COWBOY

COWBOY



BSMF RECORDS からのリリース!




Boyer & Talton (Expanded Edition)
BSMF RECORDS / CD / BSMF-7557 / ¥2592(TAX IN)
131626175.jpg

1. A Patch & a Pain Killer
2. Coming Back to You
3. Everyone Has a Chance to Feel
4. Where Can You Go?
5. I Heard Some Man Talking
6. Love 40
7. Road Gravy Chase
8. Something to Please Us
9. Long Ride
10. Message in the Wind (When I’m Listening)
11. Houston
12. Houston Vamp
13. Time Will Take Us (Bonus Track)
14. Where Can You Go? (Bonus Track)

オールマン・ブラザースとの関係も深い、70年代サザン&カントリー・ロック・バンド、
カウボーイがカプリコーンからリリースした1974年の名盤がリマスターされ初CD化!
スコット・ボイヤー、トミー・タルトン、2人のソングライターによる名曲の数々は
今聴いても新鮮だ。バックには、オールマンズのチャック・リーヴェル(Key)やジェイモー(Pec)、
ランドール・ブラムレット(Sax)らも参加。1974年『The Gregg Allman Tour』からの2曲を
ボーナス収録。



-----------------------------




Cowboy
BSMF RECORDS / CD / BSMF-7558 / ¥2376(TAX IN)
131626212.jpg

1. Takin’ It All the Way
2. Now That I Know
3. Pat’s Song
4. Straight into Love
5. Everybody Knows Your Name
6. What Can I Call It
7. Nobody Else’s Man
8. Except for Real
9. Satisfy
10. River to the Sea

カプリコーンから1977年にリリースしたラストアルバムがリマスターされCD化(30年前に
日本でのみCD化されたが現在は入手困難)。スコット・ボイヤー、トミー・タルトンという
2人のソングライターによる、さらにポップになった名曲の数々は今聴いても新鮮だ。
今年2月に亡くなったスコット・ボイヤーへの追悼盤でもある。



Cowboy
カウボーイは、1969年フロリダ州ジャクソンヴィルでスコット・ボイヤー、トミー・タルトンという
2人のソングライター&ギタリストを中心に結成されたカントリー・ロック・バンド。ボイヤーのバンド、
The 31st of February(ブッチ・トラックスも所属)が、デュアン、グレッグのオールマン兄弟と
親しかったことで、彼らが所属するカプリコーンと契約。1970年にファースト『Reach for the Sky』を、
1971年には『5'll Getcha Ten』とリリース。その後、方向性の違いでボイヤー&タルトン以外の
メンバーが脱退。残された2人はグレッグ・オールマンの『Laid Back』のレコーディング、ツアーに
参加(『The Gregg Allman Tour』)。その後、メンバーを一新し1974年『Boyer & Talton』、1977年
『Cowboy』をリリース後、バンドは解散。2人はセッションプレイヤーとしてマッスル・ショールズ
などで活躍。2007年には再結成し、2010年『Cowboy Reunion 2010』」をリリース。
2018年2月にボイヤーは亡くなっている。




