FC2ブログ

【再入荷】The Banjo Songs

The Banjo Songs



こんばんは。


再入荷です!! 
なお Frank Proffitt の カスタム CD-R 盤の紹介を追記しています。




------


バンジョーのコンピをいくつか紹介します。


まずは、お店で Frank Proffitt の話をさせてもらったことがあり
何か紹介したいと思っていました。

CD盤としては、Folk-Legacy の2タイトルもありますが、残念な事に
Folk-Legacy の商品は現在すべてCD-Rで作りも雑です。

あとは Folkways のカスタムCD-Rもありますが、他の演奏者も聴け
るということでこちらにしました。


Various ‎–
Nothing Seems Better To Me
: The Warner Collection, Vol. II


Appleseed Recordings / CD / APR CD 1036  
warnerC22018111200001.jpg

1. Mule Skinner Blues - Frank Proffitt
2. Going 'Cross The Mountain - Frank Proffitt
3. Tom Dooley - Frank Proffitt
4. Conversation With Frank Proffitt - Frank Proffitt
5. Tom Dooley - Frank Proffitt
6. Conversation With Buna Vista Hicks - Buna Vista Hicks
7. Sally Ann - Buna Vista Hicks
8. Drunkard's Doom - Buna Vista Hicks
9. Awake, Awake My Own True Loveyer - Lee Monroe Presnell
10. My Sweet Soldier Boy - Lee Monroe Presnell
11. Oh Bud - J.B. Sutton
12. When Sorrows Encompass Me Around - Linzy Hicks
13. George Collins - Nathan Hicks
14. Bolamkin - Frank Proffitt
15. Cripple Creek - Frank Proffitt
16. Hangman - Frank Proffitt
17. Poor Soldier - Frank Proffitt
18. Pretty Polly - Frank Proffitt
19. Paul Jones - Charles K. Tillett
20. The Southern Girl's Reply - Eleazar Tillet
21. Only a Friend - Curt Mann
22. Rocky By Baby - Rebecca King Jones
23. Captain, O Captain - Rebecca King Jones
24. Wake, O Wake, You Drowsy Sleeper - R. Jones
25. Sweet By and By - Frank Proffitt
26. Cindy - Frank Proffitt
27. Groundhog - Frank Proffitt, Jr.
28. Nothing Seems Better To Me - Joseph Henry Johnson
29. The Snow Is On The Ground - Eleazar Tillet
30. Conversation With Eleazar Tillet - Eleazar Tillet
31. Fisherman's Girl - Eleazar Tillet
32. Beaver Dam Road - Frank Proffitt
33. Conversation With Frank Proffitt - Frank Proffitt
34. W P And A - Frank Proffitt
35. My Troubles Will Be Over - Frank Proffitt
36. Kicking Up Dust - Frank Proffitt, Jr.
37. Johnny, O Johnny - Buna Hicks
38. The Two Sisters That Loved One Man - Lee Monroe Presnell
39. Old Virginny - Lee Monroe Presnell
40. Conversation With Lee Monroe Presnell - Lee Monroe Presnell
41. Johnny, You Are My Darling - Lee Monroe Presnell
42. Muskrat - Roby Monroe Hicks
43. Young Johnny - Roby Monroe Hicks
44. Sourwood Mountain - Frank Proffitt
45. Trifling Woman - Frank Proffitt
46. Fly Around My Pretty Little Miss - Frank Proffitt
47. Wild Stormy Deep - Homer Cornett

お店を始めて間もない頃に 10inch レコードで紹介したことのある演奏家、
Frank Warner(過去の記事 ☞ ここ) の貴重なコレクションから編集された
コンピレーションンです。彼のコレクションは現在、 American Folklife Center
にあり、彼の息子である Jeff & Gerret Warner の共同制作によってその
一部が Appleseed Recordings より2枚のCDでりリリースされました。

本作は、そのCDの Vol.2 にあたります。 インタヴューや無伴奏のバラッド
も含みますが、Frank Proffitt による木製のマウンテン(フレットレス)・バンジョー
演奏が聴ける貴重な1枚です。後にThe Kingston Trio や Lonnie Donegan など
によってヒットしたナンバー、"Tom Dooley" も収録。

なお Vol.1 は、ほとんどが無伴奏のバラッドなので今回スルーしました。


Frank Proffitt
テネシー州で生まれノースカロライナ州で育つ。タバコを栽培や大工など
さまざまな職種で働き、妻と6人の子供と一緒に農場に住んでいました。
大工としてのスキルも高く弦楽器製作者でもありました。自家製のバンジョー
以外にアパラチア・ダルシマーやギターも弾きこなしました。1937年、彼は
民族音楽コレクターの Frank Warner と出会い"Tom Dooley"を録音。
1960年代にも Folkways や Folk-Legacy などにも録音を残している。
1965年に52歳で亡くなられました。


