FC2ブログ

PAPA CHARLIE JACKSON

PAPA CHARLIE JACKSON
The Papa Charlie Jackson Collection 1924-34

features recordings with
IDA COX
MA RAINEY
BLIND BLAKE
FREDDIE KEPPARD'S JAZZ CARDINALS





こんにちは。



1885年にニューオーリンズで生まれた6弦バンジョー奏者、
Papa Charlie Jackson の1924年から1934年までのコレクション!!




Acrobat Music / 3CD / ACTRCD9088
PCJ20191109001.jpg

CD 1
1. Papa's Lawdy Lawdy Blues - Charlie Jackson
2. Airy Man Blues - Charlie Jackson
3. Salt Lake City Blues - Charlie Jackson
4. Salty Dog Blues - Charlie Jackson
5. The Cats Got The Measles - Charlie Jackson
6. I Got What It Takes But It Breaks My Heart To Give It Away - Charlie Jackson
7. Shave Em Dry - Charlie Jackson
8. Coffee Pot Blues - Charlie Jackson
9. Mister Man Part I - Ida Cox and Papa Charlie Jackson
10. The Faking Blues- Papa Charlie Jackson
11. Shake That Thing - Papa Charlie Jackson
12. I'm Alabama Bound - Charlie Jackson
13. Drop That Sack - Charlie Jackson
14. Mama Don't Allow It (And She Ain't Gonna Have It Here) - Charlie Jackson
15. Take Me Back Blues - Charlie Jackson
16. Mama, Don't You Think I Know? - Charlie Jackson
17. Hot Papa Blues - Charlie Jackson
18. All I Want Is A Spoonful - Charlie Jackson
19. Maxwell Street Blues - Charlie Jackson
20. I'm Going Where The Chilly Winds Don't Blow - Charlie Jackson
21. Texas Blues - Charlie Jackson
22. I'm Tired Of Fooling Around With You - Papa Charlie Jackson
23. Jackson's Blues - Papa Charlie Jackson
24. Let's Get Along - Charlie Jackson
25. Butter And Egg Man Blues - Charlie Jackson

CD 2
1. The Judge Cliff Davis Blues - Charlie Jackson
2. Mumsy Mumsy Blues - Charlie Jackson
3. Up The Way Bound - Charlie Jackson
4. Four Eleven Forty Four - Charlie Jackson
5. Your Baby Aint Sweet Like Mine - Charlie Jackson
6. Bad Luck Woman Blues - Charlie Jackson
7. Salty Dog - Freddie Keppard's Jazz Cardinals
8. Fat Mouth Blues - Charlie Jackson
9. Gay Cattin' - Charlie Jackson
10. Coal Man Blues - Charlie Jackson
11. She Belongs To Me - Charlie Jackson
12. Skoodle Um Skoo - Charlie Jackson
13. Sheik Of Desplaines Street - Charlie Jackson
14. Look Out Papa Don't Tear Your Pants - Charlie Jackson
15. Baby, Don't You Be So Mean - Charlie Jackson
16. Blue Monday Morning Blues - Papa Charlie Jackson
17. Bright Eyes - Papa Charlie Jackson
18. I'm Looking For A Woman Who Knows How To Treat Me Right - Charlie Jackson
19. Long Gone Lost John - Charlie Jackson
20. Ash Tray Blues - Papa Charlie Jackson
21. No Need Of Knockin' On The Blind - Papa Charlie Jackson
22. Baby Papa Needs His Lovin' - Charlie Jackson
23. I Like To Love My Baby - Charlie Jackson
24. Lexington Kentucky Blues - Papa Charlie Jackson