どちらも販売中です。
ご来店お待ちしています。



Listen All Around: The Golden Age of Central and East African Music

Listen All Around:
The Golden Age of Central and East African Music



こんにちは。


紹介が遅れていました、

Dust-to-Digital からのニューリリース第2弾です。




Listen All Around20180622001

Listen All Around20180622002

1. Mamboleyo (Affairs Of Today) –Kalenga Antonance
2. Mamwana Kufika Munda (My Love Is Upset) –Ilunga Patrice, Misomba Victor, And Friends
3. Siwezi Kuiacha Rumba (I Cannot Give Up Rumba) –Vijana Wa Mbeya, Jim D. Gondwe
4. Stanleyville Putulú (Stanleyville is Dusty) –Henri Bembele And Orchestra Tinapa
5. Kwa Jinsi Ninavyokupenda (How I Love You) –Dar Es Salaam Jazz Band
6. Pini Ochama (I Was Without Hope) –Lang Obiero
7. Sͻkͻ Olingi Na-Boma (If You Want To Kill Me) –Joseph Eluka And Soldiers
8. Caroline Zibula Bango –Yemba Jean Batiste and Soldiers
9. Tála Bango (Watch Them) –Société Edemi de Stanleyville, Elise Edemi
10. Gitari Na Congo (Guitar Of The Congo) –Bakia Pierre
11. Birima –Morris Kalala
12. Mangwasi –Tauni Mwenasasu and Friend
13. Napenda (I Love) –Coast Social Orchestra, Alexander Ayub
14. Mamie Sistah Mai Deah (Mommy, Sister My Dear) –Coast Social Orchestra, Alexander Ayub
15. Chemirocha III –Chemutoi Ketienya, Kipsigis Girls
16. Mpenzi Wangu Wanitupa (My Sweetheart Left Me) –Sunderland String Band, Louis Mellito
17. Mpenzi Wangu, Umepotea Mjini (My Love, You Have Disappeared in Town) –Lang Obiero
18. Jumamosi Kuna Vigelegele (On Saturday, There Is Celebration) –Lang Obiero
19. Maivuno Ni Kilema (Jealousy Is A Vice) –ORCLOS, Ombiza Charles
20. Kisima Cha Wivu (Well Of Jealousy) –Kimambo Brothers
21. Moyo Wanitanga-Tanga (My Heart Is Troubled) –Coast Social Orchestra, Alexander Ayub
22. Nali Kisafiri (As I Was Traveling) –Coast Social Orchestra, Alexander Ayub
23. Wapenzi Kuwaona (We Are Pleased To See You And To Be Together) –ECO African Band
24. Mama Josefina (Mama Josefina) –Patrice Ilunga, Victor Misomba And Friends
25. Jean Ndjela Ku Parquet (Jean Ndjela Before The High Court) –ORCLOS, Ombiza Charles
26. Pipi Na Dongo (Candy And Okra) –Norbert De Magaro
27. Kilio Mama (Mother’s Cries) –Ezekiel Kamenga & Luba Men
28. Mwendo Tulikwenda (The Journey That We Took) –Mwenda Jean Bosco and Singers
29. Doa Jeupe (White Spot) –ECO African Band
30. Eh, Mwajuma Wanikataa (Eh, Mwajuma, You Have Turned Me Down) –Sunderland String Band
31. Marie Wabolingo (Marie, My Love) –Samuel Colon And Baninga Baye
32. Hayo Siyakweli (It’s Not True) –Dar Es Salaam Jazz Band
33. Nimepata Mpenzi, Mtoto, Mdogo, Mzuri Simwachi (I Got A Young, Beautiful Girl That I Won’t Leave) –Dar Es Salaam Jazz Band
34. Nimepata Mpenzi, Mtoto Mzuri (I Got A Young, Beautiful Girl) –Chipukizi Rumba
35. Mtoto Mzuri Simwachi (I Won’t Leave A Young, Beautiful Girl) –Vijana Wa Mbeya
36. Chineno (Little Speech) –Merry Black Birds
37. Chaupele Mpenzi (Chaupele, My Love) –Merry Black Birds
38. Ushuru Wa Guitare (Payments For [Playing] Guitar) –ORCLOS
39. Mapani (Mapani’s Band) –Katanga Dance Orchestra
40. Mahaba Matamu (How Sweet Is Our Love) –Salum's Brass Band with Salum Seliman
41. Shukurani (Give Thanks) –Salum's Brass Band with Salum Seliman
42. Hawana Kazi Makarani (They Have No Work, Those Clerks) –Salum's Brass Band with Salum Seliman
43. Dada Mwajuma Nifichie Siri Yangu (Sister Mwajuma, Keep My Secret) –Chipukizi Rumba
44. Skoot (Scouts) –Chibanda Baudouin
45. Dhi Dala U (Go Back To Your Home) –Lake Victoria Band
46. Nabela –Kamwema Jean and His Friends
47. Tulale Ngonga Imelia (The Time Has Come to Sleep) –ORCLOS


84-page book with 2 CDs + streaming / download code featuring 47 newly-transferred
and remastered recordings that Hugh Tracey made in central and eastern Africa between 1950-1958


*各トラックの詳細はこちちらで確認してください ☞ Bandcamp


民族音楽学者であり、東部および中央アフリカ音楽の収集家でもある Hugh Tracey が、
1950年から1958年にかけてベルギー領コンゴ(現在のコンゴ民主共和国)やケニア、
タンガニーカ、ザンジバル(現在のタンザニア)などで録音した貴重な音源集。

本作は、 Hugh Tracey が1954年に設立したアフリカン音楽の国際図書館、
"International Library of African Music (ILAM)"の協力のもと Dust To Digital よりリリース
され、ルンバとその変形である Congolese rumba、dansi、benga などに焦点をあて
2枚のCDと84ページからなる本として制作されています。

音源、写真、詳細なライナーノートは、20世紀半ばの東部および中央アフリカ音楽黄金時代
を知る歴史的価値あるものと言えます。





店頭に販売中です。
ご来店お待ちしています。


【再入荷】JOHN FAHEY - YOUR PAST COMES BACK TO HAUNT YOU : THE FONOTONE YEARS 1958 - 1965

こんにちは。


この John Fahey の5枚組ボックス・セットも、、、


7月7日(土)に大阪(九条)のシネ・ ヌーヴォにて上映を予定している
『さすらいのレコードコレクター:10セントの宝物』 (原題:DESPERATE MAN BLUES)
の関連商品として紹介させていただきます。

DESPELATE MAN BLUES20180707001

( JOE BUSSARD )
JOLLY JOE こと JOE BUSSARD 。1936年、メリーランド州フレデリック生まれ。
アメリカの78回転(SP盤)コレクターの1人。主に1920年、30年代のブルース、
ゴスペル、フォークと言ったアメリカ伝統音楽のレコードを25,000枚以上コレクション
しており、世界最大のコレクターと言われている。今日聴くことのできる古いブルース、
フォークのLP、CDの多くは、彼のコレクションによるものが多い。そしてコレクター以外に
彼は、アメリカ伝統音楽の新録音をリリースするために立ち上げたレーベルが、
FONOTONE RECORDS でした。(リリース期間は、1956年から1970年まで。)これらは、
すべて78回転でのリリースで、若き JOHN FAHEY や BACKWARDS SAM FIRK を始め
とするギター・プレイヤーも録音を残している。他にもストリング・バンドやジャグ・バンド、
ブルースなど、今では高値で取引されているものまで沢山の興味深い音源がある。



--------------------------------------


JOHN FAHEY
YOUR PAST COMES BACK TO HAUNT YOU :
THE FONOTONE YEARS 1958 - 1965


“...THE FOLK GUITAR-PLAYING EQUIVALENT OF WILLIAMS BURROUGHS OR BUKOWSKI.
(FAHEY) HAD A REAL EDGE TO HIM.”― PETE TOWNSHEND




