FC2ブログ

【追記】しゃぼん玉感謝祭

『しゃぼん玉感謝祭』


チラシの掲載内容に誤りがありました。

*訂正 ☞ 【誤】8/10 (木)  【正】8/10 (金) お間違いなく!


shabondama201808067810.jpg
予約、前売りは各お店のHP、もしくはtunechi@df6.so-net.ne.jpまで


アンチェイン梶&AZUMI

アンチェイン梶&AZUMI

ヒゲヒゲ スイスイ
西成 釜晴れライブ 2018 6月3日





こんにちは。


久しぶりに AZUMI アーカイブから1枚!





CD-R / no number / ¥1000(TAX IN)
azumiunchain20180730001.jpg

1. おソージおばちゃん
2. LET IT CRY
3. パンツ1号
4. お父さんは雨男
5. 会うは別れのはじまりならば
6. 3日で消えるんか?
7. 寒空の下で
8. 命がけの野武士
9. さる カム エブリディ
10. 星屑の夜に
11. 寸足らずの男
12. 巨乳であれば

アンチェイン梶 - Vocal
AZUMI - Guitar


本作は、2018 6月3日、西成 難波屋にて行われた アンチェイン梶&AZUMI
のライヴをダイレクト・レコーディングしたもの。

元プロボクサーとして知られるアンチェイン梶の人情味溢れる歌詞と泥臭い
ヴォーカルに Azumi のギターが絡む異種対戦!最初から最後までMC中は、
おばちゃんのオンステージ(笑)



店頭にて販売中です。


----------------------


なお来月は 『しゃぼん玉感謝祭』です。

*訂正 ☞ 【誤】8/10 (木)  【正】8/10 (金) お間違いなく!
shabondama201808067810.jpg
予約、前売りは各お店のHP、もしくはtunechi@df6.so-net.ne.jpまで




良元優作

良元優作



こんにちは。


今回、ライブ会場にて販売されている3曲入りCD、
2枚を紹介できることになりました。



CD / no number / ¥1000(TAX IN)
YY20180730002.jpg

1. 水滴
2. 京阪電車
3. たぁちゃん

良元優作 - vocal, guitar


-----------------------



CD / no number / ¥1000(TAX IN)
YY20180730001.jpg

1. ヘイヘイブルース
2. 無題
3. 月と金星

良元優作 - vocal, guitar



どちらも流通していない彼のアーカイブ集です。
生で聴きたいなぁ...



----------------------


こちらも久しぶりに入荷しています!


へたくそな唄
YY20180730003.jpg

1. 月と金星
2. 風につらつら
3. 緑のタイルのいかしたテーブル
4. いい人だね
5. 風の噂
6. 遠い空
7. 頑是無い歌
8. へたくそな唄



店頭にてすべて販売中です。




---------------


なお来月は 『しゃぼん玉感謝祭』です。

*訂正 ☞ 【誤】8/10 (木)  【正】8/10 (金) お間違いなく!
shabondama201808067810.jpg
予約、前売りは各お店のHP、もしくはtunechi@df6.so-net.ne.jpまで



その他、ライヴ情報はこちら ☞ 良元優作 Blog




ターボー&ムニエルズ

ターボー&ムニエルズ
メマリソ




こんにちは。


大阪を拠点に活動している二人組、ターボー&ムニエルズ!



お店をやり始めて出会った二人、

互いにソロやサポートとしても活動し、

ディープ大阪でもまれながら、

遂にターボー&ムニエルズとしてCD(6曲入り)リリース!!



CD / no number / ¥1000(TAX IN)
taboMNS20180730001.jpg

1. どんだけ転がんねん
2. 汽車がゆく
3. 欲望は尽きん
4. フェスタ
5. ドライブ
6. メマリソ

ターボー(岩佐良) - A. Guitar, Vocal, Percussion
福井宏明 - E. Guitar, Mandolin, Lap Steel

special chorus
安藤八主博(ザ・たこさん)
カオリーニョ藤原
キング堀内
桜川春子
ヘアンナケンゴ
...etc



Lo-Fi なサウンドの中に聴こえる独特の異国リズム。
一度聴いたら不思議と耳に残る。


キャッチーなジャケットのイラストも何かそそられるなぁ。。。
今回購入していただいたお客様には、このイラストの
ステッカー(2パターンあり)が特典として付きます↓

stacker20180731002.jpg stacker20180731001.jpg


CDはライヴ会場でも販売しているとのこと
是非足を運んでやってくださいませ。


ライヴ情報等はネットの方でご確認を。
ちなみにFacebook ☞ ターボー&ムニエルズ走馬灯通信




もちろん当店でもご購入できます!






