Arcola Records

Arcola Records


こんにちは。

本日は2000年代にブルースのアルバムを数タイトルだけ
リリースしていたマイナー・レーベル、Arcola Records を紹介。


Furry Lewis, Bukka White & Friends
Party! At Home
Arcola Records / CD / 1001
BukkaFurry20170519001.jpg

1. Hello, Central, Give Me 49
2. Grey-Haired Woman
3. Little Woman's Bed
4. Tip And Eight Boogie
5. Talking
6. Hambone Blues
7. I'm Drifting
8. Bukka's Goodtime Swing
9. Please, Ma'm
10. Talking

Bukka White - Guitar, Vocal
Furry Lewis - Voice [Talking] (M-8, 10)
Little Man - Voice [Talking] (M-4)


11. Going Away Blues
12. John Henry
13. Talking
14. Skinny Woman
15. Talking
16. Old Dog Blue
17. Talking
18. Let Me Call You Sweetheart
19. Talking
20. Farewell To Thee
21. Mama's Fish
22. When I Lay My Burden Down
23. Kassie Jones And A Message From Furry

Furry Lewis - Guitar, Vocal
Bukka White - Voice [Talking] (M-14, 19)
Calvin Gill - Voice [Comments] (M-21)


本作は、1968年7月3日、5日に Furry Lewis のアパートメントで録音された
音源と同年同月6日に Alvino Red's 宅で録音された音源を収録したもの。

2人を中心に友人達も集いアット・ホームな中で演奏されており、未発表
音源も数曲収録されています。


-----------------


Henry Townsend
The Real St. Louis Blues
Arcola Records / CD /
HTownsend20170519001.jpg

1. Can't You See
2. Mercy
3. Can't Help Myself
4. So Long, So Long
5. Pleasin' Myself
6. My Babe
7. Crying Won't Make Me Stay
8. Sad Story
9. I've Got To Go
10. Long Ago
11. Bye Bye St. Louis
12. Room And Board
13. What's On Your Mind?
14. Let Her Go
15. I Regret
16. Every Once In A While
17. Going Back Home

Henry Townsend - Piano, Harpsichord, Guitar, Vocal

ヘンリー・タウンゼントは、80歳まで録音を残し、2006年9月、ウィスコンシンで
亡くなる(96歳)まで活動していたブルースマン。“ミュール”と言う愛称を持つ彼は、
1909年、ミシシッピで生まれ、シカゴ(カイロ)を経由しセントルイスに辿り着く。
1920年代後半までウォルター・デイビスと活動を共にし、セントルイスでは、初期
ブルースのパイオニア、JDショートと仕事をしていたこともある。録音は、Folkways,
Adelphi, Prestige, Nighthawk, Blueberry Hill 等に残している。本作は、1979年に
彼の自宅とピアノ・ショップでの録音を収録したもの

---------------


Babe Stovall
The Old Ace: Mississippi Blues And Religious Songs
Arcola Records / CD /
BStovall20170519001.jpg

1. Good Morning Blues
2. Candy Man
3. Going Away To Wear You Off My Mind
4. The Ship Is At The Landing
5. Baby Let Me Follow You Down
6. Worried Blues
7. Will The Circle Be Unbroken?
8. How Long How Long Blues
9. Dirty Mistreater
10. Good Morning Little School Girl
11. God's Word Shall Never Pass Away
12. Kansas City Blues
13. Medley: Big Road Blues And Careless Love
14. Interview 1: Family
15. Interview 2: Playing In New Orleans

Babe Stovall - Guitar, Vocal

個人的にも大好きな人ですが、この盤だけ当時買いそびれていました。
やっぱり良いですね~。

ミシシッピ出身で戦後にニューオリンズへ移り住み、フレンチ・クォーター
のストリートで演奏していた頃に再発見されています。Jerry Jeff Walker
が歌う "Mr. Bojangles"は、名タップ・ダンサー、Bill Robinson と言う説と
この Babe Stovell と言う説もありますね。

彼の魅力は、ミシシッピのダウン・ホームなスタイルを持ちつつニューオリンズの
ストリートで観客を楽しませる或いは笑わせると言ったエンターテイナーな側面
を兼ね備えているところだと思います。



店頭にて販売中です。
ご来店お待ちしています。



雲遊天下 126号

雲遊天下 126号


最新号、入荷しています!


