FC2ブログ

THE SCHNEIDER SISTERS

THE SCHNEIDER SISTERS
- RITA & MARY -
THE EARLY YEARS




こんにちは。

陰鬱な気分になるこの季節。カウンターに放置している
2枚の何たらマスクを見てさらにその気分が加速する。
(実家は未着…)




さて本日は、1997年に南オーストラリアの
カントリー・ミュージック・フェスティバル・アワードの
殿堂入り果たしたリタとマリーによる姉妹デュオ、
The Schneider Sisters を紹介します。






Musigal Music / CD / MUS 2
The Schneider Sisters20200614001

1. Washboard Rock n' Roll
2. Way out West
3. When Granma Does the Square Dance
4. Lonesome for You
5. Good Times Have Caught up with Me
6. My Peaceful Valley Home
7. When the Saints Go Rockin' In
8. Moonshine Maisie
9. My Castle of Dreams Came Tumblin' Down
10. Granpa's Rockin' Chair
11. Honolulu Rock n' Roll
12. That's What I Like About the West
13. Ooby Dooby

The Schneider Sisters
Rita Schneider - vocal, guitar, mouth organ
Mary Schneide - vocal, guitar, banjo. electric piano, schneiderphone, accordion, washboard



----------------------------------
BIO
リタは1928年1月、メアリーは1932年10月生まれ。
熟練したプロのミュージシャンであった祖父や兄弟など音楽的なバックグラウンドを持つ
姉妹でプロになる前に多くの舞台や演劇の経験も積んでいました。第二次世界大戦の
終わりに彼らはマーガレット・マーシュのコンサート・・パーティーでのキャンプ・コンサート
で4年間自主的に演奏する。

1947 年には、ブリスベンのアルバート・ホールでオーストラリア・アマチュア・アワーを獲得。
1950年に EMI と契約して4枚のレコード(78回転)を録音。他にも Regal Zonophone にも
録音を残す。同年、朝鮮戦争中に、メルボルンのラジオ局3DBが主催するコンサート
パーティーの一環として、彼女らが軍を楽しませるための演奏ツアーを行う。1956年、
オーストラリア・ツアーを始め、ラジオや演劇の仕事をするなかでメルボルンに定住しました。
メルボルン・オリンピック中に、彼らは先駆的なABCのバラエティ番組Seeing Starsに出演。

1959 年、ブリスベンでチャンネル9との5年間の契約に署名、独自のグループ「The Chordettes」
を結成し、5年間、週に2回のショーを行いました。姉妹はブリスベンのバラエティー・テレビ
の主力となり、ビージーズやビリーソープなどの新進の若いロッカーにも影響を与える。
1964 年に姉妹は、シドニーに戻り、クラブ・サーキットとテレビ番組を中心に活動。

1971年、二人の結婚を機にそれぞれがソロで活動する。1997年にオーストラリアの
カントリー・ミュージック・フェスティバル・アワードの殿堂入りを果たす。1999年には、
カントリーミュージック業界への業績と貢献により、ウォール・オブ・フェーム
の "A Tribute to the Women of Country Music" に選ばれる。
-----------------------------------



オーストラリアよりレコードデビューした Bee Gees にも影響を与えた姉妹の
ご陽気なロッキン・カントリーが聴け、バラエティー番組や演劇にも精通して
いただけあってテンションが上がる!





店頭にて販売中です。
ご来店お待ちしています。






PAUL GAYTEN

PAUL GAYTEN
Ain’t Nothin’ Happenin’
(Cool Jump Blues 1947–1957)





こんにちは。



本日は、Dave Bartholomew と並び、バンドリーダー、
プロデューサーとしてニューオリンズ R&B において
外すことのできない人物、 Paul Gayten (ポールゲイトゥン)。