CD 3
1. Good Doing Papa Blues - Papa Charlie Jackson
2. Ma and Pa Poorhouse Blues - Ma Rainey and Papa Charlie Jackson
3. Big Feeling Blues - Ma Rainey and Papa Charlie Jackson
4. Jungle Man Blues - Papa Charlie Jackson
5. Corn Liquor Blues - Papa Charlie Jackson
6. Don't Break Down On Me - Papa Charlie Jackson
7. Baby Please Loan Me Your Heart - Papa Charlie Jackson
8. Hot Papa Blues No. 2 - Papa Charlie Jackson
9. We Can't Buy It No More - Papa Charlie Jackson
10. Tailor Made Lover - Papa Charlie Jackson
11. Take Me Back Blues No. 2 - Papa Charlie Jackson
12. Tain't What You Do But How You Do It - Papa Charlie Jackson
13. Forgotten Blues- Papa Charlie Jackson
14. Papa Do Do Blues - Papa Charlie Jackson
15. I'll Be Gone Babe - Papa Charlie Jackson
16. Papa Charlie Jackson and Blind Blake Talk About It Part 1 - Papa Charlie Jackson and Blind Blake
17. Papa Charlie Jackson and Blind Blake Talk About It Part 2 - Papa Charlie Jackson and Blind Blake
18. Self Experience - Papa Charlie Jackson
19. You Got That Wrong - Papa Charlie Jackson
20. You Put It In, I'll Take It Out - Papa Charlie Jackson
21. If I Got What You Want - Papa Charlie Jackson
22. Skoodle Um Skoo - Papa Charlie Jackson
23. What's That Thing She's Shaking - Papa Charlie Jackson


Papa Charlie Jackson は、ミンストレル、ボードビル、メディシンショーから
登場した最初のカントリー・ブルース・アーティストの1人であり、1920年代に
レコーディング・アーティストとして成功した人でもあります。

シカゴに定住するまでは旅回りの芸人として各地を渡り歩き、路上で演奏
してきたそれら素材をコマーシャル的にレコーディングしてきました。
それら楽曲は、ブルースの形式にとらわれることなく、ユーモラスな風味を伴い、
時に風変わりなものも含まれています。

本作は、1924年のデビューから1934年までの Paramount、Vocalion 、Okeh の
ほとんどの録音を含む全72トラックを3枚の CDに収録したものです。1938年に
シカゴで亡くなるまでの彼の重要な録音キャリアを網羅したコレクション。

ソロ録音以外にも、偉大なブルース歌手 Ida Cox や Ma Rainey、Johnny Dodds
をフィーチャーしたFreddie Keppard's Jazz Cardinals、1929年の Blind Blake との
ブルース・ジャム・セッションといったトラックが含まれています。








店頭にて販売中です。
ご来店お待ちしています。




SCRAPPER BLACKWELL

SCRAPPER BLACKWELL
Mr. Scrapper’s Blues

24BIT DIGITALLY REMASTERED 16-PAGE BOOKLET RARE PHOTOS



こんにちは。


本日は、名曲「How Long, How Long Blues」の作曲者として
知られるソングライター/ピアニスト、Leroy Carr とのコンビで
活躍したギタリスト、Francis “Scrapper” Blackwell です。



SOUL JAM RECORDS / CD / 806175
SB20191109001.png

1. Goin’ Where The Monon Crosses The Yellow Dog
2. Nobody Knows You When You’re Down And Out
3. “A” Blues
4. Little Girl Blues
5. George Street Blues
6. Blues Before Sunrise
7. Little Boy Blue
8. “E” Blues
9. Shady Lane
10. Penal Farm Blues

Bonus Tracks
11. Blue ‘N Whistling
12. Soft Blues
13. Sally-In-The-Alley Blues
14. No Good Woman Blues
15. Back Step Blues
16. Blues Before Sunrise [1960 Version]
17. “E” Blues [1960 Version]
18. How Long Blues
19. Leaving You Blues

Scrapper Blackwell - vocals, guitar, piano ( Track 4, Track 18 )
Bud White - whistling ( Track 11 )



戦前のギタリストの中でもいち早く単弦でのメロディックで洒落た
奏法を確立した人で、若き日の貴重な音源は Yazzo Records の
編集盤でも聴けます。そちらもおススメです!

