FC2ブログ

MARK SPOELSTRA

MARK SPOELSTRA
Out Of My Hands





こんにちは。



1960年代、白人のフォーク・リヴァイヴァルの中で活動していた
Mark Spoelstra の遺作となった1枚です。


彼は、当時から12弦ギターを弾きこなしグリニッジヴィレッジの
コーヒーハウスなどで若き Bob Dylan とも共演しています。





Origin Jazz Library ‎/ CD / OJL-2001
MS20191216001.jpg

1. I’m A Stranger Everywhere
2. Angelette In Blue
3. Just For You
4. Crazy Blue
5. School Boy Crush
6. San Joaquin County Fair
7. Hug Today
8. T-Bone T-Bone Blues
9. San Francisco Zoo Song
10. Dancer’s Choice IV
11. Touchy Tiger
12. Teach You To Relax
13. Yosemite Valley
14. River Of Mercy
15. Fishin’ Song
16. Ileanna

Mark Spoelstra - Vocals, 6-Strings Guitar, 12-Strings Guitar
Album Artwork – Eric Von Schmidt


Mississippi John Hurt や Skip James などフォーク・リヴァイヴァルで活躍した
人達を始め、Sonny Terry & Brownie McGee などの影響が色濃いそのスタイルは、
アルバム・ジャケットを手掛けている Eric Von Schmidtにも通じるところがある。

6弦と12弦ギターを持ち替え卓越した指さばきで演奏され、ほのぼのとしたヴォーカル
も魅力なフォーク・ブルース・アルバムです。おススメ!


カリフォルニア州エルモンテで生まれ、11歳からギターを始めました。 13歳でプロとして
ソロのギグがスタート。その後、ジャグバンド音楽に傾倒し、"Mound City Blue Blowers"
というバンドで演奏する中で、Sonny Terry & Brownie McGee のオープニング・アクトに
抜擢される。ニューヨークへ拠点を移してからは、Moses Asch 創設の Folkways と
レコーディング契約を結び2枚のアルバムをリリース。さまざまなクラブ、フォーク・フェスティバル、
コンサートに参加し、ヨーロッパやカナダへのツアーも決行されました。その後も音源として
Elektra、Columbia、Bellaphonなどからアルバムをリリース。2007年2月25日、カリフォルニアの
シエラフットヒルズにある自宅で家族に見守られひっそりと亡くなる。




店頭にて販売中です。
ご来店お待ちしています。




プロフィール

po69

Author:po69
PO'BOY RECORDS

AMERICAN ROOTS MUSIC
( BLUES, FOLK, SSW,
BLUEGRASS, OLD TIME,
JUG/WASHBOARD, etc )

NEW & USED RECORDS,
CDS, BOOKS
AND MORE...

大阪市北区豊崎3-6-15 
第2淀川ビル3F
TEL:06-7494-9358

OPEN 14:00 CLOSE 20:00
(日曜 14:00 - 19:00)
木曜定休

.......................

PO'BOY RECORDS
Yodogawa N0.2 Bldg 3F
3-6-15, Toyosaki ,Kita-ku,
Osaka 531-0072 JAPAN

Open - Close
Mon. - Sat. 14:00-20:00
(Sun. 14:00-19:00)
Thu. - Closed

カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QR
2020年2月の定休
●木曜定休
カレンダー
01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
最新記事
リンク
アルバム
検索フォーム
THANK YOU !!
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

<消費税率変更に関して>
2019年10月1日以降より10%での税込価格表示に変更となります。