Frank Warner
アメリカの 民謡コレクターであり、ミュージシャンでもある。彼の妻 Anne Warnerと
共にそれまで紹介されていなかった数多くのアパラチア伝統音楽を採集し、色々な
形(録音物、写真、映像、本)で記録、保存してきました。その中でも木製のマウンテン
(フレットレス)バンジョーを弾くFrank Proffitt の演奏は世界に広められました。
自身の演奏家としての音源は、Elektra や‎ Prestige などに残しています。それら音源
は後に New Lost City Ramblers や Jerry Garcia & David Grisman を始めとする
多くの演奏家に影響を与えました。彼の貴重なコレクションは、1950年と1972年に
アメリカ議会図書館( Library of Congress American Folklife Center)へ寄贈されました。
1978年にロングアイランドの自宅で(74歳で)亡くなれました。



----------------------------



続いて、

Calorina Chocolate Drops の面々なども影響を受けた
であろう Black Banjo Songster達のコンピです。


Various ‎–
Black Banjo Songsters
of North Carolina and Virginia


Smithsonian Folkways / CD / SFW40079  
BBS20181112001.jpg

1. Coo Coo – John Snipes
2. Coo Coo – Dink Roberts
3. Old Rattler (Fox Chase) –John Snipes
4. Georgie Buck – Dink Roberts
5. Georgie Buck – Joe Thompson & Odell Thompson
6. John Henry – James Roberts
7. High Sheriff – Dink Roberts
8. John Hardy – Dink Roberts
9. Garfield – Dink Roberts
10. Old Corn Liquor – Dink Roberts
11. Old Corn Liquor – Joe Thompson & Odell Thompson
12. John Henry – Joe Thompson & Odell Thompson
13. Love Somebody – Joe Thompson & Tommy Thompson
14. Long Tail Blue – John Snipes
15. Ain't Gonna Rain No More – John Snipes & Tommy Thompson
16. Where I've Never Been Before – John Snipes Going
17. Black Annie – Dink Roberts
18. Old Blue – Dink Roberts
19. Going Away From Home (Take Care Of My Wife And Child) – John Snipes
20. You Don't Know My Darling – John Snipes
21. Jaybird March – Etta Baker & Cora Phillips
22. Going Up North – John Jackson
23. Sugar Hill – Homer Walker
24. Momma Don't Allow – Irvin Cook & Leonard Bowles
25. Shortnin' Bread – Leonard Bowles
26. Shortnin' Bread – "Big Sweet" Lewis Hairston
27. Fox Chase – John Tyree
28. Roustabout – Dink Roberts
29. Cookin' In The Kitchen – John Snipes
30. Coo Coo Bird – Rufus Kasey
31. Fox Chase – Dink Roberts
32. Little Brown Jug – Joe Thompson & Odell Thompson

アフリカン・アメリカン・バンジョーの音色と歴史を知れる1枚!

奴隷としてアメリカ大陸にやって来たアフリカ人達が制作した
"ゴード・バンジョー"(瓢箪バンジョー)は、多くの演奏家達に
よって発展し、20世紀のブルースやストリングバンド音楽の
中でもちいられ、さらなる進化を遂げてきました。

本作は、1974年から1997年の間に録音された32曲の優れた
演奏が収録されています。さらに演奏家の人生の歴史、
チューニング、歌詞、参考文献、ディスコグラフィーなどが
掲載されたブックレットが付属します。

Dink Roberts なんかは、もうブルースです。 Piedmont
スタイルを知る1枚としてもオススメです!!


Piedmont Style
アパラチア山脈一帯のウエスト・バージニア州、バージニア州、ケンタッキー州、テネシー州、
ノースカロライナ州、ジョージア州と言った地域にある音楽的カテゴリーの一つを指して
ピードモント・スタイルと言われている 。







-------------------




最後に関連としてこちらも紹介しておきます。

録音は比較的新しく演奏も洗練されたものが主体です。
しかし奏法も含め、流れを知るのに良いかと思いました。




Various ‎–
Masters of the Banjo
A NATIONAL TOUR OF TRADITIONAL BANJO STYLES

Arhoolie Records / CD / 421
MSTB20181112001.jpg

1. The Eldest of All - Seleshe Damessae
2. A Family Quarrel on Sunday - Seleshe Damessae
3. If You Come, Come, If You Go, Go - Seleshe Damessae
4.J ohn Brown’s Dream - Kirk Sutphin
5. Let Me Fall - Kirk Sutphin
6. Yellow Rose of Texas - Kirk Sutphin
7. Oh My Little Darling - Kirk Sutphin
8. The Wild Fox - Tony Ellis
9. Wind Chimes and Nursery Rhymes - Tony Ellis
10. Cherry Blossom Waltz - Tony Ellis
11. Hand In Hand - Tony Ellis
12. Bird In The Tree - Seamus Egan
13. Charleston / Mason’s Apron - Seamus Egan
14. Lark In The Morning Medley - Seamus Egan
15. The Lover’s Return - Laurie Lewis and Dudley Connell
16. The Johnson Boys - Carroll Best
17. McMitchen’s Reel - Carroll Best
18. Say Old Man, Can You Play The Fiddle? - Carroll Best
19. Mississippi Sawyer - Will Keys
20. Sweet Fern - Will Keys
21. On My Mind - Will Keys
22. Evergreen - Will Keys
23. Nobody’s Love Is Like Mine - Ralph Stanley
24. I Just Think I’ll Go Away - Ralph Stanley
25. Children, Go Where I Send Thee - Ralph Stanley
26. Frailing Medley (I Got a Mule to Ride, Rocky Island, Shout Lulu) - Ralph Stanley


