FC2ブログ

PAUL GAYTEN

PAUL GAYTEN


こんにちは。

本日は、Dave Bartholomew と並ぶニューオリンズ R&B
の重要人物、Paul Gayten 。

JAZZMAN の JUKEBOX JAM SERIES からリリースされた
7inch シングル!!


JAZZMAN / 7inch / JBJ 1067EP
PG20160207001.jpg

Side A
For You My Love  01 :14

Side B
Down Boy 01 :19

Chess 傘下の Argo で録音しお蔵入りになった2曲。
45回転として初のリリースです!!


店頭にて販売中です。
ご来店お待ちしています!!

Southern Nights


1994年6月、蒸し暑い真夜中に、
僕の足はニューオリンズの地を踏んだ。

真夜中のハイウェイ、
フレンチ・クウォーターへと疾走する。

ロイヤル・ストリートには眠らない人々が行き交い、
ヨーロッパ様式の建物が立つ街並みに心躍る。

バーボン・ストリートの喧騒、溢れ漏れる音楽。
南部の暑い夜。

ミシシッピ・リバーをのぼる船、
南部の熱い風が頬をなでる。

あこがれのニューオリンズ、
僕は確かにそこにいました。

僕をその地へいざなってくれた音楽、
Southern Nights


THE 6 & 7/8s STRING BAND

THE 6 & 7/8s STRING BAND of NEW ORLEANS 

"Echoes of Tom Anderson's"
The New Orleans String Jazz Traditions



こんにちは。

本日は、ニューオリンズを代表する小粋なストリング・バンド、The 6 & 7/8s String Band
を紹介します。

日本でも1956年リリースの Folkways 盤が紙ジャケ(現在は入手困難かも?)で
出ていましたが、本作は78回転の音源を始め、バンドのフロントマンでもある
Edmond Souchon 関連のプライベート音源やラジオ音源、さらに Frank Amacker の
ソロ・ギター音源などを2枚のCDに網羅したコンプリート集です!

オールド・ジャズからハワイアン、ブラジリアン・ナンバーまで華麗なストリングスで
聴かせてくれます!!

American Music Records / 2CD / AMCD-125/126
678sSTRING20140919001.jpg

Disc: 1
1. Tiger Rag
2. Clarinet Marmalade
3. High Society (Introducing Maryland, My Maryland)
4. Tico Tico
5. That Old Gang Of Mine
THE 1949 78s - PRIVATELY RELEASE ON "New Orleans Originals" LABEL

6. Winter Night/Stumbling
7. Who's Sorry Now
8. Clarinet Marmalade
9. Dixieland One-Step
10. Jealous
11. Muskrat Ramble
12. Tico Tico
13. Floating Down That Old Green River
14. Bei Mir Bist Du Schon
15. Sunrise Serenade
16. Medley In D
17. My Josephine
18. High Society (Introducing Maryland, My Maryland)
19. Lazy River/They'll Be Some Changes Made - Souchon(vcl)
20. Donna Clara
21. Floating Down That Old Green River - Souchon(vcl)
22. Raggin' the Scale (Two False Starts)
23. At Sundown
24. When the Saints Go Marching In
THE 1954 SESSIONS - Recorded In Edmond Souchon's Living Room, Metairie LA 1954 by Sam Charters
TITLE 1-24
Bill kleppinger(Mandolin), Bernie Shields(Hawaiian Steel Guitar),
Edmond Souchon(Guitar, Vocal), Frank "Red" Mackie(Bass)


25. A Handful Of Cards
26. Gettysburg March
27. Lover Come Back To Me
28. 'A' Rag
29. Liebenstraum
FRANK AMACKER - Recorded by Sam Charters, 1958
Frank Amacker (Guitar)


Disc: 2
1. That Old Gang Of Mine
2. Floating Down That Old Green River
3. High Society
4. Who's Sorry Now
5. Tiger Rag
6. Tico Tico
7. Up a Lazy River - Souchon(vcl)
8. Donna Clara
9. When the Saints
RADIO BROADCAST, 1950 : "THE NEW ORLEANS OPERA AUDITIONS ON THE AIR"
Hostess : Edward Ludwing
Guest : The 6 & 7/8s STRING BAND
Bill kleppinger(Mandolin), Bernie Shields(Hawaiian Steel Guitar),
Edmond Souchon(Guitar, Vocal), Frank "Red" Mackie(Bass)