特集◎物語─ある大阪の編集者 村元武インタビュー
聞き手:南陀楼綾繁 


出版社ビレッジプレス / ¥540(TAX IN)
雲遊天下126 20170517001


[丹波の里から]いのち……大塚まさじ
〔ぼくの歌の旅、君の歌の旅〕心の中の知り合い「大道芸人」……友部正人
〔レコード棚から〕ぴん助風流江戸づくし……豊田勇造
現在を歌うフォークが未来をひらく……中川五郎
音楽と詩と珈琲(三)遺伝……山川直人
〔いつか、どこかで〕遅れて来たテレビっ子……南陀楼綾繁
〔棚にしまわれたフィルム〕ビデオレンタル屋はいつまで街の風景で居られるだろう……渡部幻
〔記憶のB面〕昨日の今日……貴島公
〔季刊・団地〕練馬区関町北三丁目第2アパート……保光敏将
カニコーセンの事件は現場でおきて……堤雅彦(カニコーセン)
詰むや詰まざるや(五)……大川渉
私立探偵と暗号……田川律
〔読んだり聴いたり積んだり〕「東京の人」にあこがれて……吉上恭太

編集メモ
表紙イラスト・本文カット……山川直人
デザイン・誌名&特集ロゴ……小沼宏之




店頭にて販売中です。
ご来店お待ちしております!


STAG-O-LEE 10"

STAG-O-LEE 10"




以前にも紹介したドイツのレーベル、STAG-O-LEE からリリースされた
10インチによる編集盤です!!


30s, 40s の Hot Jive, Jumpin' Jazz, Big Band などを収録したシリーズもの。


Swingin' Dick's Shellac Shakers ! Volume 1
STAG-O-LEE / 10inch / stag-o-94
Swingin Dicks Shellac Shakers20170517001

Side A
1. Horace Henderson & His Orchestra – I Got Rhythm
2. Mezzrow-Ladnier Quintet – Everybody Loves My Baby
3. Fats Waller – The Minor Drags
4. Stuff Smith & His Onyx Club Orchestra – Old Joe's Hitting The Jug
5. Charlie Barnet & His Orchestra – Ogoun Badagris (Voodoo War God)

Side B
1. Rex Stewart's Big Eight – The Little Goose
2. Slim Gaillard – Jam Man
3. Count Basie & His Orchestra - Topsy
4. Jay McShann & His Orchestra – Voodoo Woman Blues
5. Woody Herman - Caldonia


-------------


Swingin' Dick's Shellac Shakers ! Volume 2
STAG-O-LEE / 10inch / stag-o-103
Swingin Dicks Shellac Shakers20170517002

Side A
1. Horace Henderson & His Orchestra – Bunch Of Rhythm
2. The Harlem Hamfats – Root, Hog Or Die
3. Sidney Bechet & His New Orleans Feetwarmers – Rip Up The Joint
4. Albert Ammonds – Jammin' The Boogie
5. Cab Calloway & His Orchestra – Jive (Page One Of The Hepster's Dictionary)

Side B
1. Gene Krupa & His Orchestra – Ball Of Fire
2. Roy Eldridge & His Orchestra – All The Cats Join In
3. Oran „Hot Lips“ Page & His Band – Harlem Rhumbain' The Blues
4. Erskine Hawkins & His Orchestra – Raid The Joint
5. Lucky Millinder & His Orchestra – Who Said Shorty Wasn't Coming Back?


