IRIS DEMENT

IRIS DEMENT

The Trackless Woods


昨日入荷から紹介して行きます。

Rounder Records 傘下の Philo からリリースされた1作目『Infamous Angel』。
それからずーと聴き続け、紹介したかった人です。

本作は、2012年リリースの『Sing the Delta 』から約3年振りとなる彼女の新作!!


FlariElla Records / CD / CD-FER-1006
id20150824001.jpg

1. To My Poems
2. Broad Gold
3. And This You Call Work
4. From The Oriental Notebook
5. Prayer
6. Not With Deserters
7. All Is Sold
8. Reject The Burden
9. From An Airplane
10. Oh How Good
11. Like A White Stone
12. Song About Songs
13. Listening To Singing
14. Lot's Wife
15. Upon The Hard Crest
16. The Souls Of All My Dears
17. Last Toast
18. It's Not With A Lover's Lyre / The Muse

Iris DeMent - Vocal, Piano
Richard Bennett - Acoustic Guitar, Electric Guitar
Jon Graboff - Pedal Steel Guitar, Mandolin
Dave Jacques - Acoustic Bass
Jim Hoke - Organ
Steve Herrman - Flugelhorn
Bill Huber - Trombone
Chris Dunn - Trombone

Leo Kottke -12 String Guitar, Harmony Vocals
Greg Brown - Harmony Vocals
Pieta Brown - Harmony Vocals
Constie Brown - Harmony Vocals
Bo Ramsey - Electric Guitar

Producer – Iris DeMent, Richard Bennett
Recorded By – Paul Dugre
Recorded By – Brad Jones (M-7, 10, 12, 14)
Recorded By – John Svec (M-13)
Liner Notes By - Greg Brown / Dasha Brown



本作は、20世紀屈指のロシア女性詩人、Anna Akhmatova(アンナ・アフマートヴァ)の作品(代表作には、
スターリン政権下で大粛清の犠牲となった人たちへ捧げた連作長詩『レクイエム』などがある。)に
インスパイアされ、共同プロデューサーである Richard Bennett の自宅リビングでそれら18の詩に曲を
つけ制作されたアルバムです。さらに Paul Dugre のアルバム・レコーディング中、4曲は Brad Jones
が手掛けている点も特筆できます。

ロシアの政治的弾圧に翻弄されたアフマートヴァの人生、友人たちの家を点々としながら死を迎えるまで
民衆の苦難と運命をつづった詩。そんな悲劇的な印象を受ける詩が、アイリス特有の感情のこもった歌声
(ハイトーンな)に乗ることで、その情景がより鮮明に感じとれるのです。人としてあらためて考えさせられ
る1枚です。

サウンドは彼女をささえるバック陣に加え、夫Greg Brown や娘のPieta, Constie, さらにギタリストとして
Leo Kottke, Bo Ramsey らもサポートを務めています。


------------------------


彼女のアルバムからもう1枚、

8年間のブランクの後、共同プロデューサー、Jim Rooney と
ともに制作されたゴスペル・アルバム(2004年)。

Lifeline


FlariElla Records / CD / CD-FER-1004
id20150824002.jpg

1. I´ve Got That Old Time Religion In My Heart
2. Blessed Assurance
3. Fill My Way With Love
4. Hide Thou Me
5. The Old Gospel Ship
6. Sweet Hour Of Prayer
7. That Old Reunion Day
8. Learning On The Everlasting Arms
9. He Reached Down
10. Hear The Cross
11. I Never Shall Forget The Day
12. I Don´t Want To Get Adjusted
13. God Walks The Dark Hills

Iris DeMent - Guitar (Acoustic), Vocal Harmony, Vocals
Jim Rooney - Vocal Harmony, Vocals (Background)
Bo Ramsey Guitar (Electric), Slide Guitar, Vocals (Background), Weissenborn
Stuart Basore - Dobro
Pat Enright - Vocal Harmony, Vocals (Background)
Mark Howard - Guitar (Acoustic), Guitar (Nylon String), Mandolin
Alan O'Bryant - Vocal Harmony, Vocals (Background)
Dave Roe - Double Bass
David Roe - Bass (Upright)

Stuart Duncan - Vocal Harmony
Barry Tashian - Vocal Harmony

Produced by Jim Rooney and Iris DeMent
Cover Photo by Pieta Brown



最新作では、人々の苦悩を自身の歌声にかえて伝えていますが、本作では彼女自身が
8年間もの長い期間の中で受けたさまざまな苦悩から救ってくれたゴスペル・ソングを収録
したものです。まさにタイトルの通り、彼女にとっての“生命線”となったアルバムです。
それら楽曲は、彼女の母親が時折、空を見上げ口ずさんでいた曲でもあります。

Jim Rooney のもとブランクを感じさせない力強い歌声は、再出発の勢いを感じさせる。
映画『 Songcatcher 』でも聴かせてくれたハイロンサム唱法によるアパラチアン・バラッド
は、Hazel Dickens にも匹敵するものでした。

バッキングも Greg Brown や Lucinda Williams などとの仕事でもおなじみ Bo Ramsey
が好アシスト。本作ではフィドルは弾いていませんが、バック・ヴォーカルで重鎮 Stuart Duncan
も参加しています。

最新作で彼女はピアノのみの演奏ですが、本作では従来通りギターも演奏しています!


どちらも店頭にて販売中です。
ご来店お待ちしています。






プロフィール

po69

Author:po69
PO'BOY RECORDS

AMERICAN ROOTS MUSIC
( BLUES, FOLK, SSW,
BLUEGRASS, OLD TIME,
JUG/WASHBOARD, etc )

NEW & USED RECORDS,
CDS, BOOKS
AND MORE...

● その他、日本のフォーク
SSW/ブルース系のアーティスト
もあります。

大阪市北区豊崎3-6-15 
第2淀川ビル3F
TEL:06-7494-9358

OPEN 12:00 CLOSE 20:00
(日曜 CLOSE 18:00)
木曜定休
.......................
Yodogawa N0.2 Bldg 3F
3-6-15, Toyosaki ,Kita-ku,
Osaka 531-0072 JAPAN
TEL&FAX +81-6-7494-9358

Open - Close
Mon. - Sat. 12:00-20:00
(Sun. 12:00-18:00)
Thu. - Closed

カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QR
2017年8月の定休
●木曜定休
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
リンク
アルバム
検索フォーム
THANK YOU !!
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

<消費税率変更に関して>
2014年4月1日以降より8%での税込価格表示に変更となります。