FC2ブログ

JERRY GARCIA

Jerry Garcia Acoustic Band
ALMOST ACOUSTIC : Recorded Live





こんにちは。酷暑が続いていますが体調にはくれぐれも
お気をつけください。



さて本日は、JerryGarcia が亡くなって24年目にあたります。
なので今年の5月に再発したこのレコードを紹介します。


2018年にも RSD Black Friday の2枚組/5000枚/限定盤
(180G グリーン・マーブル・カラー)として再発されましたが、


今回は 2枚組(180G パープル・カラー)となります。
もちろん前回同様にゲートフォールド・スリーヴで、
ダウンロード・コードが付属します。




Round Records / 2 X Vinyl  LP / JGFRR1025 SOLD!
JGAB20190809001.jpg
Purple 180G / Epanded Edition / Includes Free Download Card

JGAB20190809002.jpg

Side A
1 Swing Low, Sweet Chariot
2 Deep Elem Blues
3 Blue Yodel #9 (Standin' On The Corner)

Side B
1 Spike Driver Blues
2 I've Been All Around This World
3 I'm Here To Get My Baby Out Of Jail

Side C
1 I'm Troubled
2 Oh, The Wind And Rain
3 The Girl At The Crossroads Bar
4 Oh Babe, It Ain't No Lie

Side D
1 Casey Jones
2 Diamond Joe
3 Gone Home
4 Ripple

Jerry Garcia - Guitar, Vocals
David Nelson - Guitar, Vocals
John Kahn - Electric Upright Bass
Kenny Kosek - Fiddle
Sandy Rothman - Mandolin, Dobro, Vocals
David Kemper - Snare




アメリカを代表するロック・バンド、The Grateful Dead のギタリストとして
活躍し、サイドプロジェクトとして David Grisman とのコラボ作など当店でも
紹介してきました。

本作は、80年代末のサイドプロジェクトとして Jerry が率いたバンドで、
内容は1987年11月と12月に "Warfield Theater (San Francisco's )" と
"The Wiltern (Los Angeles)"で行われたライヴ音源を収録したものです。

Jerry がアメリカのルーツ音楽を愛していたことは、これまでのブログで
お伝えしてきました。本作でもそれは証明されており、古いトラッド曲から
Jimmie Rodgers, Mississippi John Hurt, Elizabeth Cotten, Tex Logan,
Bill Carlisle などのカバー曲まで演奏されています。




------------------------



<関連商品 CD >



JERRY GARCIA & DAVID GRISMAN
GARCIA GRISMAN
Acoustic Disc / CD / ACD-2
jerry20190809001.jpg

The Thrill Is Gone
2. Grateful Dawg
3. Two Soldiers
4. Friend of the Devil
5. Russian Lullaby
6. Dawg's Waltz
7. Walkin' Boss
8. Rockin' Chair
9. Arabia


Jerry Garcia - Guitar, Vocal
David Grisman - Mandolin
Jim Kerwin - Bass
Joe Craven - Percussion, Fiddle


60年代前半に東海岸のブルーグラス・フェスで始めて出会い、長年の友人関係だった
彼ら二人の最初の録音プロジェクトクトが本盤。それらサウンドは、阿吽の呼吸で
奏でられる。B.B.KING のヒット・ナンバー M-1 やデッドの名曲 M-4、Hoagy Carmichael
の M-8、Irving Berlin の M-5 など選曲もすばらしい。そして何といっても彼ら二人の
スリリングな掛け合いが最高にいい!


---------------


JERRY GARCIA & DAVID GRISMAN & TONY RICE
PIZZA TAPES
Acoustic Disc / CD / ACD-21
jerry20190809002.jpg

1. Appetizer 1
2. Man of Constant Sorrow
3. Appetizer 2
4. Louis Collins
5. Shady Jam
6. Shady Grove
7. Always Late
8. Summertime
9. Appetizer 3
10. Long Black Veil
11. Rosa Lee McFall
12. Appetizer 4
13. Drifting Too Far from the Shore
14. Amazing Grace
15. Little Sadie
16. Knockin' on Heaven's Door
17. Space Jam
18. So What
19. Appetizer 5
20. House of the Rising Sun


Jerry Garcia - Guitar, Vocal
David Grisman - Mandolin
Tony Rice - Guitar


このすばらしい3人による歴史的ジャム・セッションを収めた2本のオリジナル・テープが、
ピザ屋の宅配人によって Jerry 宅のキッチンから盗まれ、デッド・ヘッズを始めとする
一部のファンのみの間で聴かれることになった伝説の音源。これが2000年に晴れて公式に
リリースされたのが本作です。2度と実現することのない,これら演奏は、ファンにとって
宝物と言える作品です。のちに3枚組による完全版もリリースされてます(こちらは、
たくさんの別テイクなどが収録されたマニア向けです)。



すべて販売しております!



