FC2ブログ

BARBARA DANE

BARBARA DANE
Hot Jazz, Cool Blues & Hard-Hitting Songs




Smithsonian Folkways からもう1枚、CDで紹介します!


かなり前、店頭にて単独アルバム『Barbara Dane Sings the Blues』
(カスタムCD-R)で紹介したことがある Barbara Dane です。




Smithsonian Folkways Recordings / 2CD / SFW CD40227
BD20190301001.jpg

Disc 1
1. I Am A Weary And Lonesome Traveler
2. Way Behind The Sun
3. Victim To The Blues
4. Working People's Blues
5. Come By Here
6. It Isn't Nice
7. Deportees (Plane Wreck At Los Gatos)
8. I Don't Want Your Millions, Mister
9. Ballad Of Richard Campos
10. Join The GI Movement
11. Song Of The Coat Makers
12. Mill Worker
13. Working-Class Woman
14. Truck-Driving Woman
15. Sometimes I Believe She Loves Me
16. Let Me Be Your Rag Doll (Southern Blues)
17. Mother Earth
18. The Ones Who've Gone Before Us (When We Make It Through)

Disc 2
1. Trouble In Mind
2. Basin Street Blues
3. Why Don't You Do Right?
4. My Melancholy Baby
5. Mama Yancey's Advice
6. Ain't Gonna Give Nobody None Of My Jellyroll
7. Please Don't Lose Your Mind (If You Lose Your Money)
8. Walking Blues
9. King Salmon Blues (Abridged)
10. Good Morning Blues
11. Gipper Gate Blues
12. Boulevard of Broken Dreams
13. Study War No More
14. This Little Light Of Mine
15. You Don't Know Me/You Don't Know My Mind
16. Salty Dog Blues
17. Only a Pawn in Their Game
18. Solidarity Forever
19. We Shall Not Be Moved
20. Oh, Had I A Golden Thread


本作は、フォーク/ブルース/ジャズ・シンガーとして60年以上活動を
続けてきた彼女の音楽ヒストリーを2枚のCDに集約したものです。

全38曲の中には、Lightin 'Hopkins、Chambers Brothers、Doc Watson、
Pete Seeger、Memphis Slim、Willie Dixon、Art Hodesなどとの
コラボレーションによる未発表音源が13曲含まれています。

さらに貴重な写真などを含む40ページからなるブックレットが付属します。

昨年5月に91歳の誕生日コンサートが開催され、お元気な姿で
歌われています。その1年前の映像がチラリとアップされているので
下記リンクで観てみてください。
https://www.youtube.com/watch?v=DKfZlqaKhW0



店頭にて販売中です。
ご来店お待ちしています。


DAVE VAN RONK

DAVE VAN RONK
Ballads, Blues, and a Spiritual




Smithsonian Folkways からのアナログ・リイシューから
この LP を紹介しておきます。




Smithsonian Folkways Recordings / LP / FS 3818
DVR20190301001.jpg

Side A
1. Duncan And Brady
2. Black Mountain Blues
3. In The Pines
4. My Baby's So Sweet
5. Twelve Gates To The City
6. Winin' Boy
7. If You Leave Me Pretty Momma

Side B
1. Backwater Blues
2. Careless Love
3. Betty And Dupree
4. K. C. Moan
5. Gambler's Blues
6. John Henry
7. How Long

Dave Van Ronk - Vocals, Guitar


本作のオリジナルは、1959年リリースで、 Dave の顔ジャケットの
リイシューです(モノ盤、 Verve 盤はジャケが変わります)。
*歌詞とライナー・ノーツが掲載されている小冊子が付属。

フォークシンガーの象徴として“マクドゥーガル・ストリートの市長”
(The Mayor of MacDougal Street)と名付けられた Dave Van Ronk。

1960年代のアメリカのフォークミュージックの復活に影響を与え、
アフリカ系アメリカ人のフォークミュージックやブルースを多くの
人々に歌い伝えてきました。2013年には、彼の自伝をもとに制作された
映画『インサイド・ルーウィン・デイヴィス:名もなき男の歌』が公開される
など、その影響力は今でも続いている。

当時、彼の音楽スタイルを批評する人もいたようだが、力強い
フィンガーピッキングによるギターと独特の歌声(バリトン・ヴォイス)
で奏でられたアメリカ伝統音楽は、彼自身のスタイルの何ものでもない。


