FC2ブログ

【再入荷!】 ANDERS OSBORNE

ANDERS OSBORNE
Living Room


こんばんは。


90年代半ば、Ben Harper を筆頭にルーツ音楽を基礎にして独自のサウンドを
生み出す若きミュージシャン達が数多くデビューした。

そしてソニー傘下の Okeh から G.Love を始め、Keb' Mo', Alvin YoungBlood Hart と
共に "Which Way to Here" でメジャー・デビューしたのが Anders Osborne でした。
(残念ながらメジャー2作目はお蔵入り)

本作は、Shanachie Records 移籍後の2作目(1999年)。1作目はライヴ盤だったので移籍後、
初のスタジオ録音盤となります


Shanachie Records / CD / 5735 
AO20160209001.jpg


1. Boxes, Bills And Pain
2. Greasy Money
3. Had My Reasons
4. Coast To Coast Blues
5. Trippin' In Montana
6. Ya Ya
7. Never Is A Real Long Time
8. Two Times
9. Love Don't Care
10. Home Coming
11. Jetstream
12. Takes Two
13. Highway
14. That's All

Anders Osborne - Banjo, Guitar, Harmonica, Piano, Vocals
Tommy Malone - Guitar, Vocals (Background)
Freddy Koella - Guitar
Keb' Mo' - Guitar, Vocals (Background)
Steve Brewster - Drums, Percussion
John Gardner - Drums, Percussion
Carlo Nuccio - Drums
Johnny Vidacovich - Drums, Percussion
Leon Medica - Bass
Kirk Joseph - Sousaphone
James Andrews - Trumpet
Tim Green - Saxophone
Mark McGrain - Flute, Trombone
Fred Bogert - Accordion, Keyboards, Piano, Trumpet
John Magnie - Keyboards
Theresa Andersson - Vocals (Background)
Tareva Henderson - Vocals (Background)
Kostas - Vocals (Background)
Jonell Mosser - Vocals (Background)



スウェーデンで生まれ、85年からニューオリンズに移住し、今も活動を続けている。
本作は、Dirty Dozen Brass Band のメンバーとして知られる Kirk Joseph を始め、
The Subdudes の Tommy Malone や名ドラマー、Johnny Vidacovich といった
ニューオリンズ勢がリズム・セクションとして参加。

さらに Bob Dylan のバンドにもいた Freddy Koella やOkeh 時代のレーベル・メイト、
Keb' Mo' も参加しています。

彼のソウルフルなヴォーカルに加え、ロックやブルース、ニューオリンズ特有の
セカンド・ライン・ファンクが上手くブレンドされた傑作。

フィード・バックするギターとご機嫌なグルーヴ、Gerry Goffin と Barry Goldberg
の共作、M-4"Coast To Coast Blues"は最高です!!

 

店頭にて販売中です。
ご来店お待ちしています。




NOLA!

NOLA!


本日は、ニューオリンズものから2枚紹介します。


"Queen of Soul"

IRMA THOMAS
IN BETWEEN TEARS

Alive Records / CD / 0145-2
irma20160323001.jpg

1. In Between Tears
2. She'll Never Be Your Wife
3. These Four Walls
4. What's So Wrong With You Loving Me
5. You're The Dog (I Do The Barking Myself)
6. Coming From Behind (Monologue)
7. Wish Someone Would Care
8. Turn My World Around
Bonus Track
9. We Wont Be In Your Way Anymore
10. I'll Do It All Over You

Irma Thomas - Vocals

Swamp Dogg Band
Jerry "Swamp Dogg" Williams , Jr. - Piano
Paul Hornsby - Organ
Jesse Carr Guitar
Robert "Pops" Popwell - Bass
Squirm - Drums

Duane Allman - Guitar (Uncredited)


ニューオリンズを代表する女性ソウル・シンガー、Irma Thomas 。1969年のハリケーン "Camille" の
影響を機にウェスト・コースへ移動しキャリアを積む。本作はその地で1973年に Swamp Dog こと
Jerry Williams , Jr. プロデュースのもと制作されたアルバム(Fungus label / LP)にボーナス・トラック
2曲を追加しCD化したもの。

Swamp Dogg Band をバックにサザン・テイスト溢れるヴォーカルを聴かせてくれます。なおM-5, 6 で
アンクレジットですが、Duane Allman がギターで参加していると言われています。



