FC2ブログ

THE DEVIL IS BUSY IN KNOXVILLE

THE DEVIL IS BUSY IN KNOXVILLE


2013年にリリースされた人気のゴスペル・コンピが、
再度1000枚限定で復活!


Mississippi/Change Records / LP / MRP-038
TDIBIK20161121001.jpg

Side A
1. I Can't Tarry - Two Gospel Keys
2. You Can't Hide - Mother McCollum
3. Where The Soul Of A Man Never Dies - The Anglin Brothers
4. In That Great Getting' Up Morning - The New Gospel Keys
5. I'll Be Rested - Blind Roosevelt Graves
6. Rock Me - Sister Rosetta Tharpe
7. Chariot Jubilee - Unknown Artist

Side B
1. Fifty Miles Of Elbow Room - The Carter Family
2. I Had A Dream - Lottie Bracy
3. Watch Thee Therefore You Know - Elder Richard Bryant's Sanctified Singers with Bozie Sturdivant
4. Gods Little Birds - Sister O. M. Terrell
5. No Drunkard Can Enter – The Delmore Brothers
6. Ain't No Grave - Congregation Of Silent Grove Baptist Church
7. Wouldn't Mind Dying - Rev. I.B. Ware

今回は、ジャケが Sister Rosetta Tharpe に変更されてのリリースです。

Mississippi Records ならではの白人、黒人問わない渋い楽曲がセレクトされています。
今回も限定ですので前回入手できなかったかたはこの機会にどうぞ!






店頭にて販売中です。
ご来店お待ちしています。



Peacock Recordings

Peacock Recordings



こんにちは。

本日は、Peacock Records の70s Black Gospel (Funk/Soul) から
再発CD3枚(Playback Records より)を紹介します。




Pilgrim Jubilee Singers ‎
Crying Won't Help

Playback Records / CD / PBR 4301
PBR4301CD_CU.jpg

1. Crying Won't Help
2. Swing Down Sweet Chariot
3. Are You Ready
4. Call Him Up
5. Sunshine
6. A Job to Do
7. Feeling
8. Put On Your Shoes
9. Exit 100

ミシシッピはジャクソンを始まりにシカゴへと拠点を移し活動してきた名門グループ、
The Pilgrim Jubilee Singers(aka The Pilgrim Jubilees)のブラック・ゴスペル名盤(75年)!
ゴスペル・ファンのみならずソウル、ブルース・ファンも涙ものの1枚です。 Peacock には
他にも、『 Walk-On 』(1962年)、『 Don't Let Him Down 』 (1973年)と言った名作も残して
います。メンバーチェンジを繰り返しながら本作後も、Nashboro や Savoy, Malacoなどにも
音源を残している。

Cleve と Clay Graham 兄弟 によるソウルフルなリード・ヴォーカルに加え、キレのあるギター、
ファンキーなベースが極上のグルーヴを生み出しています。 The Soul Stirrers なんかが
好きな方には絶対の1枚です!!!


------------------



The Crowns Of Glory
Won't It Be Grand

Playback Records / CD / PBR 4303
PBR4303CD_CU.jpg

1. Ain't No Sunshine
2. Christian
3. Lord Hold Me in Your Arms
4. I Don't Want to Do Wrong
5. I Can't Thank Him Enough
6. Worried Mind
7. Jesus Is Coming to Gather His Own
8. Won't It Be Grand

Bill Withers の名曲" Ain't No Sunshine "から始まる74年の Peacock 音源!!
オリジナル・アルバムは超レア盤として知られる1枚です。本作なんと言っても美しい
ハーモニー・ヴォーカルをバックにリードをとる Len Martin の Curtis Mayfieldマナーな
ファルセットがすばらしいのです。もちろん Billy J. Shepherd の渋いソロや Gladys Knight
のヒット曲"I Don't Want to Do Wrong"を歌い上げる Debra Bodyも聴きもの!



--------------------------



The Loving Sisters ‎
The Sisters And Their Sons

Playback Records / CD / PBR 4302
PBR4302CD_CU.jpg

1. I Can't Feel at Home
2. Let's Ride
3. Joy
4. Cosmic Consciousness
5. I Sought the Lord
6. We're Soldiers
7. Forgiving Is Easier Than Forgetting
8. Save the World

アメリカ南部はアーカンソー州で Gladys McFadden and the Loving Sisters として結成された
女性グループ。1962年から1978年まで Peacock に音源を残し、1979年にはGrammy Award
の "Best Soul Gospel Performance - Traditional "にノミネートもされている実力派です。
本作のオリジナル・リリースは1974年で、80年代にMCA から再発もしています。
このアルバムには、彼女達の息子も参加していることもあり、Wah Wah(ワウワウ)ギターを
駆使したサイケデリックなサウンドからファンキー、ブルージーなサウンドまで聴かせてくれます。
そして Gladys McFadden の強力なリード・ヴォーカルなしには語れません。70s ブラック・ゴスペル
ここにありです!!!