DAVE VAN RONK
ニューヨーク州ブルックリン生まれ。1960年代、白人によるフォークリヴァイヴァルの重要人物
であり、グリニッジ・ヴィレッジのコーヒー・ハウスを主宰し多くの若手アーティストを支援して
きた。そこで出会った中に Bob Dylan, Tom Paxton, Patrick Sky, Phil Ochs, Jack Elliott,
Joni Mitchell と言ったアーティストがいる。ブルース、ゴスペル、ジャズなど多くの伝統音楽
を吸収し、たくさんのリスナーを始め、アーティストらに影響を与える。





店頭にて販売しています。
ご来店おまちしています。



DUCK BAKER

DUCK BAKER
SPINNING SONG 
: PLAYS HERBIE NICHOLS




こんにちは。



本日は、レコードとして初のリリースとなる
Duck Baker の96年作です!



Triple Point Records / LP / TPR 277
DB20190301001.jpg
REMASTERED FROM THE ORIGINAL TAPES

Side A
A1 The Third World
A2 The Happenings
A3 2300 Skidoo
A4 117th St.
A5 Portrait of Ucha

Side B
B1 Lady SIngs the Blues
B2 Nick at T's
B3 House Party Starting
B4 Spinning Song

Duck Baker - A. Guitar


本作は、1996年に John Zorn のレーベルとして知られる Avant Records
より CD(現在、廃盤)のみでリリースされたもの。

今回、オリジナル・マスターテープからのリマスターでレコードとして初の
リリースとなります。さらに限定プレスの赤盤仕様です。

内容としては、ジャズ・ピアニスト兼、作曲家でもある Herbie Nichols の
楽曲をアコースティック・ギター1本でカバーした Duck Baker 渾身の1枚!

Herbie Nichols 自身は、名門 Blue Note や晩年、Bethlehem などにも
音源を残しています。Billie Holiday が歌った "Lady Sings The Blues"
(Serenade) の作曲者でもあります。

これまでにも『The Art Of Fingerstyle Jazz Guitar 』 と言った Duck Baker
のすばらしいジャズ・カバー作はあるのですが、本作も文句のつけようが
ない作品です。

高価ではありますが、レコードとして聴けるのであれば、これは超オススメ
しておきます。




店頭にて販売しています。
ご来店お待ちしています。





EDEN & JOHN'S EAST RIVER STRING BAND

EDEN & JOHN'S EAST RIVER STRING BAND
"CONEY ISLAND BABY"




前のページで紹介しました Eli Smith も参加している
Eden & John's East River String Band の新作です!


リリースの情報は結構前から聞いていたのですが、
一般流通まで結構な時間がかかったようですね。


ともかくファンにとっては待ちに待った新作。こちらの
タイトルは、CDも在庫しています!


East River Records
EJERSB20190226001.jpg
2 LP / GATEFOLD COVER / COLORED VINYL / ERR1010

*CONTAINS
24" x 24" FULL COLOR POSTER OF COVER by R.CRUMB

Side A
Too Long
Moonshine
Skinny Leg Blues
Nobody’s Business If I Do

Side B
Twelve Pound Daddy
Crawford March
Coney Island Baby
He’s Funny That Way

Side C
Adam And Eve
Donald Rag
Desert Blues
Arlena
Deadheads And Suckers

Side D
Maggie Campbell Blues
Do It Right
Possum Rag
Poor Boy, Long Ways From Home

East River String Band
Eden Brower - Vocals, Ukulele
John Heneghan - Vocals, Guitar
Robert Crumb - Vocals, Mandolin, Ukulel
Ernesto Gomez - Harmonica

the sometimes they show up if they feel like it players
Pat Conte - Vocals, Fiddle, Guitar, Banjo
Geoff Wiley - Bass Fiddle
Eli Smith - Banjo,
Jackson Lynch - Fiddle
Walker Shepard - Fiddle, Guitar



録音は John Heneghan に加え、昨年、当店へ来てくれた
Jalopy Records の 7inch や 12inch のレコーディングを
手掛ける Don Fierro が担当しています。

レコードは、カラーによる2枚組、見開きジャケット。さらに
Robert Crumb が手掛けたジャケ・アートのポスター(60センチ四方)
が付属する豪華仕様です。ちょっと高価ですがオススメです。

アメリカの戦前ブルースやオールド・タイム愛好家(78回転コレクター達)
による粋でクールな演奏とセンス溢れる選曲のカバーを是非聴いてください!