DUST-TO-DIGITAL  DTD21 
FaheyFonotone20180605001.jpg

CD1 1958
01. INTERVIEW WITH JOHN FAHEY ON FONOTONE RECORDS AND JOE BUSSARD
02. FRANKLIN BLUES
03. SMOKETOWN STRUT
04. STEEL GUITAR RAG
05. TAKOMA PARK POOL HALL BLUES
06. BUCK DANCER'S CHOICE
07. MEDLEY: PRETTY POLLY/SHORTNIN' BREAD
08. BARBARA NAMKIN BLUES
09. IN CHRIST THERE IS NO EAST OR WEST
10. STAK 'O LEE BLUES (LOUIS COLLINS)
11. THE TRANSCENDENTAL WATERFALL
12. JOHN HENRY
13. OVER THE HILL BLUES
14. ST. LOUIS BLUES
15. ON DOING AN EVIL DEED BLUES
16. REINUMERATION BLUES
17. THE TRANSCENDENTAL WATERFALL
18. MISSISSIPPI BOWEAVIL BLUES
19. GREEN RIVER BLUES
20. OVER THE HILL BLUES
21. LIBBA'S RAG
22. CHRIS'S RAG

CD2 1958-1960
01. ST. LOUIS TICKLE
02. PAT SULLIVAN'S BLUES
03. BLIND BLUES (MARTIN'S ESSO BLUES)
04. POOR BOY BLUES
05. LONG TIME TOWN BLUES
06. GULF PORT ISLAND BLUES
07. BLIND THOMAS BLUES PART 1
08. BLIND THOMAS BLUES PART 2
09. NEW NEWPORT NEWS BLUES #2
10. WANDA RUSSELL'S BLUES
11. GOING AWAY TO LEAVE YOU BLUES
12. LAY MY BURDEN DOWN
13. HILL HIGH BLUES
14. JOHN HENRY
15. PAINT BRUSH BLUES
16. BLIND THOMAS BLUES PART 3
17. BLIND THOMAS BLUES PART 4
18. YOU GONNA NEED SOMEBODY ON YOUR BOND
19. JESUS GONNA MAKE UP MY DYIN' BED
20. BANTY ROOSTER BLUES
21. TOM RUSHEN BLUES

CD3 1960-1961
01. YALLABOOSHA RIVER BLUES
02. YOU GONNA MISS ME
03. WISSENSCHAFTLICH RIVER BLUES PART 1
04. WISSENSCHAFTLICH RIVER BLUES PART 2
05. ZEKIAH SWAMP BLUES
06. NOBODY'S BUSINESS
07. GOING CRABBING TALKING BLUES PART 1
08. GOING CRABBING TALKING BLUES PART 2
09. YOU BETTER GET RIGHT SO GOD CAN USE YOU
10. WEISSMAN BLUES
11. DASEIN RIVER BLUES
12. RACEMIC TARTRATE RIVER BLUES PART 1
13. RACEMIC TARTRATE RIVER BLUES PART 2
14. SMOKY ORDINARY BLUES (DANCE OF THE INHABITANTS)
15. I SHALL NOT BE MOVED
16. OLD COUNTRY ROCK
17. LITTLE HAT BLUES
18. GUITAR SOLO TITLE UNKNOWN (REVELATION ON THE BANKS OF THE PAWTUXENT)
19. GUITAR SOLO TITLE UNKNOWN (NIGHT TRAIN TO VALHALLA)
20. SOME SUMMER DAY
21. THE LANGLEY TWO-STEP
22. DREAM OF THE ORIGIN OF THE FRENCH BROAD RIVER

CD4 1962
01. SAINT JOHN'S HORNPIPE
02. SAIL AWAY LADIES
03. DREAMING UNDER THE B & O TRESTLE
04. 900 MILES
05. PRINCE GEORGE'S DANCE
06. IMPROVISATION FOR FLUTE AND GUITAR
07. DOROTHY/CALVERT STREET BLUES (BRENDA'S BLUES)
08. BRENDA'S BLUES
09. BUCK DANCER'S CHOICE
10. NIGHT TRAIN TO VALHALLA
11. IN THE PINES
12. PRETTY POLLY
13. TAKE THIS HAMMER
14. YAZOO BASIN BLUES
15. STOMPING TONIGHT ON THE (OLD) PENNSYLVANIA/ALABAMA BORDER
16. SMOKY ORDINARY BLUES (DANCE OF THE INHABITANTS)
17. REVELATION ON THE BANKS OF THE PAWTUXENT
18. BEAN VINE BLUES (PEA VINE BLUES)
19. GREEN BLUES
20. STONE PONY