【祝来日】 BROTHERHOOD OF THE JUG BAND BLUES

こんばんは。


定休日前ですがお知らせしておきます。


当ブログで以前より紹介しています Eli Smith より先日、
2019年10月19日(土)に開催される Osaka Jug Band Festival
出演するため来阪すると連絡をもらいました。


今回、バンド "Brotherhood of the Jug band Blues"として
来阪するようです!!  ☞ Osaka Jug Band Festival


彼の事も含め過去の関連記事を参照ください↓
記事 ☞ JALOPY RECORDS
記事 ☞ THE DOWN HILL STRUGGLERS
記事 ☞ Four o'clock Flowers
記事 ☞ Jalopy Records Seven Inch Series  
記事 ☞ ELI SMITH
記事 ☞ EDEN & JOHN'S EAST RIVER STRING BAND



お楽しみに!!!







--------------------------------



以下、再度アップしておきます!!




JalopyRecords201712120001.jpg

BROTHERHOOD OF THE JUG BAND BLUES
Killin' Me !
American Jug Band Songs Old and New



Jalopy Records の第2弾としてリリースされたこのバンドは、ブルックリンを
拠点に活動する面々が集結したオールスター・バンドと言っても良いでしょう。


Jalopy Records / LP / JR002 SOLD!
BOTJBB20171213001.jpg

SIDE A
1. Killin' Me
2. On the Road Again
3. Love Kung Fu
4. New Minglewood Blues
5. What You Like

SIDE B
1. Titty Lickin' Sunday
2. Whiskey Headed Woman
3. Ida K
4. Chick Weed
5. Tear It Down
6. Jack the Rabbit

Ernesto "Lovercat" Gomez - Vocals, Guitar & Harmonica
Arturo "Jugman" Stiles - Jug & Kazoo
Ernie "Papa" Vega - Vocals, Guitar, Mandolin & Tenor Banjo
Jackson "Money" Lynch - Vocals, Guitar & Fiddle
Eli "Sweet Son" Smith - Washboard, Banjo, Ukulele, Whistling & Vocals
Rashad "Downtown" Brown - Piano
Geoff "Mon Capitan" Wiley - Bass & Vocals
Walker Shepard - Fiddle
Pat Conte aka Amos Otis, Godfather - Fiddle & Slide Guitar
Bob Guida aka Raoul Otis, Godfather - Omnipresent

Recording: Don Fierro



このバンドの創設メンバーでもある Ernesto Gomez を筆頭に、The Down Hill Strugglers
の3人や Jalopy Theatre 創設者の Geoff Wiley 、今は亡き Bob Guida と Pat Conte から
なる The Otis Brothers などが顔を揃えたブルックリン・オールスター!!

サブ・タイトルにもあるアメリカのジャグ・バンド・ソングの古いものから新しいものまで
マルチ・プレイヤー達がおくるグッドタイムなグルーヴがここに収録されています!

試聴 ☞ Brotherhood of the Jug Band Blues






---------------------------




<関連商品>


こちらは、

メンバーが違う2009年にリリースされたCDR盤です!



WORD TO MOTHER
Random Chance Records / CDR
BOTJBB20171213002.jpg

1. Brother of the Jug Band Blues
2. Love U Truly
3. El Hombre
4. Brooklyn Blues
5. Stealin'
6. Jalepeno Witchie
7. Aint' My Day
8. Comin Over Baby
9. Microphone King
10. Keep It Clean
11. Care for Me
12. Rockaway
13. Who Don't LIke That?
14. Play Wit Your Poodle
15. G Train I'm Riding

Ernesto "lovecat" Gomez - lead vocals, guitar, harmonica, kazoo
Artie "jugman" Stiles - jug, vocals and harmonica
Steve Strohmeir "Brooklyn Slim" aka "Stoned Wheat Thin" - guitar, harmonica, kazoo & vocals
Eli "Sweet Son" Smith - washboard rhythm, Vocals and manjo (half banjo and half mandolin)








店頭にて販売中です。
ご来店お待ちしています。



JOSH WHITE

JOSH WHITE
Free and Equal Blues





サウス・キャロライナ出身のフォーク/ブルース・シンガー&ギタリスト、
Josh White(1914-1969)。


その活気に満ちたギターと豊かなヴォーカル、何十年もの間、聴衆を
魅了した華麗なミュージシャン。





Smithsonian Folkways Recordings / CD / SFW40081
JW20190729001.jpg

1. One Meat Ball
2. In My Time of Dying
3. Free and Equal Blues
4. Number 12 Train
5. Jim Crow
6. Landlord
7. Betty and Dupree
8. Trouble
9. Beloved Comrade
10. Hold On
11. Jelly Jelly
12. When I Lay Down
13. The House I Live In
14. Fuhrer
15. Minute Man
16. Take a Gal Like You
17. Whatcha Gonna Do (Sometime)
18. Don't Lie Buddy
19. Motherless Children
20. No More Blues (No More Bread Lines)
21. Mean Mistreatin' Woman
22. Freedom Road
23. Miss Otis Regrets
24. Careless Love
25. T.B. Blues
26. Outskirts of Town