レコードと同時リリースのCD も在庫あります。
ご来店お待ちしています。






ELI SMITH

JalopyRecords201712120001.jpg

ELI SMITH

Jalopy Records Seven Inch Series

Jalopy Records がニュー・プロジェクトとして立ち上げた 7inch vinyl の制作。
このプロジェクトは、Kickstarter (クリエイティブなプロジェクトに向けて
クラウドファンディングによる資金 調達を行う手段)を利用しスタートされ、
現代のアメリカン・ルーツ、フォーク、ブルース、カントリー、オールドタイム、
などを演奏するソロ・アーティストやバンドを特集しています。




Rebuilding an old Rek-O-Kut Imperial lathe for an upcoming project.
old Rek-O-Kut 20171213001 old Rek-O-Kut 20171213002



こんにちは。
変な広告が出るくらいブログを放置してすみません。


さて今月入荷した商品の関連として Eli Smith の7inch を軸に
紹介して行きます。


今年も開催が予定されている Brooklyn Folk Festival 2019
のプロデューサーとしても活動されてます。こちらも要チェック!
BFF2019.jpg
(画像クリックで拡大)





Jalopy Records / 7inch 33rpm / 709
ES20190226001.jpg

SIDE A
1. Wild Bill Jones
2. John Hardy

SIDE B
1. Hong Kong Blues
2. Last Chance
3. Guitar Rag

Eli Smith - Vocal, Guitar, Banjo


本作は、歌もの、バラッド、インストという楽曲で構成されています。
"Wild Bill Jones"と "John Hardy"はアメリカの伝統的な2つのバラッドです。
ここでの"Wild Bill Jones"は、Virgil Anderson のテイクを元に演奏され、
"John Hardy"は、Eli 自身のヴァージョンです。

他にも Hoagy Carmichael 作曲のポピュラー・ソング"Hong Kong Blues"や
バージニアのオールド・タイマー、Hobart Smith のバンジョー・ソング
"Last Chance"、カントリー・ブルース・ギターのパイオニア、Sylvester Weaver
の"Guitar Rag"のカバー曲が収録されています。



Eli Smith
ニューヨークのグリニッジ・ビレッジで育ったフォーク・シンガー、バンジョー・プレイヤー、ギタリスト。
Jalopy Records を始め、Smithsonian Folkways Recordings(The Dust Busters)、Nonesuch Records
(映画「Inside Llewyn Davis」のサウンドトラック)などでレコーディングしています。現在もソロ演奏の他に、
The Down Hill Strugglers, Eden & John's East River String Band などでもも活動している。
他にも Brooklyn Folk Festival や Washington Square Park Folk Festival の音楽プロデューサーでもあり、
Dust-to-Digital や Jalopy Recordsの歴史的なアーカイブ録音のリリースや企画もおこなっています。
さらにニューヨークを本拠地とするラジオ・ショー、Down Home Radio Show のホスト兼プロデュサーでもある。 


☞ Brooklyn Folk Festival
☞ Washington Square Park Folk Festival
☞ Down Home Radio Show



----------------------



そして

今月再入荷で久しぶりの紹介となる

The Dust Busters です。
(CDのみのリリースです)



THE DUST BUSTERS
with JOHN COHEN 

OLD MAN BELLOW
Smithsonian Folkways / CD / SFWCD40206
TDB20190226001.jpg

1. The Honest Farmer  (FIDDLIN' JOHN CARSON)
2. Arkansas Traveler
3. Black Jack Daisy  (DILLARD CHANDLER)
4. Roving Gambler  (DOUG AND JACK WALLIN)
5. The Old Man Below  (GAITHER CARLTON)
6. Wimbush Rag  (THEO AND GUS CLARK)
7. Because He Loved Her So  (GEORGIA CRACKERS)
8. Barnyard Medley  (HOBART SMITH)
9. Waltz of Roses  (JIMMIE RODGERS)
10. Cotton Pickers Drag  (GRINNELL GIGGERS)
11. Combination Rag  (EAST TEXAS SERENADERS)
12. A Lazy Farmer Boy  (BUSTER CARTER AND PRESTON YOUNG)
13. Free Little Bird
14. Arthritis Blues  (BUTCH HAWES ON LONESOME VALLEY)
15. Fort Smith Breakdown  (LUKE HIGHNIGHT AND HIS OZARK STRUTTERS)
16. Johnny Booker  (JERRY JORDAN)
17. Two Soldiers  (MUNROE GEVEDON)
18. Baby, Your Time Ain’t Long  (AL HOPKINS AND HIS BUCKLE BUSTERS)
19. Yellow Rose of Texas  (DA COSTA WOLTZ’S SOUTHERN BROADCASTERS)
20. Saturday Night Waltz  (FIDDLIN’ BOB LARKIN AND HIS MUSIC MAKERS)

