KOSTAS BEZOS

KOSTAS BEZOS
Kostas Bezos And The White Birds



Mississippi Records がまたやってくれました。
これすごいです!


ギリシャ出身の演奏家 Kostas Bezos の音源集!!


1930年代、ハワイ音楽の影響を受けたギリシャの "Xabagies"
と言われる音楽を編集し収録したアナログ盤 + CD です。



Mississippi Records / LP + CD / MRP - 098
kostas20170211001.png

kostas20170211002.jpg

LP Tracks
Side A
1. Τ’Άσπρα Πουλιά στα βουνα (The White Birds In The Mountains)
2. Γιατί ν’αγαπάς (Why Love?)
3. Μη με ρωτάς (Don't Ask Me)
4. Σμάρτ (Smart)
5. Χιπ χοπ φοξ (Hip Hop Fox)
6. Άχ Αθήνα (Oh, Athens)
7. Λησμόνησε (I Forgot [That I Loved You])

Side B
1. Κουμπανέζικο (Cuban Song)
2. Τρέλα πέρα για πέρα (Utterly Crazy)
3. Νύχτες γλυκές (Sweet Nights)
4. Καρμελα ταγκο (Carmela [tango])
5. Στου Λαϊνη την ταβέρνα (At Laïni’s Tavern)
6. Καρδιά απ` αγάπη ορφανη (Heart Orphaned By Love)
7. Λαίντυ Γιουκούλελε (Lady Ukelele)

Bonus CD Tracks
1. Πάμε στη Χονολουλού (Let's Go To Honolulu)
2. Ού! (Ou!)
3. Νύχτα ονειρεμμένη (Dreamy Night)
4. Γυναίκας ψεύτικα φιλια (The False Kisses of Women)
5. Γλυκειά Σταμπούλ (Sweet Stamboul)
6. Ο Μπέζος στην Αμερικη (Bezos In America)
7. Το τάγκο του μυστηρίου (The Tango Of Mystery)
8. Ντίπι ντίπι ντοπ (Dipi Dipi Dop)
9. Τα Άσπρα Πουλιά στον πόλεμο (The White Birds Go To War)
10. Μάτια πλάνα (Beguiling Eyes)
11. Λιλόγκα (Lilonga)
12. Ινούρμι (Inourmi)
13. Εν τάξει (OK)
14. Ο καημός του τσομπάνου (The Shepherd's Sorrow)
15. Ουάη ουάη (Ouai Ouai)
16. Μόνα (Mona)
17. Όνειρο στη Χαβάη (A Dream of Hawaii)
18. Πάν’ οί ελπίδες (Hopes Pass)


本作は、 Olvido Records と Mississippi records による共同リリースとなり
1200枚限定となっています。

オリジナルは、Michael Graves の所有する 78回転音源となり、Tony Klein と
Dimitris Kourtis による 28ページからなる小冊子が付属。そこには貴重な写真、
歌詞、死亡記事などが含まれています。

さらにボーナスとして18曲の追加トラックがCD盤で付属する豪華な仕様です。


試聴はこちら ☞ Olvido Records



店頭にて販売中です。
ご来店お待ちしています。





Mississippi Records Cassette!

V/A - My Intention Is War / Seven Skeletons Found In the Yard



こちらは以前に Mississippi Records よりアナログ盤でリリースされた
カリプソ・コンピ2枚を収録したカセット仕様です。

ミックス・テープも好評でしたが、こう言うやり方も良いですね。
Mississippi Records らしい!!


Mississippi Records / Cassette / MC - 06
VA calypso20170211001


曲目、演奏者は、過去の記事を参照ください ☞ こちら CALYPSOS !


---------------------


それからご希望いただいていた、

Mississippi Wreckers T-Shirts の Mサイズも少し入荷しました。
アメリカン・サイズの M なので、実際は L ぐらいあります。

MR T-shirts White 20161119001
COLOR : White / Black Logo
SIZE : Medium

MR T-shirts Black 201611190002
COLOR : Black / Yellow Logo
SIZE : Medium


ご来店お待ちしています!












