Yep Roc Records RSD

昨日に続いてのおしらせ、

Yep Roc Records より 今週末(4/21)の Record Store Day アイテムとして
リリースされる中から1タイトルだけ当店も数枚入荷します!

以下、商品詳細です↓
SOLD!



Tia Blake
Paris and Montreal Demos, 1973-1976
(Yep Roc Records + Southern Folklife Collection)

Packaging: 10” EP
Limited to 650 copies worldwide


TB20180421001yeproc.jpg

These demo recordings are an invaluable addition to the unique catalog of material written
and recorded by early 1970s folk singer Tia Blake, best known for her lost classic album
"Folksongs and Ballads" released on the small French SFP record label in 1971.
Born Christiana Elizabeth Wallman April 13, 1952 in Columbus, Georgia, Tia moved to Paris
when she was 18 years old, where she learned how to play acoustic guitar and was introduced to
Michel Bachelet and Jean-Paul Smets, the owner and A&R manager of record label SFP,
who asked her to record her first album. Recorded in Montreal and Paris, the EP,
on vinyl for the first time, features demos of traditional ballads and original songs by
Blake and has been remastered from original tapes.



71年にリリースされた Tia Blake And His folk-Group 名義のアルバム
『 Folksongs & Ballads 』のオリジナル盤は今なおコレクター・アイテムです。
(US Water 他よりCD化済)

本作は、モントリオールとパリでレコーデイングした時のデモ音源を
10inch 盤に収録したものです。

お楽しみに!





Tompkins Square Records RSD

Tompkins Square より 今週末(4/21)の Record Store Day アイテムとして2作品が
限定プレスでリリースされます。当店も各商品、数枚づつですが入荷します!

以下、商品詳細です↓



Tompkins Square has TWO awesome Record Store Day pieces this year :



Duck Baker
Les Blues Du Richmond : Demos & Outtakes, 1973-1979'
(TSQ 5517) (ltd 1000 ww)

TSQ-5517 RSD

Classic 70's LPs on Kicking Mule. Recorded with John Renbourn. Toured with Bert Jansch
and Davey Graham. Authored twelve music books. Reworked tunes by Herbie Nichols and
Thelonious Monk for guitar -- Duck Baker has been there and done it ! Now, Tompkins Square
presents his earliest recordings from the vaults.


------------------


Gwenifer Raymond
Deep Sea Diver / Bleeding Finger Blues - 7inch
(TSQ 5524) (ltd 600 ww)

TSQ-5524 RSD

Hailing from Cardiff and now residing in Brighton in the South of England, Raymond began playing
guitar at the age of 8.

Her debut 7" will be released on Record Store Day via Tompkins Square ahead of her debut album,
You Never Were Much of a Dancer, slated for later in 2018. The 7" includes "Bleeding Finger Blues"
from the forthcoming LP, and "Deep Sea Diver," which will not appear on the album.


お楽しみに!


これにともない Tompkins Square のこれまでのカタログも
CD、LP、
TSQ-RSD0001.jpg

SP、
TSQ-RSD0002.jpg


含め入荷しています!!!




VA / Blue Goose Records Sampler

Blue Goose Records Sampler



中古レコードからもう少し紹介しておきます!



78回転のコレクターでありレコード・エンジニアでもある Nick Perls が
創設したブルースのリイシュー・レーベル Yazoo Records 。 その姉妹
レーベルとして新録をリリースしていたのが Blue Goose Records です。

これまでにも当ブログで紹介してきていますので興味のある方は、
ブログ内検索フォームで Blue Goose Records と入力してみてください。



Blue Goose Records ‎/ USED LP / BG-101 / ジャケ、盤共にVG+
va bluegoose sampler20180416

Side A
1. Laughing Rag - Robert Crumb And His Cheap Suit Serenaders
2. Sweet Lorraine - Robert Crumb And His Cheap Suit Serenaders
3. Pigmeat Blues - Jo Ann Kelly
4. Jo's Mistreated Blues - Jo Ann Kelly
5. Oozing Cyst Blues - Alan Seidler
6. What Is The Use Of Calling Me San - Alan Seidler
7. Turnip Greens - Sam Chatmon
8. Go Back Old Devil - Sam Chatmon
9. No Particular Place To Go - Graham Hine
10. Crazy With The Blues - Graham Hine

