helen Morgan
11. St. Louis Blues – Irene Beasley
12. Choo Choo Train – Irene Beasley
13. I Want To Be Bad – Zelma O'Neal
14. Pickin' Cotton – The Trix Sisters
15. Button Up Your Overcoat – Ruth Etting
16. Kansas City Kitty – Ethel Levey
17. 'T Ain't No Sin – Lee Morse
18. Telling It To The Daisies – Annette Hanshaw
19. I've Got "It" – Annette Hanshaw
20. Fit As A Fiddle – The Ponce Sisters
21. Underneath The Harlem Moon – Frances Williams
22. Hey! Young Feller – Frances Williams
23. Who Walks In When I Walk Out? – Marion Harris
24. Singing The Blues – Marion Harris


本作は1926年から1934年までに録音された 15人の女性ボーカリスト達の
素晴らしい歌声を収録したコンピレーション(全24曲)。

サポートするバックバンドも Adrian Rollini, Benny Goodman, Carl Kress,
Eddie Lang, Jimmy Dorsey, Joe Venuti, Red Nichols, Tommy Dorsey
と言ったi一流のプレイヤーが務めています。





---------------------



以下、


<関連商品>


上記、2枚の録音にも参加しているジャズ・ギタリスト達を
収録した Yazoo Records のコンピレーションです。



VA / PIONEERS OF THE JAZZ GUITAR

Yazoo Records / CD / 1057 
VApioneers20160226001.jpg

1. Handful Of Riffs – Lonnie Johnson & Eddie Lang
2. Feeling My Way – Lonnie Johnson & Carl Kress
3 . Teasing The Frets – Nick Lucas
4 . Hot Fingers – Lonnie Johnson & Eddie Lang
5. Hittin' On All Six – John Cali & Tony Guttuso
6. Picking The Guitar – Nick Lucas
7 . Have To Change Keys To Play These Blues – Lonnie Johnson & Eddie Lang
8. Chasing A Buck – Dick McDonough
9. Chicken A La Swing – Carl Kress & Dick McDonough
10. Satan Takes A Holiday – John Cali & Tony Guttuso
11. Stage Fright – Carl Kress & Dick McDonough
12. Dick Bernstein Ramble – Dick McDonough
13. Heat Wave – Carl Kress & Dick McDonough
14 A Study In Brown – John Cali & Tony Guttuso


本作は、タイトルからもわかるように先に紹介した Eddie Lang,
Carl Kress, Lonnie Johnson, Dick McDonough を始め、ジャズ・ギター
のパイオニア達を収録した編集盤。個人的には、80年代まで
活躍した Nick Lucas が2曲収録されているのも嬉しいところ。
他にも ジャズ・バンジョー奏者としても知られる John Cali なども
入っています。




----------------------------




こちらは、2016年に Asherah Records からリリースされた
Lee Morse のアナログ盤です。


Lee Morse
Sweeping the Cobwebs: Selected Recordings 1924-1930
Asherah Records ‎/ LP / ASH-001
LM20181106001.jpg

Side 1
1 Look What You Went And Done
2 Where'd You Get Those Eyes
3 My Sugar Babe
4 I've Looked All Over (For A Boy Like You)
5 I Love You So (I Do)
6 Cooking Breakfast For The One I Love

Side 2
B1 Mollie Make Up Your Mind
B2 Telling Eyes
B3 Daddy's Girl
B4 Mail Man Blues
B5 Mother And Dad
B6 Give Me A Good-Night Kiss

女優としての顔も持っていた Lee Morse の1924年から
1930年までの録音を編集し収録した1枚!!



店頭にてすべて販売中です。
ご来店お待ちしています。




JAKE SANDERS

JAKE SANDERS
ESTRELLAS DE RADIO





こんにちは。

ギター・ファンは要チェックです!!!