Josh White - Vocals, Guitar

Guest
Lead Belly - Vocals, Guitar
Mary Lou Williams - Piano
Jimmy Butts - Bass
Bill Coleman Trumpet
Eddie Dougherty Drums

The Union Boys
Burl Ives - Vocals
Alan Lomax - Vocals
Brownie McGhee - - Vocals, Guitar
Pete Seeger - - Vocals, Banjo

lMoses Asch - Recorder
Elijah Wald - Producer, Liner Notes
Josh White - Artist
Jeff Place - Producer



まず本CDは、1998年にリリースされたものです。内容としては1944年から1946年
にかけて Moses Asch よって録音された未発表音源を数多く含む編集盤として
当初リリースされたのでファンにとっては嬉しいものでした。(今もこれでしか聴けない
音源があるかも知れません。)

これら26曲からなるフォークやブルース、ゴスペル、ポピュラー・ソングといった楽曲を
ソロ演奏や Leadbelly, Mary Lou Williams, The Union Boys(Burl Ives, Alan Lomax,
Brownie McGhee, Pete Seeger)らが伴奏/コーラスをつけたものまで聴くことができる。

ちなみに M-10 は、"Gospel Plow"をベースにアレンジされ、M-16 は、演劇作"John Henry"
から抜粋しアレンジしたもののようです。 他にも M-1 は、Ry Coode のファースト・アルバム
でカバーされているので知っている方も多いと思います。

こちらで試聴できます ☞ Smithsonian Folkways Recordings



店頭にて販売中です。
ご来店お待ちしています。




【再入荷】 JESSE FULLER

JESSE FULLER

Move On Down The Line
singing and playing his 12 string guitar, harmonica, kazoo, sock cymbals and fotdella




こんにちは。



本日は再入荷となる、

'
The Lone Cat' こと Jesse Fuller の1枚!



Fledg'ling Records / CD / FLED3074
jf20160318002.jpg

Recorded March 19, 1965 in London, England.
1. Move On Down The Line
2. Stealing
3. Ninety Nine Years And One Dark Day
4. Animal Fair
5. Sleeping In The Midnight Cold
6. Stackolee

Recorded ca. 1954 in El Cerrito, CA. First issued as "Working On The Railroad"
by World Song (WS1) and Topic (10T59) in 1960.

7. John Henry
8. Railroad Worksong
9. Lining Up The Tracks
10. Hanging 'Round A Skin Game
11. Railroad Blues
12. San Francisco Bay Blues

Jesse Fuller - vocals, 12 string guitar, harmonica, kazoo, sock cymbals, fotdella(foot-operated bass)


本作は1965年に UKのレーベル Topic からリリースされた編集盤(LP)を
CD化したものです。

前半の6曲は、1965年3月19日にiイギリスはロンドンの Ceil Sharp House
で Peter Kennedy によって録音された楽曲を収録。

後半の6曲は、1954年にアメリカはカリフォルニア州のエルサリートで
Margaret と Irwin Goldsmith よって録音され楽曲を収録。

ちなみ後半6曲は、Margaret と Irwin Goldsmith のレーベル World Songから
1955年に10インチ盤としてリリース。その後、1960年にジャケを変え、Topic から、
2015年にMississippi Records と Secret Seven 共同で、それぞれ10インチ盤で
再発しています。

San Francisco Bay Blues の生みの親であり、後に多くのミュージシャンに影響を
与えたことは言うまでもない。歌と12弦ギター、カズー、ハーモニカ、フットデラ
(自作の足踏み式ベース)を駆使したワンマン・バンド・スタオル。

痛快なギターによるレイルロード・ソング、ワーク・ソング、スピリチュアルなどを
軽くこなすその芸風は今聴いても楽しめます。



店頭にて販売中です。
ご来店お待ちしています!


LA COPPIA SCIASCIA

LA COPPIA SCIASCIA
ITALIAN FOLK SONGS FROM ABRUZZO 1927-1930



こんにちは。



本日は、ギター・クラフトマンであり Fraulini Guitars のオーナー、
Todd Cambioがプロデュースした素晴らしいイタリアのフォーク・デュオ
紹介します。

Fraulini Guitars
20世紀初頭(真の黄金時代と呼ばれた)に使用されていたクラシックなデザインを
モデルにしたギターを制作している。それらは伝統的な技法を使用して、すべて
手作業で制作されています。そして伝統的な音楽を愛するミュージシャンに提供
することに力を注いでいる。



リリースは、Eden & John's East River String Band でおなじみ、
彼らのレーベル East River Records からとなります!