LUCINDA WILLIAMS

LUCINDA WILLIAMS




今やオルタナ・カントリーの旗手としてロック・ファンにも名の知れる
アメリカン・ソングライター、ルシンダ・ウィリアムス。


彼女の原点となるファースト・アルバムとセカンド・アルバムが
久しぶりに再発されました!


時代の流れやレーベルの意向に溺れることなく自身の信念(スタイル)
を貫き続け、1998年にリリースしたアルバム『Car Wheels on a Gravel Road』
で大成功を掴みとるまでの彼女を知る大事な2作です!!



Ramblin'
BSMF RECORDS / CD / BSMF-7559 / ¥2376(TAX IN)
LW20180627002.jpg
直輸入盤国内仕様 / 日本語解説付き

1. Ramblin' On My Mind
2. Me And My Chauffeur
3. Motherless Children
4. Malted Milk Blues
5. Disgusted
6. Jug Band Music
7. Stop Breakin' Down
8. Drop Down Daddy
9. Little Darling Pal Of Mine
10. Make Me Down A Pallet On Your Floor
11. Jambalaya (On The Bayou)
12. Great Speckled Bird
13. You're Gonna Need That Pure Religion
14. Satisfied Mind

Lucinda Williams - Voacl, 12 String Guitar
John Grimaudo - 6 String Guitar



オリジナルのタイトルは、『Ramblin' On My Mind』で、91年のCD化に伴い
『Ramblin'』と変更されジャケット・デザインも変更されています。

1978年、サザン・ソウルの名門レーベル、マラコ・レコードが持つスタジオ
で録音し、翌1979年にニューヨークでモーゼス・アッシュが創設した老舗レーベル、
フォーク・ウェイズ・レコード(現スミソニアン・フォークウェイズ・レコーディングス)
よりリリースされたファースト・アルバム。

収録されているすべてがカバー曲(トラディショナルを含む)の弾き語りで、
彼女は12弦ギターを手にし、サポートとして John Grimaudo が6弦ギターを担当。

3曲の Robert Johnson ナンバーや Memphis Minnie, Lil son Jackson などの
ブルース・カバーに加え、ジョージアのブラインドのストリート・シンガー/ギタリスト、
Reverend (Blind) Pearly Brown のアルバム『Georgia Street Singer』から選曲された
スピリチュアル・ナンバーのアレンジ3曲など。

他にも The Carter Family や Hank Williams などのカントリー名曲も収録されいます。









----------------------------------




Happy Woman Blues
BSMF RECORDS / CD / BSMF-7560 / ¥2376(TAX IN)
LW20180627001.jpg
直輸入盤国内仕様 / 日本語解説付き

1. Lafayette
2. I Lost It
3. Maria
4. Happy Woman Blues
5. King Of Hearts
6. Rolling Along
7. One Night Stand
8. Howlin' At Midnight
9. Hard Road
10. Louisiana Man
11. Sharp Cutting Wings (Song To A Poet)

Lucinda Williams - Voacl, Acoustic Guitar
Mickey White - Acoustic Guitar, Harmony Vocal
Andre Matthews - Electric Guitar
Mickey Moody - Pedal Steel Guitar
Rex Bell - Electric Bass, Harmony Vocal
Ira Wilkes - Drums
Malcolm Smith - Fiddle, Viola



1980年にニューヨークからテキサスへ移動し、Guy Clark や Townes Van Zandt
らとの交流でも知られるギタリスト、Mickey White を共同プロデュース兼エンジニア
として迎え制作された全曲オリジナルのセカンド・アルバム。

フィドルをフィーチャーしたルイジアナ特有のケイジャン・ダンス・チューンから
Bob Wills を彷彿とするウェスタン・スウィング、エレクトリック・スライド・ギターによる
大胆かつ爽快なブルース、切々と歌い込まれたフォーキーでメロディアスなもの
までバラエティに富んだ演奏が聴ける。

楽曲は、、彼女が8か月もの間ニューヨークに滞在していた頃に経験した喪失感や
苦悩、これまでに暮らしてきたテキサスやミシシッピ、ルイジアナへの望郷の念が
多く投影されている。









