スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SAM MANNING

SAM MANNING

こんにちは。

1920年代、アメリカのニューヨークで活躍したカリプソニアン、
Sam Manning を紹介します。

1930年代に確立されるカリプソニアンのイメージとは異なり、
ボードビリアン的な芸人の要素も持ったアーティストでもあります。

彼の音源は、これ以外に Rounder, Folkway などのオムニバス盤
でも聴くことができましたが、コンプリート集としてはこの2集をオススメ
しておきます。



『 Sam Manning Volume 1 : Recorded in New York 1924-1927 』

Jazz Oracle / CD / BDW8028
SAM20150513001.jpg

1. Amba Cay La
2. Susan Monkey Walk
3 . My Little West Indian Girl
4 . Baby
5 . African Blues
6 . Mabel
7 . Camilla
8 . The Bargee
9 . Sweet Willie
10 . Englerston Blues
11 . Home's Delight
12 . Let Go My Hand
13 . Bungo
14 . Mabel, Open Your Door
15 . Lignum Vitae
16 . Sly Mongoose
17 . Sweet Mama Ring Ding Ding
18 . Barbadoes Blues
19 . Brown Boy
20 . Keep Your Hands Off That
21 . Go, I've Got Somebody Sweeter Than You
22 . Hold Him Joe
23 . Buddy Eddy
24 . Jamaica Blues
25 . Oh Emily!
26 . Touch Me All About, But Don't Touch Me Dey
27 . Mister Joseph Strut Your Stuff

Sam Manning accompanied by Taffy Palmer & Orchestra (M-1~4)
Sam Manning accompanied by Fred Hall & Orchestra (M-5)
Sam Manning accompanied by Rupert Cole Jazz Trio (M-6~9)
Sam Manning (M-10, 11)
Sam Manning accompanied by Rupert Cole Jazz Orchestra (M-12~15)
Sam Manning accompanied by Rupert Cole Mentor Orchestra (M-16~19)
Sam Manning accompanied by Blue Hot Syncopators (M-20, 21)
Sam Manning & Orchestra (M-22~25)
Marsa Langman (Sam Manning) accompanied by Donald Heywood & West Indian Band (M-26, 27)



-------------------------


『 Sam Manning Volume 2 : Recorded in New York 1927-1930 』

Jazz Oracle / CD / BDW8029 SOLD!
SAM20150513002.jpg

1 . Bongo
2 . Pepper Pot
3 . Lignum Vitae
4 . Emily
5 . Bouncing Baby Boy
6 . Woman's Sweeter Than Man
7 . Nothin' But A Double Barrel Shotgun's Gonna Keep Me Away From You
8 . Goin' Back To Jamaica
9 . American Woman And West Indian Man, Pt. 1
10 . American Woman And West Indian Man, Pt. 2
11 . Sweetie Charlie
12 . Lila
13 . Lieutenant Julian
14 . You Can't Get Anything Out Of Me
15 . Barbadoes Blues
16 . Lita
17 . Talking To Myself
18 . I'm Going Your Way
19 . Caribbean Moonlight
20 . B.G. Blues
21 . Back To My West Indian Home
22 . Femme Martinique
23 . Bacchanale
24 . Land Of Humming Birds
25 . Sinking Of The Kate Esau

Sam Manning accompanied by Adolphe Thenstead & Mentor Boys (M-1~4)
Sam Manning (M-5, 6)
Sam Manning-Anna Freeman (M-7~10)
Sam Manning accompanied by Jack Celestain and His Caribbean Serenaders (M-11~14)
Jack Celestain and His Caribbean Stompers (M-15, 16)
Sam Manning & Orchestra (M-17~25)


本2作は、年代別に OKeh, Paramount, Columbia, Victor, Brunswick などの音源を
収録したもので West Indian のカリプソ・リズムとホット・ジャズの要素が融合した
独特のサウンドを聴くことができる。

Sam Manning
1898年(または1899年)にトリニダッドのコウバで生まれる。学校を卒業後、騎手や
運転手、自動車技師として働く。第一次世界大戦中は、イギリス軍に入隊。復員後
にイギリスのミンストレル・ショーやボードビル・ショーなどで活躍。1920年代初期に
ニューヨークへ移住し、カリビアンの要素を持ったボードビリアンとしてキャリアを
スタートさせる。1924年より OKeh, Paramount, Columbia, Victor, Brunswick などに
多くの録音を残している。その後、大恐慌によりこういったショーやミュージカルは
衰退して行くことになる。
(参考資料 : Calypso of Trinidad & Mento of Jamaica / Bamboo Shack Publishing )



どちらも店頭にて販売中です。
ご来店お待ちしています。



プロフィール

po69

Author:po69
PO'BOY RECORDS

AMERICAN ROOTS MUSIC
( BLUES, FOLK, SSW,
BLUEGRASS, OLD TIME,
JUG/WASHBOARD, etc )

NEW & USED RECORDS,
CDS, BOOKS
AND MORE...

● その他、日本のフォーク
SSW/ブルース系のアーティスト
もあります。

大阪市北区豊崎3-6-15 
第2淀川ビル3F
TEL:06-7494-9358

OPEN 12:00 CLOSE 20:00
(日曜 CLOSE 18:00)
木曜定休
.......................
Yodogawa N0.2 Bldg 3F
3-6-15, Toyosaki ,Kita-ku,
Osaka 531-0072 JAPAN
TEL&FAX +81-6-7494-9358

Open - Close
Mon. - Sat. 12:00-20:00
(Sun. 12:00-18:00)
Thu. - Closed

カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QR
2017年6月の定休
●木曜定休
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
リンク
アルバム
検索フォーム
THANK YOU !!
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

<消費税率変更に関して>
2014年4月1日以降より8%での税込価格表示に変更となります。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。