CD5 1962-1965
01. DOROTHY/CALVERT STREET BLUES (BRENDA'S BLUES)
02. DAYS HAVE GONE BY
03. SOME SUMMER DAY
04. TEXAS & PACIFIC BLUES (MY BUCKET'S GOT A HOLE IN IT)
05. JOHN HENRY BLUES
06. BRENDA'S BLUES
07. ST. PATRICK'S HYMN
08. BICYCLE BUILT FOR TWO
09. THE BLUES YOU SAVED FOR ME
10. HOUSE CARPENTER
11. HOW LONG
12. THE PORTLAND CEMENT FACTORY AT MONOLITH, CALIFORNIA
13. YOU TAKE THE E TRAIN (THE LAST STEAM ENGINE TRAIN)
14. I SING A SONG OF THE SAINTS OF GOD
15. HOW LONG
16. O JESUS I HAVE PROMISED
17. UNTITLED
18. MEDLEY: UNTITLED/O JESUS I HAVE PROMISED
19. I AM A RAKE AND RAMBLING BOY
20. MEDLEY: GOODBYE OLD PAINT/WHOOPEE TI-YI-YO, GIT ALONG LITTLE DOGGIES
21. GOODBYE OLD PAINT
22. SIMPLE GIFTS
23. UNTITLED
24. BURY ME NOT ON THE LONE PRAIRIE
25. GOODBYE OLD PAINT
26. WESTERN MEDLEY
27. DURGAN PARK
28. THE BITTER LEMON
29. OLD SOUTHERN MEDLEY (FRAGMENT)
30. BOTTLENECK BLUES



Takoma Records 以前の録音としてファンが待ちわびた音源集で、
2011年、John Fahey 没後10年に合わせるかたちでリリースされた。
(制作にあたって10年以上費やされた貴重な音源集です。)

メアリーランド州フレデリックで78回転オンリーのレーベル“Fonotone Records”
を運営する Joe Bussard が持つ貴重な音源で、Fahey との交流も深かった。
若き日の Fahey やMike Stewart こと Backwars Sam Firk なんかも録音を残している。

115曲というトラックが5枚のCDに収録され、ほとんどが初CD化!さらに88ページ
からなる豪華なブックレットには、彼についてのエッセイや67年の貴重なインタビュー、
見たことのないレアなフォトが満載されている。

まさにファンが待ち望んだ John Fahey のアンソロジーと言える作品です!!

プロデュースは、Glenn jones と、本作をリリースしたジョージア州アトランタの
レーベル “DUST-TO-DIGITAL”の Steve Lance Ledbetter 、さらに Fahey が
晩年に共同で設立したレーベル “REVENANT RECORDS”の Dean Blackwood
という強力な面々によるもの。

協力には、“Fonotone Records ”の Joe Bussard と John Fahey 財団、そして
Mike Stewart などの名がクレジットされている。

10年以上を費やしただけあって本当に丁寧ですばらしい仕事だと言えます!!



---------------------------



Joe Bussard は古いレコードの収集だけではなく、78回転オンリーで
新録も手掛けていました。

John Fahey はその中の1人であって他にも Old-Time や Jug Band と
言ったたくさんの録音を残しています。
自身が率いた Jolly Joe and His Jug Band もそれに含まれます。

 

店頭にて販売中です。
ご来店お待ちしています。






【再入荷】 VA / Lifting The Veil: The First Bluesmen

Lifting The Veil:
The First Bluesmen Rev. Gary Davis & peers




『Anthology of American Folk Music』の編集でも知られる Harry Smith 。
過去ログ参照 ☞ こちら

その Harry Smith が所有していたSP音源から編集された1枚です!


Lifting The Veil 20180316001

1. Sermon On Pancakes – Leadbelly
2. The Blood's Done Signed Your Name – Leadbelly
3. Come Down To See Me Sometime – Rev. Gary Davis
4. Lost John –Rev. Gary Davis
5. Soldier's Drill – Rev. Gary Davis
6. Gallows Pole – Leadbelly
7. Leaving Blues – Leadbelly
8. Slow Blues In E – Rev. Gary Davis
9. Starvation Blues – Big Bill Broonzy
10. Biting Bee Blues – Leola B. Wilson & Blind Blake Black
11. Mountain Jack –Rev. Gary Davis
12. I Didn't Want To Join The Band – Rev. Gary Davis
13. A Rag – Buddy Boy Hawkins
14. Raggin' The Blues – William Moore
15. Old Country Rock – William Moore
16. Poor Boy – Gus Cannon & Blind Blake
17. Poor Boy – Ramblin' Thomas
18. Mississippi Bo Weevil Blues – Charley Patton
19. Screamin' And Hollerin' The Blues – Charley Patton
20. Mississippi Jail House Groan – Rube Lacy
21. Ham Hound Crave – Rube Lacy
22. Seven Sisters Blues – Edward Thompson
23 .Hard Dallas Blues – Ramblin' Thomas
24. Gnawing Blues – Ramblin' Thomas
25. Going Crazy – Ramblin' Thomas

Tracks 1-8, 11, and 12 are previously unpublished:
Leadbelly: radio broadcast, February 14, 1941.
Rev. Gary Davis: home recording, 1956-57.


Harry Smith のアーカイヴはこれまでも紹介されてきましたが、本作に収録
されている Leadbelly と Rev. Gary Davis は、1941年と1956年から57年に
録音された未発表プライベート音源です。


さらにライナー・ノーツには、Alan Lomaxの妻である Elizabeth Lyttleton Harold
が1951年に編集した Gary Davis の口述歴史(未刊行の資料)の抜粋が掲載
されています。



ご来店お待ちしています。



出張販売のお知らせ 2

<出張販売のお知らせ>


『さすらいのレコード・コレクター』公開記念


『さすらいのレコード・コレクター』公開を記念して、大阪九条にある
シネ・ヌーヴォさんにて2日間限定で出張販売させていただく
ことになりました。


●日程、時間帯
7/7(土) 11:00の回上映後、12:00オープン
7/14(土) 18:35の回上映前、17:00オープン

終了しました。

当日はジョー・バサード関連のCDを始め、セレクトして持って行きます!
(各タイトル少数ですのでこの機会に是非!)