Bio
1953年、アメリカはルイジアナ州レイクチャールズ出身。父親は著名な詩人でありアーカンソ-大学の
文学教授でもあるミラー・ウィリアムス。母親のルシールは、ルイジアナ州立大学で音楽を専攻していた
アマチュアのピアニスト。1960年代半ばに両親が離婚し、親権は父親が取得。幼いころから父親の仕事
の都合上、アトランタやメイコン、ヴィックスバーグ、ジャクソン、バトンルージュ、ニューオリンズ、メキシコ・シティ、
サンティアゴ(チリ)などを転々として暮らす。父からは「詩」を学び、母からは「メロディ、ハーモニー、リズム」
といった音楽的なこと吸収。12歳でギターを学び、17歳で初のライヴを行っている。
1974年頃から彼女はテキサス州のオースティンやヒューストン、テネシー州はナッシュビルなどを転々と移動し、
ナンシー・グリフィスやライル・ラヴェットと言った優れたアコースティック・ライター達から音楽的なことを多く学ぶ。
1978年にミシシピ州ジャクソンに移動してサザン・ソウルの名門レーベル/レコーディング・ スタジオ、マラコにて
初のアルバム『Ramblin' on My Mind』を録音。翌年、ニューヨークでモーゼス・アッシュが創設した老舗レーベル、
フォーク・ウェイズ・レコード(現スミソニアン・フォークウェイズ・レコーディングス)よりリリース。その後、ニューヨーク
はグリニッチビレッジのフォーク・クラブなどで演奏をしながら8カ月あまりを過ごす。1980年、ヒューストンに
戻った彼女は全曲オリジナルを収めたセカンド・アルバム『Happy Woman Blues』を録音しフォーク・ウェイズより
リリース。1984年にロサンゼルスへ移るまでヒューストンとオースティンの間を行き来しながら地道に活動。
1988年、そんな彼女の素質をいち早く認めた英国のレーベル、ラフトレイドより、アルバム『Lucinda Williams』を
リリース。カルト的な評判を呼び、後にエミルー・ハリスが楽曲"Crescent City "を、パティ・ラブレスが楽曲
"The Night's Too Long"を、メアリー・チェイピン・カーペンターが楽曲"Passionate Kisses"をそれぞれカバー。
メアリー・チェイピン・カーペンターは、彼女に初のグラミー賞(ベスト・カントリー・ソング部門)をもたらした。
1992年、カメレオン・レコード(後にエレクトラ流通の)より4枚目のアルバム『Sweet Old Worldをリリース。
タイトル曲"Sweet Old World"は、ダニエル・ラノワをプロデューサーに迎えて制作されたエミルー・ハリス
の名盤『Wrecking Ball』(1995年リリース/96年グラミー受賞)に取り上げられる。1998年、メジャー・レーベル、
マーキュリーよりアルバム『Car Wheels on a Gravel Road』をリリース。このアルバムで2度目のグラミー賞
(ベスト・コンテンポラリー・フォーク・アルバム)を受賞。2001年には3度目のグラミー賞をもたらす事になった
アルバム『Essence』をマーキュリーと同じユニバーサル系のロスト・ハイウェイよりリリース。そこでは、
『World Without Tears』(2003年)、『Live @ The Fillmore』(2005年)、『West』(2007年)、『Little Honey』(2008年)、
『Blessed』(2011年)とコンスタントにアルバムをリリース。2014年には自身のレーベル、ハイウェイ 20 レコード
からトニー・ジョー・ホワイトやビル・フリゼールも参加したアルバム『Down Where the Spirit Meets the Bone』、
2016年にアルバム『The Ghosts of Highway 20』をリリース。2017年には原点回帰とも言える92年の隠れた名盤
『(This) Sweet Old World』を全曲再録音しリリース。還暦を過ぎた今なお現役のソングライターとして第一線で
活動を続ける彼女は、来年でデビュー40周年を迎える






どちらも店頭にて販売中です!