----------


前回紹介した カリプソ、ゴスペルの 10インチ盤も
引き続き販売中です。

詳細は☞ こちら



ご来店お待ちしています。



【再発】 Mamlish Records

Mamlish Records


こんにちは。先週末に紹介できなかった商品をアップしていきます。



まずは、Mamlish Records から初期3作のアナログ盤再発です。


*Mamlish Records
1970年代初め、アメリカの戦前、戦後のブルースを編集しリリースしていた
レーベルで Don Kent によって設立された。Don Kent はブルースやブルーグラス
などの78回転コレクターでもあり、Mamlish 以外に Country Turtle Records や
Flying Crow Records のレーベル・オーナーとしても知られている。




VA / Home Again Blues - Really The Post War Blues
Mamlish Records / LP / S-3799
Mamlish S-3799 21070517001

Side One
1. Luther Huff - 1951 Blues
2. Sonny Boy Johnson - Desert Blues
3. Bluesboy Bill - Come On Babe
4. Sunnyland Slim - Back To Korea Blues
5. Hot Red Happy - Worried Blues
6. Hank Kilroy - Awful Shame
7. Baby Face Leroy - Lou Ella
8. Brother Willie Eason - I Want To Live (So God Can Use Me)

Side Two
1. Frankie Lee Sims - Home Again Blues
2. Sonny Boy Johnson - Come And Go With Me
3. Eddie Kirkland - Time For My Lovin' To Be Done
4. Sunnyland Slim - It's All Over Now
5. John Tinsley & Fred Holland - Keep Your Hands Off 'Er
6. L. C. Green - Come Back Sugar Mama
7. Charles Bradix - Wee Wee Hours
8. Little Sam Davis - 1958 Blues

Mastered By – Nicholas Perls
Sleeve Notes – Don Kent, Pat Conte, Robert Javors






-------------------------


VA / Black Cat Trail
Mamlish Records / LP / S-3800
Mamlish S-3800 21070517002

Side One
1. Elmore James - Hawaiian Blues
2. Big Boy Spires - Murmur Low
3. Johnny Howard - Vacation Blues
4. Slim Pickens - Bad Woman Blues
5. Robert Nighthawk - Crying Won't Help You
6. Grace Brim - Strange Man
7. Willie Lane - Black Cat Rag

Side Two
1. Otis Hinton - Walking Down Hill
2. Snooky Pryor - Boogie Twist
3. Black Diamond - T. P. Railer
4. Chicago Sunny Boy - Western Union Man
5. Baby Face Leroy - Pet Rabbit
6. Rev. Utah Smith - God's Mighty Hand
7. Country Paul - Black Cat Trail

Cover, Artwork – Don Kent
Sleeve Notes – Backwards Sam Firk (Mike Stewart), Don Kent




------------------------


VA / New Deal Blues : 1933-1939
Mamlish Records / LP / S-3801
Mamlish S-3801 20170517003

Side One
1. Joe McCoy - Meat Cutter Blues
2. One Arm Slim - Howling Man Blues
3. Black Ace - Whiskey And Woman
4. Lee Green - Memphis Fives
5. Bo Carter - Don't Do It No More
6. Peanut the Kidnapper - Suicide Blues
7. Chatman Brothers - If You Don't Want Me

Side Two
1. Walter Davis - Sweet Sixteen
2. Memphis Minnie - Keep It To Yourself
3. Big Bill - Dreamy Eyed Baby
4. Bumble Bee Slim - You Can't Take It Baby
5. Pinetop - Tell Her About Me
6. Sonny Scott - Firewood Man
7. Scrapper Blackwell - Alley Sally Blues

Cover, Artwork – Don Kent, from photo lent by Backwards Sam Firk (Mike Stewart),
Liner Notes – Don Kent, Backwards Sam Firk (Mike Stewart)







---------------------




関連で Don Kent が携わったこちらの編集CDもオススメ ↓

waitforme20151219001.jpg

過去の記事 ☞ こちら



店頭にてすべて販売中です。
ご来店お待ちしています。



Blues Poster 2

Blues Poster 2


続きです。


*こちらの Charley Patton のみサイズが大きいです。

Poster20170426001.jpg
Artist: Charley Patton
Title: King Of The Delta Blues
24" x 36" (61×92cm)