なおそれ以外の上映スケジュールは以下となっています。

7/7(土)~7/13(金) 11:00
7/14(土)~7/20(金) 18:35
7/21(土)~7/27(金) 17:10
7/28(土)~8/3(金) 11:30
*7/21(土)よりシネ・ヌーヴォXでの上映



その他、詳細に関してはシネ・ヌーヴォさんHP、
チラシ等でご確認ください。

☞ シネ・ヌーヴォ HP
〒550-0027 大阪市西区九条1-20-24 
TEL 06-6582-1416




 -------------------------




まだ誰も聞いたことのない音楽を求めて

アメリカはメリーランドに暮らす、
最強のレコード・コレクター、ジョー・バザード。
この男のミッションは、
「本当のアメリカン・ミュージック」のレコードを探し、救うことだった!
音楽ファンが待ちに待った
レコード掘りドキュメンタリー



公式サイト ☞ 『さすらいのレコードコレクター:10セントの宝物』  (原題:DESPERATE MAN BLUES)

DESPERATE MAN BLUES 20180707001

監督・プロデューサー:エドワード・ギラン 
出演:ジョー・バザード
音楽:ロバート・ジョンソン、チャーリー・パットン、
サン・ハウス、カーター・ファミリー、
ジミー・ロジャーズ、
ブラインド・ウィリー・マクテルほか
© Cube Media 2003
2003年/オーストラリア/16mm→DCP/52分 
配給:スリーピン 原題:DESPERATE MAN BLUES
字幕:寺尾次郎 監修:ピーター・バラカン


( JOE BUSSARD )
JOLLY JOE こと JOE BUSSARD 。1936年、メリーランド州フレデリック生まれ。
アメリカの78回転(SP盤)コレクターの1人。主に1920年、30年代のブルース、
ゴスペル、フォークと言ったアメリカ伝統音楽のレコードを25,000枚以上コレクション
しており、世界最大のコレクターと言われている。今日聴くことのできる古いブルース、
フォークのLP、CDの多くは、彼のコレクションによるものが多い。そしてコレクター以外に
彼は、アメリカ伝統音楽の新録音をリリースするために立ち上げたレーベルが、
FONOTONE RECORDS でした。(リリース期間は、1956年から1970年まで。)これらは、
すべて78回転でのリリースで、若き JOHN FAHEY や BACKWARDS SAM FIRK を始め
とするギター・プレイヤーも録音を残している。他にもストリング・バンドやジャグ・バンド、
ブルースなど、今では高値で取引されているものまで沢山の興味深い音源がある。






---------------------------




ご来場お待ちしています!!







【再入荷】 OLD HAT RECORDS

OLD HAT RECORDS LOGO20120312000




こんにちは。


今回、Old Hat Records のカタログ再入荷は、


7月7日(土)に大阪(九条)のシネ・ ヌーヴォにて上映を予定している
『さすらいのレコードコレクター:10セントの宝物』 (原題:DESPERATE MAN BLUES)
の関連商品として紹介させていただきます。


なお映画のサントラ盤『DESPERATE MAN BLUES』(輸入/Dust-To-Digital)は
次回入荷予定です。



DESPELATE MAN BLUES20180707001



( JOE BUSSARD )
JOLLY JOE こと JOE BUSSARD 。1936年、メリーランド州フレデリック生まれ。
アメリカの78回転(SP盤)コレクターの1人。主に1920年、30年代のブルース、
ゴスペル、フォークと言ったアメリカ伝統音楽のレコードを25,000枚以上コレクション
しており、世界最大のコレクターと言われている。今日聴くことのできる古いブルース、
フォークのLP、CDの多くは、彼のコレクションによるものが多い。そしてコレクター以外に
彼は、アメリカ伝統音楽の新録音をリリースするために立ち上げたレーベルが、
FONOTONE RECORDS でした。(リリース期間は、1956年から1970年まで。)これらは、
すべて78回転でのリリースで、若き JOHN FAHEY や BACKWARDS SAM FIRK を始め
とするギター・プレイヤーも録音を残している。他にもストリング・バンドやジャグ・バンド、
ブルースなど、今では高値で取引されているものまで沢山の興味深い音源がある。





-------------------------------------------------------




STRING BANDS, BLUES, JAZZ, COUNTRY, CAJUN, GOSPEL
24 RARE GEMS FROM THE KING OF RECORD COLLECTORS !




DOWN IN THE BASEMENT
Joe Bussard’s Treasure Trove of Vintage 78s 1926 - 1937

OLD HAT RECORDS / CD / 1004
OLDHAT20150406004.jpg

Rare Deluxe first Edition.
!cid_5EFDFA83-DB9A-4F33-BBE9-097F32EF53D5@nc_rr.jpg

This version has a fold-out digipak with a 72-page color booklet
!cid_3ECCA981-BF36-4A28-A6E6-C739BD3A3282@nc_rr.jpg