El Toro Records ‎ CD / EL TORO R&B 116
PG20200606001.jpg

1. Paul Gayten - Your Hands Ain't Clean
2. Annie Laurie - I Still Love You
3. Larry Darnell - For You My Love
4. Mr Google Eyes - Young Boy
5. Annie Laurie - Annie's Blues
6. Annie Laurie - One Sweet Letter From You
7. Lee Allen - Gayten's Nightmare
8. Paul Gayten - Creole Gal
9. Annie Laurie - Cuttin' Out
10. Paul Gayten - Hey Little Girl
11. Paul Gayten - Back Trackin'
12. Annie Laurie - My Rough And Ready Man
13. Annie Laurie & Paul Gayten - I'll Never Be Free
14. Annie Laurie & Paul Gayten - I Ain't Gonna Let You In
15. Paul Gayten - Yellow Dog
16. Paul Gayten - Yeah Yeah Yeah
17. Paul Gayten - Oooh-La-La
18. Paul Gayten - It Ain't Nothin' Happenin'
19. Paul Gayten - Cow Cow Blues
20. Paul Gayten - Down Boy
21. Paul Gayten - If You Love Me, Tell Me So
22. Paul Gayten - The Sweeper
23. Paul Gayten - Get It
24. Paul Gayten - You Better Believe It
25. Lee Allen - Drivin' Home (Part 2)
26. Paul Gayten - The Music Goes Round And Round
27. Charles "Hungry" Williams - So Glad She's Mine
28. Paul Gayten - Nervous Boogie
29. Paul Gayten - For You My Love
30. Paul Gayten - Tickle Toe


クレセントシティのバンドリーダーである Paul Gayten は、戦後、
最初のニューオーリンズR&Bのレコーディングを行い、1947年に地元
で最初のヒットを記録。

プロデューサーとして、Annie Laurie, Larry Darnell, Chubby Newsome,
Bobby Charles, Clarence "Frogman" Henry などのヒット・シンガーを担当。

この1947年から1957年までの30トラックは、ニューオーリンズR&Bと
ロックンロール誕生と発展にどれほど必要であったかを証明しています。







--------------------------------



<関連商品>



JAZZMAN の JUKEBOX JAM SERIES からリリースされた
7inch シングル!!


JAZZMAN / 7inch / JBJ 1067EP
PG20160207001.jpg

Side A
For You My Love  01 :14

Side B
Down Boy 01 :19

Chess 傘下の Argo で録音しお蔵入りになった2曲。
45回転として初のリリースです!!





どちらも店頭にて販売中です。
ご来店お待ちしています!!




Rachael & Vilray

Rachael & Vilray



こんにちは。


店頭では紹介していましたが、ブログでは初です。

前回紹介した Sam Amidon と同じレーベル Nonesuch Records より
リリースされた Rachael Price と Vilray からなるデュオ・アルバム!


Rachael Price は、アメリカーナ好きならご存じかと。当店でもよくご紹介
していたボストン拠点のレーベル Signature Sounds からデビューした
バンド、 Lake Street Dive のメイン・ボーカリストです。
過去の記事 ☞ Lake Street Dive


Nonesuch Records / CD / 075597924183
Rachael Vilray20200609001

1. Without A Thought For My Heart
2. Do Friends Fall In Love?
3. Alone At Last
4. Treat Me Better
5. Nosotros
6. At Your Mother’s House
7. I Can’t Go To Sleep
8. I Love The Way You’re Breaking My Heart
9. The Laundromat Swing
10. Go On Shining
11. Let’s Make Love On This Plane
12. There’s No True Lov

Rachael Price - Vocals
Vilray - Vocals, Guitar
Jason Berger - Drums
Akie Bermiss - Piano



Lake Street の頃から彼女のヴォーカルは定評がありましたが、
ここに来てやっと彼女の魅力が多くのリスナーに届いた気がします。





店頭にて販売中です。
ご来店お待ちしています。



【終了しました】→【固定】委託精算について


昨年(2019年)から1年間、当ブログのトップ画面にてお知らせ
していました持ち込みでの委託精算(持ち込みでの)に関して
ご連絡ならびにご協力いただきありがとうございました。

6月いっぱいをもちましてすべての委託精算業務を終了させて
いただきます。なお今回が最終の告知となり、それ以降はすべて
こちらで処理させていただきます。よろしくお願いいたします。

2020/06/09
PO'BOY RECORDS



SAM AMIDON

SAM AMIDON
Fatal Flower Garden EP (A Tribute to Harry Smith)





こんにちは。

昨日紹介した Harry Smith の本に関連して、これも
再度紹介しておきます。





アメリカーナ、ソングライター・ファンならご存じの Sam Amidon による
Harry Smith トリビュート(7inch EP)!!