East River Records / CD / ERR1011
ItalianFolkSong20190723001.jpg

1. Bimba
2. Alla Fonda Della Conceria
3. Carolina Move Mova
4. È Bbone Ffa L’Amore
5. Ferrare Lancianese
6. Stornelli Campagnola
7. Lu Primo Amor
8. Si Li Vù Fà
9. Prima Sci e Dpo Ca o
10. Quando Mi Maritai
11. Pasquale Ombriacone
12. Angilella
13. Rusina Alla Campagna
14. Tarantella Ricci Ricci


イタリアの アブルッツォ(abruzzo)からアメリカのペンシルベニア州フィラデルフィア
にあるイタリアン人居住区へ定住した Pasquale "Pasty" Carmine Sciascia
(Pasquale Sciascia) と Chiarina "Clara" Andrissi(Clara Sciascia) からなる
夫婦デュオ、La Coppia Sciasscia 。

1927年から1933年にかけて Victor を始め Columbia、Brunswick と言ったレコード会社
に44曲の録音を残しています。

そのなかから今回、彼らの初期録音となる "Italian and Abruzzese folk songs" の
ナンバー14曲が90年振りにCDとして再リリースとなりました!

素晴らしいデュエット・ソングから絶妙なストリング・バンドが伴奏つけるものまで聴くこと
ができます。さらに英語に翻訳された歌詞やライナー・ノーツを含む24ページからなる
小冊子が付属します。

ItalianFolkSong20190723002.jpg


興味深い1枚です。
店頭にて販売中です。




------------------------------------



<関連商品>



関連商品としてこちらの、

JSP Records からリリースされたオムニバス2枚組ボックス・セットもオススメ
しておきます。

こちらも Todd Cambio 、他がプロデュースしたもので1911年から1939年に
かけてのイタリアン・アメリカン音楽(アメリカに定住したイタリア人達の音楽)
44曲を2枚のディスクに収録したものです。


Paese Mio Bello - Historic Italian American Recordings 1911-1939

JSP Records / 2CD BOX set / JSP4236
Paese Mio Bello 20190726001

先に紹介した Pasquale Sciascia の演奏も収録してます!


こちらも店頭にて販売中です。
ご来店お待ちしています。






KELLY HUNT

KELLY HUNT
Even the Sparrow




こんにちは。



明日はお休みですが、入荷の中から1枚アップしておきます。



日本ではまったく無名ですが、耳に残るアルバムだったので
紹介します。


テネシー州メンフィス出身で、現在はカンザスシティを拠点に
活動している女性シンガー・ソングライター、 Kelly Hunt の
記念すべきデビュー・アルバム!!




Rare Bird Records / CD / RBR01 SOLD!
KH20190724001.jpg

1. Across The Great Divide
2. Even The Sparrow
3. Back To Dixie
4. Men of Blue & Grey
5. Sunshine Long Overdue
6. Fingernail Moon
7. Delta Blues
8. Bird Song
9. Nothin’ On My Mind
10. Oh Brother, Where Art Thou?
11. How Long
12. Gloryland

Kelly Hunt - Vocal, 4-Strings Tenor Banjo
Stas' Heaney - Fiddle, Percussion, Upright Bass, Organ, Background Vocals
Tyler Giles - Guitar, Pedal Steel Guitar
Chris DeVietor - Upright Bass
Havilah & Kris Bruders - Background Vocals



本作は、バッキングも務める Stas' Heaney との共同制作で、エンジニアに
Kelly Werts を迎え、2年近くをついやされました。

洗練されたストーリーテリングと魅力的なアレンジメント、叙情的で明確な
メロディーが巧妙に注ぎこまれたアルバムで、伝統的なアメリカ音楽の枠
だけにとどまらないアルバムです。

彼女が奏でる不思議なテナー・バンジョーは、地元カンザスシティの中古音楽
ショップで販売されていたものらしいです。そこで販売されている楽器には、
これまでの所有者の痕跡や物語も展示されていたようです。

彼女が購入したカーフスキンのテナー・バンジョーは、1920年から1935年まで
犬とポニーを引き連れバスキングの旅をしていた Ira Tamm と言う男性のもの
だと言われています(その他、詳細不明)。

