FC2ブログ

DAVE ALLEN

DAVE ALLEN
Color Blind : Dave Allen "The Man"



もう一枚、



不出世のホワイト・ブルース・ギタリスト、
Dave Allen 。



Charly Records / CD / SNAX619CD
DA20190703001.jpg

Original LP (Tracks 1 - 11)
1. Terp
2. How Can You Be So Cold
3. Baby Please Don't Try To Tell Me What To Do
4. Dave's Blues
5. Lord Have Mercy
6. Goin' Back To Houston
7. Poor Soul
8. Livin' In A World Of Darkness
9. Bone's Home
10. Midnight Hour Blues
11. Goin To St. Louis

Dave Allen - Guitar, Vocals
Charles Teague - Bass
Tommy 'Bone' Crone - Drums
Larry Williamson - Piano


Bonus Tracks :
12. C.C. Rider
13. Saturday A.M. Blues
14. Breakfast In Bed ( Big Walter - Featuring Dave Allen )
15. All In My Mind ( Jimmy Rogers - Featuring Dave Allen )


テキサスの小さな町で育ったDavid Allen Stichは、フィドルとマンドリンから
自身のキャリアをスタート。12歳でギターを始め、14歳でプロとして活動し、
初期のElvis Presleyの公演を見たことで、Scotty Mooreに溺れ、ラジオ局から
発せられたブルースやR&B などに学びました。

1957年にヒューストンへ移動しシングルの録音をするとともに Roy Orbison や
Charlie Rich, Bobby "Blue" Bland, Jimmy Reed, Doug Sahm, T-Bone Walker
などとの多数のテレビ出演wを果たす。

1969年に彼の唯一のアルバムとなる本作を録音するもレーベルの破産によ
りセールスも失敗に終わる。彼の人生もまた離婚、子供と親権争い、激しい喫煙
と酒、ドラッグなどの過剰によって悪化した健康問題を理由に活動も低迷した末、
1985年43歳で肺炎のため他界。

本作は、テキサス・ギター・スリンガーの遺作であり忘れられた名盤です。
T-Bone Walkerへのオマージュ曲 "Bone's Home" を含むオリジナル LPの
11曲に加え、Big Walter や Jimmy Rogers とのコラボ曲など4曲のボーナス
トラックを追加。アグレッシヴなギターとソウルフルな歌声を聴いて欲しい!





店頭にて販売中です。
ご来店お待ちしています。










【再入荷,他】 MICHAEL BLOOMFIELD

MICHAEL BLOOMFIELD



こんにちは。


本日は、ホワイト・ブルースを代表するギタープレイヤー
MICHAEL BLOOMFIELD です。


1943年、イリノイ州シカゴでユダヤ系の両親の元で生まれる。ティーン・エイジャーの
頃からシカゴのサウス・サイドにあるクラブに出入りするようになり、ブルースの熱狂
的な信者となる。若くしてスリーピー・ジョン・エステス、ヤンク・レイチェル、
リトル・ブラザー・モントゴメリーなどと交流しギタリストとしての才能を開花させて
行く。その後は、ポール・バターフィールド・ブルース・バンド、エレクトリック・フラッグ、
アル・クーパーとのスーパー・セッションなどロック界にも多くの伝説を築いてゆく。
他にもボブ・ディランやジャニス・ジョップリン、‘ブルースの父’マディ・ウォターズと
と言ったブルース勢とも多くの交流を残した。70年代後半以降、ソロとしてサン・フランシスコ
のベイ・エリアで活動するも、すでにヘロインの中毒に侵され、81年にオーバー・ドーズで死去。





If You Love These Blues, Play 'em As You Please
Kicking Mule Records / CD / KMCD-9801-2
MB20190703001.jpg

『 IF YOU LOVE THESE BLUES, PLAY'EM AS YOU PLEASE 』 1-22
1. If You Love These Blues
2. Hey, Foreman
3. Narrative #1
4. WDIA
5. Narrative #2
6. Death Cell Rounder Blues
7. Narrative #3
8. City Girl
9. Narrative #4
10. Kansas City Blues
11. Narrative #5
12. Mama Lion
13. Narrative #6
14. Thrift Shop Rag
15. Narrative #7
16. Death In My Family
17. East Colorado Blues
18. Blue Ghost Blues
19. Narrative #8
20. The Train Is Gone
21. Narrative #9
22. The Altar Song

