スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Arcola Records

Arcola Records


こんにちは。

本日は2000年代にブルースのアルバムを数タイトルだけ
リリースしていたマイナー・レーベル、Arcola Records を紹介。


Furry Lewis, Bukka White & Friends
Party! At Home
Arcola Records / CD / 1001
BukkaFurry20170519001.jpg

1. Hello, Central, Give Me 49
2. Grey-Haired Woman
3. Little Woman's Bed
4. Tip And Eight Boogie
5. Talking
6. Hambone Blues
7. I'm Drifting
8. Bukka's Goodtime Swing
9. Please, Ma'm
10. Talking

Bukka White - Guitar, Vocal
Furry Lewis - Voice [Talking] (M-8, 10)
Little Man - Voice [Talking] (M-4)


11. Going Away Blues
12. John Henry
13. Talking
14. Skinny Woman
15. Talking
16. Old Dog Blue
17. Talking
18. Let Me Call You Sweetheart
19. Talking
20. Farewell To Thee
21. Mama's Fish
22. When I Lay My Burden Down
23. Kassie Jones And A Message From Furry

Furry Lewis - Guitar, Vocal
Bukka White - Voice [Talking] (M-14, 19)
Calvin Gill - Voice [Comments] (M-21)


本作は、1968年7月3日、5日に Furry Lewis のアパートメントで録音された
音源と同年同月6日に Alvino Red's 宅で録音された音源を収録したもの。

2人を中心に友人達も集いアット・ホームな中で演奏されており、未発表
音源も数曲収録されています。


-----------------


Henry Townsend
The Real St. Louis Blues
Arcola Records / CD /
HTownsend20170519001.jpg

1. Can't You See
2. Mercy
3. Can't Help Myself
4. So Long, So Long
5. Pleasin' Myself
6. My Babe
7. Crying Won't Make Me Stay
8. Sad Story
9. I've Got To Go
10. Long Ago
11. Bye Bye St. Louis
12. Room And Board
13. What's On Your Mind?
14. Let Her Go
15. I Regret
16. Every Once In A While
17. Going Back Home

Henry Townsend - Piano, Harpsichord, Guitar, Vocal

ヘンリー・タウンゼントは、80歳まで録音を残し、2006年9月、ウィスコンシンで
亡くなる(96歳)まで活動していたブルースマン。“ミュール”と言う愛称を持つ彼は、
1909年、ミシシッピで生まれ、シカゴ(カイロ)を経由しセントルイスに辿り着く。
1920年代後半までウォルター・デイビスと活動を共にし、セントルイスでは、初期
ブルースのパイオニア、JDショートと仕事をしていたこともある。録音は、Folkways,
Adelphi, Prestige, Nighthawk, Blueberry Hill 等に残している。本作は、1979年に
彼の自宅とピアノ・ショップでの録音を収録したもの

---------------


Babe Stovall
The Old Ace: Mississippi Blues And Religious Songs
Arcola Records / CD /
BStovall20170519001.jpg

1. Good Morning Blues
2. Candy Man
3. Going Away To Wear You Off My Mind
4. The Ship Is At The Landing
5. Baby Let Me Follow You Down
6. Worried Blues
7. Will The Circle Be Unbroken?
8. How Long How Long Blues
9. Dirty Mistreater
10. Good Morning Little School Girl
11. God's Word Shall Never Pass Away
12. Kansas City Blues
13. Medley: Big Road Blues And Careless Love
14. Interview 1: Family
15. Interview 2: Playing In New Orleans

Babe Stovall - Guitar, Vocal

個人的にも大好きな人ですが、この盤だけ当時買いそびれていました。
やっぱり良いですね~。

ミシシッピ出身で戦後にニューオリンズへ移り住み、フレンチ・クォーター
のストリートで演奏していた頃に再発見されています。Jerry Jeff Walker
が歌う "Mr. Bojangles"は、名タップ・ダンサー、Bill Robinson と言う説と
この Babe Stovell と言う説もありますね。

彼の魅力は、ミシシッピのダウン・ホームなスタイルを持ちつつニューオリンズの
ストリートで観客を楽しませる或いは笑わせると言ったエンターテイナーな側面
を兼ね備えているところだと思います。



店頭にて販売中です。
ご来店お待ちしています。



プロフィール

po69

Author:po69
PO'BOY RECORDS

AMERICAN ROOTS MUSIC
( BLUES, FOLK, SSW,
BLUEGRASS, OLD TIME,
JUG/WASHBOARD, etc )

NEW & USED RECORDS,
CDS, BOOKS
AND MORE...

● その他、日本のフォーク
SSW/ブルース系のアーティスト
もあります。

大阪市北区豊崎3-6-15 
第2淀川ビル3F
TEL:06-7494-9358

OPEN 12:00 CLOSE 20:00
(日曜 CLOSE 18:00)
木曜定休
.......................
Yodogawa N0.2 Bldg 3F
3-6-15, Toyosaki ,Kita-ku,
Osaka 531-0072 JAPAN
TEL&FAX +81-6-7494-9358

Open - Close
Mon. - Sat. 12:00-20:00
(Sun. 12:00-18:00)
Thu. - Closed

カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QR
2017年6月の定休
●木曜定休
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
リンク
アルバム
検索フォーム
THANK YOU !!
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

<消費税率変更に関して>
2014年4月1日以降より8%での税込価格表示に変更となります。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。