LEYLA McCALLA

LEYLA McCALLA
『 VARI-COLORED SONGS 』  A Tribute To Langston Hughes


こんにちは。昨日は雨の中、ご来店いただきありがとうございました。
本日もいつものようにオープンしております。



若手オールド・タイム・ストリング・バンド、Carolina Chocolate Drops
(以下CCDで表記)を輩出したレーベル、ミュージック・メイカーの創設者、
ティム・ダフィーによって新たに見いだされた期待の女性シンガー&チェロ奏者、
レイラ・マッカーラ(マッキャーラ)。

leyla20131025002.jpg



このデビュー・アルバムはかなり以前からリリースの噂があり、先行で作られた
PVではチェロを背負い自転車で颯爽とニューオリンズの街を走る彼女がとても
印象的で魅力を感じるものでした。

leyla20131025003.jpg



構想から制作までに5年間(CCDとのツアー2年間も含む)を費やした本作。まず彼女は
CD制作にあたってルイジアナ州立芸術評議会からアーティスト振興助成金を受け取り、
さらにキックスターター(クリエイティブなプロジェクトに向けてクラウド・ファンディング
による資金調達を行うアメリカの民間企業)を通して資金援助を募りました。そして多くの
支援のお蔭で制作コストにかかる目標額に達し、晴れてリリースしたのです!


BSMF RECORDS / CD / ¥2300(TAX IN)
leyla20131025001.jpg
直輸入国内盤仕様

1 Heart of Gold
2 When I Can See the Valley
3 Mesi Bondye
4 Girl
5 Kamèn sa w fè?
6 Too Blue
7 Manman Mwen
8 Song for a Dark Girl
9 Love Again Blues
10 Rose Marie
11 Latibonit
12 Search
13 Lonely House
14 Changing Tide

アルバム・タイトルにもあるよう本作は、彼女が幼い時に両親からもらった
ラングストン・ヒューズ(1902年- 1967年没 : ミズーリ州出身で、詩、小説、
戯曲、短編、コラムなどを通してアフリカン・アメリカンの文化や風俗をリアル
かつ深く描いてきたハーレム・ルネサンス期の作家)の詩集に深く感動し、それら
の詩に音楽をつけようと発想したのが始まりでした。詩につけられたサウンドは、
チェロ、バンジョー、ギター、ペダル・スチール・ギターといった弦楽器が用いられ、
とてもシンプルな編成で温かみのあるものに仕上がっている。

他にも彼女のルーツでもあり、最初に覚えた “Latibonit” を始めとする
トラディショナルなハイチアン(ヘイシャン)・フォーク・ソングも含まれています。

アルバム・タイトルが意味する “色とりどりな歌”をサポートするメンバーとして、
テネシー州を拠点に活動するアメリカーナ・バンド、 “The Black Lilies”のギタリスト、
Tom Pryor を始め、Luke Winslow King(ブラッドショット・レコードからCDもリリース中
のギタリスト/シンガー)、Cassidy Holden(ルーク・ウィンスロー・キング・トリオのベーシスト)、
Matt Rhody(ジプシー・ジャズ・バンド、 “Hot Club Of New Orleans”のメンバー)、
Don Vappie “The Creole Jazz Serenaders”のフロントマン)といったニューオリンズ
で出会った音楽仲間たちが務めています。

もちろん CCD のメンバーである Rhiannon Giddens のすばらしいコーラスと
Hubby Jenkins のギター&ボーンズ(2組の骨を指に挟んで打ち鳴らす楽器)の
演奏も数曲で聴くことができます。


彼女はハイチ移民の子供としてニューヨークで生まれたアフリカン・アメリカンで、
ニュージャージー州の郊外で育つ。10代の頃にアフリカのガーナで2年間暮らし、
帰国後にマサチューセッツにあるスミス大学へ入学。本格的に音楽を学ぶため1年で
ニューヨーク大学へ転入しチェロと室内楽を専攻。大学を卒業後、公立学校で音楽を
教えるかたわら、2008年にはカーネギー・ホールにてギル・スコット・ヘロン
(アメリカの黒人吟遊詩人であり、“ゴッドファーザー・オブ・ヒップホップ・ラップ”
と呼ばれていたシンガー・ソングライター)をゲストに迎えて開催されたJVCジャズ・
フェスティバルに参加。そこでは、ブルックリン出身の伝説的ラッパー、モス・デフ率いる
ビッグ・バンド、アミノ・アルカリ・オーケストラと共に演奏。他にも地元ニューヨーク
で結成した女性アコースティック・トリオ、“メディスン・ウィミン”としてアメリカの
伝統音楽を始め、アフリカン、ケルト、ラテンなどあらゆる音楽を探求すべく活動。
6年間をそうした活動に費やした後、2010年に彼女はより純粋な形で民族音楽を学ぶべく
ニューオリンズへ旅立つ。路上での演奏で出会った人々を通して伝統的なジャズや
オールド・タイム・ミュージック、ルイジアナ特有のクレオール音楽と呼ばれるケイジャン
やザディコなどを学ぶ。そこでティム・ダフィー(現レーベル・オーナー)と出会い、彼が
マネージメントを務めていた CCD の次回作に参加。レギュラー・メンバーとして2年間
ツアーを共にし、本作『ヴァリ・カラード・ソングス』のリリースに至る。






店頭にて販売中です。
ご来店お待ちしております!




プロフィール

po69

Author:po69
PO'BOY RECORDS

AMERICAN ROOTS MUSIC
( BLUES, FOLK, SSW,
BLUEGRASS, OLD TIME,
JUG/WASHBOARD, etc )

NEW & USED RECORDS,
CDS, BOOKS
AND MORE...

● その他、日本のフォーク
SSW/ブルース系のアーティスト
もあります。

大阪市北区豊崎3-6-15 
第2淀川ビル3F
TEL:06-7494-9358

OPEN 12:00 CLOSE 20:00
(日曜 CLOSE 18:00)
木曜定休
.......................
Yodogawa N0.2 Bldg 3F
3-6-15, Toyosaki ,Kita-ku,
Osaka 531-0072 JAPAN
TEL&FAX +81-6-7494-9358

Open - Close
Mon. - Sat. 12:00-20:00
(Sun. 12:00-18:00)
Thu. - Closed

カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QR
2017年8月の定休
●木曜定休
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
リンク
アルバム
検索フォーム
THANK YOU !!
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

<消費税率変更に関して>
2014年4月1日以降より8%での税込価格表示に変更となります。