Side B
1. Honey - John Miller
2. First Degree Blues - John Miller
3. St Thomas - John Miller
4. Pork Chops - John Miller
5. Clam Jam - Steve Calt & Dave Mann
6. Lady Brett's Lover - Steve Calt & Dave Mann
7. Shotgun Blues - Yank Rachell
8. Skinny Woman Blues - Yank Rachell
9. Raymonds Rag - Dave Jasen
10. Make Believe Rag - Dave Jasen
11. Crow Jane - Roger Hubbard
12. Brighton Belle Blues - Roger Hubbard


本作は、1970年から75年までの間でリリースされたアーティストのアルバム
から選曲されたサンプラー盤となります。75年以降も単体のアルバムは、
リリースされていますが サンプラー盤の続編はリリースされませんでした。

Mississippi Sheiks のメンバーとしても知られる Sam Chatmon や
Sleepy John Estesとのコラボで知られる Yank Rachell 、

UK のブルース・フォロアー、Graham Hine と Roger Hubbard 、

Rounder Records にも傑作を残しているギタリスト、John miller、

John Fahey、Woody Mann とのコラボ盤から Jo Ann Kelly

などなど...

アルバムのアート・ワークは、本作にも演奏者として収録されている
Robert Crumb です!




--------------------------------

<関連商品>

上記サンプラー盤にも収録されている、

Robert Crumb And His Cheap Suit Serenaders


ひさしぶりにファースト入荷で 1, 2, 3, 揃っています!

Rcrumb 20140416001

BG-2014 ST (ジャケ、盤共にVG+ / カンパニー・スリーヴ入り) SOLD!
BG-2019 Number Two (ジャケ、盤共にVG+ / カンパニー・スリーヴ入り )
BG-2025 Number Three (ジャケ、盤共にVG+ )



店頭にて販売中です!
ご来店お待ちしています。



Jack Elliott

Jack Elliott



こんにちは。


久しぶりに中古レコードから Jack Elliott の Topic盤(ペラジャケ)です。



Muleskinner
UK Topic Records / USED LP / 12T105 / ジャケ、盤共にVG+
JE20180416001.jpg
(画像は参考です。)

Side A
1 San Francisco Bay Blues
2 Ol' Riley
3 The Boll Weevil
4 Bed Bug Blues
5 New York Town
6 Old Blue
7 Grey Goose

Side B
1 Mule Skinner Blues
2 East Texas Talking Blues
3 Cocaine
4 Dink's Song
5 Black Baby
6 Salty Dog

アメリカのフォーク・リヴァイヴァル以前に UK でリリースされた1枚。
本作は、1958年にリリースされたアルバム『Jack Takes To The Floor』
(10inch盤)に2曲追加してリリースされた12inch盤です。
若き Bob Dylan に影響を与えた1枚です。オススメ!!



------------------------------



Jack Elliott & Derroll Adams
Roll on Buddy
UK Topic Records / USED LP / 12T105 / ジャケ、盤共にVG+
JE20180416002.jpg
(画像は参考です。)

Side A
1 Rich And Rambling Boys
2 Buffalo Skinners
3 I Wish I Was A Rock
4 It's Hard Ain't It Hard
5 All Around The Water Tank
6 Mother's Not Dead

Side B
1 East Virginia Blues
2 The Old Batchelor
3 Danville Girl
4 The State Of Arkansas
5 The Death Of Mr. Garfield
6 Roll On Buddy

Jack Elliott - Guitar
Derroll Adams - Banjo



こちらもオリジナルは、『The Rambling Boys』(10inch盤)でリリースされたもの
に2曲追加してリリースされた12inch盤です。バンジョー奏者で良き相棒で
あった Derroll Adams とのデュオが聴ける人気作!!