本作は、1993年に National Council for the Traditional Arts が
主宰した Masters of Banjo Tour (全米ツアー)中に録音された
コレクションです。

ブルーグラスなどでもちいられる2フィンガーや3フィンガーで弾かれる
奏法やフレイリング(クローハンマー)と言った伝統的な奏法などさまざま
な演奏方法が聴ける。

なお M1-3 に収録されたエチオピアの Seleshe Damessae が使用して
いる楽器はバンジョーではなく Krar(Lyres)と言う弦楽器です。音色は
バンジョーに似ています。

余談ですがジャケットのバンジョーマンは、ノースカロライナの大工であり
クラフトマンでもある Willard Watson です。残念ながら彼の演奏は収録
されていません。


---------------------------------

<追記>


Frank Proffitt
Frank Proffitt Sings Folk Songs

SMITHSONIAN FOLKWAYS / CUSTOM CD-R
FP20190422001.jpg

1. Beaver Dam Road
2. Cindy
3. Bo Lamkin
4. Julie Jenkins
5. George Collins
6. Ninety And Nine
7. Down In The Valley
8. Baby-O
9. Old Abe
10. Poor Ellen Smith
11. Dan Doo
12. John Hardy
13. Groundhog
14. Johnson Boys

Frank Proffitt - Banjo; Dulcimer; Vocals

Frank Warner - Producer
Sandy Paton - Recorder



Frank Proffitt のバイオは先に記してあるので参照ください。

本作は、Sandy Paton によって録音されたもので 1962年に Folkways から
レコードでリリースされました。今回は、カスタムCD-Rでの販売です。

先に紹介した Frank Warner のコンピで Frank Proff を気に入られた方には
こちらもオススメしておきます。








店頭にて販売中です。
ご来店お待ちしています。








【再入荷】FRANTZ CASSEUS

FOLKWAYS20120226001.jpg SMITHSONIAN FOLKWAYS



FRANTZ CASSEUS
HAITIAN DANCES




再入荷です!!



Marc Ribot が、晩年の彼と交流を持ち、ギターの先生でもあった
ハイチのギタリスト/作曲家。

僕は、99年に Marc Ribot がリリースした彼のトリビュート・アルバム 
『 Plays the Works of Frantz Casseus 』を聴いて彼の事を知った。

オリジナルは、1954年に Moses Asch がプロデュースし10インチ盤で
Folkways からリリースされていました。

本作は、その貴重なアルバムのカスタム CD-R 盤です!!


SMITHSONIAN FOLKWAYS / CUSTOM CD-R
FC20190422001.jpg

1. Suite No.1 : Perto
2. Suite No.1 : Yanvalloux
3. Suite No.1 : Mascaron
4. Suite No.1 : Coumbite
5. Etude
6. Romance
7. Lullaby
8. Dance

Frantz Casseus - Guitar
Producer – Moses Asch



フラメンコにも似たそのサウンドは、ハイチアン・フォークとヨーロピアン・クラシック
が上手くブレンドされている。ブラジルの作曲家、Heitor Villa-Lobos の影響もあるよう
です。Marc Ribot が魅了されたのがわかる気がします。

卓越したフィンガリングとガット・ギターの美しい音色を聴いてください。



店頭にて販売しております。
ご来店お待ちしています。








【再入荷】Johnny Moore's Three Blazers

Johnny Moore's Three Blazers
The Singles Collection 1945-55



こんにちは。


暖かくなってきました。


こんな季節にぴったりの


ウェストコーストの薫り高き R&B、Jazz、Blues!




Acrobat Music / 3CD set / ACTRCD9079  
JMTB20190403001.jpg

Disc 1
1. Maureen Johnny Moore's Three Blazers, Vocal by Frankie Laine
2. Blues At Sunrise Ivory Joe Hunter With Johnny Moore's Three Blazers
3. You Taught Me To Love You (But Not To Forget) Johnny Moore's Three Blazers, Vocal by Charles Brown
4. Lost In The Night Johnny Moore's Three Blazers, Vocal by Charles Brown
5. B-Sharp You'll See Johnny Moore's Three Blazers
6. C.O.D. Johnny Moore's Three Blazers, Vocal by Charles Brown
7. Hard Tack Johnny Moore's Three Blazers
8. Pasadena Johnny Moore's Three Blazers
9. It Ain't Gonna Be Like That Johnny Moore's Three Blazers, Vocal by Frankie Laine
10. My Silent Love Johnny Moore's Three Blazers, Vocal by Charles Brown
11. Baby Don't You Cry Johnny Moore's Three Blazers, Vocal by Charles Brown
12. Drifting Blues Johnny Moore's Three Blazers, Vocal by Charles Brown
13. Blazer's Boogie Johnny Moore's Three Blazers
14. Melancholy Madeline Johnny Moore's Three Blazers, Vocal by Frankie Laine
15. Fugue in C Major Johnny Moore's Three Blazers
16. Tell Me You'll Wait For Me Johnny Moore's Three Blazers, Vocal by Charles Brown
17. You Are My First Love Johnny Moore's Three Blazers, Vocal by Charles Brown
18. Till The Real Thing Comes Along Johnny Moore's Three Blazers, Vocal by Charles Brown
19. Travelin' Blues Johnny Moore's Three Blazers, Vocal by Charles Brown
20. It's The Talk Of The Town Johnny Moore's Three Blazers, Vocal by Charles Brown
21. What Do You Know About Love Johnny Moore's Three Blazers, Vocal by Charles Brown
22. Nutmeg Johnny Moore's Three Blazers
23. How Deep Is The Ocean Johnny Moore's Three Blazers, Vocal by Charles Brown
24. So Long Johnny Moore's Three Blazers, Vocal by Charles Brown