【終了しました】サマー・セール

【終了しました】
サマー・セール 2018




いつもブログ閲覧ならびにご来店ありがとうございます。



遅ればせながら今年も店頭にてセールを開催します!
当店の商品以外に BSMF RECORDS さんの旧譜セールも同時に行います。



期間 : 2018年7月25日(水)~2018年8月26日(日)

① 店頭の輸入盤CD 全品¥200 OFF セール! (輸入CD-Rと一部、国内盤も対象)  
  ● ¥200 OFF

② 輸入盤CD(新品)クリアランス・セール! (一部、国内盤も対象)
  ● 対象商品 ¥500~

③ BSMF RECORDS 旧譜CD&DVD(新品)セール! (発売から1年以上経過した旧作) 
  ● 対象商品 ¥1000均一

④ 輸入盤LP(新品)クリアランス・セール!(対象商品のみ表示価格から50% オフ)
  ● 対象商品 50% オフ



なお木曜日は通常通り定休日となり、営業時間変更等、ブログにて告知いたします。
ご確認の上、お時間、日程のゆるす限りご来店お待ちしております。


重ねてよろしくお願いいたします。


PO'BOY RECORDS


JOHN FAHEY

JOHN FAHEY
1978 Live at Audimax Hamburg



こんにちは。




本日は、ドイツのテレビ局 Westdeutscher Rundfunk(WDR)で
放送されている音楽番組「Rockpalast」の映像です。


「Rockpalast」と言えば、ロックを中心としたメジャーの人の
映像が比較的多いのでが、John Fahey の映像があると
知ったときは狂喜したことを憶えています。


当時はトール・ケースのDVDで販売されていて Leo Kottke
なんかもありました。

今回は、デジバック仕様での販売です!





BLAST FIRST PETITE / PTYT 037 / DVD / region free
faheyDVD20180723001.jpg

setlist
On The Sunny Side Of The Ocean (03:45)
Hawaiian Two-Step (02:05)
Lion (07:20)
Wine And Roses (05:00)
Poor Boy Long Ways From Home (05:00)
Steamboat Gwine Round De Bend (03:55)
How Green Was My Valley (03:05)
Candy Man / Brendas Blues / Take A Look At That Baby (04:00)
Beverly (04:48)
Medley (04:12)
Interview (05:00)

John Fahey – Guitar

Year: 1978 Month: 03 Day: 17
Location: Audimax Hamburg



本作は、1978年にドイツのハンブルグ大学のキャンパスで行われた
ライヴ映像となります。

1975年に Takoma Records から『Old Fashioned Love 』をリリースして、
1979年に『Visits Washington D.C. 』をリリースするまでの、いい時代の
演奏が聴けます。

「Red Pony」 の改題曲「Wine And Roses」を始め、指弾きの「Poor Boy ~」
や「Medley」に挿入されているワイゼンボーン・ギターによるスライド曲「Po'boy」
も聴けますよ!!

*リージョンフリーなので通常のDVDプレイヤーでご覧いただけます。



店頭にて販売中です。



----------------------------

余談
先日、やっと『さすらいのレコード・コレクター』をゆっくり観てきました。
字幕なしでは何度も観たのですが、今回はより内容が深まりました。

やはり爆音で聴く Blind Willie Johnson いいですね。今日紹介した
John Fahey もちらっと映りましたが、皆さん気づきましたか~??



Tommy "CGP" Emmanuel and David "Dawg" Grisman

Tommy "CGP" Emmanuel
    and David "Dawg" Grisman


PICKIN '



僕個人は、Chet Atkins を聴く中で出会ったギター・ピッカー、
Tommy "CGP" Emmanuel。
Chet の共演盤『The Day Finger Pickers Took Over The World 』は
愛聴盤です。



超テクのフィンガー・ピッカーとして知られるTommy "CGP" Emmanuel と
David "Dawg" Grisman 、両名手によるデュオ盤!!

*こちらはレーベルのオフィシャルのCD-Rとなます。

Acoustic Disc / CD-R
Dawg20180711003.jpg

01 - Zorro's Last Ride
02 - Cinderella's Fella
03 - CGP & Dawg
04 - Farm & Fun Time
05 - Newly Wedding
06 - Sweet Georgia Brown
07 - Standing Rock
08 - Dawg's Waltz
09 - Tipsy Gypsy
10 - Tracy's Tune
11 - Port Townsend Blues
12 - Waltzing Matilda

Tommy "CGP" Emmanuel - guitar
David "Dawg" Grisman - mandolin



長年にわたりお互いの音楽を賞賛してきた二人ですが、2014年まで出会う
機会がありませんでした。

本作は、パシフィック・ノースウエストにある "Dawg" の持つスタジオにて
レコーディングされ、"CGP"のリクエストにより"Standing Rock"、 "Farm&Fun Time"、
"Port Townsend Blues"、 "Zorro's Last Ride"などを収録。

他にもスタンドードの "Sweet Georgia Brown" や オーストラリアン・トラッド
"Waltzing Matilda"なども収録。後者は、Joan Baez や The Pogues、
Tom Waits などもカバーした曲としても知られています。







店頭にて販売中です!