Poster20170426002.jpg
Artist: Blind Lemon Jefferson
Title: King Of The Texas Blues Guitar
18" x 24" (45.8×61cm)



Poster20170426003.jpg
Artist: Blind Blake
Title: King Of Ragtime Blues Guitar
18" x 24" (45.8×61cm)



Poster20170426004.jpg
Artist: The Beale Street Sheiks
Title: Famous For Hits
18" x 24" (45.8×61cm)



Poster20170426006.jpg
Artist: Memphis Minnie
Title: Queen Of The Blues
24" x 18" (61×45.8cm)



店頭にて販売中です。
ご来店お待ちしています。







Blues Poster 1

Blues Poster 1



こんにちは。

少しですがポスター入荷しています!




Poster20170426007.jpg
Artist: Charley Patton
Title: Down The Dirt Road Blues Poster
18" X 24" (45.8×61cm)



Poster20170426008.jpg
Artist: Crying Sam Collins
Title: Jail House Blues
18" X 24" (45.8×61cm)




Poster20170426009.jpg
Artist: Victoria Spivey
Title: Dope Head Blues
18" x 24" (45.8×61cm)




Poster201704260010.jpg
Artist: Ma Rainey
Title: Dead Drunk Blues
18" x 24" (45.8×61cm)



Poster20170426005.jpg
Artist: Blind Willie Johnson
Title: Columbia Race Records
18" x 24" (45.8×61cm).



店頭にて販売中です。
ご来店お待ちしています。









ROSE COUSINS

ROSE COUSINS
Natural Conclusion



前作 "We Have Made A Spark" で解説を書かせてもらったカナダで注目の
女性SSW、Rose Cousins。

5年振りとなるこの最新作は、Joe Henry (ソロモン・バークのグラミー受賞作を始め、
ランブリン・ジャック・エリオット、スーザン・テデスキ、アラン・トゥーサンなど数多くを
手掛ける)を迎えた渾身の1枚!


BSMF RECORDS/Old Farm Pony Records ‎ / CD / BSMF-6105
RC20170426001.jpg
直輸入国内仕様 / ¥2592(TAX IN)

1. Chosen
2. Like Trees
3. Freedom
4. White Flag
5. Chains
6. The Grate
7. My Friend
8. Tender Is The Man
9. Lock and Key
10. Grace
11. Donoughmore
12. Coda

Rose Cousins - Guitar, Piano, Vocals
Gord Tough - Electric Guitar, Acoustic Guitar
David Piltch - Upright Bass
Aaron Davis - Keyboards, Organ, Piano
Jay Bellerose - Drums, Percussion
Zachariah Hickman - Upright bass, Vocals
Asa Brosius - Steel Guitar
Kinley Dowling - Viola, Violin, Vocals
....etc

Produce by Joe Henry



「赤毛のアン」の舞台として、また著者であるルーシー・モード・モンゴメリーが
暮らしていたことでも知られているカナダの東海岸、セントローレンス湾に浮かぶ、
プリンス・エドワーズ島で生まれた彼女。

小さい頃からラジオやテレビ、映画などから音楽に親しみ、町の小さな教会で母親
や姉と歌うようになる。本格的な音楽活動の始まりは、現在の拠点となるカナダ東部
の半島、ノヴァスコシア州の都市ハリファックスに移り住んでからとなる。

自主制作によるEP盤、『Only So Long』(2002年)、『Miles to go』 (2003年)の2枚と
ライヴ・アルバム『Gingers on Barrington St.』(2003年)をリリース。

2006年、正式なファースト・アルバムとなる『If You Were for Me』でデビュー。翌年、カナダの
”Canadian Folk Music Award”でベスト・ソロ・アーティスト賞や”PEI Music Awards”で
ベスト・フォーク・レコーディング&フィーメール・ヴォーカリスト賞など数々の賞を獲得。

