FC2ブログ

ミミソラオーディオ

ミミソラオーディオ

こんばんは。

僕の友人が神戸でやっているオーディオ・ショップ、ミミソラオーディオ
https://ja-jp.facebook.com/mimisoraaudio)でこんなコーナーが企画されています!

大阪に実店舗をかまえておられる書店、『本は人生のおやつです』
https://www.facebook.com/honhajinseinooyatsudesu)さん
の特設コーナー!!(興味津々)

(クリック拡大)
po20150628001.jpg po20150628002.jpg

po20150628003.jpg po20150628004.jpg


神戸方面の方々は要チェック!!!








JOE MCMURRIAN TWO NEW ALBUM !

JOE MCMURRIAN


こんにちは。

いよいよ本日より鎌倉は、Cafe Goatee をかわきりに、

Joe McMurrian Japan Tour 2014 がスタートします!!


そして待ちに待った3年振りとなる新作2枚も届きました!!!
(各ライヴ会場にてお買い上げいただけます)


『 OLD BLOOD 』
BSMF RECORDS / CD / BSMF-2418 / ¥2376
JM20141031001.jpg

1. My Mind Was Fire
2. Scrap Iron Pete
3. Big Wad O' Dough
4. Cold Fall
5. Blue Meadow
6. Off To Sea
7. Old Blood
8. Black Pony
9. Mexican Soldier
10. Mercy For Tomorrow
11. Angel City
12. How To Breath
13. Snow Mountain Blues

Recorded Live At The Aztec Theater
14. Lost In The Country

Joe McMurrian - Vocal, Guitar, Banjo

まずは、前作 『 Get Inside This House 』 から3年振りとなるスタジオ作。
本作は、ヴィンテージのアコースティック・ギターとバンジョーによる弾き語りで、
全曲オリジナルとなっています。今回、マイクを始めとする機材にもこだわった
録音で、いぶし銀のスライド、バンジョー・プレイも健在です。

Skip James と同郷で知られるベントニアのブルースマン、Jack Owens との出会い
でこの世界に飛び込んだ彼のオリジナル・ブルースが聴けます。そこには白人の
オールド・タイムなどの影響も色濃いものとなっている。

ラストに、同発の『 Live At The Aztec Theater 』 にも収録されている音源が
1曲追加されています!

----------------------------------------


『 Live At The Aztec Theater 』
BSMF RECORDS / CDR / BSMF-2419 / ¥2376
JM20141031002.jpg

1. Preach'n Blues
2. Over The Hill
3. Down To The River Crying
4. Lost In The Country
5. Blue Meadow
6. Sugar Babe
7. Drop Down Mama
8. God Movies On The Water
9. Old Blue
10. Hard Time Killing Floor
11. I'll Fly Away
12. Get Away From My Window
13. Snow MT. Blues
14. Broke Down Engine
15. Catfish
16. You Got To Move
17. Standing On Highway 61

Joe McMurrian - Vocal, Guitar, Banjo

本作は、アメリカのニューメキシコ州サンファン郡にある都市アズテックにある
"The Aztec Theater" で行ったライヴを収録したもの。

こちらは、戦前、戦後のに活動していたカントリー・ブルースマンのカヴァー曲を中心
に選曲されています。( Son House, Fred McDowell, Skip James, Sleepy John Estes,
Blind Willie McTell )

今回のツアーでも、いろんなカヴァーも聴けるのではないかと思います!!
予習には間に合いませんでしたが、今回のライヴ後の余韻に浸ってもらえる
作品であることは間違いありません!!!

ご予約はギリギリまで受け付けておりますので、今回のチャンス、
お聴き逃しなく!!


最新作2枚は店頭にて販売中です。
ご来店お待ちしています!!




TOMPKINS SQUARE CATALOG

Tompkins Square

こんにちは。

以下、久しぶりのカタログ入荷です!!