Michael Bloomfield - E.Guitar, A.Guitar, Slide Guitar, Bass, , Drums, Piano, Organ, Vocals
Nick Gravenites - E.Guitar, Vocals
Roger Troy - Bass
Doug Kilmer - Bass
Tom Donlinger - Drums
David Neditch - Drums
Ira Kamin - Organ, Piano
Eric Kriss- Piano
Hart McNee - Baritone Sax
Ron Stallings - Tenor Sax


『 BLOOMFIELD HARRIS 』 23-31
23. I'll Overcome
24. I Must See Jesus
25. Great Dreams From Heaven
26. Gonna Feed Somebody On My Bond
27. I Am A Pilgrim
28. Just A Closer Walk With Thee
29. Have Thine Own Way
30. Farther Along
31. Peace In The Valley

Michael Bloomfield - A. Guitar
Woody Harris - A. Guitar



マイクが生前のインタビューで、‘自身の中で、1番気にいっている’と
語っていた“ギター・プレイヤー・マガジン”の教則用に吹き込んだ アルバム
とアコースティック・ギターの名手、WOODY HARRIS と吹き込んだアルバム
(「BLOOMFIELD HARRIS )を1枚のCDに収録したもの。

前半は、教則用とあってB.B.KING, T-BONE WARKER, と言ったモダン・ブルース
のスタイルから、LONNIE JOHNSON, TEDDY BUNN, EDDIE LANGなどの単弦奏法、
BLIND BLAKEのようなジョージア・スタイル(ラグタイム)、CARTER FAMILY,
JIMMIE RODGERS,などのカントリーまでエレクトリック・ギターとアコースティックギター
を織り交ぜて演奏される。後半は、ブルース、カントリー、フォーク、オールド・タイム、
ジャズ、ゴスペル、R&B、それらとクロスオーバーするワールド・ミュージック(ハワイ、
カリブ、ボサなどを、互いの卓越したフィンガー・ピッキングで聴かせてくれます。



------------------------------




Live At The Old Waldorf
Columbia ‎/ CD / CK65688
MB20190703002.jpg

1. Blues Medley: Sweet Little Angel / Jelly Jelly
2. Feel So Bad
3. Bad Luck Baby
4. The Sky Is Cryin'
5. Dancin' Fool
6. Buried Alive In The Blues
7. Farther Up The Road
8. Your Friends
9. Bye, Bye

Mike Bloomfield - E. Guitar
Nick Gravenites - Lead Vocals, Rhythm Guitar
Roger (Jellyroll) Troy - Bass, Lead Vocals
Bob Jones - Drums, Lead Vocals
George Rains - Drums
Mark Adams - Harmonica
Mark Naftalin - Piano
Barry Goldberg - Hammond Organ


こちらは1976年、Jeffrey Pollack がサンフランシスコでオープンさせたクラブ
"Old Waldorf "でおこなったライブ音源を編集したもの。

Paul Butterfield Blues Band や Electric Flag 時代の旧友がバックを務め、
Mike の生まれ持ったブルース・フィーリング溢れるギターが堪能できる作品。




-----------------------------


関連商品として


Old Glory: The Best Of Electric Flag
BSMF RECORDS / CD / BSMF-7576 / ¥2376(TAX IN)
MB20190703003.jpg

1. Killing Floor
2. Groovin’ Is Easy
3. She Should Have Just
4. Goin’ Down Slow
5. Texas
6. Sittin’ In Circles
7. You Don’t Realize
8. Movie Music- Improvisation
9. Another Country
10. Easy Rider
11. Soul Searchin’
12. See To Your Neighbor
13. With Time There Is Change
14. Nothing To Do
15. Hey Little Girl
16. Drinkin’ Wine (Live)
17. The Night Time Is Right (Live)

