KELLY JOE PHELPS

KELLY JOE PHELPS (2CD)
『 The Very Best Of - Roll Away The Blues 』


こんにちは。ご無沙汰してすみません。僕もお店も変わりなくやっております。

海外からの入荷が大幅に遅れていてなかなか紹介できていませんが、新たな
レーベルも含め入荷次第、紹介して行きます。



さて本日は、2012年に最新作『 BROTHER SINNER & THE WHALE 』(邦題; 罪深き者と鯨)をリリースし、
来日もはたしたケリー・ジョー・ヘルプスのベスト盤を紹介します。

本盤は、1994年のデビュー・アルバム『 Lead Me On 』の自主制作盤からRYKODISCより
リリースされた全6タイトル(2002年リリースのEP盤『 Beggar’s Oil 』を含む)を
中心に構成されています。さらにこれまでの作品において未発表だった貴重なイギリスは
BBCのライヴ・テイク、”The Girl I Left Behind Me” と “Blind Joe Death Is Alive And Well”
の2曲もプラスした豪華編集です。

セカンド・アルバム『 Roll Away The Stone 』とサード・アルバム『 Shine Eye Mister Zen 』は、
現時点で販売が終了している為、後期の作品しか聴けなかったファンや初めて聴かれる方に
とっても朗報と言えます!!


BSMF RECORDS / BSMF6029 / 2CD / ¥2300(TAX IN)
KJP20130327001.jpg


DISC 1
1. Lead Me On
2. I've Been Converted
3. Hard Time Killin' Floor Blues
4. The Black Crow Keeps Flying
5. Roll Away The Stone
6. Go There
7. Cypress Grove
8. See That My Grave Is Kept Clean
9. River Rat Jimmy
10. The House Carpenter
11. Katy
12. Dock Boggs Country Blues
13. The Girl I Left Behind Me (BBC Radio 1 Andy Kershaw Session)
14. Blind Joe Death Is Alive & Well (BBC Radio 1 Andy Kershaw Session)

DISC 2
1. Sally Ruby
2. Gold Tooth
3. Clementine
4. Zubot & Dawson feat. Kelly Joe Phelps ? Hellhound On My Trail
5. Beggar's Oil (band arrangement)
6. Frankenstein Party Of Three: Your Table Is Ready
7. Don Quixote's Windmill
8. Tommy (band arrangement)
9. Jericho
10. Slingshot Professionals
11. Window Grin
12. It's James Now
13. Fleashine
14. I Am The Light Of The World

1959年、ワシントン州生まれで幼少期は、父親の影響からドラムやピアノを学び、
12歳でギターを手にする。キャリアのスタートは、オーネット・コールマンや
ジョン・コルトレーン、マイルス・デイビスらの影響からフリー・ジャズのベーシスト
として10年近くを過ごす。その後、ブルース、ゴスペル、フォーク、オールド・タイム
と言ったアメリカの伝統音楽に傾倒して行き自身のスタイルを築きあげて行く。
1994年に自主制作にしてデビュー・アルバムとなる『 Lead Me On 』をリリース。
3年後にRYKODISCと契約しセカンド・アルバム『 Roll Away The Stone 』をリリース。
そしてサード・アルバムにして日本デビュー盤ともなった『 Shine Eye Mister Zen 』
を1999年にリリースし、同年に初来日を果たす。この来日により日本でも彼の名前が知れ渡り、
特にコアなファンを唸らせたのは言うまでもない。その後もバンドをバックにしたアルバムや
インスト・アルバム、デュオ・アルバムなどなどコンスタントにリリースを続け、
計3度の来日も経験している。



そのスタイルは、生まれ持ったシンガー・ソングライターとしての素質と高度なギター・テクニック
の両方を兼ね備えている。上質なソングライティングのセンスは、これまでに交流してきた吟遊詩人
と言われるタウンズ・ヴァン・ザントやグレッグ・ブラウンなどと並ぶものがある。そしてギターの
テクニックに関しても天才的なものがあり、形式にこだわらないフリー・ジャズやブルース
(ロバート・ピート・ウィリアムスのような)の影響と自身が聴いてきたと言われるチェット・アトキンス
やマール・トラヴィス、ジョン・フェイヒィ、レオ・コッケなどのギター・ピッカー達を完璧なまでに
吸収し自らのものにしている。初期の作品においては、ラップ・スタイル(ギターを膝に置く)による
卓越したスライド・ギターを披露し、その後はフィンガー・ピッキングにこだわり、ある時はバンジョー
を手に、最新作ではボトルネック(スライド・バー)によるスライドなど表現方法もさまざまにファン
を魅了し続けている。(ライナーより)



現在、彼は右手から腕中にかけて無感覚で、思ったように動かなくなる尺骨神経麻痺の為、
ヨーロッパ・ツアーもキャンセルし、療養中であります。高度なテクニックを用いてギター
を弾き語るそのスタイルをご覧になられたファンの方なら、その原因もうなずけると思います。
彼の復活を願いながらこのアルバムを聴いて欲しいと思います!!


---------------------------------------

スピリチュアル(ゴスペル)を題材にした最新作、

BROTHER SINNER & THE WHALE 』 (邦題;罪深き者と鯨)も絶賛発売中です!!

kjp20120716001.jpg


ご来店お待ちしております!!


ケリーが18歳の時に亡くした親友ジミーのことを綴ったとても悲しい真実の物語です。
映像はフィンガーピッキングによる弾き語りバージョンです。




プロフィール

po69

Author:po69
PO'BOY RECORDS

AMERICAN ROOTS MUSIC
( BLUES, FOLK, SSW,
BLUEGRASS, OLD TIME,
JUG/WASHBOARD, etc )

NEW & USED RECORDS,
CDS, BOOKS
AND MORE...

● その他、日本のフォーク
SSW/ブルース系のアーティスト
もあります。

大阪市北区豊崎3-6-15 
第2淀川ビル3F
TEL:06-7494-9358

OPEN 12:00 CLOSE 20:00
(日曜 CLOSE 18:00)
木曜定休
.......................
Yodogawa N0.2 Bldg 3F
3-6-15, Toyosaki ,Kita-ku,
Osaka 531-0072 JAPAN
TEL&FAX +81-6-7494-9358

Open - Close
Mon. - Sat. 12:00-20:00
(Sun. 12:00-18:00)
Thu. - Closed

カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QR
2017年6月の定休
●木曜定休
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
リンク
アルバム
検索フォーム
THANK YOU !!
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

<消費税率変更に関して>
2014年4月1日以降より8%での税込価格表示に変更となります。