LENABOXTSQ2967.jpg WHPHPHTSQ2783.jpg

● Live At Caffe Lena : Music From America’s Legendary Coffeehouse, 1967-2013 
(3CD BOX-SET) 過去の記事 ☞ こちら
● 'Work Hard, Play Hard, Pray Hard : Hard Time, Good Time & End Time Music 1923-1936 
(3CD BOX-SET) 過去の記事 ☞ こちら


PTWTSQ2509.jpg UNHEARDOFSTSQ2387.jpg

● PEOPLE TAKE WARNING ! : MUDER BALLADS & DISASTER SONGS, 1913-1938 
(3CD) 過去の記事 ☞ こちら
● Unheard Ofs & Forgotten Abouts
: Rare and unheralded gramophone recordings from around the world (1916-1964)


BLOODYWARTSQ2479.jpg THISMAYBETSQ2639.jpg

● VA / BLOODY WAR : SONGS 1924-1939
過去の記事 ☞ こちら
● THIS MAY BE MY LAST TIME SINGING : RAW AFRICAN-AMRERICAN GOSPEL ON 45RPM 1957-1982
(3CD) 過去の記事 ☞ こちら


RFCTSQ2219.jpg FIREINMYTSQ22271.jpg

● THE RED FOX CHASERS : THE COMPLETE RECORDINGS OF THE RED FOX CHASERS(1928 - 1931)
(2CD) 過去の記事 ☞ こちら
● FIRE IN MY BONES : RAW + RARE + OTHER WORLDLY AFRICAN AMERICAN GOSPEL(1944-2007)
(3CD) 過去の記事 ☞ こちら


店頭には、上記以外にも同レーベルのCDございます!
ご来店お待ちしております。



Pick Up 4

DIRTBALL
『 TURN UP THE BARN 』

セール・アイテムから1枚!

オルタナ・カントリー・ファンにとって懐かしいバンド、ダートボール!

ギターの Mike Cooley はアラバマの人気ロック・バンド "Drive-By Truckers"
として一世風靡したのでご存じの方もおられるかも。

Wes Freed は芸術家でもあり、本作を始め、"Drive-By Truckers" のカバー・アート
も手掛けています。


PLANETARY RECORDS / CD
DIRTBALL20131227001.jpg

1. 3 A.M.
2. Holy Ground
3. Everything from You
4. I Don't Feel This Way
5. So Far, So Long
6. The Best I Can Do
7. Whiskey and Wild Women
8. Over and Over
9. Call Me Charity
10. My Surrender

Wes Freed - Vocals
Mike Cooley - Guitar
Charles Arthur - Guitar, Dobro, Lap Steel Guitar, Pedal Steel
Jeff Liverman - Guitar, Mandolin, Tenor Banjo, Vocals
Mark Snyder - Drums, Tuba



こちらで試聴できます ☞ 3 A.M.

Drive-By Truckers を始め、Uncle Tupelo 、Son Volt なんかが好きな方にはオススメ!



セール期間中¥1000 にて販売しています。お買い逃しなく。
ご来店お待ちしています!!

Pick Up 3

こんにちは。

本日もセール対象から紹介します。

クリスマスも近いのでこんなアーティストもオススメ!


Lisa Lauren
『 Love The Beatles 』

ll20131221001.jpg
解説:村尾泰郎

1. The Word (mini-mix)
2. Love Me Do - fea. Willy Poter
3. Dear Prudence
4. Eight Days a Week
5. Can't Buy Me Love - fea. David Sanborn
6. What You're Doing
7. I'm Looking Through You
8. I've Just Seen a Face
9. And I Love Him
10. With a Little Help from My Friends
11. Eleanor Rigby
12. All My Loving
13. I'm Happy Just to Dance With You
14. Here Comes the Sun
15. The Word (re-mix) - fea. David Sanborn

旧知、村尾さんの解説を使わせてもらいます!

これまで数多くリリースされてきたビートルズのカヴァー・アルバム。そんななかで
新たなクラシックス『リサ・ローレン・ラヴズ・ザ・ビートルズ』が登場です。

'06年に発表されながら日本ではあまり知られていない本作、実は「All Music Guide」
で四つ星を獲得するなど、アメリカではビートルズ・カヴァーの隠れた逸品として密かに
愛されてきたアルバムなんです。リサ・ローレンはシカゴ出身のシンガー/ピアニストで、
地元のジャズ・クラブで活動しながら4枚のアルバムを発表してきました。