SA20200607001.jpg

HARRY SMITH
1923年5月、オレゴン州ポートランドで生まれる。父、ロバート・ジェイムス・スミスは、
地元のサケの缶詰会社で夜警をし、母、メアリー・ルイーズは、ルミ・インディンアンの
学校で教鞭をとっていた。祖父は、南北戦争で北の将軍であり、著名なフリーメーソンで
もあった。幼少期は、ポートランド北西部で過ごす。1943年から44年までワシントン大学
で人類学を専攻。週末には、ウディ・ガスリーのコンサートを聴きにバークレーまで出向き、
そこで芸術家や知識人、サンフランシスコの自由奔放なコミュニティーと出会う。ベイエリア
においてフィルム作家としての地位を確立した後、1950年代初頭にニューヨークへ移住。
お金が必要であった彼は、フォークウェイズのモー・アッシュに自身の音楽コレクションの
販売をもし出て発行されたのが、「 ANTHOLOGY OF AMERICAN FOLK MUSIC 」。これら
作品は、60年代、70年代以降も多くの称賛と影響を与える作品となった。ニューヨークに
おいて彼は、アレン・ギンズバーグを始めとするビート詩人/作家とも交流を深める。
彼は音楽以外にも紙飛行機やセミノール・テキスタイル(アメリカ先住民の織物、布地)、
ウクライナのイースター・エッグ(復活祭を祝う飾りで、染めたり塗ったりしたカラフルな鶏卵)
など世界有数のコレクターでもある。彼は、1991年12月、ニューヨークの有名なホテル“チェルシー”
で亡くなるまで研究と収集を続けた。(ハリー・スミス・アーカイヴより引用)





Nonesuch Records / 7inch vinyl
SA20191214001.jpg

Side A
1. Spike Driver Blues
2. Fatal Flower Garden

Side B
3. Dry Bones In The Valley
4. Train On The Island

Sam Amidon - vocals, acoustic guitar, banjo, electric guitar
Shahzad Ismaily - electric bass, acoustic & electric percussion, electric guitar, piano, accordion
Leo Abrahams - piano



2019年11月15日にNonesuch Recordsでリリースされたソングライター兼
マルチインストゥルメンタリストの Sam Amidon による4トラックからなる
7インチ・レコード!

今年、ベルギーのブリュッセルで Harry Smith の『Anthology of American Folk Music』
を称えるコンサートが、Sam Amidon プレゼンツで行われました。

本作は、その公演で演奏された曲を含めた4トラックが収録されています。
『Anthology of American Folk Music』に影響を受け、それに対しての彼なりの
答えが新しいアプローチとしてここにあります。 


Sam Amidon
アメリカはヴァーモント州出身。現在はロンドンを拠点に活躍するシンガーソングライター。
両親はフォーク・ミュージシャンとして知られる Peter Amidon and Mary Alice Amidon。
妻は同じくSSWである Beth Orton。2007年に自主制作盤『But This Chicken Proved Falsehearted』
をリリース。翌年に『All Is Well 』をリリース、一躍英米のインディー・シーンで注目を浴びる。
2013年に Nonesuch Records より『Bright Sunny South』を、2014年に『Lily-O』、2017年に
『The Following Mountain』を同レーベルよりリリース。








店頭にて販売中です。
ご来店お待ちしています。



こんな感じで営業再開しました。


こんばんは。


本日は、営業時間短縮の中、早速のご来店とお買い上げ
ありがとうございました。

なんか10年前のお店オープン初日を思い出しました。
(いい感じの緊張でした!)


poreco20200529001.jpg
アルコール消毒設置。アルコールがダメなお客様は石鹸あります。(湯沸室で洗えます)

poreco20200529002.jpg
窓全開です。今は風がまだあるから大丈夫ですが…

poreco20200529003.jpg
ビニールカーテン設置。お互いの声が聞き取りにくい凹

poreco20200529004.jpg
簡易のマネー・トレー設置。(いる?)



こんな感じで、やれる範囲で、まったりと、
営業再開しています。


またのご来店お待ちしています!