--------------------


WILLIE TEE
I'm Only A Man

GET ON DOWN / CD / GET-53502
Wtee20160323001.jpg

1. Bring On The Heartaches
2. I'm Only A Man
3. Loneliness
4. Reach Out For Me
5. No Answer Came
6. Walk Tall
7. Mirror
8. By The Time I Get To Phoenix
9. Take Your Time
10. I'm Related To You
11. People
Bonus Track
12. Love Of A Married Man

ニューオリンズを代表するキーボーディスト/ピアニストであり、ニューオリンズ・ファンクの
草分け的存在であった Willie Tee 。 それに代表するのが、彼が率いたファンクネスなバンド、
"Gators"です。他にも The Wild Magnolias の初期作品は、彼の手腕によるものです。

彼を語る上でこうしたファンク面をフィーチャーせざるを得ないのだが、1969年に Capitol から
リリースされた本作(1st ソロ・アルバム)も外せない。

本作は、原盤にレアなシングル曲を1曲追加しCD化したもの。自身もピアニスト/シンガー
であり、アレンジャー/プロデューサーとしても名高い H.B.Barnum を迎え制作されました。

ニューオリンズ色は薄れますが、Burt Bacharach / Hal David 作の M-4 を始め、ソフト・ロック、
メロウ・ソウルといった彼の別の一面を聴くことのできる重要な作品です。



店頭にて販売中です。
ご来店お待ちしています。





PAUL GAYTEN

PAUL GAYTEN


こんにちは。

本日は、Dave Bartholomew と並ぶニューオリンズ R&B
の重要人物、Paul Gayten 。

JAZZMAN の JUKEBOX JAM SERIES からリリースされた
7inch シングル!!


JAZZMAN / 7inch / JBJ 1067EP
PG20160207001.jpg

Side A
For You My Love  01 :14

Side B
Down Boy 01 :19

Chess 傘下の Argo で録音しお蔵入りになった2曲。
45回転として初のリリースです!!


店頭にて販売中です。
ご来店お待ちしています!!

Southern Nights


1994年6月、蒸し暑い真夜中に、
僕の足はニューオリンズの地を踏んだ。

真夜中のハイウェイ、
フレンチ・クウォーターへと疾走する。

ロイヤル・ストリートには眠らない人々が行き交い、
ヨーロッパ様式の建物が立つ街並みに心躍る。

バーボン・ストリートの喧騒、溢れ漏れる音楽。
南部の暑い夜。

ミシシッピ・リバーをのぼる船、
南部の熱い風が頬をなでる。

あこがれのニューオリンズ、
僕は確かにそこにいました。

僕をその地へいざなってくれた音楽、
Southern Nights


THE 6 & 7/8s STRING BAND

THE 6 & 7/8s STRING BAND of NEW ORLEANS 

"Echoes of Tom Anderson's"
The New Orleans String Jazz Traditions



こんにちは。

本日は、ニューオリンズを代表する小粋なストリング・バンド、The 6 & 7/8s String Band
を紹介します。

日本でも1956年リリースの Folkways 盤が紙ジャケ(現在は入手困難かも?)で
出ていましたが、本作は78回転の音源を始め、バンドのフロントマンでもある
Edmond Souchon 関連のプライベート音源やラジオ音源、さらに Frank Amacker の
ソロ・ギター音源などを2枚のCDに網羅したコンプリート集です!

オールド・ジャズからハワイアン、ブラジリアン・ナンバーまで華麗なストリングスで
聴かせてくれます!!

American Music Records / 2CD / AMCD-125/126
678sSTRING20140919001.jpg

Disc: 1
1. Tiger Rag
2. Clarinet Marmalade
3. High Society (Introducing Maryland, My Maryland)
4. Tico Tico
5. That Old Gang Of Mine
THE 1949 78s - PRIVATELY RELEASE ON "New Orleans Originals" LABEL