どちらも店頭にて販売中です。
ご来店お待ちしています。



お知らせ

こんばんは。

ちょこっとお知らせです。

昨年末に紹介した Jalopy Records の 7inch や 12inch の
レコーディング・エンジニアでもある Don Fierro さん(親子で)
が先日訪店してくれました。

彼はレコーディング以外にも映像やデザインのエンジニアと
しても活動していて今回、岐阜(飛騨)からの帰りに大阪に
よってくれたようです。

その際、次の 7inch シリーズのリリース情報をくれたので少し
紹介しておきます。

まずは、すでに Bandcamp にてデジタル配信がスタートしている。
(*リリース順ではないかも知れません)

● Eli Smith
参照 ☞ http://poreco.blog28.fc2.com/blog-entry-1414.html
参照 ☞ https://elismithmusic.bandcamp.com/album/eli-smith-7-inch-series



--------

続いて、

● Meredith Axelrod
参照 ☞ Meredith Axelrod – Vintage Americana



-------

続いて、

● Jerron "Blind Boy" Paxton
参照 ☞ Jerron Blind Boy Paxton





それから 夏頃に12inch のリリースも予定しているようです。

● Pat Conte
参照 ☞ TheSecretmuseum
参照 ☞ http://poreco.blog28.fc2.com/blog-entry-1418.html
前作は、バンジョーとフィドルのアルバムでしたが、新作は
ギターもののようです。かなり楽しみです!


あとは既発で Bandcamp でデジタル配信されていてフィジカルも
ある、

● Jake Sanders
参照 ☞ https://jakesanders.bandcamp.com/album/estrellas-de-radio



Pat 以外のリリースが整えば、まとめて紹介できると思います。
お楽しみに!!


JODY CARROLL

JODY CARROLL
Back To The Country




I Remember Joe McMurrian's Japan Tour 2014.


2014年11月、彼は当店の扉をくぐるなり挨拶も早々に
Harmony Hallywood 抱き上げ爪弾き始めた。


オレゴンはポートランドから来たアメリカン・ソングライ―、
奇妙なアメリカの伝統音楽を自身のフィルターに通して
現代に伝える。


あれから3年、Joe McMurrian' 改め、Jody Carroll として
最新作が送られてきた。



来日時の過去ログ ☞ こちら




BSMF RECORDS / CD-R / BSMF-2590 / ¥2376(TAX IN)
JCM20180330001.jpg

1. Ruben's Train
2. Aces and Eights
3. Back to the Country
4. Forever Mine
5. Black Mountain Road
6. The Bell
7. Churches Bars and Liquor Stores
8. The Shores of Amerikay
9. Been Away So Long
10. I Want to Talk About you
11. Old World
12. God Moves on the Water
13. The Coo Coo
14. The People Are Scratching
15. Swannanoa Swang
16. Down to the River

Jody Carroll - Vocal, Acoustic Guitar, Resonator Guitar, Banjo


帰国前に再度訪店してくれた際、彼は Jean Ritchie (appalachian balladeer and folklorist)
の分厚い本を読んでいたことを思い出した。

本作にはそんなアパラチアン音楽の影響も感じる楽曲が詰まっている。
録音もノースキャロライナのアッシュヴィルにある Seclusion Hill Studios (Phil Ludwigの)
で行われています。

Ruben' Train や The Coo Coo と言ったアパラチアン・バラッドを始め、
Fred McDowell をお手本とした (Goin') Down to River のようなブルース
カバーも収録。