CHARLIE PARR

CHARLIE PARR
When The Devil Goes Blind



こんにちは。

本日は、2010年に Nero's Neptune より CD と共にリリースされた、
Charlie Parr のアナログ盤を紹介します。(おそらくCDは現在、廃盤かと。。。)

現在は、アメリカ―ナを代表するインディ・レーベル Red House Records
に在籍し精力的に活動中!

ブルースやゴスペル、ワークソング、フォーク、オールド・タイムなどを基本に
力強いスライドと卓越したフィンガー・ピッキングが魅力。



NERO'S NEPTUNE / LP / NN016
CP20170211001.jpg

Side A
1. I Dreamed I Saw Jesse James Last Night
2. South Of Austin, North Of Lyle
3. Where You Gonna Be (When The Good Lord Calls You Home)
4. For The Drunkard's Mother
5. Ain't No Grave Gonna Hold My Body Down

Side B
1. 1890
2. Up Country Blues
3. Mastodon
4. I Was Lost Last Night
5. Turpentine Farm
6. Last Day

Charlie Parr - Guitar (National Reso-phonic Baritone 12-string And 6-string Triolan),
Banjo, Vocals, Foot Percussion

Producer – Bo Ramsey


本作は、自身もギタリストである Bo Ramsey ( Greg Brown, Iris Dement, Lucinda Williams,
Ani Difranco, Calexico ...などとの仕事で知られる。)をプロデューサーに迎えた1枚。

伝統的な音楽を手本にはしているが、複雑で創造的なスタイルは彼独自のもの。
ここでも6弦、12弦ギターを始め、ナショナルやバンジョーを持ち替え演奏されています。

こちらで試聴できます ☞ Charlie Parr Bandcamp





店頭にて販売中です。
ご来店お待ちしています。



GLENN JONES

GLENN JONES
This Is the Wind That Blows It Out
Solos for 6 & 12 String Guitar (and one duet with Jack Rose)



久しぶりにアナログ盤から1枚紹介します。


John Fahey のスタイルを継承する数少ないギタリスト、Glenn Jones 。
 
彼が2004年に Strange Attractors Audio House より CD盤オンリー
でリリースしたファースト・ソロ・アルバム(現在は廃盤)が、遂に、遂に、
ThrillJockey からアナログ盤で登場です!!!


彼のアルバムの中でも、もっとも人気の高い作品で待っていた人も
多いと思います。


ThrillJockey / LP (Limited Color Vinyl Edition) / Thrill 430
GJ20170129001.jpg

Side 1
1. This Is the Wind That Blows It Out
2. Sphinx Unto Curious Men
3. Friday Nights With
4. Fahey's Car

Side 2
1. The Doll Hospital
2. Linden Avenue Stomp
3. Nora's Leather Jacket
4. One Jack Rose (That I Mean)

Glenn Jones - 6 & 12 String Guitar
Jack Rose - Island Koa Slide Guitar(Weissenborn style lap guitar ) on side2-2



変則チューニングによる 6弦、12弦ギター の演奏は、一発目からすばらしいんです。

Fahey のアルバム『 The Transfiguration of Blind Joe Death 』 に収録されている
"I Am the Resurrection"からインスパイアされた Side1-1 は、Fahey自身が Jesse Fuller
の唄う賛美歌("Amazing Grace", "Hark From The Tomb" から影響を受けたもの。

他にも今は亡き Jack Rose とのデュエットで彼のソロ・アルバムにも収録されている
名曲 Side2-2 は、Fahey がデビュー前(50年代)に録音した78回転のレーベル
Fonotone Records のオーナー、Joe Bussard が住んでいた Maryland州 Frederickに
ある通りの名をタイトルにしたもの。

僕自身このアルバムで1番好きな楽曲が Side1-3 です。後の作品にも繋がる彼らしさ
をとても感んじるメランコリックなサウンドです。そしてこの曲は、ルイジアナ州の
シュリーブポートで68年製ギブソンJ-45を買って初めて書き上げた曲であり、その際、
お金を貸してくれた Karen Kearns に捧げた1曲でもあります。


今回、free download card が付属し、限定のカラー・レコード(赤)盤となっています!