Mike Bloomfield - E. Guitar
Barry Goldberg - Keyboards
Buddy Miles - Drums
Harvey Brooks - Bass
Nick Gravenites - Lead Vocals



1967年に MikeBloomfield を筆頭に Barry Goldberg, Buddy Miles, Harvey Brooks,
Nick Gravenites らで結成されたバンド、


本作は、1995年に Columbia からCD化されたものの再発盤となります。内容は、1
968年にリリースした1st『A Long Time Comin'』、2nd『An American Music Band』
の2枚からの音源を中心に、1967年モンタレー・ポップ・フェスティヴァルのライブ音源
やサントラ音源を収録したベスト盤。




店頭にて販売中です。
ご来店お待ちしています。






JONTAVIOUS WILLIS

JONTAVIOUS WILLIS
SPECTACULAR CLASS



明日からいよいよ GW ですね。
当店はいつもと変わりなく開けてます。



さてこちらもレコードで紹介します。


今月頭にニューヨークで開催された Brooklyn Folk Festival 2019 
にもラインナップされていて気になっていた人です。



プロデュース、 Keb’ Mo’
エグゼクティブ プロデューサー Taj Mahal


で送る弱冠22歳の新進マルチ・インストゥルメンタリスト、


Jontavious Willis による


ニュー・アルバム!!



"That's my Wonderboy, the Wunderkind. Jontavious is a great new voice
of the 21st century in the acoustic blues.” - TAJ MAHAL





Kind Of Blue Music / LP / KOBM420191
JW20190426001.jpg

1. Low Down Always
2. The Blue Is Dead?
3. Resting on My Mind
4. Daddy's Dough
5. Friend Zone Blues
6. Jon's Boogie
7. Take Me to the Country
8. Liquor
9. Long Winded Woman
10. The World Is in a Tangle

ウィリス自身によって書かれたオリジナルの歌詞を通して才能のある
ダイナミックなボーカルとデルタ、ピードモント、テキサス、ゴスペルと
さまざまなタイプのブルースを得意とする時代を超越したアルバム!

エレクトリック、アコースティック・ギターからなる彼の際立ったフィンガーピッキング、
フラットピッキング、そしてスライド・プレイも魅力。

本作は、2016年にリリースされた彼のデビューアルバム 「Blue Metamorphosis」
の続編で、Living Blues や Blues&Rhythm などの著名な雑誌から絶賛されています。

2018年、アルバムは、インターナショナル・ブルース・チャレンジを通して、
ブルース財団から表彰され、そこで彼はベス・トセルフ・プロデュースCD賞を
受賞しました。



ジョージア州グリーンビル出身。彼の祖父と一緒にマウントピルグリムバプテスト教会
で福音音楽を歌いながら育ちました。幼い頃から、彼は音楽に対する才能と情熱を持ち、
そしてそのスキルを早くから磨かれました。14歳の時、彼は「Hoochie Coochie Man」を
演奏しているMuddy WatersのYouTubeビデオに出会いブルースに夢中になりました。
アフリカン・アメリカン音楽を継承してきた生きる伝説、Taj Mahal との出会いによって
TajMo (Taj MahalとKeb 'Mo' )のオープニング・アクトとしてツアーに同行し、彼らの
音楽的な指導を得ました。

彼の楽器の演奏スタイルと彼の声はカントリーブルースのルーツに触れています。
ある新聞の見出しで彼を「20歳の体の中に70歳のブルースマンいる」と呼んだ。











店頭にて販売中です。
ご来店お待ちしています。



【再入荷】Johnny Moore's Three Blazers

Johnny Moore's Three Blazers
The Singles Collection 1945-55



こんにちは。


暖かくなってきました。


こんな季節にぴったりの


ウェストコーストの薫り高き R&B、Jazz、Blues!