お客様各位

こんにちは。


まずはご連絡として5/29(金)より段階を設け、営業時間を
短縮して再開させていただきます。


*5/29(金)~6/1(月)まで
営業時間:14時~18時

*6/5(金)~期間未定
営業時間:14時~19時(木曜定休)




------------------------------------------------------



なお新型コロナウイルス感染症防止対策として以下のお願いと
取り組みをさせていただきます。


お客様へ
● 入店時のマスク着用とアルコール消毒の実施をお願いいたします。
● 複数のお客様がご来店された場合。入店の順番をこちらからお声かけ
させていただくこともございます。




お店として
● 自身のマスク着用、消毒、手洗い、うがいを実施。
● 店内の換気、備品等の消毒を定期的に実施。
● カウンター前にビニール・カーテン設置。
● 金銭授受はトレーにて対応させていただきます。




以下、参照サイト
*厚生労働省が提示している「新しい生活様式」の実施例
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000121431_newlifestyle.html
*大阪府の感染拡大防止に向けた取組み
http://www.pref.osaka.lg.jp/kikaku/corona-kinkyuzitai/index.html


-----------------------------------------------------



今後も状況により、お休みや営業時間の変更もございます。
その際はトップ画面にてお知らせさせていただきます。

お手数ではありますが、ご来店前にご確認ください。
ご迷惑お掛けしますがよろしくお願いいたします。



PO'BOY RECORDS



『IN/SECTS』Vol. 12  特集 大阪観光



こんにちは。


大阪・谷町六丁目から発信するローカル・カルチャーマガジン『IN/SECTS』
にてお店を紹介していただきました。


新型コロナウィルスによる緊急事態宣言が出る以前に取材を受け、発売時には
どうなっているかわからない事を了承の上で掲載していただきました。感謝しか
ありません。


残念ながら現在もお店は自粛中ですが、この先また皆様と音楽で繋がることが
できれば幸いです。





『IN/SECTS』 Vol. 12

特集 大阪観光
INSECTS20200504001.jpg

今号は、大阪を拠点する私たち編集部が目線を〝観光〞に変えて、
この街ならではのヒト・モノ・コトをご紹介する特集です。
それは新しいショップや頼もしいニュージェネレーションのご紹介、
歴史を学ぶ町歩きのご提案などなど。新たに大阪を捉え直す試みです。
そこには意外にも多くの発見がありました。
あらためて、こんなにさまざまなものがひしめき合う街ってなかなかない。
下町まじりのビッグシティ・大阪。このローカル・カルチャーが渦巻く、
素敵な街の現在形をぜひともご堪能くださいませ。

● The “ Showa” I Found In Osaka
  撮影 リチャード・ダン
● 大阪・新観光名所的ショップ案内
● 石濱匡雄さんと大阪カレー探訪
● 教えて! 陸奥賢さん大阪七墓巡り
● 大阪の昔ながらのソウルフード
● デザインで振り返る
  千日前ユニバースの大阪
● 上田假奈代さんに教えてもらう
  はじめての西成
● 大阪・天下茶屋に住む外国人に聞きました
 YOUは何しに西成へ?
● 土井善晴さんの
 大阪食あれこればなし
● 看板屋[看太郎]廣田 碧 さんと
 大阪看板ウォッチング
● 大阪の気になるタテとヨコ
● クセが強い系の
 大阪レコードショップ・クルーズ
● LVDB B OOKS 店主 上林翼の
 東住吉読書日記/“大阪”本 6選
● blackbird books 店主 吉川祥一郎の
 緑地公園読書日記/“大阪”本 6選
● 新・大阪出るとき連れてって〜
 食のおもたせ14選
● 今、持って帰りたい小さな“大阪”
 ローカルグッズなおみやげ
● 大阪なかよし3人組と
 立ち呑みハシゴ酒
● 大阪のNEXT GENERATIONS
 ゆnovation /坂本拓也
 山本麗晃/時吉あきな/平川かな江
● Re TSUTENKAKU
 尾柳佳枝/Kenny Pain/ミヤザキ
 管 弘志/Takashi Makabe
● 大阪に新たなカルチャー拠点が誕生
 POL本音座談会
● 大阪カルチャー検定
● ヤマモトケイスケ
 大阪観光ゲームブック「大阪クエスト」
● 大阪・北加賀屋
 カルチャーアート最旬NEWS!
● [ graf porch ]sketched by Shigeki Hattori
● 漫画「アフターパーティ」大嶋宏和
● 大阪の仕事場拝見
● OH! MY YouTuber
  ちゃぶ台仮面を知っているか?
● 大阪ピープルのオススメは? おおさかアンケート
● コラム 西尾孔志/浅利芙美/藤本和剛/
  ロマン/三浦愛美
● “Our Favorite N eighborhood” MAP