The Dust Busters
Walker Shepard - Vocal, Banjo, Guitar, Bantar, Fiddle
Craig Judelman - Fiddle, Pump Organ
Eli Smith - Guitar, Banjo, Manjo, Bantar, Harmonica, Autoharp

John Cohen - Banjo, Guitar, Mandolin, Vocal
Frank Fairfield - Fiddle


60 minutes, 36-page booklet with photos and extensive notes.

Eli Smith を筆頭にニューヨークのバード大学で顔見知りだった3人(Walker Shepard,
Craig Judelman )。

Peter Stampfel (Holy Modal Rounders)が開いたサンクスギビング・パーティーで
John Cohen ( New Lost City Ramblers )らと出会い活動をスタートさせ、2012年に
Smithsonian Folkways よりリリースされたアルバムが本作となります。

John Cohen や Frank Fairfield を迎えた本作はMississippi Sheiks を始めとする
アメリカ深南部の音楽や J.E. Mainer's Mountaineers, The Skillet Lickers
などのアパラチアの伝統音楽に影響を受けたスタイルで在りし日の
New Lost City Ramblers を彷彿させる!



----------------------





上記バンドが前身となり 結成されたのが、以前にも
紹介した The Down Hill Strugglers です。
(レコードのみのリリースです。)



THE DOWN HILL STRUGGLERS

Lone Prairie
Jalopy Records / LP / JR005
DHS20171212001.jpg

SIDE A
1. Last Shot Got Him
2. Casey Jones
3. Lone Prairie
4. John Henry
5. Texas Quickstep
6. St James Infirmary

SIDE B
1. Seneca Square Dance
2. Come See Me Sometime
3. Goodbye Booze
4. Going Back to Mexico
5. Stones Rag
6. Sally Anne
7. Three Way Medely

The Down Hill Strugglers :
Walker Shepard - fiddle, 5 string banjo, guitar, voice
Jackson Lynch - fiddle, guitar, voice
Eli Smith - 5 string banjo, mandolin, harmonica, tenor banjo, voice



本作は、1920年代から30年代のオールド・タイム・ストリング・バンド
の78回転の音源を始め、フィールド・レコーディングばどの史料を聴く中で
インスピレーションを受け制作されたものです。

Side A
1. Mississippi Possum Huntersの演奏にインスピレーションされた曲(後に Mississippi John Hurt
によって別バージョンのギターソングとして録音された)
2. Wilmer Watts&The Lonely Eagles、Skillet Lickersなどからのインスピレーション。
3. Norman Woodlieff と Walter Smith 作 "It Won't Be Long Till My Grave Is Made"がお手本。
4. George Pegram 他多くのバージョンからのインスピレーション。
5. Redheaded Fiddlers からのインスピレーション。
6. Bill Sheperd と Dock Boggs からのインスピレーション。

Side B
1. Fiddlin 'Sam Long からのインスピレーション。
2. Georgia Yellow Hammers からのインスピレーション。
3. Charlie Poole や Mainer's Mountaineers 他多くのバージョンからのインスピレーション。
4. Carolina Tar Heels からのインスピレーション。
5. Paul Warmack's Gully Jumpers からのインスピレーション。
6. Frank Blevins & His Tar Heel Rattlers からのインスピレーション。
7. Joe Sharp & Band 他多くのバージョンからのインスピレーション。


店頭にてすべて販売中です。
ご来店お待ちしています。


ALANA DAVIS

ALANA DAVIS
Love Again



こんばんは。


当店がオープンして間もない頃に一度だけ、彼女のアルバム
『 SURRENDER DOROTHY 』を紹介したことがある。
その時の記事 ☞ ここ


90年代終わりから2000年にかけて メジャー・レーベル Elektraから
デビュー・アルバム『Blame It On Me 』とセカンド・アルバム『Fortune Cookies』
をリリース。

その後、自主レーベル、 Tigress Records より『 SURRENDER DOROTHY 』
(2005年)をリリース。


以来、ずっーとずっーと気にかかっていた人。


そんな彼女が昨年、13年の沈黙を破り再度、音楽でつながった!!