Acrobat Music / 3CD set / ACTRCD9079  
JMTB20190403001.jpg

Disc 1
1. Maureen Johnny Moore's Three Blazers, Vocal by Frankie Laine
2. Blues At Sunrise Ivory Joe Hunter With Johnny Moore's Three Blazers
3. You Taught Me To Love You (But Not To Forget) Johnny Moore's Three Blazers, Vocal by Charles Brown
4. Lost In The Night Johnny Moore's Three Blazers, Vocal by Charles Brown
5. B-Sharp You'll See Johnny Moore's Three Blazers
6. C.O.D. Johnny Moore's Three Blazers, Vocal by Charles Brown
7. Hard Tack Johnny Moore's Three Blazers
8. Pasadena Johnny Moore's Three Blazers
9. It Ain't Gonna Be Like That Johnny Moore's Three Blazers, Vocal by Frankie Laine
10. My Silent Love Johnny Moore's Three Blazers, Vocal by Charles Brown
11. Baby Don't You Cry Johnny Moore's Three Blazers, Vocal by Charles Brown
12. Drifting Blues Johnny Moore's Three Blazers, Vocal by Charles Brown
13. Blazer's Boogie Johnny Moore's Three Blazers
14. Melancholy Madeline Johnny Moore's Three Blazers, Vocal by Frankie Laine
15. Fugue in C Major Johnny Moore's Three Blazers
16. Tell Me You'll Wait For Me Johnny Moore's Three Blazers, Vocal by Charles Brown
17. You Are My First Love Johnny Moore's Three Blazers, Vocal by Charles Brown
18. Till The Real Thing Comes Along Johnny Moore's Three Blazers, Vocal by Charles Brown
19. Travelin' Blues Johnny Moore's Three Blazers, Vocal by Charles Brown
20. It's The Talk Of The Town Johnny Moore's Three Blazers, Vocal by Charles Brown
21. What Do You Know About Love Johnny Moore's Three Blazers, Vocal by Charles Brown
22. Nutmeg Johnny Moore's Three Blazers
23. How Deep Is The Ocean Johnny Moore's Three Blazers, Vocal by Charles Brown
24. So Long Johnny Moore's Three Blazers, Vocal by Charles Brown

Disc 2
1. You Won't Let Me Go Johnny Moore's Three Blazers, Vocal by Charles Brown
2. You Showed Me The Way Johnny Moore's Three Blazers, Vocal by Charles Brown
3. More Than You Know Johnny Moore's Three Blazers, Vocal by Charles Brown
4. Sail On Blues Johnny Moore's Three Blazers, Vocal by Charles Brown
5. Blue Because Of You Johnny Moore's Three Blazers, Vocal by Charles Brown
6. Make Believe Land Johnny Moore's Three Blazers, Vocal by Charles Brown
7. If You Should Ever Leave Johnny Moore's Three Blazers, Vocal by Charles Brown
8. Sunny Road Johnny Moore's Three Blazers, Vocal by Charles Brown
9. Way Over There By The Cherry Tree Johnny Moore's Three Blazers, Vocal by Charles Brown
10. (Was I To Blame For) Falling In Love With You Johnny Moore's Three Blazers, Vocal by Charles Brown
11. Gloria Johnny Moore's Three Blazers, Vocal by Charles Brown
12. New Orleans Blues Johnny Moore's Three Blazers, Vocal by Charles Brown
13. I Love To Make Love To You Johnny Moore's Three Blazers , Vocal by Charles Brown
14. Juke Box Lil Johnny Moore's Three Blazers, Vocal by Charles Brown
15. It's Over Johnny Moore's Three Blazers, Vocal by Charles Brown
16. Changeable Woman Blues Johnny Moore's Three Blazers, Vocal by Charles Brown
17. St. Louis Blues Johnny Moore's Three Blazers, Vocal by Charles Brown
18. Merry Christmas, Baby Johnny Moore's Three Blazers, Vocal by Charles Brown
19. Soothe Me Johnny Moore's Three Blazers, Vocal by Charles Brown
20. Groovy Movie Blues Johnny Moore's Three Blazers, Vocal by Charles Brown
21. Don't Get Salty, Sugar Johnny Moore's Three Blazers, Vocal by Charles Brown
22. You Better Change Your Way Of Lovin' (Before The Well Runs Dry) Johnny Moore's Three Blazers, Vocal by Charles Brown
23. Jilted Blues Johnny Moore's Three Blazers, Vocal by Charles Brown
24. Lonesome Blues Johnny Moore's Three Blazers, Vocal by Charles Brown
25. Tomorrow Johnny Moore's Three Blazers, Vocal by Charles Brown
26. So There Charles Brown With Johnny Moore's Three Blazers