個人的には切々と弾き語られるオリジナル曲に心打たれました。

同時リリースを予定したライヴ・アルバムは少し遅れていますが
楽しみにお待ちください。


HP ☞ jodycarroll.com










Jody Carroll (ジョディ・キャロル)
ジョディ・キャロル・マクマリアンは、1967年カリフォルニア州北部出身。1990年に入り本格的に
絵と音楽を勉強するためLAの芸術学校へ通い、曲作りとギターテクニックを磨く。そこでブルース、
フォーク、カントリー、ジャズと様々なジャンルの音楽を吸収。その後、拠点をオレゴン州ポートランドへと移し、
2001年ファーストアルバム『アンダー・ザ・サン』を発表。アルバムは、カリフォルニアのラジオ局で話題となり、
多くのフェスティバルにも出演。2004年『Dredge』、2006年『レイン・オブ・デイズ』とリリース、全米でも注目を
集める。2011年の『ゲット・インサイド・ディス・ハウス』では、遂にインターナショナル・ブルース・チャレンジの
ベスト・セルフ・プロデュース・アルバムを受賞。並行してエレクトリック・ジャム・バンド、ウッドブレインとしても
2009年に『スウィミング・イン・ターペンタイン』をリリース。2014年にはニューアルバム『オールド・ブラッド』、
『ライブ・アット・ジ・アズテック・シアター』の2枚を引っ提げ、遂に初来日を果たし、その卓越したギター・プレイ
で大絶賛を浴びる。




----------------------


<関連商品>


『 OLD BLOOD 』
JM20141031001.jpg
BSMF RECORDS / CD / BSMF-2418 / ¥2376

前2作の過去ログ ☞ こちら


『 Live At The Aztec Theater 』
JM20141031002.jpg
BSMF RECORDS / CDR / BSMF-2419 / ¥2376


-----

『 GET INSIDE THIS HOUSE 』
JCM20180330002.jpg
BSMF RECORDS / CDR / BSMF-2224 / ¥2365

過去ログ ☞ こちら




店頭にてすべて販売中です。
ご来店お待ちしています。




KIM RICHEY

KIM RICHEY
EDGELAND



こんにちは。


1995年、 Mercury Nashville (Polygram)よりメジャー・デビューを
果たし、その後も Lost Highway、Vanguard などを経由して現在も
活動している Kim Richey 。


そんな彼女の5年振りとなる新作!!


BSMF RECORDS/Yep Roc / BSMF-6136 / ¥2592(TAX IN)
KR20180330001.jpg

1. The Red Line
2. Chase Wild Horses
3. Leaving Song (feat. Pat McLaughlin)
4. Pin a Rose
5. High Time
6. The Get Together (feat. Mando Saenz)
7. Can't Let You Go
8. I Tried
9. Black Trees
10. Your Dear John
11. Not for Money or Love
12. Whistle on Occasion (feat. Chuck Prophet)

Featuring
"Whistle on Occasion "(duet with Chuck Prophet)

Produced by Brad Jones

Special guests include
Robyn Hitchcock
Pat Sansone (Wilco)
Pat McLaughlin
Mando Saenz
Dan Dugmore

and more...




プロデューサーに前作同様、ジル・ソビュールやマシュー・スウィート等を手掛ける敏腕、
Brad Jones を起用し、ナッシュビルにある彼のスタジオ、で録音。ゲストヴォーカルにチャック・プロフェット、パット・マクラフリン、マンド・サエンス、さらにロビン・ヒッチコック、パット・サンソン(ウィルコ)、ダン・ダグモアらも参加し、心に染み入る大人のヴォーカルを聴かせる。