10. Ukelele Marmalade
11. Dixieland One-Step
12. Tea For Two
13. At the Storybrook Ball - Charlie Hardy(vcl)
14. Opus 4 (Ragtime Gal)
15. Little Coquette
16. I'm Nobody's Baby
17. Bill Bailey ('Bazooka With Words') - Souchon(vcl)
18. High Society
19. I Had a Dream Dear
20. Ida
21. Who's Sorry Now
22. Walkin' the Dog ('Bazooka With Words') - Souchon(vcl)
23. That Old Gang Of Mine
24. Little Corvette (Trio)
25. Little Rock Getaway
CHARLIE & SOU ( PERMISSION OF THE SOUCHON FAMILY) - Recorded By Edmond Souchon, 1955, Privately Released on LP
Charlie Hardy Jr.(Ukulele, Vocal on #!13), Edmond Souchon(Guitar, Vocal on #17, #22),
Frank "Red" Mackie(Bass on #24)


26. West End Romp - The New Orleans Owls
27. That's a Plenty - The New Orleans Owls
THE NEW ORLEANS OWLS - Recorded 1926(#26), 1927(#27)
Personnel Includes : Rene Gelpi and Lester Monk Smith, who contribute string jazz choruses
in the style of their original group, The Invincibles String Band


こう言うすばらしい音源がもっともっと紹介されるべきなのに...
密かに知られるだけと言うのはもったいないです。

若い世代の中にもこんな音源を求めてる人がきっといるはず。自分も
そうであったように。

出会いの1枚としてオススメしておきます!!!

店頭でお待ちしています。



JOHNNY ST. CYR

JOHNNY ST. CYR

こんにちは。

本日は、ジャズ・ギター/バンジョー(6弦)のパイオニアとも言われる Jonny St. Cyr
を紹介します。

1923年にシカゴへ移動するまでは、地元ニューオリンズで自身のトリオや Kid Ory
らと演奏していました。

シカゴでは、King Oliver , Jelly Roll Morton らのバンドで活躍し、彼の最も重要な
キャリアの一つになるのが、Louis Armstrong 率いる Hot Five や Hot Seven で
の演奏でしょう。ここではリズム・セクションを担う中心人物として活躍しました。

1930年代には、ニューオリンズに戻り、Paul Barbarin や Alphonse Picou ら地元の
演奏家たちと活動を続ける。

1955年にロサンゼルスに移住し、1961年から亡くなる1966年まで若い演奏家の育成
もかねてディズニー・ランドで演奏活動を続けました。

本作は、ロサンゼルスへ移住する直前の1954年-55年 にニューオリンズで録音された
いくつかのセットを収録した1枚です。


American Music Records / CD / AMCD-78
johnnystcyr20140920001.jpg

1. Someday You'll Be Sorry
Percy Humphrey(tp), George Lewis (cl), Jim Robinson(tbn), Jeanette Kimball(p & vcl),
Johnny St. Cyr (gtr), Frank Fields(bs), Paul Barbarin(dms) - Recorded 7/25/1954


2. Someday You'll Be Sorry
as for #1 except (Vocal Jeanette Kimball) - Recorded 6/17/1954

3. Rose of the Rio Grande
4. The Pearls
5. At Sundown
6. Could I Have Known
7. Boogie Woogie
Johnny St. Cyr (gtr), Ernest McLean(gtr), Leo Thompson (p), Richard McLean(bs),
Sidney Montague(dms) - Recorded 5/13/1954


8. Bill Bailey
9. Careless Love
10. Bye & Bye
11. Sister Kate
Thomas Jefferson(tp), Willie Humphrey(cl), Joe Avery(tbn), Jeanette Kimball(p),
Johnny St. Cyr (gtr)  - Recorded 4/45/1955


12. Darktown Strutters' Ball - Thomas Jefferson(vcl)
13. Down By The Riverside - Thomas Jefferson(vcl)
14. Street Of The City - Sister Elizabeth Eustis(vcl)
15. Somebody Stole My Gal
Thomas Jefferson(vcl & tp), Willie Humphrey(cl), Joe Avery(tbn), Jeanette Kimball(p),
Johnny St. Cyr (gtr), Paul Barbarin(dms), Sister Elizabeth Eustis(vcl)


未発表を含んだ貴重な音源集です。本作ではギターのみの演奏ですが、 Hot Five では見事な
6弦バンジョーも披露しています。あわせてオススメしておきます!