1. The Lost Child - Stripling Brothers
2. How You Want It Done? - Big Bill
3. The (New) Call Of The Freaks - Luis Russell & His Orchestra
4. The School House Fire - Dixon Brothers
5. Greenback Dollar - Weems String Band
6. You Got To Go Down - Blind Gary
7. The Old Ark's A'Moving - A.A. Gray And Seven-Foot Dilly
8. Runnin' Wild - James Cole's Washboard Four
9. Keep It Clean - Charley Jordan
10. Get The "L" On Down The Road - Bill Johnson's Louisiana Jug Band
11. I Got A Bulldog - Sweet Brothers & Ernest Stoneman
12. Old Hen Cackle - Colman & Harper
13. Song From A Cotton Field - Bessie Brown
14. Atlanta Bound - Gene Autry
15. Easy Rider Blues - Soileau And Robin
16. Hot Lips - Bill Brown And His Brownies
17. Uncle Dave's Beloved Solo - Uncle Dave Macon
18. Hastings Street - Blind Blake And Charlie Spand
19. Ain't That Trouble In Mind - Fields Ward & The Grayson County Railsplitters
20. Give The World A Smile - The Corley Family


Joe Bussard が所有する78回転を収録したのこの編集盤
『DOWN IN THE BASEMENT』(ジュエル・ケース盤)は現在、
廃盤です。

今回、大阪で映画が上映されることを Old Hat Records のオーナー、
Marshall Wyatt へメールで伝えました。そして彼のご厚意で貴重な
デジパック仕様によるデラックス1st エディションを送っていただける
ことになりました。(現在、流通していません。)

これは僕も知らなかった仕様でブックレットも72ページ(通常盤28ページ)
となっています。オープンからお世話になっているレーベルであり、いつも
親切に対応をしてくださるので感謝しかありません。



------------------------------------------------


以下のカタログに関しても Joe Bussard を始めとする78回転コレクター
所有の音源が収録されています。


① VIOLIN, SING THE BLUES FOR ME
African-American Fiddlers, 1926-1949
OLDHAT20150406002.jpg
過去の記事 ☞ こちら


② FOLKS, HE SURE DO PULL SOME BOW !
Vintage Fiddle Music, 1927-1935 Blues, Jazz, Stomps, Shuffles & Rags
OLDHAT20150406003.jpg
過去の記事 ☞ こちら


③ GOOD FOR WHAT ALLS YOU
Music of the Medicine Shows 1926 - 1937
OLDHAT20150406005.jpg
過去の記事 ☞ こちら


④ IN THE PINES
Tar Heel Folk Songs & Fiddle Tunes
Old-Time Music of North Carolina 1926 - 1936
OLDHAT20150406006.jpg
過去の記事 ☞ こちら


⑤ GASTONIA GALLOP
Cotton Mill Songs & Hillbilly Blues
Piedmont Textile Workers on Record
Gaston County, North Carolina 1927 - 1931

OLDHAT20150406007.jpg
過去の記事 ☞ こちら


⑥ BARBECUE ANY OLD TIME
Blues From The Pit 1927-1942
OLDHAT20150406008.jpg
過去の記事 ☞ こちら


⑦ CLUCK OLD HEN
A Barnyard Serenade 1926-1940 
OLDHAT20150406009.jpg
過去の記事 ☞ こちら


OLD HAT RECORDS
OLD HAT RECORDS は、アメリカの方言、音楽の意識を促進し、徹底した歴史研究
と相まってビンテージアメリカの音楽の再発行に専念したレーベルとして Marshall Wyatt
によって1994年に設立されました。OLD HAT では、フィールドワークを行い、戦前の
78回転のレコードを中心に、様々な形式での録音のアーカイブを保持しています。
他にも、ヒストリー・インタビュー、ビンテージ写真、カタログ、書籍、ディスコグラフィー
なども保持している。Marshall Wyatt は、録音したサウンドコレクション(ARSC)と
レコーディング芸術科学(NARAS)の国立アカデミー協会の会員でもあります。

アメリカで最も貴重な文化資源の一つは、20世紀の初頭に記録されている素晴らしい
音楽です。ブルース、ジャズ、ゴスペル、ジャグバンド、ソングスター、ボーカル・カルテット、
ボードビル、メディスン(メディシン)・ショー音楽など。OLD HAT は、広範なライナー・ノート、
貴重な写真、時代のアートワーク、完全ディスコ・グラフィーなどを付属し、78回転から
ディスクへリマスターしている。それらは、歴史的な初期録音のCDアンソロジーと言える。



HOME PAGE → OLD HAT RECORDS



-------------------------------



僕自身、映画はかなり前から輸入のDVD(現在、廃盤)で何度も観ていますが、
今回、字幕で観れることが嬉しい限りです。

そして、、、

この機会に映画と共に Joe Bussard が所有する音源の一部ではありますが
耳を傾けていただければと思っています。



すべて店頭にて販売中です。
ご来店お待ちしています。







VOICES OF MISSISSIPPI

VOICES OF MISSISSIPPI
: ARTISTS AND MUSICIANS DOCUMENTED BY WILLIAM FERRIS




前回、カタログのご紹介をした Dust-to-Digital から久しぶりの
ニューリリースです。



アメリカ南部の研究の確立と拡大をめざす確固たるコミットメントを
持つWilliam Ferris、オーディオ録音家、映画監督、民俗学者、そして
教師としての顔を持つ彼のライフ・ワークとも言える作品。




William Ferris
1942年にミシシッピ州ヴィックスバーグで生まれ。勤務先の農場で育ったフェリスは、
若い頃から、農場や地域の人々のアートワーク、音楽、生活を記録し始めました。
彼が作成したレコーディングと彼が製作したドキュメンタリー映画のアーカイブは、
数十年間の高等教育機関の強力なツールとして役立ってきました。