Kim Richey (キム・リッチー)
キム・リッチーは、1956年オハイオ州ゼインズヴィル出身。60年代の様々な刺激的な
音楽から影響を受ける。高校でギターを手にし、大学でステージ・デビュー。
1988年にナッシュビルに移り、本格的にプロのシンガーライターとして活動を開始。
彼女の曲は、ラドニー・フォスターやディクシー・チックス、ブルックス&ダンなどに取り上げられ、
コンポーザーとして確固たる地位を確立。トリーシャ・イヤーウッドに書いた「Believe Me Baby」
ではグラミーにもノミネート。同時にソロシンガーとしては1995年マーキュリーより『Kim Richey』
で遅咲きのメジャーデビューを果たし、「Just My Luck」などのヒットにより一躍その名を知らしめる。
その後も、1997年『Bitter Sweet』、ロスト・ハイウェイから2002年『Rise』、ヴァンガードから
2007年『Chinese Boxes』などコンスタントにリリース。2013年にはYepRocからパット・サンソン、
ジェイソン・イザベル、トリーシャ・イヤーウッドらが参加した『Thorn in My Heart』を発表し
高い評価を受けた。

CHRIS SMITHER

CHRIS SMITHER
CALL ME LUCKY




遂にリリースしました!!
6年振りのニューアルバム!!!


誉れ高き名盤『Don’t It Drag On』(1972年)リリース以降、
10年のブランクを経て1984年に復帰し、その後もすばらしい
アルバムを多数残しています。

残念ながら日本では上記の名盤ばかりがフィーチャーされ
ますが、御年74歳となる彼のリアルな今を聴いて欲しい。






Chris Smither is truly an American original.



BSMF RECORDS/Sigunature Sound / 2CD / BSMF-6135
CS20180323001.jpg
¥2592(TAX IN)

DISC 1
1. The Blame's On Me
2. Maybellene
3. Down To The Sound
4. Nobody Home
5. By The Numbers
6. Change Your Mind
7. Eveything On Top
8. Sittin' On Top Of The World
9. Too Bad So Sad
10. Lower The Humble

DISC 2
11. She Said She Said
12. Everything On Top
13. Down To The Sound
14. Nobody Home
15. Change Your Mind
16. By The Numbers


本作『Call Me Lucky』は、『Leave the Light On』から長きに渡りプロデューサーを
務めるデヴィッド・グッドリッチ(マルチ・インストゥルメンタリストでもある)を再度
起用しています。さらにビル・コンウェイ(モーフィン)や同レーベルのワンマン・バンド、
スーツケース・ジャンケットことマット・ローレンツらがサポートで参加。

楽曲の構成としては、自身のオリジナル8曲に加え、チャック・ベリーの“Maybelline”と
The Mississippi Shieksでお馴染みの“Sitting On Top of the World”のカバー・アレンジ2曲が
ディスク1に収録。

ディスク2には、ディスク1に収録したオリジナル曲から選出した5曲の別ヴァージョンと
レノン=マッカートニーの“She Said She Said”のカバー・アレンジ1曲を収録した豪華な
2枚組仕様。

さらに初回のみ限定で本人直筆のサイン入りとなっています!


名高いミュージシャン達もリスペクトする高いソングライティングのセンスと巧みな演奏力
(深みのある歌声と卓越したギター・テクニック)。カバー曲をも自身のオリジナルかと
思わせるほどです。


誰か日本へ呼んでください~!!


Chris Smither(クリス・スミザー)
1944年フロリダ出身、ニューオーリンズ育ち。高校時代から音楽を始め、卒業後、ライトニン・ホプキンスや
ミシシッピ・ジョン・ハートを聴いてフォーク、ブルースに傾倒。ギターの名手エリック・フォン・シュミットに教えを請い、
彼のアドバイスでマサチューセッツ州ボストン近郊のケンブリッジに移住。その後、様々な雑誌やメディアにも
取り上げられるようになり、ビッグフェスにも出演。1970年にファーストとなる名盤『アイム・ア・ストレンジャー、トゥー』
を発表(のちにボニー・レイットが取り上げた「ラブ・ユー・ライク・ア・マン」収録)。1971年にはマリア・マルダー、
エリック・カズ、ボニー・レイットらが参加した『ドント・イット・ドラッグ・オン』をリリース。その後、酒に溺れ12年間に
渡るブランクを経て1984年に『イット・エイント・イージー』で復活。1990代に入ってからはコンスタントにリリースを続け、
最新作は2012年『ハンドレッド・ダラー・ヴァレンタイン』。エミルー・ハリスやダイアナ・クラールなど多くのアーチスト
からもレスペクトされ、今もボストン近郊を拠点に精力的に活動中。