80年前に奏でられていたバンジョー、彼女が手にし演奏されたアルバム
「Even The Sparrow」 によって新たな歴史が刻まれて行くのです。


オペラ歌手/サックス奏者の娘としてテネシー州メンフィスで育ち、ピアノのレッスン、
合唱団での歌唱、そして演劇を通して演奏するようになる。ジョン・デンバーから
ノラ・ジョーンズ、ラフマニノフにいたるまで多様な音楽的インスピレーションに影響
され、自身の歌を書き始める。大学ではフランス芸術を学ぶかたわら、バンジョー
と出会い独自の即興演奏スタイルの開発を始める。大学を卒業した後、私的な音楽
活動は継続するものの、別の分野でのキャリアを進め行きました。しかし音楽への
熱意はさめるこがなく、カンザスシティへ拠点を移し本格的にアルバム制作を開始
しました。そして2019年、デビュー・アルバムとなる「Even the Sparrow」が晴れて
リリースされました。









店頭にて販売中です。
ご来店お待ちしています。



JOE FLETCHER

JOE FLETCHER

hotelteneyes20190706003.jpg


こんにちは。


本日は、アメリカのニューイングランド出身で、

現在テネシー州イーストナッシュビルを拠点に活動している
シンガー・ソングライター、Joe Fletcher 。

今回、彼と SNS で交流のあった先輩を経由して送られてきた
(本人より)新作のレコードと3作目にあたる CD を紹介します!

当ブログで以前に紹介したことのある Brown Bird とも交流が
あり、個人的にも好きなシンガー・ソングライターです。
Brown Bird  ☞ 過去の記事1過去の記事2




------------------




まずは、CD から紹介します。


2007年に彼が率いた初期バンド、"The Wrong Reasons" で
自主制作となるアルバム『Bury Your Problems 』をリリース。

続いて2011年に2枚目のアルバム『White Lighter』をリリース。

そして本作が2014年にリリースされた3枚目のアルバムです!


You've Got The Wrong Man
Wrong Reasons Records / CD / WRR005
hotelteneyes20190706005.jpg

1. Florence, Alabama
2. Haint Blue Cadillac
3. Miss Red
4. Blame Game Blues
5. I Never (Reprise)
6. Oceanside Motel
7. Heart In A Mousetrap
8. The Wilsons
9. Life Of The Party
10. The Promise
11. Highway Roulette
12. Mabel Grey

Joe Fletcher - Vocals, Guitar
Jacob Edwards - Drums
Dan Blakeslee - Background Vocals
Danny Roaman - Background Vocals
The East Nashville Mtivational Choir - Background Vocals


彼自身のオリジナル曲に加え、今は亡き友人 Brown Bird (David Lamb)
のカバー曲などで構成され、それらは、ロードアイランドやジョージア、
テネシーなどで数か月にわたってライヴ・レコーディングされました。

彼が影響を受けた Woody Guthrie や Leadbelly, Jimmie Rodgers などの
精神を受け継いだ1枚。アコースティック・ギターとエレクトリック・ギターを
持ち替え、バリトン・ヴォイスで聴かせてくれます。

試聴はこちらでできます ☞ Joe Fletcher Bandcamp


すでにパッケージではほとんど流通していません。今なら CD お買い上げ
いただいたお客様に先着で以下、缶バッチ、マッチ、ピック、ボールペン
の中から1つ特典としてお付けいたします↓

hotelteneyes20190706006.jpg





---------------------




続いて


Rock N' Roll な


新作レコードです!!!



HOTEL TEN EYES
Positively Fireproof
Wrong Reasons Records / LP / WRR005
hotelteneyes20190706001.jpg

1. Hardly Even Ever Awake
2. Bottom of the Hill
3. Never the Bride
4. Pure Black Afternoon
5. Tuff Teeth
6. V.I.P
7. Novocaine
8. The Grass is Always Greener
9. Lobby Theme
10. P.S.

Joe Fletcher - Vocals, Guitar
Ron Gallo - Bass, Vocals
Charlie Shea - Drums, Vocals, etc.
Brian Wright - keyboard ( on M-7 )



2017年12月7日にテネシー州ナッシュビルのステージをかわきりに
スタートした Joe Fletcher 率いる Rock N' Roll バンド、Hotel Ten Eyes 。

このステージの1か月後には、本作『Positively Fireproof』のレコーディング
がスタート。バンドとしての記念すべきデビュー・レコードとなります。

これまでのアメリカーナな作品とは一味違い、Nick Cave や Tom Waits,
The Velvet Underground なんかを連想させるエレクトリックなサウンドを
全面にロックな仕上がりとなっています。


こちらのレコードもほとんど流通されていないと思います。今なら レコード
お買い上げいただいたお客様に以下、Hotel Ten Eyes オリジナル
ステッカー、カード、ボールペンの3点をセットでお付けします↓

hotelteneyes20190706004.jpg



☞ Joe Fletcher Home Facebook
☞ HOTEL TEN EYES Home Facebook




店頭にて販売中です。
ご来店お待ちしています。





V.A / IT'S HOTTER IN HAWAII

IT'S HOTTER IN HAWAII

Early hits from a unique musical style
4CDs 105 Cuts





聴きごたえたっぷりの


戦前ハワイアン・コンピ!!