Disc 2
1. You Won't Let Me Go Johnny Moore's Three Blazers, Vocal by Charles Brown
2. You Showed Me The Way Johnny Moore's Three Blazers, Vocal by Charles Brown
3. More Than You Know Johnny Moore's Three Blazers, Vocal by Charles Brown
4. Sail On Blues Johnny Moore's Three Blazers, Vocal by Charles Brown
5. Blue Because Of You Johnny Moore's Three Blazers, Vocal by Charles Brown
6. Make Believe Land Johnny Moore's Three Blazers, Vocal by Charles Brown
7. If You Should Ever Leave Johnny Moore's Three Blazers, Vocal by Charles Brown
8. Sunny Road Johnny Moore's Three Blazers, Vocal by Charles Brown
9. Way Over There By The Cherry Tree Johnny Moore's Three Blazers, Vocal by Charles Brown
10. (Was I To Blame For) Falling In Love With You Johnny Moore's Three Blazers, Vocal by Charles Brown
11. Gloria Johnny Moore's Three Blazers, Vocal by Charles Brown
12. New Orleans Blues Johnny Moore's Three Blazers, Vocal by Charles Brown
13. I Love To Make Love To You Johnny Moore's Three Blazers , Vocal by Charles Brown
14. Juke Box Lil Johnny Moore's Three Blazers, Vocal by Charles Brown
15. It's Over Johnny Moore's Three Blazers, Vocal by Charles Brown
16. Changeable Woman Blues Johnny Moore's Three Blazers, Vocal by Charles Brown
17. St. Louis Blues Johnny Moore's Three Blazers, Vocal by Charles Brown
18. Merry Christmas, Baby Johnny Moore's Three Blazers, Vocal by Charles Brown
19. Soothe Me Johnny Moore's Three Blazers, Vocal by Charles Brown
20. Groovy Movie Blues Johnny Moore's Three Blazers, Vocal by Charles Brown
21. Don't Get Salty, Sugar Johnny Moore's Three Blazers, Vocal by Charles Brown
22. You Better Change Your Way Of Lovin' (Before The Well Runs Dry) Johnny Moore's Three Blazers, Vocal by Charles Brown
23. Jilted Blues Johnny Moore's Three Blazers, Vocal by Charles Brown
24. Lonesome Blues Johnny Moore's Three Blazers, Vocal by Charles Brown
25. Tomorrow Johnny Moore's Three Blazers, Vocal by Charles Brown
26. So There Charles Brown With Johnny Moore's Three Blazers

Disc 3
1. Any Old Place With Me Johnny Moore's Three Blazers, Vocal by Charles Brown
2. Cold In Here Johnny Moore's Three Blazers, Vocal by Charles Brown
3. I Hate Myself Charles Brown With Johnny Moore's Three Blazers, Vocal by Charles Brown
4. If I Had You Charles Brown With Three Blazers, Vocal by Charles Brown
5. Love Me Tonight Johnny Moore's Three Blazers, Vocal by Charles Brown
6. Where Can I Find My Baby Johnny Moore's Three Blazers, Vocal by Charles Brown
7. Snuff Dippin' Mama Johnny Moore's Three Blazers, Vocal by Charles Brown
8. B & O Blues Charles Brown With Johnny Moore's Three Blazers, Vocal by Charles Brown
9. Blues for What I've Never Had Johnny Moore's Three Blazers, Vocal refrain by Lee Barnes
10. A New Shade of Blues Johnny Moore's Three Blazers
11. Bop-A-Bye Baby Johnny Moore's Three Blazers
12. Walking Blues Johnny Moore's Three Blazers, Vocal refrain by Billy Valentine
13. Rock With It Johnny Moore's Three Blazers, Vocal refrain by Billy Valentine
14. Cut Off The Fat (Take Out The Bone) Johnny Moore's Three Blazers, Vocal refrain by Billy Valentine
15. Rain Chick Johnny Moore's Three Blazers, Vocal refrain by Billy Valentine
16. Jumping Jack Johnny Moore's Three Blazers, Vocal refrain by Billy Valentine
17. Telephone Blues Floyd Dixon With Johnny Moore's Three Blazers
18. Unlucky Girl Floyd Dixon with Johnny Moore's Three Blazers, Vocal by Mari Jones
19. You Played Me For A Fool Floyd Dixon With Johnny Moore's Three Blazers
20. Gee It's Rough Johnny Moore’s Three Blazers with Mari Jones, Vocal by Mari Jones
21. Lonesome Train Johnny Moore’s Three Blazers with Mari Jones
22. Too Late Johnny Moore’s Three Blazers with Mari Jones
23. Dragnet Blues Johnny Moore's Three Blazers feat. Frankie Ervin
24. Blues In My Heart Johnny Moore's Three Blazers
25. Johnny Ace's Last Letter Johnny Moore's Blazers with Frankie Ervin