本作は、1962年にPrestige/Bluesvilleレーベルからリリースされた
アルバムに同時期のソロ録音9曲がボーナストラックとして追加
されたものです。オリジナルのレコードは、現在でも高値で取引
されている人気作です。

Original Blues Classic でCD化されたものは現在入手困難な為、
こちらをおススメしておきます。24BIT DIGITALLY リマスターによる
全19曲に貴重な写真を含む16ページからなるブックレットが付属。
限定500枚となっています!!




店頭にて販売中です。
ご来店お待ちしています。







BOB DYLAN

BOB DYLAN
featuring JOHNNY CASH

TRAVELIN' THRU, 1967 - 1969: THE BOOTLEG SERIES, VOL. 15



高い評価を受けているボブ・ディラン・ブートレッグ・シリーズの最新章!

1967年から1969年までの、『JOHN WESLEY HARDING』、『NASHVILLE SKYLINE』、
『SELF PORTRAIT』のアウトテイクに加え、69年ナッシュヴィルのスタジオで行われた
JOHNNY CASHとの未発表セッションで構成された3枚組。



COLUMBIA/LEGACY / 3CD / 1907598193-2
BD20191109001.jpg

DISC ONE
John Wesley Harding Sessions – Alternate Versions
1. Drifter's Escape (Take 1)
2. I Dreamed I Saw St. Augustine (Take 2)
3. All Along The Watchtower (Take 3)
4. John Wesley Harding (Take 1)
5. As I Went Out One Morning (Take 1)
6. I Pity The Poor Immigrant (Take 4)
7. I Am A Lonesome Hobo (Take 4)

BOB DYLAN - VOCALS, GUITAR, HARMONICA
CHARLIE MCCOY - BASS
KENNETH BUTTREY - DRUMS


Nashville Skyline Sessions – Alternate Versions And Outtake
8. I Threw It All Away (Take 1)
9. To Be Alone With You (Take 1)
10. Lay Lady Lay (Take 2)
11. One More Night (Take 2)
12. Western Road (Take 1)
13. Peggy Day (Take 1)
14. Tell Me That It Isn't True (Take 2)
15. Country Pie (Take 2)

BOB DYLAN - VOCALS, GUITAR, PIANO, HARMONICA
KELTON D. HERSTON - GUITARS
NORMAN BLAKE - GUITARS
CHARLIE DANIELS - GUITARS
WAYNE MOSS (M10 & 12) - GUITARS
BOB WILSON - PIANO, ORGAN
PETER DRAKE - STEEL GUITAR (M13-15)
CHARLIE MCCOY - BASS
KENNETH BUTTREY - DRUMS


------------------------------

DISC TWO
The Bob Dylan - Johnny Cash Sessions
1. I Still Miss Someone (Take 5)
2. Don't Think Twice, It's All Right / Understand Your Man (Rehearsal)
3. One Too Many Mornings (Take 3)
4. Mountain Dew (Take 1)
5. Mountain Dew (Take 2)
6. I Still Miss Someone (Take 2)
7. Careless Love (Take 1)
8. Matchbox (Take 1)
9. That's All Right, Mama (Take 1)
10. Mystery Train / This Train Is Bound For Glory (Take 1)
11. Big River (Take 1)
12. Girl From The North Country (Rehearsal)
13. Girl From The North Country (Take 1)
14. I Walk The Line (Take 2)
15. Things Happen That Way (Rehearsal)
16. Guess Things Happen That Way (Take 3)
17. Five Feet High And Rising (Take 1)
18. You Are My Sunshine (Take 1
19. Ring Of Fire (Take 1)

BOB DYLAN - VOCALS, GUITAR
JOHNNY CASH - VOCALS, GUITAR
CARL PERKINS - GUITAR
BOB WOOTTON - GUITAR
MARSHALL GRANT - BASS
W.S. HOLLAND- DRUMS


------------------------------

DISC THREE
The Bob Dylan - Johnny Cash Sessions
1. Studio Chatter
2. Wanted Man (Take 1)
3. Amen (Rehearsal)
4. Just A Closer Walk With Thee (Take 1)
5. Jimmie Rodgers Medley No. 1 (Take 1)
6. Jimmie Rodgers Medley No. 2 (Take 2)