これらの映画や録音を長年にわたって学んできた学生達でけなく、
世界中のリスナーに伝えることで、さらにアメリカ南部文化の理解を
深めることができる




voices-of-mississippi-20180601001.jpg

voices-of-mississippi-20180601002.jpg

voices-of-mississippi-20180601003.jpg

120-page book with 3 CDs + 1 DVD + streaming / download code

●Book edited by William Ferris
Writings by Scott Barretta, David Evans and Tom Rankin
●2CDs featuring Blues and Gospel recordings (1966-1978)
●1CD featuring Interviews and Storytelling (1968-1994)
●1DVD featuring Documentary Films (1972-1980)
Transcriptions and Annotations for each track
●Download/Streaming Code Included



120ページからなる本(貴重な写真を含む)と1966年から1978年にかけての
アメリカ南部におけるブルースやゴスペルの音源を2CDに収録.。
(もう1枚のCDにはインタビューとコンセプトやエピソードなどの解説が収録
されているようです。)
*各トラックの詳細はこちちらで確認してください ☞ Bandcamp

さらに1972年から1980年にかけて撮影されたドキュメンタリー・フィルムが
DVDとして付属されています。

なおダウンロード・コードも付属。


個人的にも昔から大好きな最後のデルタ・ブルースマンと言われた
James "Son" Thomas(ジャケ写の)の44 Blues に始まり、
Scott Dunber や Sonny Boy Watson などなどリアル・ブルースが
たっぷり聴けます。

映像は単に音楽だけを切り取ったものではなくアメリカ南部の生活や
文化を広い視野で収めたドキュメンタリーとなっています。


少し値ははりますが歴史的に価値のあるこの豪華なボックス・セットは
買って損はないと思います。是非ともこの機会に!!


店頭にて販売中です。
ご来店おまちしています。


ROBBIE BASHO

ROBBIE BASHO
LIVE IN FORLI, ITALY 1982




こんにちは。


遅れての紹介となります。


脳卒中で若くしてこの世を去った "American Primitivism"の偉人の一人、
Robbie Basho(1940-86年)。


本作は、Robbie Basho Archives と Obsolete Recordings の共同で制作
されたRB-Archives-Liveシリーズの第2弾!!
(ライセンスは ESP-Disk' )

*なおこちらはCDも在庫あります。


Obsolete Records (OR 005) / ESP Disk ‎(ESP 5024 ) / LP
RB20180601001.jpg

Side A
1. Redwood Ramble
2. Song Of The Stallion
3. The Grail And The Lotus
4. German Chocolate Cake
5. Interlude

Side B
1. Cathedral Et Fleur De Lis
2. Pavan India
3. California Raga


この1982年のコンサートは、彼の4回にわたるイタリア・ツアーの
一部で18世紀に建築家 Antonio Torri と Francesco Maria Angelini
によって修復されたPalazzo Gaddi (Forlì)での公演を収録しています。

多国文化を学び、魅惑的で想像力豊かな彼の音楽スタイルは、多くの
人にインスピレーションを与えてきました。

6弦/12弦ギターとその強力な歌声、松尾"芭蕉"(Basho)の精神に共感
したそのサウンドは芸術的かつ神秘的に表現されている。




----------------------------------



そんな Robbie Bsho からもインスピレーションをもらったで
あろうカセットを1本ご紹介!


Senri Records presents


Matsumoto Tomohito
First Demo



Senri Records / Cassette /snri-c09 / ¥1000(tax in)
TM20180601002.jpg
Tape is only 50 copies (DL付属)

#1  03:51
#2   02:41
#3  02:59
#4  02:55
#5  04:26
#6  02:54
#7  03:23
#8  00:50
#9  05:33
#10   04:08

Matsumoto Tomohito - Guitar


Matsumoto Tomohitoは大阪のギタリスト。
自身のソロ作では12弦ギターを中心に演奏、即興性豊かでプリミティブな
演奏を聴かせてくれる。 作曲と演奏を担当するバンド「天体」では、Mujika Easel、
Lavender Pillowなどの活動で知られる辰巳加奈(ピアノ)とともに2016年に
「voyage」をリリース。 その他、Lavender Pillowでギターとして参加。
今作は松本が学生時代に、映画音楽を録音する為に購入したという古い
テープレコーダーで録りためた作品群を収録。 荒削りながらも、プリミティブで
独創的な演奏である。 Ryuta Kobayashiがマスタリングを担当、カセットテープを
テープレコーダーのスピーカーから再生して、その音をマイクで録音し直し、編集、
音源化する手法が用いられた。 ジャケットのデザインは伊藤直美(Naomi Itou)が担当。
(発売元より引用)

bandcamp



どちらも店頭にて販売中です。
ご来店おまちしています。



Dave Alvin & Jimmie Dale Gilmore

Dave Alvin & Jimmie Dale Gilmore
Downey To Lubbock




米 Yep Roc Records からリリースされた新作の国内仕様!



California州,、Downey のThe Blasters(Phil Alvin, John Bazz, Bill Bateman)
で活躍した Dave Alvin と、Texas州,、Lubbock のThe Flatlanders(Joe Ely,
Butch Hancock)で活躍した Jimmie Dale Gilmore によるコラボレーション・アルバム!




BSMF RECORDS/Yep Roc Records / CD / BSMF-2610
DAJDG20180530001.jpg
直輸入国内仕様 / 解説付 / ¥2592(TAX IN)

1. Downey To Lubbock
2. Silverlake
3. Stealin’, Stealin’
4. July, You’re A Woman
5. Buddy Brown’s Blues
6. The Gardens
7. Get Together
8. K.C. Moan
9. Lawdy Miss Clawdy
10. Billy The Kid And Geronimo
11. Deportee (Plane Wreck At Los Gatos)
12. Walk On


2人のベテラン・グラミーノミネート・アーチストが初タッグを組んだ最新盤!