Johnny Moore's Three Blazers は戦後、最もユニークでスタイリッシュなバンドの1つで、
1940年代初頭から中頃にかけて Nat King Cole の King Cole Trio によって開発された
アプローチにも似た滑らかなジャズ風の音楽スタイルを専門としていました。

Johnny Moore (ギタリスト)が率いたこのバンドは、最も成功し輝きを放つ Charles Brown
(ピアニスト/ボーカル)を始めとするボーカリストをフィーチャーしてきた。彼らは1940年代後半
から1950年代前半にかけての一連のR&B、Jazz、Blues ヒットを送り出し、Moore 自身は、
ソロ・レコーディング契約に署名することを拒んだという話もあります。

本作は、Atlas、 Aladdin 、Exclusive、 Modern、Philo、RCA、Hollywood に残したシングル
(A面とB面)を年代順に3枚組CDセット(74トラック)として収録したものです。

Floyd Dixon による「Telephone Blues」のナンバー1ヒットを始めと、「Driftin Blues」、「So Long」、
「Sunny Road」、「Changeable Woman」、「Merry Christmas Baby」なども収録。

フィーチャーボーカルには、Charles Brown 以外に Ivory Joe Hunter、Floyd Dixon、
Frankie Laine、Billy Valentine、Lee Barnes、Mari Jones、Frankie Ervinなどが含まれています。







店頭にて販売中です。
ご来店お待ちしています。








JOHN HARTFORD

JOHN HARTFORD
The Rare & Unreleased John Hartford:
Backroads, Rivers & Memories





こんにちは。


2000年、映画「オーブラザー!」(原題:O Brother, Where Art Thou)公開と
2001年、それに伴う「Down from the Mountain」ツアーによって日本でも
ブルーグラスやオールド・タイム・ミュージックが再注目された。


そんな折、彼は惜しまれつつ天に召されました。以前から病状は公開されて
いましたが、やはりショックでした。あれからもう18年も経つのかと、この音源
を聴きながら思っています。


本作は、彼の初期キャリアと言える RCA時代のデモ音源(バンジョー/ギター
き語りヴァージョンを含む)を始め、1964年の未発表ラジオ・ライブ音源、
The Ozark Mountain Trio の貴重なシングル音源などを収録したものです。




Real Gone Music/BSMF RECORDS /CD / BSMF-7578
JH20190406001.jpg
直輸入盤国内仕様 / ¥3132(TAX IN)

Demos
1. Towboat River
2. Tall Tall Grass
3. Front Porch
4. Eve of My Multiplication
5. California Earthquake
6. Left Handed Woman
7. George
8. Run
9. This Eve of Parting
10. Self Made Man
11. Minus The Woman
12. Like unto a Mockingbird
13. Grownup Man
14. Gentle On My Mind
15. Steam Powered Aereo Plain (first rehearsal excerpt)
16. Station Break (MC)

Live On WHOW, Clinton IL
17. Ice Cold Love
18. Matthew 24
19. Greensleeves

The Ozark Mountain Trio Singles
20. Corrina
21. Greenback Dollar
22. Jesus Loves Everybody
23. I Forgot to Forget
24. The Way Is Narrow
25. Short Life of Trouble
26. That Great Day Is Coming
27. When I Feel the Hand of My Saviour


Glenn Campbell が歌った「Gentle on My Mind」のヒットにより、彼の
ソングライティングのセンスはすでに証明されているが、あらためて
このRCA時代の音源(デモ音源ではあるが、)を聴いて心を揺さぶら
れている。


今更と言うお声も聞こえます。当時はニュー・グラス・サウンドに夢中で
あった自分も18年という年月を重ね再確認した次第です。
ホント良いです。



John Hartford
ジョン・ハートフォードは、1937年NYに生まれセントルイスで育つ。ラジオ番組「グランド・オール・オープリー」で
アール・スクラッグスを聴いてバンジョーに魅了される。13歳で、すでにバンジョー、フィドルをマスターし、ギター、
マンドリンも習得。高校に入るとバンドを組んで活動。1960年大学卒業後、地元でオザーク・マウンテン・トリオ
を結成しシングルなどをリリース。1965年、ナッシュビルに移り、翌年RCAと契約。翌1966年『Looks at Life』で
デビュー。1968年ハートフォードが作り歌った「ジェントル・オン・マイ・マインド」がグレン・キャンベルにカヴァー
され大ヒット。同年のグラミー賞にもノミネートされ、一躍彼の名も広く知れ渡る。プレイヤーとしてはバーズの
名盤『ロデオの恋人』の録音にも参加。1971年ワーナー・ブラザーズに移籍し、ニュー・グラス・ムーヴメントの
先駆けとなる『エアロ・プレイン』、『モーニング・ビューグル』という2枚の傑作を発表。その後も様々なアーティスト
とのコラボや映画『オー・ブラザー』のサントラなどにも楽曲を提供。後進の教育などにも尽力した。
2001年63歳で死去