BOB DYLAN - VOCALS, GUITAR
JOHNNY CASH - VOCALS, GUITAR
CARL PERKINS - GUITAR
BOB WOOTTON - GUITAR
MARSHALL GRANT - BASS
W.S. HOLLAND- DRUMS


Live On The Johnny Cash Show
7. I Threw It All Away
8. Living The Blues
9. Girl From The North Country (duet with Johnny Cash)

BOB DYLAN - VOCALS, GUITAR
JOHNNY CASH - VOCALS, GUITAR
NORMAN BLAKE - GUITARS
CHARLIE DANIELS - GUITARS
PETER DRAKE - STEEL GUITAR
BOB WILSON - PIANO
CHARLIE MCCOY - BASS
KENNETH BUTTREY - DRUMS


Self Portrait Sessions – Outtakes
10. Ring Of Fire (Outtake)
11. Folsom Prison Blues (Outtake)

BOB DYLAN - VOCALS, GUITAR
FRED F. CARTER
NORMAN BLAKE - GUITARS
CHARLIE DANIELS - GUITAR, BASS
BOB WILSON - PIANO
PETER DRAKE - STEEL GUITAR
CHARLIE MCCOY - HARMONICA, BASS
KENNETH BUTTREY - DRUMS
DELORES EDGIN - BACKGROUND VOCALS
DOTTIE DILLARD - BACKGROUND VOCALS


With Earl Scruggs
12. Earl Scruggs Interview
13. East Virginia Blues
14. To Be Alone With You
15. Honey, Just Allow Me One More Chance
16. Nashville Skyline Rag

BOB DYLAN - VOCALS, GUITAR
EARL SCRUGGS - BANJO
RANDY SCRUGGS - ACOUSTIC GUITAR
GARY SCRUGGS - ELECTRIC BASS



DISC ONE には、『NASHVILLE SKYLINE』セッションからのオルタネイト・テイクを収録し、
DISCTWO, THREE には、人気を誇る COLUMBIA STUDIO A セッションや RYMAN AUDITORIUM
(1969年5月1日)でのステージ公演を含む、アメリカ音楽のアイコン、JOHNNY CASH との
コラボレーション作を中心に、「THE JOHNNY CASH SHOW」(1969年6月7日にABC-TVで放送)の
初演レコーディングも含まれている。

さらにDISC THREE には、グラミー受賞歴もあるブルーグラス伝説のバンジョー奏者、EARL SCRUGGS
がPBSテレビの特別番組「EARL SCRUGGS: HIS FAMILY AND FRIENDS」(1971年1月に放送)のために
録音(1970年5月17日)されたトラックも収録。


Area Code 615 のメンバーを始めとするバック陣の演奏も貴重ですし、
Dylan 自身の音楽の重要な記録となったナッシュビルの旅を再訪できます!!


店頭にて販売中です。
ご来店お待ちしています。




ROBBIE ROBERTSON

ROBBIE ROBERTSON
SINEMATIC



こんにちは。


個人的にも気になっていた新作!


The Band のギタリスト、Robbie Robertson 自身が
アートワークを手掛けている8年ぶりのソロ・アルバム。




UNIVERSAL / CD / 7797081
RR20191109001.jpg

1. I Hear You Paint Houses
2. Once Were Brothers
3. Dead End Kid
4. Hardwired
5. Walk In Beauty Way
6. Let Love Reign
7. Shanghai Blues
8. Wandering Souls
9. Street Serenade
10. The Shadow
11. Beautiful Madness
12. Praying For Rain
13. Remembrance (Bonus Track)

Robbie Robertson - Guitar, Keyboards
Frédéric Yonnet - Harmonica
Martin Pradler - Keyboards
Randy Kerber - Organ, Keyboards
Reggie Hamilton - Bass
George Doering - Guitar
Afie Jurvanen - Guitar
George Doering - Guitar
Joe Hirst - Keyboards
Jim Wilson - Keyboards
Terry And The Octo Pirates - Guitar, Organ, Electric Organ
Laura Satterfield - Vocals
Afie Jurvanen - Backing Vocals
Felicity Williams - Backing Vocals

guest
Van Morrison - Vocals
Citizen CopeCitizen - Backing Vocals
Glen Hansard - Vocals
Derek Trucks - Slide Guitar
Doyle Bramhall II - Guitar
Jim Keltner - Drums
Howie B - Keyboards
J.S. Ondara - Backing Vocals