店頭にて販売中です。
ご来店お待ちしています。





THE HOT CLUB OF SAN FRANCISCO

THE HOT CLUB OF SAN FRANCISCO
John Paul George & Django



僕がこのバンドを知ったのは90年代後半から2000年にかけてだったと記憶
しています。ジャンゴを筆頭にマヌーシュ・ジャズが少しブーム?だったころ。

14作目にあたるこの新作は、なんと!ビートルズ・カヴァー集となっています。


BSMF RECORDS / CD / BSMF-5043 / ¥2592(TAX IN)
HCOS20170128001.jpg
直輸入国内仕様 / 日本語解説付

1. All My Lovin'
2. Because
3. Michelle
4. I Will
5. Here There and Everywhere
6. You Won't See Me
7. The Fool on the Hill
8. If I Needed Someone
9. Julia
10. You Can't Do That
11. For No One
12. Don't Bother Me
13. Hey Jude - Duke & Dukie
14. Things We Said Today
15. Yellow Submarine

Paul "Pazzo" Mehling - Guitar
Isabelle Fontaine - Vocals, Guitar
Evan Price - Violin
Jordan Samuels - Guitar
Sam Rocha - Bass



彼らの初期アルバムには、今は亡き Dan Hicks を始め、 Maria Muldaur や Barbara Dane
などがゲスト参加していたこともあり、アメリカやヨーロッパで知られるようになる。

リーダーでギタリストの Paul "Pazzo" Mehling は、Serge Krief よりマヌーシュ・ギターの
手ほどきを受けた人でもあります。

本作は、彼の尊敬するギター・レジェンド、ジャンゴ・ラインハルトがビートルズを演奏したら?
という仮定の下で作られたアルバム!!

★The Hot Club Of San Francisco(ホット・クラブ・オブ・サン・フランシスコ)
リーダーでギタリストのポール・メリングは1958年にデンバー生まれカリフォルニア育ち。
6歳で初めて見たビートルズに衝撃を受けギターを始める。その後、フォークやブルーグラス
にはまり、ダン・ヒックスやデヴィッド・グリスマンなどを聴いてバイオリンやマンドリンも習得。
高校卒業後、ディキシーランド・ジャズ・バンドAbalone Stompersのギタリストとしてプロデビュー。
81年ヨーロッパを旅行した際に見たベルギーのジプシー・ジャズ・バンドWasoに衝撃を受け、
2年後、パリへ渡りSerge Kriefからジャンゴ・ラインハルトのギターを学ぶ。カリフォルニアへ
戻り85年にダン・ヒックスの新バンドAcoustic Warriorsにギタリストとして加入。5年間の活動後、
91年遂にHCSFを結成する。93年にマリア・マルダーやダン・ヒックスをゲストに迎えた
『Hot Club Of San Francisco』を発表。その後もコンスタントにアルバムをリリース。またアメリカの
バンドとして初めてヨーロッパのジャンゴのフェスに出演するなど、米ジプシー・ジャズの第一人者
として世界にその名を知られている。(発売元より引用)




店頭にて販売中です。
ご来店お待ちしています。



INFAMOUS STRINGDUSTERS

THE INFAMOUS STRINGDUSTERS
Laws of Gravity



昨年リリースしたアルバム『Ladies & Gentlemen』では、Mary Chapin Carpenter、
Lee Ann Womack、Joan Osbourne、Claire Lynch、Aoife O'Donovan、Sarah Jarosz,
Sara Watkins、 Abigail Washburn、Joss Stone など豪華な女性シンガー達をゲスト
に迎え話題を呼びました。

今回も Compass Records からのリリースとなるこの新作では原点に戻り、オリジナルバンド
だけで勝負すると共にグラミーにもノミネートされるヒップホップ系のプロデューサー、
ビリー・ヒューム(リュダクリス、イン・ヤン・ツインズなど)を迎え、異色のコラボレーション
で送ります。

Compass/BSMF RECORDS / CD / BSMF-6098 / ¥2592(TAX IN)
INST20170128002.jpg
直輸入国内仕様 / 日本語解説付

1. Freedom
2. Gravity
3. A Hard Life Makes A Good Song
4. Vertigo
5. Maxwell
6. Black Elk
7. This Ol' Building
8. Soul Searching
9. 1901: A Canyon Odyssey
10. Sirens
11. Back Home
12. Let Me Know
13. I Run To You