店頭にて販売中です。
ご来店お待ちしています。




KATE FENNER

KATE FENNER
Middle Voice



こんにちは。



80年代からバーボン・タバナクル・クワイヤーやクリス・ブラウンとの
デュオなどで活躍してきたカナダ&ニューヨークの歌姫、Kate Fenner。



BSMF RECORDS / CD / BSMF-6162 / ¥2592(TAX IN)
KF20190409001.jpg
直輸入国内仕様

1. Two Minds
2. This Divorce
3. Beatrice
4. The Yield
5. A Marriage
6. Song & Dance
7. You're a Big Girl
8. Fatal Fire
9. Hunter
10. Passenger
11. That Is All



本作は、彼女にとって10年ぶりとなるアルバム。「Joni Mitchell の再来」
と称される美しくナチュラルなヴォーカルが魅力。

Snarky Puppy やAni Difranco 等、多くのアーティストをサポートする
Tony Scherr がプロデュースを手掛け、Norah Jones、Bill Frisell 、
Jason Moran 等、NYの超一流が多数参加した強力作。



Kate Fenner
ケイト・フェナーはカナダ出身で、現在はニューヨーク在住のシンガー・ソングライター。
1985年に高校の同級生らとバーボン・タバナクル・クワイヤーを結成。1987年『A First Taste of Bourbon』で
デビュー。その後もコンスタントに3枚のアルバムを発表。ソウルフルなロックサウンドはカレッジシーンで
人気となり、映画『Highway 61』などのサントラに楽曲が取り上げられる。しかし1995年『Shy Folk』を最後に
バンドは解散。NYに拠点を移し、ケイトは、メンバーのクリス・ブラウンとのデュオで活動を開始。すぐさま、
クリス&ケイト名義で1997年『Other People's Heavens』 を発表。その後もコンスタントに5枚のアルバムを
リリース。並行して2000年にはカナダのロックバンド、トラジカリー・ヒップのツアーにヴォーカルとして参加。
また2003年には初のソロ・アルバム『Horses and Burning Cars』を、2007年にはセカンド『Magnet』を発表。
2004-5年にかけてはBBキングの前座も務めている








店頭にて販売中です。
ご来店お待ちしています。


THE FAMOUS HOKUM BOYS

THE FAMOUS HOKUM BOYS
The Famous Hokum Boys



こんにちは。


ピアノの Georgia Tom Dorsey を中心としたバンドで、これまでも
色々と紹介してきた Hokum Boys 。 Tampa Red とやっているもの
なんかが比較的よく紹介されますね。

面子が色々入れ替わっているのですが、今回は Famous Hokum Boys
と言うことでギターに、Big Bill Broonzy や Scrapper Blackwell などが
フィーチャーされています。




JSP RECORDS / 2CD / JSP4238
TFHB20190405001.jpg

CD A:
1 Dark Hour Blues
2 Six Shooter Blues (Feb. 1930 Version)
3 Mississippi Bottom Blues
4 Second-Hand Woman Blues
5 Maybe It's The Blues
6 Second Hand Love
7 Levee Bound Blues
8 Gee, But It's Hard
9 My Texas Blues
10 Six Shooter Blues (Apr. 1930 Version)
11 Pig Meat Blues
12 The Western Blues
13 Mountain Girl Blues
14 Somebody's Been Using That Thing
15 Black Cat Rag
16 Pig Meat Strut
17 Guitar Rag
18 Saturday Night Rub
19 Eagle Riding Papa
20 Papa's Getting Hot
21 Nancy Jane
22 Nancy Jane [Take 2]
23 That's The Way She Likes It
24 Do That Thing
25 You Can't Get Enough Of That Stuff
26 Rollin' Mill

CD B:
1 You Got Me In This Mess
2 Mama's Leaving Town
3 Tadpole Blues
4 Bow Leg Baby
5 Then My Gal's In Town
6 Fish House Blues
7 Come On In
8 Ain't Going There No More
9 Pussy Cat, Pussy Cat
10 What You Call That
11 Court House Blues
12 Barrel House Rag
13 You Do It
14 That Stuff I Got
15 Pat That Bread
16 Come On Mama
17 State Street Woman
18 Meanest Kind Of Blues
19 I Got The Blues For My Baby
20 Don't Mean To Mistreat You
21 What's That I Smell
22 Terrible Operation Blues
23 Don't Leave Me Blues
24 Hip Shakin' Strut
25 Hokum Stomp
26 Been Mistreated Blues