Cleopatra / CD / CLO 0792
AD20190123001.jpg

1. Love Again (Dollar Bill)
2. Fuck Friend
3. The Goose
4. Getaway (I'm Gone)
5. Pretty Like Money
6. Back 2 U
7. So Rough Too Much
8. Summertime
9. What a Mess
10. Get Along
11. The Dark Ones
BONUS TRACK
12. 32 Flavors (Love Again Sessions)

Alana Davis - Vocals, A.Guitar, Bass
Anthony-Michael Alexander - Drums, Guitar, Keyboards, Percussion, Piano, Synthesizer
Joe Diaz - Djembe, Percussion
Crooklyn Masters - Drums
Sly Dunbar - Drums
Jody Hill - Drums
Devon Munroe Drums
Gene Lake - Bass, Drums
Brian Jobson - A.Guitar
Larry Mitchell - E.Guitar
Dave Stewart - Guitar
Jerry Tillman - A.Guitar, Slide Guitar
Ken Valdez - A.Guitar, Classical Guitar, E.Guitar, Vocals (Background)
Michael Leonhart - Horn
Robbie Lyn - Piano
Nick Salisbury Bass
Greg Schutte - Percussion
Keyez Williams Hammond B3
Mark Lamoine - Vocals (Background)
Joyann Parker Vocals (Background)
Paul Pesco - Keyboards



彼女がデビューした頃、「ナチュラル・ウーマン」という言葉をよく耳にし、
多くの女性SSWが特集された。その中でも僕の愛聴盤は彼女でした。

R&B, JAZZ, REGGAE, FOLK と言った音楽がクロスオーバーする
この新作もそんな期待を裏切らない作品で、バンド・サウンドの中から
程よくアコースティツク・ギターが響き、スモーキーでどこか気だるさを
感じる彼女のヴォーカルは健在でした。

なお本作には、デビュー・アルバムにも収録したAni Difrano の名 曲
"32 Flavors " の新たなカバー・ヴァージョンがボーナスとして聴けます。





--------------------------------


<関連>


こちらは、2005年に自主制作したアルバム『SURRENDER DOROTHY 』
にボーナス・トラックを追加し、ジャケット・デザインも新たに Deluxe Edition
としてリリースされたものです。


Quantum Humanity ‎/ CD / QHM-4632
AD20190123002.jpg

1. Create
2. Vision
3. Wide Open
4. Letter
5. The Benefit
6. Stay
7. Jaded (Goodbye)
8. Right There
9. The Reaper
10. Desert Rose (Higher Than a Lover)
11. Nice Time (Bonus Track)
12. So Much Trouble (Bonus Track)
13. Mama (Unreleased Bonus Track)

Alana Davis - Vocals, Guitar, Bass
Adam Rogers - Cavaquinho, Guitar
Nir "Z" Zidkyahu - Drums
Jack Daley - Bass,



-----------

ALANA DAVIS
1974年、ニューヨーク生まれ。父は、Charlie Parker, Dizzy Gillespie, Donald Byrd, Jackie McLean,
Art Blakey などとの共演経験ある偉大なジャズ・ピアニスト、Walter Davis. Jr 。1997年に ELEKTRA から
ファースト・アルバム『 Blame It on Me 』をリリース。このアルバムに収録した Ani Difrano のカバー
曲" 32 Flavors "は、ビルボード・チャートの上位にのぼり好セールスを記録。2001年にセカンド・アルバム
『 Fortune Cookies 』をリリース後、SONYへ移籍。そこで通算3枚目となるアルバム『 Carry on 』を
リリース。2005年に、大手レコード・レーベルに嫌気がさして独立、自身のレーベル "TIGRESS RECORDS"より
『 Surrender Dorothy 』をリリースしライヴ活動をしていたものの一線から遠ざかってしまう。
2013年にQuantum Humanity より 『 Surrender Dorothy 』がボーナス・トラックを追加して Deluxe Edition
としてリイシューされる。2018年、13年振りとなるアルバム『Love Again』リリースしツアーも再開した





どちらも店頭にて販売中です。
ご来店お待ちしています。



The Songwriters Hall of Fame 2019

The Songwriters Hall of Fame 2019



こんにちは。

今年、ソングライターの殿堂入りを果たした Missy Elliott,
Tom T. Hall, John Prine, Jack Tempchin, Cat Stevens (a.k.a. Yusuf) !