----------------------




<関連商品>


↓こちらはBSMF RECORDS より国内仕様でリリースされた前作です。
(ご注文お受けできます。)

『 HUNDRED DOLLAR VALENTINE 』
BSMF-6012chris.jpg



↓以下、輸入盤で在庫ございます。


『 STILL ON THE LEVEE 』
CS20180323002.jpg

キャリア50週年を記念して制作された2枚組アルバム。これまでに
リリースした楽曲より選出し再レコーディングしたベスト盤でもある。
ゲストとして Allen Toussaint, Loudon Wainwright Ⅲ といった旧友も
サポート!!


『 LEAVE THE LIGHT ON 』
CS20180323003.jpg

ゲストには、TIM O'BRIEN、OLLABELLEなどが参加してます。
BOB DYLAN、PETER CASE、LIGHTNIN'HOPKINSなどのカバー
も収録。





店頭にて販売中です。
ご来店お待ちしています。







BLUES WOMEN

☞ BLUES WOMEN ☜




こんにちは。

Blues Women Series より、




2018年、バーナード・アリソン、マイク・ジトと共にRUFレコーズの
ブルース・キャラヴァン・ツアーに抜擢されたクロアチアの美人
ブルース・ギター・ウーマン、


Vanja Sky
Bad Penny
BSMF RECORDS / CD / BSMF-2599 / ¥2592(TAX IN)
VS20180323001.jpg

1. Bad Penny
2. Hard Working Woman
3. Hit Me With The Blues
4. Low Down And Dirty
5. All Night
6. Inside Pain
7. Give Me Back My Soul
8. Lost Love
9. Do You Wanna?
10. Married Man
11. Don't Forget To Rock N Roll
12. Crossroads Of Life

プロデューサーにグラミーウィナーのジム・ゲインズを迎え、バックにはマイク・ジトや
ヨンリコ・スコットらががっちりサポート。新人とは思えない完成度の高いオリジナル曲を中心に、
彼女の敬愛するロリー・ギャラガーなどの名曲まで堂々と歌い上げる。まさに今年花開くこと
間違いなしのシンデレラ・ガール。


Vanja Sky (ヴァーニャ・スカイ)
ヴァーニャ・スカイは、クロアチア出身、現在23歳の新人ブルース・ギター・ウーマン。ほんの5年前に
近所の街ブゼットのライブクラブに出入りするようになり、そこで聴いた音楽に衝撃を受け、すぐさま
ネットでギターを購入。影響を受けたギタリストはロリー・ギャラガー、アルバート・キング、SRV。
クラブに出演するミュージシャンからギターを学び、僅か2年後には首都ザグレブに移りブルースバンド
に加入。セルビア、スロヴェニア、ドイツとツアーで回り、腕を磨いてゆく。そして2017年、早くも
ブルース・ウーマンを育てることには定評のあるドイツのRUFレコーズと契約。すぐさまアメリカへ渡り
テネシー州のスタジオでプロデューサーのジム・ゲインズの下、1STアルバム『Bad Penny』の録音に
とりかかる。同時に2018年から共にツアーを回ることが決定しているブルース・キャラヴァンのチームメイト、
バーナード・アリソン、マイク・ジトという百戦錬磨のギタリストとツアー・リハーサルを行い、今まさに
経験を積み、著しい成長を遂げているところだ。今年花開くこと間違いなしのシンデレラ・ガールと言えるだろう。











---------------------------------





続いて



Susan Tedeschi なんかがデビューする以前、

90年代始め、ファースト・アルバムをリリース後に来阪した
同世代でもある彼女の演奏を生で聴いたことを記憶している...


