スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

The Blues in St. Louis

FOLKWAYS20120226001.jpg SMITHSONIAN FOLKWAYS

The Blues in St. Louis (CD)
Recorded in St. Louis in May, 1961, by SAMUEL CHARTERS


こんばんは。久しぶりにアメリカ音楽にもどってきました。

本日は、紹介しきれていないフォークウェイズのカスタムCD-R
からサミュエル・チャーターズ録音によるセントルイスのブルース
3部作です!

まずは、

VOLUME 1
DADDY HOTCAKES

Smithsonian Folkways / CUSTOM CD-R / FS3814
STLOUIS20120914003.jpg

1. Strange Woman Blues
2. The Deep Blue Sea
3. Well, I've Been Down to Memphis
4. Pull My Windowshade Low
5. Wine Blues
6. Mustard Greens
7. Corrine Corrina
8. Don't Sass My Grandmother
9. Hawaiian Dream Blues
10. I Ride My Horses Most Anywhere
11. I've Got a Woman Who's Very Nice to Me

George “Daddy Hotcakes” Montgomery - Vocal, Guitar
Robert Gray - Harmonica
Culry Wright - Washboard


ジョージア州で生まれ、1918年にセントルイスに移住。1920年代にはエンターテイナー
として働いていた。30代後半で、彼はブルースシンガーでタレント・スカウトもしていた
チャーリー・ジョーダンを通して録音する機会を得たが、レコーディング·セッションは
流れてしまう。その後、サミュエル・チャーターズが路面電車の走る路上で歌っていた彼
を見出し、1961年に録音したのが本作。これらは彼の自宅部屋で録音された唯一の作品。


-----------------------------------------------


VOLUME 2
HENRY BROWN & EDITH JOHNSON

Smithsonian Folkways / CUSTOM CD-R / FS3815
STLOUIS20120914002.jpg

1. Henry Brown Blues
2. Little Drops of Water
3. Take It Light
4. Soothing Syrup Blues
5. Original Blues
6. Honeysuckle Rose
7. Nickel's Worth of Liver
8. Deep Brown Blues
9. Old Time Fast Blues
10. Changing Blues
11. Drive My Baby Slow

HENRY BROWN - Piano
EDITH JOHNSON - Vocal


本作は、1930年代、40年代のバレルハウス/ブギウギ・スタイルのピアノにスポットを
あてた1枚。(日本で言う大衆酒場などでラフな感じで演奏するスタイル。)
エディス·ジョンソンは、 "エディス・ノース·ジョンソン"として1928年から1929年に
“Hattie North” and “Maybelle Allen.” を始めとする録音を残している。
ヘンリー·ブラウンは、1930年代に入ってから地元のクラブ "the Blue Flame Club",
"the 9-0-5 Club" などで演奏し、録音は、Paramount や Brunswisck などに残し
ている。


----------------------------------------------


VOLUME 3
HENRY TOWNSEND

Smithsonian Folkways / CUSTOM CD-R / FS3816
STLOUIS20120914001.jpg

1. Cairo is My Baby's
2. Tired of Being Mistreated
3. Rocks Have Been My Pillow
4. The Train is Coming
5. She Just Walked Away
6. I Asked Her if She Loved Me
7. I Got Tired
8. My Home Ain't Here
9. All My Money Gone
10. She Drove Me to Drinking
11. My Baby Have Come Back

HENRY TOWNSEND - Vocal, Guitar, E. Guitar, Piano
TOMMY BANKHEAD - E. Bass


ヘンリー・タウンゼントは、80歳まで録音を残し、2006年96歳で亡くなるまで活動して
いたブルースマンなのでご存じの方も多いかと。“ミュール”と言う愛称を持つ彼は、
1909年、ミシシッピで生まれ、シカゴ(カイロ)を経由しセントルイスに辿り着く。
1920年代後半までウォルター・デイビスと活動を共にし、セントルイスでは、初期
ブルースのパイオニア、JDショートと仕事をしていたこともある。録音は、Folkways,
Adelphi, Prestige, Nighthawk, Blueberry Hill 等に残している。2006年9月、
ウィスコンシンにて死去。



すべて店頭で販売中です。
ご来店お待ちしております!!


プロフィール

po69

Author:po69
PO'BOY RECORDS

AMERICAN ROOTS MUSIC
( BLUES, FOLK, SSW,
BLUEGRASS, OLD TIME,
JUG/WASHBOARD, etc )

NEW & USED RECORDS,
CDS, BOOKS
AND MORE...

● その他、日本のフォーク
SSW/ブルース系のアーティスト
もあります。

大阪市北区豊崎3-6-15 
第2淀川ビル3F
TEL:06-7494-9358

OPEN 12:00 CLOSE 20:00
(日曜 CLOSE 18:00)
木曜定休
.......................
Yodogawa N0.2 Bldg 3F
3-6-15, Toyosaki ,Kita-ku,
Osaka 531-0072 JAPAN
TEL&FAX +81-6-7494-9358

Open - Close
Mon. - Sat. 12:00-20:00
(Sun. 12:00-18:00)
Thu. - Closed

カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QR
2017年6月の定休
●木曜定休
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
リンク
アルバム
検索フォーム
THANK YOU !!
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

<消費税率変更に関して>
2014年4月1日以降より8%での税込価格表示に変更となります。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。