Andy Hall - Dobro
Chris Pandolfi - Banjo
Jeremy Garrett - Fiddle
Travis Book - Bass
Andy Falco - Guitar, Piano


グラミーやIBMAアワード常連であり、現 Punch Brothers のギタリストである
Chris Eldridge も在籍していた実力派のバンド、The Infamous Stringdusters 。

ソロ・アルバムでも注目されるドブロ・プレイヤーの Andy Hall とフラット・ピッカー
、Andy Falco を中心としたサウンドとリード・ヴォーカリスト、Travis Book、
フィドラー、Jeremy Garrett のハーモニーも魅力!

楽曲はオリジナルとカヴァーが半々で収録されてます。特に自身が注目したのは、
当ブログでも紹介したことのあるナッシュビルをベースに活動する女性シンガー・ソングライター、
Sarah Siskind の詩が2曲収録されているところです。
金銭的には恵まれているけれど愛を知らない孤独な少年 Maxwell の物語。
これいいですね。


★Infamous Stringdusters (インファマス・ストリングダスターズ)
インファマス・ストリングダスターズは、2006年ナッシュビルで結成されたフォーク&ブルーグラス・バンド。
元々、ボストンのバークリー音楽院で一緒だったアンディ・ホール(ドブロ)、クリス・パンドルフィ(バンジョー)、
クリス・エルドリッジ(ギター)の3人が中心となり、ジェシー・コブ(マンドリン)、ジェレミー・ギャレット(フィドル)、
トラヴィス・ブック(ベース)ら6人で活動開始。2007年、シュガー・ヒルより1st『Fork in the Road』発表。
デビュー作でいきなりIBMAアワード3部門を受賞。その後、エルドリッジが脱退し(パンチ・ブラザースに加入)、
アンディ・ファルコが加入。2008年『Infamous Stringdusters』、2010年『Things That Fly』(収録曲「Magic #9」が
グラミー賞にノミネート)を発表。そして自主レーベル、ハイ・カントリーから2011年ライブ盤『We'll Do It Live』、
2012年『Silver Sky』、2014年『Let It Go』とコンスタントにリリース。2015年には配信でEP『Undercover』を発表。
(発売元より引用)








-------------------



前作 Ladies & Gentlemen も同時販売中です!

tis20160301001.jpg

過去の記事 ☞ こちら


ご来店お待ちしています。



RAYNA GELLERT

RAYNA GELLERT
WORKIN'S TOO HARD

RG20170128002.jpg

I love Rayna’s musical personality, which is deep, funky, and complex. - Béla Fleck



こんにちは。


2003年から2008年まで Abigail Washburn らと共に女性ストリング・バンド、
"Uncle Earl" で活動し、"Lonsome Sisters"やScott Miller とのコラボでも
知られるアメリカのシンガー・ソングライター/フィドラー、Rayna Gellert 。

ソロとしては、2012年の『Old Light: Songs from My Childhood & Other Gone Worlds』
から約5年ぶりの新作となります。


StorySound Records / CD / 161-019
RG20170128001.jpg

1. Workin's Too Hard
2. River Town
3. Grey Bird
4. Oh Lovin' Babe
5. Perry
6. Strike The Bells
7. I'm Bound for the Promised Land

Rayna Gellert - Vocal, A.Guitar, E.Guitar, Fiddle
Kieran Kane - Octave Mandolin, A.Guitar, Vocal
Kai Welch - E.Guitar, Key, Vocal
Jamie Dick - Drum

Produced by Kieran Kane & Rayna Gellert



本作では、当ブログでも紹介したことのある ナッシュビルを拠点に活動している
シンガー・ソングライター、*Kieran Kane が共同プロデューサーとなり、バッキング
でも全面強力しています。

*(Kieran Kane)
ニューヨークのクイーンズ出身。音楽は、9歳の時に兄弟のロック・バンドでドラマー
として始まる。西海岸でセッション・ギタリスト、ソングライターとして活動後に
ナッシュビルに拠点を移す。1986年にアサイラム・レコードと契約して、アルバム
『 Kieran Kane 』をリリースしてメジャー・デビューを果たす。その後、コロムビア、
アトランティックを経由し、自主レーベル "Dead Reckoning Records" を設立する。
Emmylou Harris, Lucinda Williams らとの交流でも広く知られている。