数十年間続けてきた映画のためのソングライティングや、彼のドラマティックな
人生を指し示したもので、マーティン・スコセッシ監督の最新作『アイリッシュマン』
(今秋公開予定)や、2016年の自叙伝『ザ・バンドの青春(Testimony)』(2016年発売)
に基づいたドキュメンタリー・フィルム『ワンス・ワー・ブラザーズ: ロビー・ロバートソン
・アンド・ザ・バンド』(今秋公開予定)からインスピレーションを得て制作されている。

自信に満ちたヴォーカルとパワフルで感情的ギターは、とても情熱的でありアルバム
全体を通して効果的で、映画への明らかなつながりと風景を描き出している。

さらにアルバムをサポートするゲスト人も豪華で Van Morrison (I Hear You Paint Houses)、
Glen Hansard (Let Love Reign )、Citizen CopeCitize、、Derek Trucks、Doyle Bramhall II 、
Jim Keltner、Howie B 、J.S. Ondara などが参加。







店頭にて販売中です。
ご来店お待ちしています。



BRITTANY HOWARD

BRITTANY HOWARD
JAIME




こんばんは。風邪の症状が落ち着いたにもかかわらず、
原因不明の微熱が長らく続いております。寒暖差疲労??
皆様もお気を付けください。



さて輸入規制もとけたので久しぶりにメジャー・レーベルから紹介します。
来日もしているのでご存じだと思いますが、アラバマ州アセンズで
結成されたロックバンド Alabama Shakesのリード・シンガー/ギタリスト
Brittany Howard の初ソロ・アルバムです!!


ATO Records / CD / Digipak / ATO0505
bh20191108001.jpg

1 History Repeats
2 He Loves Me
3 Georgia
4 Stay High
5 Tomorrow
6 Short & Sweet
7 13th Century Metal
8 Baby
9 Goat Head
10 Presence
11 Run To Me

Brittany Howard - Vocals, Guitar, Bass, Clavinet, Drums, Keyboard, Percussion
Zac Cockrell - Bass
Nate Smith - Drums, Percussion, Vibraphone
Robert Glasper - Celeste, Keyboards
Larry Goldings - Keyboards
Lloyd Buchanan - Organ
Paul Horton - Clavinet, Keyboard
Lavinia Meijer - Harp



●なおこちらのタイトルは、以下のアナログ盤もあります。
Brittany Howard ‎– Jaime (0882371616 )
* ATO Records / LP / 180G / Deluxe Limited Edition / White/Black Marbled Vinyl
/ Animated Zoetrope Labels • Download Included


Brittany Howard ‎– Jaime (0882359317)
* ATO Records / LP / Sandstone Colored Vinyl / Download Included

病気により10代でこの世を去った姉ジェイミーを偲んでタイトルにした
本作は、Alabama Shakes の盟友 Zac Cockrel (b)、Robert Glasper (key)、
Nate Smith (ds) など最強メンバーをバックに迎え制作されています。

バンドの時とは違い、アメリカ南部文化の要素を強調したものから
自分自身や世界中の人に向けて説得力ある歌唱を披露している。


すでにビルボード・チャートの Americana/Folk Albums で1位、
Independent Albums、Top Rock Albums で2位、 Alternative Albumsで
3位を獲得するなど評価も高い1枚。おススメです。








店頭にて販売中です。
ご来店お待ちしています。





【再入荷】LEON REDBONE

LEON REDBONE
Long Way From Home
Early Recordings





再入荷です。




今年5月に惜しまれつつこの世を去った LEON REDBONE の
Early Recordings !