本日は、その中から John Prine と Jack Tempchin の作品を
紹介したいと思います。



John Prine

The Tree of Forgiveness
Oh Boy Records / CD / OBR-046CD
JP20190123001.jpg

1. Knockin' On Your Screen Door
2. I Have Met My Love Today
3. Egg & Daughter Nite, Lincoln Nebraska, 1967 (Crazy Bone)
4. Summer's End
5. Caravan Of Fools
6. The Lonesome Friends Of Science
7. No Ordinary Blue
8. Boundless Love
9. God Only Knows
10. When I Get To Heaven

John Prine - Vocals A.Guitar, Kazoo
Ken Blevins - Drums, Percussion
Dave Jacques - Bass
Pat McLaughlin - Mandolin, Vocals (Background)
Mike Webb- Hammond B3, Mellotron, Piano
Amanda Shires - Fiddle, Vocals (Background)
Jason Wilber - A.Guitar, E.Guitar
Dave Cobb - 12 String Guitar, A.Guitar, Kazoo, Mellotron
Jason Isbell - E.Guitar, Slide Guitar, Vocals (Background)
Brandi Carlile Clapping, Kazoo, Vocals (Background)
Josh Newman Clapping, Kazoo
Fiona Prine Clapping, Kazoo
Jody Whelan Clapping, Kazoo



-----------------------


John Prine
Atlantic Records / CD / 19156-2
JP20190123002.jpg

1. Illegal Smile
2. Spanish Pipedream
3. Hello In There
4. Sam Stone
5. Paradise
6. Pretty Good
7. Your Flag Decal Won't Get You Into Heaven Anymore
8. Far From Me
9. Angel From Montgomery
10. Quiet Man
11. Donald And Lydia
12. Six O'Clock News
13. Flashback Blues

John Prine - Vocals, A.Guitar
Steve Goodman - A.Guitar
Reggie Young - Guitar
John Christopher - Guitar
Leo LeBlanc - Pedal Steel Guitar
Mike Leach - Bass
Gene Chrisman - Drums
Bobby Emmons - Organ
Bobby Wood - Piano



上段は、昨年にリリースされた John Prine の最新作。 BillboardチャートのTOP 200
で 5位となり Top Country Albums チャートで2位、 Americana/Folk Albums チャート
では1位にもなりました。70歳を超えたた今でもギターを手に歌う姿に脱帽してしまう。
本作には注目の若手、Brandi Carlile を始め、Amanda Shires や Jason Isbell も参加。
下段の言わずと知れたデビュー作『John Prine』と共にソングライターの殿堂入りに
相応しい作品であること間違いなし!



--------------------------
--------------------------



続いて、




Jack Tempchin

Blue Elan Records / CD / BER1049
Peaceful Easy Feeling: The Songs of Jack Tempchin
JT20190123001.jpg

1. Peaceful Easy Feeling
2. Part of Me, Part of You
3. Slow Dancing (feat. Rita Coolidge)
4. The One You Love
5. Soul Searchin' (feat. Janiva Magness)
6. Already Gone (feat. Chris Hillman & Herb Pedersen)
7. Privacy
8. Everybody's Gonna Love Somebody Tonight
9. Party Town
10. It's Your World Now (feat. Chris Hillman & Herb Pedersen)

Jack Tempchin - Vocals, Guitar
Joel Piper - Vocals, Drums, Bass, Guitar, Keyboards
Chris Garcia - Piano
Jerry Peterson - Sax
Bernie Barlow- Vocals
Janiva Magness - Vocals
Rita Coolidge - Vocals
Herb Pedersen - Guitar, Dobro, Vocals
Chris Hillman - Mandolin, Bass, Vocals