JSP Records / 4CD / JSP77210 SOLD!
ITS HOTTER IN HAWAII 20190705001

DISC A
1. BLUE SPARKS - MASTER'S HAWAIIANS
2. HAWAIIAN STORMY WEATHER - MASTER'S HAWAIIANS
3. CAPERUCITA - S CORTES Y SUS HAWAIIANS
4. LIRIOS - S CORTES Y SUS HAWAIIANS
5. MY LITTLE GRASS SHACK IN KEALAKEKUA - KANUI & LULA
6. GARDEN OF PARADISE - KEAUMOKA LOUIS
7. PENEI NO - KEAUMOKA LOUIS
8. GOODBY BLUES - ROLAND PEACHY & HIS ROYAL HAWAIIANS
9. CHINA BOY - ROLAND PEACHY & HIS ROYAL HAWAIIANS
10. HONOLULU STOMP - H.M. BARNES & HIS BLUE RIDGE RAMBLERS
11. WAIKIKI WALTZ - KING BENNIE NAWAHI
12. STACK-O-LEE - KING, QUEEN, JACK
13. DRIFTING AND DREAMING - LAWSON'S HAWAIIANS
14. LA PORTENA ES UNA PAPA - LES LOUPS
15. DROWSY WATERS - LUA & KAILI (IRENE WEST'S ROYAL HAWAIIANS)
16. KOHALA MARCH - LUA & KAILI (IRENE WEST'S ROYAL HAWAIIANS)
17. MOANA CHIMES - M.K. MOKE
18. E MAMA EA - MOANA SERENADERS
19. HE MEA NUI - MOANA SERENADERS
20. THE CAT'S WHISKERS - PAT PATTERSON & HIS CHAMPION REP RIDERS
21. KAUNA KEA - RAY KINNEY & HIS ROYAL HAWAIIANS
22. CORAL ISLE - RAY KINNEY & HIS ROYAL HAWAIIANS
23. MILENBURG JOYS - RODNEY ROGER'S RED PEPPERS
24. KING KALAKAUA MARCH - KAMSKU & KAWAIHAE
25. PUA LIMA WALTZ - KAMSKU & KAWAIHAE
26. THE ROAD TO PARADISE - UNKNOWN GERMAN ORCH
27. LES FEMMES D'AMERIQUE - DANNY STEWART

DISC B
1. 12TH STREET RAG - HAUULEA ENTERTAINERS
2. RAILROAD BLUES - HAUULEA ENTERTAINERS
3. ELLIS MARCH - HAUULEA ENTERTAINERS
4. AMA AMA - SAM ALAMA
5. AKAHI HOI - HAWAIIAN QUINTETTE
6. PUA I MOHALA - HAWAIIAN QUINTETTE
7. HONOLULU STOMP - HAWAIIAN SERENADERS
8. MAUI GIRL - MOLKEHA
9. HONOLULU MARCH - HAWAIIAN SILVER QUARTET
10. KAWAHAU - HAWAIIAN SILVER QUARTET
11. MY LITTLE GRASS SHACK - JOE KEAWE & HIS HARMONY HAWAIIANS
12. HOOKIPA PAKA - JOE KEAWE & HIS HARMONY HAWAIIANS
13. HAPPY HAWAIIAN BLUES - HAWAIIAN SONGBIRDS
14. K'ALU LULILULI - HELEN LOUISE & FRANK FERERA
15. KAI MAIA O KA MADI - HELEN LOUISE & FRANK FERERA
16. HULA LOVE MEDLEY MARCH - HILO HAWAIIAN ORCHESTRA
17. MINDINAO MARCH - HONOLULU PLAYERS
18. SONG OF THE RANGE - JIM & BOB
19. CHIMES - JIM & BOB
20. BY THE WATERS OF MINNIETONKA - JIM & BOB
21. HULA BLUES - JIM & BOB
22. PEHEA HOI AU - KALAMA'S QUARTET
23. O SOLE MIO - HAWAIIAN TRIO
24. MY HAWAII (YOU'RE CALLING ME) - HAWAIIAN TRIO
25. LA PALOMA - HAWAIIAN TRIO
26. VALSE BLEU - HAWAIIAN TRIO