店頭にて販売中です。
ご来店お待ちしています。






入荷!

取り急ぎ入荷のお知らせ

Gospel / Soul / Funk
PBR4301CD_CU.jpg PBR4302CD_CU.jpg
The Pilgrim Jubilees / Crying Won't Help
The Loving Sisters / The Sisters and Their Sons


PBR4303CD_CU.jpg FD7518CD_CU.jpg
The Crowns Of Glory / Won't It Be Grand
The Trammps / The Legendary Zing! Album...Plus


Oldtime, Hillbilly / Northeast Aftica
DTD036CD_CU.jpg SAHEL013CD_CU.jpg
VA / Arkansas at 78 RPM: Corn Dodgers & Hoss Hair Pullers
L'Orchestre National de Mauritanie / L'Orchestre National de Mauritanie


ご来店お待ちしています!


WASHINGTON PHILLIPS

WASHINGTON PHILLIPS
The Key To The Kingdom


これまでにも Mississippi Records のアナログ盤や Death Is Not The End の
カセットなどで紹介して来ましたが、本日は Yazoo Records の編集CD盤です。

楽曲はかぶりますが、本盤にはボーナス・トラックとして Blind Mamie And A.C. Forehand
による4曲が収録されています。


1927年から1929年にかけて Columbia に16曲の音源を残しているテキサスの
謎多きゴスペル・シンガー、 Washington Phillip。


Yazoo Records / CD / 2073
WP20160412001.jpg

1. Lift Him Up That's All 3:34
2. Paul And Silas In Jail 2:41
3. Mother's Last Word To Her Son 2:53
4. The Church Needs Good Deacons 3:01
5. Jesus Is My Friend 2:53
6. A Mother's Last Word To Her Daughter 2:57
7. I Had A Good Father And Mother 3:00
8. I Am Born To Preach The Gospel 3:10
9. Take Your Burden To The Lord And Leave It There 3:15
10. Denomination Blues - Part 1 3:07
11. Denomination Blues - Part 2 2:38
12. What Are They Doing In Heaven Today 3:17
13. I've Got The Key To The Kingdom 3:04
14. Train Your Child 3:11
15. You Can't Stop A Tattler - Part 1 2:54
16. You Can't Stop A Tattler - Part 2 2:49
17. Wouldn't Mind Dying If Dying Was All –Blind Mamie And A.C. Forehand
18. I'm So Glad Today, Today –Blind Mamie And A.C. Forehand
19. In The Rock –Blind Mamie And A.C. Forehand
20. Mother's Prayer –Blind Mamie And A.C. Forehand

以下、以前に紹介した内容です。

彼が最初にリリースした78回転、"Take Your Burden To the Lord" / "Lift Him Up That's All"
は、8000枚以上売れたようです。(当時、Bessie Smith のレコード売上平均が10000枚)

少し余談となりますが、最初に謎多きゴスペル・シンガーと書いたのは、Tompkins Square
からリリースされている ARIZONA DRANES 本を書いた オースティン·アメリカン·ステーツマンの
元音楽評論家、コラムニスト Michael Corcoran の記事(2002年に書かれた)を読んだからです。

そこには、Washington Phillips は当初、1928年にオースティン州立病院で死亡したとされていたが、実は
同姓同名の人で本人は1954年、74歳まで農夫としてテキサスで暮らしていた事やこれまで彼が伴奏に
使用していると言われている楽器 Dolceola と1928年出版のル​​イジアナ・ウィークリーに残された2台の
zither (autoharp にも見える)を抱えた彼の写真の謎にもふれられています。真相はわかりません。

ちょっと脱線しましたが。。。いずれにせよ耳に入ってくるキラキラとした美しいメロディは、他のゴスペル
音楽とは違う彼独自のものであることは確かなのです。ライ・クーダーがカヴァーした"Denomination Blues"
を始め、ボーナス・トラックの "Mother's Prayer " などオススメです。

* Dolceola
Dolceolaは、1903年から1908年までオハイオ州のToledo Symphony 社で生産された楽器で
ポータブルのグランド・ピアノというふれこみで販売されていた。オートハープにもよく似ており、
鍵盤を弾いて弦を鳴らす、この小型のピアノは、“天使のような”音と言われるほど綺麗な響き
を持つ伝統的な楽器でした。


------------------

関連動画 ☞ http://poreco.blog28.fc2.com/blog-entry-931.html



店頭にて販売中です。
ご来店お待ちしています。



BESSIE JONES

Bessie Jones
with the Georgia Sea Island Singers


Get In Union


こんばんは。
かなりご無沙汰していましたが、徐々に始めて行きます。


本日は、久しぶりに Tompkins Square のカタログを紹介します。(これは
リリースしてすぐにレーベル在庫がなくなり、紹介し損ねたCDです。)


本盤は、Nathan Salsburg をプロデューサーに迎え、Alan Lomax が残したアーカイヴ
より編集された Bessie Jones 音源集!