彼女のフィドラーとしての技術は、 Appalachian String Band Music Festival (各都市の)
でファイナリストに選ばれるなど、すでに証明済みです。さらに Scott Miller との出会い
を経てソングライターとしてのセンスに磨きがかかった1枚と言えます。

ノースキャロライナに拠点を置き、幼い頃から親しんできたアパラチアン音楽(オールド・タイム)
の伝統に敬意をはらいつつ制作された渾身の新作!

試聴 ☞ StorySound Records







店頭にて販売しています。
ご来店お待ちしています。



TIFT MERRITT

TIFT MERRITT
Stitch of the World



2002年に Lost Highway からデビューしてもう15年も経つのかと
しみじみ思いました。

自身もずっと新譜を追い続けている女性シンガー・ソングライター、
Tift Merritt。

Yep Roc リリースされた5年振りの新作です!!


Yep Roc/BSMF RECORDS / CD / BSMF-6099 / ¥2592(TAX IN)
TM20170128001.jpg

1. Dusty Old Man
2. Heartache Is an Uphill Climb
3. My Boat
4. Love Solders On
5. Stitch of the World
6. Icarus
7. Proclamation Bones
8. Something Came Over Me
9. Eastern Light
10. Wait For Me

Bonus Track: 初回限定盤のみ
11. Day He Died (Acoustic with Sam Beam)
12. Bonus Track: Something Came Over Me (Acoustic with Sam Beam)
13. Bonus Track: Stitch of the World (Acoustic with Sam Beam)

Tift Merritt - A.Guitar, Piano, Vocals
Jay Bellerose Drums
Jennifer Condos Bass
Eric Heywood - Pedal Steel
Marc Ribot - Banjo, Guitar, Ukulele
Sam Beam - A.Guitar, Vocals



本作では古くからの友人で才能あふれるシンガー・ソングライター、
Iron & Wine こと Sam Baem がプロデュースやヴォーカルで全面協力!
さらにゲストとして奇才 Marc Ribot や Eric Heywood らも参加!!

●初回限定盤にのみアコースティック・ボーナス3曲が収録!


★Tift Merritt(ティフト・メリット)
ティフト・メリットは1975年テキサス州ヒューストン生まれ。幼い頃にノース・カロライナ州に移住。
父の影響で幼い頃からフォークやソウルを聴きギターや歌を学ぶ。大学卒業後、バンドThe Carbines
でプロとして活動開始。98年に『Jukejoint Girl』を発表。
99年にはゲスト参加した『The Two Dollar Pistols with Tift Merritt』を発表。2000年にコンテストで
優勝しロスト・ハイウェイと契約。2002年のソロデビュー作『Bramble Rose』はメディアやミュージシャン
から高い評価を受ける。2004年ニール・カサールらが参加した『Tambourine』ではグラミーを初め多くの
賞にノミネートされ注目を集める。ライアン・アダムス、エルヴィス・コステロなど多くのアーチストとも共演。
2008年にはファンタシーに移籍し『Another Country』を発表。ニューポートなど多くのフェスティヴァルにも
参加。その後も2010年『See You on the Moon』、2012年『Traveling Alone』と発表し毎回高い評価を受けている。
(販売元より引用)






---------------


こちらの2012年作(輸入盤)も在庫あります↓

Traveling Alone
Yep Roc Records / CD / YEP2291
tm20150824001.jpg

過去の記事 ☞ こちら




店頭にて販売中です。
ご来店お待ちしています。



HOWE GELB

HOWE GELB
Future Standards


紹介が大変遅れました。。。

アリゾナ州ツーソンに拠点を置くベテラン・シンガー・ソングライターであり、
Giant Sand の活躍でも知られる Howe Gelb のニュー・アルバム!