*仕様: 148ページ/サイズ A5変形/定価: 1,870円(本体1,700円+税)

こちらで購入できます ☞ THE IN/SECTS SHOP





GLENN JONES

GLENN JONES





こんばんは。


前回に続いてギターものから、

当ブログでは何度かアルバムも名前も紹介してます、
Glenn Jones です。



10代でギターを手にした彼は言います、「今日、私は自分自身が
アコースティック・フィンガー・スタイルのギタリストの一員であり、
その主なインスピレーションは、John Fahey を中心とした
“American Primitive” または“Takoma school”ギタリストです」


さらに言えば、「 Fahey や Robbie Basho, Max Ochs, Harry Taussig,
Fred Gerlach, Dick Rosmini と言った独自のスタイルを発明した
プレイヤー達です」








The Wanting
Thrill Jockey / CD / 271
GJ202003040002.jpg

1. A Snapshot Of Mom, Scotland, 1957
2. The Great Pacific Northwest
3. The Great Swamp Way Rout
4. Anchor Chain Blues
5. Even To Win Is To Fail
6. My Charlotte Blue Notebook
7. Menotomy River Blues
8. Of Its Own Kind
9. The Wanting
10. Twenty-Three Years In Happy Valley, Or Love Among The Chickenshit
11. The Orca Grande Cement Factory At Victorville

Glenn Jones - 6&10-string Guitar, 5-string open-back banjo
Featuring, Drums – Chris Corsano


本作は、Thrill Jockey へ移籍後の第1弾ソロ・アルバム(2011年)となります。
ちなみそれ以前は、Strange Attractors Audio House より3枚のソロを残して
います。本作は、通勤電車の線路を見下ろすボストン郊外の4階建てアパート
で録音され、サウンドコラージュのようにバックグラウンドで通過する列車の
音が聞こえてきます。

2003年、バーモントで開催されたフリーフォークフェスティバルで出会った、
ドラマー、Chris Corsano をフィーチャーした楽曲や前作でも披露された
5弦のオープンバック・バンジョーを使用した楽曲(3曲)なども収録されています。

そしてアルバムの最後のトラック(17分間の)は、John Fahey の楽曲
“The Portland Cement Factory at Monolith, California” に敬意を表した
1曲でもあります!






----------------------



Fleeting
Thrill Jockey / CD / 408
GJ202003040001.jpg

1. Flower Turned Inside-Out
2. In Durance Vile
3. Cléo Awake
4. Mother's Day
5. Gone Before
6. Spokane River Falls
7. Portrait Of Basho As A Young Dragon
8. Close To The Ground
9. Cléo Asleep
10. June Too Soon, October All Over


Glenn Jones - Banjo, Guitar
Recorded By, Engineer – Laura Baird


ニュージャージー州郊外で録音された本作は、レコード・エンジニアとして
Laura Baird(Meg Baird のお姉さん)を迎え、録音環境を防音化することなく、
屋外からの音をフィルター処理して聴くものの耳へと自然に入ってくるように
制作されています。彼女らしい都会の喧騒からはなれた音作りが印象的な1枚。

二人のギタリスト、Robbie Basho と Michael Chapman に捧げた2曲を含む
全10曲。変則チューニングを駆使したメランコリックなギターと5弦バンジョー
からなる音の世界。良いです!