Georgia Tom - Piano, Vocals
Big Bill Broonzy Guitar, Vocals
Scrapper Blackwell - Guitar
Frank Brasswell - Guitar, Vocals
Arthur Petties - Guitar, Vocals
Mozelle Alderson - Vocals
Kansas City Kitty - Vocals
Hannah May - Vocals



ミンストレルショー とも深い関わりを持つ黒人のエンターテインメント・ミュージック!
湿っぽさはなく陽気でダンサブルなナンバーが多い。さらに猥雑なテーマが当時の
黒人大衆を魅了し人気を博した。






------------------



<関連 CD & LP (新品)>


Hokum Boys が聴ける Yazoo Records のCD と LP です。
中古も含め、店頭には他にもございます。

TFHB20190405002.jpg



店頭にて販売中です。
ご来店お待ちしています。






THE SPIRITS OF RHYTHM

THE SPIRITS OF RHYTHM
❋ Fine Jazzmen Whose Object Was Fun ❋



こんにちは。


本日は、これまでにもレコードや CD で紹介したことのある
1930年代から40年代初期にかけて活躍したジャイヴ・バンド、
The Spirits of Rhythm を紹介!



JSP RECORDS / CD / JSP6706
TSOR20190405001.jpg

1. Nobody's Sweetheart
2. I Got Rhythm
3. I've Got The World On A String
4. I Got Rhythm
5. Rhythm
6. I'll Be Ready When The Great Day Comes
7. My Old Man
8. Way Down Yonder In New Orleans
9. I've Got The World On A String
10. From Monday On
11. As Long As I Live
12. Junk Man
13. Dr Watson Dr Holmes 1
14. Dr Watson Dr Holmes 2
15. That's What I Like About You
16. Shoutin In The Amen Corner

Leo Watson - Tiple, Vocals
Douglas Daniels - Tiple, Vocals
Wilbur Daniels - Tiple, Vocals
Teddy Bunn - Guitar
Virgil Scroggins - Drums, Vocals
Wilson Myers - Bass
Red McKenzie - Vocal



The Cats and Fiddle と並び、ストリング・ジャイヴ・バンドを代表する
小粋なバンドが、この The Spirits of Rhythm !

Douglas & Wilbur Daniels が奏でるティプレの痛快なリズムに乗って、
Teddy Bunn の粋でいなせな単弦奏法によるソロ・ギターが絡んでくる。

さらに Leo Watson による独特のスキャットが入り、無敵のグルーヴが
完成する!








----------------



<関連中古レコード>


盤質、ジャケ共に良好です!


Leo Watson ‎
The Scat Man 1937-1946

Swingtime / LP / ST 1026
TSOR20190405002.jpg

Side One
1. Utt Da Zay
2. The Man With The Mandoline
3. Jada
4. It's The Tune That Counts
5. Honeysuckle Rose
6. Scattin' The Blues
7. She Ain't No Saint

Side Two1. Coquette
2. Sonny Boy
3. Tight And Gay
4. Snake Pit
5. Jingle Bells
6. Shoot The Likker To Me
7. Free Wheeling


Featuring
Red Callender, Vic Dickenson , Artie Shaw, Teddy Bunn





参考映像





店頭にて販売中です。
ご来店お待ちしています。



Stan & Ollie (Laurel & Hardy )

Stan & Ollie ( Laurel & Hardy )

Stan Ollie (Laurel Hardy )20190403001


こんにちは。
本日は映画のお話、宣伝?

店頭にオープンから飾っていて、これまでお客様から
質問を受けたらお答えしてきたノヴェルティの貯金箱。↑

伝説のコメディアン、Laurel & Hardy です。

今月、彼らの実話をもとにした映画『僕たちのラストステージ』
(原題:Stan & Ollie )が公開される。


いくつになっても、諦めない!!

人生の可笑しみと哀しさ、
素晴らしさをユーモラスに描いた
愛おしい物語


伝説のコメディアンの再起をかけた
イギリスツアーは前途多難?


1937年、スタン・ローレル(スティーヴ・クーガン)とオリバー・ハーディ(ジョン・C・ライリー)
によるお笑いコンビ、ローレル&ハーディは、観客からも批評家からも愛され、出演映画は
世界中で上映され、ハリウッド・コメディ界の頂点に君臨していた。1953年、ローレル&ハーディは、
イギリスでホールツアーを開始するも、既に二人は過去の人になっていた。待遇は悪く、
客席もガラガラ。互いを笑わせあいながら、過酷なツアーを頑張って続けるうちに、やがて二人は
ファンを取り戻していくが、ある日の口論をきっかけに、オリバーはコンビ解消を心に決め、
スタンに「引退する」と告げる―――。






4/19(金)より全国順次ロードショー!