Neil Young, Robbie Robertson, Joni Mitchell, Leonard Cohen, Bruce Cockburn, Ron Sexsmith
など多くのアーティストを輩出しているカナダからアメリカを経由し届けられた美しさと征服に
満ちた感情的な風景を連想される楽曲。






店頭にて販売中です。
ご来店お待ちしています。




PIETA BROWN

PIETA BROWN
POSTCARDS



今回、解説を書かせてもらったアイオワを拠点とする女性SSW、
Pieta Brown を紹介します。


僕自身、彼女のアルバムはデビューから聴いているのですが、
その理由は大好きなSSW である Greg Brown を父とするからでした。


本作は、2014年にリリースされたアルバム『Paradise Outlaw』から
約3年振りのアルバムとなります。



BSMF RECORDS/LUSTRE RECORDS / CD / BSMF6104
PB20170426001.jpg
¥2592(TAX IN) / 直輸入国内仕様

1. In The Light (with Calexico)
2. Rosine (with Mike Lewis from Bon Iver)
3. Once Again  (with David Mansfield)
4. How Soon  (with Mason Jennings)
5. Street Tracker  (with Mark Knopfler)
6. Stopped My Horse (with Carrie Rodriguez)
7. Station Blues (with Chad Cromwell)
8. Take Me Home (with David Lindley)
9. On Your Way (with Eric Heywood & Caitlin Canty)
10. All The Roads (with The Pines)


本作は、彼女と夫であり共同プロデューサーでもあるボ・ラムゼイと共に
アコースティック・ギターと歌のみで制作した骨組みだけの楽曲を10組の
友人であり著名なアーティストへ送り、各自の音楽スタイルでレコーディング
まで行ってもらうと言う実験的なコラボレーション・アルバムです。

各楽曲のコラボレーション・アーティストには、アリゾナ州トゥーソンで結成された
ロックバンド、Calexico を始め、 ザ・アルファ・バンドの David Mansfield (Bob Dylan
のローリング・サンダー・レヴュー・ツアーへ参加したことでも知られる)や Jackson Browne,
Ry Cooder らとの共演でも知られるマルチ弦楽器奏者、David Lindley などがクレジット
されています。

さらには、彼女自身のアルバム『Mercury』(2011年作)にもギターで参加した御大
Mark Knopfler もサポートしています。(彼女は、2010年に彼の彼の北米ツアーにも
同行しています。)

彼女が送った音によるポストカードは、それぞれのアーティストによって幻想的で繊細
かつ美しいアレンジにとって返信されてきました。彼女の甘い歌声とともに聴いてもらい
たい1枚です!






店頭にて販売中です。
ご来店お待ちしています。





松井文

松井文
「顔」




ファースト・アルバム『 あこがれ 』、

あれから5年、

レーベル・メイトである、

折坂悠太を、

プロデュースに迎えた、

待望のニューアルバム。

本日より発売スタート!!


実は、当店にて少し先行で販売していましたが、
一回目の納品は完売し追加しました。



時代の⼤気をぐわしとつかむ松井⽂のフォークロック。
みんな思い出すだろう。君の話を聞きながら相づち打つだけで、
毎⽇はとっても過激だと。 - 九⿓ジョー(ライター)





のろしレコード / CD / DQC-1567 / ¥2808(TAX IN)
AM20170426002.jpg

1. 相槌
2. ああ無常
3. いつになったら
4. 安いバーボン
5. カエル
6. 海は遠かった
7. 水平線(折坂悠太作)
8. 家路
9. きみの顔が霞んでみえる
10. すきま

松井文 - Gt, Vo

ゲスト
折坂悠太 - Vo, Dr, Gt, Pf
三輪二郎 - Vo, Gt
日南京佐 - Cello
ハラナツコ - Sax
竹口滉 - Gt, Mand
田中悠貴 - Ba



MV「いつになったら




店頭にて販売中です。





----



すでに関西、関東でのレコ発も決まっております↓


●4月28日(金)三鷹 バイユーゲート
東京都武蔵野市中町1-17-2 アビエス1F
TEL 0422-55-5782
『松井文「顔」一人ぼっちのリリースパーティー』
開場19:00 開演20:00
料金 1500円(+1drink)