DISC C
1. HILO - KANE'S HAWAIIANS
2. BLUES OF THE GUITAR - ANDY SANELLA
3. SLIDING ON THE FRETS - ANDY SANELLA
4. PAME STI HONOLULU - BEZOZ HAWAIIAN ORCHESTRA
5. PALOLO - CHARLIE WILSON
6. NA PUA O HAWAII - GEORGE KU TRIO
7. KUU LEI - GEORGE KU TRIO
8. NA ALI'L - GEORGE KU TRIO
9. NA LEI - CORAL ISLANDERS
10. CLOWNIN' THE FRETS - BILTMORE HOTEL TRIO
11. KAUI KAHIO - BILTMORE ORCHESTRA
12. DOWN IN WAIKIKI - EDDY'S HAWAIIAN SERENADERS
13. WHY MY CRAF VEX WITH ME - EMERY COURNAND
14. ONE-TWO-THREE - FERERA, FRANCHINI & LUFSKY
15. PALAKIKO BLUES - FRANCHINI & DETTBORN
16. MAUI - FRANK FERERA
17. MELANI ANU KA MAKANI - FRANK FERERA
18. HONOLULU MARCH - FRANK FERERA
19. IN THE HEART OF HAWAII - FRANK FERERA
20. ST. LOUIS BLUES - FRANK FERERA
21. CIELITO LINDO - FRANK FERERA & JOHN POALUKI
22. IKO OKAMUKO - FRANK FERERA & JOHN POALUKI
23. SLACK KEY HULA - GEORGE KEOKI DAVIS
24. CARESSES VENITIENNES - GINO BORDIN HAWAIIAN ORCHESTRA
25. INDIANA MARCH - HANAPI TRIO
26. SMILES - JIMMY YATES' BOLL WEEVILS

DISC D
1. 12TH STREET RAG - ROY SMECK
2. LIMEHOUSE BLUES - ROY SMECK
3. BUGLE CALL RAG - ROY SMECK
4. HILO MARCH - ROY SMECK
5. KALIMA WALK - ROY SMECK
6. TWILIGHT ECHOES - ROY SMECK
7. HAWAIIAN HULA - SAM KU WEST
8. WANGWANG BLUES - SAM KU WEST HARMONY BOYS
9. LILIU E - SOUTH SEA ISLANDERS
10. OLD TIMER'S HULA - TOMMY SOLOMON
11. LEPE ULA - SOL HOOPII
12. HAWAIIAN MARCH - SOL HOOPII
13. LADY BE GOOD - SOL HOOPII
14. LEHUA - SOL HOOPII
15. PIDGIN ENGLISH HULA - SOL HOOPII
16. UHEUHENE - SOL HOOPII
17. TOMI TOMI - SOL K. BRIGHT
18. PARARI'I PARARARA'I - TAMARI TAHITI
19. GHOST DANCE - TRUETT & GEORGE
20. MAI KAI NO KAUAI - MM. RIVIERES HAWAIIANS
21. PAAHANA - MM. RIVIERES HAWAIIANS
22. E MAMA EE - MM. RIVIERES HAWAIIANS
23. LA LUPE UA SOLA - MM. RIVIERES HAWAIIANS
24. ELLIS MARCH - MM. RIVIERES HAWAIIANS
25. U LIKE, NOA LIKE - TAU MOE'S HAWAIIAN JAZZITES
26. MEDLEY OF OLD TIME WALTZES - WALTER KOLOMOKU



1920代後半から30代にかけてジャズの影響も色濃い本物のハワイアン音楽を
網羅した4枚組(全105曲)ボックス・セット。

観光客用のバー・ミュージックとは一線を引いたものであることは聴けばすぐに
理解できると思います。

Roy Smeck や Sol Hoopii など単独のアルバムで聴けるものもあるが、
Frank Ferera などの音源は、まとまってなかなか聴けないので嬉しい
ところです。

戦前ハワイアン好きにはホントに宝箱のようなセット。今回、すべてリマスター
されています。廃盤になる前に手にすることをオススメしておきます!!



店頭にて販売中です。
ご来店お待ちしています。




LOVEY'S ORIGINAL TRINIDAD STRING BAND

LOVEY'S ORIGINAL TRINIDAD STRING BAND
CALYPSO DAWNS 1912




アメリカの民族学者 Richard K. "Dick" Spottswood によって、

発見された初期カリプソ音源でカリブ海の歴史の側面を知る

ことが出来る貴重な1枚!!




Bear Family Records / CD / BCD 16057 AH SOLD!
LOTSB20190705001.jpg

1. Manuelita - Vals Español
2. Rosenthal - Vals 2:58
3. Unidentified - Vals #1
4. Unidentified - Vals #2
5. Unidentified - Paseo #1
6. Sarah - Paseo
7. Oil Fields - Paseo
8. Trinidad - Paseo
9. Mango Vert - Paseo
10. Pauline - Paseo
11. Mari-Juana - Paseo
12. Alexandrina - Paseo
13. Unidentified - Paseo #2
14. Tobo Justina - Paseo
15. Siempre Alegre - Vals
16. Manuelito - Vals
17. Clavel Blanco - Vals
18. Flores De Trinidad - Vals .
19. La Liebre - Stop Vals .
20. Unidentified - Vals #3 .
21. Discie You Doan Know De Law - Paseo.
22. Trinidad - Paseo .
23. Manuelita - Vals Español .
24. Sarah - Trinidad Paseo