余談
彼がリリースしてきたソロ・アルバムのジャケット・デザインすべてに
可愛い絵が使用されてますね。それらは、彼がコレクションしている
100年前のポストカードから選ばれているようです。




どちらも店頭にて販売中です。
ご来店お待ちしています。






Backwards Sam Firk

Backwards Sam Firk & Delta X
What You Think This Is






こんばんは。



本日は、Backwards Sam Firk (Michael A. Stewart) の
ラスト・アルバムを紹介します。

Delta X(Stephan Michelson)とのコンビとしては、1969年に
Adelphi Records からアルバム『Deadly Du』をアナログ盤で
1枚リリースされてます。

Backwards Sam Firk としては上記アルバムの前年に
ソロ・アルバム『The True Blues And Gospel 』リリースして
おり、日本盤でもCD化されました。(他にも Adelphi の
V.A / Really Chicago's Blues などでも彼の演奏が聴けます。)


あとはJoe Bussard のレーベル Fonotone Records からソロ(10inch)
と John Fahey とのデュオ、Mississippi Swampers 名義で初期音源が
残されています。(一部は、Fahey の Fonotone Years で聴けます)




The Physical World / CD / PWCD-P102
BSF20200228001.jpg

1. Sugar Lou Stomp
2. Pat That Thing
3. Success Blues
4. Be Da De Dum
5. Umis Majola
6. Maybe I Have The Blues
7. Son Of A Gun
8. What You Think This Is?
9. Don't Want That Junk
10. Hoodai
11. You Can't Buy It
12. That's Why I Live Alone
13. Dazed & Confused
14. Hawaiian Hotel
15. Naggy Sakki
16. House Rent Stomp
17. Right String, wrong Yo Yo
18. St. Louis Blues


Backwards Sam Firk - Guitar, Vocal
Delta X - Guitar



John Fahey 同様に Blues Mafia であり、レコード・ディーラーであり、
ギタリスト/シンガーであった Backwards Sam Firk 。

1970年後半以降は録音を止め、自身が所有する珍しいブルース、
フォーク、カントリーのレコードを販売する側になりました。
(最も重要なビンテージ・レコード・コレクターの一人でもありました。)

彼は、1991年にメリーランド州から生まれ故郷のノースカロライナ西部に
拠点を移したことで、以前より頻繁に Delta X と一緒にプレイできるように
なり、2001年に久しぶりにリリースされたのが本作となります。

1920年代から1940年代のカントリーブルースを基本とした、二人の
卓越したフィンガー・ピック・ギターのテクニックが冴える1枚。
Backwards Sam Firk は、2007年10月11日に心臓発作(64歳)で
亡くなっています。




---------------------------------



<関連商品>


FaheyFonotone20180605001.jpg

John Fahey ( Blind Thomas 時代も含む)の初期音源と共に
Backwards Sam Firk とのデュオ名義、Mississippi Swampers
の音源が聴けます!

過去の記事 ☞ ここ


どちらも店頭にて販売中です。



-----------------





ここからは余談です。


Backwards Sam Firk も参加している Adelphi Records の
セッション・アルバム『V.A / Really Chicago's Blues』。

このセッションらしき映像にちらりと若き Backwards Sam Firk
らしき人が…信じる信じないはあなた次第。
https://www.youtube.com/watch?v=_f7UabKQ398









プロフィール

po69

Author:po69
PO'BOY RECORDS

AMERICAN ROOTS MUSIC
( BLUES, FOLK, SSW,
BLUEGRASS, OLD TIME,
JUG/WASHBOARD, etc )

NEW & USED RECORDS,
CDS, BOOKS
AND MORE...

大阪市北区豊崎3-6-15 
第2淀川ビル3F
TEL:06-7494-9358

OPEN 14:00 CLOSE 20:00
(日曜 14:00 - 19:00)
木曜定休

.......................

PO'BOY RECORDS
Yodogawa N0.2 Bldg 3F
3-6-15, Toyosaki ,Kita-ku,
Osaka 531-0072 JAPAN

Open - Close
Mon. - Sat. 14:00-20:00
(Sun. 14:00-19:00)
Thu. - Closed

カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QR
2020年6月の定休
●木曜定休
カレンダー
06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
リンク
アルバム
検索フォーム
THANK YOU !!
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

<消費税率変更に関して>
2019年10月1日以降より10%での税込価格表示に変更となります。