Disc 3
1. Any Old Place With Me Johnny Moore's Three Blazers, Vocal by Charles Brown
2. Cold In Here Johnny Moore's Three Blazers, Vocal by Charles Brown
3. I Hate Myself Charles Brown With Johnny Moore's Three Blazers, Vocal by Charles Brown
4. If I Had You Charles Brown With Three Blazers, Vocal by Charles Brown
5. Love Me Tonight Johnny Moore's Three Blazers, Vocal by Charles Brown
6. Where Can I Find My Baby Johnny Moore's Three Blazers, Vocal by Charles Brown
7. Snuff Dippin' Mama Johnny Moore's Three Blazers, Vocal by Charles Brown
8. B & O Blues Charles Brown With Johnny Moore's Three Blazers, Vocal by Charles Brown
9. Blues for What I've Never Had Johnny Moore's Three Blazers, Vocal refrain by Lee Barnes
10. A New Shade of Blues Johnny Moore's Three Blazers
11. Bop-A-Bye Baby Johnny Moore's Three Blazers
12. Walking Blues Johnny Moore's Three Blazers, Vocal refrain by Billy Valentine
13. Rock With It Johnny Moore's Three Blazers, Vocal refrain by Billy Valentine
14. Cut Off The Fat (Take Out The Bone) Johnny Moore's Three Blazers, Vocal refrain by Billy Valentine
15. Rain Chick Johnny Moore's Three Blazers, Vocal refrain by Billy Valentine
16. Jumping Jack Johnny Moore's Three Blazers, Vocal refrain by Billy Valentine
17. Telephone Blues Floyd Dixon With Johnny Moore's Three Blazers
18. Unlucky Girl Floyd Dixon with Johnny Moore's Three Blazers, Vocal by Mari Jones
19. You Played Me For A Fool Floyd Dixon With Johnny Moore's Three Blazers
20. Gee It's Rough Johnny Moore’s Three Blazers with Mari Jones, Vocal by Mari Jones
21. Lonesome Train Johnny Moore’s Three Blazers with Mari Jones
22. Too Late Johnny Moore’s Three Blazers with Mari Jones
23. Dragnet Blues Johnny Moore's Three Blazers feat. Frankie Ervin
24. Blues In My Heart Johnny Moore's Three Blazers
25. Johnny Ace's Last Letter Johnny Moore's Blazers with Frankie Ervin



Johnny Moore's Three Blazers は戦後、最もユニークでスタイリッシュなバンドの1つで、
1940年代初頭から中頃にかけて Nat King Cole の King Cole Trio によって開発された
アプローチにも似た滑らかなジャズ風の音楽スタイルを専門としていました。

Johnny Moore (ギタリスト)が率いたこのバンドは、最も成功し輝きを放つ Charles Brown
(ピアニスト/ボーカル)を始めとするボーカリストをフィーチャーしてきた。彼らは1940年代後半
から1950年代前半にかけての一連のR&B、Jazz、Blues ヒットを送り出し、Moore 自身は、
ソロ・レコーディング契約に署名することを拒んだという話もあります。

本作は、Atlas、 Aladdin 、Exclusive、 Modern、Philo、RCA、Hollywood に残したシングル
(A面とB面)を年代順に3枚組CDセット(74トラック)として収録したものです。

Floyd Dixon による「Telephone Blues」のナンバー1ヒットを始めと、「Driftin Blues」、「So Long」、
「Sunny Road」、「Changeable Woman」、「Merry Christmas Baby」なども収録。

フィーチャーボーカルには、Charles Brown 以外に Ivory Joe Hunter、Floyd Dixon、
Frankie Laine、Billy Valentine、Lee Barnes、Mari Jones、Frankie Ervinなどが含まれています。