店頭にて販売中です。
ご来店お待ちしています!


GEORGE GUESNON

"CREOLE" GEORGE GUESNON
『 PLAYS, SINGS & REMINISCES 』



こんばんは。遅くにすみません。

G.H.B/JAZZOLOGY 傘下の AMERICAN MUSIC RECORDS から
ジャズ・バンジョー奏者、GEORGE GUESNON の1枚を紹介しておきます。

さまざまなニューオリンズ・ジャズ・バンドで強力なバンジョーを演奏してきた
彼のソロによる弾き語り中心のアルバム。

Danny Barker のソロ作にも匹敵するような内容で、良い意味で力が抜け
ています。個人的には、Lonnie Johnson にも似た匂いを醸し出している
なあと思いました。

基本はリズム・スタイルのバンジョーですが、時折聴ける単弦ソロは、
ブルース録音の経験もある彼ならではの響きなのです。


American Music Records / CD / AMCD-138  
GGUESNON20140919001.jpg

1. Dr. Jekyl And Mr. Hyde
2. Houma, La
3. Last Go 'Round Blues
4. "1927 - The Beginning"
5. Empty Bed Blues
6. A Gi's Prayer
7. True Love Blues
8. "1936 - My First Record"
9. Outer Space Blues
10. "That Was Another Era"
11. Goin' Home Blues
12. Song Of The Wanderer
13. Blues For My Baby
14. "Jelly Roll"
15. Everybody's Talking 'Bout Sammy
16. "The Old Trumpet Players"
17. The King Zulu Song For Louis Armstrong
18. "The Zulu Tradition"
19. Blues Of The River
20. "The Creoles"
21. Crescent City Blues
22. "The Creoles (Continued)"
23. No Ring No Thing Blues
24. "Courtship And Marriage"
25. Chico Mia (My Little One)
26. Treasure Supreme
27. Emptiness
28. Goin' Home Blues #2
29. A Negro's Lament
30. Requiem To John F. Kennedy
31. Living Life Blues
32. "I'm Playing For Me"
33. Farewell & I Can't Escape From You (Excerpt)

GEORGE GUESNON - Banjo, Guitar, Vocal, Speech
fea. Drag's Half Fast Jazz Band

父の左官屋で働くかたわら叔父の影響で12才よりウクレレを学ぶ。20才からバンジョーを
始め、John Marrero から伝統的な奏法を学ぶ。1920年代後半より複数のバンドで演奏を
始め、1930年から Sam Morgan のバンドに加わる。1936年にミシシピ州ジャクソンへ移動
して Little Brother Montgomery 率いるバンドに参加。録音も残している。1938年に一度は
ニューオリンズに戻るも、またニューヨークへ移動する。そこで Jelly Roll Morton や Trixie Smith
らと活動しデッカに録音も残す。1941年に再びニューオリンズへ戻り、第二次世界大戦後は、
地元で George Lewis や Kid Thomas らのバンドで活動し、亡くなるまでの10年間は、定期的
にプリザベーション・ホールに出演し演奏していた。


彼の貴重なフォトとライナーノーツも含んだオススメの1枚です!


店頭にて販売中です。
ご来店お待ちしています!

プロフィール

po69

Author:po69
PO'BOY RECORDS

AMERICAN ROOTS MUSIC
( BLUES, FOLK, SSW,
BLUEGRASS, OLD TIME,
JUG/WASHBOARD, etc )

NEW & USED RECORDS,
CDS, BOOKS
AND MORE...

大阪市北区豊崎3-6-15 
第2淀川ビル3F
TEL:06-7494-9358

OPEN 14:00 CLOSE 20:00
(日曜 14:00 - 19:00)
木曜定休

.......................

PO'BOY RECORDS
Yodogawa N0.2 Bldg 3F
3-6-15, Toyosaki ,Kita-ku,
Osaka 531-0072 JAPAN
TEL&FAX +81-6-7494-9358

Open - Close
Mon. - Sat. 14:00-20:00
(Sun. 14:00-19:00)
Thu. - Closed

カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QR
2019年9月の定休
●木曜定休
カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
最新記事
リンク
アルバム
検索フォーム
THANK YOU !!
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

<消費税率変更に関して>
2014年4月1日以降より8%での税込価格表示に変更となります。