Third Man Records / 2LP(Gatefold sleeve.) or CD / TMR316  
LR20181102001.jpg

1 Lord, I Looked Down The Road
2 Mother, Queen Of My Heart
3 T B Blues
4 Don't Let It Bother You
5 Marie
6 Me And The Devil Blues
7 If I Had Possession Over Judgement Day
8 Mississippi River Blues
9 Kind Hearted Woman Blues
10 Old Love Letters
11 Sweet Mama Hurry Home Or I'll Be Gone
12 Nobody Knows But Me
13 My Walking Stick
14 Cat Man Blues
15 Gambling Bar Room Blues
16 My Good Gal's Gone Blues
17 Yodeling Cowboy
18 Bootleg Rum Dum Blues

Leon Redbone - Vocal, Guitar


白のフェドラ・ハットにジャケット、サングラスは、彼を象徴する装い。
キャリアを通して一貫したその音楽スタイル。聴くものを楽しませて
くれるエンターテイナー。

ブルースやジャズ、カントリーと言ったアメリカの古き良きナンバーを
絶妙な力の抜けさ加減で聴かせてきた彼の初期音源となる本作は
Jack White のレーベル、Third Man Records より2016年にリリース
されました。

FMラジオ局音源や大学公演を収録した貴重な初期音源でギター1本
によるシンプルな弾き語りですが、その後の彼を予感させる極上の
ゆるゆるのグッドタイム・ミュージックが聴けます!


レコード、CD、両フォーマットにてお取扱いあります!!
レコードの方は2枚組見開きジャケです。


ご来店お待ちしています。



Jonah Tolchin

Jonah Tolchin
Fires for the Cold




こんばんは。



昨日に引き続き、BSMF RECORDS から国内仕様でリリース
された新作を紹介します。


才能溢れる若きシンガー・ソングライター、Jonah Tolchin 。
僕が彼を知ったのは、2012年、自主制作で発表した
デビューアルバム『Criminal Man』がリリースされた頃です。

その頃に当ブログで紹介した今は亡き David Lamb と
Morganeve Swain によるデュオ、Brown Bird や 少し前に
紹介した Joe Fletcher との交流で知りました。
過去の記事 ☞ Brown Bird
過去の記事 ☞ Brown Bird
過去の記事 ☞ Joe Fletcher

『Criminal Man』にも彼らがフィーチャーされているので
興味のある方は聞いてみて下さい。


ちょっと脱線しましたが、2014年に Yep Roc Records と契約して
ますます注目を集める彼の4枚目のソロ・アルバム!




BSMF RECORDS / CD / BSMF-6176 / ¥2420(TAX IN)
JT20191106001.jpg

1. Supermarket Rage
2. The Real You
3. White Toyota Ranger
4. Turn to Ashes
5. Honeysuckle
6. Wash Over You
7. Roll Um Easy
8. Day by Day
9. Timeless River
10. Maybe, I'm a Rolling Stone

Jonah Tolchin - A. Guitar, E. Guitar, Vocals, Wah Wah Bass
Jay Bellerose - Drums
Vanessa Freebairn-Smith - Cello
John Gifford - Vocal
Marie Lewey - Vocals
Billy Mims - Wah Wah Bass
Sheldon Gomberg - Wah Wah Bass
Will Gramling - Keyboards
Cindy Walker - Vocals
Jackson Browne - Vocals
Rickie Lee Jones - Vocals
Sara Watkins - Violin, Vocals
Greg Leisz - Steel Guitar
Fred Tackett - E. Guitar, Mando-Guitar, Mandolin
Sebastian Steinberg - Upright Bass
Ben Peeler - Steel Guitar, Weissenborn



本作は、離婚を経験した彼の心を包み隠すことなく感情表現
した孤独と喪失を語るアルバムです。

さらにゲストとしてJackson Browne、Rickie Lee Jones を迎え、
リトル・フィートの名曲「Roll Um Easy」をデュエット。

他にも Sara Watkins (Nickel Creek, I'm with Her)がヴァイオリン、
コーラスで、Fred Tackett(Little Feat)がギター、マンドリン、
Greg Leiszがペダル・スティールで参加しています。

これまでにない彼の最高で最も説得力のある作品です!!