------------


『CD発売記念 関西ツアー』
with れっきとしたSLEEPER
岡本修道(gt,mand) 弓倉尚真(gt) 山崎明(key)近藤哲生(ba) 飯田一馬(ds)

●5月19日(金) 大阪 GANZ toi,toi,toi
開場19:00 開演19:30
前売 2500円 当日3000円(+1drink)
O.A 田中旭津

●5月20日(土) 京都 恵文社 cottage (アコースティックミニライブ)
開場18:00 開演18:30 終演19:30
予約 2000円 (+1drink)
※この日は、岡本修道(gt,mand) 弓倉尚真(gt)とのトリオ編成となります。

●5月21日(日) 神戸 JAMES BLUES LAND
開場18:30 開演19:00
予約 2500円 当日3000円(+1drink)

----------------


『CD発売記念 新宿ゴールデン街劇場 2Days』

●6月3日(土) 弾き語り編
松井文(vo,g)、折坂悠太(vo,g)、三輪二郎(vo,g)
開場18:30 開演19:00
予約 2500円 当日3000円

●6月4日(日) バンド編
松井文(vo,g)、三輪二郎(gt)、ロケット・マツ(key,mand)、種石幸也(ba)、
折坂悠太(dr)、ハラナツコ(sax)、日南京佐(cello)
スペシャルゲスト モロ師岡
開場16:30 開演17:00
予約 3000円 当日3500円


<予約>
noroshirecord@gmail.com まで



DOLLY PARTON

DOLLY PARTON
Puppy Love



こんばんは。

今日は出勤前にポートランド・フェアへ立ち寄りました。
MR も出店と思ってたけど違いました~


さて今日は、Yep Roc Records のRSD 限定7インチです。


Yep Roc Records / 7inch EP / 45rpm
dolly20170426001rsd.jpg

Side A
Puppy Love

Side B
Girl Left Alone



アメリカを代表する女性カントリー・シンガー、 Dolly Parton 。

個人的にも彼女の歌声は大好きで、 初期も良いし、90年代終わりから
2000年にかけてリリース(Suger Hill Records から)された グラスルーツな
アルバムも最高でした。

"9 To 5", "Just Because I'm A Woman", "Coat Of Many Colors",
"Jolene" を始めとするヒット作も多数あります。

映画『ボディガード』で Whitney Houston も歌った"I Will Always Love You"
なんかも有名ですね。他にも Emmylou Harris と Linda Ronstadt との
コラボレーション Trio ではグラミーも受賞しています。

本作は、1959年に Goldband Records からリリースされた彼女の
ファースト・レコーディングの再発となります。今回は、RSD 限定1500枚です。
ジャケットから連想できる可愛らしい歌声が聴けますよ!



店頭にて販売中です。
ご来店お待ちしています。




プロフィール

po69

Author:po69
PO'BOY RECORDS

AMERICAN ROOTS MUSIC
( BLUES, FOLK, SSW,
BLUEGRASS, OLD TIME,
JUG/WASHBOARD, etc )

NEW & USED RECORDS,
CDS, BOOKS
AND MORE...

● その他、日本のフォーク
SSW/ブルース系のアーティスト
もあります。

大阪市北区豊崎3-6-15 
第2淀川ビル3F
TEL:06-7494-9358

OPEN 12:00 CLOSE 20:00
(日曜 CLOSE 18:00)
木曜定休
.......................
Yodogawa N0.2 Bldg 3F
3-6-15, Toyosaki ,Kita-ku,
Osaka 531-0072 JAPAN
TEL&FAX +81-6-7494-9358

Open - Close
Mon. - Sat. 12:00-20:00
(Sun. 12:00-18:00)
Thu. - Closed

カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QR
2017年6月の定休
●木曜定休
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
リンク
アルバム
検索フォーム
THANK YOU !!
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

<消費税率変更に関して>
2014年4月1日以降より8%での税込価格表示に変更となります。