Jalopy Records / CD
JS20180803001.jpg

1. L'Ultimo Amore
2. Bootlegger's Blues
3. Serate Primaverill
4. Charleston Rag
5. Wang Wang Blues
6. Mia Carina
7. Sunset Blues
8. Flappers Trot
9. Let Me Call You Sweetheart
10. Memphis Shakedown
11. Margaret
12. Gold Diggers
13. Speranze Perdute

El Trio
Jake Sanders - guitar
Jared Engel - bass
Dalton Ridenhour - piano

Dennis Lichtman - mandolin (tracks 5, 9)
Aaron Jonah Lewis - violin (tracks 1, 2, 11, 12)
Patrick Donley - guitar, piano (tracks 3, 8, 13)
Paul Asaro - piano (tracks 1, 2, 11, 12)
Beau Sample - bass (tracks 1, 2, 11, 12 )




Estrellas de Radio は、アコースティックギター、エレキギター、マンドリン、バイオリン、
ピアノ、アップライトベースのサウンドで奏でられています。曲のスタイルは、アメリカン・ジャズ
のルーツから引き出されたもので、30年代の Waltzes, Rags, Blues, Band arrangements という
4つの美しいギターソロを特色としている。


Nick Lucas や Eddie Lang と言ったジャズ・ギターのパイオニアを始め、初期イタリアの
弦楽の巨匠、Giovanni Gioviale や Giovanni Vicari から多くのインスピレーションを受け
た作品でもあります。


なおシカゴの Reliable Records のAlex Hall が2年間にわたって録音したこのアルバムには、
New York、Chicago、Detroit のミュージシャンも多数参加。



余談ですがこのアルバムに収録されている 3つのトラックで Todd Cambio が制作した
素晴らしい音色を持つ Fraulini Guitars が使用されいます。ちなみにブランド・ロゴは
Robert Crumb です。 他の使用者には、Mike Seeger, Paul Geremia, Mary Flower,
Pat Conte, Alvin Youngblood Hurt, Charlie Parr などなど。
☞ Fraulini Guitars



Jake Sanders
ジェイク・サンダースはギタリスト、バンドリーダー、アレンジャーです。彼の音楽キャリアは
前世紀の終わりにニューヨークで始まりました。ジャズとアメリカの伝統音楽を演奏する
ストリートパフォーマーとして数年間活動した後、サンダーズは人気のルーツバンド、
Cangelosi Cards を結成。彼らは、イースト・ビレッジあった部屋やバーで夜間に演奏する
なかで上海、ストックホルムへのショーを展開して行きました。その後、シカゴへ移動し、
その地にある世界的に有名なグリーン・ミル・カクテル・ラウンジでホットジャズバンド、
The Fat Babies へ参加する。その他にもボーカリストである Uyama Naomi とのコラボ、
Naomi&Her Handsome Devils のギタリストとしても演奏。

近年は、The Chicago Jazz Festival, The Detroit Jazz Festival やThe Brooklyn Folk Festival,
北米のクラブ、ダンス・ホール、劇場などで活動。他にもメキシコ・シティの新たなスウィング・シーン
の本拠地である Cracovia 32 の定期演奏家として在籍。








店頭にて販売中ですが、在庫わずかです!
ご来店お待ちしています。



プロフィール

po69

Author:po69
PO'BOY RECORDS

AMERICAN ROOTS MUSIC
( BLUES, FOLK, SSW,
BLUEGRASS, OLD TIME,
JUG/WASHBOARD, etc )

NEW & USED RECORDS,
CDS, BOOKS
AND MORE...

大阪市北区豊崎3-6-15 
第2淀川ビル3F
TEL:06-7494-9358

OPEN 14:00 CLOSE 20:00
(日曜 14:00 - 19:00)
木曜定休

.......................

PO'BOY RECORDS
Yodogawa N0.2 Bldg 3F
3-6-15, Toyosaki ,Kita-ku,
Osaka 531-0072 JAPAN
TEL&FAX +81-6-7494-9358

Open - Close
Mon. - Sat. 14:00-20:00
(Sun. 14:00-19:00)
Thu. - Closed

カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QR
2019年4月の定休
●木曜定休
カレンダー
03 | 2019/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
最新記事
リンク
アルバム
検索フォーム
THANK YOU !!
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

<消費税率変更に関して>
2014年4月1日以降より8%での税込価格表示に変更となります。