店頭にて販売中です。
ご来店お待ちしています。








THE FAMOUS HOKUM BOYS

THE FAMOUS HOKUM BOYS
The Famous Hokum Boys



こんにちは。


ピアノの Georgia Tom Dorsey を中心としたバンドで、これまでも
色々と紹介してきた Hokum Boys 。 Tampa Red とやっているもの
なんかが比較的よく紹介されますね。

面子が色々入れ替わっているのですが、今回は Famous Hokum Boys
と言うことでギターに、Big Bill Broonzy や Scrapper Blackwell などが
フィーチャーされています。




JSP RECORDS / 2CD / JSP4238
TFHB20190405001.jpg

CD A:
1 Dark Hour Blues
2 Six Shooter Blues (Feb. 1930 Version)
3 Mississippi Bottom Blues
4 Second-Hand Woman Blues
5 Maybe It's The Blues
6 Second Hand Love
7 Levee Bound Blues
8 Gee, But It's Hard
9 My Texas Blues
10 Six Shooter Blues (Apr. 1930 Version)
11 Pig Meat Blues
12 The Western Blues
13 Mountain Girl Blues
14 Somebody's Been Using That Thing
15 Black Cat Rag
16 Pig Meat Strut
17 Guitar Rag
18 Saturday Night Rub
19 Eagle Riding Papa
20 Papa's Getting Hot
21 Nancy Jane
22 Nancy Jane [Take 2]
23 That's The Way She Likes It
24 Do That Thing
25 You Can't Get Enough Of That Stuff
26 Rollin' Mill

CD B:
1 You Got Me In This Mess
2 Mama's Leaving Town
3 Tadpole Blues
4 Bow Leg Baby
5 Then My Gal's In Town
6 Fish House Blues
7 Come On In
8 Ain't Going There No More
9 Pussy Cat, Pussy Cat
10 What You Call That
11 Court House Blues
12 Barrel House Rag
13 You Do It
14 That Stuff I Got
15 Pat That Bread
16 Come On Mama
17 State Street Woman
18 Meanest Kind Of Blues
19 I Got The Blues For My Baby
20 Don't Mean To Mistreat You
21 What's That I Smell
22 Terrible Operation Blues
23 Don't Leave Me Blues
24 Hip Shakin' Strut
25 Hokum Stomp
26 Been Mistreated Blues

Georgia Tom - Piano, Vocals
Big Bill Broonzy Guitar, Vocals
Scrapper Blackwell - Guitar
Frank Brasswell - Guitar, Vocals
Arthur Petties - Guitar, Vocals
Mozelle Alderson - Vocals
Kansas City Kitty - Vocals
Hannah May - Vocals



ミンストレルショー とも深い関わりを持つ黒人のエンターテインメント・ミュージック!
湿っぽさはなく陽気でダンサブルなナンバーが多い。さらに猥雑なテーマが当時の
黒人大衆を魅了し人気を博した。






------------------



<関連 CD & LP (新品)>


Hokum Boys が聴ける Yazoo Records のCD と LP です。
中古も含め、店頭には他にもございます。

TFHB20190405002.jpg



店頭にて販売中です。
ご来店お待ちしています。






プロフィール

po69

Author:po69
PO'BOY RECORDS

AMERICAN ROOTS MUSIC
( BLUES, FOLK, SSW,
BLUEGRASS, OLD TIME,
JUG/WASHBOARD, etc )

NEW & USED RECORDS,
CDS, BOOKS
AND MORE...

大阪市北区豊崎3-6-15 
第2淀川ビル3F
TEL:06-7494-9358

OPEN 14:00 CLOSE 20:00
(日曜 14:00 - 19:00)
木曜定休

.......................

PO'BOY RECORDS
Yodogawa N0.2 Bldg 3F
3-6-15, Toyosaki ,Kita-ku,
Osaka 531-0072 JAPAN
TEL&FAX +81-6-7494-9358

Open - Close
Mon. - Sat. 14:00-20:00
(Sun. 14:00-19:00)
Thu. - Closed

カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QR
2019年9月の定休
●木曜定休
カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
最新記事
リンク
アルバム
検索フォーム
THANK YOU !!
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

<消費税率変更に関して>
2014年4月1日以降より8%での税込価格表示に変更となります。