DAWG AND 'T'

DAWG AND 'T'
LIVE AT ACOUSTIC STAGE

David Grisman & Tony Rice




こんにちは。 
連日、酷暑が続いています。皆様お体お気をつけください。


さて本日は Acoustic Disc の続きから紹介します。


"Gasoline Brothers"と言う異名を持つ David "Dawg" Grisman と
Tony "T" Rice によるスペシャル・リユニオンを収めたライブ盤!
(なお本作はオフィシャルのCD-R です。)



Acoustic Disc / 2CD-R
Dawg20180711004.jpg

Disc 1 (1st Set)
01 - Intro
02 - Good Old Mountain Dew
03 - Eighth Of January
04 - Tone Poems Intro
05 - I Don't Want Your Mandolins, Mister
06 - Sambino
07 - Watson Blues
08 - Ralph's Banjo Special
09 - I Am A Pilgrim
10 - Swing '42
11 - Wildwood Flower
12 - Shenandoah
13 - Opus 38

Disc 2 (2nd Set)
01 - Intro
02 - Antique Mandolin
03 - Turn Of The Century
04 - O'banion Intro
05 - O'banion's Wake
06 - Banks Of The Ohio
07 - Dawg After Dark
08 - Dawg's Rag
09 - Mill Valley Waltz
10 - Devlin'
11 - Fiddle Tune Medley
12 - Song For Two Pamelas
13 - Fanny Hill
14 - Dawg's Bull
15 - O Solo Mio

David Grisman - mandolin, vocals
Tony Rice - guitar




本作は、1997年にノースカロライナ州ヒッコリーの Acoustic Stage にて
行われた2人の貴重なライブを1st セットと2nd セットに分けて2枚のDisc
へ 収めたものです。

収録された楽曲は、1994年にこの"Gasoline Brothers"でリリースした
アルバム『Tone Poems』からの選曲に加え、ブルーグラスやジャズの
クラシックなナンバー、 "Dawg"のオリジナルで構成されています。

バンドは別にして、この生きる伝説のデュオによるライヴはそうそう
ないので貴重だと言えます。


卓越した弦さばきと爽快なサウンドはうだる暑さも吹き飛びます。




店頭にて販売中です。



出張販売終了しました。 『さすらいのレコード・コレクター』

『さすらいのレコード・コレクター』

こんにちは。

今回、『さすらいのレコード・コレクター』公開を記念として大阪九条の
シネ・ヌーヴォさんにて2日間限定で出張販売させていただきました。

当店にとって本当に貴重な時間を共有させていただきました。
販売スペースにてお買い上げいただいたお客様を始め、シネ・ヌーヴォ
のスタッフの皆様、関係者の皆様、ありがとうございました。

映画は8/3(金)まで上映されています。なお本作からインスパイアされて
製作された小田香監督最新作 『TUNE』(2018年/6分)も本編前に
特別上映されています!是非足をお運びください!!

"Jolly" Joe
jolly joe 20180715001


PO'BOY RECORDS

プロフィール

po69

Author:po69
PO'BOY RECORDS

AMERICAN ROOTS MUSIC
( BLUES, FOLK, SSW,
BLUEGRASS, OLD TIME,
JUG/WASHBOARD, etc )

NEW & USED RECORDS,
CDS, BOOKS
AND MORE...

● その他、日本のフォーク
SSW/ブルース系のアーティスト
もあります。

大阪市北区豊崎3-6-15 
第2淀川ビル3F
TEL:06-7494-9358

OPEN 12:00 CLOSE 20:00
(日曜 CLOSE 18:00)
木曜定休
.......................
Yodogawa N0.2 Bldg 3F
3-6-15, Toyosaki ,Kita-ku,
Osaka 531-0072 JAPAN
TEL&FAX +81-6-7494-9358

Open - Close
Mon. - Sat. 12:00-20:00
(Sun. 12:00-18:00)
Thu. - Closed

カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QR
2018年9月の定休
●木曜定休
カレンダー
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
リンク
アルバム
検索フォーム
THANK YOU !!
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

<消費税率変更に関して>
2014年4月1日以降より8%での税込価格表示に変更となります。