ブルース・ギター・ウーマンの草分けであり、ソロとしては12年ぶり11枚目と
なるアルバムを引っ提げ帰って来た!



Sue Foley
The Ice Queen
BSMF RECORDS / CD / BSMF-2598 / ¥2592(TAX IN)
SF20180323001.jpg

1. Come to Me (feat. Charlie Sexton)
2. 81
3. Run
4. The Ice Queen
5. The Lucky Ones (feat. Jimmie Vaughan)
6. Gaslight
7. Fool's Gold (feat. Billy F Gibbons)
8. If I Have Forsaken You
9. Send Me to the 'Lectric Chair
10. Death of a Dream
11. The Dance
12. Cannonball Blues


ゲスト・ヴォーカル&ギターでZZトップのビリー・ギボンズ、元ファビュラス・サンダーバーズの
ジミー・ヴォーン、アーク・エンジェルやボブ・ディランのバックで活躍するチャーリー・セクストン、
そしてレイ・ヴォーンのバックバンド、ダブル・トラブルのクリス・レイトンら、テキサスの重鎮たちが
彼女のために集結!プロデュースにはベテラン・キーボーディストのマイク・フィニガン。強力作!


Sue Foley (スー・フォーリー)
スー・フォーリーは、1968年カナダのオタワでアイリッシュ家庭の5人兄弟末っ子として生まれる。
ラジオから流れるローリング・ストーンズやレッド・ツェッペリンに影響を受け、13歳からギターを
手にする。18歳で親元を離れ、自らのバンドを率いカナダをツアー。その後、ハーモニカ奏者
マーク・ハメルのバックでツアー中にテキサス、オースチンの老舗アントンズから声が掛かり契約。
1992年のデビュー作『Young Girl Blues』を含め5枚のアルバムをリリース。バディ・ガイ、アルバート・コリンズ、
ジョニー・ウィンターなどのOAも勤め人気を獲得。そして7年間拠点としてきたテキサスを離れ、
カナダへ戻り、シャナキーから『Love Comin' Down』など3枚を発表。2004年からはドイツのRUFに移籍し、
アコースティック・ライブ盤『チェンジ』、2006年に『ニュー・ユーズド・カー』をリリース。大ヒットコンピレーション
『ブルース・ギター・ウーマン』の編集にも関わる。その後、ブラインド・ピッグからピーター・カープとの
デュオ作『Beyond The Crossroads (2012)』など2枚を発表。








店頭にて販売中です。
ご来店お待ちしています。


山中一平

山中一平
雷電



本日、

3月18日リリース!!




6年ぶりのニューアルバムは、山中一平河内音頭四部作の一つ「河内音頭雷電」を、
これまでと全く異なった解釈と新しい節を散りばめ、更に東ともみ、平田尚之といった
新しいメンバーを加えて、32分を超える長編河内音頭としてスタジオ録音。
更に赤江真理子作詞の名曲「河内音頭浪花慕情」と「河内音頭雷電」の33分を超える
別テイクも収録。




ZASHIKI RECORDS / CD / ZASK-003 / ¥2400(TAX IN)
IY20180313001.jpg

1 河内音頭浪花慕情 (06:56)
2 口上 (00:29)
3 河内音頭雷電 (32:21)
4 河内音頭雷電(alternate take)(33:30)

山中一平 (音頭)
赤江真理子(和太鼓、拍子木、締太鼓)
東ともみ (ベース)
虹友美 (三味線、お囃子)
平田尚之 (ギター)
佐伯美香 (お囃子)
桜川いつみ (お囃子)