--------------------------



Blue Elan Records / CD / BER1026
One More Song
JT20190123002.jpg

1. Slow Dancing
2. Singing in the Street
3. Old River
4. Around Midnight
5. Circle Ties That Bind
6. So Long My Friend
7. Still Looking for a Way to Say Goodbye
8. Streets of Midnight
9. I Got Her Right Where She Wants Me
10. Song for You
11. Tumbleweed
12. One More Song

Jack Tempchin - Vocals, Guitar, Harmonica
Joel Piper - Vocals, Baritone Guitarr, Pedal Steel Guitar, E.Guitar,
        Banjo, Mandolin, Drums, Percussion ,Piano
Rick "The Bass Player" Rosas - Bass
Scott Crago - Drums
Phil Jones - Drums
Waddy Wachtel - Guitar
Terry Medeiros - Guitar
Rob Meurer - Keyboards
Jessy Greene - Violin
The Lennons - Vocals



The Eagles に「Peaceful Easy Feeling」のヒット曲を提供し、若き日のTom Waits
に大きな影響を与えたウェストコースト・サウンドのトップ・ソングライター、
Jack Tempchin。

2016年には初来日も果たし、すばらしい演奏をきかせてくれた。この日本公演の
初日に旧友でありソングライト・パートナーでもあった Glenn Frey の訃報を知り
ました。上段は、帰国後の翌年にリリースされた故Glenn Freyへ捧げたアルバム
となります。ここには、Janiva Magness, Rita Coolidge, Herb Pedersen, Chris Hillman
と言った他仲間達も参加しています。

下段は、2016年リリース作で60年代のコーヒーハウス時代へタイム・スリップした
ような1枚。 David Lindleyが Violin でJackson BrowneとLinda Ronstadtが歌った
「One More Song」。この曲は、Randy Meisner や Kate Wolf などもとりあげているが、
彼自身は初録音となります。他にも Bobby Whitlock との共作曲M-9なども収録。




すべて店頭にて販売中です。
ご来店お待ちしています。




1月の入荷

<1月の入荷>

こんばんは。

今年、一発目の入荷です。処理に時間がかかり
遅くなってしまいました。すみません。



L+ R Records よりシリーズでリリースされた Country Blues の
フィールド録音集をCD化したもの。 Vol.5 のみ未入荷で、
Vol.1 から Vol.12 まで入荷!

R20190121001.jpg

R20190121002.jpg

-----------

Bruce Hutton ‎– Old-Time Music - It's All Around
Folkways のカスタムCD-R です。色んな弦楽器をこなす
マルチプレイヤー!! SOLD!

R20190121003.jpg



------------------------

UK の Frog Records、久しぶりの紹介。これもう入らないかなぁ
と思ってました。1926年から31年までにヴィクター、コロンビア等に
吹込んだ音源集。 SOLD!

R20190121004.jpg


---------------------------

Philo Records のCDは入手困難なものが多い中、奇跡的な入荷?! 
少し前に紹介した Bill Morrissey と Greg Brown のデュオ作。
在庫1枚、早いもの勝ちです!!! SOLD!

R20190121006.jpg


--------------------

年末のオーダーに間に合わなかったMuddy の
The Complete Plantation Recordings です。
Best of もいいけどこれを聴かないと始まりませんよ!

R20190121005.jpg


他にも色々と入荷しています。
ご来店お待ちしています。


BEN & ELLEN HARPER

BEN & ELLEN HARPER
CHILDHOOD HOME




Prestige のサブ・レーベル、Prestige Folklore 。 このレーベルが
存続していることに少し驚きました。

母体である Concord Music には、同じサブ・レーベルでもある
Bluesville なども含め、過去の名作も再度しっかり紹介して欲しい
ものです...

さてそんなアメリカのフォーク・ミュージックやブルーグラス、
ホワイト・ブルースなどを60年代にリリースしてきた Prestige Folklore
から久しぶりにリリースされた本作は、言わずと知れた Ben Harper
と彼の母親である Ellen Harper とのコラボ作です。


Prestige Folklore / CD / FLR-35526-02 SOLD!
BenEllen20190112001.jpg

1. A House Is A Home
2. City Of Dreams
3. Born To Love You
4. Heavyhearted World
5. Farmer's Daughter
6. Memories Of Gold
7. Altar Of Love
8. Break Your Heart
9. Learn It All Again Tomorrow
10. How Could We Not Believe