Jonah Tolchin
ジョナー・トルチンは、1993年ニュージャージー出身。13歳でギターを手にし、ブルースやフォークに傾倒。
15歳でロニー・アールと楽器店で出会い、彼のプレイを聴いたロニーのステージに誘われる。高校でバンド、
アンクル・フランズ・ブレックファストとして活動。
2012年、自主制作で発表したデビューアルバム『Criminal Man』が高い評価を得て、ラジオで多くのプレイを獲得。
その結果、同年ニューポート・フォーク・フェスティヴァルへの出演依頼を受ける。翌2013年マーヴィン・エツィオニ
のプロデュースの元、EP『5 Dollar』をリリース。2014年、Yep Rocと契約。2ndアルバム『Clover Lane』をリリース。
アルバムはアメリカ、ヨーロッパで多くの音楽誌やラジオで取り上げられ音楽賞も獲得。
その後、デイヴ&フィル・アルヴィンやトニー・ジョー・ホワイトなどのオープニングアクトを務め、多くのフェスティヴァル
にも出演。2016年にはソロとして『サウザンド・マイル・ナイト』を、2018年にはブルースデュオ、ダーマソウルとして
『ライトニング・キッド』をリリース。今、注目のアーチストだ。




店頭にて販売中です。
ご来店お待ちしています。




Delbert McClinton

Delbert McClinton and Self-Made Men + Dana
Tall, Dark, & Handsome




こんにちは。

BSMF RECORDS より国内仕様としてリリースされた
新譜から1枚。


60年代から活躍し続け、7つのグラミー・ノミネート(内3つで受賞)という
輝かしい経歴を持つベテラン・R&B・シンガー、Delbert McClinton 。


前作に続き、バックに Self-Made Men と女性サックス奏者 Dana Robbins
を迎え、その渋いソウルフルな歌声を存分に聴かせくれる。



BSMF RECORDS / CD / BSMF-2674
DM20191103001.jpg

1. Mr. Smith
2. If I Hock My Guitar
3. No Chicken On The Bone
4. Let’s Get Down Like We Used To
5. Gone To Mexico
6. Lulu
7. Loud Mouth
8. Down In The Mouth
9. Ruby & Jules
10. Any Other Way
11. A Fool Like Me
12. Can’t Get Up
13. Temporarily Insane
14. A Poem

スウィンギーなビッグバンド・スタイルで始まる "Mr. Smith" を始め、
ブルース、カントリー、R&B、ジャズなどオールド・タイミーなナンバー
が詰まった1枚。

ラストを飾る、“私はテキサスで生まれたが、多くの場所で育った”の
オープニングラインで始まる彼の自伝的なアコースティック・ナンバーも
聴きものです!

80歳をまじかに、彼の広範にわたる音楽キャリアから生まれる、その
インスピレーションと自由気ままに歌うスタイルには賛辞しかない。


Delbert McClinton
デルバート・マクリントンは、1940年テキサス州ラボック出身。11歳でフォートワースへ移り、
サニー・ボーイやハウリン・ウルフなどのバックを務め、様々なアーティストのレコーディング
にも参加。62年にはシングル「Hully Gully」でソロデビュー。その後、ロンデルズを結成し数枚
のシングルをリリースしチャートにも送り込んでいる。そして、LAに拠点を移し、グレン・クラーク
とタッグで 72年『Delbert & Glen』など2枚のアルバムをリリース。75年にはアルバム
『Victim Of Life's Circumstances』でソロデビュー。その後もコンスタントにアルバムをリリースし、
エミルー・ハリスやブルース・ブラザースにカヴァーされることで知名度も上げてゆく。
89年の『Live from Austin』はグラミーにノミネートされ、91年にはボニー・レイットとのデュエット曲
「Good Man, Good Woman」でグラミーを見事受賞。2001年の『Nothing Personal』以降のアルバムは
軒並みブルース・チャートの1位を記録し、グラミーも多数受賞している。