6. Winter Night/Stumbling
7. Who's Sorry Now
8. Clarinet Marmalade
9. Dixieland One-Step
10. Jealous
11. Muskrat Ramble
12. Tico Tico
13. Floating Down That Old Green River
14. Bei Mir Bist Du Schon
15. Sunrise Serenade
16. Medley In D
17. My Josephine
18. High Society (Introducing Maryland, My Maryland)
19. Lazy River/They'll Be Some Changes Made - Souchon(vcl)
20. Donna Clara
21. Floating Down That Old Green River - Souchon(vcl)
22. Raggin' the Scale (Two False Starts)
23. At Sundown
24. When the Saints Go Marching In
THE 1954 SESSIONS - Recorded In Edmond Souchon's Living Room, Metairie LA 1954 by Sam Charters
TITLE 1-24
Bill kleppinger(Mandolin), Bernie Shields(Hawaiian Steel Guitar),
Edmond Souchon(Guitar, Vocal), Frank "Red" Mackie(Bass)


25. A Handful Of Cards
26. Gettysburg March
27. Lover Come Back To Me
28. 'A' Rag
29. Liebenstraum
FRANK AMACKER - Recorded by Sam Charters, 1958
Frank Amacker (Guitar)


Disc: 2
1. That Old Gang Of Mine
2. Floating Down That Old Green River
3. High Society
4. Who's Sorry Now
5. Tiger Rag
6. Tico Tico
7. Up a Lazy River - Souchon(vcl)
8. Donna Clara
9. When the Saints
RADIO BROADCAST, 1950 : "THE NEW ORLEANS OPERA AUDITIONS ON THE AIR"
Hostess : Edward Ludwing
Guest : The 6 & 7/8s STRING BAND
Bill kleppinger(Mandolin), Bernie Shields(Hawaiian Steel Guitar),
Edmond Souchon(Guitar, Vocal), Frank "Red" Mackie(Bass)


10. Ukelele Marmalade
11. Dixieland One-Step
12. Tea For Two
13. At the Storybrook Ball - Charlie Hardy(vcl)
14. Opus 4 (Ragtime Gal)
15. Little Coquette
16. I'm Nobody's Baby
17. Bill Bailey ('Bazooka With Words') - Souchon(vcl)
18. High Society
19. I Had a Dream Dear
20. Ida
21. Who's Sorry Now
22. Walkin' the Dog ('Bazooka With Words') - Souchon(vcl)
23. That Old Gang Of Mine
24. Little Corvette (Trio)
25. Little Rock Getaway
CHARLIE & SOU ( PERMISSION OF THE SOUCHON FAMILY) - Recorded By Edmond Souchon, 1955, Privately Released on LP
Charlie Hardy Jr.(Ukulele, Vocal on #!13), Edmond Souchon(Guitar, Vocal on #17, #22),
Frank "Red" Mackie(Bass on #24)


26. West End Romp - The New Orleans Owls
27. That's a Plenty - The New Orleans Owls
THE NEW ORLEANS OWLS - Recorded 1926(#26), 1927(#27)
Personnel Includes : Rene Gelpi and Lester Monk Smith, who contribute string jazz choruses
in the style of their original group, The Invincibles String Band


こう言うすばらしい音源がもっともっと紹介されるべきなのに...
密かに知られるだけと言うのはもったいないです。

若い世代の中にもこんな音源を求めてる人がきっといるはず。自分も
そうであったように。

出会いの1枚としてオススメしておきます!!!

店頭でお待ちしています。



プロフィール

po69

Author:po69
PO'BOY RECORDS

AMERICAN ROOTS MUSIC
( BLUES, FOLK, SSW,
BLUEGRASS, OLD TIME,
JUG/WASHBOARD, etc )

NEW & USED RECORDS,
CDS, BOOKS
AND MORE...

大阪市北区豊崎3-6-15 
第2淀川ビル3F
TEL:06-7494-9358

OPEN 14:00 CLOSE 20:00
(日曜 14:00 - 19:00)
木曜定休

.......................

PO'BOY RECORDS
Yodogawa N0.2 Bldg 3F
3-6-15, Toyosaki ,Kita-ku,
Osaka 531-0072 JAPAN

Open - Close
Mon. - Sat. 14:00-20:00
(Sun. 14:00-19:00)
Thu. - Closed

カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QR
2020年2月の定休
●木曜定休
カレンダー
01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
最新記事
リンク
アルバム
検索フォーム
THANK YOU !!
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

<消費税率変更に関して>
2019年10月1日以降より10%での税込価格表示に変更となります。