MOORWORKS / CD / MWCD-229 / ¥3240(TAX IN)
HG20170128001.jpg

1. Terribly So
2. Irresponsible Lovers
3. A Book Youve Read Before
4. Relevant
5. Ownin’ It
6. Clear
7. Impossible Thing
8. The Shiver Revisited
9. Mad Man At Large
10. May You Never Fall In Love
11. Sweet Confusion
12. Mad Man At Home

Howe Gelb – piano, voice
Thøger Lund – bass
Andrew Collberg – drums

Tracks 3 and 5 with:
Joost Kroon – drums
Aram Kersbergen – bass
J.B. Meijers – guitar

Track 9 with:
Arthur Vint – drums
Ian Stapp – bass

with guests:
Lonna Kelley – voice
Naim Amor – guitar


Giant Sand を知る人にはあれっと言う感じかもしれませんが、年を重ねた
現在の彼がここに詰まってますね。

初期 Tom Waits にも似た彼のヴォーカルに加え、ゲスト・ヴォーカルとして
女性シンガー、Lonna Kelley とのデュエットもあり。

タイトル通り未来のスタンダートになりえるしっとりとしたジャズ・ナンバーが
聴ける推薦盤です!!!


Howe Gelb
アリゾナ州ツーソンに拠点を置くアメリカ人シンガー・ソングライター。80年代に活躍した
オルタナ・カントリー・ロック・バンド Giant Sandのフロントマンとしても広く知られている。
ソロ活動ではアウトサイダー・アートとも言えるフォーク・ミュージックを制作し数多くの
アルバムをリリース。




店頭にて販売中です。
ご来店お待ちしています。


雲遊天下 125号 入荷しました!

雲遊天下 125号


最新号、入荷しました!!


特集◎高田渡の夜
フォークソングの王道を進んだ高田渡の道筋
---高田驍・高田烈・三浦光紀・中川五郎・岡崎武志


出版社ビレッジプレス / ¥540(TAX IN)
雲遊天下125 20170128001 

〔ぼくの歌の旅、君の歌の旅〕ユミは寝ているよ……友部正人
〔記憶のB面〕端と端を行き来する……貴島公
〔丹波の里から〕手前味噌……大塚まさじ
〔季刊・団地〕UR都市機構プロムナード東伏見……保光敏将
〔いつか、どこかで〕読書の再点検……南陀楼綾繁
カニコーセンの事件は現場でおきて_……堤雅彦(カニコーセン)
〔コップの中の嵐─わたしのツイート一ヵ月─〕6月……平山亜佐子
音楽と詩と珈琲(二)履歴書……山川直人
詰むや詰まざるや(四)……大川渉
〔レコード棚から〕永遠のハンク・ウィリアムス……豊田勇造
現在を歌うフォークが未来をひらく……中川五郎
〔棚にしまわれたフィルム〕倫敦巴里……渡部幻
私立探偵と暗号……田川律
〔読んだり聴いたり積んだり〕アナキズムは究極の愛を求めること……吉上恭太

編集メモ
表紙イラスト・本文カット……山川直人
デザイン・誌名&特集ロゴ……小沼宏之




店頭にて販売中です。
ご来店お待ちしております!



プロフィール

po69

Author:po69
PO'BOY RECORDS

AMERICAN ROOTS MUSIC
( BLUES, FOLK, SSW,
BLUEGRASS, OLD TIME,
JUG/WASHBOARD, etc )

NEW & USED RECORDS,
CDS, BOOKS
AND MORE...

● その他、日本のフォーク
SSW/ブルース系のアーティスト
もあります。

大阪市北区豊崎3-6-15 
第2淀川ビル3F
TEL:06-7494-9358

OPEN 12:00 CLOSE 20:00
(日曜 CLOSE 18:00)
木曜定休
.......................
Yodogawa N0.2 Bldg 3F
3-6-15, Toyosaki ,Kita-ku,
Osaka 531-0072 JAPAN
TEL&FAX +81-6-7494-9358

Open - Close
Mon. - Sat. 12:00-20:00
(Sun. 12:00-18:00)
Thu. - Closed

カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QR
2017年3月の定休
●木曜定休
カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
リンク
アルバム
検索フォーム
THANK YOU !!
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

<消費税率変更に関して>
2014年4月1日以降より8%での税込価格表示に変更となります。