Ben Harper - Vocals, Slide Guitar, Guitar, Autoharp, Dulcimer
Ellen Harper - Vocal, Guitar, Banjo
Jimmy Paxson - Drums
Jesse Ingalls - Electric Upright Bass, Keyboards
Jason Mozersky - Guitar


Ben Harper と言えば、1994年にアルバム『welcome to the Cruel World』
で 衝撃的なデビューを果たし若き Ry Cooder とまで比喩された。そこには
やはりアメリカのルーツ音楽への敬意が感じれたからだと思います。

本作は、そんな彼の音楽原点とも言える音作りとなっています。彼曰はく
「初期のエルビス」のように制作されています。音数も最小限に、互いの
作曲による純粋で暖かい演奏が聴いてとれます。

さらに彼は、「これらをアメリカーナと呼ぶかもしれないが、これはソウル
であり、生まれ故郷カリフォルニア、フォークロック、アメリカだ」と言ってます。

以下、ショート・ドキュメンタリー・フィルムと共に音源を耳にしてください。



店頭にて販売中です。




RODNEY CROWELL

RODNEY CROWELL
ACOUSTIC CLASSICS




こんにちは。


本日は、Emmylou Harris とのコラボ作 や Norah Jones, Lucinda Williams
と言った次世代のミュージシャンへ歌い継がれいるアメリカン・ソングライター、
Rodney Crowell です。

Guy Clark や Townes Van Zandt と言った吟遊詩人達の影響を持つ事は
言うまでもありません。


本作は、自身のレーベルである RC1 RECORDS からのリリース第一弾です!




RC1 RECORDS / CD SOLD!
RC20190112001.jpg

1. Earthbound
2. Leaving Louisiana in the Broad Daylight
3. Anything But Tame
4. Making Memories of Us
5. Lovin’ All Night
6. Shame on the Moon Redux
7. I Couldn’t Leave You If I Tried
8. She’s Crazy for Leaving
9. After All This Time
10. Tennessee Wedding
11. Ain’t Living Long Like This
12. Please Remember Me

Rodney Crowell - Vocal, Guitar
Jedd Hughes - Guitar, Mandocello, Vocals
Joe Robinson - Guitar, Percussion, Vocals
Eamon McLoughlin - Violin, Mandolin, Vocals
Rory Hoffman - Accordion, Claviola
Kim Keyes - Vocal
Siobhan Kennedy - Vocal
Tania Hancheroff - Vocal



2017年は健康上の問題により、いくつかのツアー日程のキャンセルを
余儀なくされましたが、2018年は再充電により本作とは別にクリスマス
アルバムのリリースなど勢力的に活動されており、ちょと安心しました!

本作は、 Keith Urban やTim McGraw よってカバーされた"Making Memories of Us"
や "Please Remember Me" を始め、Bob Sieger によってスマシュ・ヒットした
"Shame on the Moon Redux"、ビルボードのホット・カントリー・ソングでナンバー1
となった"Ain’t Living Long Like This"など彼のもっとも有名な曲をアコースティック・セット
として再演したものです。







店頭にて販売中です。
ご来店お待ちしています。





プロフィール

po69

Author:po69
PO'BOY RECORDS

AMERICAN ROOTS MUSIC
( BLUES, FOLK, SSW,
BLUEGRASS, OLD TIME,
JUG/WASHBOARD, etc )

NEW & USED RECORDS,
CDS, BOOKS
AND MORE...

● その他、日本のフォーク
SSW/ブルース系のアーティスト
もあります。

大阪市北区豊崎3-6-15 
第2淀川ビル3F
TEL:06-7494-9358

OPEN 12:00 CLOSE 20:00
(日曜 CLOSE 18:00)
木曜定休
.......................
Yodogawa N0.2 Bldg 3F
3-6-15, Toyosaki ,Kita-ku,
Osaka 531-0072 JAPAN
TEL&FAX +81-6-7494-9358

Open - Close
Mon. - Sat. 12:00-20:00
(Sun. 12:00-18:00)
Thu. - Closed

カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QR
2019年3月の定休
●木曜定休
カレンダー
02 | 2019/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最新記事
リンク
アルバム
検索フォーム
THANK YOU !!
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

<消費税率変更に関して>
2014年4月1日以降より8%での税込価格表示に変更となります。