店頭にて販売中です。
ご来店お待ちしています。




Thinking of Joe



昨年、日本で公開された Joe Bussard のドキュメンタリー映画
『さすらいのレコード・コレクター〜10セントの宝物』(Desperate man Blues)。

20s, 30s のブルースやジャズ、カントリー、オールド・タイムといった音楽が
今日、33回転のレコードや CD で耳にすることができるのは、彼が地道に
収集してきたオリジナルの78回転のレコードがあったからと言っても過言でない。

そんな彼が今朝、病院に搬送されたことを知りました。詳細はわかりません。
無事に退院してまた自身のベースメントへ戻ってきてくれることを願います。





DAWG TRIO

David Grisman's
DAWG TRIO
with Danny Barnes & Samson Grisman

Plays Tunes & Sings Songs




こんにちは。


カタログのオーダーも不定期なのですが、海外では珍しく
Acoustic Disc だけは、いつも新譜のプロモーションと
サンプルを送ってきてくれます。

ストリーミング全盛の時代に小売店として必要としてくれて
いることが嬉しい。繋がっているなぁと思える瞬間です。


紹介遅れてしまいましたが、Acoustic Disc からの新譜です!!


Acoustic Disc / CD / ACD 91
DawgTrio20191004001.jpg

1. Intro
2. Spud Boy
3. Old Timey Art
4. Little Bitty Town
5. Dawg On A String
6. Big Blue
7. No End Of Love
8. Blue Dawg
9. Lobster Rolls
10. Money Moves Up
11. Funky Plunky
12. Zaydeh's Waltz
13. Super Grits
14. Razzle Dazzle
15. It's A Long Long Way to The Top

David Grisman - mandolins, vocals
Danny Barnes - banjos, guitars, vocals
Samson Grisman - upright bass, vocals



半世紀以上にわたる革新的なアコースティック音楽を奏で続けている
“レジェンド・オブ・マンドリン”、David Grisman ( Dawg ) による新たなる
アンサンブル。

この Dawg Trio は、才能豊かな彼の息子、Samson Grisman (DGBX、
Ricky Skaggs, Lee Ann Womack and others)と素晴らしいマルチ弦楽器奏者、
シンガーソングライターの Danny Barnes で構成されています。

内容としては、Dawg による9つの新曲と Barnes のオリジナル3曲、
John Hartford, Don Wayne のカバー2曲からなり、録音はすべて
Grisman's Dawg Studios 行われました。

Grisman 特有の "Dawg" サウンドを始め、スウィングやブルーグラスなど
幅広くユニークなアンサンブルに仕上がっています。







--------------

1999年、十数年ぶりの来日を果たしたDavid Grisman (Quintet)のステージを
目の当たりにした。前半は Dawg サウンドを全面にしたもので、後半はメンバー
全員がオーバーオールに着替えオールド・タイミーなスタイルでの演奏だったと
記憶している。 あれからちょうど20年、もう一度彼の演奏をで生で聴きたいと
心から思います。




店頭にて販売中です。
ご来店お待ちしています。






プロフィール

po69

Author:po69
PO'BOY RECORDS

AMERICAN ROOTS MUSIC
( BLUES, FOLK, SSW,
BLUEGRASS, OLD TIME,
JUG/WASHBOARD, etc )

NEW & USED RECORDS,
CDS, BOOKS
AND MORE...

大阪市北区豊崎3-6-15 
第2淀川ビル3F
TEL:06-7494-9358

OPEN 14:00 CLOSE 20:00
(日曜 14:00 - 19:00)
木曜定休

.......................

PO'BOY RECORDS
Yodogawa N0.2 Bldg 3F
3-6-15, Toyosaki ,Kita-ku,
Osaka 531-0072 JAPAN
TEL&FAX +81-6-7494-9358

Open - Close
Mon. - Sat. 14:00-20:00
(Sun. 14:00-19:00)
Thu. - Closed

カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QR
2019年10月の定休
●木曜定休
カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
リンク
アルバム
検索フォーム
THANK YOU !!
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

<消費税率変更に関して>
2019年10月1日以降より10%での税込価格表示に変更となります。