彼女の歌の魅力は、ジャズをベースにしながら、カントリーやポップス、ソウルなど、
様々なジャンルの音楽をクロスオーバーしたサウンドと、ゆっくりと気持ちを解き
ほぐしてくれるホット・コーヒーみたいにビター・スウィートな歌声。そんな彼女の歌に
惹かれて、本作にはジャズ界を代表するサックス奏者デヴィッド・サンボーンや、
フォーク・シンガーのウィリー・ポーターが参加していることも見逃せません。

スティングやトリ・エイモスも絶賛するポーターのギター・プレイが光る
「ラヴ・ミー・ドゥー」や、サンボーンの艶やかなサックスが映えるファンキーな
「キャント・バイ・ミー・ラヴ」、リサの美しいピアノとストリングスがエレガントに
溶け合う「アンド・アイ・ラヴ・ハー」など、多彩な楽器を織り込んだオーガニックな
サウンドが、毛布みたいにリスナーを優しく包み込んでくれます。そんなオリジナリティ
豊かなビートルズ・ナンバーの数々は、女性ヴォーカル・ファンやビートルズ・ファンは
もちろん、最近ブームになっている〈女子ジャズ〉やカフェ・ミュージックとしても楽しめ
ること間違いなし! 子供の頃にエド・サリヴァン・ショーを見てビートルズに出会った
少女=リサが、やがて大人になって永遠のアイドルに綴ったラヴレター……そんな甘酸っぱい
思いも詰まっていて、とろけるようにラヴリーなアルバムなんです。


ウィリー・ポーターは、このブログでも何度となく紹介している Natalia Zukerman の
アルバムを手掛けた人でもありますよ!!


---------------------------------


もう1枚は、がらりと変わってダウンホーム・ブルースから!
クリスマスにちなんだ曲も収録されているので紹介しておきます。
(無理やりやなぁーと言うお声も聞こえますが...)


Boo Boo Davis
『 Undercover Blues 』

bbd20131213001.jpg

1. Undercover Blues
2. Alligator Blues
3. Turkey Walk
4. Don't Drink and Drive
5. Don't Worry Baby
6. Got the Feeling
7. Have a Good Time
8. Xmas Blues
9. Train My Baby Is On
10. Shoot the Dice
11. Number One
12. Thank You Dave

ジョン・リー・フッカーやエルモア・ジェイムスなどともプレイしていたブルース・マンの父、
シルヴァスター・デイヴィスの姿を見て育ち、自らも幼い頃からブルースに目覚める。
兄弟で組んでいたLARD CAN BANDとして60年代からデルタやセントルイスで演奏し、
アルバート・キングやアイク・ターナーの前座を勤める。2000年に初のヨーロッパ・ツアーを行い、
そのときに出会ったBLACK&TANレコードから5枚のアルバムをリリースしている。
アメリカ、ヨーロッパを中心に世界中のブルース・フェスへ出演。御年70歳となる最後の
デルタ・ブルース・マン。

彼のスタイルは、強烈でタフなエレクトリック・ブルースを基本とし、ギター、ドラム、
そして彼のハーモニカと歌というベースレスのトリオです。RLバーンサイドを思わせる
ファンキー&ロッキンなダウンホーム・ブルース!!

試聴できます ☞ Xmas Blues


どちらもセール期間中、¥1000 です。
ご来店お待ちしております!!

プロフィール

po69

Author:po69
PO'BOY RECORDS

AMERICAN ROOTS MUSIC
( BLUES, FOLK, SSW,
BLUEGRASS, OLD TIME,
JUG/WASHBOARD, etc )

NEW & USED RECORDS,
CDS, BOOKS
AND MORE...

大阪市北区豊崎3-6-15 
第2淀川ビル3F
TEL:06-7494-9358

OPEN 14:00 CLOSE 20:00
(日曜 14:00 - 19:00)
木曜定休

.......................

PO'BOY RECORDS
Yodogawa N0.2 Bldg 3F
3-6-15, Toyosaki ,Kita-ku,
Osaka 531-0072 JAPAN
TEL&FAX +81-6-7494-9358

Open - Close
Mon. - Sat. 14:00-20:00
(Sun. 14:00-19:00)
Thu. - Closed

カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QR
2019年10月の定休
●木曜定休
カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
リンク
アルバム
検索フォーム
THANK YOU !!
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

<消費税率変更に関して>
2019年10月1日以降より10%での税込価格表示に変更となります。