19世紀最後の10年間にヴァイオリニスト、Lovey(本名:George R. Baillie)
によって結成されたダンスバンド 、Lovey's Original Trinidad String Band 。

このバンドについてあまり詳細がないのですが、1912年5月にアメリカ・ツアーへ
出るまでこのバンドは母国で無名であった事と、最初にビクター・トーキングマシン
カンパニーのスタジオで、その後、コロムビア・フォノグラフ・カンパニーで
南アメリカのリズムのいくつかの歌を最初に録音し事は明らかになっています。

本作は、アメリカ・ツアー中の1912年5月と6月にニューヨークで録音された
音源を収録したものです。ドイツの名門ベア・ファミリー・レコードの手によって
デジタル・リマスターされCD化。

この歴史的にも大変貴重な音源は、トリニダード・トバゴの人々のアイデンティティ
の開発と促進において大きな役割を果たしたことは間違いない。



店頭にて販売中です。
ご来店お待ちしています。



EDDIE 'CLEANHEAD' VINSON

EDDIE 'CLEANHEAD' VINSON
Mr Cleanhead Blows His Greatest Hits
- Selected Singles 1944-1950




こんにちは。


5月に紹介できていなかった、


Eddie 'Cleanhead' Vinson の編集盤です。


Jasmine Records / CD / JASMCD 3117
ECV20190705001.jpg

COOTIE WILLIAMS AND HIS ORCHESTRA - EDDIE 'CLEANHEAD' VINSON, VOCALS
1. CHERRY RED BLUES
2. IS YOU IS, OR IS YOU AIN'T
3. SOMEBODY'S GOTTA GO
4. JUICE HEAD BABY

EDDIE 'CLEANHEAD' VINSON AND HIS ORCHESTRA
5. TOO MANY WOMEN BLUES
6. JUST A DREAM
7. CLEANHEAD BLUES
8. WHEN A WOMAN LOVES HER JUICE
9. OLD MAID BOOGIE
10. KIDNEY STEW BLUES
11. LUXURY TAX BLUES
12. GONNA SEND YOU BACK WHERE I GOT YOU FROM
13. WHEN I GET DRUNK
14. HAVE YOU EVER MISSED YOUR BABY?
15. SOMEBODY DONE STOLE MY CHERRY RED
16. ASHES ON MY PILLOW
17. I'M GONNA WIND YOUR CLOCK
18. I'M WEAK BUT I'M WILLING
19. FEATHERBED MAMA
20. NO GOOD WOMAN BLUES
21. PEAS AND RICE
22. BALD HEADED BLUES
23. MY BIG BRASS BED IS GONE (AND MY BABY'S MISSING TOO)
24. QUEEN BEE BLUES
25. IF YOU DON'T THINK I'M SINKING (LOOK WHAT A HOLE I'M IN)
26. PERSON TO PERSON
27. GOOD BREAD ALLEY


Cootie Williams 楽団出身のアルト・サックス奏者であり、
鋭角的なシャウトが魅力の Eddie 'cleanhead' Vinson 。

本作は、1944年から1950年までのシングル音源を編集し、
Cootie Williams 楽団時代から自身が率いた楽団の音源が
収録されています。

ジャズ、ブルース、R&B を結ぶ架け橋的な存在であり、
没後30年以上たった今でも彼のシャウトするヴォーカルと
アルト・サックスの音色は人気です。





---------------




こちらもオススメ!!

ブルースのロングセラー・アイテム!!!


Acrobat Music / 3CD set / ACTRCD9079 SOLD!
JMTB20190403001.jpg


詳細は ☞ こちら




どちらも店頭にて販売中です。
ご来店お待ちしています。




プロフィール

po69

Author:po69
PO'BOY RECORDS

AMERICAN ROOTS MUSIC
( BLUES, FOLK, SSW,
BLUEGRASS, OLD TIME,
JUG/WASHBOARD, etc )

NEW & USED RECORDS,
CDS, BOOKS
AND MORE...

大阪市北区豊崎3-6-15 
第2淀川ビル3F
TEL:06-7494-9358

OPEN 14:00 CLOSE 20:00
(日曜 14:00 - 19:00)
木曜定休

.......................

PO'BOY RECORDS
Yodogawa N0.2 Bldg 3F
3-6-15, Toyosaki ,Kita-ku,
Osaka 531-0072 JAPAN
TEL&FAX +81-6-7494-9358

Open - Close
Mon. - Sat. 14:00-20:00
(Sun. 14:00-19:00)
Thu. - Closed

カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QR
2019年9月の定休
●木曜定休
カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
最新記事
リンク
アルバム
検索フォーム
THANK YOU !!
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

<消費税率変更に関して>
2014年4月1日以降より8%での税込価格表示に変更となります。