2曲のオリジナルに彼らが影響を受けてきたフォーク、ブルース、カントリーの
ヒーローたち、Lightnin' Hopkins、Brownie McGhee、Johnny "Guitar" Watson、
Woody Guthrie、Steve Young などの楽曲をいぶし銀の演奏とヴォーカルで
聴かせた大人の一枚。










Dave Alvin
1955年生まれ。カリフォルニア、ダウニーで育ち、兄とルーツロックバンド、ブラスターズを結成。
80年『American Music』を皮切りに5枚のアルバムを発表。脱退後、87年『Romeo's Escape』で
ソロデビュー。その後もコンスタントに十数枚のアルバムをリリース。2000年の『Public Domain』で
グラミーを受賞。プロデューサーやギタリストとしても活躍。2014年には、兄フィルと約30年ぶりの
『Common Ground』で再びグラミーにノミネート。

Jimmie Dale Gilmore
1945年テキサス州アマリロ生まれ、ラボック育ちのカントリーシンガー。
72年にザ・フラットランダーズを結成。アルバム『More a Legend Than a Band』を録音するも
正式発売されず解散(91年に再発)。テキサス、オースティンに移り、88年に『Fair and Square』で
遂にソロデビュー。その後93年『Spinning Around The Sun』など3枚がグラミーにノミネート。
映画『ビッグ・リボウスキー』への出演やサントラへの参加など多数あり。




店頭にて販売中です。
ご来店お待ちしています。




Laurie MaCallister

Laurie MaCallister
The Lies The Poets Tell






少し前に紹介した Abbie Gardner のソロ作に続き、ボストンの
女性アメリカーナ・トリオ、Red Molly の Laurie MaCallister による
14年ぶりとなるソロ・アルバム!




当ブログでは輸入盤にて前作『The Things I Choose To Do』
(オリジナルのリリースは2004年、セカンド・エディション2005年)
を紹介しています。過去ブログ ☞ こちら



lm20180530001.jpg
直輸入国内仕様 / 解説付き / ¥2592(TAX IN)

1. My Stupid Heart
2. When We Begin (feat. Mark Erelli)
3. For a Song
4. Poison and Wine (feat. Jimmy LaFave)
5. Vertigo
6. A Reckoning of Us
7. Are You Happy Now? (feat. Richard Shindell)
8. Home (feat. Robby Hecht)
9. Ten Year Night
10. A Thousand Years (feat. Ellis Paul)
11. Unfamiliar Moon
12. Birches (feat. David Glaser)
13. The Right Words


前作でもオリジナル曲の他に彼女がお気に入り Steve Goodman や Lennon / McCartney,
Leonard Cohen, Eric Andersen, Dolly Parton らのセンス良いカバー曲が収録されていたが、

本作では彼女が影響を受けてきたBill Morrissey, Richard Shindell, Lucy Kaplansky, Cliff Eberhardt
などコンテンポラリー・フォークの名曲を歌い上げたカヴァーアルバムとなっている。

実力派ベテランSSWの Jimmy LaFave, Richard Shindell, Ellis Paul, Mark Erelli など6人の
男性ゲストヴォーカリストとのデュエットも素晴らしい。心癒されるフォーク・ミュージック。






Laurie MaCallister
幼い頃からドリー・パートンなどを聴いて歌手を目指す。ニューヨーク大学の心理学を専攻し、
クラブでも歌うようになる。卒業後、経営コンサルティングの仕事をしていました。しかし歌う事
への衝動を止められず、98年に仕事を辞めてウェイトレスをしながらシンガー・ソングライター
として歩み始める。99年には、ソロとして初のアルバム『 These Old Clothes 』をリリース。そして
2000年に Cliff Eberhardt (John Gorka, Greg Brown とならぶ名シンガーソングライター)と出会い、
彼のツアーに参加することになる。2004年に開催されたファルコン・リッジ・フォーク・フェスティバル
で Abbie Gardner, Carolann Solebello (現在は、Carolann が脱退し、Molly Venter が加入)の2人と
出会い結成した RED MOLLY の活動へと繋がって行く。




店頭にて販売中です。
ご来店お待ちしています。



プロフィール

po69

Author:po69
PO'BOY RECORDS

AMERICAN ROOTS MUSIC
( BLUES, FOLK, SSW,
BLUEGRASS, OLD TIME,
JUG/WASHBOARD, etc )

NEW & USED RECORDS,
CDS, BOOKS
AND MORE...

● その他、日本のフォーク
SSW/ブルース系のアーティスト
もあります。

大阪市北区豊崎3-6-15 
第2淀川ビル3F
TEL:06-7494-9358

OPEN 12:00 CLOSE 20:00
(日曜 CLOSE 18:00)
木曜定休
.......................
Yodogawa N0.2 Bldg 3F
3-6-15, Toyosaki ,Kita-ku,
Osaka 531-0072 JAPAN
TEL&FAX +81-6-7494-9358

Open - Close
Mon. - Sat. 12:00-20:00
(Sun. 12:00-18:00)
Thu. - Closed

カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QR
2018年6月の定休
●木曜定休
カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
リンク
アルバム
検索フォーム
THANK YOU !!
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

<消費税率変更に関して>
2014年4月1日以降より8%での税込価格表示に変更となります。