AOIFE O'DONOVAN

AOIFE O'DONOVAN
INTHE MAGIC HOUR


こんにちは。

昨年、Sarah Jarosz, Sara Watkins(Nickel Creek) と共に来日を果たした
Aoife O'Donovan (イーファ・オドノヴァン)から届いた新作を紹介します。

僕自身、The Be Good Tanyas, Po'Girl, Nickel Creek, The Greencards, Uncle Earl,
The Mammals, The Duhks と言った若手アメリカーナ・バンドと出会い、そこからソロや
別ユニットで今も活躍している彼らを今も聴いているが、今回紹介する Aoife もその中
の1人です。

当ブログでも何度か紹介したことのあるボストンのプログレッシヴなスタイルを
特徴としたブルーグラス・バンド、Crooked Still のメンバーとして活動し、
2013年にYep Rocからソロ・デビュー。本作は、約3年振りのソロ2作目です!


本作は、初回のみの限定でボーナスCDが付きます!!
*在庫なくなり次第、通常盤1枚物となります



Yep Roc / BSMF RECORDS / CD / BSMF-6076 / ¥2592(TAX IN)
ad20160127001.jpg
直輸入国内仕様 / 日本語解説付き

1. Stanley Park
2. Magic Hour
3. Porch Light
4. Hornets
5. Magpie
6. Donal Og
7. The King of All Birds
8. Not The Leaving
9. Detour Sign
10. Jupiter

Aoife O'Donovan - Guitar, Vocals, Wurlitzer
Steve Nistor - Drums
Nate Query - Bass
Sam Howard - Bass
Tim Young - Guitar
Rob Burger - Casio, Harmonica, Lap Steel Guitar, Piano, Pump Organ
Eyvind Kang - Viola
Tony Furtado - Banjo
Chris Thile - Mandolin, Papoose, Vocals
Sara Watkins - Fiddle, Vocals
Sarah Jarosz - Octave Mandolin, Vocals
Tucker Martine - Percussion
Laura Veirs - Vocals
Michael Finn - Organ
Hideaki Aomori - Clarinet
Tim Albright - Trombone

Brooklyn Rider is:
Johnny Gandelsman - Violin
Colin Jacobsen - Violin
Nicholas Cords - Viola
Eric Jacobsen - Cello



BONUS CD (Limited Edition / includes 6 songs acoustic)
1. MAGIC HOUR
2. THE KING OF ALL BIRDS
3. STANLEY PARK
4. NEBRASKA (Bruce Springsteen cover)
5. PORCH LIGHT
6. YOU TURN ME ON, I’M A RADIO (Joni Mitchell cover)


ベテランから若手まで数多くのシンガー・ソングライターを輩出する Yep Roc も
認める彼女のその才能。2011年、Alison Krauss 率いる Union Station のアルバム
『Paper Airplane』 で、 彼女のオリジナル曲 "Lay My Burden Down"が採用されている
ことでも評価の高さがわかる。

祖父の死に触発され、彼女自身の人生にフィードバックして作られた楽曲。そこには
子供の頃への郷愁や孤独などがテーマとして収められている。

サウンド・サポートには、Nickel Creek や Punch Brother での活動で知られる
Chris Thile や Sarah Jarosz, Sara Watkins(Nickel Creek) と言った気の知れた仲間達
が務めています。個人的には Tony Furtado の参加も嬉しいところです!

初回盤には、ボーナスCDとしてアルバムの楽曲、未収録の楽曲、カバー曲の
アコースティク・バージョンが付属しています!


なおこちらの新作は、近日LPも入荷予定です!



------------------------

<関連輸入盤CD>


彼女が、Crooked Still の活動を停止後に組んだトリオ、
Sometymes Why の2008年作。

Sometymes Why
Your Heart is a Glorious Machine

Signature Sounds / CD / sig2019
SometymeW20160127001.jpg

1. Aphrodisaholic
2. Slow Down
3. My Crazy
4. Joey
5. Shine It
6. Diamond
7. The Stupid Kiss
8. Cold Feet Blues
9. Glorious Machine
10. The Sound Asleep

Aoife O'Donovan - vocals, guitar, piano, baritone ukulele, Wurlitzer, soprano ukulele, glockenspiel
Kristin Andreassen- vocals, guitar, harmonica, glockenspiel, tambourine
Ruth Ungar Merenda - vocals, fiddle, soprano ukulele, guitar, baritone ukulele, glockenspiel


2005年ニューヨークで、Aoife に加え、Uncle Earl で活動していた Kristin Andreassen と
The Mammals で活動していた Ruth Ungar Merenda とで組んだトリオ。

日本では、あまり知られていませんが、それぞれがストリング・バンドでキャリアを積んだ
すばらしい面々です。オールド・タイム、カントリー、フォークがブレンドされたサウンド。
このトリオで、今人気のバンド Punch Brothers のオープニング・アクトとしてツアー参加
しています。

彼女のアザーサイドとしてオススメしておきます。



どちらも店頭にて販売中です。
ご来店お待ちしています。


プロフィール

po69

Author:po69
PO'BOY RECORDS

AMERICAN ROOTS MUSIC
( BLUES, FOLK, SSW,
BLUEGRASS, OLD TIME,
JUG/WASHBOARD, etc )

NEW & USED RECORDS,
CDS, BOOKS
AND MORE...

● その他、日本のフォーク
SSW/ブルース系のアーティスト
もあります。

大阪市北区豊崎3-6-15 
第2淀川ビル3F
TEL:06-7494-9358

OPEN 12:00 CLOSE 20:00
(日曜 CLOSE 18:00)
木曜定休
.......................
Yodogawa N0.2 Bldg 3F
3-6-15, Toyosaki ,Kita-ku,
Osaka 531-0072 JAPAN
TEL&FAX +81-6-7494-9358

Open - Close
Mon. - Sat. 12:00-20:00
(Sun. 12:00-18:00)
Thu. - Closed

カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QR
2017年6月の定休
●木曜定休
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
リンク
アルバム
検索フォーム
THANK YOU !!
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

<消費税率変更に関して>
2014年4月1日以降より8%での税込価格表示に変更となります。