【追記】 RSD 2019

RSD 2019


こんにちは。


*【追記】商品は無事到着しましたのでいすれも
4/13(土)オープンから販売します。




4/13(土) にリリースする RSD 限定盤で、
当店入荷予定のアイテムです
(限定+ 少数なのでなくなり次第終了です)↓


DOMINIQUE CRAVIC & LES PRIMITIFS DU FUTUR
Resume Des Episodes Precedents 2LP  SOLD!
DC20190413001.jpg

フランスを代表するギタリスト、Dominic Cravic率いるLes Primitifs Du Futur
の2枚組、初のアンソロジー・アルバム!ジャケットは、Robert Crumb です。
2 x LP、20ページからなる小冊子には、これまでのアルバム・アート・ワーク
を始め、貴重な写真も掲載。

1920年代のパリでのミュゼットからジプシー・ジャズ、ヒンズー教ワルツ、
アルゼンチン・タンゴ、ブルースまで取り入れたサウンド。

このバンドには、アコーデオン奏者のDaniel Colin、クラリネット奏者のBertrand Auger、
サックス奏者のDaniel Huck、マンドリン奏者の Robert Crumb を始め、Pierre Barouh、
Jean-Jacques Milteau、AllainLeprest、Sanseverino、Olivia Ruiz など多くのゲストも
参加しています。

1500枚限定盤!!


--------------------


BLIND WILLIE MCTELL
Statesboro Blues/Three Women Blues 10"  SOLD!
BWM20190413001.jpg

ジョージア州出身のブルースマンでブルース、ラグタイムなど卓越したギターピッキング
(Piedmont Fingerstyle)で12弦ギターを弾き、スライドギターにも精通している。
Bob Dylan を始め、Taj Mahal、Canned Heat など多くの演奏家に影響を与え、
「Statesboro Blues」は、The Allman Brothers Band がカバーしたことでも有名です。
本作は、1928年発売の「Three Women Blues」、「Statesboro Blues」の78回転を
10インチで復刻盤。


----------------



ROBERT JOHNSON
Kind Hearted Woman Blues/Terraplane Blues 10"  SOLD!
RJ20190413001.jpg

ロックにも多大な影響を与えた"King of Delta Blues"、ロバート・ジョンソン。
1936年11月23日から1937年6月20日までの5回のセッションで、彼が残した
限られた楽曲の中から「Kind Hearted Woman Blues」、「Terraplane Blues」を
収録した78回転を10インチで復刻盤。 Muddy Waters、Elmore James、Eric Clapton、
そしてThe Rolling Stones と言ったミ演奏家達に影響を与え、現代的なブルースと
ブルースロックの基礎を形成した最も重要なブルースミュージシャン。


----------------------



以前、告知させていただいたTHE GOOD OLD BOYS の限定LPは、
今回引きあたりませんでした。残念...



ご来店お待ちしております。




祝春一番 2019

祝春一番 2019


新元号がスタートする5月、

祝春一番コンサートは、いつものように開催されます!!


令和元年 祝春一番20190503-0505 #1-2
版画/切り絵:森英二郎 + デザイン:日下潤一


第三弾 チラシ
令和元年 祝春一番20190503-0505 #2-2


5/3(金・祝), 4(土・祝), 5(日・祝)

会場:服部緑地野外音楽堂
開場・開演:11:00

前売料金
¥3,500(各日券) 
¥9,000(3日間通し券)

当日料金
¥4,100(各日券)

※座席自由
※※雨天決行・荒天中止
※※※小学生以下無料

その他、詳細はこちら ☞ 祝春一番2019


*なお今年は当店にてチケット販売はいたしません...



------------


今年は委託販売の中止にともないすべての精算がクリアになるまでは
邦楽の販売も縮小することに決めた。

これ以外にも自分自身で思うところがあり毎年販売させていただいていた
春一のチケットも今年は辞退させていただいた。 

そんな中で、風太さんが本日来店してくださり、直々にポスターをお預かりした。
理由を一切聞かれることなく、今までのお礼を言われました。

帰りぎはにハグした風太さんはまた一回り小さくなったように感じ、
何かわかりませんが胸が締め付けられました...

その直後、突然の氷雨、そして虹、自身の心を見透かされたような
天気でした。







プロフィール

po69

Author:po69
PO'BOY RECORDS

AMERICAN ROOTS MUSIC
( BLUES, FOLK, SSW,
BLUEGRASS, OLD TIME,
JUG/WASHBOARD, etc )

NEW & USED RECORDS,
CDS, BOOKS
AND MORE...

大阪市北区豊崎3-6-15 
第2淀川ビル3F
TEL:06-7494-9358

OPEN 14:00 CLOSE 20:00
(日曜 14:00 - 19:00)
木曜定休

.......................

PO'BOY RECORDS
Yodogawa N0.2 Bldg 3F
3-6-15, Toyosaki ,Kita-ku,
Osaka 531-0072 JAPAN
TEL&FAX +81-6-7494-9358

Open - Close
Mon. - Sat. 14:00-20:00
(Sun. 14:00-19:00)
Thu. - Closed

カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QR
2019年6月の定休
●木曜定休
カレンダー
05 | 2019/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
リンク
アルバム
検索フォーム
THANK YOU !!
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

<消費税率変更に関して>
2014年4月1日以降より8%での税込価格表示に変更となります。