山中一平
河内音頭取り・歌手.。よみうりカルチャー錦糸町講師。
1952年2月大阪府東大阪市生まれ。幼少の頃から河内音頭を始め、18歳で「河内十人斬り」、「神崎東下り」、
「王将、」「雷電」の4曲をレコーディング。8トラックのカセットテープなどで発売。この録音をきっかけに松竹芸能
からスカウトされ、芸名山中ひろしとして角座や松竹座などの舞台に立つ。1977年、シングル・レコード
「ざんざ大阪/酒場情話」(秋田泰治作詞/西脇功作曲・編曲:キングレコード)を発売。また、翌年には河内音頭
の名盤「現代河内音頭(2枚組・東芝)」に『神崎与五郎東下り』で参加した。しかしながら、1980年河内音頭を離れ、
比叡山延暦寺の僧として修行の日々を重ねる。1992年、河内音頭取りとして芸能界に復帰。野外ライヴや
ライヴハウスなどで精力的な活動を続ける。2010年ライヴ・アルバム「オンステージ/山中一平&河内オンドリャーズ」、
2012年「河内音頭神崎与五郎東下り箱根の茶屋/山中一平&河内オンドリャーズ」、2013年、AZUMIとともにあべのぼる
トリビュート・アルバム「河内音頭あべのぼる一代記不常識/AZUMI ミーツ 山中一平」をリリース。錦糸町河内音頭にも
出演し、東京で活動する数少ない河内音頭取りである。



HP ☞ 河内音頭山中一平 - Yamanaka Ippei -




3/18より販売スタートです。
ご来店お待ちしております。




--------------


<関連>


2018年3月24日(土)・25日(日)
アルバム「雷電」発売記念ライヴ西天満2Days


ニューアルバム「雷電」発売を記念して、大阪西天満のライヴハウス
GANZ toi, toi,toiでライヴを2日間開催。
IY20180313002.jpg


●河内音頭スペシャル
日時 3月24日(土)17時OPEN 18時START
出演 : 河内音頭つかさ会、司家征嗣、司家貴嗣、司家由美嗣、ほか
山中一平、赤江真理子、東ともみ、虹友美、平田尚之、佐伯美香、桜川いつみ


●ナニワジャングル・ロックデイ
日時 3月25日(日)17時OPEN 18時START
出演 : れっきとしたSLEEPER、はいからさん(from TOKYO)

山中一平、赤江真理子、東ともみ、虹友美、平田尚之、
佐伯美香、桜川いつみ


チャージ 両日とも
前売2,000円、当日2,500円 + 1Drink

場所 GANZ toi, toi, toi(ガンツ・トイトイトイ)
大阪市北区西天満5丁目13-7近江ビルB1

ご予約・お問い合わせ
GANZ toi, toi, toi(ガンツ・トイトイトイ)
TEL.06-6366-5515  FAX.06-6366-0303



プロフィール

po69

Author:po69
PO'BOY RECORDS

AMERICAN ROOTS MUSIC
( BLUES, FOLK, SSW,
BLUEGRASS, OLD TIME,
JUG/WASHBOARD, etc )

NEW & USED RECORDS,
CDS, BOOKS
AND MORE...

● その他、日本のフォーク
SSW/ブルース系のアーティスト
もあります。

大阪市北区豊崎3-6-15 
第2淀川ビル3F
TEL:06-7494-9358

OPEN 12:00 CLOSE 20:00
(日曜 CLOSE 18:00)
木曜定休
.......................
Yodogawa N0.2 Bldg 3F
3-6-15, Toyosaki ,Kita-ku,
Osaka 531-0072 JAPAN
TEL&FAX +81-6-7494-9358

Open - Close
Mon. - Sat. 12:00-20:00
(Sun. 12:00-18:00)
Thu. - Closed

カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QR
2018年5月の定休
●木曜定休
カレンダー
04 | 2018/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
リンク
アルバム
検索フォーム
THANK YOU !!
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

<消費税率変更に関して>
2014年4月1日以降より8%での税込価格表示に変更となります。