Alan Lomax
1930年代から民俗音楽研究家の父ジョン・ローマックスともに米国内各地を旅行し、フォーク、
ブルース、ジャズなどジャンルを問わない民謡、民俗音楽の記録・研究を行いポピュラー音楽史
に多大な貢献をした人物。


Nathan Salsburg
ペンシルベニア出身で現在は、ケンタッキーを拠点に活動しているギタリスト/シンガー、
Nathan Salsburg 。Alan Lomax archive の学芸員としての顔も持ち、当ブログでも紹介した
Tompkins Square のコンピレーション・アルバム、『 Work Hard, Play Hard, Pray Hard 』の
コンパイルも手掛けている。過去の記事 ☞ Work Hard, Play Hard, Pray Hard



Tompkins Square / 2CD / TSQ5074
bj20151218001.jpg

DISC 1
1 Sheep Sheep Don't You Know The Road
2 You Better Mind
3 Plumb The Line
4 O Day (Yonder Come Day)
5 Moses Don't Get Lost
6 Blow Gabriel
7 Got To Lie Down (How Shall I Rise)
8 Sometimes
9 Shoo Turkey
10 Adam In The Garden
11 Daniel In The Lion's Den
12 Little David, Play On Your Harp
13 You Got To Reap Just What You Sow / Just A Little Talk With Jesus – McKinley Peebles
14 O Mary Don't You Weep
15 Throw Me Overboard
16 Going To Chattanooga
17 See Aunt Dinah
18 John Henry
19 Sink 'Em Low
20 Diamond Joe
21 Live Humble
22 Get In Union
23 Elephant Fair
24 Uncle Ned
25 That Suits Me – Hobart Smith

DISC 2
1 No Hiding Place Down Here
2 O Death
3 Dead And Gone
4 Prayer
5 Sign Of The Judgment
6 This Train Is A Clean Train
7 Turkle Dove
8 Beulah Land – Hobart Smith
9 Let Me Fly
10 Walk Daniel
11 I'm Gonna Lay Down My Life For The Lord
12 Way Down Yonder In The Brickyard
13 Bob Young's Song And Whoop
14 Read 'Em, John
15 Before This Time Another Year - Rev. Gary Davis
16 Once There Was No Sun (I)
17 There Was An Old Lady From Brewster
18 Little Johnny Brown
19 Prodigal Son
20 Take Me To The Water
21 Drinking That Wine
22 Once There Was No Sun (II)
23 One Morning Soon
24 Buzzard Lope
25 One Of These Days (I)
26 One Of These Days (II)


アフリカン・アメリカン・シンガーとして知られる Bessie Jones の1959年から1966年の
音源をコンパイルしたもの。The Georgia Sea Island Singers としての音源は、これまでにも
オムニバスCD(Rounder Records) やニューポート・フォーク・フェスのLPなどでも聴くこと
ができました。

しかし本作、Disc2 には、26曲もの未発表音源が収録されているのです。その中には、
Rev. Gary Davis との音源も含まれています。その他、Sweet Papa Stovepipe, Mable Hillery,
Horbert Smith などとのコラボ音源も収録されています。

Alan Lomax archive の学芸員である Nathan Salsburg ならではの編集!


店頭にて販売中です。
ご来店お待ちしています。


プロフィール

po69

Author:po69
PO'BOY RECORDS

AMERICAN ROOTS MUSIC
( BLUES, FOLK, SSW,
BLUEGRASS, OLD TIME,
JUG/WASHBOARD, etc )

NEW & USED RECORDS,
CDS, BOOKS
AND MORE...

大阪市北区豊崎3-6-15 
第2淀川ビル3F
TEL:06-7494-9358

OPEN 14:00 CLOSE 20:00
(日曜 14:00 - 19:00)
木曜定休

.......................

PO'BOY RECORDS
Yodogawa N0.2 Bldg 3F
3-6-15, Toyosaki ,Kita-ku,
Osaka 531-0072 JAPAN

Open - Close
Mon. - Sat. 14:00-20:00
(Sun. 14:00-19:00)
Thu. - Closed

カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QR
2020年5月の定休
●木曜定休
カレンダー
04 | 2020/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最新記事
リンク
アルバム
検索フォーム
THANK YOU !!
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

<消費税率変更に関して>
2019年10月1日以降より10%での税込価格表示に変更となります。